富山 客室露天風呂。 北陸地方の露天風呂付き客室&お部屋食の温泉宿を教えて! やどきゅー(やどきゅう)

露天風呂付き客室がある人気温泉宿【2020】カップル温泉旅行におすすめ!

富山 客室露天風呂

oomaki. jp 口コミ: 2016年の6月に叔父、両親、私、息子の5人で富山県にある大牧温泉へお邪魔しました。 車で名古屋を出発し、途中ドライブインで休憩を挟みながら3時間程で小牧ダム湖にある船着き場へ到着後、そこからは船での移動です。 船の出発時間までの間、ダム湖を見下ろしているとたくさんの魚 ウグイ が泳いでいて、「ウグイ達は好き嫌いなく何でも食べます。 スナック菓子が大好きです。 お菓子の自販機あります」と書いてある看板がありました。 スナック菓子?と思って辺りを見回すと、乗船券売場のそばにお菓子の自販機が置いてありました。 魚用のエサではなく、人間が食べるお煎餅やポテトスナックが売っています。 スナック菓子をひとつ書い、息子が自分もつまみながらお菓子の欠片をダム湖へ落とすとものすごい数のウグイがバシャバシャと集まってきました。 ウグイにお菓子をあげながら待っていたら、船の出発時間になりました。 6月の暑い日でしたが、ひんやりとした心地の良い風を感じながらのおよそ40分の船旅です。 山の中を流れる大きな川の景色は壮大で、当時建設中の橋の様子等も見ることができ、6歳になる息子も終始楽しそうな表情、大人も非日常感にワクワクとした気持ちになりました。 やがて、辺りは一面山の景色の中、川沿いにそびえ立つ大牧温泉の建物が見えてきて、船の中で乗客の歓声が上がりました。 正に秘境の温泉。 その景色は圧巻です。 皆が川から見た旅館の風景を撮影をしていました。 船の運転手さんの、写真が撮りやすいようにベストポジションで一時船を停めて下さる心遣いも嬉しかったです。 船着き場へ到着後、船を降りて旅館への道を登っていくと、従業員の方々がお出迎えして下さり、靴を預けてお部屋へと案内して頂きました。 私達が宿泊したのは、ツインのベッドと畳のある広いお部屋でした。 室内のお風呂と露天風呂もあり、露天風呂からの景色は、目下に川が流れる絶景です。 お部屋にある露天風呂にも入りたい気持ちもありましたが、まずは大浴場の方の露天風呂へ行ってみることにしました。 浴衣で外へ出ると、ちょっとした脱衣場がありました。 山の岩を利用した岩風呂には驚き、感激しました。 自然の岩の穴に温泉を引いた、見た目はシンプルですが秘湯という表現がぴったりなお風呂です。 辺りは山なので人気もなく、熊に注意という看板があり、少し怖いなと思いながらも、目の前に広がる山々と川の風景を楽しみながら温泉に浸かりました。 その後は楽しみにしていた夕食です。 お刺身やお肉料理など、どれも本当に美味しく、とても満足な内容でした。 少し頂いた富山の地酒も美味しかったです。 子ども用にお願いしたお料理も、ハンバーグにから揚げやエビフライ、炒飯にデザートとボリューム満点でした。 夕食後、部屋に戻り部屋のお風呂を満喫しました。 露天風呂は熱めのお湯なので、水を入れながら湯温を調節しました。 夜になってしまうと外はほとんど灯りの無い暗闇なので、こちらの露天風呂も外が明るい時間帯の方が景色を思いきり楽しめそうです。 翌朝、叔父と父と息子は釣竿を持って船着き場から釣りを楽しんでいました。 30年程前に叔父と父の父親 今は亡き私の祖父で釣りが趣味でした が、生前に病床で大牧温泉に行きたいと言っていたそうで、当時は客室の窓から釣竿を垂らし、部屋で釣りができたそうなのです。 今回、事前に旅館へ確認したところ、現在は改装して残念ながら客室からの釣りはできなくなったとのことでしたが 叔父と父は30年の越しの願いが叶い、祖父と一緒に来ることは出来ませんでしたが、どうしても釣りがしたかったようでした。 息子と男3人で魚釣りを楽しみ、釣れた魚はリリースしてきたようです。 部屋に戻り、叔父と父が順番に部屋の露天風呂に入り、景色が最高で幸せだと、満喫していたようでした。 その後豪華な朝食を頂き、母と私は室内の方の大浴場へ温泉を楽しみに行きました。 ものすごく広い、というわけではありませんでしたが私達だけの貸切状態でのんびりと満喫できました。 旅館へ来るまでの船には何組ものお客さんが乗っていましたが、旅館内では他のお客さんに会うことはほとんどありませんでした。 ゆったり、のんびりを楽しみたかったのでその点も良かったです。 しっかりと朝風呂を楽しみ、チェックアウトしました。 次はいつ来られるのかと思うと、帰るのがとても名残惜しく感じました。 船着き場まで下っていき、再び船に乗りました。 爽やかで気持ちの良い風を感じながらおよそ40分かけて小牧ダム湖へ戻りました。 船に乗らなければ辿り着けない秘境にある大牧温泉、非日常感を味わえて本当に良かったです。 温泉はもちろん、お部屋もお料理も、従業員の方々の応対も、そして雄大な自然の絶景も、100点満点で大満足でした。 またいつか、訪れたい素晴らしい旅館でした。

