ヘリックス 開け方。 ヘリックスの開け方や痛みの程度は?位置や角度の決め方と注意点は?

ピアスの開け方、開ける位置は?ピアッサーや病院など方法別に解説

ヘリックス 開け方

ページコンテンツ• ヘリックスを開けてみよう! 男女ともに人気のあるヘリックスは耳の外側部分にホールを作るため、ピアスを外していれば、他のピアスよりもホールが目立ちにくいのが特徴です。 軟骨ピアスの中でも開けることが比較的簡単ですので軟骨ピアス初心者には一番おすすめの部位です。 イメージがあまり湧かない・・・位置をどうしようか迷っている・・・という人は以下のコーディネートまとめを見てみてください。 病院でヘリックスを開ける場合 衛生管理が整っている病院で開けるのが一番おすすめなので、もし近くにピアッシングを行なっている病院があり、価格に納得できれば病院を選ぶのがいいでしょう。 ヘリックスは人気のある部位なので、ピアッシングを扱っている多くの病院で開けることが可能です。 病院を選ぶ ヘリックスは最も人気の高い軟骨ピアスなのでピアッシングを行っている病院のほぼ全てで対応が可能です。 ただし、行動範囲内でしっかりとした病院があるとも限りませんので、正しい病院の選び方など、病院で軟骨ピアスを開ける前に絶対に知っておきたいことをまとめたので、必ず確認するようにしましょう。 病院で開ける際の相場 ピアッシングは保険適用外なので病院が好きに値段を決めることができるので一概には言えませんが、都内では9,000円〜10,000円程度で開けることができます。 病院で開ける際の注意点 唯一の注意点としては自分が思っていたイメージと仕上がりが違ってしまうことです。 多くの病院では実際にホールを開ける前に位置や個数、アレルギーなどに関する事前相談をすることができますので、自分がつけたいと思っているピアスや真似したいと思っているコーディネートの画像を持っていき、しっかりとイメージを伝えましょう。 もし、これといってイメージが無い場合は、素直に一番人気の位置に開けてくださいとお願いするのも良いでしょう。 軟骨ピアスを自分で開けることはそれなりのリスクがあるということを理解しておいてください。 初心者の方ように、自分で軟骨ピアスを開ける時にしてはならないことをまとめましたでの、続きを読む前に必ず確認してください。 ニードル14G or 16G• ニードルと同じゲージのピアス(シャフトの長さが8mm以上)• スキンマーカー(ピアス専用あるいは顔料インクのペンでも代用可能• 消毒液(薬局などで売っている市販のもので良い)• 清潔なコットン(綿棒などでも良い)• 抗生物質入り軟膏• 消しゴムかコルク• しかも、楽天などではなぜか販売が無く、 Wowma! でしか売っていないので注意が必要です。 ネット通販と聞くとクレジットカードが必要と思うかもしれませんが、コンビニ払いなどがあるので購入は可能です! ニードルで開ける手順 1, しっかりと手を洗う 石鹸などでしっかりと手を洗いましょう。 2, ニードルやピアス、消しゴムを消毒する 滅菌済のニードルで無ければ清潔な小さい器に市販の消毒液を入れて、ニードルとファーストピアス、消しゴムを漬けておきましょう。 3, 消毒液を開けたい部位に塗る コットンや綿棒に消毒液をつけ、表と裏の両方を丁寧に消毒しましょう。 