世界 の 人口 ランキング 2019。 『世界196カ国の人口』ランキング一覧表 2018年版《総人口73億人》日本は順位は?

GDPランキング2019、経済成長率ランキング日本は何位?|IGAEMONblog

世界 の 人口 ランキング 2019

都市圏の定義 [ ] 都市圏の定義は様々あるが、やにおいては、• 人工建造物・居住区やが連続する都市化地域である urban area, urbanized area• 通勤・通学圏や雇用圏に代表される経済圏である metropolitan area という2種類の地域を統計上区別して算出している。 それぞれの国の都市行政事情も異なることから、ここでは以下の6つの資料を元に世界の主要都市圏人口を『』として比較掲載する。 Demographia [ ] ウェンデル・コックス らの試算による urban area。 また労働人口の自由な移動を前提としており、の一部を除き原則として国境を超えての都市圏設定を認めていない。 ここでは更新のよりの推定人口を掲載した。 調査対象は人口50万人以上の都市的地域だが、一部地域では人口50万人未満の都市的地域も記載している。 また国境を超えての都市圏設定を許容する。 調査対象は人口200万人以上の都市的集積地域。 都市的集積地域は各国の行政に従って定義されており、号によって定義がしばしば変更される。 また国連の定義する、、、、などの都市的集積地域の人口は、一般的に認められる都市圏人口に比べ過少評価されている。 国境を超えての都市圏設定は認められていない。 ここでは2年毎に発行される "World Urbanizatinon Prospects" の2009年度のより2010年年央 7月1日 推定人口を掲載するが、定義は必要に応じて脚注に示す。 調査対象は人口75万人以上または首都を含む都市的集積地域。 定義は示されていないが、幾つかの統計書で採用されている。 また労働人口の自由な移動を前提としており、欧州連合や北米の一部を除き原則として国境を超えての都市圏設定を認めていない。 ここでは2010年1月1日更新分より2010年年始(1月1日)推定人口を掲載する。 調査対象は人口100万人以上の都市的集積地域。 定義は示されておらず、しばしば古い統計を元に人口増加率を計算しているため実態との乖離が一部地域に見られるが、ウェブ上ではしばしば引用されている。 また国境を超えての都市圏設定を許容する。 ここでは2010年1月1日更新分より2010年年始(1月1日)推定人口を掲載する。 Forstall が公表している都市圏 metropolitan area の人口。 同定義による都市圏人口は "Rand McNally Commercial Atlas and Marketing Guide" や "Britannica Yearbook" などで長らく都市圏人口として公表されていたものの、最近は掲載されていない。 また国境を超えての都市圏設定を許容する。 以下に2009年に出版された論文 より上位20都市圏の2003年年央推定値を掲載するが、その後推定人口の改訂が行われていないため、『』では比較掲載を見送る。 Demographia に関しては面積についても表に記載する。 統計によって別個の都市圏とされる構成地域については、75万人以上の地域についてのみ並べて列挙する。 not available は、その資料で推定人口が与えられていないことを意味する。 表は見出しを数回クリックすることにより、数字順に並べ替えることができる。 都市圏 脚注 国・地域 順位 人口 Demo- graphia 2010年 面積 Dem. 55 4,969,000 広州 広州 '00 4,006,681 (仏山市内) 186 2,105,000 401 n. 仏山 広州 235,720 仏山 23 10,525,000 1,386 n. 50 5,347,000 広州 405,576 '00 3,870,036 228 1,715,000 259 n. 174 2,211,000 広州 355,546 '00 1,434,251 394 1,005,000 109 n. 382 1,103,000 広州 704 631,850 '00 876,531 9 18,690,000 2,525 4 20,861,000 5 19,460,000 4 23,400,000 2 23,610,441 '05 19,239,910 561 675,000 171 n. メキシコ シティ メキシコ シティ '05 802,371 311 1,315,000 220 n. 261 1,582,000 252 1,770,000 メキシコ シティ '05 1,633,052 4 20,995,000 1,425 8 18,215,000 2 22,157,000 5 23,200,000 9 18,916,890 '01 12,877,470 デリー デリー デリー デリー デリー '01 1,055,938 デリー デリー デリー デリー デリー '01 968,256 3 21,255,000 777 9 18,066,000 4 20,041,000 6 22,800,000 5 21,900,967 '01 16,368,084 ムンバイ ムンバイ 514 859,000 ムンバイ ムンバイ '01 621,427 2 22,000,000 2,590 5 20,087,000 24 9,210,000 15 15,400,000 8 19,231,919 '05 8,839,247 ジャカルタ ジャカルタ 408 1,044,000 ジャカルタ ジャカルタ '05 891,467 ジャカルタ ジャカルタ n. ジャカルタ ジャカルタ '05 1,993,478 ジャカルタ ジャカルタ n. ジャカルタ ジャカルタ '05 1,451,595 ジャカルタ ジャカルタ n. ジャカルタ ジャカルタ '05 1,374,903 7 20,180,000 3,756 7 18,240,000 3 20,262,000 8 20,900,000 6 20,831,058 '07 19,223,897 5 20,795,000 1,425 6 18,861,000 15 11,628,000 9 19,600,000 7 20,654,307 '07 11,553,427 =() 12 17,000,000 3,212 11 15,067,000 16 11,337,000 12 16,800,000 12 17,409,585 '05 18,768,395 大阪=神戸 大阪=神戸 219 1,804,000 大阪=神戸 大阪=神戸 大阪=神戸 大阪=神戸 n. 414 1,130,000 大阪=神戸 大阪=神戸 504 775,000 303 n. 大阪=神戸 大阪=神戸 10 18,400,000 2,914 13 14,345,000 7 16,575,000 10 18,400,000 10 18,572,816 '00 14,230,992 14 14,775,000 5,812 12 14,446,000 12 12,762,000 11 17,900,000 11 18,013,728 '09 17,820,893 = ロサンゼルス ロサンゼルス 217 1,807,000 ロサンゼルス ロサンゼルス ロサンゼルス 41 7,055,000 280 10 17,731,000 38 7,069,000 43 7,050,000 32 9,222,709 '06 1,310,800 香港 香港 香港 香港 香港 '06 2,090,800 15 14,470,000 1,425 香港 26 9,005,000 28 9,150,000 香港 '00 6,480,340 11 17,290,000 1,709 15 12,525,000 17 11,001,000 16 15,200,000 13 16,429,199 '06 6,758,581 カイロ カイロ カイロ カイロ カイロ '06 2,891,275 カイロ カイロ カイロ カイロ カイロ '06 1,025,569 13 15,535,000 881 14 14,223,000 8 15,552,000 13 16,300,000 14 15,644,040 '01 13,211,853 20 13,085,000 881 22 11,087,000 10 13,125,000 14 16,200,000 22 13,205,339 '98 9,339,023 17 13,675,000 