協和 発酵 バイオ 防府。 【協和発酵バイオ】手順書から逸脱2300件‐原薬問題で第三者報告書|薬事日報ウェブサイト

協和キリンプラス 株式会社 防府営業所のハローワーク求人|35050

協和 発酵 バイオ 防府

協和発酵バイオ 山口事業所 防府 ISO14001認証登録事業所 協和発酵バイオ(株)山口事業所 防府 住所:〒747-8522 山口県防府市協和町1-1 TEL:0835-22-2511 沿革 我が国の微生物工業発祥の地ともいえる当工場は、1949年に協和醱酵工業(株)設立と同時に、防府工場として発足。 以来、日本の発酵工業の歩みとその全ての節々に深くかかわってきました。 2008年10月1日に協和醱酵工業(現 協和キリン)のバイオ事業部門が分社し、協和発酵バイオ山口事業所 防府として新たにスタートしました。 協和発酵バイオの基幹工場である当工場は、従来型の基本的な発酵生産から最新の組換えDNA技術を応用した発酵生産まで技術を駆使した総合発酵生産工場として、多種多様な製品を生産しています。 環境・安全活動 1. ISO14001は1999年7月に認証登録。 2017年7月にISO14001:2015へ移行完了し、統合ISO14001を維持しています。 また2004年8月からは労働安全衛生マネジメントシステム(OSHMS)を加えた「環境安全マニュアル」を制定し、環境と安全の両面においてPDCA活動を行っています。 2018年の環境・安全関連法令上の行政処分は0件でした。 2018年の環境・安全上の苦情件数は0件でした。 新規の機械、設備の導入や既存設備の変更、化学設備についてリスクアセスメントを実施し、危険、有害要因を除去、低減してリスクの最小化を図る取り組みをしています。 工場に隣接する自治会の皆さまとは定期的なミーティングや工場見学会を開催してコミュニケーションを図っています。 レスポンシブル・ケア地域対話や近隣自治会の各種地域行事にも積極的に参加しています。 「水源の森活動」をはじめとした地域環境保全への取り組みも積極的に取り進めています。 主な環境活動 地球温暖化防止への対応 — 省エネルギー 1998年からのエコプロジェクト(全社の省エネルギー、廃棄物削減活動)推進をはじめ、現在も継続して一層の省エネ・廃棄物削減をめざして具体案の調査、検討、推進を続けています。 重油焚きの主力ボイラーを廃止し、2007年3月から蒸気購入とガス焚きボイラーに変更しました。 排ガス中の大幅なCO2削減、SOxの劇的な改善ができました。 また、2016年には構内遊休地に太陽光発電施設(最大出力12MW、一般家庭で約4,000世帯分)を誘致し、クリーンエネルギーの普及を積極的に展開しています。 水質汚濁防止への取り組み 2007年3月から排水負荷削減プロジェクトを組織し、廃液処理工程の運転最適化によるCOD・窒素除去率の向上、アミノ酸製造工程で排出アンモニア量を最小限にする設備改造とプロセス変更などの対策を行ないました。 さらに、排水中のリンを削減するために、リンの回収設備を建設しました。 リン回収品は肥料原料として有効に利用しています。 廃棄物削減への取り組み 排水処理施設に、余剰汚泥の減容プロセスを導入し、発生量を抑制、廃棄物削減に貢献しています。 3% 2014年 、1. 6%(2015年)および0. 22%(2016年 となり、目標としていたゼロエミッション未達となりました。 但し、2016年3月からは、リサイクル・再資源化処理が可能な処理業者への委託を強化し、最終埋立処分量ゼロで推移しています。 1%以下にすることとしています。 PRTR法対応 PRTR法指定化学物質については、多量取扱物質を中心に、排出量削減に取り組んでいます。 001 0 0 キシレン 1. 092 0 0 ホルムアルデヒド 0. 005 0 0 合計 1. 098 0 0 表彰(直近5年間) 2018年10月 防府市長表彰 防府市「緑のカーテンコンテスト」事業所部門にて優秀賞を受賞 2017年11月 防府市長表彰 交通安全山口県対策協議会会長(山口県知事)表彰 交通全功労者 2017年6月 防府市安全運転管理者協会会長表彰 優良事業所 2016年11月 防府市長表彰 防府市「緑のカーテンコンテスト」事業所部門にて優秀賞を受賞 2014年11月 防府市長表彰 防府市「緑のカーテンコンテスト」事業所部門にて優秀賞を受賞 事業所環境・安全方針 私たち一人ひとりは、お客様の安全を第一とし製品・サービスの品質向上と安全性の確保に努めることにより豊かな社会の実現に貢献します。 そのために、私たち一人ひとりは、製品・サービスの研究開発段階から調達・製造・物流・販売・使用・廃棄に至る全バリューチェインに亘り、地球環境の保護および従業員・住民・お客様の安全と健康に配慮した事業活動を営みます。 協和発酵バイオ株式会社 山口事業所長•

