楽天anaマイレージクラブカード デメリット。 楽天ANAマイレージクラブカードはおトク?メリット・デメリットは? | お金のハナシ

楽天ANAカードのメリットとデメリット

楽天anaマイレージクラブカード デメリット

今回はANAとコラボしている楽天カード、 楽天ANAマイレージクラブカードを紹介します。 楽天カードと比較して どのようにスペックが異なるのか、 どんな方向性を持ったクレジットカードであるかをお伝えします。 名前からもわかる通り、航空会社であるANA関連のサービスもお得に利用できるので、旅好きな方には要チェックの楽天カードです。 楽天ANAマイレージクラブカードならではの カード4枚相当の多機能性、 楽天ポイントとマイルの互換性など、気になる点もバッチリフォローしています。 また、こちらでその他種類のカードも同じく無印と比較解説していますので、合わせてお読みください。 楽天ANAマイレージクラブカードとは? 楽天ANAマイレージクラブカードとは、楽天カードの中でも 航空会社であるANAと提携したクレジットカードで、飛行機の利用や旅行での利用が大変お得になるサービスを提供しています。 より楽天カードとしての性能を追求したプレミアム楽天カード、女性向けサービスに特化した楽天PINKカード等ある中で、こちらはフライト、引いては ANAを利用する方ピンポイントに向けた楽天カードです。 その主な内容は以下の3点です。 4つのカード機能が搭載されている• 楽天ポイントとマイルの互換性• ANAマイレージモールと楽天市場でポイントの二重取りが可能 4つのカード機能が搭載されている それぞれ解説していきますと、4つのカード機能とは、 楽天カード(クレジット機能)、 Edy(電子マネー機能)、 Rポイント(楽天ポイント機能)、 ANAマイレージクラブのことを指し、これらが 複合して1枚で使えるようになったものが楽天ANAマイレージクラブカードです。 楽天カードはとEdyは言わずもがな、品物の購入や各種お支払いに利用出来、そこにRポイントとANAマイレージクラブ機能があるために両得なポイントを貯めることが可能となっています。 勘違いさせないために補足しておくと、このポイントはコースで勘案されており、 両方のポイント制度を同居させることは出来ません。 つまり、楽天ポイント制度とマイル制度の併用は不可(通常は)で、楽天コースを選択中は楽天ポイントがたまり、ANAコースを選択中はマイルが貯まる仕様です。 それぞれANAは200円で1マイル、楽天スーパーポイントは100円で1ポイントとなっています。 ですが、一度コースを決してしまったら片方しか利用できないというわけではなく、 途中でもコースの変更が可能となっています。 また、後述する方法で 両者一挙にポイントを貯める裏技的な二重取りも不可能ではありません。 それでは無印の楽天カードと楽天ANAマイレージクラブカードとの違いを見てみましょう。 この倍率でもらえるポイントは期間限定で利用する必要あり。 各特典 楽天カード 楽天ANAマイレージクラブカード 最高利用限度額(ショッピング) 100万円 楽天グループの優待サービス なし 空港ラウンジサービス なし ANAマイレージクラブ機能が搭載されており、「楽天スーパーポイント」または「ANAマイル」で好きなコースを選択可能。 ですが、ANAマイレージクラブに相当する部分では、無印楽天カードには同サービスが全く備わっていないので、 空港ラウンジサービスではずば抜けて有利です。 言い方を変えれば空港ラウンジサービスに魅力を感じないのであれば、他のカードを検討した方がより実用度も高いものと思われます。 マイレージクラブカード独自の内容を見てみるとさきほど紹介した ポイント貯蓄のコースを任意に変更できること、 スキップサービスなる便利なサービスが利用できることがわかります。 こうした点で、普段使いに加えて海外出張や特別なレジャー時に賢く利用できるのが楽天ANAマイレージクラブカードなのです。 利用額に対してどのような返済額を辿るのかの指標も用意したので、航空代としていくら利用するとこんな返済になるのか、など想像しながらお読みください。 ANAマイレージモールと楽天市場でポイントの二重取りが可能 通常であれば楽天ポイントとマイルの二重取りは不可能だとお伝えしましたが、実は あるサイトを経由すると 夢の二重取りが可能となります。 