熊谷正寿 自宅。 再び購入。「 一冊の手帳で夢は必ずかなう。」熊谷正寿。

在宅勤務をもっと推進していくための記事【テレワーク】│大葉せんせいの雑記ゼミ

熊谷正寿 自宅

レンタルサーバー事業などを手がけるGMOインターネットが復調している。 3年前には、消費者ローン事業の投資拡大が裏目に出て大赤字。 創業者の熊谷正寿会長兼社長が保有不動産を現物出資し、債務超過を辛うじて回避した。 それがここにきて元子会社のクリック証券を買い戻すなど積極姿勢に転換。 だが、一方で熊谷氏の周辺では骨肉の争いが勃発しており、穏やかではない。 熊谷正寿氏とほかの兄弟2人(康一、誠の各氏)との間で遺産争いが起きたのは一昨年のことである。 父親の新氏がその年5月に89歳で死去、12月になって公正証書遺言が開封されたところ、正寿氏にとっては不本意な内容だったようだ。 新氏は1957年に「熊谷興業」を設立、東京・神楽坂を地盤にパチンコ店やディスコ、映画館などを経営した。 実は新氏が40代でもうけた3人の息子の母親はすべて異なる。 新氏は66~71年、まだ幼かった3人を認知、生年月日の順に養子縁組し、籍に入れている。 長男・康一、二男・正寿、三男・誠の各氏は成人すると、熊谷興業に入社した。 國學院高校を中退した正寿氏が入社したのは81年のことである。 正寿氏は社長室長を務めたが、経営方針をめぐり父子の間で衝突が起きた。 90年に退社すると、正寿氏はテレマーケティングや自己啓発CDの製作といった事業を興す。 そして、90年代半ばに始めたインターネット関連事業が大当たり。 99年にインターキュー(現GMOインターネット)をジャスダックに上場させるという成功を収めた。 この間、正寿氏が抜けた熊谷興業では康一、誠の両氏が父親の新氏を支えた。 ひと頃は業績が厳しい局面もあったが、その後に持ち直したようだ。 現在は誠氏が代表取締役、康一氏が監査役を務めている。 さて、兄弟間の争いに発展した新氏の遺産はどんな中身だったのか。 目録によれば、熊谷興業株26%、上場株式3銘柄、新宿区内のマンション、それに3千万円余りの現金が、そのほぼすべてだ。 遺言ではこのうち正寿氏の相続分は現金3千万円とされていた。 遺言の中身もさることながら、正寿氏が不満を感じたのは、新氏が生前に熊谷興業株の約74%を、康一、誠両氏に売却していた点だ。 97年、新氏は康一、誠両氏に対して33%ずつを各450万円で売却。 買い取り資金は熊谷興業から年利3%で貸し付け、返済は給料天引きの30回払いとした。 2001年には7%を誠氏に追加で売却している。 正寿氏は生前に売却された熊谷興業株は実質贈与にあたり、それを加味すれば、新氏の遺産は50億円になると主張。 うち8億円相当を相続する権利があるとした。 この間の康一、誠両氏との話し合いは決裂。 今年8月、正寿氏は熊谷興業株17%の引き渡しを求めて提訴した。 裁判の行方はわからないが、客観的に眺めると、正寿氏は少し取り乱している感がある。 同氏が家業を捨てたのは動かしがたい事実。 新氏が康一、誠両氏を後継者と定め、熊谷興業株を託したのも頷ける。 97年当時、同社は債務超過にあり、売却額が不当に安かったわけでもなさそうだ。 その頃、GMOインターネットは日の出の勢い。 それが苦しくなり、正寿氏が改めて家業の資産に未練を覚えたようにも映る。 今年10月、GMOインターネットは3年前の現物出資で抱えた六本木の賃貸ビルを、「熊谷正寿事務所」に約27億円で売り戻した。 資金の流れは異なるというが、同時に実行したのが3年前に48億円で正寿氏に売却していたクリック証券株の買い戻しである。 金額は約53億円だった。 オーナーと会社の間をカネがぐるっと一回りした格好だ。 正寿氏が経営危機を私財提供で凌いだ件は、取引銀行も高く評価している。 ただ、そうしたことは同時に創業者依存の危うさを孕む。 だからこそ、今回の遺産争いも単なる個人的ゴシップでは片づけられない。