4,533 16 12,257,000 19 10,550,000 17 13,600,000 15 14,926,656 '09 10,508,971 25 10,135,000 246 21 11,343,000 9 14,648,000 17 13,600,000 18 14,327,157 '08 12,797,394 21 12,975,000 2,681 20 11,575,000 11 13,074,000 20 13,300,000 16 14,598,065 '10 13,361,000 561 675,000 228 n. ブエノス アイレス ブエノス アイレス '10 798,400 19 13,135,000 1,269 18 11,619,000 20 10,525,000 21 12,800,000 17 14,350,423 '09 12,782,960 16 13,955,000 3,302 26 9,816,000 13 12,385,000 17 13,600,000 23 12,522,839 '00 10,300,723 27 9,450,000 997 32 8,039,000 18 10,578,000 25 11,800,000 19 13,721,625 '06 9,113,605 29 8,580,000 1,623 27 9,332,000 30 8,631,000 24 12,400,000 20 13,377,482 '01 8,278,251 32 8,170,000 777 23 10,387,000 35 7,241,000 21 12,800,000 21 13,236,489 '06 7,797,520 140 2,575,000 233 テヘラン 260 1,584,000 テヘラン テヘラン '06 1,386,030 22 11,670,000 2,072 19 11,580,000 14 11,950,000 23 12,600,000 24 12,128,429 '07 11,571,617 31 8,250,000 2,202 28 9,146,000 39 6,976,000 31 8,900,000 29 10,132,974 '08 11,971,000 24 10,195,000 3,043 25 9,928,000 21 10,485,000 26 10,400,000 25 11,949,824 '06 11,769,433 38 7,290,000 2,642 24 10,069,000 n. 71 4,675,000 26 11,857,353 '08 4,694,686 エッセン エッセン n. 388 1,220,000 エッセン '08 1,219,515 エッセン エッセン n. エッセン '08 766,679 194 2,050,000 932 エッセン 442 1,001,000 232 1,900,000 エッセン '08 1,895,166 ケルン エッセン n. エッセン '08 884,398 46 5,850,000 596 46 5,686,000 43 5,891,000 46 6,600,000 27 11,786,212 '07 7,145,500 43 6,675,000 1,295 17 11,655,000 32 7,884,000 35 8,350,000 51 6,426,104 '00 6,839,008 243 1,630,000 277 天津 209 1,870,000 219 1,960,000 146 2,865,341 '00 1,660,054 30 8,425,000 583 34 7,224,000 29 8,754,000 31 8,900,000 28 10,346,029 '04 7,273,947 277 1,460,000 181 n. 321 1,323,000 332 1,430,000 キンシャサ '07 1,375,237 58 5,180,000 816 52 5,214,000 51 5,172,000 64 4,975,000 30 10,082,702 '08 5,274,321 26 10,025,000 4,015 35 7,137,000 107 3,267,000 35 8,350,000 33 8,852,544 '05 8,923,445 28 9,185,000 5,952 29 8,801,000 25 9,204,000 27 9,850,000 31 9,610,649 '09 9,804,845 300 1,360,000 1,261 シカゴ 294 1,428,000 253 1,760,000 256 1,790,174 '09 1,760,268 51 5,460,000 725 79 3,698,000 23 9,401,000 48 6,400,000 40 7,784,922 '00 5,087,197 33 7,995,000 648 31 8,331,000 27 8,941,000 29 9,050,000 39 8,000,111 '07 8,482,619 57 5,260,000 712 69 4,298,000 33 7,681,000 30 8,950,000 82 4,731,497 '00 6,787,482 34 7,845,000 414 33 7,986,000 31 8,500,000 33 8,600,000 35 8,423,837 '09 8,493,675 40 7,110,000 583 43 6,004,000 37 7,132,000 34 8,550,000 43 7,129,609 '98 5,143,495 () 44 6,270,000 622 30 8,397,000 144 2,633,000 44 6,800,000 34 8,511,055 '06 6,698,319 () 216 1,780,000 389 台北 n. アムステル ダム '09 598,714 187 2,100,000 842 100 3,340,000 432 1,010,000 315 1,490,000 アムステル ダム '09 1,174,583 ロッテルダム ロッテルダム n. 329 1,440,000 490,844 '09 1,007,560 45 5,900,000 2,279 47 5,597,000 49 5,449,000 57 5,750,000 50 6,515,381 '09 5,623,450 121 2,885,000 376 39 6,479,000 148 2,509,000 131 3,000,000 98 4,162,246 '05 2,611,506 53 5,390,000 945 58 4,858,000 45 5,851,000 49 6,200,000 53 6,380,913 '09 5,843,031 76 4,105,000 324 73 3,918,000 76 4,125,000 77 4,400,000 56 6,169,102 '98 2,877,948 48 5,805,000 919 44 5,846,000 42 5,952,000 51 6,000,000 69 5,196,846 '02 5,428,590 サンティアゴ サンティアゴ サンティアゴ サンティアゴ 590 790,658 サンティアゴ 66 4,635,000 479 66 4,436,000 60 4,837,000 65 4,900,000 57 5,998,943 '09 4,839,400 467 860,000 583 シンガポール 443 999,000 414 1,130,000 シンガポール '00 1,013,000 60 4,935,000 3,463 62 4,648,000 64 4,605,000 54 5,900,000 58 5,800,255 '09 5,968,586 54 5,370,000 269 54 5,059,000 47 5,717,000 53 5,950,000 65 5,413,622 '01 4,518,240 62 4,865,000 1,010 64 4,587,000 44 5,852,000 54 5,900,000 61 5,731,826 '07 5,454,971 79 3,955,000 531 2,502,000 62 4,747,000 56 5,850,000 68 5,274,876 '00 3,870,504 431 920,000 75 