レンチン どん 兵衛。 年越しどん兵衛に最も合うちょい足し食材は? ネットで話題のレシピを比較してみた│タウンワークマガジン

『どん兵衛』をレンジでチン 食感変わり驚くほどコシが出る|NEWSポストセブン

レンチン どん 兵衛

まずは10分どん兵衛 作り方 10分どん兵衛の作り方は至って簡単。 普通に粉末スープと熱湯を入れて、通常5分のところを10分待ちます。 そんでもって10分後。 あ~長かった。 いつもなら2分くらいで食べてるから余計に長く感じました。 最後に七味をふりかけて準備完了です。 食べてみた感想 10分待ってるだけあって、麺は通常より伸びてます。 食べてみると、コシは皆無ですが柔らかくてふっくらとした触感が美味しい。 消化にも良さそうです。 お揚げは、たっぷりとツユがしみ込んでジューシーですよ。 いやはや10分どん兵衛、単純な発想ながらやりますな。 お次にレンチンどん兵衛 作り方 レンチンどん兵衛の作り方は、まずフタを全部はがして熱湯を少し多めに入れます。 ラップをかけて500Wで3分間チンします。 カップが変形するみたいですが気にせずGo! チンした後は容器が熱いので注意しましょう。 カップが変形して見た目が悪いので今回はどんぶりに移します。 というか、途中で吹きこぼれそうになったので、どんぶりに入れてチンしたほうが良いかも…。 最後に粉末スープと七味をふりかけて準備完了です。 食べてみた感想 不思議と麺は透明がかってます。 食べてみるとツルツルッとした食感で生麺みたい。 喉越しが良いのでどんどん食べれちゃいます。 美味しい。 お揚げは、ふっくらと仕上がってます。 高級感あふれるどん兵衛ですよ。 まとめ 個人的には、レンチンどん兵衛のほうが上かなぁ。 やっぱ生麺みたいな食感が美味しいんですよね。 ただ、10分どん兵衛のほうが手軽に作れるので、その日の気分によって変えるのもアリですね。 いやぁ~それにしても、この記事を書いた日は「昼食:10分どん兵衛」「夜食:レンチンどん兵衛」だったので、まさにどん兵衛づくしでしたよw.

次の

『「どん兵衛」をレンジで加熱するとほぼ生麺になる! 』は「緑のたぬき」でも通用するか?!

