センラ 唇。 長文失礼します。歌い手グループの浦島坂田船について質問です...

歌い手界隈にいる高校生です。

センラ 唇

前歯とチクチクしてそうな毛並が特徴。 バドがこのヴェッセンである。 戦いを嫌い、温厚な性格な者が多い。 人間とも友好的な関係を築いている。 お喋りが好きなようで次から次へと言葉が出てくる。 うっかりさんでもあり、注意していても秘密をバンバン話してしまう。 「ヘスリッヒ」というヴェッセンがアイスビーバーの天敵らしい。 ウー巡査部長のトラウマを作った元凶。 フィリピンでは古くから言い伝えられている魔物。 長い舌と鋭い爪での攻撃を得意とする。 アスワングが近くに居るときには「チロチロ・・・」という物音が聞こえる。 そんな音が聞こえた貴方は要注意。 長い舌で妊婦の腹を突き刺し、胎児を食べる。 血族の退治を食べると寿命が延びる能力を持つ。 古代エジプト時代から存在し、神として崇められていた。 実際は、拷問によって探し出され、ファラオの供物としてミイラ化させられ、共に棺へ入れられる。 という、神扱いをまったくされていない現実がある。 普通の人間よりは身体能力が強化されていそうだが、目立った活躍はなく、能力もない。 祖先を大事に思う気持ちは人一倍強いようだ。 顔の形状が不明ではあるがネコ型だろうか。 作中では孤児のピーターがアプガードニエクスと確認できる。 ロザリーの対応を見る限り、そこまで凶暴なヴェッセンではないらしい。 伝統を重んじるイェガーバーは「ロー・ハッツ」という、獣性を引き出す狩りの儀式を行う。 人を攫い、人里離れた森でわざと逃がして獲物を狩る。 純粋な種だと、クマそのものにもなれてしまう。 今のところ、動物と全く同じ姿になれるヴェッセンはイェガーバーのみ。 ノルウェー語での意味は「熱を奪う者」。 変温動物の特徴を持っており、低気温だと体温が保てない。 冬に外出すると、あっという間に体が凍りつき死んでしまう。 寒さに震えるヴァーマ・ティーヴは凶暴化し、見境なく人を襲うようになる。 名前の通り、人間に噛みつくと熱を奪える。 体温を奪われた人間は、そこが暖かい場所だろうと凍死してしまう。 生理的な理由から、人間の体温しか奪えないのが厄介。 真冬は冬眠する習性があり、同族で越冬地を決め集まっている。 早々と冬眠してくれればいいのだが、期を逃した彼らは生きるために人を襲ってしまう。 深緑色の肌、頭部のトゲトゲ、全身の鱗が特徴。 かみつく攻撃とひっかく攻撃を使用するのはおなじみ。 ナイアッドと同じく水中でこそ本領発揮するヴェッセンだろう。 見た目通りの荒くれ者で、登場話では依頼さえあれば迷わず人を殺していた。 他にも、給料が割りに合わないと雇い主のルイゾン・ペシュールを脅したりもしている。 ヴェッセンをヴォーガ状態で麻痺させる神経毒を持つ。 この毒で動けなくしたヴェッセンの顔の皮膚を剥ぎ、相手の力を得られるマスクを作る。 それをアステカの戦士達へ渡していた。 マスクは人間が装備してもヴェッセンの力を引き出せる。 ただし、多用するとマスクが一体化、死者の声が聞こえ正気を保てなくなる。 中世から神聖な存在として見られており、幸運と繁殖の象徴として扱われる。 彼らの左足を寝床に下に置くと、子を授かれる。 新鮮な足ほど効果が高く、3日ほどで妊娠できるという。 そんな彼らを利用しようと、昔からレポーラム・ヴェナトルに狩りの対象として見られていた。 グリムに登場したヴェッセンでもトップクラスの戦闘力を持ち、「ベルセルク」の異名を持つ。 強い者を求めて現代を彷徨う化け物。 標的になるのはグリム、凶暴なヴェッセン、警官や兵士。 獲物を狩ると、頭皮を剥いで外套にする。 すると、倒した戦士達の力が自らに宿るとされる。 伝承と言い切れず、外套を纏う彼らには銃弾が効かず、平然と人の手足を引きちぎる怪力が備わっている。 現れるのは「凶事の前触れ」。 彼らが動くと風が荒れ、雷鳴が響きだす。 髪の毛を切られると死んでしまう致命的な弱点を抱えている。 竜を倒し姫を得る儀式と言われているが、現代では対象の殺害を条件とするものだった。 