そのサイトとは、ANAグループのサービスである ANAマイレージモールです。 ANAマイレージモールとは、言ってしまうと ポイントサイトのような性質を持っていて、ここを経由して利用したサービスには経由先での利用とは別にマイルが貯まる仕組みがあります。 わかりやすく二重取り出来る例と出来ない例で見ていきましょう。 もちろん、ANAマイレージモール自体は楽天グループのサービスだけではなく、ヤフーショッピングや旅行サイトのじゃらん、または飲食店など多岐に渡って利用でき、ご活用いただけます。 楽天カードよりも優れている点 やはり、楽天サービスにプラスして ANAグループのサービスもお得に利用できる点は優れています。 通常であれば楽天カードとANAマイレージクラブで別々に利用をし、ポイントもそれぞれ獲得、活用していかなければなりません。 しかし、こちらではさきほど紹介したようにANAマイレージモールを経由して楽天市場で品物を購入すると、 それぞれにポイントが付与されます。 例えば、1,000円のものを個別に利用(つまり2,000円)して購入すると、 楽天で10ポイント、 マイルで5ポイント獲得できます。 対して、楽天ANAマイレージクラブカードであれば、2,000円購入した場合、 楽天で20ポイント、 マイルで10ポイント貯めることが可能。 単純計算でこのカードを利用するだけで 2倍ものポイントを貯めることができます。 さらに楽天カード自体にポイント4倍の期間限定ポイントが付いてくるので、どれだけお得であるかはもはや言うまでもありません。 また、既出の ポイント互換制度によってポイント制にありがちなポイントが偏ってたまってしまい、利用する機会もなく無駄になることもないのです。 楽天で使いたい時はANAマイルから移し、ANAでポイントを消費したい場合は同じく楽天ポイントから交換が可能です。 他に楽天カードにない機能と言えば、やはり、空港カウンターでの搭乗手続きが不要となる スキップサービス。 時間がかかって煩わしい搭乗までの時間を短縮し、直で保安検査場まで進むことができます。 楽天カード全般に言える新規入会特典のポイントも、実は無印のカードよりも多く、楽天カードが5,000ポイントなのに対し、楽天ANAマイレージクラブカードでは、 最大9,000ポイント(相当)もらうことが可能。 新規入会特典が2,000ポイント、カード利用特典が3,000ポイントとここまでは楽天カードと同じで、ここへ ANA楽パック(航空券+宿)の予約時に利用できる4,000円分のクーポンを受け取れます。 さらに期間限定ではありますが、上記特典に加えて 500円分のEdy電子マネーが自動付帯、つまりチャージされます。 ただただ楽天ANAマイレージクラブカードを申し込むだけでこれほど特典を受け取ることが出来るので、とりあえず持っておくか程度でも作っておいて損のないクレジットカードです。 仮に年間を通して一度も利用しなくとも、 初年度に関しては年会費無料なので、本当に損をすることはありません。 ポイント特典の例で言えば、まず新規入会だけで2,000円ポイントがもらえ、そのポイントで何かを購入すれば3,000ポイントももらえる寸法です。 さすがにわざわざ宿泊や航空券を利用するのが嫌だという方でも、これぐらいの労力であれば利用しても良いと思えるはずです。 獲得していても、クーポンが表示されない場合、クーポンの利用条件などを確認してください。 (予約条件が一致しない、有効期限を過ぎているなど) クーポンを利用のする際は、「RaCoupon(ラ・クーポン)の使い方」ページに記載されているルールを確認の上使用してください。 クーポンは、楽天トラベル(サイト上)での予約時にのみ利用可能です。 いずれかの事情により、予約時のSTEPで割引クーポンが利用できなかった場合でも、予約成立後など後から利用することはできません。 また、クーポンを印刷してチェックイン時にお持ちいただいても割引することはできません。 ANA楽パックは出発の前日16時59分まで予約可能です。 それこそ楽天で1,000円程度のものをポイントでタダ買いして良いですし、年に一度ANAを利用して旅行に行くだけで大丈夫です。 むしろ、540円支払ったとしてもお釣りがくる機能性を有しているので、 実質無料で利用できるだけでも大変なお得感です。 