次の

協和キリン、協和発酵バイオ社への行政処分について発表 :日本経済新聞

協和 発酵 バイオ 防府

ただいま 会員を募集 しています。 美味しい空気を一杯吸いながら汗をかく 里山ボランティアしてみませんか? 定年後 の気晴らしにはもってこいです。 また美容と健康の維持にも月に1~2度ですがおいでませ。 お待ちしています! 森の美術館&音楽会 (保育園デュエット) 恒例の保育園デュエットによる「森の美術館&音楽会」が今年も」11月17日(日)にきずなの森に於いて開催されました。 天候にも恵まれ園児や父兄たちで賑わいました。 きずなの森 で 放課後子供教室 岡田副会長がコーディネーターを務める、防府市立華浦小学校の放課後子供教室の子供たちと父兄の一行が 9月18日の午後、きずなの森 にやってまいりました。 総勢約60名で秋の森の雰囲気を味わい、昆虫博士の福田会員がカブトムシなどの生態を説明し、岡田副会長が栗の実の取り出し方を、そして以外にも好評だったのが長い竿で柿の実を掴む実習。 時間の経つのを忘れて凡そ1時間の滞在を満喫して帰ってゆきました。 岡田副会長の紹介 佐波の里山サポートネットの 岡田照美 副会長が防府市のボランティア・協働情報紙「まなぼら」78号(6月1日発行)に取り上げられておりますので紹介させていただきます。 詳細は割愛しますが岡田さんは、華浦放課後子供教室の立ち上げに尽力され 現在コーディネーターとして活躍中とのことです。 佐波の里山SNのことも記載されており、昨年放課後子供教室で子供たちを 上右田にある「きずなの森」にも連れてきましたが今年も同じ計画があるようです。 きずなの森が教育の場としても利用されることは望外の喜びですね。 勝間さん名誉の叙勲 我らのボランティア仲間である 勝間幸次さんがこの度、長年の功績により栄えある 瑞宝双光章 を授与されました。 佐波の里山SNの中にこのような立派な仲間がいることを誇りに思い、ささやかながらお祝いの宴をもたせていただきました。 防府ロータリークラブとの協働作業 2019年 6月 9日( 日 )午前は、防府ロータリークラブさんと協同作業を きずなの森 で行いました。 両者合わせて40名くらいだったでしょうか? 日ごろSSSNだけでは不可能と思われていた作業もこなすことができました。 緑化活動を評価県知事表彰 2019年4月24日、山口県庁舎に於いて 佐波の里山サポートネット野口顧問が他団体や個人と共に県知事表彰を授章いたしました。 大平山ふれあいの森づくりに参加 2019年3月16日(土) 春の協同作業、大平山ふれあいの森づくりにSSSNから6名で参加しました。 作業内容は雑木の伐採とクヌギの植樹で作業後はつきたてのもちや豚汁などを頂き、その後椎茸の駒打ちを行いました。 森の美術館&音楽祭 秋の恒例行事、保育園デュエットさんの「森の美術館&音楽祭」が今年も11月18日( 日 )にきずなの森に於いて開催されました。 ネイチャーゲーム大会開催 2018年11月 3日(土)午前中、「山口県ネイチャーゲーム大会in防府」がきずなの森に於いて開催され十数名の子供や保護者が参加しました。 放課後子供教室 2018年10月 3日夕刻に市内華浦小学校の放課後子供教室の子供たちと先生方約50名がマイクロバス2台を連ねてきずなの森にやってまいりました。 子供たちは約10名ずつ4つのグループに分かれて、遊びの広場やカブトムシの生育状況を見学し最後に栗拾いを楽しんで帰っていきました。 園児たち 三谷川で水遊び 2018年 8月 5日、鈴屋の保育園デュエットの園児と保護者約40名が猛暑の中、きずなの森にある三谷川の水場へ遊びに来てくれました。 ふれあいの森づくりに参加 3月17日(土)に大平山山頂近くのふれあいの森づくりに、佐波の里山SNから5名のが参加しました。 画像クリックで拡大 できます。 当日は天候にも恵まれ毎年楽しみにしているという生徒も交えて児童たちが楽しそうにゲームに熱中していました。 平成28年度山口県農山村振興賞受賞決定 去る9月29日、山口県農林水産部農林水産政策課より、佐波の里後山サポートネットが標記受賞団体に選ばれた旨吉川会長あて連絡が届きました。 表彰式は来る12月1日県庁に於いて行われるとのこと。 これを励みに会員一同より一層の活動を継続いたします。 佐波の里山サポートネット発足のきっかけとなったロータリークラブさんとの協働できずなの森の再生整備を手掛けたのが8年前。 