イチジク 鉢植え。 イチジク

イチジクの育て方!プランターや鉢植えでは?剪定や挿し木・肥料!

イチジク 鉢植え

『秋果専用種』『夏秋兼用種』が扱いやすい• 水はけのよい土壌で育ちます• 秋果は新梢 春に伸びた枝 の葉腋 葉の付け根 に果実がつき、晩夏~晩秋に食べ頃となります。 夏果は新梢にできた幼果が大きくならずに越冬、春になって大きく生長して梅雨~夏に熟します。 それらの組み合わせで『夏果専用種』『秋果専用種』『夏秋兼用種』3タイプの品種があります。 剪定方法が異なるので、育てているのはどのタイプの品種なのかをしっかりと把握しましょう。 夏果専用種は梅雨の天候不順に果実のできが左右されやすいです。 また、剪定しにくく、鉢植えや限られた場所ではコンパクトに仕立てづらい点もあります。 家庭園芸では秋果専用種か夏秋兼用種が向いています。 このページでも秋果専用種・夏秋兼用種を中心に説明します。 樹形を仕立てる ほおっておくと丈が高くなり、剪定や収穫がしづらくなります。 最初にある程度低い位置に、メインとなる枝を張らせることが大切です。 枝を切り詰める時期は落葉期の冬です。 切り口がふさがりにくく枝が枯れこみやすいので、必ず芽と芽の間で切るようにします。 代表的な『杯状仕立て』と『一文字仕立て』を以下の項で説明します。 杯状仕立て オーソドックスで仕立てやすい形です。 やや面積をとりますが、まんべんなく日射しが当たり、手の届く範囲での収穫が可能です。 作業適期は落葉期の冬です。 露地植え• 1年目 冬 植え付けた苗木は地面から40cm~50cmの位置で切ります。 2年目 冬 新梢を30cm~40cmの位置で切り戻します。 3年目 冬 新梢を付け根から2芽残して切り戻します。 枝の位置が低くなる分収穫しやすく、より内部まで日射しが入るようになります。 鉢植え• 1年目 冬 植え付けた苗木は地面から20cm~40cmの位置で切ります。 1年目 夏 新梢を3本残し、あとは切り落とします。 2年目 冬 新梢を20cm~30cmの位置で切り戻します。 3年目 冬 新梢を2芽残して切り戻します。 一文字仕立て 主枝を2本、左右に開張させる方法です。 主枝から上部に出る枝が等間隔になるように間引いて仕立てます。 剪定 樹形ができあがったものは、毎年冬に剪定を行います。 『秋果専用種』と『夏秋兼用種』でやり方が異なります。 秋果専用種 新梢を2~3芽残して切り詰めます。 秋果は春に伸びた枝に付くので、冬に切り詰めても問題ありません。 夏秋兼用種 一部の新梢は剪定せずに1~2本残し、他の枝は2~3芽残して切り詰めます。 一部を残すのは枝の先端に夏果ができるからです。 すべてを切り詰めると、枝ごと夏果を切り落としてしまうことになります。 日当たり・置き場所 日当たりが良く、強い風の当たらない場所が適しています。 風の強い場所では葉が擦れて、果実が傷んでしまうためです。 温暖な気候を好む樹木で、栽培適地はミカンが栽培できる場所と重なるとされます。 基本的に関東以南が適していますが、品種によって耐寒性は大きく異なり、耐寒性の強いものは東北南部でも栽培可能です。 水やり・肥料 鉢植えの場合は水やりが必要です。 過湿に弱いですが、葉っぱが大きく水分が逃げやすいので、夏は乾きやすいです。 土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをし、極端な乾燥に気をつけます。 枝を伸ばしながら実を付けるので、体力が切れないよう肥料はしっかり与えます。 露地植えは春と冬の年2回、鉢植えは春と夏と冬の年3回です。 弱アルカリ性から中性の土壌を好むので、肥料とは別に石灰を年1回施してもよいでしょう。 用土 鉢植えは赤玉土 小粒 6:腐葉土3:鹿沼土1の割合で混ぜた土を用います。 水はけと水保ちのよい土質が適しています。 植え付け 植え付けの適期は落葉期の12月~3月です。 多湿に弱いので、水はけをよくするため山高に土を盛って植え付けます。 鉢植えは厳寒期を避け、3月中旬以降に植えます。 鉢は6号~8号鉢 直径18cm~24cm に1株とします。 ふやし方 さし木でふやすことができます。 昨年の枝を3月頃に挿す休眠枝挿しと、新梢を6月頃に挿す緑枝挿しがあります。 収穫・利用 枝の下の方にできた果実から順番に熟していきます。 よく熟れてやわらかくなったものから収穫していきます。 熟れたものは付け根に近い細い部分を持って軽く持ち上げるとキレイに採れます。 果実の頂点にある目の部分にストローやスポイドなどで植物油を1~2滴指すと成熟が促進され、通常より1週間~10日早く収穫できます。 これは植物油に含まれるエチレンが要因だとされます。 この作業をオイリングと言います。 タイミングは果実の肥大が止まり、目が色づいてきた頃です。 時期が早いと実の生育が悪くなり、遅いとあまり効果が見られません。 かかりやすい病害虫 テッポウムシが樹木を内部から食い荒らして樹を弱らせてしまいます。 幹に穴が開いて木くずのようなものが出ているところがあれば、被害に遭っている可能性が高いです。 穴に針金を突っ込むか、薬を注入して粘土などでフタをして駆除します。 関連する植物• 沖縄や小笠原、屋久島でも植えられたガジュマル林を見ることができます• その他にも、様々な種が観葉植物として利用されています• よく枝分かれしてやや小ぶりで光沢のあるタマゴ型の葉を密に付けます.

