モーニング 娘 モザイク。 石川梨華 “モーニング娘。”初の巨乳・剛毛ヘア写真集出版へ

米から返還のローマ時代モザイク「ジプシー娘」、初公開

モーニング 娘 モザイク

閉じる 『モーニング娘。 』といえば、いまや話題に上ることさえ珍しい。 そのため黄金期を支えたメンバー・石川梨華 28 がヘアヌードで出直しを計画しているという。 かつてモー娘は「国民的アイドル」と呼ばれたほどのスーパーユニット。 紅白歌合戦に10回出場。 ミリオンセラーを連発するなど、その存在感は絶大だった。 しかし、最近彼女たちを見ることは、一部テレビ局を除いてほとんどない。 「完全に『AKB48』に取って代わられた。 モー娘が10人前後で活動するのに比べ、AKBはチームに分かれて何十人というアイドルがいる。 しかも、劇場を作って生で会える。 握手会など年中やっているし、量と企画で圧倒的にファンを増やした」 アイドル評論家・堀越日出夫氏 だが、いま落ち目とはいえモー娘の絶頂期を彩ったのは間違いなく石川だ。 彼女は'00年4月に加入。 「もともとモー娘はソロで活躍できないB級アイドルの集団として結成された。 そうした中にあって石川は数少ない例外。 かわいくて正統派アイドルのルックス。 T157センチ、B83・W58・H83のCカップ美乳。 サイズより実際ふくよかで、股間盛りも抜群。 '01年の発売から昨年まで水着写真集などを10冊以上も発売している。 「難点は太りやすいこと。 節制することが苦手らしく、2年前にはバスト90センチの超巨乳になってイベントに登場。 しかも、腹は3段腹でネットの話題に。 単発番組、あとはイベントで見かける程度。 「本人は人気挽回のためにも脱ぐ決意はしているみたいですよ。 美形だし、あまり太らなければ巨乳とヘア出しで十分イケる。 写真集では老舗のA社から出す考えを持っているようです」 写真集プロデューサー ヘア写真集となればモー娘関係では「初出し」というインパクトがある。 さらに彼女のヘアも見どころ。 脇毛もポツポツだし、下半身ヘアなど手入れ一切なし。 だから剛毛もじゃもじゃヘアで、それを見せればバカウケ必至。 部数25万部、ギャラ1億円はいくでしょう」 前出・写真集プロデューサー 剛毛は絶対見たい。

次の

『モーニング女学院』で語られたハプニング対応に思うこと

モーニング 娘 モザイク

閉じる 『モーニング娘。 』といえば、いまや話題に上ることさえ珍しい。 そのため黄金期を支えたメンバー・石川梨華 28 がヘアヌードで出直しを計画しているという。 かつてモー娘は「国民的アイドル」と呼ばれたほどのスーパーユニット。 紅白歌合戦に10回出場。 ミリオンセラーを連発するなど、その存在感は絶大だった。 しかし、最近彼女たちを見ることは、一部テレビ局を除いてほとんどない。 「完全に『AKB48』に取って代わられた。 モー娘が10人前後で活動するのに比べ、AKBはチームに分かれて何十人というアイドルがいる。 しかも、劇場を作って生で会える。 握手会など年中やっているし、量と企画で圧倒的にファンを増やした」 アイドル評論家・堀越日出夫氏 だが、いま落ち目とはいえモー娘の絶頂期を彩ったのは間違いなく石川だ。 彼女は'00年4月に加入。 「もともとモー娘はソロで活躍できないB級アイドルの集団として結成された。 そうした中にあって石川は数少ない例外。 かわいくて正統派アイドルのルックス。 T157センチ、B83・W58・H83のCカップ美乳。 サイズより実際ふくよかで、股間盛りも抜群。 '01年の発売から昨年まで水着写真集などを10冊以上も発売している。 「難点は太りやすいこと。 節制することが苦手らしく、2年前にはバスト90センチの超巨乳になってイベントに登場。 しかも、腹は3段腹でネットの話題に。 単発番組、あとはイベントで見かける程度。 「本人は人気挽回のためにも脱ぐ決意はしているみたいですよ。 美形だし、あまり太らなければ巨乳とヘア出しで十分イケる。 写真集では老舗のA社から出す考えを持っているようです」 写真集プロデューサー ヘア写真集となればモー娘関係では「初出し」というインパクトがある。 さらに彼女のヘアも見どころ。 脇毛もポツポツだし、下半身ヘアなど手入れ一切なし。 だから剛毛もじゃもじゃヘアで、それを見せればバカウケ必至。 部数25万部、ギャラ1億円はいくでしょう」 前出・写真集プロデューサー 剛毛は絶対見たい。

