山口 智弘。 ものづくりの女性リーダー育てる:日経BP ESG経営フォーラム

山口智広

山口 智弘

どこが導入し、どんな実績を上げているのか。 独自調査で導入医療機関における各疾患の手術数、各領域の執刀医数などを詳細にリスト化し、手術数をランキングした。 219医療機関の詳細リストは本稿の5ページ目のリンク先からダウンロードできるので参考にしてほしい。 (ダイヤモンド編集部副編集長 臼井真粧美) 最新ロボット手術で足りないのは「人の手」 医者の争奪戦が始まっている この4月に板橋中央総合病院(東京都)へ移り、ロボット手術センター長となった吉岡邦彦医師の元には、引き抜きの誘いが絶えなかった。 大学病院からは「臨床教授としてぜひ。 手術だけしてくれれば、あとは何もやらなくていいので」。 ロボット支援手術を始めたい市中の病院からも「ぜひに」とアプローチが繰り返されてきた。 ロボット支援手術は、手術支援ロボット「ダヴィンチ」を使って行う手術だ。 患者の腹部に小さな穴を開けてカメラや手術器具を挿入する腹腔鏡手術を進化させたもので、より高いレベルの手術ができるため、メスを使った従来の開腹手術などから急速にシフトが進んでいる。 前立腺がんの手術では6割以上で選択されるようになり、今では主流となっている。 2018年度には公的医療保険の適用対象が一気に広がり、先んじて保険適用になった前立腺がんや腎がんに、食道がん、胃がん、直腸がん、肺がん、縦隔腫瘍、膀胱がん、子宮体がんなどが加わった。 吉岡医師は06年に東京医科大学病院(東京都)で前立腺がんの患者に対しては国内初となるロボット支援手術を行ったのを皮切りに執刀を重ね、累積手術数は2000例。 日本で最も多くロボット支援手術を行っている。 東京医科大学泌尿器科教授兼ロボット手術支援センター長を経て、14年に東京医科大学からの医者が多く勤務する新百合ヶ丘総合病院(神奈川県)へ、そしてこの4月に板橋中央総合病院へ移籍した。 同病院を選んだ理由は「家から通いやすかったから」と笑うが、数多くの医療機関を抱えるIMSグループの病院であれば大勢の執刀医を育てられると考えたのだ。 手術実績の多い医者をさらにもう一人連れて吉岡医師がやって来た板橋中央総合病院は、4月からロボット支援手術を開始した。 ダヴィンチは国内ではおよそ350台が導入されている。 大学病院ともなれば、今や未導入はほんの数施設。 導入する医療機関が急速に拡大したが、技術を持つ執刀医が足りない。 全国で経験のある医者の争奪戦が始まっている。 静岡がんセンターが人材を輩出 東京医科歯科、がん研有明などへ そんな中でロボット支援手術を多く手掛けてきた静岡県立静岡がんセンター(静岡県)は、人材輩出機関となった。 同センターから東京医科歯科大学医学部病院(東京都)が直腸がんでトップの手術数を誇る絹笠祐介医師を、がん研有明病院(東京都)が山口智弘医師を招いた。 彼らが移っても静岡県立静岡がんセンターが崩れることはなかった。 全国から患者がやって来るため手術数が多く、スタッフが充実し、次の医者がどんどん育っていたからだ。 他の病院へ移った医者たちは互いにつながりを保ち、最新の知見を共有している。 執刀する医者の間に技術格差があるように、手術の舞台となる医療機関にも格差がある。 技術を備えた医者を配し、チームとして手術をこなすスタッフをそろえ、態勢を整えることで評判を呼べば、より多くの患者がやって来る。 患者が多ければ医者の手術数が増え、技術レベルが上がる好循環が生まれる。 1台およそ2億円もするロボットを導入しても執刀医が少なければ、患者を集められずに宝の持ち腐れだ。 ダヴィンチを導入する医療機関が急増し、近隣の医療機関が手術数を増やす中、手術数を減らしてしまう医療機関もある。 それが続けば負の連鎖が生じる。 だから手術を受ける医療機関を選ぶときは、累積と最新年度の両方の手術数を照らし合わせるのがよい。 累積の手術数が多いということは、過去から積み上げた経験の蓄積があるといえる。 最新年度で多いということは、足元の態勢が整っていることになる。 ダイヤモンド編集部では、ダヴィンチを導入した医療機関にアンケート調査を実施し、18年度の1年間および累積のロボット支援手術数を尋ねた。