n. 428 1,019,000 西安 435 1,118,112 '00 814,625 67 4,625,000 5,083 70 4,252,000 63 4,691,000 59 5,700,000 63 5,495,123 '09 5,831,778 81 3,880,000 3,267 57 4,861,000 74 4,200,000 61 5,550,000 59 5,760,344 '09 5,327,764 280,000 176 デトロイト n. デトロイト デトロイト '09 331,537 52 5,405,000 2,891 50 5,431,000 46 5,750,000 62 5,400,000 70 5,136,602 '09 5,547,051 64 4,785,000 570 2,146,000 57 4,961,000 59 5,700,000 83 4,662,889 '00 4,273,218 143 2,550,000 518 78 3,734,000 130 2,816,000 172 2,425,000 93 4,293,873 '05 5,590,378 197 2,000,000 842 福岡 福岡 293 1,580,000 福岡 福岡 60 4,935,000 376 68 4,325,000 54 5,002,000 67 4,850,000 62 5,518,688 '01 3,760,636 269 1,495,000 363 n. 126 2,837,000 112 3,375,000 64 5,432,941 '91 1,835,300 176 2,240,000 558 75 3,851,000 171 2,253,000 157 2,600,000 67 5,306,491 '01 2,244,931 489 815,000 186 マン チェスター 551 819,000 351 1,340,000 マン チェスター '01 816,216 56 5,305,000 648 n. 83 3,860,000 86 4,075,000 74 5,070,992 '00 3,240,947 122 2,880,000 2,026 53 5,094,000 118 2,999,000 130 3,025,000 71 5,105,769 '09 3,053,793 275 1,480,000 466 サンディエゴ 239 1,664,000 258 1,740,000 サンディエゴ '05 1,575,026 65 4,740,000 1,502 59 4,828,000 59 4,848,000 63 5,100,000 78 4,878,473 '04 4,087,152 105 3,200,000 686 2,393,000 98 3,405,000 95 3,775,000 72 5,083,934 '01 2,563,612 75 4,200,000 803 71 4,062,000 53 5,083,000 82 4,300,000 76 4,992,778 '09 4,992,193 85 3,700,000 984 77 3,761,000 96 3,450,000 80 4,325,000 73 5,076,511 '08 4,298,182 68 4,530,000 1,191 55 5,051,000 66 4,575,000 69 4,775,000 80 4,775,419 '09 4,581,854 71 4,400,000 350 60 4,815,000 72 4,350,000 70 4,725,000 75 5,032,190 '07 4,090,000 195 2,040,000 163 87 3,513,000 56 4,962,000 72 4,625,000 105 3,867,703 '08 3,858,093 88 3,615,000 609 2,971,000 73 4,251,000 77 4,400,000 77 4,948,659 '00 3,627,082 69 4,510,000 492 2,409,000 61 4,772,000 126 3,100,000 79 4,812,959 '05 2,644,000 92 3,550,000 855 2,564,000 67 4,519,000 68 4,800,000 88 4,414,556 '00 3,783,907 266 1,510,000 324 n. 94 3,502,000 74 4,600,000 81 4,774,432 '00 3,070,364 74 4,210,000 699 74 3,904,000 70 4,402,000 72 4,625,000 95 4,260,864 '05 4,095,853 191 2,080,000 223 63 4,622,000 n. 162 2,550,000 160 2,647,631 '09 2,521,000 110 3,105,000 220 n. 99 3,395,000 112 3,375,000 84 4,617,020 '91 2,166,554 73 4,295,000 293 98 3,350,000 71 4,387,000 75 4,575,000 85 4,594,360 '06 4,084,672 = 78 3,985,000 2,069 94 3,399,000 88 3,684,000 77 4,400,000 86 4,487,014 '09 4,364,094 133 2,675,000 272 72 3,972,000 116 3,090,000 80 4,325,000 87 4,478,851 '07 3,140,076 243 1,630,000 751 65 4,477,000 204 1,904,000 235 1,870,000 207 2,227,246 '08 1,831,496 431 920,000 660 ブリュッセル 457 965,000 n. 417 1,164,729 '08 955,338 84 3,740,000 1,788 81 3,651,000 69 4,429,000 76 4,475,000 111 3,749,902 '08 4,399,722 165 2,340,000 246 80 3,671,000 185 2,131,000 148 2,700,000 89 4,406,871 '05 2,029,797 96 3,395,000 259 67 4,388,000 97 3,425,000 99 3,675,000 90 4,399,515 '08 3,596,076 346 1,150,000 158 n. 478 923,000 476 1,000,000 91 4,393,925 '07 900,000 72 4,345,000 2,370 76 3,798,000 119 2,967,000 102 3,575,000 92 4,373,992 '05 3,068,088 80 3,885,000 583 82 3,618,000 79 3,906,000 88 4,000,000 108 3,848,440 '09 4,306,105 87 3,655,000 907 n. 162 2,342,000 102 3,575,000 94 4,284,725 '00 1,658,937 99 3,365,000 466 84 3,569,000 93 3,523,000 106 3,500,000 96 4,240,249 '08 3,038,600 77 4,035,000 161 93 3,400,000 75 4,168,000 83 4,225,000 130 3,244,328 '01 2,811,614 170 2,295,000 673 1,489,000 n. 223 1,930,000 97 4,165,392 '08 1,922,101 113 3,040,000 2,470 2,689,000 112 3,171,000 87 4,025,000 100 4,027,657 '09 4,158,293 82 3,765,000 894 88 3,502,000 81 3,896,000 84 4,150,000 102 4,006,740 '05 3,738,077 93 3,530,000 777 83 3,600,000 77 4,092,000 85 4,125,000 99 4,076,158 '07 3,897,328 128 