妖怪ウォッチワイ学園23話。 妖怪ウォッチの登場キャラクター

妖怪ウォッチ!

妖怪ウォッチワイ学園23話

主要人物 寺刃 ジンペイ ・小さな頃から怨霊が見えていて、YSP能力をつかい戦っていた。 ・一見ちゃらんぽらんに見えるが、意外と芯があり、情にアツい。 ・により、Y学園に YSP基準で推薦合格した。 ・Y学園の入学直後にコマくんと一緒に、えんら先生からYSPウォッチを与えられ、変身能力を身につけた。 ・ジンペイたちはYSPクラブを設立し、学園の七不思議を解明することになった。 ・と合体してに変身する。 ・YSPクラブの代表である。 ・第24話にて、ラント君の過去・宇宙人の存在を認識した。 田村 睦心 小間 サン太夫 |こまさんだゆう ・落語家の名家に生まれたが、落ちこぼれ。 だが、努力家である。 ・さくら第二小学校のジンペイのクラスに転校してきて以来、お互いに『怪奇人間ベロン』の大ファンと分かり親友となる。 ・ジンペイと共にY学園にYSP基準で推薦合格した。 ・と合体してに変身する。 ・17話にて、大空さおり(小説研究会)に一目ぼれ。 なんだかんだで良い関係を継続している CV. 遠藤 綾 玉田 マタロウ ・フツウの人間だが、努力して一般枠で『エリート校Y学園』に合格した。 ・お爺ちゃんの言葉『人は努力すれば報われる。 ・ふだんは気が弱いが、ハナシが自分の得意分野におよぶと 急に覚醒。 名探偵コナッポインになる。 (映画と第4話) ・フブキちゃんに一目ぼれしている。 ・ヒーロー同好会を設立しているが、他にメンバーが居ないため、YSPクラブ部室を間借りしている。 ・なんだかんだでYSPクラブメンバーと行動を共にして、怨霊を相手にしていて、 (一般枠なのに)スゴい。 ・一般枠なのに、YSP能力者にしか見えないハズの怨霊が、マタロウには見えている。 ・ゾンビコメディー映画の主演俳優をこなした🎬(第6話) CV. 井上 麻里奈 姫川 フブキ ・発明メカ大好きな理系女子。 ちょっと天然だが、良い子である。 ・自分が『マドンナ的存在』の自覚がある。 ・YSPクラブを 『夢見る少女のパワードスーツクラブ』と勘違いして入会した。 ・YSP基準枠で合格したようだ(本人が気づいていたか?不明) ・第三話にて、ようやくYSP能力を開花させて、YSPウォッチを入手した(から手渡された)詳細は ・第四話にて、ようやくヒーローに変身。 初登場は映画。 ・これまで優しかったのに、ある時から急変。 『番長 雷堂 メラ』として恐れられる存在になった。 『組織のやつ』が金をやるから従え…と指示をされた。 ・自分に同情してくれたジンペイに惚れたメラは、ジンペイと行動を共にすることに。 ・自分と真逆の性格である、九尾が大キライ。 ・と合体してに変身する。 ・ジンペイと出会う前からすでにYSPウォッチを所持し、変身する方法を知っていた ・第十話にて、彼女が居る!? と思いきや実妹『雷堂ひなこ』だった。 おお、これはシャレた設定だ😁 ・『スキャンダルメシアン』戦後、マタロウから「素直に優しさを見せていきましょう」とアドバイスされるとメラは、『獅子黒、オレと一緒にいてくれてありがとうな』とお礼を伝える。 増田 俊樹 九尾 リュウスケ ・Y学園中等部2年生、テニス部所属。 ・学園で1・2を争うイケメン。 ・なぜか他のメンバーと色が違うYSPウォッチ『零式』を所持している。 ・と合体してに変身する。 ・ジンペイと出会う前からすでにYSPウォッチを所持し、変身する方法を知っていた・が大好きで、デレデレになるとキャラ変する😅 フブキちゃんいわく 『キュウビ先輩ってぶっちゃけ残念よね』 CV. 小林 千晃 大王路 エマ ・学園長であるの一人娘。 ・初登場は映画。 YSPクラブが初めて学園長から依頼を受けたのが、エマに憑りついている怨霊を退治して欲しいという件だった。 ・エマちゃんは、自分を助けてくれたジンペイを好きになった。 ・おとなしく、おしとやかな性格。 ・メテオゴン戦の際に『 うーすけ (二年のみんなでこっそり飼ってるウサギ)』を助けたことで、エマちゃんはうーすけをペットにしたようだ。 竹達 彩奈 霧隠 ラント ・学園ポリスである『生徒会』の会長。 ちなみに生徒会は学園敷地の上のほう、山岳地帯にある (叛乱組織のアジトっぽい)。 ・ UFO研究会の部長でもあり、YSPクラブを敵視している。 ・小学生時代 7歳 に、山奥で家族全員で巨大UFOを見る。 ・その後、 宇宙人によって家族全員が『消失』された。 なぜか彼だけが助かった。 ・それ以来、家族のカタキとして宇宙人を憎む。 ・ストリートギャングのヘッドをやっていたという 黒歴史が判明。 (何度も言いますが)小学生時代です。 ・クマ子の助けもあり、対抗するために変身能力を身につける。 を参照。 ・ 『エイリアンウォッチ』にYメダルを挿入することでに変身する。 ワイルドボーイ同様、宇宙人に攻撃が通用する。 ・クマ子ちゃんに特別な想いがあるようだが、自分の近くにいると危険なので、わざと避けている。 ツトムくん、マジで中学生か? ・生徒会ほかメンバーは金仁コマカ・柿留マックス・布袋カイト ・『UFO研究会』メガネ君が時田コウジ(CV. 村井美里)。 もう一人が矢追ジュンジ(CV. 日向未南)。 ・23話で、ラント君は生徒会メンバーに自分の過去を打ち明けた(ナユ&異星人の件もすべて)。 来星 ナユ ・第九話にしてようやく初登場。 謎のUFOの主のようだ。 ・臼見沢先生を配下に従えている。 ・地底に怪獣を仕込んでいたようだ(第11話) ・目が赤く光ることにより、意図的に記憶を削除することができる。 ・16話にてラント&クマ子ちゃんに正体がバレる。 じつはナユちゃんは宇宙人に憑依されていて、操られているだけらしい。 本体は思念体である。 (憑依が解けると、ナユちゃんには記憶がない) CV. P丸様。 風紀委員会 風紀委員は『風紀タワー』を拠点としている。 Y学園を見渡せる高さで、風紀を乱す生徒を監視している。 ・数人いるメンバー『影野シノブ』。 気弱そう。 CVはすとぷりメンバー『ななもり。 』さん。 ・副委員長の副田チヨちゃんは宇宙人に憑依されていたが、26話で憑依がとけた。 学園ポリス ・生徒会よりも権力が強い『学園ポリス』。 なぜかナユちゃんにしたがっている。 雲池 クマ子 ・小学生なのに天才科学者、クマ子ちゃん。 初登場九話。 ・により、UFO発見現場で発見された『謎の回路』。 クマ子ちゃんが解析したところ『UFOで使われていたもので、分子構造を変えてアレンジする機能がある』と判明する。 ・お父さんは宇宙工学の第一人者らしい。 その影響で、彼女も宇宙&宇宙人に興味があった。 ・26話回想にて、ランド君と同じ小学校に通っていたと判明。 常に彼と一緒に行動していたようで、クマ子ちゃんは幸せだったようだ。 ・16話にて、ナユちゃんの企みにより退学させられる。 その勢いで ラント君に告白した。 石上 静香 七雲 クウカ ・登場は26話。 ・クマ子ちゃんが風紀委員により退学処分されたのち、 メチャクチャ努力して七雲クウカとなった。 登場26話。 ・ナユちゃんにクマ子であると知られたくないので、皆に正体を隠している。 ・エイリアンスペクトルバキュームという『憑依しているエイリアンを人間から吸い出す』機能を搭載したウォッチを開発し、装備している。 ・そのウォッチは私にしか使えないから…という条件とひきかえに、ラント君に生徒会への入会を認めさせた。 ・本来は大食漢だったが体質が変わったため、現在は少食である。 🥼 Y研 ・Y学園最高の頭脳が集まった『Y研』は、学園長が独自の権限を与えて、秘密裏に研究を行わせているクラブ。 ・Y研のリーダー『Y研 主任研究員』は、 雲池 クマ子。 ・クマ子ちゃんは『学園長がなぜY研の存在を隠しているのか?』