レンチン どん 兵衛

たとえば卵を常温に戻しておく、粉末スープは卵の上にかけない、などの美味しく食べるコツもあったんですけど、基本は生卵を落とすだけ。 おそらく何年も前から実践されている方は多いと思いますが、やや麺の一部が白身で固まってしまうことを除き、温泉卵とは違う卵黄のコクと蕎麦の香りがベストマッチなアレンジでした。 (詳細「」) 「焼き蕎麦」とは、その名の通りフライパンで実際に「日清のどん兵衛 天ぷらそば」を焼いてみたんですけど、これが美味しいのです。 やはりフライパン調理用に設計されていないので(疑う余地もありませんがw)、どうしても麺がモタついてしまったり、思いのほかカサが高くて調理中に焦ったり(苦笑) しかし、中華麺を使ったソース焼そばや塩焼そば、しょうゆ焼そばとも違う新鮮味が得られるアレンジです。 )、後日また検証します。 (詳細「」) 「カレーパンぶっこんでみた」とは、もともと「きつねうどん」用のレシピだったんですけど、文字通りカレーパンをワイルドにのせるアレンジです。 さすがに裏面は柔らかくなりますが、意外にもカレーパンとの接地面はサクサク感をキープ! 「全部のせどん兵衛」よりも重たいヘビー級の食べ物に変貌したのですが、その背徳感と出汁が染み込んだカレーパンには特有の魅力を感じざるを得ませんでした。 (詳細「」) さて、もちろん今回は上記にないアレンジレシピ。 基本的にカップ麺を湯切りしたり焼いたりすることなく、土台は通常通りに調理し、別の食品を「ちょい足し」することで味を激変させます。 カップ麺を開封 私は西日本に住んでいるので、使用する「どん兵衛」は西日本用の〈W〉(west)になるのですが、東日本にお住いの方は開封口(ココカラハガス)の左、もしくはアレルギー物質の表示欄上のロゴ左横に〈E〉(east)と書いてあるはずです。 北海道は特別仕様の「北のどん兵衛」、通常どん兵衛は関ヶ原を境に味が分けられているのですが、愛知県では東日本仕様(E)が主流みたいですね。 別添の小袋は「あとのせサクサク天ぷら」と「彩り七味付き粉末スープ」の2袋(2. )構成になるのですが、ずいぶんと彩り七味付き粉末スープが簡素なデザインになっています。 つい先日までフタ上パッケージ上部のデザインと同じ「どん兵衛」のロゴがあり、1・2・3と矢印で手順が書いてありました。 もしかすると年末年始で普段はカップ麺を食べ慣れていない方や年配の方も召し上がる機会が増えてくるので、一時的にデザイン性よりも機能性と利便性を重視しているのかもしれませんね。 ちなみに2018年12月現在のパッケージ(賞味期限が2019年5月5日以降の製品)には「とろまろ月見そば」がアピールされているのですが、中身は通常商品と同じです。 前述したように今回のアレンジは調理済みのどん兵衛にアイテムをちょい足しするだけなので、きわめて普通に調理してください。 ちなみに東西で出汁(だし)が違うのは有名な話ですが、西日本は昆布出汁を基調に出汁感のある澄んだ色のつゆ、東日本は鰹出汁を基調に醤油感のある濃いつゆが特徴となっていて、彩り七味のブレンドにもこだわりがあり、西の七味は和山椒の香りを強め、東の七味は赤唐辛子が多めに効かせてあります。 全国的に「蕎麦は東のほうが美味しい」「うどんは西のほうが美味しい」という意見が多いようですね。 さて、完成です。 ってくらい少量の唐辛子(笑)。 だけど、さすが日清のどん兵衛「ぴんそば」からはオーラが漂っております。 