爾来陰に陽にお世話になってきた防府ロータリークラブさんの発足60周年の記念事業の一環として 佐波の里山きずなの森整備事業もお仲間に入れていただくこととなりました。 その記念イベントを8月に控えて現在実行委員会がもたれ準備が進んでいるところです。 (今日の協働作業の模様は をご覧ください) 佐波の里山サポートネットH28年度総会 2016年 4月18日市民活動支援センター会議室 市民活動支援センター会議室に於いて開催され、平成27年度事業報告、同会計報告、平成28年度事業計画、予算案などが大筋において了承されました。 予算規模は会の発足以来初めて100万円の大台に乗る規模となりました。 これは 協和発酵バイオとの水源地整備作業業務受託提携契約によるもので安定的財源の下、会のますますの発展が期待されます。 総会の後の懇親会では、退会された加藤元副会長や篠原さん、協和発酵バイオ総務Gからも2名の参加を得て盛大に盛り上がりました。 我々はイチョウの移植を担当し、そのあとは救急措置の講習などがあり美味しい豚汁とご飯を頂いて帰りました。 1時間くらい草刈り作業をしていたら雨がひどくなり仮テント内で休憩に入りました。 更に雨が止まずそのまま、子供さんたちの巣箱作り・お餅・ハヤシライス・バンド歌謡イベント、と続き、自由解散となりました。 大平山ふれあいの森づくり参加 2015年 6月27日 昨日までの大雨警報も解除され、時折霧雨の落ちる中でしたが予定の草刈りは無事に実施されました。 佐波の里山サポートネットからは、会長以下8名が参加しました。 山口県農林事務所からの「森づくりの大切さ」と「森林づくり県民税」の話もありました。 「きずなの森を見てみよう会」開催 2015年 6月14日 そもそも きずなの森 を切り開く目的が、子供たちに里山で遊ぶ喜びを与えたいと言うことから始まったのですが、ここにきてようやくその緒につける時が来たのかな?といった段階に至り本日近隣の子供たちにまずはその場所を知ってもらおうと表題の会を開いたところおよそ20名弱の関係者が参加してくださいました。 特に子供たちには水遊び場と出来あがったばかりの見晴らし台が好評だったようです。 春の花、夏の水遊び、秋の栗拾い、冬の散策と四季折々に楽しめる「きずなの森」にぜひお遊びにいらっしゃい! きずなの森で恋活パーティー 2015年 5月17日 日々整備に努めているきずなの森をいろんな意味で活用していただけることは、会にとっても励みになることでそのために広報活動も行っているのですが、このたび市民活動支援センターに属する団体「恋活コミュネット」さんからの御依頼で、恋活メンバーの若い人たちのサイクリングの後の昼食の場として活用していただきました。 せっかくの機会なので吉川会長の先導で森の中を案内させていただきました。 大平山ふれあいの森づくり 2015年 3月14日 「大平山ふれあいの森づくり」に佐波の里山サポートネットから4名参加しました。 作業は整地石ころ拾い、雑草刈り、植樹、シイタケ菌打ち等でした。 昼は餅つき、煎餅焼き、ピザづくり、トン汁とごはんなど美味しい昼食でした。 ケイナーやサックス演奏、歌唱などもあり楽しい1日でした。 もりのびじゅつかん 2014年11月30日(日) ここ数年すっかりおなじみとなりました「 もりのびじゅつかん 」 (主催:ほいくえん でゅえっと)が佐波の里山・きずなの森で開催されました。 9時~12時で11時50分になって雨が降り始めましたが、無事終了しました。 天神山登山道整備 2014年11月16日(日) 「天神山登山道整備」にSSSNから7名参加しました。 くもり空でしたが、頂上まで草刈り・整備しながら登っていきました。 頂上に着いた頃は汗びっしょりなりました。 大平山ふれあいの森作り 2014年11月15日(土) 11月15日(土)は、SSSNから「大平山ふれあいの森づくり」に4名参加しました。 草刈り・間伐の後、植樹・カレーライス・餅つき・ミニコンサートと盛り沢山ありました。 少し寒いくらいでしたが晴天に恵まれ、多くの市民の方が参加されました。 旧山陽道整備作業 2014年10月29日 防府市おもてなし観光課の呼びかけに応じて、防府ロータリークラブや竹林ボランティア防府などの仲間とともに、佐波の里山サポートネットからも8名の会員が参加して、雑草刈り払いや倒木処理に汗を流しました。 