は知らないという。 ・彼女たちY研は、ジンペイたちが『YSPウォッチの能力をどう生かしているのか?』データを研究していた。 その理由は、AウォッチとYSPウォッチの能力をさらに向上した第三のウォッチを作るためである。 ・Y研の場所は、噴水ちかくの地下である。 メンバーはクマ子+6人。 ・博野ハルキ(CV. ジェル すとぷり)らは、YSP入学前からの古いつき合いである。 ・体育道具はすべて外に放り出され、内部は巨大エンタテインメント施設と化している。 ・生徒会・風紀委員に従わず、独自のルールで動いている。 先生を買収したりとアクドイことしてます。 風紀委員、取り締まりたまえよ (というかY学園てエリート校でしたよね😅) ・映画では、お金に苦労しているメラを雇い、生徒会にたてつくため悪さをさせていた。 ・23話で、ラント君は『風紀委員会に対抗するため』に、学園マフィアのチカラを得ようと近付いた。 三又義 ノズチカ ・学園マフィア『スネークス』のボス、通称『ノーズ』。 ・孤高の存在で、自らを生まれついての帝王と信じていた(実家はお金持ちで子供時代に苦労していた)が、ジンペイにさとされて改心する。 (彼は元々、悪い人間ではなく単に友達を欲していた) ・HEROにならずとも分身できる。 YSP能力者? ・蛇山チアキにより、 バイパーコネクターを装備させられ『ザ・バイパー』に変身した。 ミッチー、久しぶり😊 ・たまたま蛇山チアキを助けたことにより、互いに身近な存在となった。 詳細はチアキを参照。 ・ノーズは努力してスポーツ枠で入学した。 が、入学後に本来の生きざまが出てしまい、チアキとともに学園マフィアを形成してしまった。 ・ラントくんに説得され、チアキにも勧められて生徒会に協力することに。 小野坂 昌也 蛇山 チアキ ・ノーズの付き人のような存在だと思われていた。 ・謎のウォッチ『バイパーコネクター』を持っている。 ・小学生時代、バンド仲間と共に『宇宙人』にさらわれてUFOに監禁される。 ・同時にさらわれた仲間はキメラ化されていた。 ・チアキくんは、宇宙人から逃げる途中でバイパーコネクターを入手。 ・UFOから飛び降り、 着地した先がノーズ邸だった。 ノーズも同行することを決める。 ・チアキくんは芸能枠で入学した。 ・ラントくんの生い立ちに共感し、共闘を決意する。 ・口癖は『~っしょ』 CV. 莉犬(すとぷり) 📝 Yタイムズ編集部 (初登場第十話) ・編集長(部長)は徳田ネナ (トクダネナ) オカルトは信じない。 アレ?ネナちゃん、巨大サラリーマン宮沢さんの騒動をご存じない?🤤 ・元編集長は須波ヌキオ (スッパヌキオ) 彼は、第十話にてシャドウサイド化した代償で『編集人魂』が燃え尽き、部長の座から降格した。 元々・腹黒かったようだが、なんだか気の毒だ。 ヒーロー 剣豪 紅丸 |べにまる ・がと合体することで、 剣豪 紅丸に変身する。 ・あの2人が合体して、なぜ・その性格になるのか!?とビックリする程、紅丸はマジメで律儀な性格。 しゃべり口調が古風になる。 ・ちなみにヒーロー変身中でも、ジンペイの意思はある。 ・武器は『霊剣 断絶丸』 ・必殺技は『紅き一閃』『怒髪天 横一文字斬り』『十文字粉砕斬』 CV. 小野 友樹 ワイルドボーイ ・がと合体することで ワイルドボーイに変身する(初登場は第九話)。 ・『宇宙人』の攻撃を受けると、通常のヒーローは妖気を乱されて変身が解けてしまうのだが、 ・ゴロミには宇宙人に対する抵抗力があるらしく、ワイルドボーイは宇宙人に反撃することができた。 ・必殺技は『黄昏 乱れ撃ち』 CV. ブルームーン ・23話の対ザ・バイパー戦で初登場。 ・ブルームーンは魔術師タイプ。 沼倉 愛美 リトルコマンダー ・がと合体することで、 リトルコマンダーに変身する。 だが・コマくんのスルドイ観察眼で、自分の特性を発揮している。 ・必殺技は『ビッグチャレンジ』 クロックレディ がと合体することで クロックレディに変身する。 ・第三話で変身する権利を獲得し、初登場は第四話。 さらに小さな分身も出せる。 分身は非力だが、動きがスローにならない。 獅子王 ・がと合体することで 獅子王に変身する。 ・格闘系が得意。 ・必殺技は『爆裂列島ウェルダン』『百獣ナックル』 CV. 日野 聡 ナインテイル ・がと合体することで ナインテイルに変身する。 ・なぜか敬語でしゃべる。 ・目くらまし系が得意。 ・必殺技は『紫の舞』『奥義 紙分身』 ミストシャドウ ・がエイリアンウォッチにより変身したヒーロー。 ・必殺技は『ダークブーメラン』 ちなみに、怨霊はYSP能力者にしか見えません 暴走(シャドウサイド化)したり、 怨霊が『可視化を意識する』と、一般人にも見えるようになります(例:第10話の獅子黒)。 バケーラ ・ジンペイと合体することで、に変身できる。 ・初登場は映画。 Y学園の入学式にマタロウを気に入り、憑りついた怨霊がバケーラ。 ・その後ジンペイ&コマくんと戦い、自分を負かしたジンペイを気に入り、なつく。 小野 友樹 モモ ・モモさんは モモンガ。 人懐こい性格。 ・すぐに怨霊となり登場し、ジンペイと行動することに。 ・大きくなって、空を飛ぶことができる。 ・チーズが大好き。 小桜 エツ子 コマジロ ・コマくんと合体することで、に変身できる。 ・コマジロは『クムクム』としゃべる。 小さい。 コマジロが、いつ・コマくんと行動を共にすることになったのか?分かりません😅💦 CV. 遠藤 綾 ブロッケンクロック ・姫川フブキと合体することでに変身する。 第三話で登場。 利根 健太郎 獅子黒 カズマ ・雷堂メラと合体することでに変身する。 映画で初登場。 ・怨霊なので一般生徒には見えていないが、 本人の意思次第で一般人にも実体を見ることができるようになる。 ・カズマの身の上は明らかにされていなかったが、第十話の獅子黒&メラ回で明らかになった。 ・メラを『親分』と呼ぶ。 メラは『獅子黒』と呼ぶ。 ・「どこかに行け」とメラから言われると消失する。 ・元々は獅子黒はメラの『親分』だった。 ・メラが6歳の時(コミュニケーションがヘタなせいで)ケンカっ早いのを見かねて、獅子黒はメラに特訓してあげるようになった。 そんな獅子黒に、メラはなついていた。 ・特訓をして強くなるうちに、メラは当初の目的である『悪ガキへの仕返し』がどうでもよくなった。 獅子黒は、メラの心の成長を喜んでいた。 ・獅子黒は 「強さとは誰かを倒せることではなく、守ることだ。 いつか本当の勝負の時がくる」とメラに言ってすぐ、名も知らぬ少女をかばい、 交通事故で亡くなってしまった。 この世界、こーゆう事故・多すぎません😂 ・その後、メラの妹が火事場で行方不明となる。 捜索中、諦めそうになるメラの前に獅子黒が登場。 ・メラは獅子黒の励ましのおかげで、無事に妹を発見。 獅子黒とともに脱出に成功する。 オレの役目はもう終わった。 消えるとしよう』と去ろうとすると、メラは引き留める。 ・怨霊になってから、• 顔に『獅子のアザ』ができた• Y学園の学ランを着用するようになった ・トワイライト7のメダルに収録された CV. 日野 聡 イズナ ・九尾先輩と合体することでに変身する。 映画で初登場。 ・第五話にてイズナがしゃべることが判明 CV. 石上 静香 ゴロミ ・第九話にて初登場。 ワカル。 ・ジンペイと合体することでに変身する。 石川 由依 ブルポン ・第22話にて完成体となり『ブルポン・完』と『ブルームーン』の召喚メダルをジンペイに手渡した。 ・おだやかで理知的な性格である。 沼倉 愛美 ミケッティオ ・空亡と並ぶ、極悪ランキングで100年連続1位の妖怪。 ・『無限牢獄』に封印されていたが、『ヤツら』が暴れたせいで牢獄が破壊され、ミケッティオの封印が解除されてしまった。 ・その際、ミケッティオの魂は『赤・青・黄』3色の猫妖怪に分かれて、人間界に飛ばされたという(第21話、エンマ大王の話による)。 古代人? ・第九話にて、Yサークル内のトンガリ銅像から『声』が再生された。 ・よくぞやってきたな、Yのチカラを持つ者よ。 ココに来ることができたキミは、我が力を受け取るに値する。 木村 良平 エンマ大王 ・第21話で登場。 木村 良平 そのほか人物 大王路 キンヤ ・エリート校、Y学園の学園長。 ・理由あって、YSP能力者を大量に集めている。 ・YSP基準枠は、今年はじめて採用された。 ・一人娘のを大事にしており、エマがジンペイに惚れていると知り、激怒した。 そりゃそうだ。 ・YSP能力者を奴隷のように、こき使っている。 ・第21話、エマちゃんにエンマ大王が宿っていると知っていたと判明。 ・というか、 先代エンマ大王そのものだったことが判明。 大友 龍三郎 園等 なつき ・Y学園の保険医「えんら先生」。 ・恋愛術の本の著者であり、生徒たちから『恋愛のカリスマ』として知られているセクシー教師。 ・学園長の手足となり、YSP能力者を探していた。 YSPウォッチを渡したり、能力の説明をする役目を担う。 ・20話の時点で『臼見沢先生が宇宙人サイドでは?』と疑いを持っていた。 が、えんら先生・本人は行動しないようだ。 沼倉 愛美 臼見沢 ハルヒコ ・ジンペイのクラスの担任教師。 ・どう見ても妖怪のルックス (ウィスパー)なのに、べつに誰もなんともリアクションしない。 ・生徒宿舎の管理もまかされている。 ・レジェンド妖怪を『うす先生のチカラ』で暴走させ、YSP能力者を試すようなことをしている。 ・第九話の終盤にて、臼見沢先生は ナユタンに従う立場であると判明した。 まぁたしかに宇宙人的ですしね、ルックスが。 ・20話にて、えんら先生・ラント君に宇宙人側であると勘付かれる。 ・普段から善行を積んでいるようだ(計算なのか不明)。 ・定期的にナユちゃんに『頭をなでてもらう』ことで、ラブリーパワーをもらって活力にしているようだ。 関 智一 山田 ロイド ・初登場は映画。 双子なのか?2人いる。 ・前髪が割れている方が🎻バイオリン担当? CV. なし 蝶野 マイ Y学園のチアリーダー。 映画中、メデューサが『学園中の思春期のムラムラ』を吸収してパワーアップをしようとするのを、爽やかな応援によって阻止した。 『フブキちゃんの知り合い』のようである。 りりり(本人役) |YouTubeチャンネル 桶狭間 カンイチ 応援団長。 初登場は『蝶野 マイ』と同時。 この頃(映画)はフブキちゃんのことを好きだったハズが、第13話の頃には『蝶野 マイ』が好きなようだ。 マタロウが彼のファン?らしく、彼のYouTubeを視聴しているようだ。 シン〇リオン的アツい話 ・ある日、父が道路工事でショベルカーを運転しているのを見たテツくん。 父からウソをつかれていたと知り、ショックを受ける。 ・だから、自分は父親を見返すためにスーパーロボであるガッコウガーYの運転手になりたいと熱望していた。 ・ところが、実際に巨大怪獣を目の前にしたテツくんは、 ガッコウガーの操縦席に居るというのに、何もできない。 ・ なんだかんだで怪獣を倒し、テツくんは父の元へ。 父はウソをついていたことを詫びるが、テツくんは、 ・ 「スーパーロボットを操縦しているか?どうかなんて関係ない。 自分はガッコウガーの操縦席に居ても、何もできなかった」 ・父と和解したテツくんでした。

次の

妖怪ウォッチの登場キャラクター

妖怪ウォッチワイ学園23話

