鼻血 が 頻繁 に 出る。 もしかして病気なの?いつも洗顔で鼻血が出るときの原因と対処方法まとめ

寝不足な時や疲れが溜まった時に鼻血が出るメカニズム

鼻血 が 頻繁 に 出る

Sponsored Link ある日、 鼻から何か垂れてるなー、鼻水かなー?と 思ってティッシュで拭ったら、 なんと 鼻血だった! と、びっくりしたことってありませんか? 子どものころは、チョコレートを食べすぎたり、 ぶつけたりして、よく鼻血を出したものですが、 大人になれば、自然と鼻血はでなくなるものです。 しかし、特に鼻血を出すようなことをした覚えがないのに、 大人になって鼻血が出た場合、 そこには様々な病気が隠れていることがあります。 中には、恐ろしい病のサインの可能性もあるため、 子どもの時のように、「たかが鼻血」と 流してはいけないのです。 今回は、大人の鼻血について、 その原因と隠れている病気についてお伝えします。 鼻血はどこから出る?原因とは? 子どもが鼻血を出しやすいのは、 鼻の粘膜が大人より弱く、 刺激を受けやすいためです。 鼻ほじりや、寒い季節での外気の乾燥などの刺激を受けると、 この鼻の粘膜が傷つき、出血するのです。 大人の場合も、鼻の粘膜が弱い方の場合は、 子どもと同じ原因で鼻血を出すことがあります。 鼻からの出血の多くは、 小鼻の部分にある「キーゼルバッハ部位」 と呼ばれる場所で起こります。 このキーゼルバッハ部位は、特に粘膜が薄く、 鼻の毛細血管がたくさん集まっていて、 血管が傷つきやすくなっています。 鼻血の約90%がこのキーゼルバッハ部位で起こり、 残りの10%は、鼻の奥の鼻腔の粘膜が炎症を起こして 鼻血が出ています。 鼻腔の粘膜が炎症を起こしている場合は、 特に重大な病気が隠れている場合がありますので、 注意が必要です。 片側の鼻から、前の方にぽたぽた出る程度なら それほど心配はいりませんが、 片側からでもだらだらと流れ落ち続ける場合や、 両側から出る場合は中程度の出血とみなします。 この場合、小鼻の部分を強くつまんで 出血量が少なくなるようなら、 キーゼルバッハ部位からの出血の可能性が高く、 そのまま圧迫を続けていると止血できます。 圧迫していても出血が止まらない、 出血量が多いという場合は、 鼻の奥から出血している場合が高いため、 なるべく早く耳鼻科を受診する必要があります。 受診するまでは、仰向けに寝るのはやめ、 椅子に座ったまま止血を行いましょう。 また、出血が少量の場合でも、 出血が30分以上続く場合や、 3日に1回と頻繁に出る場合は、 耳鼻科を受診するようにしましょう。 [ad co-1] スポンサードリンク 危険?!大人の鼻血に隠れた病気とは? では、大人になって鼻血が出てしまう原因を 細かく見ていきましょう。 中には恐ろしい病気が隠れている可能性もあるので、 注意が必要です。 大人の鼻血の原因とは? 【アレルギー性鼻炎】 アレルギー性の鼻炎は、 ほこりやダニなどが原因として起こる、 「通年アレルギー性鼻炎」と、 スギ花粉などによる「季節性アレルギー性鼻炎」の 2種類があります。 アレルギー性鼻炎にかかると、 鼻の粘膜が弱まり、 鼻の中が傷つきやすくなってしまいます。 粘膜が弱った状態で、 鼻の中をかいたり、 鼻をかみ続けるといった刺激が原因で、 鼻血を引き起こしてしまうのです。 【血管運動性鼻炎】 お風呂に入るときや、 スポーツの最中に鼻血が出ることがありますが、 それは 血管運動性鼻炎が原因となっています。 血管運動性鼻炎とは、体が温まったり、 冷えたりといった温度変化により、 鼻が敏感になることを言います。 敏感になった鼻に何らかの衝撃が加わると、 鼻血が出てしまいます。 アレルギー性鼻炎と、血管運動性鼻炎の場合は、 特に心配はいりませんが、 特に刺激がないのにもかかわらず鼻血が出た場合には、 以下の病気を疑ってみましょう。 【白血病】 別名「血液のがん」とも呼ばれる、 治すことが難しい病気です。 出血しやすくなる、あざができる、 貧血、全身のだるさなどが症状としてあげられます。 白血病になると、 出血しやすくなるため、 鼻血が出やすくなります。 鼻血が頻繁に出る場合は、 早めに医療機関を受診し、 検査を受けましょう。 【血友病】 血友病は、生まれつき血液が固まりにくくなる病気です。 かさぶたなどができてもすぐに再出血してしまったり、 あざなどができやすくなったり、 放っておくと、脳に障害をきたす場合もある、 大変危険な病気です。 だらだらといつまでも鼻血が止まらない場合や、 出血が多い場合は、早めに医療機関へ行くことをお勧めします。 【高血圧・動脈硬化】 現代人の生活習慣病として、 脳卒中や腎不全などの発症原因になる病気です。 動脈硬化は、 心臓から全身に血液を送り込む役割を担う、 動脈の内壁が硬くなってしまうことを言います。 