楽天ANAマイレージクラブカードを絶対に申し込まなきゃ損な人 ずばり、楽天ANAマイレージクラブカードを絶対に利用した方が良い人は、 頻繁にANA航空を利用する方です。 または 楽天系列のサービスとANA系列のサービスをそこそこ利用する人でも良いです。 とにかく片方だけで利用するよりもポイントの二重取りが出来る方が圧倒的に還元率が高くなります。 ポイント付与率=現金がその分浮いているものと思ってください。 例えば、現状それぞれ別々に利用している方は楽天ANAマイレージクラブカードを利用している場合と比べ、 2分の1のポイントしか受け取れていないことになるのです。 つまりは損をしているのと同じではないでしょうか? 飛行機や宿泊となると利用金額も多いですし、申し込んで活用するのが早ければ早いほど得になります。 特に両者を結ぶサービスとして、 ANA楽パッククーポン特典の存在があります。 こちらはANA国内航空券にプラスして宿泊分に対してもセット割引が出来るうえ、申し込みは楽天トラベルから行うことになるので、まさにANAマイレージクラブカードの神髄です。 なので、職業柄各地を飛び回る方、旅行や遠出が好きな方にはジャストヒットなクレジットカードです。 対してあまり航空関係に縁がない、外出しない場合は冒頭でも紹介した他の楽天クレジットカード群を検討してみてください。 ポピュラーなものであれば 無印の楽天クレジットカード、少しロイヤルなものが欲しければ 楽天ゴールドカード、最上級クラスのクレジットカードが良ければ 楽天プレミアムカード、学生さんはード 楽天カアカデミー、女性は 楽天PINKカードがおすすめです。 楽天ANAマイレージクラブカードで目指せ夢の無料旅行 今回は 飛行機に関する利用でのお得に特化した楽天カードをお届けしましたが、専門性の高いクレジットカードだけあって、 重点的に利用した場合の還元率は目を見張るものがあります。 それこそ毎月1回は旅行に行くという方であれば、紹介したANAマイレージモールから楽天トラベルを利用し、入会特典でもらえるANA楽パックのクーポンを上手に活用すれば、 年に一回はポイント消費で無料旅行も夢ではありません。 ポイント二重取りに加えて楽天トラベルでのポイント付与が大変高い(カードの倍率が乗る)ので、キャンペーンも随時併用すれば 全体で2、3割は還元されるのではないでしょうか? 還元されたポイントはさらに旅行へつぎ込んでも良いですし、ポイント交換サービスを利用して別のことに回しても満足感があります。 ぜひ、楽天ANAマイレージクラブカードで、出費なしのスキップサービスを利用して優雅な旅行を目指してみてください。

次の

楽天ANAマイレージクラブカード|楽天カード

楽天anaマイレージクラブカード デメリット

楽天ANAマイレージクラブカードの7つの特典・メリット• 楽天ANAマイレージクラブカードには、通常の楽天カードの機能に加えてANAマイルが貯まるさまざまな特典が付帯します。 ここでは、 楽天ANAマイレージクラブカードの特典やメリットを7つ紹介します。 まずは、このカードの利点を確認しておきましょう! 獲得できるポイントを楽天スーパーポイントコースとANAマイルコースから選択可能!コースの切り替えもできる 楽天スーパーポイントコース 100円利用ごとに1ポイント ANAマイルコース 200円利用ごとに1マイル 楽天ANAマイレージクラブカードは、 コースを選択することで獲得ポイントを変更できます。 そのため、楽天スーパーポイントを貯めてお会計をお得にしたい方は『楽天スーパーポイントコース』、ANAマイルを貯めたい陸マイラーの方は『ANAマイルコース』を選ぶのがおすすめです。 また、コースは会員ページの『』からいつでも変更できます。 自分のライフスタイルに合わせて好きなコースを選びましょう! 楽天市場の利用でポイントが最大3倍!ANAマイレージモールから楽天市場経由すればさらにお得に 楽天市場利用 100円利用ごとに3ポイント貯まる ANAマイレージモール経由で楽天市場利用 200円ごとに1マイルと2ポイント貯まる 楽天ANAマイレージクラブカードは、 楽天市場での買い物に利用するとポイントが最大3倍になります。 また、『』を経由して楽天市場を利用すると、200円ごとに1マイルと2ポイント貯まります。 ANAマイル1マイルには楽天ポイント2ポイントの価値があるので、実質ポイントが4倍とお得です。 