次の

鉢植えの果物 イチジク

イチジク 鉢植え

新型コロナウィルスで自宅待機が続いている今年のゴールデンウィークですが、趣味の果樹栽培や家庭菜園をしているお陰でストレス無く没頭している今日この頃です。 果樹も元気に芽吹き出しています。 パトリオット 今年のブルーベリーは冬場に強めに選定したので、収穫は例年の半分位でしょうか。 一昨年に苗を購入した甘柿の富有柿です。 よく見ると花芽が見えます。 今年収穫出来ると嬉しいですね。 写真のイチジクはバナーネですが、夏果が付いています。 以前にも夏果が付きましたが夏前に落ちてしまい、まだ食べたことが無いので期待したいですね。 最後はブドウの様子です ピオーネ 房が見えて来ました 巨峰 巨峰は例年より動きが少し遅い様です。 高妻 此方も良い感じに展開しています。 シャインマスカット シャインマスカットはここ2年程房を付けていませんでした。 昨年房を付けましたが梅雨の長雨で晩腐病にかかり収穫出来ませんでした。 今年は期待したいですね。 瀬戸ジャイアント 瀬戸ジャイアントはここ数年房を付けないので栽培を止めようと思っていましたが、芽吹いて来ると、もう一年育てて見ようと思ってしまいました。 クイーンニーナ ハニーブラック 紅伊豆 クイーンニーナ、ハニーブラック、紅伊豆は春に植え替えをしたので今年は気合が入ってます。 ゴルビー ロザリオビアンコ ゴルビーとロザリオビアンコも栽培を止めようと考えていましたが、結局もう一年栽培する事にしました。 ブドウは品種が多くなって、世話をするのが大変になってきましたが、それはそれで楽しみなんですね。 趣味ですから。 寒波が居座って日本海側は相変わらず大雪となっておりますが、此方太平洋側は寒いですがいい天気です。 これで風が強く無かったら最高なのですが、低気圧が通過中とあって強風が吹き荒れています。 2月中に果樹の薬剤散布を終わらせたく、この強風の中決行しました。 風が強いので噴霧器は使えないので、刷毛で塗っていきました。 先ずは昨年栽培5年目にして初収穫出来た桃です。 白鳳、大久保、ネクタリン、今年も花芽がたくさん着きました。 挿し木苗のイチジク、ロードス、ヌアール・ド・カロン、バナーネ 林檎のふじと王林。 ふじに高接ぎしたぐんま名月。 ふじの花芽、まだまだ硬いですね。 ブドウのピオーネです。 既に剪定は済ませてありますので、刷毛で石灰硫黄合剤を塗って行きます。 硫黄温泉に行った時の臭いがしますが、風が強いお陰で臭いは吹き飛びました。 ロザリオビアンコ 乾くと真っ白になります。 シャインマスカット ゴルビー 巨峰 樹液が動き出す前に芽キズを付けました。 3月中に植え替えとベンレート水和剤の散布を計画しています。 石灰硫黄合剤が洋服に着くと臭いがなかなか取れません。 に地植えの一文字仕立てのホワイトゼノアから出てきたひこばえの皮を環状剥皮して取り木をしました。 今日、確認すると根がいっぱいに回っていました。 拡大すると外側までびっしりと根が回っていました 早速、鉢上げをしました。 取り木の位置が少し高すぎましたね。 秋果も見えます ドーフィンも秋果もが大きくなってきました。 ドーフィン こちらはバナーネの幼果 ロードスなどの挿し木苗も鉢上げ 他にもバックアップ用に挿し木した巨峰やピオーネなどのブドウの挿し木苗も鉢上げ バナーネなどは東北では育たないと言われてきましたが、温暖化の影響かまたは、暖冬なのかこの2年冬越し出来ています。 来年は地植えのホワイトゼノアに接ぎ木してみようと思っています。 2020年7月 月 火 水 木 金 土 日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 カテゴリー• 393• 1,186• 104• 108• 119• 49 最近の投稿• 2020年5月11日• 2020年5月11日• 2020年5月11日• 2020年5月11日• 2020年5月4日 最近のコメント• に より• に タカ より• に より• に タカ より• に より• に タカ より• に より• に タカ より• に より• に タカ より• に より• に タカ より• に より• に タカ より• に より アーカイブ アーカイブ Count per Day• 109878総閲覧数:• 32今日の閲覧数:.

