ガラガラアローラ剣盾。 【ポケモン剣盾】ガラルの姿(リージョンフォーム)ポケモン一覧と特徴【ソードシールド】

【ポケモン剣盾】リージョンフォーム解説

ガラガラアローラ剣盾

あくびで対面操作 アローラ キュウコン ・特性「ゆきふらし」からのオーロラベールを展開できる。 元々高い耐久種族値で 4倍弱点がない点や、キョダイマックスの HP2倍も合わさり、並大抵の抜群技は余裕を持って耐えることができるため、「 弱点保険」を持たせて全抜きを狙うアタッカー型が流行しています。 パッチラゴンや ガラルヒヒダルマで壁を貼られる前に落とす、サイコファングやかわらわり 弱点保険に注意 で壁破壊、壁ターンを枯らす立ち回りなどで対策が必須です。 専用技「 ドラゴンアロー」を使った物理型から、眼鏡を持たせた特殊型も多く、豊富な技範囲で高速アタッカーとして採用されるのが主流となっています。 また、アタッカーだけでなく、「 おにび」や「 ひかりのかべ」などを上から使用するサポートメインの型も存在するため、相手の構築などから型を読む必要があります。 非常に多い型も強みのポケモンとなっています。 ばけのかわを利用して、無理矢理「 つるぎのまい」を積み、「じゃれつく」や「シャドークロー」などで自身がアタッカーとして活躍する型が主流となっています。 ミミッキュより遅いアタッカーは、剣舞から一方的に倒されてしまうため、現環境で素早さ種族値が「 96」を超えているかは、アタッカーの非常に重要な要素となります。 また、「 のろい」や「 トリックルーム」でサポートメインの補助型も増えており、後続のカビゴンやウオノラゴンなどに繋ぐ構築も流行しています。 特性が現環境で強く、「 かたやぶり」型であれば、ミミッキュの化けの皮を無視してダメージを与えることができます。 また、「 すなかき」型も多く、「 ダイロック」で砂嵐にしてから、2倍になった素早さであらゆるポケモンの上から行動することができます。 特に技の面での強化が大きく、草技の「 パワーウィップ」を習得したことにより、今まで不利対面だったウォッシュロトムに対しての打点を獲得しました。 また、ダイマックス技で最強格の「 ダイジェット」を タイプ一致で使うことができ、ダイジェットで敵を倒せば、特性「 じしんかじょう」と相まって実質龍舞を使ったような状況になります。 特性「 ミラーアーマー」によって、基本 能力ランクを下げられないため、ダイマックスの打ち合いでも活躍します。 受け性能だけでなく、鉄壁からの「ボディプレス」や、ビルドアップからの「ブレイブバード」「アイアンヘッド」で火力も出せるため、受けつつアタッカーに転じることができるのが強力な点でもあります。 5倍になる効果を持っています。 元から攻撃種族値が「140」と非常に高いのに加えて、特性で更に攻撃が底上げされるため、非常に火力が高いです。 そもそも同じ技しか出せないため、 こだわり系のアイテムと相性がよく、スカーフを持たせて高速高火力で立ち回ったり、鉢巻を持たせて、ヒヒダルマより遅いポケモンを圧倒的火力で叩きつぶすことができます。 特にHPと特防の数値が高めで、とつげきチョッキを持って環境のトゲキッスなどと打ち合う型が存在します。 また、専用技「 キョダイサイセイ」で殴りながら回復実を回収 確率 できるため、「のろい」や「はらだいこ」を積んで自身が抜きエースになる型も強力です。 トリルミミッキュで展開してから、カビゴンで一気に攻める構築が特に上位層で流行しています。 特に特攻と素早さが高く、一致「 りゅうせいぐん」や「 あくのはどう」で特殊エースとして活躍します。 スカーフでドラパルトの上から行動したり、眼鏡で更に火力を底上げした型などが多いです。 平均的に高い種族値のおかげで、ダイマックス後の耐久力が高く、ダイマックスと相性がいいのも現環境で高評価です。

