ネガティブ キャンペーン。 ネガティブキャンペーン:誹謗中傷対策の手引き

他者否定やネガティブ・キャンペーンを展開してるコーチングはダメだ

ネガティブ キャンペーン

比較広告ブームの中、なぜスタバは沈黙を守るのか? ライバル企業との比較広告はやるべきか? 2014年9月10日、アップルは新しいiPhoneを発表した。 6にするか、6 plusにするか、悩んだ方も多いだろう。 かくいう私もそのひとりだ。 悩んでいる真っ最中だった2週間後、ネットを見ていた私は「iPhone6 plusを曲げてみせた」という人の動画を見つけた。 よくよく考えれば、これだけ薄くて大画面ならば、思いっきり力を入れれば曲がるのは自明だが、「iPhone6 plusって、力を入れると曲がるのか?」と驚いたことを、よく覚えている。 実はその後、アップルのライバルたちは、英語でこんなツイートをしている。 しかし、ここまであからさまに他社を揶揄する企業姿勢は、決していい印象を与えるものではない。 まだ数は多くないものの、日本でもあからさまな比較広告が増えている。 このように攻撃されると、比較された企業側の立場からは「ブランドの危機だ」「いかに反論するか」と考えてしまうことも多いかもしれない。 しかしその一方で、こう考える人も多いのではないだろうか? 「でも、それって本当に意味があるのか?」。 よい事例がある。 で紹介した、業績不振で苦しむ2008年ごろのスターバックスも、露骨なネガティブキャンペーンを受けていたのだが、その「かわし方」は見事なものだった。