楽天市場を利用して、楽天スーパーポイントやANAマイルを効率よく貯めましょう! ANAマイレージモールでは楽天市場以外にもさまざまなネットショッピングサイトでマイルを貯められます 楽天トラベル利用でポイント最大2倍!ANA楽パックも利用できる 楽天ANAマイレージクラブカードは、 楽天トラベルで利用するとポイントが最大2倍になります。 楽天トラベルは総合旅行サイトで、宿泊予約や航空券予約が可能です。 また、楽天トラベルでは、 楽天スーパーポイントとANAフライトマイルが貯まる『ANA楽パック』を利用できます。 楽天ANAマイレージクラブカードを使ってポイントやマイルを貯めながら、旅行を楽しみましょう! ANAマイレージクラブ機能を搭載!マイル統合や搭乗手続きSKIPができる 楽天ANAマイレージクラブカードが利用できるANAマイレージクラブ機能• 所有している複数枚のANAマイレージクラブカードのマイル口座を統合できる• ANA国内線の空港カウンターの手続きをSKIPできる 楽天ANAマイレージクラブカードは、 ANAマイレージクラブ機能を搭載しています。 複数のマイル口座があるときその口座を1つにまとめ、ANAマイルを交換しやすくできます。 また、 ANA国内線の空港カウンターの搭乗手続きが不要になり、搭乗までの時間を短縮可能です。 楽天ANAマイレージクラブカードを利用して、ANA線の利用を便利なものにしましょう! 年会費が初年度無料!2年目以降も年1回の利用で無料になる 初年度 無料 2年目以降 年1回のカード利用で無料 楽天ANAマイレージクラブカードは、 年会費が初年度の年会費が無料のカードです。 また、 2年目以降も年1回のカード利用で無料になります。 そのため、実質的に年会費が永年無料のカードとして利用できます。 また、 付帯保険は家族カードにも付帯するので、家族での旅行時にも安心です。 楽天ANAマイレージクラブカードを1枚持っておけば、ANAマイレージクラブ機能と海外旅行保険を両立できますよ! 楽天Edyを無料で搭載できる 楽天ANAマイレージクラブカードには、 電子マネー『楽天Edy』を無料で搭載できます。 楽天Edyはプリペイド型の電子マネーで、楽天ANAマイレージクラブカードでチャージ可能です。 楽天Edyを使うことで、会計時にカードをかざすだけでスムーズに会計できますよ! 楽天ANAマイレージクラブカードの3つのデメリット・注意点を知っておこう 楽天ANAマイレージクラブカードにはさまざまな特典がついてきますが、注意しなければならないデメリットも存在します。 ここでは、 楽天ANAマイレージクラブカードの3つのデメリット・注意点をまとめました。 楽天ANAマイレージクラブカードの欠点も知っておき、上手にカードを利用しましょう! 楽天ANAマイレージクラブカードの3つのデメリット・注意点• ANAカードと違いフライトマイルにボーナスが付かない 楽天ANAマイレージクラブカード フライトマイルのみ ANA一般カード フライトマイル+ボーナスマイル10% ANAゴールドカード フライトマイル+ボーナスマイル25% 楽天ANAマイレージクラブカードは、 フライトマイルにボーナスがつきません。 ANAカードだと一般カードでは10%、ゴールドカードでは25%のボーナスがつくので、その点ではANAカードに劣っていると言えます。 年に何度も飛行機を利用するという人は、ANAカードを発行しましょう。 空港のラウンジの無料利用ができない 楽天ANAマイレージクラブカードは、 空港ラウンジの無料利用ができません。 楽天ANAマイレージクラブカードを利用する人は、マイルを貯めて飛行機を利用したいという人が多いと思うので、空港ラウンジが利用できないのは不便と言えます。 空港ラウンジを無料で利用したい人はゴールドカードを発行しましょう。 楽天スーパーポイントとANAマイルの特徴• 楽天ANAマイレージクラブカードは利用することで、楽天スーパーポイントとANAマイルが貯まります。 ここでは、そ れぞれのポイントの仕様についてくわしく解説しました。 そのため、楽天市場の利用で貯まった楽天スーパーポイントをマイルに交換したり、ANA線に搭乗して貯まったANAマイルを楽天スーパーポイントに交換することが可能です。 また、 手数料もかからないので気軽に交換できます。 ただし、ANAマイルから楽天スーパーポイントに交換すると、 ANAマイルの価値が半分になってしまいます。 