2,715,000 855 2,867,000 101 3,362,000 104 3,550,000 101 4,022,723 '05 3,424,479 n. ローマ n. ローマ '05 803 94 3,485,000 2,152 2,948,000 84 3,853,000 88 4,000,000 115 3,551,659 '08 3,892,419 116 2,960,000 220 92 3,408,000 105 3,284,000 90 3,975,000 126 3,299,179 '04 3,084,569 109 3,135,000 389 2,855,000 78 3,918,000 91 3,950,000 103 3,904,528 '07 3,599,538 179 2,215,000 583 n. 80 3,905,000 93 3,850,000 169 2,551,909 '07 3,506,967 86 3,695,000 414 89 3,447,000 82 3,871,000 92 3,900,000 109 3,843,250 '07 3,658,318 82 3,765,000 684 96 3,368,000 108 3,257,000 95 3,775,000 104 3,876,931 '01 3,761,810 115 3,020,000 777 2,949,000 169 2,276,000 126 3,100,000 106 3,865,701 '05 2,246,123 171 2,290,000 600 2,371,000 167 2,302,000 155 2,625,000 107 3,857,815 '01 2,284,093 95 3,405,000 1,676 99 3,343,000 85 3,783,000 95 3,775,000 110 3,833,728 '09 3,814,738 149 2,495,000 440 n. 103 3,323,000 94 3,825,000 177 2,466,706 '00 2,720,972 97 3,370,000 259 2,454,000 86 3,731,000 134 2,925,000 185 2,327,146 '08 3,528,000 101 3,300,000 725 2,730,000 87 3,719,000 98 3,725,000 118 3,511,954 '07 3,435,456 211 1,810,000 298 n. 380 1,104,000 134 2,925,000 112 3,681,309 '02 2,541,581 100 3,340,000 192 2,532,000 100 3,364,000 99 3,675,000 113 3,627,313 '01 2,715,555 104 3,225,000 829 2,634,000 122 2,879,000 101 3,650,000 117 3,512,243 '01 3,090,117 89 3,605,000 635 n. 157 2,398,000 162 2,550,000 299 1,606,518 '00 1,750,251 = 135 2,650,000 2,316 2,372,000 138 2,693,000 108 3,450,000 125 3,314,586 '09 3,604,460 108 3,170,000 376 n. 90 3,597,000 108 3,450,000 139 3,069,646 '00 2,750,204 103 3,235,000 189 3,193,000 91 3,594,000 104 3,550,000 123 3,390,463 '09 3,496,757 114 3,030,000 842 2,588,000 95 3,462,000 111 3,400,000 114 3,571,695 '07 3,130,678 n. 85 3,540,000 n. 260 1,782,068 '05 308,771 166 2,335,000 246 n. 179 2,180,000 117 3,275,000 116 3,512,391 '10 3,310,100 123 2,870,000 233 2,022,000 192 2,026,000 120 3,225,000 119 3,499,028 '98 1,409,768 ラーワル ピンディー ラーワル ピンディー 520 856,000 ラーワル ピンディー ラーワル ピンディー '98 529,180 102 3,255,000 699 2,186,000 104 3,306,000 107 3,475,000 155 2,725,390 '00 2,872,048 147 2,520,000 210 n. 117 3,087,000 136 2,900,000 120 3,468,306 '04 2,181,061 141 2,565,000 544 2,955,000 132 2,805,000 110 3,425,000 141 2,982,115 '09 2,765,531 168 2,320,000 350 n. 109 3,237,000 112 3,375,000 121 3,424,937 '00 2,795,070 106 3,175,000 842 90 3,423,000 110 3,234,000 115 3,350,000 131 3,232,834 '04 2,801,481 106 3,175,000 228 91 3,415,000 121 2,930,000 126 3,100,000 124 3,315,108 '07 2,738,248 132 2,680,000 453 n. 106 3,272,000 183 2,275,000 122 3,412,335 '07 2,203,700 () 126 2,815,000 492 95 3,386,000 337 1,251,000 183 2,275,000 199 2,272,786 '06 2,218,527 97 3,370,000 207 97 3,366,000 127 2,833,000 152 2,675,000 127 3,270,582 '08 2,581,076 119 2,905,000 518 n. 102 3,349,000 120 3,225,000 133 3,212,040 '08 2,961,000 125 2,840,000 181 2,064,000 125 2,849,000 116 3,325,000 145 2,880,675 '98 2,008,861 129 2,695,000 272 2,188,000 136 2,723,000 136 2,900,000 147 2,851,021 '09 3,276,815 112 3,055,000 168 2,063,000 114 3,131,000 117 3,275,000 134 3,210,570 '01 2,322,575 200 1,975,000 712 2,290,000 222 1,786,000 157 2,600,000 128 3,253,591 '08 2,599,171 183 2,175,000 596 n. 248 1,632,000 179 2,300,000 129 3,252,529 '09 1,903,510 148 2,500,000 725 2,248,000 n. 170 2,475,000 172 2,530,022 '03 3,239,200 120 2,900,000 311 n. 113 3,154,000 120 3,225,000 149 2,809,501 '00 2,538,336 162 2,365,000 531 2,090,000 175 2,210,000 168 2,500,000 132 3,221,614 '99 2,142,700 111 3,070,000 337 n. 115 3,116,000 123 3,200,000 175 2,506,788 '00 2,547,272 159 2,380,000 181 2,566,000 150 2,458,000 155 2,625,000 135 3,176,806 '08 2,512,601 138 2,590,000 466 n. 120 2,966,000 125 3,150,000 206 2,229,297 '00 