この動脈硬化は、 高血圧も併発することが多く、 動脈に柔軟性がなく、負担がかかることで、 血管は常に弱っている状態になります。 血管が弱った状態のままでいると、 少しの刺激で出血しやすくなり、 鼻血など、体のいたるところで 出血しやすくなってしまいます。 高血圧の状態だと、 鼻血は止まりにくくなりますが、 あわてずに止血をします。 ただし、注意したいのは、 鼻の奥から出血している場合です。 この場合、出血量がどばどばと大量に出るので、 速やかに医療機関を受診しましょう。 また、高血圧や動脈硬化を防ぐために、 普段の日常生活を見直すことも大切です。 過度なストレスは避け、 飲酒や喫煙、塩分の多い食事は 控えるようにしましょう。 【突発性血小板減少性紫斑病】 この病気は、かさぶたを形成してくれる血小板が減少し、 出血が止まらなくなってしまう病気です。 主に女性が多く発症する病気で、 原因ははっきりとはわかっていません。 主な症状に、鼻血、歯茎からの出血、 黒い便が出る、尿が紅茶色になる といったものがあげられます。 鼻血が出やすく、 なおかつ止まらなくなったりした場合は、 この病気を疑ってみましょう。 【肝機能障害】 肝臓では、血液を固めるためのものが作られています。 その肝臓に障害があると、 出血が止まらなくなってしまいます。 突発性血小板減少性紫斑病とは違い、 体のだるさや、黄疸が出るのが特徴です。 これらの症状が出た場合、 耳鼻科ではなく、内科を受診します。 【副鼻腔がん】 鼻の中には、副鼻腔と呼ばれる、 鼻の周囲に存在する、 空気で満たされている空洞があります。 そこへ生じるがんが、副鼻腔がんです。 鼻血が出るといった症状のほか、 悪臭を伴う鼻水や、頭痛、 涙が出るといった症状が現れます。 副鼻腔がんが進行していくと、 顔が腫れあがることもあります。 鼻血は初期症状のため、 鼻血が頻繁に続く場合は、 早めの検査が必要になります。 大人になってからの鼻血には、 上記のような恐ろしい病気が 隠れている場合があります。 子どものころから鼻血が出やすい人でも、 「いつも出るから、そんなに心配ないだろう」と思っていると、 思わぬ病気につながっている可能性もあります。 3日以内に頻繁に出る場合や、 出血量が多い場合、 また、少しずつ長く出ている場合は、 速やかに医療機関で検査を受けましょう。 スポンサードリンク 知っておこう!鼻血の正しい止血法 鼻血が出た時の止血の方法、 皆さんはどうしてますか? 「仰向けに寝る」や、「首のうしろを叩く」という方法をしていると 答える方は多いのではないでしょうか? 実は、この方法、 間違った方法だと知っていましたか? 鼻血が出た際の、 正しい止血方法を知っておきましょう。 鼻血が出た時の正しい止血法 1、座って、少しうつむいた姿勢で安静にし、 親指と人差し指で小鼻を上の方からぎゅっとつまみます。 2、脱脂綿などを詰める場合は、 鼻の穴の先だけを詰めるのではなく、 脱脂綿を小鼻に届くぐらいまで長くし、 キーゼルバッハ部位にまで詰め、 1のように指で圧迫します。 脱脂綿は、乾いた状態だと、 血液を吸って柔らかくなってしまうため、 少し湿らせてから硬くねじります。 この方法で止血すれば、 通常は5分~10分で鼻血は止まります。 出血しているときに 頭を低くするのは逆効果です。 頭を高くした方が、 血液が足の方へ流れていき、 血が止まりやすくなります。 また、出血量が多い場合には、 あおむけにしていると、 血液がのどに流れて飲み込んでしまい、 気分が悪くなったり、 血圧が低下してしまう原因になります。 後頭部を叩くといった方法には、 止血の効果は全くないのでやめましょう。 急な鼻血で驚き、寝た方が落ち着く場合には、 枕や座布団などで頭の位置を高くし、 横向きの状態で寝かせます。 鼻血が出た時は、 あわてて病院に行くことよりも、 まず上記のような止血を行います。 止血を行ったあと、 様子を見ながら耳鼻科を受診するようにしましょう。 [ad ad-2] スポンサードリンク 鼻血が出てもあわてず冷静に 突然鼻血が出ると、 だれでもびっくりするものですが、 まずは落ち着いて止血をすることが大切です。 止血を行ったうえで、• 鼻血がどのような出かたをしているか?• 量はどのくらいか?• 出血がちゃんと止まるか?• 頻繁に鼻血が出ているか?• どこから出ているか? といった点を見てみます。 もしも、通常のたらたらした鼻血とは 違った出血をしている場合には、 重大な病気の可能性もありますので、 速やかに医療機関を受診しましょう。 もし、自分で判断がつかない場合には、 各自治体で、医療相談専用の 電話回線が設けられています。 専門の医療相談員が答えてくれますので、 まずはそこに電話をし、 症状について相談してみるとよいでしょう。 大切なのは、「あわてず冷静になる」 ということを心がけましょう。