できるだけ、楽天スーパーポイントをANAマイルに交換するのがおすすめですよ! 楽天スーパーポイントの期間限定ポイントはANAマイルへの交換ができない 楽天スーパーポイントには、通常ポイントと期間限定ポイントの2種類が存在します。 そして、 期間限定ポイントはANAマイルへの交換ができません。 期間限定ポイントを使いたい人は、他の方法で消費しましょう。 期間限定ポイントは楽天Payにチャージして消費するのがおすすめです ANAマイルの有効期限は3年!楽天スーパーポイントは1年だが獲得のたびに自動で延長される 楽天スーパーポイント 有効期限は1年 獲得のたびに自動で延長 ANAマイル 有効期限は3年 延長できない 楽天ANAマイレージクラブカードで獲得できるANAマイルの有効期限は3年となっています。 また、楽天スーパーポイントは有効期限が1年ですが、 新しくポイント獲得するたびに有効期限が延長されるので、実質的に有効期限なしのポイントとして利用可能です。 ANAマイルの有効期限が気になるという人は、普段は楽天スーパーポイントを貯めて、必要になったらANAマイルと交換するといった使い方がおすすめですよ! 貯まった楽天スーパーポイントはカード請求額の割引や楽天ポイントカード加盟店での買い物で使える ANAマイルの主な使いみち• ANA国内線航空券と交換• ANA国際線航空券と交換• ANA国際線をアップグレード 貯まったANAマイルは ANAの航空券と交換できます。 国内線なら片道5,000マイルから、国際線なら片道6,000マイルから交換可能です。 また、片道9,000マイルから ANA国際線の座席をアップグレードすることもできます。 陸マイラーの人は、月々の買い物でマイルを貯めて、無料で空の旅を楽しみましょう! 楽天ANAマイレージクラブカードの評判をチェックしておこう! カードの使い勝手を知りたい人は、実際の利用者の声を聞くのがおすすめです。 ここでは、 楽天ANAマイレージクラブカードを実際に利用していた人からの評判・口コミをまとめました。 悪い評判・良い評判の両方をまとめているので、総合的に判断してくださいね! 良い評判・口コミまとめ• 楽天市場など楽天系列のサービスを利用しているとポイントがどんどん貯まる• ANAを利用することでフライトマイルをもらえる• 楽天スーパーポイントを手数料無料でANAマイルに交換できる まず悪い評判ですが、 楽天ANAマイレージクラブカードに悪い評判はほとんどありませんでした。 少数ですが、「1年間に一度も利用しないと年会費がかかる」「デザインが良くない」といった口コミはありましたが、普通に利用していたら年会費がかかることはありませんし、デザインの好みについては個人差があります。 つまり、 利用する上での欠点はあまりないカードと言えます。 次に、良い評判についてですが、 楽天市場で買い物をしていたらどんどんポイントが貯まったという声が多くありました。 また、 手数料無料でポイントをマイルに交換できる点も評価が高かったです。 さらに、 ANAを利用することでフライトマイルをもらえるので、出張などで飛行機を利用している人はお得になったようですね。 総合すると、 楽天サービスを利用する陸マイラーの人にぴったりの1枚と言えます。 最後に、 楽天ANAマイレージクラブカードに関する疑問や質問をまとめました。 それぞれくわしく解説しているので参考にしてくださいね! 楽天ANAマイレージクラブカードのまとめ• 楽天スーパーポイントとANAマイルが貯まる!相互で交換可能!• ANAマイレージクラブ機能を搭載!搭乗手続きSKIPで搭乗までの時間も短縮• 年会費が実質無料!• 最高2,000万円の海外旅行保険が付帯する• 楽天サービスをよく利用する陸マイラーの人におすすめ ここまで、楽天ANAマイレージクラブカードのメリットやデメリット、実際の利用者の評判をまとめました。 これで、楽天ANAマイレージクラブカードが自分にあっているのかよく分かったと思います。 楽天ANAマイレージクラブカードは 楽天系列のサービスをお得に利用しながら、マイルを貯められるカードです。 そのため、 楽天サービスを利用しながらANAマイルを貯めたい陸マイラーの方にぴったりの1枚と言えます。

次の

楽天anaマイレージカードと楽天カードはどっちが賢くおトク??