2,501,024 226 1,720,000 220 n. 226 1,742,000 205 2,075,000 136 3,146,526 '06 1,602,110 144 2,530,000 363 n. 149 2,487,000 160 2,575,000 137 3,122,271 '00 1,935,553 166 2,335,000 1,292 n. 158 2,394,000 138 2,875,000 151 2,792,310 '09 3,110,436 155 2,405,000 259 n. 134 2,787,000 126 3,100,000 316 1,546,329 '00 2,032,723 124 2,850,000 238 2,348,000 123 2,873,000 133 2,950,000 138 3,089,651 '01 2,245,509 294 1,395,000 179 n. 290 1,451,000 244 1,830,000 140 3,024,830 '00 1,084,703 146 2,525,000 344 2,450,000 378 1,105,000 132 2,975,000 405 1,206,266 '04 1,036,330 184 2,150,000 622 n. 165 2,315,000 215 1,970,000 142 2,953,686 '05 2,109,049 226 1,720,000 1,676 2,610,000 198 1,942,000 143 2,775,000 143 2,939,915 '09 2,891,988 117 2,930,000 207 2,242,000 124 2,863,000 152 2,675,000 166 2,583,028 '07 2,564,900 118 2,925,000 389 n. 141 2,682,000 187 2,225,000 203 2,239,478 '00 1,872,915 180 2,200,000 2,147 2,045,000 170 2,259,000 139 2,850,000 159 2,660,949 '09 2,892,874 301 1,350,000 140 n. 291 1,447,000 308 1,510,000 144 2,882,442 '07 1,400,000 160 2,370,000 207 2,605,000 146 2,597,000 148 2,700,000 148 2,831,738 '04 1,552,161 144 2,530,000 958 n. 129 2,818,000 140 2,825,000 291 1,624,299 '07 2,633,523 137 2,595,000 220 2,292,000 145 2,607,000 140 2,825,000 164 2,607,981 '01 2,129,500 157 2,385,000 958 2,398,000 128 2,824,000 162 2,550,000 162 2,641,704 '01 2,661,850 163 2,355,000 285 n. 131 2,814,000 148 2,700,000 153 2,749,634 '09 2,632,087 172 2,285,000 127 n. 163 2,321,000 165 2,525,000 150 2,803,131 '01 1,697,976 () 134 2,670,000 363 2,606,000 250 1,611,000 142 2,800,000 152 2,749,808 '06 2,767,655 127 2,720,000 414 n. 152 2,415,000 143 2,775,000 187 2,323,490 '00 2,122,873 175 2,265,000 155 2,326,000 155 2,401,000 145 2,750,000 156 2,705,963 '09 2,719,204 = 153 2,425,000 2,078 2,063,000 159 2,387,000 145 2,750,000 161 2,645,432 '09 2,747,272 264 1,525,000 1,174 n. 300 1,400,000 152 2,675,000 215 2,092,326 '09 2,747,614 131 2,685,000 2,309 n. 135 2,743,000 147 2,725,000 228 1,974,739 '08 2,723,347 223 1,755,000 194 n. 151 2,456,000 168 2,500,000 154 2,740,817 '00 1,929,403 151 2,465,000 466 n. 137 2,701,000 192 2,200,000 201 2,258,208 '00 1,680,756 139 2,585,000 207 n. 143 2,652,000 148 2,700,000 174 2,516,467 '06 2,427,316 206 1,865,000 1,228 n. 197 1,944,000 186 2,250,000 157 2,694,822 '09 2,241,841 130 2,690,000 220 2,300,000 139 2,690,000 183 2,275,000 196 2,286,302 '10 2,487,800 150 2,475,000 622 2,082,000 140 2,687,000 165 2,525,000 163 2,622,978 '05 2,606,214 196 2,035,000 544 2,135,000 228 1,712,000 187 2,225,000 200 2,260,396 '03 2,680,600 177 2,235,000 544 n. 166 2,305,000 240 1,840,000 158 2,662,633 '05 1,532,811 202 1,910,000 223 n. 142 2,659,000 160 2,575,000 393 1,245,751 '00 1,583,387 203 1,885,000 155 n. 177 2,192,000 227 1,910,000 168 2,563,576 '07 2,635,494 182 2,185,000 285 2,300,000 186 2,130,000 187 2,225,000 165 2,605,022 '08 2,148,132 136 2,605,000 829 n. 191 2,030,000 196 2,175,000 184 2,329,061 '02 1,659,501 160 2,370,000 171 n. 183 2,143,000 157 2,600,000 257 1,786,783 '09 2,296,386 193 2,055,000 894 2,231,000 229 1,706,000 179 2,300,000 167 2,567,975 '09 2,503,205 142 2,560,000 414 n. 215 1,834,000 284 1,630,000 234 1,928,196 '00 1,170,270 637 585,000 168 n. 374 1,250,000 170 2,548,698 '08 1,249,806 240 1,645,000 148 n. 245 1,652,000 206 2,050,000 171 2,533,096 '98 1,132,509 296 1,375,000 324 n. 304 1,394,000 319 1,480,000 173 2,525,583 '05 1,313,338 561 675,000 568 n. 584 779,000 n. シウダー フアレス '09 751,296 154 2,415,000 1,153 n. 293 1,429,000 165 2,525,000 179 2,426,056 '01 1,682,701 250 1,610,000 259 n. 178 2,191,000 192 2,200,000 176 2,503,511 '07 2,043,537 495 795,000 181 n. 513 860,000 171 2,450,000 564 830,962 '07 2,314,897 235 