新 玉ねぎ の 保存 の 仕方。 収穫したタマネギのよい保存方法を教えてください。

新玉ねぎの保存方法!冷凍・ドレッシング・新聞紙からセレクト | 教えたがりダッシュ!

新 玉ねぎ の 保存 の 仕方

玉ねぎの保存方法の基本です。 まずは肥料を過剰に使用しない栽培が大原則です。 それから大事なのは貯蔵前の乾燥処理です。 倒伏して1週間が経過した玉ねぎがいいです。 晴天時に玉ねぎを収穫して1~2日天日干しします。 コンテナに保存する場合、葉鞘部(葉の部分)を切ります。 葉鞘は玉ねぎの頭から15~20cmほど残します。 葉鞘部が短いと、乾燥貯蔵中に球の上部が乾きすぎて肩落ちになり小さくなります。 葉鞘部を結んで吊るすということは合理的ということです。 葉鞘部を切った後も、畑でもいいので天日干しを半日~1日程度行ないます。 これで第1段階です。 この段階でも吊るせます。 それからコンテナなどに8分目程度の量に玉ねぎを入れます。 コンテナを雨があたらない日当たりと風通しの良い場所、下には空コンテナかパレットを置き風通しを確保し、その上にタマネギを入れたコンテナを積みます。 一番上段に日焼け防止のためコモなどを掛けます。 これで第2段階です。 この段階で吊るすとベストですが、たくさん栽培されている場合は、第1段階で吊るします。 乾燥終了の目安は、首の部分や根がからからに乾いていることです。 乾燥が終わったら風通しのよい場所へ移動して本貯蔵です。 ハウス内など高温の場所に長期間おくと黒カビ病が発生するので注意です。 中晩生種では、9月ごろから10月にかけて萌芽葉ができはじめるので、それまでに消費か販売を終えてください。 ご参考にしていただき、工夫して貯蔵してください。

次の

新玉ねぎの保存方法と期間。冷蔵庫や冷凍庫への入れ方は?食べ方は?

新 玉ねぎ の 保存 の 仕方

玉ねぎにとって湿気は玉ねぎを傷める1番の原因です。 そのため直射日光の当らない、風通しがよく乾燥した場所での乾燥が必須となります。 また、 1つ1つが触れ合わないようにすることが、長持ちの秘訣でもあります。 そこでおすすめしたいのが、ネットやストッキングを使って吊るして保存する方法です。 紐で縛って吊るすこともありますが、縛る手間を考えると、 通気性がよく、かつ袋状になっているので簡単にいれることができ、落ちる心配もないネットやストッキングがベストでしょう。 穴が空いたり、伝線して使えなくなったストッキングやみかんが入っているネットなどがあれば、捨てずに取っておくとお金もかかりません。 ぜひ取っておきましょう。 ネットやストッキング一枚につき、玉ねぎを一個使うのは現実的に難しいので、一枚あたりに複数の玉ねぎを入れることになります。 その場合にも、 一枚あたりに入れる玉ねぎの数はできるだけ少なくするように心がけてください。 3~5個程度がよいでしょう。 出来れば1個入れたら結び目を作り、1個1個に仕切りを設けて、それぞれの空間を作ってあげるように入れます。 そして吊るすときにも、他に吊るしているものと少しずつ高さを変えるなど、重ならないように工夫をすることが大切です。 たくさんの数の玉ねぎを、1個1個ばらばらに吊るす方法としては、1本の紐に複数の玉ねぎをずらして取り付け、それを吊るす方法もあります。 ただし、手間のかかる点がデメリットです。 まず、玉ねぎ1つ1つを新聞紙に包みます。 上述したように、 新聞紙には湿気を吸い取る効果があるため、湿気を苦手とする玉ねぎを新聞紙で包むことは、玉ねぎを湿気から守ることとなります。 しっかりと新聞紙で包んだら、あとは玉ねぎを段ボールやかごに入れ、風通しのよい日陰に置くだけです。 段ボールやかごの中に入れる時の注意点としては、玉ねぎをぎちぎちに入れず、 なるべく隙間を作ることです。 それぞれの玉ねぎがくっついた状態は、風通しが悪く、早々に傷んでしまう原因になるからです。 また、 1個でも腐った玉ねぎがあれば、すぐに取り除くようにしましょう。 玉ねぎの腐ってきた部分は、すぐに他の玉ねぎに伝染します。 放っておくと、あっという間に全て腐ってしまうこともあるので、こまめにチェックが必要です。