本編では3人の男性が挑戦するものの、伝統を良しとしない同族、それも姫自身が儀式を妨害していた。 過去の儀式では、やはり竜族のが狙われていたのかもしれない。 別名「チュパカブラ」、ヤギを吸う者と訳される。 長い間、ヴェッセンの一種と考えられていたが、ヴェッセンのみにかかる感染病によって異形と化した存在。 常時ヴォーガしており、一般人にも見えてしまう。 感染から48時間経つと、ウォルドレオールのまま元に戻れず、自我を失くした獣になってしまう。 爪と牙を用いて相手を襲い、血を吸い尽くす。 対象は動物ならなんでもいいようだ。 炎を操る力を持ち、能力を解放した姿は不死鳥にも見える。 蘇ったりはしないけど。 体内の成分リンを使用して炎を生み出している。 彼らの能力は街1つを容易に焼き尽くしてしまう。 炎を解放した状態の彼らと戦うのはグリムとて得策ではない。 その正体はヴェッセンだった。 目は黄色く輝き、歯はカミソリのように鋭い。 そして死肉の喰らったかのような悪臭が漂う。 そんなエル・ククイの目的は弱者を苦しめる人物を殺すこと。 なんと弱きを助ける魔物。 強靭な爪で首を引き裂き、対象が息絶えるまで攻撃し続ける。 苦しみや悲しみの声がどこにも居ても聞こえるらしい。 エル・ククイに救いを求められたらどこにでも向かい、その対象を殺す。 ヴェッセンではあるが、グリムに近い立ち位置と言える。 ギリシャで発見されたヴェッセン。 クリスマスが大嫌い。 クリスマスツリーや装飾、パーティをぶち壊していく。 暴行も働くが、人を殺したりはしないようだ。 その正体はヴェッセン「インドレ・ジェンティーレ」が思春期にかかってしまう病気。 クリスマスの12日間限定で病にかかる。 フルーツケーキが好物、更に食べ過ぎると病気が治る。 フルーツケーキさえあれば大きな問題にはならない・・・はず。 俊敏かつグリムとも渡り合えるほどの高い身体能力を持つ。 腕をぶんぶんと振り回して長爪で攻撃、対象を行動不能にしてから噛み殺す。 ヴォーガ時にその攻撃性を見せ、相手が死亡していても攻撃を止めない。 そのため、キハダ・ヴィールの犯行現場は血飛沫が目立つ凄惨なものとなる。 荒くれ者が多く、作中でも何度か登場している。 グリムの能力を失くしたニックを襲おうとしていたショーが印象的。 暴力的で他のヴェッセンを威圧する素振りも見せる。 ライニゲン狩りを好んで行うグループも存在した。 女性を陥れる犯罪者が多い。 目的のためには殺人も厭わない姿もちらほら。 ただ強者には逆らえない。 グリムとの対面時、戦う前から心が折れている姿も見られる。 魚のような顔をしている、トゲや能力からしてフグっぽい。 強い毒性と幻覚作用を持つ唾液は、対象の顔に当てると仮死状態にできる。 また仮死状態から目覚めた者を自在に操れる能力を持っている。 ヴォーガから毒を吐き出すまで素早く、相手がクラシェイ・モーテルと分かっていなければ回避は困難。 男爵と呼ばれたこのヴェッセンは王家に仕える、グリムへの刺客だった。 ニックすら強制的に行動不能にしてしまう。 クランプスとは「爪」という意味。 クリスマス前から現れ、犯罪を犯している子ども達を誘拐する。 攫った子ども達を、人目につかない木の上に監禁し、冬至前夜に食べる。 そしてこのヴェッセンは消え去る。 クリスマスにのみヴォーガするヴェッセンがその正体。 本人もヴェッセンの自覚がなく、子どもを攫い、食べた記憶もない。 あくまで食べるのは子どもとはいえ犯罪者、根っからの悪人というわけではないようだ。 能力も同様に不気味なもの。 対象の後頭部に触手を4つ突き刺し、相手の記憶を奪う。 さらに奪った記憶は自由に脳内で再生できる。 スパイ活動を行う上では重宝される能力である。 奪われた情報は対象の記憶から消えてしまう。 1対1の状況ならば、相手は情報を奪われたことすらわからない。 冷静沈着な性格、機会を伺ってくるのも厄介な点。 総じて情報収集・スパイ活動に適したヴェッセンと言える。 ワニのような見た目。 骨を砕くほど強靭な歯と顎を持つ。 