1,670,000 2,208 n. 206 1,887,000 176 2,350,000 195 2,290,612 '09 2,445,117 152 2,440,000 207 n. 181 2,154,000 173 2,375,000 178 2,434,551 '00 1,894,344 231 1,700,000 956 n. 241 1,660,000 179 2,300,000 216 2,091,402 '09 2,436,109 327 1,270,000 228 n. 325 1,302,000 379 1,240,000 180 2,406,697 '91 762,719 197 2,000,000 350 n. 154 2,404,000 187 2,225,000 334 1,447,370 '00 1,549,476 261 1,535,000 648 1,426,000 351 1,186,000 338 1,410,000 181 2,400,524 '09 1,167,569 260,000 72 n. コペン ハーゲン '05 258,020 225 1,730,000 285 n. 156 2,398,000 173 2,375,000 288 1,628,533 '00 1,727,712 156 2,390,000 1,554 n. 263 1,567,000 298 1,550,000 188 2,322,121 '08 1,596,000 ドバイ n. 560 809,000 n. ドバイ '08 946,000 515 760,000 1,126 n. 410 1,043,000 251 1,780,000 237 1,900,289 '09 2,389,763 157 2,385,000 181 n. 168 2,285,000 177 2,325,000 241 1,873,005 '00 1,914,163 308 1,330,000 324 n. 160 2,376,000 298 1,550,000 267 1,749,503 '05 2,289,656 187 2,100,000 1,178 n. 172 2,220,000 173 2,375,000 194 2,296,333 '09 2,328,007 228 1,715,000 155 n. 236 1,673,000 240 1,840,000 182 2,363,886 '08 1,764,600 164 2,350,000 363 n. 593 767,000 177 2,325,000 212 2,102,517 '08 992,900 172 2,285,000 179 n. 161 2,342,000 200 2,150,000 219 2,079,158 '06 1,947,139 371 1,050,000 598 n. 445 997,000 269 1,690,000 183 2,338,024 '09 1,743,364 327 1,270,000 414 1,238,000 n. 213 1,980,000 186 2,324,199 '08 1,783,755 168 2,320,000 350 n. 243 1,655,000 227 1,910,000 211 2,123,971 '07 1,766,823 415 940,000 98 n. 422 1,028,000 476 1,000,000 189 2,317,902 '08 967,200 250 1,610,000 181 2,094,000 240 1,663,000 179 2,300,000 190 2,308,031 '00 1,389,660 190 2,085,000 311 n. 232 1,699,000 224 1,920,000 191 2,306,662 '09 1,809,106 253 1,590,000 194 n. 221 1,801,000 254 1,750,000 192 2,298,174 '01 1,248,200 219 1,770,000 446 1,656,000 316 1,349,000 207 2,025,000 193 2,297,821 '08 1,996,826 209 1,850,000 741 n. 202 1,916,000 227 1,910,000 197 2,282,708 '09 1,947,068 239 1,650,000 298 n. 194 1,972,000 224 1,920,000 198 2,275,927 '09 2,046,100 174 2,275,000 194 n. 190 2,062,000 249 1,790,000 480 1,000,831 '00 1,513,152 637 585,000 401 n. 202 2,252,443 '08 620,343 n. アーヘン '09 179,815 n. アーヘン '08 641,591 285 1,420,000 181 n. 328 1,296,000 264 1,710,000 204 2,231,970 '05 1,438,733 203 1,885,000 673 n. 182 2,146,000 196 2,175,000 205 2,229,414 '07 1,973,667 178 2,225,000 295 n. 176 2,207,000 224 1,920,000 562 834,742 '00 1,454,450 = 261 1,535,000 370 1,641,000 267 1,547,000 187 2,225,000 225 2,026,728 '01 1,499,465 201 1,920,000 570 n. 173 2,217,000 202 2,125,000 376 1,297,386 '00 1,696,811 240 1,645,000 1,740 2,171,000 234 1,686,000 196 2,175,000 218 2,083,210 '09 2,214,954 547 705,000 838 シンシ ナティ 565 800,000 n. 516 921,411 '09 1,066,261 203 1,885,000 194 n. 187 2,125,000 192 2,200,000 213 2,101,571 '01 1,494,700 383 1,035,000 168 n. 393 1,068,000 192 2,200,000 182,868 '00 764,100 344 1,165,000 114 n. 356 1,172,000 196 2,175,000 426 1,130,896 '01 927,864 422 930,000 39 n. 469 943,000 ビライ 583 806,925 '01 700,113 185 2,145,000 130 n. 180 2,173,000 213 1,980,000 208 2,167,460 '01 1,506,062 199 1,995,000 285 2,095,000 200 1,934,000 200 2,150,000 209 2,163,162 '09 1,944,367 317 1,305,000 189 n. 184 2,142,000 281 1,650,000 293 1,620,849 '00 1,392,707 265 1,520,000 1,514 n. 276 1,513,000 207 2,025,000 231 1,947,854 '09 2,136,653 236 1,665,000 453 1,892,000 230 1,706,000 211 2,000,000 210 2,134,108 '09 1,983,836 349 1,140,000 158 n. 379 1,104,000 382 1,230,000 214 2,100,711 '91 993,642 361 1,080,000 150 n. 188 2,096,000 203 2,100,000 297 1,609,783 '00 1,667,159 242 1,635,000 1,056 n. 273 1,521,000 203 2,100,000 235 1,905,127 '09 2,072,128 189 2,095,000 363 n. 201 1,932,000 254 1,750,000 320 1,498,918 '00 1,420,047 275 1,480,000 104 n. 