画像引用元 ジバニャン、コマさんなど魅力的な妖怪がたくさん登場し、子ども達から支持されてきた『妖怪ウォッチ』シリーズ。 2014年にTVアニメが放送開始され、おもちゃが入手困難になるほど大人気に。 その年の流行語にノミネートされるほど社会現象になりましたね。 劇場版もシリーズ累計興行収入198億円を記録しました。 最新映画で初披露されたのが新シリーズ『妖怪学園Y』。 TVでは『妖怪ウォッチJam 妖怪学園Y~Nとの遭遇~』として、2019年12月27日からテレビ東京系、AT-Xで好評放送中です。 画像引用元 物語の舞台は、トップクラスの能力者だけが入学できる超エリート高「Y学園」。 学園都市と呼ぶに相応しいこの広大な学園には、まだ誰も解き明かしたことのない謎、学園七不思議が存在しています。 その謎に挑むのがYSPクラブ。 YSPとは妖怪スペシャルパワーの略で、主人公・寺刃ジンペイと親友・小間サン太夫(コマくん)はこの能力の持ち主です。 学園の謎には怨霊が関わっており、頼れる怨霊を仲間にしたジンペイ達はYSPウォッチでヒーローに変身します。 ヒーローに憧れる玉田マタロウ、発明少女の姫川フブキ、熱血番長の雷堂メラなど個性豊かな仲間と一緒に手ごわい怨霊と学園の謎に挑みます。 絶大な力を持つ生徒会や冷酷な風紀委員、エイリアンまで現れ、果たしてYSPクラブを待ち受ける運命は如何に。 画像引用元 『妖怪学園Y』の一番の見どころといえば、ヒーローへの変身と必殺技です。 特に、主人公・ジンペイが剣豪ベニマルに変身するシーンは必見です。 相棒バケーラのメダルを装填するときのキレのある動きと、つむじ風で舞い上がる桜の花びらが、変身ポーズとバケーラのオーラを全身に纏う演出となります。 そしてスタイリッシュでノリノリな音楽がとにかくカッコいいです。 変身完了時の舞い散る夜桜や、灯篭が並ぶ参道に佇むベニマルの姿が最高に美しくて、変身が楽しみになってきますよ。 必殺技もキャラクターに合わせたカッコいい文字とダイナミックなエフェクトが最高です。 他にも魅力的な変身シーン、必殺技がたくさん登場するのでじっくりご覧ください。 画像引用元 『妖怪学園Y』には、個性あふれるキャラクター達がたくさん登場、人気声優が多数出演しています。 キュートな男の子、ヒロイン、熱血キャラ、甘いマスクのイケメン、影のある生徒会長にミステリアスな担任教師と個性豊かなキャラクターがたくさん登場。 変身前と変身後でがらりと印象も変わるので、推したくなるキャラクターがきっと見つかりますよ。 声優は『妖怪ウォッチ』や『イナズマイレブン アレスの天秤』や『スナックワールド』などのレベルファイブ作品に出演した人気声優や、魅力的な声優が勢揃いしています。 変身前と変身後で、声色ががらりと変わる演技力に魅せられますよ。 特に、戸松遥は『妖怪ウォッチ』では少年役をしていましたが、可愛いフブキと彼女が変身する魅惑的なヒーロー・クロックレディを演じ分けていて、彼女の演技力の高さに圧倒されます。 さらに、怨霊に関わるゲストキャラクターの一部を出演声優が担当。 声優ファンなら毎回、期待に胸が膨らむことでしょう。 声優陣の演技力の高さにも注目してご覧くださいね。 少女のようなキュートさと力強さを持った歌声の持ち主で、YouTubeのチャンネル登録者数は8万人以上を超える女性歌い手です。 近年では、NHKアニメ『少年アシベGO! ゴマちゃん』の主題歌『ハロートゥモロー』を歌い、幅広い年代に知られるようになりました。 『Y学園へ行こう ワイワイ編』は、ノリノリなダンスナンバー。 どこか懐かしさを感じるクラブサウンド風の音楽、ろんのキュートな高音ボーカル「YYYY!」のノリノリなコーラスが楽しくて、クセになりますよ。 エンディングアニメもポップな色使い、デフォルメキャラクター達が踊る姿が最高に可愛く見入ってしまいます。 一度聴いたら頭から離れなくなる中毒性抜群の曲ですね。 力強く、色っぽくてかっこいい中性的な声が魅力的な女性歌い手です。 彼女がニコニコ動画に投稿した『マトリョシカ』を歌ってみた動画の再生回数は、670万回を突破。 YouTubeにあげられた『嘘の火花』では再生回数940万を突破したなど、彼女の人気は群を抜いています。 