腕に噛み付き、そのまま噛み千切るまで相手を振り回す。 腕をちぎられると出血死してしまうし、振り回される衝撃も危険。 第3代ローマ帝国皇帝カリグラ帝治下 西暦37年~41年 に水道を警護していた記録が残っている。 本能からなのか、下水道のような臭気が漂う場所を好む。 ローマ帝国滅亡時、ゲラムカエダスは地下水道へ逃げ込むことで生き延びれたと言い伝えられている。 巣を作り、長い休眠をとる習性がある。 そのため定期的に近場で窃盗を繰り返し、休眠中はその略奪品で食いつなぐ。 木材・金属、なんでも食べてしまうようだ。 また、登場したゲラムカエダスはグリムのことを「デカピターレ」と呼んでいた。 集団で行動する「ヴェッセン界のチンピラ」。 見えないところで犯罪を行う。 コヨータルは多産の種族、特殊な繁殖法として近親交配の儀式「アセヴェラシオン」を行う。 小動物を食べる宴から始まり、多産の母体となる同族17歳の女性と群れで交尾を行い、繁栄をもたらすとされている。 女性は柱に縄で繋がれた状態で儀式を過ごす。 一度群れに入れば、抜けるのを許されない。 その分、群れには固い絆があり、互いを守るために行動する。 男性がこう呼ばれる。 王家の血を引く、ショーン・レナード警部がこの種族。 ヘクセンビーストと違って特殊な能力は持たず、力でねじ伏せるタイプ。 活躍時はものっすごい強い、片手でヴェッセンをなぎ倒したり。 だが、どうにもレナードさんがポカをやらかす様が多く、余り強く感じない。 少数の種族で復讐心が強い。 恨んだ相手を殺すまで、どこまでも追い続ける。 巨体からくる怪力、皮膚の厚さと骨の頑丈さによるパワーと耐久性を持つ。 更に、先天的な痛覚の鈍さを利用した強引な攻めでニックを病院送りに。 ジュリエットがいなければ、ここでグリムの物語は途絶えていた。 さすがに熱湯を浴びると苦しんでいた。 強烈な痛みはしっかりと感じるようだ。 対ジークバースタ用の毒薬「ジークバースタ・ギフト」がある。 希少品で入手しづらいが、彼らの骨を石灰化させ、鬼を内側から崩壊させることができる。 ジークバースタを確実に倒すには、この薬を打ち込むしかない。 涙を盗む悪霊と言われている。 当時、暗黒大陸と呼ばれたアフリカにて恐れられていた魔物。 人の涙が好物で、悲しみを抱えた人物やその家族の周りに現れる。 体内に飼っている寄生虫を対象の目に吹きかけ、涙を舌で舐め取る。 被害者は目が見えなくなり、やがて涙の成分で成長した寄生虫が眼球を突き破ってくる。 この見た目に加え、残酷な殺し方。 最も出会いたくないヴェッセンは彼しかいない。 犬なのかクマなのか・・・なんとも表現しづらい顔。 人間の赤ん坊を攫い、人目につかない森の奥で食べる悪党。 モンローの話から、善人も存在するらしい。 ニックの父母を襲撃した組織のリーダー格、ソレダッドがこのヴェッセンだった。 書物によると、周囲の者を威嚇し怯えさせる特徴があり、信用ならない獣であるとされる。 戦闘において勝利に重点を置く。 どんな汚い手を使うこともいとわない。 攻撃手段はこの4本の牙を活かし、強引に相手の胸へ突き刺して殺す。 4つの傷跡は特徴的でシンダーディブと特定しやすい。 常人の力では抗う術なく殺されてしまうだろう。 物語にも何度か登場している。 気性が荒く、暴力的。 犯罪者が多く、殺人・麻薬常習など、悪事を好んで行う。 軍に所属する傾向がマンティコアと似ている。 グリムの祖先から「勇敢で高潔」とベタ褒めされていた。 初対面では、考えが読めないヴェッセンであり、敵か味方なのかは慎重に判断しなければならない。 この種族の一人、ファーリー・コルトは、ニックのおば、そしてグリムだったマリーと婚約していた。 元は善人なのかもしれない、3枚のコインに魅せられており、それを手にするためにニックを殺そうとする。 金色の大きな目と羽毛が目立つ。 インコのように籠の中での生活を強要されていた。 その理由は、生涯に一度だけ高密度堆積物「ウンベツァルバール」を体内に生成するため。 卵のような形状を持ち、ほとんどの成分が金でできているそれは喉元で成長する。 