次の

【富山】日帰りでも行ける!貸切風呂のある温泉10選 | VOKKA [ヴォッカ]

富山 客室露天風呂

oomaki. jp 口コミ: 2016年の6月に叔父、両親、私、息子の5人で富山県にある大牧温泉へお邪魔しました。 車で名古屋を出発し、途中ドライブインで休憩を挟みながら3時間程で小牧ダム湖にある船着き場へ到着後、そこからは船での移動です。 船の出発時間までの間、ダム湖を見下ろしているとたくさんの魚 ウグイ が泳いでいて、「ウグイ達は好き嫌いなく何でも食べます。 スナック菓子が大好きです。 お菓子の自販機あります」と書いてある看板がありました。 スナック菓子?と思って辺りを見回すと、乗船券売場のそばにお菓子の自販機が置いてありました。 魚用のエサではなく、人間が食べるお煎餅やポテトスナックが売っています。 スナック菓子をひとつ書い、息子が自分もつまみながらお菓子の欠片をダム湖へ落とすとものすごい数のウグイがバシャバシャと集まってきました。 ウグイにお菓子をあげながら待っていたら、船の出発時間になりました。 6月の暑い日でしたが、ひんやりとした心地の良い風を感じながらのおよそ40分の船旅です。 山の中を流れる大きな川の景色は壮大で、当時建設中の橋の様子等も見ることができ、6歳になる息子も終始楽しそうな表情、大人も非日常感にワクワクとした気持ちになりました。 やがて、辺りは一面山の景色の中、川沿いにそびえ立つ大牧温泉の建物が見えてきて、船の中で乗客の歓声が上がりました。 正に秘境の温泉。 その景色は圧巻です。 皆が川から見た旅館の風景を撮影をしていました。 船の運転手さんの、写真が撮りやすいようにベストポジションで一時船を停めて下さる心遣いも嬉しかったです。 船着き場へ到着後、船を降りて旅館への道を登っていくと、従業員の方々がお出迎えして下さり、靴を預けてお部屋へと案内して頂きました。 私達が宿泊したのは、ツインのベッドと畳のある広いお部屋でした。 室内のお風呂と露天風呂もあり、露天風呂からの景色は、目下に川が流れる絶景です。 お部屋にある露天風呂にも入りたい気持ちもありましたが、まずは大浴場の方の露天風呂へ行ってみることにしました。 浴衣で外へ出ると、ちょっとした脱衣場がありました。 山の岩を利用した岩風呂には驚き、感激しました。 自然の岩の穴に温泉を引いた、見た目はシンプルですが秘湯という表現がぴったりなお風呂です。 辺りは山なので人気もなく、熊に注意という看板があり、少し怖いなと思いながらも、目の前に広がる山々と川の風景を楽しみながら温泉に浸かりました。 その後は楽しみにしていた夕食です。 お刺身やお肉料理など、どれも本当に美味しく、とても満足な内容でした。 少し頂いた富山の地酒も美味しかったです。 子ども用にお願いしたお料理も、ハンバーグにから揚げやエビフライ、炒飯にデザートとボリューム満点でした。 夕食後、部屋に戻り部屋のお風呂を満喫しました。 露天風呂は熱めのお湯なので、水を入れながら湯温を調節しました。 夜になってしまうと外はほとんど灯りの無い暗闇なので、こちらの露天風呂も外が明るい時間帯の方が景色を思いきり楽しめそうです。 翌朝、叔父と父と息子は釣竿を持って船着き場から釣りを楽しんでいました。 30年程前に叔父と父の父親 今は亡き私の祖父で釣りが趣味でした が、生前に病床で大牧温泉に行きたいと言っていたそうで、当時は客室の窓から釣竿を垂らし、部屋で釣りができたそうなのです。 今回、事前に旅館へ確認したところ、現在は改装して残念ながら客室からの釣りはできなくなったとのことでしたが 叔父と父は30年の越しの願いが叶い、祖父と一緒に来ることは出来ませんでしたが、どうしても釣りがしたかったようでした。 息子と男3人で魚釣りを楽しみ、釣れた魚はリリースしてきたようです。 部屋に戻り、叔父と父が順番に部屋の露天風呂に入り、景色が最高で幸せだと、満喫していたようでした。 その後豪華な朝食を頂き、母と私は室内の方の大浴場へ温泉を楽しみに行きました。 ものすごく広い、というわけではありませんでしたが私達だけの貸切状態でのんびりと満喫できました。 旅館へ来るまでの船には何組ものお客さんが乗っていましたが、旅館内では他のお客さんに会うことはほとんどありませんでした。 ゆったり、のんびりを楽しみたかったのでその点も良かったです。 しっかりと朝風呂を楽しみ、チェックアウトしました。 次はいつ来られるのかと思うと、帰るのがとても名残惜しく感じました。 船着き場まで下っていき、再び船に乗りました。 爽やかで気持ちの良い風を感じながらおよそ40分かけて小牧ダム湖へ戻りました。 船に乗らなければ辿り着けない秘境にある大牧温泉、非日常感を味わえて本当に良かったです。 温泉はもちろん、お部屋もお料理も、従業員の方々の応対も、そして雄大な自然の絶景も、100点満点で大満足でした。 またいつか、訪れたい素晴らしい旅館でした。