次の

ファイナンスへの無形資産価値評価モデル / 山口 智弘【著】

山口 智弘

大腸外科 論文 2017年 【英語論文】 原著論文 1. Yamakawa Y,Kusuhara M,Terashima M,Kinugasa Y,Sugino T,Abe M,Mochizuki T,Hatakeyama K,Kami K,Yamaguchi K. CD44 variant 9 expression as a predictor for gastric cancer recurrence:immunohistochemical and metabolomic analysis of surgically resected tissues. Biomedical Research. 2017;38:41-52. Yamaoka Y,Kinugasa,Shiomi A,Yamaguchi T,Kagawa H,Yamakawa Y,Furutani A,Numata M. Is it important to palpate lymph nodes in open surgery for colorectal cancer? Asian Journal of Endoscopic Surgery. 2017;10:143-7. Hino H,Yamaguchi T,Kinugasa Y,Shiomi AKagawa ,Yamakawa Y,Numata M,Furutani A,Suzuki T,Torii K. Relationship between stoma creation route for end colostomy and parastomal hernia development after laparoscopic surgery. Surgical Endoscopy. 2017;31:1966-73. Okamura Y, Sugiura T, Ito T, Yamamoto Y, Ashida R, Uesaka K. The optimal cut-off value of the preoperative prognostic nutritional index for the survival differs according to the TNM stage in hepatocellular carcinoma. Surg Today. 2017;47:986-93. Yamaguchi T,Konishi T,Kinugasa Y,Yamamoto S,Akiyoshi T,Okamura R,Ito M,Nishijima Y,Shiozawa M,Yamaguchi S,Hida K,Sakai Y,Watanabe M. Laparoscopic Versus Open Lateral Lymph Node Dissection for Locally Advanced Low Rectal Cancer:A Subgroup Analysis of a Large Multicenter Cohort Study in Japan. Diseases of the Colon and Rectum. 2017;60:954-64. Yamaoka Y,Kinugasa YShiomi AYamaguchi ,Kagawa H,Yamakawa Y,Numata M,Furutani A. Preoperative chemoradiotherapy changes the size criterion for predicting lateral lymph node metastasis in lower rectal cancer. International journal of Colorectal disease. 2017;32:1631-37. Yamaoka Y,Kinugasa Y,Shiomi A,Yamaguchi T,Kagawa H,Yamakawa Y,Furutani A,Manabe S. The distribution of lymph node metastases and their size in colon cancer. 2017;402:1213-21. 【和文論文】 原著論文 1. 内田恒之,賀川弘康,絹笠祐介,塩見明生,山口智弘,山川雄士. cT1大腸癌に対する内視鏡治療後の追加腸切除症例におけるリンパ節転移・遠隔転移再発の検討. 日本大腸肛門病学会雑誌. 2017;70:9-13. 松宮由利子,山口智弘,絹笠祐介,塩見明生,賀川弘康,山川雄士,沼田正勝,古谷晃伸,倉井華子,寺島雅典. 腹会陰式直腸切除術後の予防的抗菌薬と骨盤死腔炎についての検討. 日本消化器外科学会雑誌. 2017;50:265-73. 症例報告 1. 鳥居翔,塩見明生,絹笠祐介. 直腸子宮内膜症の悪性転化例に対してロボット支援下腹腔鏡下低位前方切除術を施行した1例. 2017;71:1473-77. 鈴木卓弥,山口智弘,絹笠祐介,塩見明生,賀川弘康,山川雄士. 腹腔鏡下に摘出した腹壁発生パラガングリオーマの1例. 2017;71:1671-75. 解説その他 1. 大木悠輔,絹笠祐介. 臨床外科. 2017;72:115-15. 松宮由利子,絹笠祐介,塩見明生,山口智弘,賀川弘康,山川雄士. 特集 機能温存術式の最新情報 機能温存に配慮した側方リンパ節郭清を伴う腹腔鏡下低位前方切除術. 2017;71:49-55. 松宮由利子、賀川弘康、絹笠祐介. 消化器外科. 2017;40:295-01. 長澤芳信,絹笠祐介. Intestine. 2017;21:267-71. 眞部祥一,絹笠祐介. 2017;79. 420-22. 日野仁嗣,絹笠祐介,塩見明生,山口智弘,賀川弘康,山川雄士,沼田正勝,古谷晃伸. 特集 いらすとでわかる!消化器手術における最適な剥離層 腹腔鏡下結腸右半切除術における剥離層の選択. 日本臨床外科学会雑誌. 2017;72:804-9. 大腸外科 大腸外科•

