覆い を 割く 者 ナー セット。 MOチャレンジ(パイオニア):優勝はヨーリオン型のインバーターコンボ、トップ8に同デッキが3人。その他5色白日ニヴなど

【Standard】ジェスカイルーカ

覆い を 割く 者 ナー セット

今日のカードはこちら。 灯争大戦のナーセットである。 絵違いがかわいくて人気。 まずは常在型能力。 相手の追加ドローを封じる。 あくまでドローのみであり、 手札に加えるなどは防げない。 また各ターン1枚は引ける。 青白コンではメ誕生は問題なく、 海の神のお告げは相手ターンに撃てばいい。 一方でテフェリーや夢さらいは引けなくなる。 マイナス能力は非クリーチャー呪文限定の可能性の揺らぎ。 公開の必要があり、 不発に終わる可能性があるものの、 着地後すぐにアドバンテージの取れる能力で非常に強力。 非クリーチャー呪文と言っても この辺持ってこれるし。 生き残れば8枚の中から2枚手札に加えるので、 各フォーマットで禁止されている時を超えた探索に似たアドバンテージとなる。 伝説ではあるが、 2回起動すればアドバンテージが取れるので、 させてもよい。 総じて優秀なカードである。 特に対コンでは相手のリソース源を縛り、 こちらはアドバンテージを稼ぐ、 3マナながらマストカウンターの一枚。 特に常在型能力が強力で、 稲妻を嫌って忠誠度能力を発動しない場合も。 対アグロでも質のいいドローと3回復と 最低限の仕事はする。 テフェリー同様コンボも多数。 ガイアー岬の療養所は手札0から 抜け出せないロックとなる。 ヴィンテージではソフトロックがよくないと、 すでにとなっている。 でも強いプレインズウォーカー。 というか以下なら間違いなく最強。 フォーマットの壁を超えまだまだ活躍するに違いない。 ではでは! rodasha.

次の

萌え萌えナーセットがすごい

覆い を 割く 者 ナー セット

1 青 青 伝説のプレインズウォーカー — ナーセット Narset 各ターン、対戦相手はそれぞれ、カードを2枚以上引くことができない。 [-2]:あなたのライブラリーの一番上からカードを4枚見る。 あなたはその中からクリーチャーでも土地でもないカード1枚を公開してあなたの手札に加えてもよい。 残りをあなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。 5 としては3枚目、としては2枚目の。 制限のと、や以外限定の系のを持つ。 常在型能力 自分(側)のではで1枚引くためでは一切を引けないことになり、すら軽率にられなくなる。 ただしことは禁止できないので、対戦相手の如何では何の影響もないことも珍しくはなく、逆にこのカードを維持するだけで手詰まりにできることも珍しくない。 -2能力 のとほぼ同じだが、こちらは選ばなかったカードはの下に置かれる。 クリーチャーを ほぼ 用いないを行えば、ほぼ確実にを稼ぐことができる。 のを増やしにくくしつつを稼ぐことができるので、戦略と非常に噛み合っており、同士のにも強い。 登場時のではに対するとしても光る。 プラスの忠誠度能力は持たないが、自身ので2枚目3枚目を探しに行けるので見た目以上に場持ちは良い。 カードではあるものの、使い捨てる形で運用するなら枚数を多く採用してもにくいだろう。 のやの、の系デッキや、など、以下のでも幅広く使われている。 やといったのやを無力化できるため、スタンダード以上にの動きを強烈に縛ることができる。 で落とされないように1回もを起動せずに、妨害のように使うこともある。 [] ルール 常在型能力• 基本的なはを参照。 [] 制限指定 11月22日(では11月18日)より、でに指定される。 効率的なドローが豊富なヴィンテージにおいて、このカードを序盤に設置し常在型能力によるをかけることが、高い頻度で一方的なゲームを生む原因となっているためである。 [] 関連カード• [] サイクル の、のの。 かと、マイナスのを1つずつ持つ。 各に2枚ずつ存在する。 (白)• (黒)• (赤)• 詳細はを参照。 [] 脚注•

次の

ナーセット一日のやり直しコンボがmo5

覆い を 割く 者 ナー セット

1 青 青 伝説のプレインズウォーカー — ナーセット Narset 各ターン、対戦相手はそれぞれ、カードを2枚以上引くことができない。 [-2]:あなたのライブラリーの一番上からカードを4枚見る。 あなたはその中からクリーチャーでも土地でもないカード1枚を公開してあなたの手札に加えてもよい。 残りをあなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。 5 としては3枚目、としては2枚目の。 制限のと、や以外限定の系のを持つ。 常在型能力 自分(側)のではで1枚引くためでは一切を引けないことになり、すら軽率にられなくなる。 ただしことは禁止できないので、対戦相手の如何では何の影響もないことも珍しくはなく、逆にこのカードを維持するだけで手詰まりにできることも珍しくない。 -2能力 のとほぼ同じだが、こちらは選ばなかったカードはの下に置かれる。 クリーチャーを ほぼ 用いないを行えば、ほぼ確実にを稼ぐことができる。 のを増やしにくくしつつを稼ぐことができるので、戦略と非常に噛み合っており、同士のにも強い。 登場時のではに対するとしても光る。 プラスの忠誠度能力は持たないが、自身ので2枚目3枚目を探しに行けるので見た目以上に場持ちは良い。 カードではあるものの、使い捨てる形で運用するなら枚数を多く採用してもにくいだろう。 のやの、の系デッキや、など、以下のでも幅広く使われている。 やといったのやを無力化できるため、スタンダード以上にの動きを強烈に縛ることができる。 で落とされないように1回もを起動せずに、妨害のように使うこともある。 [] ルール 常在型能力• 基本的なはを参照。 [] 制限指定 11月22日(では11月18日)より、でに指定される。 効率的なドローが豊富なヴィンテージにおいて、このカードを序盤に設置し常在型能力によるをかけることが、高い頻度で一方的なゲームを生む原因となっているためである。 [] 関連カード• [] サイクル の、のの。 かと、マイナスのを1つずつ持つ。 各に2枚ずつ存在する。 (白)• (黒)• (赤)• 詳細はを参照。 [] 脚注•

次の