『Y学園へ行こう 疾走編』は、疾走感あふれるギターサウンドと畳み掛けるような早口ボーカルがかっこいい楽曲です。 まさにタイトルに偽りなし。 ハチャメチャな歌詞と激しいメロディーラインの相性が抜群で、格好いい彼女の歌声の魅力をしっかり堪能できます。 エンディングアニメ映像も次から次へと変わり、見入ってしまいますね。 黒板アートや実写、有名ヒーローパロディなどなんでもありなカオスな世界観はまさに『妖怪ウォッチ』特有と言えます。 格好良い歌声とユニークな映像に引きまれる楽曲です。 『8bit編』ではボーカルにロボット風のエフェクトがかかっていますが、しっとり聴かせる美声は変わり劣らず。 聴き入ってしまうかっこよさが満載です。 特にサビ前の「だけどそんなのどうでもいいや」の爽やかな歌声が心地よく、彼の美しい歌声をしっかり堪能できますよ。 メロディーもゲーム風のノリノリなサウンドを全面にプッシュ。 Aメロの「ワイ」が入るところで「Y!」の合いの手が必ず入り、最初から気分がノッてきます。 曲調も大胆に変わるので、ゲームサウンド特有の単調さを感じさせません。 アニメ映像も、3DCGで描かれたドット絵風のジンペイ達の踊る姿がとってもキュート。 間奏時にインベーダーゲームやパックマンなど人気レトロゲームのパロディがあって懐かしい気持ちに浸れます。 キュートなキャラクター達の魅力、そらるの歌声の魅力がしっかり伝わってくる楽曲ですね。 楽曲ごとに表情を巧みに使い分ける多彩な表現力、高い歌唱力を誇る女性歌い手です。 『青春ロック編』は軽快なエレクトリカルサウンドと彼女の突き抜ける高音が心地よい、爽やかロックナンバー。 彼女の格好いい歌声と巧みな声の表現力に聴き入りたくなることでしょう。 特にサビ前の「だから行こうぜ みんなが待っている」の伸びやかで力強い高音に吸い込まれそうですね。 サビの激しい高音もヘビロテして聴き惚れるほど美しいです。 全体的にドラムの小刻みなリズムがアクセントになっていて、聴いていて体がノリノリになれますよ。 アニメ映像ではYSPクラブの演奏姿を多用していますが、風景の青空と夕日の光がとても美しくじっくり見惚れてしまいます。 爽やかな歌と音楽のトリコになれる魅惑的な楽曲ですね。 無邪気で愛らしい発言とキュートな少年声が魅力的な歌い手です。 ほんわかしたコミカルな音楽と莉犬の可愛い歌声で、楽しくなる楽曲に仕上がっています。 サビ前の一カ所だけ他の4曲よりテンポとテンションを一気に下げているのですが、そこから上げていく歌い方がとても自然でうまいです。 そして、一度落ち込んだのを忘れさせる爽やかなサビがとてもキュートで、楽しい気持ちになれますね。 またメロディーラインがとても覚えやすいので、簡単に口ずさめますよ。 アニメ映像も走っているYSPクラブのメンバーが可愛く、メロディーの区切りごとにバトンタッチするので見ていて飽きません。 足元の障害物をよけるコミカルな動きも、何度も見たくなる可愛さ満点の楽曲です。 画像引用元 パロディありヒーローアクションあり謎あり、そして中毒性抜群の楽曲など『妖怪ウォッチJam 妖怪学園Y~Nとの遭遇~』には魅力が満載です。 一息つきたいとき、日常に疲れてほっとしたい時、『妖怪学園Y』を見れば、笑いと涙で気分がスッキリできるでしょう。 学園七不思議を解明し次なる謎に向かう8話では、いよいよ生徒会長・霧隠ラントがついに動きだし、ますます面白くなってきました。 果たして、ジンペイ達は学園の謎を全て解き明かすことができるのでしょうか? LEVEL5の公式YouTubeでは、第1話と最新話を配信中、dアニメストアでは1話から最新話まで全て見ることができます。 まだ見たことがない方も一度見た方も、愉快痛快な妖怪ヒーローコメディ『妖怪学園Y』を堪能してみてくださいね。 TEXT Asakura Mika.

