徳島 県 コロナ 対策。 徳島県新型コロナ対応!企業応援給付金のご案内|徳島県ホームページ

新型コロナウイルス感染症について|徳島県ホームページ

徳島 県 コロナ 対策

2020年2月25日の徳島県で新型コロナウイルス感染者が報告を聞き、藤原塾でも可能な限り対応できる対策を行っていきたいと考えております。 徳島県で新型コロナウイルスの感染者を確認 四国で初めて コロナウイルスとはどのようなウイルスか? 発熱や上気道症状を引き起こすウイルスで、人に感染するものは6種類あることが分かっています。 そのうちの2つは、中東呼吸器症候群(MERS)や重症急性呼吸器症候群(SARS)などの、重症化傾向のある疾患の原因ウイルスが含まれています。 残り4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の10~15%(流行期は35%)の占めます。 徳島県は他の県と比べ、公共の交通機関の利用率が低いことと、今回の感染者のご判断で、外出をしなかったとのことですので、他の県よりも蔓延する可能性は低いと考えております。 コロナウイルスもそうですが、インフルエンザ、ウイルス性胃腸炎も流行りやすい季節となっておりますので、出来る限りの予防対策を行うのには良い機会だと考えております。 国のコロナ対策情報 PDF:950KB、出典:首相官邸・厚生労働省、外部リンク 手洗い、咳エチケット、マスク着用などの感染症予防方法や、新型コロナウイルス感染症がどのように感染するかについて、分かりやすく解説されています。 PDF:453KB ウイルス対策 徹底した「手洗い」「うがい」はもちろんですが、それ以外にも藤原塾として対策を行う内容を記載させて頂きます。 ご家庭でも予防対策として出来る内容もあるかもしれませんので、是非ご参考にして頂ければ幸いです。 本当は講師全員にマスクを配布、着用をしたかったのですが、マスクが全く売っておらず、手に入れることができませんでした。 そのため、アルコール除菌を中心とした対策を行っていきます。 外出先でのアルコール除菌 外出先では、手洗いが出来ない場合が多いと思います。 そのような場合は、小さいアルコールスプレーや除菌ティッシュを持ち運ぶことをオススメしております。 小さいアルコールボトルや除菌ティッシュがオススメ 藤原塾入り口にもアルコール消毒を設置しましたので、是非ご活用下さい。 入り口のホワイトボードのあたりに置いています! 机・椅子のアルコール除菌 普段学習する勉強机も定期的にアルコール消毒することもオススメです。 授業終了後にはアルコール消毒をしております。 机だけではなく、椅子の手で触れる部分もアルコール消毒することがオススメです。 手が触れる部分はしっかりとアルコール消毒 ドアノブのアルコール除菌 不特定多数が多く触れるドアノブもアルコール除菌するのはオススメです。 定期的なドアノブのアルコール除菌はオススメです。 自宅ではウイルス性胃腸炎対策にもトイレや部屋のドアノブの除菌は有効だと考えられます。 入り口のドアも消毒がオススメです。 講師へのマスクの着用を義務化しております 藤原塾では講師全員にマスクを配布しており、授業中のマスクの着用をお願いしております。 その他各個人で注意出来る内容 その他、塾長がオススメする予防対策を紹介しておきます。 是非ご家庭でもご参考にして下さい。 自己免疫を高めよう 自分の身を守る一番の方法は、自己免疫を高めることです。 コロナウイルスも感染者・重傷者の多くは高齢者の方々で免疫が低下している方が多かったと思います。 若いお子様や20代の方も感染しておりますのが、いくら若くても「ストレス」、「生活リズムの乱れ」、「睡眠不足」などで免疫は低下します。 特に基礎体温が低い「痩せ型の人」「女性」は特に自己免疫が低くなりやすいです。 【新型コロナ対策】体温が1度低下すると免疫力30%ダウン 免疫力を正常に保つには、体温は36・5度が最適とされ、体温が1度下がると免疫力は30%低下し、1度上がると免疫力は一時的に最大5~6倍アップするそうだ。 一番の理由がスマートフォンの普及により、深夜のスマホ操作時間の増加が原因にあります。 「睡眠不足」高校生の3割 文科省が初調査 毎日の睡眠時間を「十分ではない」と感じている高校生が3割いることが1日、文部科学省の睡眠と生活習慣に関する初めての調査で分かった。 