消毒した後はむやみに開ける部位を触らないようにしましょう。 4, ニードルで開けたい部位にスキンマーカーで印をつける 特に両耳に開けたい場合は、左右で高さが異なったりすると見栄えが悪いので、必ず鏡などを見ながら印をつけ、可能ならば友達などにも確認してもらいましょう。 この手順をマーキングと言います。 ニードルに力を加えた時に耳が動いてしまってホールが斜めになってしまうので、開ける部位の裏に消しゴムをあてます。 片手で耳と消しゴムを固定し、ニードルを耳に垂直にして、ニードルをマーキングした印に合わせて一気に貫通させます。 貫通させた後は消しゴムは離してしまって大丈夫です。 このまま数分落ち着かせることでファーストピアスの付け替えがやりやすくなります。 6, ニードルの端にファーストピアスを当てて徐々にニードルを抜く ニードルを完全に抜いてしまうと、ホールが狭くなり、ファーストピアスを入れるのが痛くなってしまうので、穴が空いたニードルの尖っていない部分にファーストピアスの端をあてて徐々に抜いていきます。 ニードルの穴にファーストピアスがピッタリとハマるわけではないので、ゆっくりと慎重に抜きつつ、ファーストピアスを穴に入れていってください。 最後にキャッチをつけて完了です。 ヘリックスのアフターケア ヘリックスは髪の毛が引っかかりやすく、腫れやすいのでトラブルが起きやすい部位ですのでしっかりとアフターケアを行ないましょう。 基本的なアフターケアの方法は以下の記事に書いてある通りです。 ヘリックスの場合は安定まで個人差はありますが3ヶ月〜半年程度ですので、その間毎日しっかりとケアしましょう。 ヘリックスを開ける痛み 痛みは個人差があるので何とも言えませんが、ヘリックスは軟骨ピアスの中でも比較的痛みが少ない部位だと言われており、適切に開ければ耳たぶとさほど痛みが変わらないと感じる人もいます。 ただし、軟骨が耳たぶよりも固いため、慣れておらず貫通するまで時間がかかると痛いと感じるようです。 ただし、これはニードルで開けた場合の話です。 ピアッサーで開けると、衝撃でホール周辺の軟骨も損傷するため回復が遅くなってしまい、人によっては寝れないくらい強い痛みが続きます。 部位による痛みの違いよりも、開け方(ニードルかピアッサーか)による痛みの違いの方が圧倒的に大きいです。 ヘリックスを開ける際の痛みに関する個人的意見をいくつかご紹介するので参考にしてみてください。 ただヘリックスはすごく腫れましたね…あと開けて一ヶ月位は洋服脱ぐ時とか引っかかって痛かったです… — とみしん lespaultaro 耐えきれずヘリックスにふたつ。 アンテナヘリックス 縦 は開ける時痛くないけど髪がひっかかりやすいからなかなか安定しなくてずっと痛い。 開けた時の痛みの違い、安定速度は人それぞれだけど ピアッサーよりニードルのが楽です — うの LovesUno ヘリックスのファーストピアス ヘリックスは一般的になってきたとは言え、軟骨ピアスなのでイヤーロブ(耳たぶ)と比べればトラブルが起きやすい部位です! ファーストピアス選びを間違えると腫れてしまったり、最悪手術しなくてはならなくなったりするので慎重に、自分に合ったものを選びましょう。 詳しいヘリックスのファーストピアスの選び方はコチラで紹介しています。 結論だけ言うと、こちらの商品がおすすめです。 (14G用).