元来が芝刈り仕様なので無理な使用には耐えられませんが、うまく使えばそれなりの効果は期待できそうです。 今後は刈り払い機と共に大いなる活躍が期待できそうです。 何とか使えることが分かったので蕎麦の栽培でも始めようかと期待が高まってきました。 SSSNからは 6名が参加し他の団体と協力して雑草の刈り払いやイノシシが損壊したと思われる道路の補修や倒木の処理を行いました。 H26年春のチッパー作業 つつじヶ原、椿の森、柿の木の里 3か所の廃材処理作業を 4月1日~14日(土日を除く10日間)で行いました。 チッパー稼働時間34時間、携わった延べ人員41名の大作業でした。 その間雨の中の協和農園雑草刈り払いもありご苦労様でした。 これも一重に会員各位の努力と関係者のご理解の賜物と感謝申し上げます。 これは今回の助成金で購入した一部の機材で、 刈り払い機と チェインソー及びその交換部品やオイル類です。 一日目は弥冨地区のお寺さん、二日目は小川地区の民家のヘドロ除去の手伝いをしました。 B・フォレスト「エコピアの森防府」の活動に参加しました 5月18日(土)、きずなの森からおよそ1.5km上流にある拠点で今年もエコピア活動が実施され、佐波の里山SNからも 野口代表と杉山、中村が の3名が参加しました。 下草刈りと子供たちのモノ作り活動の手伝いをしました。 ( ) きずなの森紹介行事が行われました 佐波の里山SNが結成され5年間が経過したことと、きずなの森の整備状況を広く知っていただくことを目的に、4月28日(日)にきずなの森に於いて簡単なお披露目行事が行われました。 当日は防府ロータリークラブのみなさんを始め、山口県樹木医会会長藤原先生もお越し願って森林内の珍しい樹木の説明を行っていただきました。 お集まりのみなさんありがとうございました。 四季を通じて楽しめる森にどうぞいつでもご自由においでください。 100ページ近くの大作です。 多くのことを学びそして、 きずなの森が素晴らしい森だとのお墨付きもいただき今後の手入れの励みとなりました。 帰りは防府西高前からバスに乗り防府駅経由で天満宮まで帰りつきました。 午後4時からルルサス2Fで総会を開催し、活動報告・決算報告、新年度予算・活動予定を審議し終了後近くの居酒屋で御苦労さん会を催しました。 その様子は 下の画像をクリック でご覧になれます。 花木は防府市花木センタ-から頂けることになりました。 掘り起こす花木の選定など 実施。 野口・中村・加藤立会い。 三谷での穴掘り位置の決定。 ついで 植樹・水やり。 家にある人は持ってきて下さい。 また 水やり用のバケツもたのみます。 天気はわかりません。 この日だけは 多少降られてもやる気で。 近くなって決めましょう。 このほか 全体的に樹木の名前を知る勉強会や 名札をつけることも必要です。 これ も今年の作業になります。 また 小鳥の巣箱作りもやりましょう。 いつ これらをやるか 今のところ未定ですが そう遠くないうちに決定したいと思います。 「きずなの森」の広報については 4月の総会ごろには皆さんに諮れるよう努力します。 2月度 小さな切り株除去作業の残っているところは今月でケリつけましょう。 また残材を1mくらいに切る作業も今月末が努力目標。 遅くとも3月末までに。 (未達) 3月度 先月に引き続き植樹を5本と旧道西側の整備を重点的に行いました。 特筆事項として 看板を新しく更新しました。 4月度 当初の予定変更で定例作業は中止し、旧山陽道防府天満宮~佐野放光~岩淵ウオーク。 ページメニュー会議事録参照。 夜H23年度打ち上げ開催。 各自受け持ち区域の整備を進める。 4月28日佐波川水源の森づくり4名参加 5月度 チッパー作業に向けて廃材・枯れ枝の集積を行う。 その前に旧道西側の整備を進める。 サルトリイバラの掘り起こしも今のうちに実行する必要あり。 チッパー作業は、延日数6日、延べ人員37名、稼働実時間15.8時間で予定より二日間 早く終わることが出来ました。 6月度 18日、木の名前勉強会は講師の都合で延期し下草刈りとBBQコーナーの整備、14名 7月度 第2月曜の9日に山口県樹木医会の藤原先生、羽嶋ご夫妻を講師に招き樹木勉強会を 開催しました。 詳細は。 動画でも見ることが出来ます。 8月度 夏休み 9月度 10日、12名の参加で下草刈り。 きずなの森樹木図鑑お披露目。