次の

GMOインターネットグループ:在宅勤務で浮いたオフィス経費を全パートナーに還元

熊谷正寿 自宅

今回は、GMO熊谷正寿さんの年収、資産や妻、娘や自宅についてなど見ていきたいと思います。 熊谷正寿さんは再婚で自宅は豪邸なのか!? あなたはインターネットを利用していますか? インターネットを利用していない人は今の日本では数%しかいないと思います。 昔はパソコンもかなり高価でインターネットを利用できる人はかなり限られていました。 しかし、スマートフォンが爆発的に普及し、パソコンも安価なパソコンが販売されるなどインターネットが一般に爆発的に広がりました。 そんな中インターネット関連の事業を行う企業も比例して増えました。 そんなインターネット関連事業で国内大手を誇る企業がGMOインターネット株式会社です。 その会社の代表取締役会長兼社長・グループ代表を務めているのが、熊谷正寿さんです。 では、そんな国内大手のインターネット関連事業会社のGMOインターネット株式会社とはどういった会社なのか、またその代表取締役会長兼社長・グループ代表ある、熊谷正寿さんとはどういった人なのか、見ていこうと思います。 では、早速。 熊谷正寿 GMO の経歴や武勇伝 熊谷正寿さんは、1963年7月17日生まれです。  出典 出身は、長野県東御市の出身です。 母方の祖母は、幕末の剣術家伊庭八郎を輩出した心形刀流宗家の伊庭家の傍系の出身で、祖父は、原敬(元首相)の側近とかなり名家の出身です。 また、父親は、神楽坂を中心に不動産、飲食店、パチンコ、アミューズメントを営む熊谷興業の創業者でもあります。 高校は、國學院高等学校に入学していますが、中退しています。 この高校は、偏差値は65ぐらいの高校で、かなりよく、それもトップの学力で入学したそうです。 しかし、それが裏目にでて、高校のときまったく勉強せず中退してしまったそうです。 そして、1980年父親が創業した熊谷興行に勤務します。 熊谷興行では、パチンコのチェーン店が経営不振に陥っているという話を聞き、ノリでそれを立て直してみせると若干17歳でパチンコ店の代表になり釘師としての技術も学び見事に立て直しました。 しかし、いきなり10代が指揮をとるわけですから、それまで働いていた40代や50代の従業員はやめていく人が多かったそうです。 その後、1991年に株式会社ボイスメディア設立し、ダイヤルQ2で出会い系コンテンツの配信と専用機器の販売をしていました。 その時まだまだ発展していなかったインターネットに注目し、インターネットインフラサービスに事業を集中させます。 そして1999年、株式店頭公開し、独立系のネットベンチャー企業としては国内初のJASDAQに株式上場します。 2005年6月にGMOインターネットに商号変更し、東京証券取引所市場第一部へ株式上場します。 また、かなりの数の関連会社が上場をしており、2015年には、「GMO メディア株式会社」が東京証券取引所マザーズ市場に上場し、GMOインターネットグループとして9社目が株式上場をします。 スポンサードリンク 熊谷正寿 GMO の年収や資産がエゲツない! 熊谷正寿さんが代表取締役社長を務めるGMOインターネット株式会社は、資本金が2016年時点で50億円、売上高が1350.26億円、総資産が5888.19億円、従業員が4471名とかなり大きい会社です。 そん会社の代表である熊谷正寿さんの年収や資産はいくらんでしょうか。 まず、年収ですが 約7億7,000万円あるそうです。 これだけの大きい会社の代表ですからこれぐらいは当たり前かもしれませんね。 さらに、総資産は 約390億円あるそうです。 もうちょっと次元が違いすぎてわかりません。 また、ファーブスが出している日本の富豪50人2014年ランキング一覧リストで、49位にランクインしています。 もうすごいとしかいいようがありません。 なにより父親の跡を継がず自身で起業したのもすごいところだと思います。 