大きくなり過ぎると呼吸ができなくなるので、取り出す必要がある。 もし無傷で取り出せた場合、非常に高い値段で取引される。 反面、卵は非常に繊細な作りで、地面に落とすレベルの衝撃でも割れてしまう。 扱いには細心の注意が必要だ。 人目を好む性格で俳優や司会者に向く。 汗腺から特殊なフェロモンを出し、相手に幻覚を見せたり、操ったり、異性を魅了できる。 とても利便性が高い能力。 対人相手の仕事なら、どんなことでも優位に進めれるだろう。 記憶を多少改善できたりもする。 特に異性へ触れると効果が高く、周囲の女性をまとめて虜にできてしまう。 常時フェロモンを発生でき、好物のカエルを食べると効力が強まる。 シーズン1では絶滅危惧種の、シーズン2は希少種のカエルを食べていた。 希少種の方には赤いラインが入っているが、見た目は似ている。 戦闘は不得手、自らが狙われる際はガン逃げ一択となる。 真向からの殺し合いならば、フェロモンを撒く余裕もないので対処は簡単。 彼らの存在が竜伝説の始まりなのかもしれない。 火を吐く能力を持つように見えるが、実際は科学を応用してその現象を起こしている。 自身の体脂肪を気化させて爆発性に変える。 その後に放出した気体を静電気で発火させている。 金属を巣に隠す習性があるよう。 書物では山の頂上付近にあった穴へ財宝が、本件では炭鉱跡に銅を隠していた。 見た目にそこまでの変化がない珍しいタイプ。 目が金色に染まり、牙が鋭く、指先に水かきが付く。 首筋の線は魚のエラのような機能があるようだ。 水中での機動力が凄まじい。 競泳50mでの世界記録は早くて20秒 wikiより 、ナイアッドはその半分の10秒ほどで到達できる。 ナイアッドの女性は、人間の男性との性行為でしか妊娠できない。 父親は血が繋がらない子を育てなければならない。 この事実は、ナイアッド内で問題となっているよう、受け入れられない者も多い。 また陸地に居続けると皮膚が乾燥し、剥がれていく。 このまま1日放置すると死亡してしまう。 そのため、彼女達は水辺での生活を余儀なくされる。 ヴォーガ時の音からすると水棲型か。 ヴォーガ時のインパクトが強烈で他のヴェッセンも彼らを見たくないと言うほど。 またモンロー達の様子を見るに、ヴォーガ時には悪臭を放っているようだ。 性格は臆病、戦闘タイプのヴェッセンではない。 ハエが好物。 戦闘能力に乏しく、弱々しい。 序盤からかなり登場している。 ブルットバッドとは古くからの因縁があり、作中で何度も対決している。 警官、シェフ、カルト教団の信者と、色んな場面に存在。 絶対数が多いのかも。 獰猛そうだが作中での出番は少ない。 登場話では強盗を働いているところをに狙われ殺されてしまう。 毛むくじゃらで大柄。 ハンクがはっきり目撃してしまった初めての魔物。 登場したビッグフットは大人しく、温厚な人物だった。 ただ、精神を安定させる新薬の実験にて暴走してしまう。 鋭い牙と大きな顎ですべてを噛み砕き、巨体でのタックルは窓ガラスを吹き飛ばす。 巨体と怪力、ヴィルデスヘーアと似た特徴を持っている。 コモドドラゴンの容貌に近い。 1893年、インドのカルカッタ 現コルカタ でグリムが発見した。 神カーリーを信仰しており、その供物として人間を拉致し生き埋めにして殺害する。 狙うのは犯行の足が付きにくい旅行者。 生け贄に男女1名ずつを用意する。 誘拐現場にはファンシガーの人形が置かれていた。 これも儀式の過程の1つだと考えられる。 長い舌で瞬時に首を絞め、対象の意識を奪った後に攫っていた。 非常時はそのまま絞め殺すこともできる。 希少種で悲劇のヴェッセンとして知られている。 通常時の容姿が美形で、男性を惹きつける魅力を持つ。 そして、相手の欲情に対してヴォーガしてしまう。 自身の能力を制御できず、意図的にヴォーガできない変わった種族。 ヴォーガ後は皮膚からバトラコトキシンという毒素を出し、触れた相手の心機能を破壊、死に至らせる。 魅了された男は、彼女達を襲って毒を喰らい死んでしまう。 ムーザイと似ている要素を持つが、彼女達に悪意はない。 