楽天anaマイレージクラブカード デメリット

目 次• 楽天ANAマイレージカードとは 楽天ANAカードは、楽天カードにANAマイレージクラブの機能を加えたカードです。 基本は楽天カードと同じで、楽天カードで貯まるのは楽天ポイントですが、それをANAマイルで貯める事が出来ます。 ただし交換する手間がかかるので、その手間を省けるようにしたのが楽天ANAカードという感じですね。 楽天ポイントをANAマイルに変える人が多かったために、ユーザーの利便性を考えて楽天ANAカードを作ったのでしょうね。 楽天ANAカードは「ANAカード」ではない 勘違いをする方も多いですが、楽天ANAカードはANAが発行している「ANAカード」ではなくて楽天カードになります。 したがってANAマイル提携店での利用でマイルが貰えたり、飛行機搭乗ボーナスやANAフェスタなどでの優待は一切ありません。 当然審査もANAカードではなくて楽天カードになります。 楽天カードよりもANAマイルが貯まりやすい? 楽天ANAカードにしても、ANAマイルがより多く貯まるようにはなりません。 楽天ポイントは2ポイント=1マイルのレートで交換出来ますので、楽天ポイントが2ポイント貯まる際に1ANAマイルとして貯める事が出来るようになっているだけです。 楽天カードを200円利用すると楽天ポイントが2P貯まりますが、1ANAマイルとして貯める事が出来るようになっているという事です。 楽天ポイントをANAマイルに交換する手間を省けるようにしたのが楽天ANAカードになりますので、マイル還元率が変わるような事はありません。 ANAマイルへの交換は2ポイントで1マイルと還元率は0. 楽天ポイントをANAマイルに交換する際にはこのマイル移行手数料が発生しないので、そう考えると同じくらいの還元率と考えて良いのかなと思います。 他社カード:100円で1マイルで移行手数料が年間5~6000円程度• 楽天カード:200円で1マイルで移行手数料なし 楽天ANAカードと楽天カードの違い 普通の楽天カードと基本的に同じですが、ポイントプログラム以外にも少しだけ違いがあります。 楽天カードと楽天ANAカードの違いがある部分• 年会費• 入会特典• ANAカードの機能• 貯まるポイント ポイント機能以外には年会費と入会特典に違いがありますね。 年会費は有料だが実質無料 年会費は楽天カードが無料なのに対して、楽天ANAカードは年会費500円(税別)がかかります。 ただし初年度無料で2年目以降は前年に1回でもカードを使えば無料になりますので実質無料と言えますね。 入会キャンペーン特典がお得 画像出典:楽天ANAマイレージクラブカード公式サイト 入会キャンペーンの特典内容は、楽天ANAマイレージクラブカードがANA楽パックで利用出来るクーポン4000円分が付きますのでその分お得になります。 キャンペーン内容は時期によって変わります。 楽天カードの入会特典と比べると楽天ANAマイレージカードは楽天トラベルで使える4000円分のクーポンが付いていてお得になっています。 楽天ANAカードのメリット・デメリットまとめ 楽天ANAカードのメリットデメリットを解説します。 楽天ANAカードのメリット メリットは上記の楽天カードとの違いがそのまま来ます。 繰り返しになってしまうので軽めに解説します。 マイル交換申請の手間が無くなる ANAマイルコースを選択すれば、カード利用分に応じて直接ANAマイルが溜まっていきますので、楽天ポイントをANAマイルに交換申請する手間を省くことが出来るのが最大のメリットです。 楽天ポイントをANAマイルに交換するルールが改悪 楽天ポイントをANAマイルに交換する際、「月の交換上限が20000ポイント」「1回での上限が1000ポイントまで」とルールが変更(改悪)されました。 1回の上限が1000ポイントなので、ある程度まとまったポイントを交換しようと思うと何回も交換手続きをしなければいけません。 しかし、楽天ANAマイレージカードは自動交換機能があるのでその点では手間が省けて便利だと言えます。 ANA国内線の搭乗手続きがスキップ出来る ANAの国内線で搭乗手続きをパス出来るスキップサービスが利用出来ます。 これは本来ANAカードの機能になりますが、これが使えるのはかなり便利ですね。 