スポンサードリンク 熊谷正寿 GMO が結婚した妻 嫁 や娘はいかに? 現在熊谷正寿さんは結婚しています。 出典 熊谷正寿さんは、20歳で結婚し、21歳で女児が生まれています。 かなりはやく結婚し、子供に恵まれました。 しかし、このとき父親の会社で会社員として働きながら、家では夫として、また父親としての役割もこなし、さらに自腹を切って学費を払い、放送大学の聴講生として勉強も始めていました。 つまり社会人、夫、父親、学生という4役を一人でこなしていたこの時期は、本当に地獄のように忙しかったそうです。 また、お金がまったくなかったそうで、父親がかなり厳格でいつも熊谷正寿さんには、 「お前は一番長い時間、一番安く働きなさい」と言い聞かせていました、 その当時、安月給に加えて20時21時に帰ろうとすると怒鳴られるという感じだったそうです。 そして、家族で住んでいたアパートはもちろんボロで風呂なしだったそうです。 そんな時代嫁は、お金が無いから、子供を保育所に預けてアルバイトを始めると言って、アルバイト雑誌を片手に泣いていたそうです。 結論から言いますと再婚はしていません。 20歳で結婚し、今まで離婚はしていません。 若い頃に結婚すると離婚する人が多いとか、さらにはかなりの大金持ちになりいいよってくる女性も多いと思うのでこんな再婚さんて噂が流れたのかもしれませんが、熊谷正寿さんは嫁一筋の真面目人間です。 やはり1番苦労してきた時期を一緒に過ごしてきて、自分の悪いところもいいところもすべてを知っている今の嫁が一番いいんだと思います。 そんな2人の間に生まれた1人娘とももちろん仲良しです。 娘さんのインスタなどにはちょくちょく父親である熊谷正寿さんの話題が出てくるそうです。 熊谷正寿さんにとって娘さんは本当に大事な子供だと思いますし、きっと娘の言うことにはなんでもはいって答えてしまうのではないのかなと想像しちゃいます。 スポンサードリンク 熊谷正寿 GMO の自宅は豪邸!? 年収が7億あって、総資産が300億円を超えている熊谷正寿さんの自宅は一体どんなんでしょうか。 出典 昔は、お風呂もないボロアパートに住んでいましたが、現在はもちろんそんなことはありません。 ものすごい豪邸に住んでいます。 なんでも豪邸に住みたいと思ったのは、ソフトバンク代表の孫社長がきっかけらしく、孫社長に自宅に呼ばれ地下にあるゴルフの練習台を見せられたらしいのですが、その練習台のスクリーンには、ペブルビーチなど世界の有名コースが映し出され、セットすると、そのコースの1番ホールが映し出さるそうで、それで孫社長はいつも疲れを癒やしているそうです。 そんな自宅を見て、 「いつか、自分も豪邸を持ちたい」と思い、腹の底から闘志がわいてきたそうです。 現在の自宅にゴルフの練習台があるかどうかはわかりませんし、まだまだ孫社長の自宅には及びませんがそれでも昔と比べたら 100万倍ぐらいいい暮らしが出来ていると思います。 GMOインターネット株式会社のこと、熊谷正寿さんのことすこしはわかってくれたでしょうか? 名家に生まれ、父親は会社を経営しているという裕福な家庭に育った熊谷正寿さん、しかし、高校を中退し父親の元で働くも安月給で、嫁に泣かれる毎日。 そんなとき起業し、見事にヒットさせ、今では日本の総資産ランキング50位の中に入るほどに大金持ちになった熊谷正寿さん。 しかし、熊谷正寿さんはまだまだこれで満足なんてしていません。 これからGMOインターネット株式会社がどういったサービスをユーザーに提供してくれるのか、また熊谷正寿さん自身がどういったビジネスをこれからさらに展開していくのか、とても気になりますし、注目していきたいと思います。 以上、日本の実業家であり、GMOインターネットの代表取締役会長兼社長・グループ代表である、熊谷正寿さんについての情報をお届けしました。 最後までご覧いただきありがとうございました。 関連記事は下をスクロール! スポンサードリンク.

