年金 免除 妊婦。 出産に関する健康保険・厚生年金保険の手続きについて

妊娠中に国民年金の産前産後免除制度を申請してみた!

年金 免除 妊婦

VERY掲載おしゃれマタニティ服CHOCOA 対象となる人は? 国民年金第1号被保険者のうち、2019年2月1日以降に出産日を迎える人が対象です。 ただし、海外に在住しているなどにより国民年金に任意加入している人は対象外です。 免除になる期間は? 単胎妊娠の場合 出産(予定)日が属する月の前月から4ヶ月間が対象です。 例えば、8月に出産する予定・または出産した場合であれば、7月から10月の4ヶ月分、2019年度の国民年金保険料で計算すると 合計65,410円が免除されます。 多胎妊娠の場合 双子以上の多胎妊娠の場合は単胎妊娠の場合より対象期間が長くなり、出産(予定)日が属する月の3ヶ月前からの6ヶ月分が対象で、 合計98,460円が免除されます。 ただしこの4月に施行された制度なので、2月1日以降の出産が対象ですが免除されるのは施行後である4月分以降です。 例えば2月に出産した場合は4月分のみが、3月に出産した場合は4月分と5月分が免除されます。 いつ申請したらいい? 出産予定日の6ヶ月前から申請可能で、申請期限は設けられていないので産後に申請しても問題ありません。 そのため納付書に記載された納付期限を過ぎてから申請しても免除の対象となります。 1~2ヶ月ほどで日本年金機構から決定通知が送付されます。 出産前に予定日で申請したのち、実際は違う月に出産した場合(例:予定日9月3日、実際の出生日8月31日など)、規定の月数分が免除されることに変わりはないのでとくに変更の届出の必要はありません。 ただし、出生前に届け出たのちに多胎妊娠であることがわかった場合など、免除期間が増えることが判明した場合には必ず変更手続きをしましょう。 どこで申請できる? 住民登録をしている市(区)役所・町村役場の国民年金担当窓口で受け付けています。 申請用紙は窓口に用意されていますが、下記でもダウンロード可能です。 申請に必要なものは? 年金手帳もしくはマイナンバーのわかるもの、身分証明書、出産前であれば母子健康手帳などを持参する必要があります。 出産後に申請する場合、出生届が出されていれば住民登録で確認できるためとくに必要な書類はありませんが、いずれの場合も念のため電話などで必要なものを聞いておきましょう。 出生届をほかの市町村に出した場合や母子が別世帯となる場合、死産や流産の場合は、それぞれ別途証明書などの書類が必要になるので注意が必要です。 都合により同一世帯者以外の人に手続きを依頼する場合や郵送で申請したい場合なども、問い合わせて必要書類と手順を確認しましょう。 もともと免除・猶予を受けている場合 この産前産後期間免除の制度は全額納付されたものとして扱われ、年金受給額に反映されるため通常の法定免除や申請免除、納付猶予などより有利な条件の制度です。 もし免除や猶予を届け出ていてこの制度に該当する期間がある場合は、届け出ることで優先的に適用されるので忘れずに申請しましょう。 産前産後免除期間が終了したあとも以前から受けていた免除の再開を希望する場合は、改めて当該年度分の申請や届出をする必要はありません。 免除期間中の付加保険料・国民年金基金 国民年金保険料本体のみが免除対象となるため、付加保険料の支払いは行うことができます。 免除申請とは異なり事前に届け出たり遡って納付したりすることはできないため、納付を希望する場合は免除開始月に納付の申出をし、免除終了月に辞退を申し出る必要があるため注意してください。 国民年金基金に加入している人は、付加保険料の納付は行うことはできません。 前納している場合 割引されることもあり、前納制度を利用している人も少なくないと思います。 その場合は申請することで還付されます。 ですがもし2年以内に未納分があれば、そちらに充当されます。 付加保険料は免除対象ではないため還付されません。 注意点 この制度で注意が必要なのは、 自分から申請しない限り免除を受けることはできないという点です。 出産に伴い自動で適用されるといったことはないので、忘れずに申請しましょう。 幸い申請期限は存在しないので、忘れていた人や知らなかった人も問題なくあとから届け出ることができます。 まとめ なにかと物入りな産前産後の時期に国民年金を払わなくて済むのはかなり助かりますよね。 ただの免除ではなく納付したものとして扱われ、受給額に響かないのも嬉しい限りです。 該当している人は必ずこの制度を利用しましょう。

次の

育児休業期間の国民年金保険料の支払いは免除される?