ちなみに私がアレンジせずにどん兵衛の天ぷらそばを食べる時は、天ぷらを途中入れする(1分45秒くらいに放り込む)のがこだわりです。 適度に蒸らされて外はジューシー、中はもっちりの絶妙な食感が食べ始めの直後から楽しめるので、よかったら試してみてください。 それでは、本題のアレンジ開始! 1食(100g)当たり カロリー:467kcal たん白質:10. 8g 脂 質:21. 3g 炭水化物:57. 9g 食塩相当量:6. 2g (めん・かやく:2. 1g) (スープ:4. 1g) ビタミンB1:0. 27mg ビタミンB2:0. 合間に天ぷらを食べることでサッパリし過ぎることなく、でも大根おろしで胃もたれしにくい理想の組み合わせ。 作り方は、なめこ(約30〜40g)をサッと湯に通し、辛めにおろして軽く水分を搾っておいた大根おろし(約30~40g)と和えてカップ麺にトッピングするだけ。 大根は細胞を効率よく壊すと辛味が増し、それは5分後にピークを迎えるので(そこから徐々に辛味は落ちる)、お好みのタイミングを狙ってください。 すりおろす際は輪切りにした断面図を真下にして、力強くおろしましょう。 大根おろしには整腸作用と血糖値の急上昇を抑える効果があり、なめこの免疫力向上機能、そしてGI値の低い蕎麦ということで、ダイエットにも誂え向きなアレンジです。 簡単だけど、本気でオススメ。 しっかり混ぜて食べるのがポイントです。 とろろの粘りが粉末スープのカドを抑えることで全体がマイルドになり、麺もコーティングされて喉越しが飛躍的に向上。 そこへ香る青海苔のアクセントも繊細ながらに存在感は大きく、味と香りに大幅な変化をもたらします。 そして、もうひとつ途中で追加トッピングしていただきたいのが山葵(わさび)。 とろろの癖を山葵の清涼感がスッと均(なら)し、全体的にマイルドでも抑揚を失わせないように和の刺激で味を広げてくれます。 この一撃はマジでヤバい。 (笑) ほぼ100%洋風仕様のベシャメルソースが純和風の天ぷらそばにライドオンしてくるわけなんですけど、これが意外と違和感ないんです。 ほんとだってw フランス・ブルターニュ地方の郷土料理に「そば粉のガレット」という食べ物があって、それにベシャメルソースを合わせるのも珍しい話ではなく、実際に「そば粉のホワイトソース」なんてレシピもあるくらい、蕎麦の香りとベシャメルソースの相性って実は悪くないんですよ。 おい待て蕎麦つゆとの相性どないやねん、と思われたかもしれませんが、カップ麺のポテンシャルを侮ってはいけません。 蕎麦屋さんで食べたらC級すぎるかもしれませんが、そのC級をカップ麺は飼い慣らします。 彩り七味は香りが複雑すぎて合わないと思い省きましたが、天ぷらを入れずにクリームコロッケ2個したいくらい美味しいです。 なにがあってもコロッケそばなんて受け付けない! という方にはオススメできませんが、コロッケそばが大丈夫なら思い切って冒険してみてください。 」と思われそうなアレンジまで紹介してみましたが、どれも真面目にオススメです。 異色のマリアージュで魅せる「カニクリームコロッケ」(適度に勇気は必要かもしれませんがw)、マイルドかつ複合的な味わいの「月見とろろ天ぷらそば」、そして最初に紹介した「おろしなめこの天ぷらそば」は特にオススメしたいアレンジレシピです。 おろしなめこが余ったら、軽くポン酢で味付けしてネギを散らし、七味唐辛子を少し振ったら立派な一品になりますよ(笑).