次の

沿革

協和 発酵 バイオ 防府

医薬品原料製造、協和発酵バイオ(本社・東京)山口事業所(防府市協和町)で判明した製造手順の不備を巡り、県は24日、届け出通りに医薬品を製造していなかったとして防府工場(同所)に対し、25日から18日間の業務停止命令を出した。 同社は安全性に問題はなく、外部の専門家が原因を調査しているとした上で、10年以上前から届け出と異なる方法で一部を製造していたことを明かした。 問題を巡っては、防府工場は昨年8月、米食品医薬品局から米国向け医薬品原料の分析試験の手順の問題を指摘されたことを受け、社内調査した結果、全約60品目のうち抗がん剤原料「マイトマイシンC」の製造過程で無菌性を保証できないことが判明。 今年9月に稼働を停止し、供給先のグループ会社、協和キリン(本社・東京)は10月に医薬品の自主回収を始めた。 県薬務課によると、同工場は同原料やアミノ酸など18品目の製造過程のうち計34項目で国に届け出た手順と異なる方法で製造。 県庁で会見した協和発酵バイオの幹部によると、製造過程で殺菌方法が届け出と異なるなどしていた。 不備は効率化のため現場レベルで手順を変え、2009年以前から続いていたといい「チェック体制が不十分だった」と釈明。 製造過程に第三者を立ち会わせる改善策を示した。 同工場は11月下旬に再稼働し、品質や安全性を確認した上で18品目を含む一部を出荷していたことも明かした。 県は医薬品医療機器法に基づく業務停止命令に併せて、経営者の責任の明確化や品質の適正管理を求める改善命令も出した。 外部の弁護士など専門家による調査委員会は来年2月にも調査結果を公表する方針。 山口事業所の新庄達也副事業所長は謝罪し、本格稼働には時間がかかる見通しを示した上で「できるだけ早く製造を再開したい」と述べた。 (岩崎新).

次の