眠気で午前中の授業に集中できず、休日には平日よりも遅く起きて睡眠不足を補おうとしている様子。 スマートフォン(スマホ)の操作時間が長いほど就寝が遅い傾向もみられた。 「寝る時間が十分だと思うか」との質問に対し、31. 中学生は24. 登校日前日、小学生の49. 休日の起床時間が平日より2時間以上遅れることが「よくある」と答えた小学生の54. 中学生は72. 文部科学省の2015年の調査結果ですが、5年前より今の方が中学生にもスマホが普及しているので、今の方が睡眠不足を感じる学生が多いと思います。 睡眠不足は学習効率の低下だけではなく、免疫力低下の原因にもなりますので、この数ヶ月は出来るだけ規則正しく眠ることの大切さをご家族で共有しては如何でしょうか。 スマホ画面も定期的に除菌 日常身につけている物でNo. 1に不潔なアイテムは「スマートフォン」だと考えております。 雑菌が便座の18倍以上のスマートフォン 雑菌から身を守る正しい清掃法 どれだけ手を清潔に保っても、スマホ画面が汚いと手洗いの意味が全くありません。 財布やお金の方が汚いと思う人も多いかもしれませんが、スマホは暖かく菌が増殖しやすい環境がかなり整っております。 もちろんお金を触ったあとも手洗いやアルコール消毒をした方がいいと思いますが、それよりもスマホの方が圧倒的な雑菌数を誇ります。 スマホ画面を除菌した思い出がない方は、この機会に定期的にアルコール除菌をするのは如何でしょうか。 寝る際は加湿器かマスク ウイルスは湿度で活動が弱まり、逆に乾燥しているとウイルスが活発に活動することが知られております。 特に乾燥しやすいのが、就寝時の暖房使用です。 この乾燥を防ぐ一番の方法は、「加湿器」です。 乾燥対策がインフルエンザ予防に 室内の湿度は50~60%を保つのがおすすめです。 湿度が40%を下回ると、ウイルスが浮遊しやすくなります。 加湿器がない方は濡れたタオルを干して寝るなどの方法や、就寝時に「マスク」などもあります。 寝るときのマスク、効果があるのか、デメリットはないのか、気になりますよね? 寝る時マスクのメリット、デメリットをご紹介します。 それでも一番は加湿器だと思いますし、最近は100円ショップでも売ってるみたいですので、試しに買ってみるのもいいかもしれません。 マスクの再利用に注意! 現在深刻なマスク不足により、マスクの再利用方法が色々と取り上げられておりますが、注意点がございます。 基本マスクの再利用は出来ないと考えください ・マスクは煮沸消毒しない ・マスクは洗濯しない ・マスクはアルコール消毒しない 煮洗い、アルコール消毒、紫外線照射…ウイルス対策マスクの再利用は可能か? ただ、そうすると再利用処理せずに何日も使用するしかないのかと思われる方もいるかもしれませんが、塾長がオススメする方法をご紹介しておきます。 ・マスクの内側にガーゼを入れて、ガーゼを入れ替えるスタイル Q4 マスク アルコール消毒で再利用してよい? A4 衛生的な観点から推奨できず 使い捨てマスクをそのまま再利用するのは衛生的な観点から推奨できません。 マスクが手に入らない場合は使い捨てマスクの内側にガーゼを入れて、そのガーゼを入れ替えることを推奨しています。 2月27日 マスクの正い使い方ニュース マスクを正く使用しないと逆効果になるニュース記事が出ましたので、ご紹介をしておきます。 ・マスク表面は絶対に触らない! マスクは感染リスクを高める恐れ「子どもには厳禁」と医師が見解【新型コロナを正しく恐れる】 ウイルス感染で一番危険なのはマスクに頻繁に触れることでマスクの表面にウイルスが付着し、それをマスク越しに吸い込んでしまうことなのです」 だからこそ、マスクの表面を絶対に触ってはいけないと医師は言うのだが、無意識に触ってしまう人が多い。 「とくに子どもはいろんなものを触るし、その手で何度もマスクの表面を触って感染リスクを高めます。 ですから子どもの感染予防のためのマスクは厳禁だと私は考えています」 マスクも正く使用しないと逆効果になりますので、使用の時はご注意ください。 塾長から最後に お子様の身を守ることが出来るのは親御様しかおりませんので、今回のニュースをきっかけにご家族で予防意識を共有してみては如何でしょうか。 コロナウイルスに負けず、この時期を乗り切っていきましょう! もしご不明な点がございましたら、お気軽に藤原塾までご相談下さい。