次の

子供の鼻血の原因と対処法は?2歳頃の幼児は頻繁に出やすいの?

鼻血 が 頻繁 に 出る

子供のころによく鼻血が出た覚えがある!なんて方もいらっしゃると思います。 お風呂に入りのぼせて鼻血が出たり、 顔にボールが当たりその衝撃で鼻血がでた・・・なんて経験がある方も多いと思います。 それは、子供のころだけでなく大人の方でもありえる症状で、それほど珍しいことではありません。 鼻の中は傷つきやすく、血管が多く通っているキーバッハ部位という粘膜が傷つくことが原因で鼻血が出ている可能性が高いのです。 しかし、 ・急に大量に鼻血が出る ・両方・両穴から鼻血が出る このようなことがあると少し心配になりますよね。 もし、鼻血が頻繁に出る場合や、なかなか鼻血が止まらない場合は、高血圧が原因となって起きている鼻血の可能性も考えられます。 では、その高血圧が原因ででる鼻血と、その他の鼻血が出る心配な怖い病気とはどのようなものがあるのでしょうか。 今回の流れ• 鼻血が頻繁に出るときに考えられる原因は高血圧? 鼻血は、鼻の中にあるキーバッハ部位という粘膜に傷がついたことが原因ででることが多いです。 ほかには、 ・アレルギーや風邪 ・鼻炎 な どが原因で鼻血が出る場合もあります。 しかし、そういった原因に心当たりはなく、大きな衝撃を与えたわけでもないのに鼻血が出たりしていませんか? 頻繁に鼻血が出る場合は、「高血圧」が原因かもしれません。 高血圧とは? そもそも高血圧とは、どのくらいの血圧がある方のことを言うのでしょうか? 病院などにおいてある血圧計などで測定された血圧が、最高血圧120mHg未満血圧80mmHg未満である状態が正常血圧です。 しかし、最高血圧140mmHg以上最低血圧90mmHg以上である状態が複数回続くと高血圧だと診断されます。 高血圧になってしまう多くは原因不明とされています。 有力なものとして考えられるのは、 ・生活習慣の乱れ ・遺伝的なもの などが関連して発症するということです。 さらに、低血圧で朝起きるのも辛かったのに、高齢になるにつれ高血圧と診断された!という加齢と関連していることが考えられる方もいらっしゃいます。 高血圧が原因の鼻血がでる? 通常の鼻血だと先ほどお話ししたように、キーバッハ部位の粘膜が傷ついて出血しているだけなので、それほど大量に出血したり、なかなか鼻血が止まらない、なんてことはほとんどありません。 一方、高血圧が原因ででる鼻血は、常の鼻血と比べると 「出血量が多い」かつ「なかなか止まらない」場合が多く見られます。 高血圧の方は、血圧が高いため、血管がもろくなってしまっていることが多く、さらには出血の勢いも強くなっています。 そのため、高血圧の方の場合、鼻血が出ると加えて頭痛が起きてしまうことがあります。 特に心当たりがなく、大きな衝撃も与えてないのに鼻血が頻繁に出るという方は、「腎性高血圧」である可能性が考えられます。 「腎性高血圧」とは、 高血圧の合併症で腎臓の機能が低下してしまうというものです。 そのなかの症状に、低カリウム血しょうによる鼻血があります。 高血圧の中でも、特にこの「腎性高血圧」は放っておくと、腎不全に陥ってしまう怖い病気です。 鼻血はよくあることだし、大半は心配のない鼻血だと聞くし・・・。 若いころから低血圧だったし・・・。 と鼻血が頻繁にでたり、なかなか止まらないことを甘く見てはいけません。 高血圧は早期発見し、 早期治療することで症状が改善しやすくなります。 そのためにも、こまめに健康診断を受けることをおすすめします。 高血圧が対処できる予防方法とは? 高血圧は高齢・中高年の方に多いというイメージが強くあります。 しかし、最近では若年の方でも高血圧と診断された、と悩んでいる方も増えている傾向にあります。 そんな高血圧に悩まされる前に対処できる予防方法があります。 