次の

「妖怪学園Y ~Nとの遭遇~」が12月27日より放送開始 1話先行カットと豪華出演者情報が解禁

妖怪ウォッチワイ学園23話

Sponsored Links 【妖怪学園Y】主要キャラクターと元ネタ(前世)妖怪! 『 妖怪学園Y』のキャラクターと、それぞれの『 妖怪ウォッチ』の元ネタ妖怪をまとめます。 子どもの頃から霊能力 YSP能力)があった。 Y学園には、「 YSP基準」で推薦合格。 ちょっとおバカなところがあるが、仲間想いの熱いヤツ。 えんら先生からYSPウォッチを渡されており、変身できる。 YSPクラブを設立し、小間サン太夫たちとともに学園7不思議を解明していく。 ジンペイの元ネタ妖怪 は、 妖怪・ジバニャン。 【妖怪ウォッチ】 25話 ジバニャンの秘密 — 【妖怪ウォッチ】人気. 落語家の家系に生まれるが、落ちこぼれ。 ジンペイ同様、子どもの頃から YSP能力があり、見えないものが見えていた。 そのことでジンペイと意気投合。 Y学園には、ジンペイ同様「 YSP基準枠」で推薦合格する。 えんら先生にYSPウォッチを渡されており、変身できる。 小間サン太夫の元ネタ妖怪は、 妖怪・コマさん。 Y学園には「 YSP基準枠」で合格。 YSPクラブの紅一点で、自らもマドンナ的存在であることを自覚している。 YSPウォッチを所持し、変身できる。 姫川フブキの元ネタ妖怪は、 妖怪・ふぶき姫。 根は優しいが、弱みを握られ「番長」として扮し、恐れられる存在に。 ジンペイに助けられて以来、YSPクラブのメンバーと行動をともにするようになる。 正反対な性格の 九尾リュウスケが嫌い。 雷堂メラの元ネタ妖怪は、 妖怪・メラメライオン。 学園内で1,2を争うイケメンで、本人も自覚している。 YSPウォッチ『零式』を所持しており変身できる。 Y学園学園長の 大王路キンヤの娘。 寺刃ジンペイが好き。 大王路エマの元ネタ妖怪は、 エンマ大王。 不気味。 臼見沢ハルヒコの元ネタ妖怪は、 妖怪・ウィスパー。 色気がすごい。 園等なつきの元ネタ妖怪は、 えんらえんら。 そう😉妖怪ウォッチのえんらえんらがすごく好き。 謎多きキャラだったが、でラントが幼い頃、両親と妹が UFOと宇宙人に消された過去が明らかとなる。 UFO研究会に所属しているのはこの体験からであり、宇宙人とUFOに復讐するため USPクラブを利用しようと策をめぐらせている。 不良グループのトップだった過去を持つ。 『エイリアンウオッチ』を所持し、変身できる。 YSPウォッチの開発者でありY研の主任である天才科学者・雲池クマ子とは幼馴染。 クールに見えるが、実はクマ子のことを大切に思っている。 霧隠ラントの元ネタ妖怪は、 妖怪・オロチ。 エイリアンエイリアンとはちと違うんだよね。 Y学園の風紀委員長。 臼見沢ハルヒコを従えて、何やら企んでいる。 クマ子の開発した、人間に取りついた宇宙人を吸い出す装置にも反応がなかった来星ナユ。 彼女は宇宙人なのか?それとも、宇宙人に操られているのか・・・? 元ネタ妖怪はなし。 ボカロP・ ナユタン星人のイメージキャラ「 アンドロメダ子」がモデル。 【妖怪学園Y】雲池クマ子(くもいけ くまこ) みんな、もう起きてますかね?昨日は私少しだけ出ていましたね、後、これからは、私雲池クマ子、来星ナユさんもおはリプしますのでよろしくお願いしますね、では、おはようございます 雲池クマ子 — 大王路エマ:瑛真 DaiouziEma CV:石上静香 天才科学者であり、霧隠ラントの持っていた宇宙人のアイテムを解析した。 霧隠ラントとは幼馴染である。 Y学園には、学力基準で入学。 Y研の主任で、YSPウォッチの発明者でもある。 16話で、来星ナユの策略にはまり、Y学園を退学処分となる。 宇宙人の謎を解明するという使命のもとY学園に戻ることを決め、別人となるべく猛烈な努力の末にダイエットに成功。 超絶美少女・七雲クウカとなって、芸能基準で入学した学生としてY学園に戻ってくる。 【(49)】 「うんちく魔」 ランク :S しゅぞく:ウスラカゲ ひっさつわざ:うんざりうんちく地獄 うんちくばかり言うクマ妖怪。 聞いてもいないのに うんちくを語り出し まわりの人から 迷惑だと思われている。 クロックレディのキャラデザ良い。

次の