次の

ピアスを軟骨に開ける開け方

ヘリックス 開け方

もくじ• ピアスを開ける位置は? 初めてピアスを開ける人はどこに穴を開けようか悩んでいる人もいるかもしれません。 特に、一番外側のヘリックスは開けやすく、おしゃれな印象も強いため、イヤーローブの後に開ける人は多いです。 自分に合ったものを選ばないとトラブルに繋がる場合もあるので、選び方を確認しておきましょう。 素材 最近への感染を防ぐためにきちんと消毒されているものを選びましょう。 金属アレルギーが心配な人はヘッド、ポスト、キャッチのすべてが純チタンでできたファーストピアスを使うと、症状が出にくいです。 ポストの太さ ピアスのポストは太いものが適しています。 耳たぶを冷やす まずは、保冷剤を10分程度当ててピアスを開ける場所を冷やします。 10分経ったら、ピアスを開ける場所を触って感覚がなくなっているか確認しましょう。 冷やして感覚を麻痺させることによって、ピアスを開けるときの痛みを軽減できます。 消毒する ジェル状消毒液を耳たぶと手に付けて消毒します。 ピアッサーやニードルなどの道具はすでに消毒されているので、自分で消毒する必要はありません! 3. ピアスを開ける場所に印をつける 鏡を見ながらピアスを開ける場所を決め、マジックで印をつけましょう。 開ける瞬間の痛みが少なく、ピアッサーを使えば、初心者でも比較的簡単にピアス穴を開けられます。 位置を決める 印をした場所にファーストピアスの先端が当たるように位置を決めます。 耳たぶとピアッサーを垂直にする 耳たぶに対して垂直になるようにピアッサーの角度を調節します。 穴を開ける 器具を押し込んで穴を開けます。 中途半端に押すとピアッサーが途中で止まって穴が開かないので、思い切って押し込みましょう! 4. 消毒する ピアッサーを外し、ファーストピアスを付けた状態で耳たぶを消毒します。 血が出てしまったときはコットンやティッシュで軽く押さえてください。 針が空洞になっているので、耳たぶなどに負担がかかりにくいですが、使うのが難しいと感じる人もいます。 滑りを良くする ニードルを取り出し、ジェル状の消毒液を塗って滑りを良くします。 穴を開ける ニードルの先端を印に当て、押し込むようにして穴を開けます。 ファーストピアスを着ける 穴が空いたらニードルを押し出しながらファーストピアスを装着します。 消毒する ファーストピアスを付けられたら、消毒液を耳たぶに付けます。 血が出たら優しく拭きとっておきましょう。 ピアスを開けた後のケア ピアス穴を開けた後は適切な方法でケアし、穴を清潔に保つことが大切です。 ジェル状の消毒液を穴にのせてピアスを回すと、菌の繁殖を防げます。 ボディソープなどを十分に泡立てて優しい力で洗浄することがポイントです。 不安な人は病院でピアスを開けよう! ピアス穴は自分でも開けられますが、細菌感染などが心配な人は病院で開けてもらいましょう。 病院でピアス穴を開けてもらった場合、滅菌されている器具が使われるので安心ですし、トラブルがあったときは素早く対応してもらえるので、トラブルが深刻化する可能性が低いです。 また、病院で開けてもらうと、左右のピアス穴の高さが均等になるので、穴を開けた後に高さの違いに気づいてショックを受けることもありません。 病院でピアス穴を開ける場合、費用は両耳で5,000円から20,000円程度、皮膚科や形成外科、美容クリニックなどで対応してもらえます。 ピアス穴は正しい方法で開けてきちんとケアすることが大切です。 開け方やケアの方法に不安がある人は皮膚科などを受診し、医師に開けてもらうと良いでしょう。