次の

モーニング娘。

モーニング 娘 モザイク

アメリカからガーズィアンテプに運ばれたモザイク画「ジプシーの娘」の断片12枚は、ゼウグマ・モザイク美術館での、メフメト・ヌリ・エルソイ文化観光相も参加した式典とともに公開された。 メフメト・ヌリ・エルソイ文化観光相は「我らが国土で誕生してきた全ての文明の文化遺産への正当な権利を主張することは、われらが政策の基本方針である。 この地から奪われた文化的財産がその故郷に戻されるよう強く注視していく。 」と述べた。 エルソイ文化観光相はアメリカからガーズィアンテプに運ばれたモザイク画「ジプシーの娘」の断片12枚を公開することは、ゼウグマ古代都市が1998年に発見された日から今日まで、紀元2世紀と今日の世界の間の文化的橋渡しとなっていたと、ゼウグマ・モザイク美術館で行われた式典で語った。 エルソイ文化観光相は、今日本当のブランドに戻ったモザイク画「ジプシーの娘」は、神話上の「地母神ガイア」やアレクサンドロス大王や他の人物に関係するかもしれないと主張し、以下のように話した。 「科学的なデータのほかにこの肖像画に関して確かなことがあるとするなら、それは我々の記憶に我らが文化史の一端として刻まれることだ。 文化的遺産を単なる「もの」以上にするのは、この帰属意識である。 故に文化的遺産は同じ意識を分かち合うことを確かにする力強い絆なのである。 今日我々はこの絆(繋がりの力)をさらに強くしている。 「ジプシーの娘」が描かれた構図の一部である12枚の比類ないモザイクは、その本来の故郷で我々の前に姿を見せてくれている。 この出会いによって、最初の11ヶ月で25万1千人の来館数を誇り自身の来館数記録を打ち破った、我らがゼウグマ美術館に対する関心はどんどんと高まっていくと私は信じている。 私はさらに強調したいのだが、我らが国土において誕生してきたすべての文明の文化遺産への正当な権利を主張することは、われらが政策の基本方針である。 この地から奪われた文化財がその故郷へ戻されることを我々は強く注視していく。 これは我が国と全人類に対し、我々の責任が期待されるところである。 全ての作品はそれ自身の故郷で、そして本来の土地で光り輝き、その地で意味を持つのだ。 この我々の文化財の真髄に対する我々の敬意は、我々のアプローチ精神(の表れだ)。 」と述べた。 エルソイ大臣はゼウグマ古代都市発掘総責任者のクタルムシュ・ギョルカイ博士教授とそのメンバー、モザイク画の返還に尽力した全ての人に感謝を述べた。 在アンカラ米大使のマスラハトギュザル・ジェフリー・ホーヴェナー大使も、これほど重要な式典に参加できた喜びを述べつつ、アタチュルクの「トルコ共和国の基礎は文化である」との言葉を思い出させた。 ホーヴェナー大使は、トルコが世界の至宝のいくつかを有していることを述べ、「この素晴らしい地から古代文明が我々に再び呼びかけている。 今日トルコの類稀なる遺産の一部であるローマ時代のモザイク画「ジプシーの娘」に「おかえりなさい」と言えてとても嬉しい。 」と述べた。 ホーヴェナー大使は、文化遺産保護にはよく調整された、国際的な努力が必要であると強調しつつ、「つまり、皆が古い作品の流出を止め、これらが本当の家に戻ることを容易にするために最大限の努力をするべきなのである。 アメリカ合衆国とその政府は、文化的遺産の保護保存活動において、トルコ政府も含めた世界の多くの政府と協力を行っていることを誇りに思っている。 」と述べた。 ダヴト・ギュル県知事はガーズィアンテプが数千年もの文化的、歴史的遺産を所有することを強調した。 ギュル県知事は「大国であることは、小石がどこにあろうとも、それらを拾うことができる力にかかわってくる(拾えるかどうかにかかってくるのだ)」と述べ、故に今日、トルコは、自身に属する作品を、そして財産をレジェプ・タイイプ・エルドアン大統領の指揮のもと本来の土地へ取り戻したのだ、と述べた。 ガーズィアンテプ広域市のファトマ・シャーヒン市長も、世界の心臓が、鼓動が今日「ガーズィの街の」ゼウグマ美術館で脈打っていると述べた。 今日あなた方はこの美術館でローマ時代の最も美しい優美さ、美意識、知性、芸術作品、社会生活を目撃する。 60年前に大きな切望とともに始まった「ジプシーの娘」はその家族に巡り会い、姉妹に巡り会い、自分の絵画に巡り会う。 「ジプシーの娘」が家族に、姉妹ベルクスにどのように巡り会うか、皆で一緒に目撃しよう。 」と述べた。 スピーチの後、モザイク画の上の覆いをエルソイ大臣、国会議員たちと他の来賓らによって外されて、展示のため公開された。 一方で、ゼウグマ古代都市発掘総責任者のクタルムシュ・ギョルカイ博士教授も運ばれた断片とモザイク画全体について、エルソイ大臣に説明した。 式典の前、有名なハープ奏者のシリン・パンジャルオール氏とボラ・ウイマズ氏によって今日のため特別に作曲された組曲「ゼウグマ」が演奏された。 一方、断片の中に存在する女性の頭の肖像画に、モザイク画の発掘された村の名前である「ベルクス」の名が付けられた。 モザイク画「ジプシーの娘」の端のところから盗まれたモザイク画の12枚の断片には、サテュロス、 牧神 パーンの顔、インドクジャク、マイナスの顔などが描かれている。 作品がトルコに運ばれるために文化観光省とアメリカのボーリング・グリーン州立大学の間で約5ヶ月前、協定に署名されて、手続きが始まり、モザイク画の断片は飛行機で11月28日にガーズィアンテプに運ばれた。

次の