恋煩い。 男性が陥る恋煩いの症状と治し方を解説!共通する男性の特徴とは?

男性の恋煩いの症状・診断10選|恋の病にかかりやすい性格や治し方も

恋煩い

pixabay. com 恋煩いってありますよね。 誰かを好きになって、朝も昼も夜も彼のことが気になって気になって仕方がない症状です。 夜も眠れなくなったり、思い出しては枕に顔をうずめてバタバタしてしまったり。 食事も喉を通らなくなったり、舞い上がったり落ち込んだり。 とても起伏が激しくなってしまうこの、恋煩いの症状。 楽しいんですけど、社会人だったりするとこの恋煩い、生活の邪魔になりませんか? 恋煩いにかかると集中力が散漫になってしまうので、まず仕事でミスを連発するようになります。 あんまり眠れないので、寝坊してしまうことも。 夜はひとりで居るとあれこれ考えて爆発しそうになり、お酒に逃げちゃって深酒する人も居るでしょう。 恋煩いって恋に振り回されっぱなしです。 楽しいけどやっぱり迷惑! 今日はそんな恋煩いの症状を落ち着かせるためにしたい6つの方法を紹介します。 恋煩いに振り回されやすい人、今まさに振り回されまくっている人は是非参考にしてくださいね! 恋煩いってどんな状態? pixabay. com まず、恋煩いをしている時にどんな状態に陥っているかのお話をします。 恋煩いに陥っている時、私たちの脳内はどんな状態なのでしょうか? 実は恋煩い時、脳内ではオキシトンが分泌されています。 オキシトンというのは愛情ホルモンと呼ばれるもので、愛情を強く感じた時に出てくるホルモンです。 彼のことを愛しいと思ったり可愛いと思う時に、脳がふわふわするようならオキシトンが出ている状態でしょう。 そんなオキシトンが出ている状態の時、女性は出産と子育てができるように体が整いだすため、次にセックスしたい衝動を引き出すテストステロンという物質が分泌されます。 テストステロンはいわゆる男性ホルモンです。 性欲が強い女性は男性ホルモンが強いと言われているのは、このテストステロンが多く分泌されやすいためですね。 テストステロンの他にも、ドーパミンも分泌され、このオキシトン、テストステロン、ドーパミンが脳内で分泌されまくることによって、私たちは恋煩いの状態に陥っていきます。 そして恋煩いの状態に陥った私たちの脳内はまさに、麻薬中毒者と同じような脳内になっているのです。 ある研究でこれは明らかになっています。 ある研究者が、コカイン中毒者と恋煩いをしている人の脳をMRIスキャンしてみました。 すると驚くことに両者はとても似ていて、違いがなかったというのです。 恋煩いをしている人が食事をしなくても眠らなくても元気なのは、確かに麻薬中毒者と同じような症状とも言えますよね。 恋愛中毒者が恋煩いから離れられないのも、ここらへんが理由でしょう。 そして恋煩い中に陥りがちな「恋は盲目」この状態。 これも、脳がハイになっているからに違いありません。 冷静になれば見えるところも、ハイになって見えなくなる、そんな経験をしたことがある人は多いでしょう。 そしてそんな経験で、後悔したことがある人も一定数居ることでしょう……。 冷静になるってとっても大切! 恋煩いは、依存する人がいるくらい楽しいもの。 でもやっぱり落ち着きましょう。 良い恋愛をするためにも!.