279 1,494,000 273 1,680,000 217 2,086,194 '01 1,161,716 309 1,325,000 285 n. 189 2,081,000 240 1,840,000 239 1,882,601 '05 2,064,536 192 2,070,000 233 n. 205 1,888,000 233 1,890,000 229 1,974,358 '00 1,448,434 289 1,410,000 1,432 n. 281 1,490,000 221 1,950,000 253 1,808,273 '09 2,064,870 479 835,000 153 n. 266 1,561,000 276 1,670,000 220 2,061,175 '91 703,421 736 500,000 233 n. 547 827,000 437 1,080,000 221 2,056,529 '08 1,010,970 224 1,745,000 673 n. 199 1,937,000 339 1,400,000 222 2,053,316 '03 1,171,000 288 1,415,000 132 n. 277 1,509,000 311 1,500,000 223 2,037,823 '08 1,494,951 701 530,000 75 n. 224 2,031,326 '00 485,996 324 1,280,000 1,030 n. 324 1,313,000 247 1,810,000 275 1,699,425 '09 2,031,229 221 1,765,000 1,826 n. 195 1,970,000 207 2,025,000 249 1,825,914 '08 1,945,639 256 1,585,000 83 n. 254 1,590,000 207 2,025,000 284 1,643,745 '98 1,166,894 246 1,625,000 161 n. 244 1,653,000 269 1,690,000 226 2,007,310 '96 1,092,936 324 1,280,000 377 1,417,000 331 1,285,000 211 2,000,000 261 1,768,177 '05 1,252,020 出典 [ ]• Demographia:、、、、、、の各県に広がる都市的地域を含む。 UN WUP: 東京:2005年の国勢調査時の行政区分において茨城県の、、、水海道市(現)、、、、、、、、、、(現)、(現つくばみらい市)、、、、の、(現)、(現下野市)、、(現)、(現栃木市)、群馬県の、(現)、、、埼玉県の、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、(現)、(現ときがわ町)、、、、、、、、(現本庄市)、、(現熊谷市)、(現深谷市)、(現深谷市)、(現深谷市)、、(現加須市)、(現行田市)、(現加須市)、(現加須市)、、白岡町(現)、(現久喜市)、(現久喜市)、(現久喜市)、、、千葉県の、、、、、、(現)、、、、、(現)、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、(現印西市)、(現印西市)、、(現成田市)、、(現成田市)、(現香取市)、(現香取市)、、(現)、(現匝瑳市)、大網白里町(現)、、(現)、(現山武市)、(現山武市)、(現山武市)、(現横芝光町)、、、、、、、、、(現)、、(現いすみ市)、(現いすみ市)、、東京都の、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、神奈川県の、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、(現相模原市)、(現相模原市)、(現相模原市)、(現相模原市)、の、、のから構成される。 Brinkhoff: 東京:横浜、川崎、さいたまを含む。 各国の定義:関東大都市圏。 ハートフォード:ハートフォード都市的地域、2000年推定値。 フィラデルフィア:フィラデルフィア都市的地域。 UN WUP: ニューヨーク=ニューアーク:ニューヨーク=ニューアーク都市的地域。 ブリッジポート=スタンフォード:ブリッジポート=スタンフォード都市的地域。 ハートフォード:ハートフォード都市的地域。 フィラデルフィア:フィラデルフィア都市的地域。 Brinkhoff: ニューヨーク:ニューアーク、を含む。 各国の定義: ニューヨーク:ニューヨーク=ニューアーク=ブリッジポート広域統計都市圏。 ハートフォード:ハートフォード==広域統計都市圏。 フィラデルフィア:フィルデラフィア==広域統計都市圏。 UN WUP: ソウル:ソウル特別市。 仁川:仁川広域市。 水原:水原市。 高陽:高陽市。 城南:城南市。 富川:富川市。 Brinkhoff:富川、高陽、仁川、城南、水原を含む。 各国の定義:ソウル首都圏。 順徳:仏山市の一市轄区だが、広州=仏山に含まず。 中山:2007年推定値。 江門:2007年推定値、を含む。 UN WUP: 広州:広州市市轄区。 仏山:仏山市。 東莞:東莞市。 中山:中山市市轄区。 江門:江門市市轄区。 Brinkhoff:北部として東莞、仏山、江門、中山を含む。 各国の定義: 広州:広州市市轄区。 仏山:仏山市。 東莞:東莞市。 中山:中山市市轄区。 江門:江門市市轄区。 UN WUP: メキシコシティ:メキシコ渓谷都市圏。 トルーカ:トルーカ都市圏。 Brinkhoff: メキシコシティ:、、を含む。 各国の定義: メキシコシティ:メキシコ渓谷都市圏。 クエルナバカ:クエルナバカ都市圏。 トルーカ:トルーカ都市圏。 UN WUP:デリー首都圏の他、ファリダーバード、ガージヤーバード、グルガオンを含む都市的集積地域。 Brinkhoff:ファリダーバード、ガージヤーバードを含む。 各国の定義: デリー:デリー首都圏都市的集積地域。 ファリーダーバード:ファリーダーバード都市的集積地域。 ガージヤーバード:ガージヤーバード都市的集積地域。 UN WUP: ムンバイ:ムンバイ都市的集積地域。 ビワンディー:市域。 Brinkhoff:ビワンディー、カリヤーン、、を含む。 各国の定義: ムンバイ:ムンバイ都市的集積地域。 ビワンディー:ビワンディー都市的集積地域。 UN WUP: ジャカルタ:、、、、から成る市域。 ボゴール:市域。 Brinkhoff:ブカシ、ボゴール、デポック、タンゲランを含む。 各国の定義: ジャカルタ:ジャカルタ首都特別州。 ボゴール:ボゴール市。 ブカシ:ブカシ市。 タンゲラン:タンゲラン市。 デポック:デポック市。 Demographia:を含む。 UN WUP:サンパウロ都市圏。 Brinkhoff:を含む。 各国の定義:サンパウロ都市圏。 Demographia:、、、、の各州内に広がる都市的地域を含む。 UN WUP:マニラ首都圏。 Brinkhoff:、を含む。 各国の定義:マニラ首都圏。 UN WUP: 大阪:大阪市と神戸市に人口集中地区が隣接するの36市町との7市の人口集中地区の人口の総和。 即ち大阪府の、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、阪南町(現)、(現堺市)、の、、、、、、の人口集中地区を含む。 京都:1990年の国勢調査において人口集中地区が隣接するの7市町の人口集中地区の人口の総和。 即ち、、、、、、の人口集中地区を含む。 Brinkhoff: 大阪:神戸、京都を含む。 Gazetteer: 大阪=神戸=京都。 各国の定義:2005年の国勢調査時の行政区分においての、の、、、、、、、、、、(現大津市)、(現近江八幡市)、(現)、、(現東近江市)、(現)、、、京都府の京都市、宇治市、、城陽市、向日市、長岡京市、、、大山崎町、久御山町、、、(現)、(現木津川市)、(現木津川市)、、、、、(現)、(現南丹市)、(現南丹市)、(現)、(現南丹市)、(現京丹波町)、(現京丹波町)、大阪府の大阪市、堺市、岸和田市、豊中市、池田市、吹田市、泉大津市、高槻市、貝塚市、守口市、枚方市、茨木市、八尾市、泉佐野市、富田林市、寝屋川市、河内長野市、松原市、大東市、和泉市、箕面市、柏原市、羽曳野市、門真市、摂津市、高石市、藤井寺市、東大阪市、泉南市、四条畷市、交野市、大阪狭山市、阪南市、、、、忠岡町、、田尻町、、、、、兵庫県の神戸市、、尼崎市、、西宮市、芦屋市、伊丹市、、宝塚市、、、川西市、、、、、、、、(現三木市)、(現)、(現加東市)、(現加東市)、、、(現姫路市)、、の、、、、、、、、、、、、、、、、、、(現)、(現宇陀市)、(現宇陀市)、(現宇陀市)、、、、、、、、、、の、岩出町(現)、、(現橋本市)、から構成される。 