次の

イチジクの木の育て方は?地植え・鉢植え、剪定方法や肥料が分かる!

イチジク 鉢植え

イチジクの木の基本情報・主な品種は? 旧約聖書の中でアダムとイブが体を隠したのがイチジクの葉であったという話からイチジクは古代からある果物ということが分かりますね。 日本へは中国経由で江戸時代に伝わりました。 イチジクの名前は、一日に1果づつ熟すことから「一熟」がなまったという説や17世紀初めに日本に渡来したとき、映日果を唐音読みで「エイジツカ」とし、それがなまったという説があります。 まずは基本情報を見てみましょう。 基本情報 園芸分類 果樹 (クワ科) 形態・樹高 小高木 ・ 2~3m 結実まで 庭植え 2~3年 、鉢植え 2年 栽培適地 東北地方以南の太平洋地域。 耐寒性 弱い 耐暑性 ふつう 受粉樹 不要 耐陰性 やや強い 特性・難易度 落葉性・初心者でも育てやすい 果樹には2種以上植えないと実が付かないものもありますが、 イチジクは単為結果といって受粉しなくても果実が付くので1本でも大丈夫です。 主な品種の特徴は以下のとおりです。 品種名 樹勢 成熟期 特徴 桝井 ドーフィン 中 6月下旬~7月上旬 、8月中旬~10月下旬 夏秋兼用種。 もっとも代表的な品種。 豊産性。 耐寒性は弱い。 ホワイトゼノア 強 8月上旬~10月中旬 夏秋兼用種。 緑色の果皮で豊産性。 耐寒性は強い。 ブラウン・ターキー 弱 6月下旬~7月下旬、 9月上旬~10月下旬 夏秋兼用種。 豊産性。 樹勢が弱く定期に仕立てやすく、家庭果樹向き。 蓬来柿 ほうらいし 強 7月下旬、8月下旬~10月下旬 秋果専用種。 日本で最も古い品種で、家庭果樹としても親しまれてきた。 耐寒性が強く、果実は大きい。 管理人のお勧めは、家庭栽培では樹勢が弱くてあまり大きくならない ブラウン・ターキーです。 花が実のなかに小さな花をつけるため、外からは分かりません。 果実を半分に切るとつぶつぶしたものがつまっていますが、そのつぶつぶが花なのです。 イチジクの果実には消化を助ける消化酵素類や糖の吸収を抑え血糖値変動を緩やかにするペクチンが含まれます。 その他、ビタミンB1・B2・B6・ビタミンCなどのビタミン類をバランスよく含んでおり、健康にも良いです。 イチジクの木の栽培カレンダー 年間の栽培カレンダーです。 主な品種のところで夏秋兼用種と秋果専用種を紹介しましたが、夏秋兼用種は栽培の仕方で夏にも秋にも収穫することができます。 次に栽培カレンダーにもとづいて、植付から剪定、開花、施肥、収穫について説明していきます。 イチジクの木の植え付け(地植え、鉢植え)、植え替えの時期と方法は? 地植え 12~3月が植え付け時期です。 日当たりが良く、葉が大きいために風の強くないところが適しています。 土をかぶせて地面よりも多少高い位置(20cm~30cm)に植える浅植えが基本です。 乾燥しないように藁を敷きます。 地上より40~50cmのところで切り返し、風が吹いた時に苗木が倒れないように支柱を立て固定します。 