入会キャンペーン特典で楽天トラベルクーポンが貰える 楽天ANAカードの入会キャンペーンは、楽天ポイントに加えて楽天トラベルで使えるANA楽パックのクーポンが付いてきますのでトータルの金銭的価値が高くなってお得になります。 余分なカードを減らして1枚にまとめられる ANAマイルを貯めるにはANAマイレージクラブカード(ポイントカード)を作って会員にならなければいけませんが、楽天ANAマイレージカードはその機能がカード一体となっていて、2枚を1枚に出来て余分なカードを減らすことが出来ます。 マイルは付与されたものから36カ月で失効していきますので、目標マイル数を目指している途中で一番最初に付与されたマイルの有効期限が切れてしまうという事態になりかねません。 でも楽天ポイントで貯めておいて、ある程度まとまってからマイルに交換した方がマイルの有効期限を最大にする事が出来ます。 何故なら楽天ポイントは有効期限が実質無期限なので、貯めたいマイル数相当分の楽天ポイントを貯めてからマイルに交換すれば、マイル有効期限が切れて失効してしまうリスクを無くす事が出来るからです。 いきなりANAマイルで付与されてしまうと、付与された時から36ヶ月以内しか猶予が無くなってしまいますからね。 これは結構大きな落とし穴だと思いますね。 マイルコースだと楽天会員ランクを上げられない これもかなり大きなデメリットだと個人的に思いますね! 楽天ポイント会員にはランクがあり、半年間の楽天ポイント獲得数によってランクが決まる仕組みになっていますが、 楽天ANAカードでマイルコースを選択すると、楽天ポイントランクの対象外になってしまいます。 楽天カードはETCカード年会費が有料で、ポイントランクがプラチナ、ダイアモンドだと無料になりますが、楽天ANAカードのマイルコース選択だとそれが出来なくなってしまいます。 年会費がかかる 年会費が500円(税別)かかってしまいますが、年に1回でもカードを使えば無料になるので実質無料です。 デメリットと言う程では無いですが、普通の楽天カードは完全無料なのでデメリットとしておきます。 電子マネーチャージのポイントが貯まるのは、同じグループ内の電子マネーである楽天Edyだけです。 nanacoチャージがお得なクレジットカードはコチラの記事がおすすめです。 「nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードが知りたい」 「nanacoで税金を割引出来... 楽天ANAマイレージカードはデザインが選べる 楽天カードは基本的にスタンダードなシルバーデザインのカードのみで、選べるとしたら楽天キャラクターのパンダやスポンサーになっている載っているデザインのカードがあるくらいですが、楽天ANAマイレージカードはスタンダードのシルバーデザインともう一つピンク色がメインのデザインを選ぶことが出来ます。 まとめ 楽天ANAマイレージカードは、普通の楽天カードと基本は同じで、ポイントプログラムにANAマイルコースをプラスして、ANAカードの一部機能が使えるようにした内容となっています。 楽天ANAマイレージクラブカードはこんな方におすすめ• 楽天ポイントをANAマイルに交換している人で、交換作業がメンドクサイと思っている方• 楽天カードとANAマイレージクラブカードを一枚にまとめたカードが欲しい方• 楽天ポイントを貯めている方でANAファンの方(楽天カードにANAのロゴが入る) 楽天ANAマイレージカードのおすすめの利用方法は、年に1回は必ず利用する事と、コースは絶対に楽天ポイントコースを選択する事をおすすめします。 貯まった楽天ポイントは、ANAマイルに変えると言う方の場合、自動でANAマイルが貯まっていくのは楽だし素晴らしいと思いますが、それだと楽天会員ランクを上げたりする事が出来ないのでETCカード年会費を無料にすることが出来なくなりますし、なによりANAマイルの有効期限を最大化する事が出来ないのが最大のデメリットだと言えます。 楽天ポイントコースを選択すればANAマイル交換の手間は省けませんが、普通の楽天カードと同じように使えて、なおかつANAカード機能のスキップサービスが利用出来て、ANAマイレージカードを別に持つ必要も無くなりますよ! カテゴリー• 304•

次の