登場したフォルターゼーラは被害を出さないため、男性へ極力近づかないようにしていた。 1期からの登場人物、ロザリーがこの種族。 知性的で落ち着いた人物が多い。 ヴェッセン間では、口がよく回りずる賢い一面を持つとも認識されている。 攻撃はヴェッセンおなじみの噛み噛みアタック。 普段は戦いを苦手とするが、追い詰められた彼らの反撃には注意しなければならない。 ヴェッセン内で人間狩りが横行していた時代に、いち早く農耕生活に移った種族。 種族内の慣わしとして豊穣を祈り雨を呼ぶ儀式が存在した。 ただ、その儀式は人間を生贄に使う非道な方法。 そのため、500年前に儀式を行っていたフルクレイはグリムが皆殺しにしたとされていた。 本話ではその凶行が再び行われる。 現場の位置関係を北斗七星のように見立て、次々に人を殺害していた。 獰猛な顔つきが特徴。 強靭な牙で相手の喉元を噛み千切る。 基本的に肉食、狩りを楽しむ者も多く、時には人間を狙ったりもする。 主人公ニックの友人「モンロー」もこの種族。 彼のようなお人好しなベジタリアンも中には存在する。 バウアーシュヴァインとは古くから因縁があり、両者のトラブルが起こりがち。 扁形動物、プラナリアのような特徴を持っている。 皮膚から有毒な酵素を分泌し、それに触れると皮膚が溶ける。 そして、酵素に含まれる腐食性物質が人の体内を侵食し、肺や臓器を壊してしまう。 長らく男女ペアで行動していると思われていたが、正体は同一人物。 ヴォーガした後に男と女の姿、どちらにも変身できる。 そのため、グリムの書物に女側を仕留めた記録がなかった。 ちなみに、男性と女性で別々の人格がある模様。 ヴォーガした姿は彼らの意思に関係なく一般の人に見えてしまう。 1期から王家の刺客、フェラートの一味として幾度も登場する。 攻撃的なヴェッセン。 鼻が利き、逃げた相手の追跡や探し物を見つけるのが得意。 攻撃手段はかみつく。 雇われてる都合で銃も携帯しているフントイェガーがほとんど。 身内の制裁時は役立つ。 ただ、物語でニック達と対峙すると途端に弱くなる。 グリムに勝てないのは仕方ないが、人間の刑事(ハンク)にもボコボコにされてしまう。 王家の刺客()といった状況。 ニック達の宿敵、アダリンドがこのヴェッセン。 特殊な能力を持っており、個体ごとに差がある。 物を引き寄せ、振動を引き起こし、時を止め 遅くしてる? 、物を内部から爆発など、様々な力がある。 執念深く、手段は狡猾。 平然と人々を騙していくその様は、能力を合わせてまさしく魔女。 ヴェッセンからも恐れられている というより嫌われてる?。 また特殊な調合薬に関しての知識も深い。 頭部左右に角が生えている。 普段は大人しいが、怒ると凶暴化。 見境なく人を襲うようになる。 硬い頭と強い拳が武器であり切り札。 基本的には温厚な性格で戦いを嫌う者が多い。 登場したヘフティヒオーロックも争いを好まなかったが、お金のために戦っていた。 一方で、家族を想い非情になる心の強さを持っている。 本編ではそれが災いし事件の発端となってしまった。 ファラオと一緒に埋葬された点も同じ。 あちらはミイラ化して入れられていたが、なんとヘレンティーアは生きたまま供物として棺に入れられる。 光栄なことと思ったのか、意気揚々と棺に入ったらしい。 傲慢で粗暴な恐れ知らずの性格。 登場したヘレンティーアも同様、グリムを見ても怯える様子が一切なかった。 ライニゲンによく似ている、こちらの方が毛が濃いか。 人間にも害がない温和な種族。 キーキー泣き喚くくらいで迷惑はかけない。 脅されるとすぐに逃げてしまう。 そんな弱小と言われる種族だったが、本編に登場したマウズハーツは父親の虐待を受けた後遺症からか、凶暴な一面を持っていた。 発電能力を持ち、その能力は「ゼウスの怒り」と例えられるほどの威力を持つ。 人間だけでなく、グリムすら殺せてしまう。 ヤドクガエルの皮膚を使った特殊な薬を、耳に塗り込むことで電撃を無効化できる。 ヴィルデスヘーアと同じく、対策を練らないと一方的にやられてしまう強敵。 尻尾の先端から毒を出し、突き刺した相手を確実に殺す。 