次の

【男生編】悩むと辛くなる<恋煩いの治し方>

恋煩い

男性の恋煩いの症状• 食欲がなくなって痩せる• 寝つきが悪い・睡眠不足• 仕事や勉強に身が入らない• 相手に嫉妬・束縛する• 目で追ってしまう• 感情の起伏が激しくなる それぞれの症状や原因を、詳しくみていきましょう。 症状(1)食欲がなくなって痩せる 恋煩いには、食欲がなくなる症状があります。 好きな女性のことを考えすぎて空腹の信号が脳にいかなくなるために、食欲不振になってしまうのです。 好きな人と上手くいかないことによるストレスから、食事がのどを通らなくなるという場合もあります。 食事が取れない期間が長くつづき、痩せてしまうことも少なくありません。 その場合は十分な食事量がとれないため、 やつれたような痩せ方をします。 栄養が足りていないと健康にも影響がありますので、恋煩いで食欲がなくてもなるべく食べられるものを取ることを心がけましょう。 症状(2)寝つきが悪い・睡眠不足 恋煩いになると寝つきが悪くなり、睡眠不足になることがあります。 布団に入っても相手のことを考えてしまい、頭がフル回転しリラックスできません。 その結果、寝ようとしても寝付けなかったり、眠れても何度も起きてしまうのです。 そうした睡眠不足の状態が続くと、毎日の疲れが取れず、疲れが溜まってしまいます。 恋煩いで眠れないときは「今日相手とどんな話をしたか」「これからどうアプローチしようか」など、想いをはせていることを書きだしてみましょう。 恋煩いの気持ちを吐き出して心理状態の整理することで、すっきりした気持ちで眠りにつけるかもしれません。 症状(3)仕事や勉強に身が入らない 恋煩いの症状には、仕事に身が入らないというものがあります。 好きな女性のことをぼーっと考えてしまい、物事に集中して取り組めず ミスを連発したり、仕事や勉強が思うようにはかどらなかったりします。 頭ではしっかりやろうと思っているのに、気持ちの切り替えがうまくできないため、ストレスに感じる人もいるでしょう。 恋煩いで仕事や勉強に身が入らない時は、相手を想起させるものを遠ざけるのがおすすめです。 仕事や勉強に関係ないものは身の回りに置かず、スマホもチェックできないようにしましょう。 目の前のことだけに集中する環境を作れば、仕事や勉強にも身が入りやすくなります。 症状(4)相手に嫉妬・束縛する 男性によく見られる恋煩いの症状に、好きな女性に嫉妬したり、束縛したくなる、というものもあります。 その理由は、男性には好きな女性を独占したい、自分のだけのものにしたい、という心理があるから。 好きな女性の交友関係や行動範囲を把握し、相手をコントロールしたいと思う男性もいるでしょう。 嫉妬や束縛をされて喜ぶ女性は少ないので、行動に起こす前に「自分の行動で相手がどのように感じるのか」を考えることが大切です。 恋煩いによる嫉妬や束縛が恋愛の障害になってしまわないよう、気をつけましょう。 症状(5)片思いの相手を目で追ってしまう 男性によく見られる恋煩いには、無意識的に好きな人を目で追ってしまうことがあります。 いつでも一緒にいたい、好きな女性のことをもっと知りたいという興味が行動に出てしまうためです。 日常の何気ない場面で、気が付いたらいつも好きな女性を探してしまうのも、恋煩いの症状のひとつです。 症状(6)感情の起伏が激しくなる 恋煩いをすると、感情のコントロールがうまくできないことがあります。 恋をするとアドレナリンやドーパミンの分泌が過剰になり、ホルモンバランスが崩れやすくなります。 このホルモンバランスの乱れの影響で、感情の起伏が激しくなるのです。 ホルモンバランスが乱れると、いつもは冷静なのにちょっとしたことでイライラしたり、些細なことで不安になり落ち込むなど、 普段とは違った感情に振り回されることもあります。 恋煩いによる感情の起伏を抑えるには、気分転換するための時間を持つことが大事。 思考がリセットされて感情の高まりを抑えられるので、冷静に自分を見つめなおすことができるでしょう。 