次の

麺がつるつるモチモチに! 「日清のどん兵衛」ちょい足しアレンジがマジうまい。 : 東京バーゲンマニア

レンチン どん 兵衛

特に難しいことはなさそうですな。。 どん兵衛をレンチンすると、麺がもちもちになって 劇的においしくなるんだそうです。 ……何気に大問題かもしれませぬ。。 家にあるの、どん兵衛じゃなかった。。 赤いきつねじゃった。。 しかも北海道限定バージョン(レアなのか?) 他のカップ麺でも大丈夫なようなので、今回は 赤いきつねでやってみます。。 どん兵衛ではなく、家にあった赤いきつねでやります。 お湯を沸かしている間に蓋を開け、スープをよけます。 熱湯の取り扱いには十分ご注意ください。 線より2~3ミリ多目にお湯を注ぎます。 ラップはふんわりと。 500Wで 3分にセット。 沸騰したお湯を入れて加熱しているので、 ほどなくしてカップ内でも沸騰し、ラップが もりあがってきました。 そして… 中のお湯がこぼれている様子…焦)) かなり激しく沸騰しているのでここで 加熱の途中で扉を開けて、ラップを撤去。 ラップをずらした時に非常に熱い蒸気が 勢い良く出て来たのでラップ蒸気に注意です。 この時既にカップが若干変形していました。 (加熱中に「取り消し」を押さずに扉を開けるといけないと 聞いた事があるようなないような気がしたけれどやっちゃいました) 加熱終了 吹きこぼれ投げ出された玉子さん。。 (もちろんカップに戻して頂きました) 粉末スープを入れてよく混ぜて 七味を散らして完成^ー^ノ いざ!実食!! おあげもいつもより透き通っているような気がする? そして麺。 麺!! 透き通ってる! 食べてみると、ぴろぴろ、つるつる、少しもちっ。 あぁ~ お湯を注いだだけとは滑らかさが全然違います。 コシとか弾力などよりは、ツルツル感というか、 喉越し?の違いが大きい気がします。 あと、食べ始めと食べ終わりであまり食感が 変わらないように思いました。 伸びにくいというんでしょうかね。。 (加熱して伸ばしたのかしら?) そしておあげは… 通常調理よりも味が薄く感じました。 粉末スープを後で入れたから、「お湯」を 吸ってしまったからでしょうか。 それともレンジで煮込まれるうちに、 ついていた味が煮出されてしまったのでしょうか。 どん兵衛の「ジューシーきつね」なら、結構 味がしっかりついていた記憶があるので 気にならないのかもしれません。 全体としては、麺のインパクトが強いからか、 お湯を多目にいれたからか、 通常調理よりもスープが弱く感じました。 麺好きの私としては、満足できる仕上がりでした。 因みにカップの歪みは全く気にならず、 そのままおいしく頂きました^^ お湯を入れてから食べるまでの時間は、 通常調理とあまり変わりませんでした。 慣れたら時短になるかもしれません。 食べてみて味が濃かったらお湯を足せばいい。 蒸気によるやけど防止にも。 レンチンは3分より少なくてもいいかも。。 もう少し固めの仕上がりでも良かったので。 これらは全て 要検証事項です。 特におあげがすぐに戻るかなどはやってみないと わかりませんので、またレンチンカップうどんを 食べる機会があったら追記します。 レンジでの加熱時間について 今回は3分加熱しましたが、元ネタさんによると、 加熱時間には法則があるんだそうです。 それは、 待ち時間の60割レンチン(500W) とのこと。 機種によって微妙な差はあるかもしれませんが、 加熱時間の目安です。 カップそばはおいしくできて、カップ焼きそばや カップヌードル系はべちゃべちゃになってしまう とのこと。。 ノンフライ麺なんかも、おいしく出来そうな気がしますが、 失敗覚悟で検証してみるのは…今は嫌です^^; 所感 主婦としての感覚なのでしょうが、 私はカップ麺の大きなメリットとして、 「洗い物をしなくてよい」という点が あげられると思います。 な の で レンチンしたカップ麺をわざわざ丼に移すことは したくありません。 自分が食べるならば、曲がったカップでも 問題なし! 変形しすぎてカップが不安定だと問題ありですけどネ。 曲がったカップが嫌だからと丼に移すのであれば、 どうせ洗い物をするならば、レンジのかわりに 鍋で煮て、カップに移す方を選ぶかなぁ… と、夫に話したら 「おまえ、わかってねぇなぁ」 と言われてしまいましたが^^; レンジと併用することで、待ち時間を短縮できて、 食感も良くなるならば、「いいとこどり」だと思います。 以前(もう何年も前?)はレンジ専用のどん兵衛が あったようですが、今は販売されていないのですかね。。 夏は水から…その他の季節は? 気になります>< 日清さんのHPを見たら、どん兵衛にも沢山の 種類があって驚きでした。 ロケットニュースさんのレンチンどん兵衛の 関連記事では、「」 「」 「」などなど、興味深いものが数多くありました。 検証するのは、「今は嫌」です^^; 【追記】ラーメンでも試してみました その後、カップラーメンを食べる機会があったので、 同様にして試してみました。 ノンフライのトンコツラーメン、麺はやや太め、 お湯を入れて5分待つタイプ。 今回は、お湯の量はカップ内側の線まで(規定量)、 ラップなしでレンジ加熱時間は2分30秒にしました。 粉末・液体ともに後入れタイプのスープでした。 液体のスープを蓋の上で温められないので、 いつもより気合を入れて袋からスープを絞り出しました^^; 気になる麺の具合は、舌触り喉越しともになめらかで、 おいしく頂けました^^ ラップをしなかったからか、カップの変形もありませんでした。 しかし、方法がブログ記事に書いたものとは変わりました。 今では、 ラップなし お湯は定量 加熱時間は短め 見ていて吹きこぼれる前に加熱を停止する。 にしています。 加熱時間は麺の種類(ノンフライなど)や商品によって 変わってきますし、私は硬麺が好みなので、短めです。 (硬かったら少し待てばいいので) 色々試してみましたが、カップ麺で失敗した ものは今のところありませんし、カップの変形もありません。 太麺、細麺、ノンフライ、それぞれ美味しく出来ています。

次の