獰猛なヴェッセンで死を恐れないことから、軍や傭兵として働く者が多い。 単純な戦闘では、ヴィルデスヘーアに次ぐ能力を持っている。 っていうかヴィルデスヘーア倒せるかもしれん。 魅惑的な姿とその能力で数多くの男を魅了した。 彼女達のキスには麻薬と似た効果があり、中毒性が高く、破滅的な影響を及ぼす。 創作力が高い画家を好むようで、目に見えない力を感じ取れる。 グリムの力にも反応していた。 一度、彼女に魅了されてしまうと、自分の力だけでは抜け出せない。 彼女を求め続け、やがて死に至ってしまう。 下アゴを対象の顔に刺し、若さの成分「ヤンブワ」を奪う。 ハムスターのような頬袋があり、そこにヤンブワを貯めることができる。 ヤンブワを肌に塗ると即座に美容効果を発揮し、シワや黒ずみがなくなる。 ただ中毒性が高く、使用者は生気を失ってしまうという欠点を持つ。 彼らに吸われた者は一晩待たずに老化し死に至る。 早老症と判断されやすく、ムササット・アル・シャバブの犯行と気づかれにくい。 通常タイプと女王バチがいるよう。 男性が通常、女性が女王と区別されるのかもしれない。 同時に何万というハチを操れる。 ミツバチの毒が0. 1ミリ、対してこのハチの毒は50ミリ、およそ500倍の猛毒。 大群の猛毒蜂に襲われたら、ヴェッセンやグリムとてひとたまりもない。 ヘクセンビーストが天敵らしく、登場話でアダリンドの命を狙っていた。 グリムとなんらかの関わりがあり、ニックへ敵の存在を警告していた。 白黒の毛に巨大な牙と爪を持つヴェッセン。 書物には「残酷な殺人マシン」と書かれていた。 単体で村1つを滅ぼせる凶暴さらしい。 単純な強さだけでなく、敵を誘き寄せ、罠に嵌める戦術も厄介。 銃を避ける素早さと跳躍力も併せ持つ。 首を噛み、行動不能にしたところに追い討ちをかける。 死体を無残に引き裂くのは凶暴性からか、もしくは趣味なのか。 登場したモヴェ・ドンはグリムを狙った王家の刺客であり、死神とも関係していた。 グリムといえど、罠にかけられたら勝機は薄いだろう。 人の子が好物。 グリムが倒したラオズィンシュランガの腹の中には、行方不明となった子ども達の肉塊が発見されている。 対象がヴェッセンでも関係ない、弱小種族ならデザートとして平らげてしまうとも言われていた。 人の弱みにつけこみ相手へ近づき、獲物を自分のものにするべく狩りを行う。 邪魔するものには容赦しない。 弱いヴェッセンを劣等種として見下す傾向があり、本編ではそれが命取りとなった。 マウズハーツによく似ている、こちらの方が毛が薄い。 ブルットバッドに食物連鎖の底辺とまで言わせるほどの種族。 基本的には温厚で無害、ただ彼らを追い詰めすぎると牙を向く場合がある。 ネズミを数百匹同時に操れる能力を持ち、人を襲わせることも可能。 あくまでヴェッセン内の評価が低いだけで、人間からしたら十分な脅威を持つ能力。 さらに、シーズン5ではするという特異な力も見せた。 シーズン1の5話に登場するロディは、ヴォーガする前からニックがグリムだと気づいていた。 ライニゲン特有の能力なのか、父がヴォーガした際の驚いた様子からそう判断したのか。 別名「レ・ロンジュール・ロワ・ラット・キング」。 その正体はが合体した姿で、種の窮地にのみ現れる。 彼らの遺伝子は酷似しており、ヴォーガ時には結合し1つの存在となれる。 身長8mくらいはあるだろうか、確認できるヴェッセンの中では最も巨大。 クラウストライヒの抵抗を許さずに蹂躙していたが、カメラ内にはあまり収まらず。 どういった能力を持っていたかは不明である。 起源は南米、尖った大きな耳が特徴的。 特段大きな犯罪には加担していない(かバレていない)らしく、情報は少ない。 登場したルイソンは大金持ちの女性に近づき結婚。 そしてヴォーガした姿を集団で見せて彼女を精神的に追い込み、死へ追いやろうとしていた。 世にも珍しい4つ子ヴェッセン。 犯行の手口を踏まえても、殺しや戦いは不得手なのだろう。 抗うことなく即逮捕されてしまった。 アイスビーバーよりは濃い茶色の毛を持つ。 