次の

山口敬之氏はなぜメソメソ泣いて会見しないのか

山口 智弘

「勝訴」の旗を持って判決を報告する伊藤詩織さん=2019年12月18日、東京・霞が関の東京地裁前 東京地裁は「酩酊状態にあって意識のない原告に対し、合意のないまま本件行為に及んだ事実、意識を回復して性行為を拒絶したあとも体を押さえつけて性行為を継続しようとした事実を認めることができる」とし、山口氏による「合意があった」という主張を一蹴。 その上で山口氏の供述に対しては「不合理に変遷しており、信用性には重大な疑念がある」と指摘した。 その後、山口氏はこの判決を受けた会見の中で「本当に性被害に受けた人から聞いた」という文脈で「本当に性被害に遭った方は『伊藤さんが本当のことを言ってない。 こういう記者会見の場で笑ったり上を見たり、テレビに出演して、あのような表情をすることは絶対ない』と証言して下さったんです」と述べ、伊藤氏の態度は嘘をついている態度であると主張した。 さて、不思議なのだが「本当の被害者であれば、あんなことをしない」というならば、なぜ、女性に「性的被害をでっち上げられた被害者」であると主張しているはずの山口氏は、メソメソ泣いて会見をしていないのだろうか? 信頼して一緒に酒を飲んで、更に倒れたところを介抱してあげて、更には愛し合ったにもかかわらず、後からさもレイプ犯であるかのように主張されたとしたら、僕なら裏切られたことが悲しくて、毎日枕を濡らして過ごすことになるだろう。 ところが、山口氏は涙の跡一つもなく会見に挑んでいる。 山口氏の主張が本当なら、被害者である山口氏自身があのような、良く言えば堂々とした、悪く言えばふてぶてしい態度でいられるはずがないのである。 彼は本当に被害者なのだろうか? 僕には山口氏が本当の被害者であるとは思えないのだ。 と、当てつけのような解釈をしてみたが、このような「被害者らしくない態度だから、その人は本当の被害者ではないだろう」という批判は、どのようにでも作り出すことができるし、なんとでも言い換えることができる。 山口氏は「記者会見で笑った」ということを本当の被害者ではない理由として述べたが、これと同じように、もし被害者が泣いていれば「涙で同情を誘おうとしている!」と言い換えることができる。 他にも怒っていれば「冷静な状態ではないから不愉快。 誰も感情的な人の話など聞こうとしない」。 そして冷静でいれば「どうして被害に遭ったのに冷静でいられるのか?」と、いくらでも「本当の被害者ではないという証拠」を被害者の態度から「創作」することができるのである。

次の