規則正しい生活習慣をする。 ストレスをできるだけためない。 喫煙や飲酒を控える。 肥満気味の方は体質改善をする。 いますぐにでもできることなので、ぜひ行ってみてください。 鼻血が出る怖い病気は? 高血圧による鼻血についてお話ししましたが、そのほかにも鼻血が出る怖い病気はあります。 両方の鼻から鼻血が同時に出たりする場合は、血液の病気(血液疾患)を疑わなくてはなりません。 その可能性のある血液の病気を2つ紹介します。 白血病を発症すると、 ・急性・慢性共に鼻・歯茎からの出血 ・青あざ といったものが増えます。 白血病の方が鼻血を出すとなかなか止まらず、鼻の両穴から大量の鼻血が出ることが多くなってしまうのが特徴です。 白血病は出血しやすく、さらには出血が止まりにくくなったりしてしまいます。 それは白血病の症状として、正常な血液細胞がスムーズに作られなくなってしまいます。 そのため、血液細胞の中の血小板が足りなくなってしまうことで、 血管を修復する機能が低下してしまうからです。 急性白血病は進行が早く、すぐに治療が必要です。 慢性白血病は進行に数年と時間はかかるものの、 自覚症状がなかなか現れにくく気づいた時にはすでに進行していたというケースが多いです。 鼻や歯茎からの出血が頻繁に起こり、風邪っぽい症状や倦怠感を感じるようになったら、一度病院を受診されることをおすすめします。 あまり聞いたことのない病気だとは思いますが、代表的な遺伝疾患です。 血友病の原因は70%が遺伝によるものです。 代表的な遺伝疾患と言われているのも理解できます。 のこりの30%は突然変異によって発症してしまうものです。 基本的には男性のみ発症する病気と言われています。 (1万に1人の割合で発症する。 ) 血友病の症状は、 どの部位でも、 ・出血した時に血が止まりにくい ・血が固まりにくい というものです。 そのため、鼻血がでたり、小さな傷や打撲でも出血多量になり命の危険に陥ります。 出血した場合は、すぐに圧迫止血してください。 血友病を発症している場合でも圧迫止血することでほとんど血を止めることができます。 それでも、なかなか血が止まらない場合もあると思います。 その場合はかかりつけの病院などで、不足している凝固因子(血を止める、血を固める)を輸注、注射することで出血を止めることができます。 鼻血の基本的な止血方法は? 先ほどまで高血圧と血液の病気が原因で起こる鼻血についてお話ししてきました。 どの原因の鼻血でも、基本的な止血方法をとることで、ほとんど血を止めることはできます。 簡単にできる方法ですので、参考にしてみてください。 脱脂綿かティッシュを固め且つ長めにして鼻に詰める。 血が止まる前で何度も交換するのはNGです。 小鼻を圧迫する。 骨の部分を圧迫しても止血効果はないので、小鼻の付け根部分をぐっと強めにつまんで圧迫してください。 やや下向き、うつむき姿勢で安静に。 上を向くとのどなどに血が流れてしまい、気分が悪くなったり吐き気がしてしまう場合があります。 血が口に入ってしまった場合は飲み込まずに、水でゆすいで吐き出してください。 この3つの手順のみです。 よく後頭部をトントンとたたく人がいますが、医学的には全く意味がありません。 あくまでも、 うつむき姿勢で安静にすることが早く止血するポイントです。 この止血方法を30分以上しても鼻血が止まらない場合はすみやかに病院にいきましょう。 まとめ 両方・両穴から鼻血が止まらない時の原因と、 基本的な鼻血の止血方法をお話ししてきました。 鼻血が頻繁に出る、大量に出る場合はなんらかの病気が隠れている場合があります。 心配になりますよね。 その際は、はやめに病院にかかるようにしてください。 そしてこまめな健康診断で予防でき、早期発見できる病気でもありますので、ぜひ参考にしてください。 スポンサーリンク.