よく口が回る点も似ている。 作中では兄弟のルイゾン・ペシュールが登場。 店を繁盛させるために他のヴェッセンを利用していた。 人殺しに反対する弟と金のためならなんでもやる兄、種族内でもハッキリと性格に違いがある。 唇がなく歯が丸見えになっている。 鋭利な歯で口周りと首に噛み付き、血を吸い尽くして殺す。 噛んだ跡が丸く見えるのが特徴的、被害者の血が抜きとられていることからもレーベンザウガーの仕業だとわかりやすい。 被害者に恐怖を与え支配する。 犯罪を指揮する者がいれば、一方でグリムに憧れて悪いヴェッセンを狩ろうとする者もいる。 どちらにしても、その手段に残酷な方法を使っていた。 金銭目的で、幸運と多産の象徴とされるヴィラハラを狩っていた。 過去も現代でもそのスタイルは変わらない。 彼らもちょくちょくと出番がある。 ライオンの能力を持つということで獰猛な性格。 犯罪を犯す者もいるが、理性を制御して生きているローウェンもいる。 支配欲が強い者もチラホラ。 登場する人物には、牧場主やサーカスの団長など、何かしらの経営者が多い。 せっかくのグリムワールドの一部なのでここで紹介。 ヴォルカナリス ヴェッセンとまったく違う異質の存在。 ローマ神話の火の神に使える神官と伝えられている。 また、古代の悪魔とも呼ばれていた。 ヴェッセンではなく自然に近い。 山に眠るヴォルカナリスが支配する石を持ち去ると彼は目覚める。 石を持ち去った者を無残に焼き殺すまでどこまでも追い続ける。 普段どこに居て、どうやって地上へ現れるかは不明。 銃弾は効かず、物理戦で倒すことは不可能。 ただ冷気が弱点で、マイナス210度の冷凍ガスを噴射すると倒せてしまう。 ラビ(ユダヤ教の指導者)、イェフダ・レーヴがある巻物を使用し、土でゴーレムを作ったとされている。 礼拝堂に眠る、ゴーレムの残骸と巻物にラビが祈りを捧げると、守護者として敵対する者の前に現れる。 ゴーレムという名前から物理的にぶん殴るのを想像してしまうが、粘土状の土で対象を覆い生き埋めにしてしまう。 守る者を脅かす存在をすべて抹殺しようと動き、指示を一切聞かないのが欠点。 自身の行動を邪魔する者も殺そうとしてくる。 なんと本作には死後の世界まで存在すると明らかになった。 レナードが一度死に、母エリザベスに蘇生してもらった際、あの世の入り口と思われる門の中から付いてきた。 本体は黒い霧のようなもの。 人間の姿は見れない。 グリムに初めて発見されたのは1798年のルクセンブルク。 当初は残酷な殺し方からグリムの仕業と思われていた。 これも悪霊に憑かれた普通の兵士だったよう。 実際はもっと昔に存在した人物なんだろう。 女性ヴェッセンを狙って殺人を繰り返す。 喉と腹を切り裂き、子宮を取り出すという手口を使う。 憑かれた者がジャック・ザ・リッパーの存在に気づいてしまうと、身体を完全に乗っ取られてしまう。 それを防ぎ、彼をあの世へ戻すには憑かれた人物を殺さなければならない。 別名「ギチエアナミビス」。 ゴーレムと同じく精霊と呼ばれているが、あちらは人工の精霊、こちらは自然に存在する精霊。 アメリカ先住民のポタワトミ族、オジブワ族が降霊の儀式を行うと現れ、宿主に憑依する。 スペリオル湖の底に棲む守護精霊。 守護とつく割には攻撃的な一面を持つ。 宿主が恨む相手を探しだし、殺し終えるまでは憑依が解けない。 ちなみに、ミシピシュは部族が呼び出す精霊の1体と説明されている。 ってことは、まだまだ精霊の種類が存在するのだろう。 子どもを攫い、溺れさせる幽霊。 1519年、メキシコのベラクルスで初めて確認された。 毎年ハロウィンが近づくと彼女は姿を現す。 攫われる対象は7~10歳までの少年2人・少女1人の計3人。 ハロウィンを過ぎ、0時になるとラ・ジョローナは忽然と姿を消す。 その後、行方不明になっていた子ども達の溺死体が発見される。 自分の子どもを溺死させた母の後悔の念がラ・ジョローナの正体だと思われる。 ただ、川の中まで追ったニックの目の前で彼女は消えた。 真相は誰にも掴めない。

次の

歌い手短編集!!