次の

ピアスを軟骨に開ける開け方

ヘリックス 開け方

セルフでピアスを開けることで気をつけなければいけないことは、 衛生面の徹底とキレイにピアスが簡単に開けられることが重要です。 ちょっと待って! 痛くないことも大切なんじゃない? まあそれもありますが、開ける瞬間の痛さについては人それぞれの感覚ですので、痛いと感じる方もいれば、それほど痛くなかったって方もいます。 でも共通して言えることは開ける瞬間よりも、じつは開けた後の方が痛みを感じるんですね。 個人差はあるにしろ、結局は開けた後はどちらも痛みがあるってことです。 病院の方が痛くないってホント? 局部麻酔などをしない限りは、道具はニードル、ピアスガンやピアッサーで開けます。 開ける行為自体は一緒なのです。 よって開ける痛みも開けた後の痛みも、道具で多少異なるにしろセルフとほぼ一緒です。 医療機関でピアスを開けるメリットは、 まっすぐにピアス穴を開けてもらえること 開けた後のケアをしっかりしてくれること デメリットはというと、 施術金額がセルフならピアッサーやニードル&ファーストピアスなら両耳3000円程度ですが、その病院で値段に違いはありますが、倍以上はかかります。 しかも、開けた後の皮膚のトラブルに関しては、医療機関で開けても、あなた自身が開けたとして、 なる人はなるんです。 だってこれは、当人の体質や日頃のケアに委ねられるところが大きいからです。 それでは、本題に戻るとしましょう。 ずばり!ピアッサーとニードル、どちらで開ける方が良いのでしょうか? 時間をかけずにさくっと開けたいなら「ピアッサー」 綺麗な穴を開けたい、ホールの安定する期間を早くしたいなら「ニードル」 他にもそれぞれにメリットやデメリットがあるので、 こちらの記事を読んで、どちらのピアスの開け方が自分に合っているのか考えてみてくださいね。 ピアスの位置と個数は決まってる? ピアスの開ける位置と個数が決まっていないと、ピアッサーやニードルの用意する数も決まりません。 それに一度開けた穴を完全なキレイな皮膚に戻すことは出来ませんよ。 だから、開ける位置は慎重に決めないといけません。 スタッド、フック、スイング、フープなどあらゆるタイプのデザインピアスが似合う位置で考えると、 「 耳たぶ中央からやや下寄りに位置するところ」がベスト。 下の画像のピアスがしてある辺りです。 しかも、男女によって左右の開ける位置や個数に意味合いがあるので、そこんところも押さえておいてくださいね。 知らずに開けてしまって街行く人に勘違いされてしまうのも困るので、こちらの記事でしっかりとチェックしといてください。 ピアスの開ける時期はいつがベストか? これはこのウェブサイトに訪れてくださった皆さんがこれからピアスを開けたい!という人たちの役に立てればと自分がピアスを開けた時期を投票してくれたものです。 このアンケートの結果を見てください。 Poll Options are limited because JavaScript is disabled in your browser. このウェブサイトのユーザーさんは、男女含め18歳~24歳が30%、25歳~34歳が40%、35歳以上~30%の割合の方たちが見てくれています。 卒業や就職・転職シーズンの春先が多いのは予想していたのですが、夏場も意外と多いのが驚きです。 ピアスの開ける時期はその方の諸事情などが絡んでくるので、なかなか自分がベストと思った時期に開けられるとは限りません。 でも、開ける時期がいつであれ、開けた後のファーストピアス期間中のケアがしっかりできていれば、トラブルは回避できるのです。 ピアスを開けた後のケア方法については、この記事の最後に載せておきますね。 ファーストピアスの選び方 ピアッサーとニードルのどちらで開けるか、そして何個開けるか、いつ頃実行しようかが決まったら、 次はファーストピアス選びです。 ピアッサーを選べば、ファーストピアスは必然的に付いてきますし、ニードルを選ぶのであれば、ファーストピアスは別に用意する必要があります。 どちらにしても、ファーストピアスは必須です。 というわけで、つぎにそのファーストピアスの選び方を紹介していきます。 ピアスホールが安定するまでの間、ずっとつけっぱなしになるピアスなので、安全性を考えたものを選ばなければいけません。 安全性を考えたファーストピアスとして、以下の4つのポイントを押さえたものを選ぶと良いでしょう。 安全性を考えたファーストピアスの4つのポイント チタン製のファーストピアスに、キャッチ部分が医療用樹脂となっています。 ピアスポストの太さが1. 