次の

剣盾受けポケ考察理論

ガラガラアローラ剣盾

あくびで対面操作 アローラ キュウコン ・特性「ゆきふらし」からのオーロラベールを展開できる。 元々高い耐久種族値で 4倍弱点がない点や、キョダイマックスの HP2倍も合わさり、並大抵の抜群技は余裕を持って耐えることができるため、「 弱点保険」を持たせて全抜きを狙うアタッカー型が流行しています。 パッチラゴンや ガラルヒヒダルマで壁を貼られる前に落とす、サイコファングやかわらわり 弱点保険に注意 で壁破壊、壁ターンを枯らす立ち回りなどで対策が必須です。 専用技「 ドラゴンアロー」を使った物理型から、眼鏡を持たせた特殊型も多く、豊富な技範囲で高速アタッカーとして採用されるのが主流となっています。 また、アタッカーだけでなく、「 おにび」や「 ひかりのかべ」などを上から使用するサポートメインの型も存在するため、相手の構築などから型を読む必要があります。 非常に多い型も強みのポケモンとなっています。 ばけのかわを利用して、無理矢理「 つるぎのまい」を積み、「じゃれつく」や「シャドークロー」などで自身がアタッカーとして活躍する型が主流となっています。 ミミッキュより遅いアタッカーは、剣舞から一方的に倒されてしまうため、現環境で素早さ種族値が「 96」を超えているかは、アタッカーの非常に重要な要素となります。 また、「 のろい」や「 トリックルーム」でサポートメインの補助型も増えており、後続のカビゴンやウオノラゴンなどに繋ぐ構築も流行しています。 特性が現環境で強く、「 かたやぶり」型であれば、ミミッキュの化けの皮を無視してダメージを与えることができます。 また、「 すなかき」型も多く、「 ダイロック」で砂嵐にしてから、2倍になった素早さであらゆるポケモンの上から行動することができます。 特に技の面での強化が大きく、草技の「 パワーウィップ」を習得したことにより、今まで不利対面だったウォッシュロトムに対しての打点を獲得しました。 また、ダイマックス技で最強格の「 ダイジェット」を タイプ一致で使うことができ、ダイジェットで敵を倒せば、特性「 じしんかじょう」と相まって実質龍舞を使ったような状況になります。 特性「 ミラーアーマー」によって、基本 能力ランクを下げられないため、ダイマックスの打ち合いでも活躍します。 受け性能だけでなく、鉄壁からの「ボディプレス」や、ビルドアップからの「ブレイブバード」「アイアンヘッド」で火力も出せるため、受けつつアタッカーに転じることができるのが強力な点でもあります。 5倍になる効果を持っています。 元から攻撃種族値が「140」と非常に高いのに加えて、特性で更に攻撃が底上げされるため、非常に火力が高いです。 そもそも同じ技しか出せないため、 こだわり系のアイテムと相性がよく、スカーフを持たせて高速高火力で立ち回ったり、鉢巻を持たせて、ヒヒダルマより遅いポケモンを圧倒的火力で叩きつぶすことができます。 特にHPと特防の数値が高めで、とつげきチョッキを持って環境のトゲキッスなどと打ち合う型が存在します。 また、専用技「 キョダイサイセイ」で殴りながら回復実を回収 確率 できるため、「のろい」や「はらだいこ」を積んで自身が抜きエースになる型も強力です。 トリルミミッキュで展開してから、カビゴンで一気に攻める構築が特に上位層で流行しています。 特に特攻と素早さが高く、一致「 りゅうせいぐん」や「 あくのはどう」で特殊エースとして活躍します。 スカーフでドラパルトの上から行動したり、眼鏡で更に火力を底上げした型などが多いです。 平均的に高い種族値のおかげで、ダイマックス後の耐久力が高く、ダイマックスと相性がいいのも現環境で高評価です。

