カナブーン 飯田。 カナブーン飯田祐馬、行方不明の理由は嫁との離婚危機?清水富美加と結婚できなかったことが原因か!

カナブーン(KANA BOON)飯田が消えたのはなぜ?ライブ払い戻しは?

カナブーン 飯田

飯田祐馬のプロフィール 飯田祐馬さんは、 1990 年 6 月 27 日、大阪府の出身で、 2019 年現在の年齢は 29 歳。 ほかに、ヴォーカル兼ギタリストの谷口鮪さん、ギタリストの古賀隼斗さん、ドラマーの小泉貴裕さんがいた、ロックバンド・カナブーンのベーシストとして活動してきました。 カナブーンは、谷口鮪さんが、古賀隼斗さん、小泉貴裕さんを誘うというかたちで、 2006 年、大阪府立和泉工業高校で結成されました。 2010 年から本格的に活動をスタート。 飯田祐馬さんは 2011 年に加入します。 そして、 2013 年、シングル「盛者必衰の理、お断り」のリリースによって、メジャーデビューしました。 以後、カナブーンは、 2019 年の「まっさら」までシングルを 13 枚も出し、大活躍しています。 そんなカナブーンのベーシストだった飯田祐馬さんは、身長 165 センチ、体重 53 キロ。 外見的には、独特な感じのマッシュルームカットが特徴的なことで知られてきました。 最終学歴は英真学園高校卒業で、後にお伝えしますように既婚者となっています。 カナブーンにおいては、ベースのみならず、コーラスも担当していました。 しかし、 2019 年 11 月、加入から 8 年にして、飯田祐馬さんは、とても残念極まりないことに、カナブーンを脱退することとなってしまったのです。 飯田祐馬のカナブーン脱退理由は? さて、飯田祐馬さんが 8 年在籍してきたカナブーンを脱退してしまった理由とは、どのようなものだったのでしょうか? 実は、飯田祐馬さんは、そもそもカナブーンとしての活動は休止状態にありました。 飯田祐馬さんがカナブーンを活動休止となったのも、脱退したのも、理由はそれぞれ病気でした。 飯田祐馬さんは、 2019 年、体調不良を訴えており、調べた結果、精神的な病だったと判明してしまったのですね。 そのため、 2019 年 6 月に活動休止、そして回復のめどが立たないことから、 2019 年 11 月に脱退となったのでした。 トラブルや音楽性の違いなら仕方がありませんが、こういった不可抗力なことであれば、実に悔やまれてなりませんよね。 なお、カナブーンの後任のベーシストはまだ決まっておりませんが、サポートメンバーとして、ヤマシタタカヒサさん、カミヤマリョウタツさんが加わっています。 飯田祐馬の失踪と清水富美加 千眼美子 との関係 飯田祐馬さんが起こしたさわぎとは、どのようなものだったのでしょうか? 芸能界といえば、 2016 年のベッキーさん、川谷絵音さん以来、不倫が絶えませんが、飯田祐馬さんもずばり不倫していたのです。 しかも相手は、女優で、幸福の科学信者としてもすっかり有名になった、清水富美加 千眼美子 さん。 2 人は 2015 年から 2016 年まで、数ヶ月ですが不倫関係にあり、しかも、清水富美加 千眼美子 さんは、飯田祐馬さんが既婚だと把握していました。 飯田祐馬さんも飯田祐馬さんで、非情にも、離婚をほのめかしていたとのこと。 ところが、すべては 2017 年に発覚してしまいます。 このことによって、すでに発覚時点で、飯田祐馬さんは、離婚はもちろん、カナブーン脱退までささやかれてしまいます。 カナブーンは後に脱退となりましたが、おどろくべきことに、離婚はありませんでした。 結婚相手が許してくれたというのですね。 これでは、飯田祐馬さんの結婚相手が、一躍有名となり、称賛されることとなったのも、納得でしょう。 本当に、裏切られながら、よくこんな対応ができたものですね。 なお、 2 年後の 2019 年、飯田祐馬さんは失踪騒ぎも起こしてしまいました。 さいわい、無事だったものの、これには幸福の科学による陰謀論まで登場し、ますます注目を集めることになってしまった、飯田祐馬さん。 活動休止、脱退となってしまったのは、必然だったのでしょうか。 飯田祐馬さんのカナブーン脱退は、非情にショッキングなことでしょう。 でも、精神的な病だったのなら、さすがにどうしようもないでしょうね。 ましてや、不倫騒動、失踪騒動まであったわけですから。 飯田祐馬さんが一刻も早く元の状態に戻れることを祈りましょう。