次の

子供が毎日鼻血を出す!心配になったパパが調べた結果を記す!

鼻血 が 頻繁 に 出る

スポンサーリンク 鼻血が出ると言うことがありますが、これは頻繁に発生すると言うことが少なくなっています。 ふとした瞬間にでていると言うことが多くなっていますが、次のような症状があるときには注意が必要となります。 それは鼻血が頻繁に片方から出ているというようなときです。 片方から毎日でているというようなときには、何らかの病気が隠されている可能性があるので、注意が必要となります。 鼻血が毎日片方から出ているときには、次のような理由が考えられています。 それは命に関わるというような病気ではありませんが、副鼻腔炎という病気が関係しているときです。 副鼻腔炎を発症すると、なかなか完治しないので、片方から毎日鼻血が出るというようなことがあります。 なぜ副鼻腔炎を発症するのかというと、それは風邪やカビというような細菌が体に入って炎症を引き起こし、そこに膿がたまることが理由となって鼻血が出るようになっています。 鼻の中の粘膜が弱くなり出血が見られると言うようになっています。 スポンサーリンク 毎日の生活の中で、鼻が詰まっているというような症状を伴うこともあります。 毎日片方から鼻血がでるときに考えられるほかの理由としては、上顎洞がんという病気があります。 これはどのような特徴があるのかというと、口と鼻の奥と、奥歯の部分から鼻につながる所にがんが発生するようになっています。 鼻の片方にがんが発生してしまうと、片方だけ出血が見られるようになっています。 その結果毎日出血が見られるというようなこともあります。 これらの病気に関しては、しっかりとした原因を特定するために病院で精密検査を受ける必要があります。 それは慢性副鼻腔炎や上顎洞がんが理由となっている可能性があるからです。 理由がはっきりとわかると、治療を進めることができます。 鼻血に関しては、さまざまな病気が理由となっていることが多いので、最初にしっかりと対処をする必要があります。 早期に発見することで早く治療をすることができます。 また大きな病気の発見にもつながります。 スポンサーリンク.

次の