次の

新玉ねぎの保存方法は冷蔵庫で新聞紙?常温でのつるし方や保存期間、冷凍方法は?

新 玉ねぎ の 保存 の 仕方

上記にもあるように、新玉ねぎは一般的に年中販売されている玉ねぎよりも水分が多いため、気温が高くなればさらに傷みやすくなります。 そんなときにおすすめなのが、冷蔵庫に入れて保存する仕方です。 冷蔵庫に入れて保存する際には、新聞紙で包んでから袋などに入れて冷蔵庫に入れておきましょう。 冷蔵庫に入れることで温度や湿度が下がり、常温の通気性の良い場所で保存するよりも新玉ねぎを日持ちさせることができます。 特に、気温が上がってくるころに新玉ねぎを購入した場合などは、吸湿性のある新聞紙に包んで袋などに入れてから、常温保存ではなく冷蔵庫で保存するようにしましょう。 スライスしてから調味料に漬け込むことで冷蔵でも日持ちさせることができます。 手軽に作ることができるので、たくさん新玉ねぎがあるときに作ってみてはどうでしょう。 みじん切りにした新玉ねぎをお酢でマリネしたり、オリーブオイルなど自分好みのオイルに漬けることで、そのまま保存するよりも日持ちさせることができます。 マリネした新玉ねぎは、そのまま食べてもサラダなどほかの料理のトッピングにして食べても美味しくいただくことができます。 新玉ねぎの味にひと手間加えて、新たな味わいを楽しんでみるのもいいでしょう。 新玉ねぎをより長く日持ちさせるための方法には、冷凍庫で保存する仕方があります。 冷凍保存であれば、新玉ねぎを1ヶ月程保存させることができます。 冷凍保存する方法の1つに、みじん切りにしてから冷凍する仕方があります。 みじん切りにした新玉ねぎは、少しずつラップで包み密閉できる容器や袋に入れてから冷凍庫に入れましょう。 みじん切りにしておけば、ハンバーグなどみじん切りの玉ねぎを使用する料理にすぐに使うことができます。 また、サラダなどみじん切りにした玉ねぎをそのまま使用して料理することもできます。 使う量ごとに分けておくと、すぐに利用することができるので、小分けにして冷凍保存しましょう。 そのためには、新玉ねぎの厚みを薄くして平らにしてから冷凍することが大切です。 新玉ねぎを薄く平らにすることで早く冷凍できるだけでなく、偏らずに冷凍することができます。 冷凍保存する場合には平らにするようにしましょう。 また、金属製のトレイなどに乗せて冷凍すれば、普通に冷凍するよりも早く凍らせることができます。 新玉ねぎの保存方法に詳しくなろう! 新玉ねぎの保存方法について見ていきました。 新玉ねぎとは、収穫したばかりの玉ねぎのことで、一般的な玉ねぎよりも水分が多く傷みやすい食材です。 そのため、保存する際には湿度や通気性に注意しておかなければいけません。 新玉ねぎを保存する場合には、風通しが良く涼しいところに置くようにしましょう。 その際には、吸湿性のある新聞紙に包むといいでしょう。 また、新玉ねぎは常温で保存するよりも冷蔵庫に入れたり冷凍保存する方が日持ちします。 長く美味しい新玉ねぎを味わうためにも、どのようなところでどのように保存するのかなど、正しい保存方法を知って最後まで美味しくいただきましょう。

次の