次の

カナブーン飯田祐馬の結婚や嫁と子供&清水富美加との不倫~ブサイクとの声も総まとめ

カナブーン 飯田

引用元:Twitter 平成20年に結成されたロックバンドKANA-BOON(カナブーン)のメンバーは、高校の軽音部から一緒に活動してきた仲間です。 メジャーデビューして 5年になるKANA-BOON(カナブーン)で、飯田祐馬さんは、 ベースとコーラスを担当しています。 2019年6月14日更新のKANA-BOON(カナブーン)の公式ホームページによると、 『メンバーより応援していただいている皆様へ』と題して、メンバーからファンの方への 公演中止のお知らせと謝罪の言葉が発表されました。 そして、飯田祐馬さんを 心配する心境が綴られています。 メンバーとして、友達として、とても心配です。 ただただ無事を祈るばかりです。 このまま落ち込み続けていても何も変わってはくれないので、僕達は自分達がいままで作ってきた音楽を想いながら、なるべくポジティブなイメージを持って日々を過ごすことにします。 難しいことは重々承知ですが、みなさんもどうか不安や悲しみにとらわれ過ぎずにいてもらえたらと願います。 「ただただ無事を祈るばかりです。 」というメンバーの言葉がありますが、一刻も早く無事であることが確認出来ることを祈りたいですね! また、KANA-BOON(カナブーン)としての 活動休止はしないそうです。 スポンサーリンク 清水富美加の意味深ツイートが怖い?! 清水富美加(千眼美子)の意味深ツイート そんな飯田祐馬さんの6月5日からの失踪が明らかになった後すぐに、飯田祐馬さんの元交際相手の清水富美加さん(千眼美子さん)がTwitterで 意味深なツイートをして話題になっています。 悲しいお知らせも 悲しいとか残念とか 思いすぎない 本当はもう少し 時を共にしてみたかったとしても 優しかった瞬間や事実が はっきりとくっきりとして グリーンフラッシュみたい — 千眼美子 sengen777 理解するのが、少し難しいですね…飯田祐馬さんのことを意味しているのでしか?! 飯田祐馬と清水富美加(千眼美子)の関係は? 引用元:Twitter 飯田祐馬さんと女優・清水富美加さん(千眼美子さん)は、2017年に 不倫関係であったことを報じられて話題になった過去があります。 テレビ番組の共演がキッカケで交際がスタートした2人。 清水富美加さん(千眼美子さん)の著書 『全部、言っちゃうね。 』の中で、「悩みの種だった好きな人」のお相手が 飯田祐馬さんだったことを報道されました。 既婚者だった飯田祐馬さんでしたが、2015年6月から2016年1月までの間に清水富美加さん(千眼美子さん)と 交際していたことを認めて、謝罪しています。 2017年2月に、宗教団体 『幸福の科学』への出家を表明した清水富美加さんですが、「千眼美子」という法名も授かっています。 そんな「千眼美子」としての今でも清水富美加さんの Twitterのフォロワー数は24万人を超えます。 清水富美加さん(千眼美子さん)の 今回のツイートは、飯田祐馬さんのことと関連があるのかどうかは不明ですが、影響力が大きい方で、不倫という間柄だっただけに、話題となっています。 スポンサーリンク ネツト上の声 ネツト上でも飯田祐馬さんを心配する声が多くみられます。 誰か、KANA-BOONのベーシスト、めしだ 飯田祐馬 の行方をご存知ないですか? めしちゃん。 どーしたん?みんな心配してるよ…。 どっかで迷子になってるんかな。 ご飯食べれてるかな? 眠れてるかな? お願い。 無事でいてください。 それしか考えられない。 失踪の理由……。 そして過去に不倫関係にあった清水富美加さん(千眼美子さん)の意味深なツイートについてもみてみました。 飯田祐馬さんに何があったのでしょうか… 何はともあれ、飯田祐馬さんが無事であることを祈ります!.