次の

新型コロナ対策 県外車流入調査に賛否|徳島の話題|徳島ニュース|徳島新聞

徳島 県 コロナ 対策

県外ナンバーの流入を調査する県職員=4月22日、鳴門市の鳴門インターチェンジ 【経緯】飯泉嘉門知事は4月21日、県内4人目の感染者確認を発表する会見の場で、県外ナンバー車の流入調査を表明。 感染者が「特定警戒都道府県」となっている神奈川県で3月中旬から約3週間滞在していたことを踏まえ、「今回の事案を契機とし、県外からどのくらい来られているのか、直ちに実態調査を行い、これに基づき必要な対策を速やかに講じる」とした。 同日、調査を開始した。 これに対し、県内外から戸惑いや反発の声が上がった。 県外ナンバー車に対する差別行為が行われるのではとの当事者の不安や、排他主義的発想を助長するのではとの危惧からだ。 道路運送車両法では、住所地のナンバープレートに変更することが義務付けられているが、実際は県外ナンバーのまま車を使っている人もいる。 このため、県外ナンバー車の所有者が「県内在住者です」と書かれたステッカーを車両に貼る現象が起きた。 他にも、不要不急の移動の自粛により減少しているが、県外から仕事や通院などで徳島入りしている車もある。 23日には内藤佐和子徳島市長が会見を開き、県外ナンバー車を巡る嫌がらせが起きているとして「差別や分断は市として容認できない。 互いを思いやる気持ちを持ってもらいたい」と呼び掛けた。 県危機管理部によると、暴言やあおり運転などを受けたとの電話が当事者からあったといい、知事も24日の会見で「県外ナンバー車のチェックを発表したときのメッセージが少し強すぎたのかもしれない」と釈明し、冷静な対応を呼び掛けた。 反発受け他県では中止の例も 県外からの人の流入を警戒する動きは他県でも見られる。 県境をまたぐ移動自粛の呼び掛けは全国共通だが、他にも、いくつかの県が実行している主な事例として、県外ナンバー車のチェックと、駅や空港などでの検温などが挙げられる。 県外ナンバー車の調査は徳島、長野、鳥取県などが実施。 空港などでの検温は4月29日から徳島阿波おどり空港で乗客に対するサーモグラフィーによる任意の検温を始めた徳島のほか、山形、群馬、愛知、沖縄各県などで行われている。 反発に遭い、中止に追い込まれた例もある。 岡山県は山陽自動車道の瀬戸パーキングエリア 岡山市 で4月29日、来県者に対して行う予定だった検温を中止した。 職員に対し「危害を加える」といった脅迫電話が相次いだためで、伊原木隆太知事が発表時の会見で「岡山に来たことを後悔するようになれば」と発言したことへの反発が影響しているとみられる。 賛成の声「やはり心配」「移動をしてはいけない」 「4月末、四国霊場のお寺にお参りに行くと、近畿方面のナンバーの車が駐車場に止まっていた。 県外から人がたくさん入って来ているのを見ると、やはり心配になる。 徳島県の方針には賛成だ」 徳島市・タクシー運転手 69 「感染防止のためには移動をしてはいけない。 しかし、理解していない人が多いんじゃないか。 県境を一歩たりとも出ないし、入らせないぐらいのことをしないと、ウイルスの広がりは防げない。 感染拡大が続けば、罰則付きの外出禁止令が出る事態になってしまう」 徳島市・団体職員 65 「県外ナンバー車の調査をするのは理解できる。 しかし、徳島に長年住んでいても県外ナンバーを変えないままの人もいるし、どこまで正確なデータが集まるのか・・・。 県外ナンバー車への差別は、何なのだろうと思う。 悪いのはウイルス。 愛媛や香川の人に比べ、徳島の人は閉鎖的な傾向があるように思う。 今回はそれが出てしまったのではないか」 徳島市・主婦 63 反対の声「ドライバーに叫ばれた」「差別を誘発」 「県外ナンバーのバイクに乗っている。 4月半ばに徳島市内の国道で、車に寄ってこられ、ドライバーに何か叫ばれた。 そんなことをされたのは初めて。 『県内在住者です』と書いたステッカーを貼った。 このステッカーも県外の人への差別だと言われるが、バイクであおられると死ぬこともある。 自己防衛のためには仕方ない」 徳島市・団体職員 46 「知事のメッセージは、『コロナから皆さんを守ります』ではなく『県外から来させないようにしよう』と聞こえる。 差別を誘発している。 差別した側は忘れるが、された側はずっと覚えている。 コロナ終息後、全国から阿波踊りを見に人が来るだろうか。 地震など有事の際には他県からの支援を受けることになる。 徳島は、他県との交流なしには成り立たない。 