次の

【秩父】誰の目も気にせずお湯三昧♪“露天風呂付き客室”のある旅館5選

富山 客室露天風呂

早めの予約がお得 早割 宿泊日が2週間以上前からわかっているなら"早割"のチャンス。 価格がお得になったり、特典が付くことも。 早ければ早いほど空室が豊富だから好みの部屋を押さえられるのもうれしい。 口コミ:すべてが丁寧でとても居心地がよかったです。 全員がまた来たいと思う素敵な旅館でした。 (はるさん) 利用施設: 人気の客室をお得にリザーブ 平日2万円以下 誰にも邪魔されずにおこもり滞在がかなう露天風呂付き客室。 そんな人気の露天風呂付き客室を気軽に楽しんでもらうべく、平日2万円以下のお得プライスでリザーブ。 口コミ:これだけのクオリティを誇る宿に2万円を切るお値段で泊まれたのは本当にお得でした! (ミンさん) 利用施設: 値段以上の満足感 OZ限定プライス OZだけのために用意された、コスパ抜群の宿泊プラン。 人気宿の露天風呂付き客室に特別プライスで泊まれるから、値段以上の満足感を得られること間違いナシ。 口コミ:お宿としては文句なし! お部屋、お料理、お風呂、お値段以上の満足度がありました。 (joojiさん) 利用施設: 誰にも気兼ねせずのんびり 離れ まるで別荘にいるかのような滞在が楽しめると、カップルやファミリーに人気の離れの客室。 OZでは、誰にも気兼ねせず過ごせる露天風呂付き離れの客室だけをセレクト。 口コミ:離れのプライベートな空間で贅沢な時間を過ごせます!露天風呂も広くて大満足。 (めぐさん) 利用施設: 目の前に広がる青の世界 オーシャンビュー 目の前には青く輝く海。 OZなら、ため息が出る程美しい海絶景をお風呂から望める露天風呂付き客室をリザーブ。 絶景を独占する贅沢な大人の時間を過ごして。 口コミ:目の前が雄大な海。 露天風呂からの景色は最高でした。 降るような星空の下で上質の温泉に浸かる、贅沢なひとときを。 口コミ:夜中には満天の星空を見ながら、東京では決して見ることができないプラネタリウム圧巻でした!(あいまさん) 利用施設: 食事はお部屋でゆったりと 夕食お部屋出し 地元の名産や厳選された素材がいっぱいの夕食を、お部屋でゆったり味わえる宿泊プランが大集合。 プライベートな空間で楽しむ食事は、大切な人との距離を縮めてくれるはず。 口コミ:お部屋の露天風呂も広く、部屋食なので周りに気を使うことなくのんびりできました。 (ひめさん) 利用施設: 小さな宿ならではのおもてなし 15室以下の隠れ家宿 大切な人との旅行は、濃密なひとときが楽しめる秘密の隠れ宿でおこもり滞在を。 都会の喧騒を離れ、15室以下の小さな宿でしか味わえないおもてなしの時間を満喫してみて。 口コミ:おもてなし、食事、部屋どれをとっても大満足。 大切な人のプレゼントにおすすめ。 (くーまんさん) 利用施設: 一度は泊まってみたい 高級旅館 誰もが「一度は泊まってみたい」と憧れる高級旅館や名門リゾートホテルで、夢のような滞在を。 極上のひとときがかなうとっておきの贅沢プランを、大切な人と体験して。 口コミ:部屋も食事も豪華で、スタッフの対応も素晴らしかった。 夢のようなひと時でした。 (あみにぃさん) 利用施設: 神奈川県• 湯河原・小田原• 湘南・鎌倉• 三浦海岸 静岡県• 熱海・伊東・伊豆高原• 東伊豆(北川・熱川・稲取・今井浜・河津)• 中伊豆(伊豆長岡・修善寺・天城湯ヶ島)• 西伊豆(戸田・土肥・堂ヶ島)• 南伊豆(下田・下賀茂・弓ヶ浜)• 御殿場・富士・沼津• 寸又峡温泉• 焼津 群馬県• 草津・尻焼・薬師• 嬬恋・北軽井沢・万座• 伊香保• 水上・谷川・猿ヶ京・上牧・川場• 老神・片品• 藤岡・富岡 栃木県• 日光・中禅寺湖• 鬼怒川・川治・湯西川• 那須高原・板室・那須塩原 千葉県• 木更津・君津・安房・岩井• 九十九里・銚子・茂原• 鴨川・小湊・養老 埼玉県• 秩父 茨城県• 大洗・ひたちなか• その他 山梨県• 河口湖・山中湖• 山梨万葉・川浦• 甲府・湯村・昇仙峡• 八ヶ岳・小淵沢・清里• 石和・笛吹川• 大月 長野県• 軽井沢・小諸• 湯田中・渋・上林• 戸隠・上田・別所・北信• 下諏訪・上諏訪・蓼科• 戸倉上山田・千曲• 美ヶ原• 安曇野・大町• 阿智・昼神・下伊那 岐阜県• 下呂・飛騨高山 新潟県• 湯沢・苗場• 当間高原• 妙高 富山県• 富山・魚津 石川県• 加賀 福井県• 永平寺 福島県• いわき湯本• 猪苗代・表磐梯• 裏磐梯・磐梯高原 山形県• 鶴岡 宮城県• 仙台・松島• 鳴子温泉 愛知県• 名古屋 三重県• 志摩 滋賀県• 大津 京都府• 京都市内 兵庫県• 有馬 奈良県• 奈良・生駒 和歌山県• 白浜 福岡県• 博多 長崎県• 五島列島 熊本県• 人吉 大分県• 湯布院・別府 宮崎県• 宮崎 鹿児島県• 奄美大島 沖縄県• 中部(宜野湾・北谷・沖縄・うるま・読谷)• 北部(恩納・名護・本部・今帰仁)• 離島(宮古島・石垣島・竹富島・小浜島・西表島) 北海道• トマム.

次の