次の

カナブーン めしだ 脱退をサイトで発表。【今の最善の選択】

カナブーン 飯田

カナブーン めしだ 脱退を発表。 【今の最善の選択】 脱退理由は? 飯田祐馬、KANA-BOON脱退を発表「この選択に後悔はありません」 6月に音楽活動を一時休止 ロックバンド・KANA-BOONのベースで、音楽活動を一時休止している飯田祐馬が12日、グループ公式サイトを通じて脱退することを発表した。 オリコンニュースより サイトでは「かねてより音楽活動を休止していたベーシスト 飯田祐馬ですが、この度、KANA-BOONを脱退することになりました」と報告。 「応援してくださっていたファンの皆様には、残念なお知らせとなってしまい申し訳ございません」と詫び「引き続き、バンドは活動を続けてまいりますので、今後も皆様の変わらぬ応援、何卒よろしくお願い申し上げます」と伝えた。 飯田も 「応援してくださったファンの皆様、関係者の皆様、この度は僕の個人的な理由により、ご心配とご迷惑をおかけしてしまい本当に申し訳ございませんでした」 と 謝罪。 「病院で精神的な病気だと診断されて、しばらくお休みをいただいていましたが、その病気が治るまでに何ヶ月かかるのか、それとも何年もかかってしまうのか、はっきりとは分かりません。 そんな状態で、応援してくださるファンの皆様やメンバーをこのまま待たせてしまうことや、 僕の好きなKANA-BOONの活動がこのまま止まってしまうことが一番嫌なので、脱退という形が今できる自分の最善の選択だと考えました」 と 脱退理由を説明。 「メンバーと出会って12年。 KANA-BOONに加入して8年。 家族以外でこんなに長い間一緒に泣いたり笑ったり、感動したりした人たちは他に居ないです」と思いを明かし「メンバーは好きとか嫌いとかを超越した存在なので、自分が脱退するのは、今更仲が悪くなったとかそういったことが理由ではありません」と記した。 続けて「本当に自分よがりな選択ですみませんが、KANA-BOONが次に進むためには今はそれしかないと考えているので、この選択に後悔はありません」といい「メンバーのおかげで、そして応援してくださる皆様のおかげで、今まで最高の時間を過ごすことができました。 僕にKANA-BOONという居場所をくれて本当にありがとうございました」と感謝の言葉をつづった。 しかし、その後、無事が確認され、同19日にはサイトで、音信不通になった理由として「音楽活動の中での、個人的な不安やプレッシャーが原因であった」と報告。 「本人と話し合いを進めていく中でも、体調が不安定な状態が見られたため、医療機関にて受診したところ、精神的な病気だということがわかりました」とし、音楽活動を一時休止することを発表した。 オリコンニュースより カナブーン めしだ 脱退を発表。 特にファンの皆さんには悲しい思いをさせてしまったと思います。 また4人でステージに立つ姿を見せることができず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。 飯田とは17歳からの長い付き合いで、バンドに加入してからは数え切れないほどの喜びと苦労を共にしてきました。 そしてそれはこれからも続いていくものだと信じていました。 ですが、音楽を続けていくことは現在の飯田にとっては負担なのだと知りました。 もちろん3人とも、飯田も、悔しい気持ちや寂しい気持ちがあります。 そういった気持ちを伝え合い、その上で別々に生きる道を歩むことを決断しました。 【古賀隼斗 ギター】 飯田がKANA-BOONを脱退する事になりました。 ファンの皆様からのメッセージや手紙を沢山頂いて、より4人でステージに立てることを望んでいました。 悲しいお知らせになってしまい、本当に申し訳ありません。 飯田とは、ライブでのパフォーマンスや音作り・アレンジを真剣に話し合ったり、ミーティングや個人的な話し合いでぶつかり合うことも多かったけど、それは、お互いに必要なことだったと確信しています。 ただ、そうやってバンドに真剣に向き合っていくことが、飯田にとって負担になっていたということに気付いてあげることができず、本当に悔しいです。 【小泉貴裕 ドラム】 飯田がKANA-BOONを脱退することになりました。 いつもKANA-BOONを応援してくれているファンの皆様には悲しい思いをさせてしまい、本当に申し訳ありません。 飯田とは、一緒に暮らしていた時期もあったし、リズム隊ということもあり、2人で過ごす時間も多く、悩みや音楽についてなどたくさん話をしました。 自分が悩んでいる時は飯田に励ましてもらったり、また逆に飯田の話を聞いて励ますこともあったりと、2人で色んな事を話し乗り越えてきました。 そうやって支え合ってきた仲間が脱退することは、悔しいし、悲しい気持ちでいっぱいですが、今はしっかり前を向いて、KANA-BOONの音楽を届けていきたいと思っています。 まだまだ未熟な僕達ですが、これからもKANA-BOONを応援していただけると嬉しいです。 今後とも宜しくお願い致します。 以上オフィシャルサイトより めしだ脱退のお知らせ掲載された全文は で! スポンサーリンク カナブーン めしだ 脱退をサイトで発表。 ゆっくり静養して欲しい。 脱退は苦渋の決断だっただろうが、この決断は支持され無ければならないと思う。 残ったメンバーも去ったメンバーも時間をかけても良いから前に進んでもらいたい。 まあ自業自得と言えばそれまでだが。 大切なのは身体も心も両方健康なこと。 両方健康なら音楽でもそれ以外でもやっていけると思います。 頑張れの言葉は重いと思うので言葉は難しいですが、応援しています。 治療に専念する以上、はっきりと「脱退」って形をとることは本人にとっても治療に専念できるいい選択だと思う。 ただほんまにそれだけしかない。 めしださんあってのカナブーンだったし、ベーステクニックもすごい。 僕もメンタルできなかった病なので辛い思いは少しですがわかる気がします。 またいつか戻ってくれる日がくれば良いなとファンながら願ってます。 46のオッサンですが。 何となくですが、最近のKANA-BOONが元気ないような気がしていました。 またいつか4人揃うことがあるといいですね。 これからも頑張ってバンド続いてほしいです。 スポンサーリンク カナブーン めしだ 脱退をサイトで発表。 【今の最善の選択】まとめ めしださんの 脱退で決着。 メンバーに迷惑、心配をかけ、 早かれ遅かれこうなるのではないか、 と思っていました。 しかし メンタルの病気は、 その苦しみ、や辛さは、 本人しかしわかりません。 温かいコメントも沢山ありゆっくり直して、 また4人で活動が出来るよう頑張って欲しいとありました。 しかし ボーカル&ギター谷口鮪のコメントには、 「KANA-BOONの音楽に飯田が加わることはありませんが、バンドはより強く生き続けていきます」 と飯田が今後、活動に加わらないことを明言。 ファンは、 コレからしっかり治療に専念し、 また4人のカナブーン を、 待っていると思います。 HIGE13でした。 関連記事はコチラ.

次の