次の

反創価学会キャンペーン

ネガティブ キャンペーン

ネガティブキャンペーンとは? 「ネガティブキャンペーン」とは、元々は選挙戦術の一つで、 選挙相手の政策、あるいは人格を批判することで相手の印象を著しく損なわせ、相対的に自分の信用を高めることを目的としている。 現在は企業のイメージ戦略の一つとしても使われており、ビジネス上でも一定の効果が上がっている。 アメリカでは他社を直接名指しした比較広告を打ち出すなど活発だ。 日本では表立って、直接的に名指しした比較広告は少ないが、水面下で名前を出さずに他社を比較することはある。 口コミサイトにネガティブな書き込みをしていたのは実はライバル企業だったなんてケースは実はよくある話しなのだ。 ここがアメリカと日本の違いなのだろう。 ネガティブキャンペーンを受けた企業は悪評に対して説明をする必要が出てくる。 なぜなら根も葉もない話しで顧客が流出することを避けないといけないからだ。 企業によっては仕返しとしてネガティブキャンペーンをやり返そうと考えるところもあるだろうが、そんなことをすれば顧客は自社と他社の商品の両方に興味を示さなくなってしまうだけである。 単にマスメディアがその叩きあいを追いかけ報道して、その連日の報道に嫌気がした我々はどちらが正義でも悪でもどうでもよくなり、単に両社に興味がなくなる。 そういう結末なのである。 このネガティブキャンペーンに対して企業はどう対応していくべきか?アメリカであった一つと事例を紹介したい。 ある企業がネガティブキャンペーンに対して取った手段だ。 ネガティブキャンペーンへの対抗手段 その企業とはコーヒーで有名なあの 「スターバックスコーヒー」(以下スタバ)だ。 当時、アメリカのマグドナルドコーヒーをだいだい的に売り出すときにスタバの本拠地シアトルにて「Four bucks is dumb. now serving espresso. (4ドルなんて馬鹿馬鹿しい。 エスプレッソを提供します)」という看板を100ケ所に出した。 「buck」とは英語のスラングで「1ドル」という意味で、スターバックス「 star bucks」とかけており、明らかにスタバを挑発していた。 しかし当時のスタバのCEOであるハワード・シュルツは 腹を立てていたが、直接の抗議や反論はあえてしなかった。 その時期に米国大統領選挙があり、投票率は例年どおり低いと思われていた。 スタバはそこをうまく使ったのだ。 選挙当日にスタバのカウンターで「投票に行ってきました」と言えばトールサイズのコーヒー1杯を無料でふるまったのだ。 無料ということでお客は店内になだれ込むように押し掛けた。 それから来客数はふたたび増加したのだった。 もともと味に自身のあったスタバはうわさよりも実際に体験してもらうことで自らの価値を証明してみせたのだ。 見事ネガティブキャンペーンに打ち勝った。 これについてハワード・シュルツは後に「喧嘩するのではなく積極的に自らを定義し声を上げ会社の個性を大事にしたい」と述べている。 これはネガティブキャンペーンに対して、言葉で反論するではなく、自分たちが本来どうあるべきかを考え、行動するかが大事なのかを説いている。 ネガティブキャンペーンは水面下にありふれている では日本の場合はどうだろうか。 アメリカと比べると自己主張することがあまり美しいと思わない日本では匿名という言葉がとても好きなのである。 ラジオのはがきのコーナーでもそうだが匿名、もしくはペンネームを使うことがもはや常識のようになっている。 自己主張=輪を乱す。 そんな意識が強い。 だからネガティブキャンペーンを行うときもやはりネットの書き込みを匿名で行うのだ。 同業だからこそ分かる『痛いツボ』。 そこをチクチクと水面下で突いているである。 建築会社のビルの建て方の裏側、飲食店の仕入れ先、企業の社長の逮捕歴など、どれも書かれては困ることを妬みや嫉妬と共に書き込むのである。 日本のネガティブキャンペーンは陰湿である。 水面下で淡々とネガティブキャンペーンは進んでいるのである。 そして私たちは知らぬまま口コミサイトを開いて、書いてあるものをそのまま読み取っていくのである。 ネガティブキャンペーンを受けることはチャンスである 人はネガティブな情報に流されやすい。 口コミサイトの多様な増加によりネガティブキャンペーンもまた多様に存在する。 知っているか知らないかは大きな違いを生むだろう。 日本人の8割に普及した携帯電話。 毎日、どこかの口コミサイトに誰かが書き込みをしている。 もしもあなたの会社が、お店が、学校が少しでも上向きであると感じたならば、いますぐにエゴサーチをすることをおススメする。 そして何も書かれていないことに安心をするのか、まだまだ認知度が足りないと嘆くはあなたに任せよう。 人は人気あるもの、強い物、あこがれのものにしか悪評は書かない。 小さな町の小さなラーメン屋を誰もネガティブキャンペーンしないのだ。 あなたの周りに小さなネガティブキャンペーンがあったときは小さな怒りと共に小さな満足も訪れるだろう。 あなたはあなたの存在を競合に認めさせたということなのだから。 そんなときはビジネスチャンスなのである。 スタバのように 『反論するのではなく実際の行動で示すこと』で競合を置き去りにして駆け抜けていけるのだから。 ネガティブキャンペーンにあったときこそが大きく羽ばたけるビジネスチャンスだと捉えても間違いはないだろう。 人気の高い記事• 29,099ビュー posted on 12月 13, 2016• 16,737ビュー posted on 10月 11, 2017• 13,983ビュー posted on 9月 18, 2016• 10,009ビュー posted on 12月 9, 2016• 6,961ビュー posted on 12月 12, 2016• 5,401ビュー posted on 1月 30, 2017• 4,918ビュー posted on 2月 5, 2017• 3,255ビュー posted on 9月 7, 2016• 3,250ビュー posted on 8月 14, 2016• 2,926ビュー posted on 5月 8, 2017.

次の

激烈なネガティブ・キャンペーン 米大統領選クロニクルその12

ネガティブ キャンペーン

そもそもネガティブキャンペーンとはどのようなものなのでしょうか。 政治におけるネガティブキャンペーンは、選挙の際に対立候補の政策上の問題点を指摘、批判して相手が不利になるようにする選挙戦術のこと。 それだけならば真っ当に感じますが、政策についてだけではなく、人間性や家族のことを取り上げたり、根拠がない批判をしたりすることもあるので、行き過ぎたネガティブキャンペーンが問題視されることも。 また政治だけではなく、ビジネスで同業他社やその商品についてネガティブキャンペーンが行われることもあります。 テレビや新聞などのマスメディアやSNSなどを使って、広くネガキャンが行われることも。 ネット用語は5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)などのネット掲示板やTwitter、InstagramなどのSNSで使われる言葉。 タイプしやすいように短縮されたり意図的に誤字を使ったりするのが特徴です。 政治やビジネスで行われるネガティブキャンペーンと一個人が関わりあるの?と疑問に思うかもしれません。 必ずしも対立関係にあるものを対象としないのが特徴です。 自分の欠点や不利になる話題をあえて取り上げることで、注目を集めるというもの。 周りにもこんな人がいるのではないでしょうか。 ポジティブキャンペーンの略ですが、キャンペーン(宣伝活動)がポジティブ(前向き)な意味を持つので、普通にキャンペーンでいい気がします。 人と違う車に乗りたいという車好きの方が行うようです。 これらは批判が自分に返ってくることも多い諸刃の剣のようなものです。

次の