0mm(18G)、長さが8mmです。 穴を開ける位置が見やすく、挟んだまま固定できるピアッシング位置固定機能付きなので、真っ直ぐになっているか確認しながらピアッシングできます。 12色のスワロフスキーのカラーストーンが選べ、 覆輪タイプのピアスなので、就寝時や着替えの際に引っ掛かる心配が少ないです。 開けやすく、痛みも少ないようです。 ニードルにするなら 一般的なニードルは慣れていないと、ホールを作った後のファーストピアスを装着する作業で、うまく入れられずてこずってしまうことがあります。 そこで カヌラニードルを使いましょう。 カヌラニードルは刺してから針を抜くと筒が残るので、その筒にピアスを入れることにより、簡単にピアスを装着することができます。 鏡 卓上用の大きめの置き鏡が良いです。 綿棒やコットン 直接患部に手を触れずに消毒薬を塗るために使います。 消しゴムまたはコルク(ニードル使用のみ) ニードルを刺す耳の裏側に針を受けるために使用します。 2つのピアスの開け方 さて、いよいよピアスを開ける時が来ました。 ピアッサー、ニードルとそれぞれの開け方の手順を参考にピアッシングしていきましょう。 ピアッサーでの開け方の手順 1.消毒 開ける場所、今回は耳たぶを綿棒やコットンに付けた消毒薬で消毒します。 または石鹸で綺麗に洗っておきます。 その時に一緒に手も消毒しておきましょう。 ピアッサーは滅菌されていますので消毒は不要です。 2.マーキング 鏡を見ながら開けたい位置にマーキングペンなどで印を付けます。 両耳に開ける場合は、耳の形や位置が左右で若干違っていたりしますので、 鼻の位置を基準に左右のバランスを見ながら左右対象に見える位置を決めていくましょう。 開ける位置や意味については、もう大丈夫ですよね。 3.ピアッシング 机などの安定した場所に肘をついてピアッサーの持ち手の高さに合わせて耳たぶの位置を調節します。 そして、ピアッサーに内蔵されているファーストピアスの先端部分を、マーキングした「・」に合わせます。 鏡を見て、 ピアッサーの角度が斜めになっていないか確認しましょう。 耳たぶに対して直角にスタンバイされている状態です。 良ければ躊躇せずにピアッサーのボタンを押しきります。 「バチン」という音と共にピアッシングが完了です。 耳たぶにファーストピアスが貫通する痛さよりも、耳元で鳴るバチンという音の方がインパクト大です(笑) 耳たぶのピアッシングの映像はこちら この映像では、透明ピアスを使っていますが、ボクはおすすめはしていません。 理由はこちらの記事に書いていますので一読してください。 ニードルでの開け方(カヌラニードル) 1.消毒 綿棒やコットンに付けた消毒薬で耳たぶを消毒します。 または石鹸で綺麗に洗っておきます。 その時に一緒に手も消毒しておきましょう。 ニードルは滅菌されていますので消毒は不要です。 ファーストピアスは留め具を外して、両方とも消毒薬で消毒しておきます。 2.マーキング 鏡を見ながら開けたい位置にマーキングペンなどで印を付けます。 両耳に開ける場合は、耳の形や位置が左右で若干違っていたりしますので、 鼻の位置を基準に左右のバランスを見ながら左右対象に見える位置を決めていきましょう。 3.ピアッシング ニードルを袋から取り出し、 針の先端にスムーズに刺さるように消毒ジェルを塗ります。 ニードルの先端をマーキングした位置に当てたら、 反対側に消しゴムやコルクなどを当てる。 耳に対して垂直にニードルが当たっているか、鏡で確認したら、 グイっとニードルを耳たぶに押し込んで針を貫通させます。 針を抜くと筒が残るので、 その筒に用意したファーストピアスを入れていきます。 最後に留め具を付けて完了です。 開けた後のケアについて 開けた後のマキロンなどの刺激が強い消毒薬による消毒は絶対にしないようにしてください。 皮膚内部の組織を刺激して逆に治癒能力を低下させ、ピアスの安定を遅らせることとなります。 開けてすぐのピアスは極力動かさず、半日は放置しておいてください。 その日のお風呂の時に、 ピアスの先端部分と耳たぶの間、そして裏側のキャッチ部分と耳たぶの間、 この両方の隙間が密閉しないように、空気の通り道を作っておきます。 こうすることで、雑菌の繁殖やホール内部への侵入、金属アレルギーの予防となります。 毎日のケア方法やピアスホールの安定期間についてまとめた記事がこちらです。 さあこれで、ピアスの生活がスタートいたしました。 個人差はありますが、ピアスの安定までには3ヶ月ほどはかかることでしょう。 このファーストピアス期間中はしっかりとケアをしてくださいね。

次の