こんなことで故郷が有名になり、悲しい」 徳島市出身で、宮城県石巻市在住の芸術家パルコキノシタさん 54 「インターチェンジで双眼鏡をのぞきながら流入調査をしている光景はまるで監視社会のようで、ぞっとした。 反発は容易に想像できるのに、知事の指示に対し、県庁内で異論は出なかったのだろうか」 徳島市・介護職員 51 意見の発し方に注意を 大西聡さん 大西聡さん 弁護士 調査の仕方によっては、それ自体が差別を助長する恐れがありますが、県外ナンバーの調査自体が人権侵害になるとまでは言えません。 感染率の高い地域からどれだけ車が入って来るかというデータ集積に意味はあります。 ただし、知事のメッセージの発し方は大事です。 差別を助長する発言や政策にならないように、細心の注意が必要です。 県民のストレスがたまる中、誹謗中傷が起こりやすくなっています。 そのはけ口になる材料があると、一気にそちらに向かってしまいます。 感染拡大を抑えたい気持ちは分かりますが、発信の中身を吟味しなければなりません。 悪影響が出た場合は、フォローのメッセージを出すといった配慮も求められます。 一方、県外ナンバーであるがゆえにパチンコ店などに入店できないというのは行き過ぎかなと思います。 営業の自由、どこにでも好きな場所に行く自由は、ある意味人権です。 人権は公共の福祉で一定の制約は受けますが、それが許される制約かどうかの判断基準が重要になります。 感染拡大を防ぐために必要なので仕方ないとなれば、私権もどんどん制限されてしまいます。 行き過ぎた規制が不当な人権侵害にもつながるでしょう。 営業の自由は財産権の保障と密接に関係しています。 パチンコ店が象徴的になっていますが、飲食店などにも当てはまります。 「自粛しろ、大変な状況だから仕方ない」では、立ち行きません。 本当に県外から流入しないようにするならば、やはり営業補償をしていったん閉めてもらうというように、補償問題とセットで考えなければなりません。 コロナのまん延を何とか防ぎ、終息させたいというのは県民共通の思いです。 でも、行き過ぎたり、過去の歴史に基づいて生まれた憲法や人権の観点を忘れたりしてはいけません。 その都度、チェックが必要になるでしょう。 排除でなくデータ収集 勝間基彦徳島県危機管理環境部次長 勝間基彦徳島県危機管理環境部次長 4月16日、緊急事態宣言の対象地域が全国に広がりました。 国に趣旨を確認すると、「大型連休を控える中、県をまたぐ移動を避けてほしい」とのこと。 また、危機管理政策課にも「県外から 車が 来ている」と電話がかかってきていました。 では、実際にどれだけの車が県外から本県に来ているのか、感覚ではなく、数字で確認してみようと調査することになりました。 やっぱり来ているのかな、と。 よって、県外の方に県をまたぐ移動をご遠慮いただく手法として、遊技施設などの事業者の方に、県外客のご利用をお断りしていただくよう協力依頼をしているところです。 「事業者に休業要請をすべきだ」との指摘もあるが 休業要請は、感染状況や経済に与える影響を考慮して行うというのが国の方針。 県内の感染者は5人で、市中感染ではないことを踏まえると、そこまでやるべきなのか、判断の余地はあるのではないでしょうか。 現状では、徳島県としては、その段階にはないと判断しています。 危機管理政策課には、県外ナンバー車に対して暴言、ひどい場合には傷をつけるなどの行為があったと被害者から電話が入っています。 言語道断です。 われわれの調査の意図とは全く違うもの。 県外の方を攻撃することで、コロナ感染を防ぐことはできません。 「 嫌がらせは 県がこうした調査をしたからだ」とおっしゃる方もいます。 しかし、われわれはデータを集めているだけで、「県外の方を排除しよう」とメッセージを流したものではありません。 そこは誤解はなさらないようにと思います。

次の

徳島県等の新型コロナウイルス感染症対策について

徳島 県 コロナ 対策

徳島県からの公式発表• 徳島県の最新感染動向は (6月18日発表)• 最新の情報を発信するTwitter アカウントは 他県からの来訪自粛• 徳島県から他県在住者への来訪自粛要請はありません。 施設や交通機関の状況• 緊急事態宣言が解除された後、多くの施設が営業再開をしましたが、開館/営業時間の短縮や営業エリアの縮小などの対策を講じている施設があります。 電車、バスなどの公共交通機関は平常通り運転しています。 に運休などの影響が出ています。 ホテルなどの宿泊施設は営業を再開しているところが増えています。 鹿児島県の最新観光ニュース•

次の