植え付け後は、十分に水を与えます。 鉢植え 基本的には庭植えの場合と同様です。 1年生の苗木は7~10号(直径21~30cm)位の鉢を使用します。 用土は果樹用の培養土に緩効性の固形肥料を混ぜて使用します。 まず、鉢底ネットを敷き、鉢底石を入れ、鉢の半分位の深さまで土を入れます。 次に植木の根を放射状に広げて穴の中央に植え、残りの土をかけます。 水はたっぷりと十分に与えます。 風が吹いた時に苗木が倒れないように支柱を立てを固定します。 鉢の大きさや成長の度合いにもよりますが、2年に1回程度は必要です。 鉢植えから地植えにする植え替えする時も植え付けと同様に12~3月が適しています。 イチジクの木の仕立て方、剪定の時期と方法は? 枝がやわらかいため、比較的容易に樹形をつくることができます。 ほかの果樹に比べて樹勢が強いため、樹高を低くおさえる 一文字仕立てや 杯状仕立てが一般的です。 一文字仕立てとは、2本の主枝を地面から50cm程度の高さでに平行に横に広げ、その主枝から結果枝を立てる樹形です。 杯状仕立てとは、枝を誘引して横に広げて樹高を低く仕立てる樹形です。 剪定の適期は12~3月となります。 剪定方法は、秋果専用種は長く伸びたすべての新梢を2~3芽残して切り戻します。 夏秋兼用種は、全体の枝の50~60%をその年の実をつける枝として残し、その他の枝は2~3芽ほど残して切り返します。 その他、内側に向かっている枝や元気のない枝は付け根から切ります。 リンク イチジクの木の収穫は? いよいよ待ちに待った楽しみな収穫です。 収穫 夏果 6月下旬~7月 秋果 8月下旬~10月 夏果は前年に伸びた枝の先端に翌年の果実(幼果)をつけ、越冬して6月下旬頃に熟します。 秋果はその年に伸びた新梢につく葉えき(葉と葉の付いている茎とのまたになった所)に果実がつき、8月下旬頃に熟します。 夏秋兼用種は両者を合わせたような実のつき方となります。 枝元に近い方から熟していくのでやわらかくなったものから収穫します。 収穫の際は、イチジクの切り口からの白い樹液により指先の皮膚がかぶれてしまうため、ゴム手袋をしたほうが良いです。 イチジクの木の肥料の与え方、水やりは? 肥料の与え方 元肥 12~1月 イチジクは樹勢が強く、肥料をたくさん必要とします。 元肥は、堆肥や油かすなどの有機質肥料をやや多めに与えます。 水やり 植え付けの直後や乾燥する時期はたっぷりと水やりをします。 夏場は土が乾燥しないように注意します。 鉢植えの場合は特に乾燥しやすいので土の表面が乾いたら水やりをします。 イチジクの木の栽培での病気や害虫は? イチジクは育てやすく比較的病害虫は少ないですが、カミキリムシには注意します。 カミキリムシ イチジクはカミキリムシがつきやすく、そのまま放置すると木の内部を食いつくされて木を枯らしてしまうこともあります。 幹に穴があいて木くずが出ていたら中に幼虫がいる可能性が高いので穴から駆除剤をスプレーします。 成虫がいた場合は捕殺します。

次の