男性が恋煩いに陥ったときの治し方4つ では恋煩いでつらい状態なった場合、どのように対処すればいいのでしょうか。 ここからは、男性が恋煩いになったときの治し方を4つ紹介します。 男性が恋煩いになったときの治し方• 仕事や趣味に没頭する• 身体を動かす• 男友達と遊ぶ• 片思いの場合は思い切って告白する 恋煩いにおすすめの治し方を詳しくみていきましょう。 治し方(1)仕事や趣味に没頭する 恋煩いになったら、好きな女性のことを考える暇がないくらい、仕事や趣味に没頭しましょう。 ひとつのことに集中すると、他のことが目に入らなくなります。 ムリにでも恋愛から気持ちを切り替えて、自分が熱中できることを探しましょう。 また仕事や趣味で充実感を味わうことができれば、向上心が生まれて恋煩いも楽しめるようになるかもしれません。 治し方(2)運動をする 恋煩いを解消するには、身体を動かすこともおすすめです。 運動することで適度な爽快感が得られ、ストレス発散につながなります。 また、睡眠不足に悩まされている人は、身体を動かすことで適度な疲労感が得られ、寝つきがよくなるでしょう。 運動は外で軽くウォーキングしても、ジムでしっかり筋トレしても構いません。 身体を動かすことで、恋煩いのモヤモヤを吹き飛ばしましょう。 治し方(3)男友達と遊ぶ 恋煩いを治すには、男友達と飲んだり旅行に行ったりしてリフレッシュするといいでしょう。 恋愛ではないことを思いっきり楽しむことで、恋愛でガチガチになった頭をほぐせます。 リフレッシュすることで、柔軟に物事を捉えられ、気持ちに余裕もでてきます。 自分にあったリフレッシュ方法を探して、心も頭もスッキリしましょう。 治し方(4)片思いの場合は思い切って告白する 恋煩いを治すために、 思い切って相手の女性に告白するのもひとつの手です。 恋煩いを解決させるには、悩みのタネをなくすのが最適です。 片思いの場合は、結果がどうであれ告白をすることで関係性がはっきりして気持ちが楽になるでしょう。 告白することで恋煩いのフェーズが変化するので、次のアクションも起こしやすくなります。 思い切って相手の女性に告白することで、1歩前進しましょう。 恋煩いに陥りやすい男性の特徴3つ 恋煩いは男女関係なく、個人差によって陥りやすいタイプがあります。 恋煩いに陥りやすい男性には、次のような傾向が多くみられます。 恋煩いに陥りやすい男性の特徴• 恋愛経験が少ない• 自分に自信がない• 真面目で一途 それぞれの特徴について、詳しくみていきましょう。 特徴(1)恋愛経験が少ない 恋煩いになりやすい人の特徴としてあげられるのは、恋愛経験が少ない人や異性と接することが苦手な人です。 恋愛経験が少ない人は、どのように相手にアプローチしたらいいのか分からず、なかなか行動できないまま、頭でグルグルと考え込んでしまいます。 恋愛の成功体験が少ないと 想像や妄想でネガティブな思考が高まりやすくなり、恋煩いの悪循環をうむこともあります。 経験が少ないうちは、誰もが不安になるもの。 あまり深く考えすぎず、行動しながら経験値を高めていきましょう。 特徴(2)自分に自信がない 自分に自信がもてない人は、恋煩いになりやすいです。 それは、 好きな女性にアプローチしてもうまくいかないのでは、とネガティブに考え、失敗したくないと悩むから。 またプライドがあり「自分に自信がないことを周囲の人に気づかれたくない」と感じている場合は、恋煩いを他人に相談できずにこじらせてしまうこともあります。 恋煩いに陥らないためには、自分に自信がなくても、失敗を恐れずどんどん行動することが大切です。 特徴(3)真面目で一途 恋愛に対して真面目で一途な人は、恋煩いになりやすいです。 相手の女性を喜ばせたい気持ちばかり優先して、恋愛を楽しむ余裕がなくなってしまうのです。 さらに真面目な性格の男性は恋愛がうまくいかないと、 「自分が悪かった」と思いがちです。 真面目で一途な人は、自分を責めすぎず、恋愛を楽しむことにも意識を向けましょう。 恋煩いについてのアンケートデータに基づいた解説を知りたい方は、次をチェックしてみてください。