次の

【ポケモン剣盾】ガラルの姿(リージョンフォーム)ポケモン一覧と特徴【ソードシールド】

ガラガラアローラ剣盾

対戦時間は、次の通りです。 総合時間:20分• 持ち時間:7分• 対戦に出すポケモンを選ぶ時間:90秒• 1ターンあたりの選択時間:45秒 すべてのキョダイマックスポケモンが使用可能です。 また、過去作のポケモンでも、 レギュレーションマークをつけることで、ソード・シールドで使用可能になります。 くわしくはこちら 育成したポケモン トリックルームを展開してガラガラで無双するのをコンセプトに、育成しました。 ガラガラ アローラ 性格:ゆうかん 特性:いしあたま 努力値:H252 A252 B6 持ち物:ふといホネ 技:フレアドライブ、かみなりパンチ、ホネブーメラン、ポルターガイスト ソード・シールドでアローラガラガラを入手する方法は、• 鎧の孤島のディグダ探しの報酬 隠れ特性固定• 鎧の孤島のチホコと交換• 過去作から連れてくる のいずれかしかありません。 私は 最遅個体を厳選するために、 ディグダ探しの報酬でもらえるガラガラの個体値をチェックしてはリセットするのを繰り返しました。 技 幅広いタイプの技を使うことができ、苦手なギャラドスにはかみなりパンチが炸裂します。 高威力のポルターガイストを習得した点も素晴らしいです。 特性 ディグダおじさんにもらえるガラガラは いしあたま固定ですが、フレアドライブの反動を無視できる点で優秀です。 素早さ 実数値45で、トリル下では最遅カバルドンや最遅ブリムオンを抜いています。 ガラガラ アローラ の育成論はこちら。 シャンデラ 性格:れいせい 特性:すりぬけ 努力値:H252 C252 B6 持ち物:ルームサービス 技:シャドーボール、おきみやげ、トリックルーム、オーバーヒート トリックルーム発動要員です。 炎ポケモンではシャンデラ系統のみ、トリックルームを使えます。 技 トリックルーム発動後にそのまま戦うこともできますし、おきみやげで退場も狙えます。 特性 相手のひかりのかべ・リフレクター・オーロラベール・みがわりを無視して攻撃できる、すりぬけにしています。 素早さ ルームサービス発動時、実数値50で最遅30族と同速です。 シャンデラの育成論はこちら。 使用パーティ 上記のガラガラ、シャンデラと、こうそくスピンコータス、はらだいこリザードン、タスキエースバーン、いのちのたまキュウコンの6匹で対戦しました。 それぞれの育成論はこちら。 要注意ポケモン 新規 ウーラオス れんげきのかた 確定急所の3連続技、 すいりゅうれんだが強力です。 きあいのタスキを貫通され、イトケのみの半減も1発目のダメージにしか効果はありません。 先制で一撃で倒すか、状態異常にするのが無難な対処法でしょうか。 マリルリ いったんはらだいこを積まれてしまうと、手の付けようがなくなります。 エースバーンの カウンターでなんとかするか、コータスやシャンデラに クリアスモッグを覚えさせれば、上がった能力をリセットできるので、抗えるかもしれません。 カメックス キョダイマックス キョダイゴクエンの水タイプ版、 キョダイホウゲキが厄介です。 しかし、通常のカメックスと違い、天候を雨にされるわけではないので、晴れ状態を利用して戦えばなんとかなりそうです。 ポリゴン2 超耐久その1。 並大抵の攻撃では一撃で倒せません。 リザードンがはらだいこを積めれば勝つチャンスはあります。 ラッキー、ハピナス 超耐久その2、その3。 圧倒的な特殊耐久のポケモンたちです。 特殊に偏った選出をすると突破できなくなるので、物理ポケモンの選出を余儀なくされます。 高火力のガラガラや、弱点を突けるエースバーンで倒していきたいです。 対戦結果 トリックルームからのガラガラのダイマックスが決まると強いですが、相手にダイウォールなどでターンを稼がれると、素早さを再び逆転されてしまい、負けてしまうこともありました。 通算成績は23勝18敗。 マスターボール級に上がって、現在の順位は、 6733位。 7月4日時点 いまのところ、良い調子で来ています。 はたして今シーズンこそは、5000位以内に入れるか…?また次回! 前回の記事はこちら.

次の