センラ 唇

こんにちは。 今回はホワイトデーのお返しの意味についてです。 ホワイトデーとは、ご存知の方も多いと思いますがバレンタインデーの一か月後にチョコをくれた人にお返しをする日ですよね。 なんとなくもらったら返す。 という習慣づけられていますが そのもらったものによってそれぞれ意味があるんです! キャンディー、クッキー、マシュマロ。 ホワイトデーによく贈られるものですよね これらの意味についてご紹介します。 まず、キャンディーはというと・・・・ 「あなたに好意があります。 」という意味があります。 ホワイトデーを創ったのが、全国飴菓子工業協同組合なので本命にはキャンディーと言われているのかもしれません。 その影響もあり80年~90年代はホワイトデーといえばキャンディー!だったそうです。 クッキーはというと・・・ 「友達として好きです。 」という意味があります。 コンビニなどにも売っていて入手しやすいということから 義理のお返しではクッキーが無難だそうです。 最後はマシュマロです。 「あなたが嫌いです。 」という意味があります。 ホワイトデーのお菓子売り場でもよく見られるマシュマロ。 何気なくお返ししている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 本命の方にあげてしまったら大変なことになってしまいます! ホワイトデーのお返しの意味はお分かりいただけましたか。

次の

センティール・ラ・セゾン 函館山のプランナーブログ「ドレスエドゥ オリジナルグロス 発売 Ethical Brillant<エシカルブリアン>」 結婚式場(ウエディング)・挙式(ブライダル)【ゼクシィ】

センラ 唇

歌い手界隈にいる高校生です。 長文になります。 私は浦島坂田船の坂田さんを推してます。 私の知り合いはセンラさんを推してます。 センラさん推しの子がセンラさんの動画で 歌詞動画を作っていて 歌はセンラさんじゃないです ストーリーにあげていて、とても素敵だったので DMに、凄い上手!!参考にしてもいい? と送って、ありがとう!全然良いよ! と言われたので参考にして同じ曲で坂田さんver. を 作って〇〇ちゃん参考にした!とストーリーにあげました。 そして次の日に浦島坂田船の等身大パネルの写真を 志麻くん推しの子と撮りに行って ストーリーにあげました。 そしたらセンラさん推しの子のストーリーで ぱくってばっかじゃん推してる自分が好きなだけでしょ とあがってました。 初めは誰かに真似されてそれが嫌だったのかなと思いましたが、私が坂田さんの文字うちわを作って 次のライブに持って行く!とストーリーをあげたら お前はどうせ落選だよwwwとあがってたりして 私の事かなと思いました。 私はDMに参考にしていいか聞きに行ったし 等身大パネルを撮る事や文字うちわを作って ライブに持っていく事がぱくりとは思えません。 ・同じ曲で坂田さんver. の歌詞動画を作った ・坂田さんの等身大パネルを撮った ・文字うちわを作った ・カラオケで浦島坂田船の曲を歌ったりコールした ・自撮りがあがるとかっこいいと言った この中で自分がやられたらぱくられたと思うもの ありますか?? 私は同じcrewとして仲良くしたいのでもし ぱくってしまっていたら謝りたいです。

次の