年金 免除 妊婦

「国民年金保険料の産前産後期間の免除制度」 そう、国民年金 この制度は実は、平成31年4月から始まったもので、まだ施工されたばかりです。 簡単に説明してしまうと、会社員が妊娠した場合、 産休(産前産後休暇)制度がありますが、 その産休中には会社員の人が毎月払っている社会保険料である 厚生年金の保険料が免除されるというのは知っている人は多いのではないでしょうか。 産休中は仕事ができない訳ですから、年金の支払いが免除されるというのは理にかなった制度です。 その一方、自営業やフリーランスとして働いている場合は、「国民年金」を毎月支払っていますが、そういった人たちに対しては今まで「産休」や「国民年金の免除」はありませんでした。 それが今回から国民年金の免除が実施されることに決まったというわけです。 ちなみにこれは『次世代育成支援の観点で、少子化対策』の一環です。 そもそもこういった制度は誰もお知らせしてくれないので知ってる人だけが得をするのが現状です。 今回のこの制度に関していうと、免除ということで支払ったものとしてカウントされる上に支払ったものとして将来受け取る金額にも変動がないので、該当する方にとってはかなり大きなメリットとなりますね。 何はともあれ、せっかくの新制度。 既に妊婦だという方、これから妊婦になる女性だけでなく既に出産を済ませた女性も是非、知っておきたいところです。 でも、妊婦といっても色々なタイミングがありますよね。 もっと早く知っておきたかった・・・ 妊娠に気づくのが遅かったら損するってこと?子供産んだばっかりだよ・・ とタイミングの悪さを嘆いてしまう方もいらっしゃるでしょうか。 でもそこは大丈夫! そうならないために、国民年金保険料が免除される期間は、 「出産予定日又は出産日が属する月の前月から4か月間」 とされています。 これを「産前産後期間」と定めており、この4か月間がベースとなります。 なお、二人以上の赤ちゃんを同時に出産する多胎妊娠は、出産のリスクが高く、出産人数も多いということで、産前産後期間が、3か月前から6か月間と別例にされています。 また、出産とは、妊娠85日以上での出産をいい、結果として残念ながら、死産、流産、早産となってしまった場合でも同様に扱われます。 どこに届け出るの? この妊婦のための国民年金保険料の免除は、住民登録をしている市役所、区役所、町村役場の国民年金担当窓口へ届け出書を提出する必要があります。 出産予定日の6か月前から提出可能で、国民年金に加入している人は、妊娠が発覚したらまず行うべき届出となります。 とはいっても、国民年金保険料の年金法で定められている義務である基礎年金料金が免除されるだけであり、厚生年金やその他にも基礎以上の付与年金に関しては免除となりません。 年金は義務なのです。 税金を払って年金まで払わなければいけない。 ただし税金と違って、年金は将来戻ってくる感覚がある「異なる性質」を持つ。 義務であるのに払った分が返ってこないということで、現在も問題になっているわけですよね。 さらにいうと国民年金の保険料は、毎年度見直しされ多少の変動があるにせよ、令和元年は月額16,410円です。 4か月分もあれば、65,640円となり、給料の上がらない不景気を生きる僕たちにとって大きな金額です。 大事なことは一つ。 該当しているのであれば、きちんと届出を出すこと また2019年2月以降の方であれば、出産後でも申請可能ですので知らなかった!という方も是非年金事務所に相談して申請してみてください 知っておくことが一番の経済対策になるので、是非覚えておいてください! 参考:.

次の

2019年4月から、国民年金の保険料が産前産後期間は免除に マネリー

年金 免除 妊婦

被保険者の負担が過重にならないための配慮 国は被保険者の費用(保険料)に対する負担が過重にならないために、さまざまな配慮を行ない、法で定めています。 被保険者だけが自分と被扶養配偶者(第3号被保険者)の年金保険料をすべて納付しようとすると、年金の保険料だけで収入の4割近くを占めることになります。 被扶養配偶者がいない独身者も、収入が同じならば被扶養配偶者がある人と同じ年金額を納付しますが、これは決して不公平なのではありません。 【保険料水準の固定】 2004(平成16)年より、厚生年金保険の保険料率は毎年引上げが行われてきました。 引上げが続けば、事業主にとっても被保険者にとっても負担は多大なものとなってしまいますが、2017(平成29)年9月分からは18. 3%で固定され引上げが行われないこととなっています。 国庫負担割合は、被保険者の保険料負担が過重にならずに、かつ年金給付水準を適正に保つためにどれくらい国が負担すべきかを考慮して決められます。 第2号被保険者(第3被保険者を含む)は、第1号被保険者のように経済的な理由等により保険料納付のを求めることはできませんが、妊娠・出産・育児で長期休業となる場合の保険料は特例的に免除されます。 また、休業終了後に給料が下がった場合は2等級差がなくても標準報酬月額の改定が行われます。 申出は事業主が行います。 申出は事業主が行います。

次の