次の

GMOインターネットグループ:在宅勤務で浮いたオフィス経費を全パートナーに還元

熊谷正寿 自宅

ヤクザのオーラを出していると思います。 法令に違反する行為をマスコミに発表する熊谷がセレブなはずがありません。 給与を仮想通貨で支払うなどという労働基準法に抵触する言動をしている人物です。 実際は希望する従業員の給与から天引きして積み立てる財形貯蓄等の制度を利用すれば可能なことなのです。 賃金支払いは通貨払いの原則があります。 この通貨払いの原則とは,文字どおり,賃金は,「通貨」によって支払わなければならないとする原則であります (労働基準法第24条第1項)。 これは「強行法規」であり、会社と労働者との契約で勝手に決めることなどできません。 ここでいう「通貨」とは,強制通用力のある貨幣のことをいいます。 我が国でいえば,日本銀行券と鋳造貨幣,つまり,日本のお札とコインです。 現物支給とすると,その現物がはたして本当に賃金に見合った価値のあるものなのかどうかが不明確です。 通貨払いの原則にいう「通貨」とは,日本国内で強制通用力を有する貨幣である必要があります。 仮想通貨は日本国で強制通用力を有する貨幣ではありません。 ドル・ユーロ等外貨は日本国内で強制通用力を有する貨幣ではありません。 ですので、外貨による賃金支払いは,通貨払いの原則に違反するということになります。 手形や小切手などは,一般取引においては現金代替物として利用されていますが、通貨に当たるとは看做されていません。 これらによる支払いも通貨払いの原則に違反するということになります。 仮想通貨による賃金支払いが認められると商品券やプリベイトカードでも賃金支払いOKという道理になります。 使用者が通貨払いの原則に違反した場合,刑事罰として,使用者は30万円以下の刑罰を科されます(労働基準法120条1号)。 >最初に起業した会社は有料電話のダイヤルQ2の成人向けアダルトビジネスだったって本当ですか? 本当です。 こういう商売はヤクザでなければできません。 >ただダイヤルQ2が大ブームになって公衆電話にベタベタ違法なアダルト電話の広告を貼ってたエロ親父が金持ちになっただけ? エロかどうかは分かりませんがヤクザ上がりはヤクザ上がりです。 その証拠に個人情報は粗末に扱い、反省も自浄作用もありません。 情報が悪用されたなどの苦情はないという。 流出したのは、サイトの売買を仲介する「サイトM&A」というサービスに登録した企業や個人の名前、住所、生年月日、電話番号、メールアドレスなど。 9月中旬に、外部のウェブサイトに載っているとの社外からの通報で発覚した。 GMOによると、外部からの不正なアクセスで情報が流出した可能性が高いという。 GMOは「ご迷惑をかけ、おわびする。 情報管理の強化に努めていく」(広報)としている。 平成29年(2017年)11月1日(水)昼頃、アマゾンジャパンの電子書籍販売サイト「Kindleストア」に、GMOインターネットから漏えいしたとされる個人情報が販売されていたことが分かった。 販売ページはアマゾンジャパンにより14時ごろ削除され、現在はアクセスできないそうである。 販売ページの説明文には、「GMO」や「告発」、個人名などが書かれていた。 販売されていたのは、平成29年(2017年)10月30日(月)にあきらかになった、GMOインターネットの「サイトM&A」から漏えいした個人情報とみられる。 但し、漏えいした個人情報はファイル共有サイトなどで公開されていたため、個人情報を抜き取った犯人が販売したかどうかは不明である。 GMOインターネットに問い合わせたところ、 「個人情報が販売されていることを確認した。 アマゾンに対して削除を依頼し、警察にも連絡を入れた」 (広報)と回答した。 一方、アマゾンジャパンは「通常のプロセスでは出品時にチェックが働くが、今回どういう経緯で販売されたかは調査中」(広報)と回答している。 情報流出を確認したのは、ネットショップ運営サービス「カラーミーショップ」を利用中または利用したことがあるショップオーナーの住所や氏名など最大7万7385件。 一部はクレジットカード情報を含み、ショップの購入者に関する情報も流出した可能性があるとしている。 1月25日にセキュリティー専門機関から受領した調査結果によると、流出した(アクセスの証跡が残っていた)ショップオーナーのクレジットカード情報(カード番号)は22件、流出した可能性があるショップオーナーのクレジットカード情報は最大9430件(カードの番号や有効期限、最大7259件はセキュリティーコードまで含む)、流出した可能性のある購入者のクレジットカード情報は最大2711件(同、最大485件はセキュリティーコードまで含む)など。 このほか、ショップオーナーについてはクレジットカード以外の情報も流出を確認しており、ログインIDとパスワード(ハッシュ化済み)、住所、氏名、電話番号、生年月日、メールアドレスなどが最大7万7385件となる。 GMO全般についての評判です。 上記リンクにもあるようにGMOは世間の人達から嫌われています。 GMOというのは熊谷正寿というカリスマ経営者がいて、子分がいるという会社です。 熊谷正寿の影響力は非常に大きく、熊谷がコケたら会社自体の存続すら危ぶまれます。 GMOの社員を見るに謀略体質、顧客・投資家を大切にしない、人の迷惑など考えない、法令やモラルや人権を守ろうという姿勢に欠けているということが際立っています。 ヤクザ上がりの熊谷正寿がそういう人間ですから社員もそれを真似、社会に害毒を垂れ流しているということです。

次の