次の

男性が陥る恋煩いの症状と治し方を解説!共通する男性の特徴とは?

恋煩い

恋愛経験が少ないと、特にその人の事に没頭してしまいがちになります。 意味もなく寝れない夜が続いたり、食欲がなくなる事も珍しい事ではありません。 特に初恋は恋煩いになってしまう人も多いのではないでしょうか? 初恋は何もかもが初めての経験です。 好きな相手の事を考えるあまり、夜眠れない事や、食欲がなくなったり痩せる事もあったのではないでしょうか。 恋煩いとして診断される人も多いのが恋愛経験が乏しい人です。 逆に、常に誰かに恋をしている人も恋煩いだと診断されます。 恋愛経験が少ない人とは逆ですが、常に恋していたり好きな相手がいると、自然と恋愛について考える時間が多いものです。 常に恋をしている人も、恋煩いになりやすい人の特徴であり、症状であると言えます。 友達との時間を増やしてみるのも効果的ですが、あなたの一番の理解者はなにより家族です。 家族と過ごす時間は誰もが一番、「素の自分」ですよね。 大切な家族に自分の悩みをさらけ出してみるのはいかがでしょうか?悩んでいる事なんて忘れるくらいスッキリするかもしれません。 きっとあなたの家族は食欲がなくなったり眠れない夜を過ごすあなたを、言わなくてもこっそり心配しているでしょう。 両親ではなく、兄弟でもかまいません。 恋愛の相談がしにくいのであれば、普段よりも家族と会話を増やしたり、一緒にテレビを見たり、買い物について行く等の事でも大丈夫です。 この治し方はそれだけでも気分転換になり、恋煩いの事なんて忘れるはずです。 好きな男性の事を考えるあまりに自分だけで抱え込みがちですよね。 もし、あなたが難しい恋に直面しているのならば、つらい事が多いはずです。 そんな時は自然と泣いてしまう事もあるのではないでしょうか?それは女性に多い恋煩いの症状のひとつなのです。 感情の起伏が激しくなるのと同様に、なぜか人に共感しやすくなったり、あるいは鈍感になったりします。 恋煩いを発症する以前ならなんとも思わなかった恋愛物の映画に夢中になり、何故か泣いてしまう事も恋煩いの症状の一つだと言えます。 自分で感情をコントロールできなくなってしまうからです。 しかし、苦しくてつらくて泣いてしまう事でも、ストレス発散になります。 我慢しないで泣くことも時には大切です。 社会人であれば「プライベートで何かあっても、仕事の時は冷静に取り組める」という人が多いはず。 ある程度大人になると、仕事モードと恋愛モードは自分で自然と切り替える事ができますよね。 しかし恋煩いが重症化してしまうと男性でも、いつも当たり前に出来た事さえ手につかなくなることもしばしばあります。 仕事中なのに好きな女性の事を考えてしまったり、ついため息をついていたり・・・。 仕事に影響が出てしまう事があるくらい恋煩いの症状に悩まされる男性もいるのです。 本人も、「仕事なんだしこのままではいけない」事は分かっているのに、それがどうしようもなくなってしまうのが恋煩いです。 自分ではコントロールできなくなってしまう恋の病は強敵ですね。 相手の女性の事を考えるあまり、妄想してしまう事も良くあります。 「ここに彼女がいたらなぁ」と妄想する事もしばしばあります。 離れている時でも、その女性の事を自然と考えてしまうのは、恋をしている証拠です。 それをきっかけに自分の恋心に気づく男性も多いのです。 または「好きな人の夢を見てしまった」という男性もいるようです。 好きな女性と念願叶い、付き合ったり、そしてラブラブな事をしていたり・・・。 男性に関しては、女性より性に敏感なものです。 好きな女性の裸を妄想するのは良くある事です。 そんな事を妄想したり、夢を見る事は決して珍しい事ではありません。 夢の中でも好きな女性に会えて良かった!と、幸せな気分で目覚めて素敵な一日を送れるでしょう。

次の