UN WUP:上海市市轄区。 各国の定義:上海市市轄区。 UN WUP: ロサンゼルス=ロングビーチ=サンタアナ:ロサンゼルス=ロングビーチ=サンタアナ都市的地域。 リバーサイド=サンバーナーディーノ:リバーサイド=サンバーナーディーノ都市的地域。 Brinkhoff:リバーサイド、アナハイムを含む。 各国の定義:ロサンゼルス=ロングビーチ=リバーサイド広域統計都市圏。 UN WUP: 香港:香港全土。 深圳:深圳市。 Brinkhoff: 香港:九龍、を含む。 各国の定義: 香港:香港島。 九龍:九龍。 深圳:深圳市。 Brinkhoff:ギーザ、、ショブラエルケイマを含む。 各国の定義: カイロ:カイロ県。 ギーザ:ギーザ市。 ショブラエルケイマ:ショブラエルケイマ市。 UN WUP:コルカタ都市的集積地域。 Brinkhoff:を含む。 各国の定義:コルカタ都市的集積地域。 UN WUP:都市的集積地域。 各国の定義:カラチ市。 UN WUP:市域。 各国の定義:モスクワ連邦市。 Demographia:を含まない。 UN WUP:ダッカ統計都市圏。 各国の定義:ダッカ統計都市圏。 UN WUP: ブエノスアイレス:大ブエノスアイレス集積地域。 Brinkhoff:、ラプラタを含む。 各国の定義: ブエノスアイレス:大ブエノスアイレス集積地域。 ラプラタ:大ラプラタ集積地域。 各国の定義:イスタンブール都市圏。 UN WUP:北京市市轄区。 各国の定義:北京市市轄区。 UN WUP:ラゴス州。 各国の定義:ラゴス州。 Demographia:大ロンドン都市的地域。 UN WUP:大ロンドン都市的地域。 各国の定義:大ロンドン都市的地域'。 キャラジ:市域。 Brinkhoff:キャラジを含む。 各国の定義: テヘラン:テヘラン市。 キャラジ:キャラジ市。 UN WUP:リオデジャネイロ都市圏。 Brinkhoff:、を含む。 各国の定義:リオデジャネイロ都市圏。 UN WUP:バンコク都。 各国の定義:バンコク首都圏。 Demographia:パリ都市的地域。 UN WUP:パリ都市的地域。 各国の定義:パリ都市的地域。 ケルン=ボン。 UN WUP: ケルン:市域。 Brinkhoff:。 Gazetteer: ライン=ルール。 各国の定義: エッセン:ルール集積地域。 デュッセルドルフ:デュッセルドルフ集積地域。 ブッパータール:ブッパータール集積地域。 ケルン:ケルン集積地域。 ボン:ボン集積地域。 UN WUP:都市圏。 各国の定義:バグダード県。 唐山:唐山市市轄区。 各国の定義: 天津:天津市市轄区。 唐山:唐山市市轄区。 ブラザビル:市域。 Gazetteer: キンシャサ=ブラザビル。 各国の定義: キンシャサ:キンシャサ市州。 ブラザビル:ブラザビル県。 UN WUP:都市的集積地域。 各国の定義:ハルツーム州。 UN WUP:1990年の国勢調査において名古屋市に人口集中地区が隣接するの20市町の人口集中地区の人口の総和。 即ち、、、、、、、、、、(現)、、(現)、(現北名古屋市)、清洲町(現清須市)、(現清須市)、(現)、(現あま市)、、の人口集中地区を含む。 各国の定義:2005年の国勢調査時の行政区分においての、、、、、、、、、、、、、、、(現岐阜市)、、、、、、、(現大垣市)、、、、、、、、(現多治見市)、愛知県の名古屋市、、、瀬戸市、、春日井市、、、、、、、、、、常滑市、、小牧市、、東海市、、知多市、、尾張旭市、、、豊明市、、、清須市、、長久手町、豊山町、師勝町、西春町、(現清須市)、、、七宝町(現あま市)、(現あま市)、甚目寺町(現あま市)、大治町、蟹江町、(現)、、弥富町(現弥富市)、、、、、、(現西尾市)、(現西尾市)、(現西尾市)、、(現岡崎市)、三好町(現)、(現豊川市)、(現豊川市)、(現豊川市)、三重県の、、、、、、、から構成される。 ミルウォーキー:ミルウォーキー都市的地域。 UN WUP: シカゴ:シカゴ都市的地域。 ミルウォーキー:ミルウォーキー都市的地域。 各国の定義: シカゴ:シカゴ==広域統計都市圏。 ミルウォーキー:ミルウォーキー==広域統計都市圏。 UN WUP:重慶市市轄区。 各国の定義:重慶市市轄区。 UN WUP:リマやを含む大リマ都市圏。 各国の定義:大リマ都市圏。 UN WUP:武漢市。 各国の定義:武漢市。 UN WUP:サンタ・フェ・デ・ボゴタ、、、から成る都市的集積地域。 各国の定義:ボゴタ都市圏。 UN WUP:都市的集積地域。 各国の定義:ラホール市。 UN WUP: 台北:台北市。 Brinkhoff: 桃園:中壢を含む。 各国の定義: 台北:台北=大都会区。 桃園:桃園=中壢大都会区。 ボルチモア:ボルチモア都市的地域。 UN WUP: ワシントン:ワシントン都市的地域。 ボルチモア:ボルチモア都市的地域。 Brinkhoff: ワシントン:ボルチモアを含む。 Gazetteer: ワシントン=ボルチモア。 各国の定義:ワシントン=ボルチモア=北部広域統計都市圏。 UN WUP:チェンナイ都市的集積地域。 各国の定義:チェンナイ都市的集積地域。 フェレーニヒング:2001年推定値。 UN WUP: ヨハネスブルグ:ヨハネスブルグ都市圏。 エクルレニ:エクルレニ・メトロ都市圏。 フェレーニヒング:フェレーニヒング都市的地域。 Brinkhoff: ヨハネスブルグ:、イーストランド、ウェストランドを含む。 各国の定義: ヨハネスブルグ:ヨハネスブルグ都市圏。 エクルレニ:エクルレニ・メトロ都市圏。 フェレーニヒング:エムフレニ都市圏。 UN WUP: クアラルンプール:市域。 クラン:クラン都市的地域。 各国の定義: クアラルンプール:クアラルンプール都市的地域。 クラン:クラン都市的地域。 UN WUP:バンガロール都市的集積地域。 各国の定義:バンガロール都市的集積地域。 UN WUP:都市的集積地域。 各国の定義:ホーチミン市。 UN WUP: サンフランシスコ=オークランド:サンフランシスコ=オークランド都市的地域。 サンノゼ:サンノゼ都市的地域。 Brinkhoff: サンフランシスコ:オークランド、サンノゼを含む。 各国の定義: サンフランシスコ:サンノゼ=サンフランシスコ=オークランド広域統計都市圏。 プロビデンス:プロビデンス都市的地域、2000年推定値。 UN WUP: ボストン:ボストン都市的地域。 プロビデンス:プロビデンス都市的地域。 各国の定義: ボストン:ボストン=ウースター=広域統計都市圏。 UN WUP:ハイデラバード都市的集積地域。 各国の定義:ハイデラバード都市的集積地域。 Demographia:ダラス=フォートワース=、=の各都市域地域の合計。 UN WUP:ダラス=フォートワース=アーリントン都市的地域。 Brinkhoff: ダラス:フォートワースを含む。 各国の定義:ダラス=フォートワース広域統計都市圏。 UN WUP: 瀋陽:瀋陽市市轄区。 撫順:撫順市市轄区。 各国の定義: 瀋陽:瀋陽市市轄区。 撫順:撫順市市轄区。 UN WUP:アルジェ州。 各国の定義:アルジェ州。 UN WUP:市域。 各国の定義:バンドン市。 ユトレヒト:2000年推定値。 ロッテルダム=ハーグ。 ロッテルダム=ハーグ。 UN WUP: アムステルダム:、アムステルダム、、、、、から成る都市的集積地域。 ロッテルダム:、、、、、ロッテルダム、、、、から成る都市的集積地域。 Brinkhoff: アムステルダム:を含む。 ロッテルダム:を含む。 ハーグ:を含む。 Gazetteer:。 ハーグ。 各国の定義: アムステルダム:アムステルダム都市的地域。 ユトレヒト:ユトレヒト都市的地域。 ロッテルダム:ロッテルダム都市的地域。 ハーグ:ハーグ都市的地域。 Demographia: トロント=ハミルトン:トロント、、の各統計都市的地域の合計。 UN WUP:トロント統計都市圏。 各国の定義:トロント統計都市圏。 UN WUP:市域。 各国の定義:スラバヤ市。 UN WUP:マドリード都市圏。 各国の定義:マドリード都市圏。 UN WUP:都市的集積地域。 各国の定義:アビジャン市。 各国の定義:大サンティアゴ集積地域。 Gazetteer: シンガポール=ジョホールバル。 UN WUP: シンガポール:都市的集積地域。 ジョホールバル:ジョホールバル都市的地域。 各国の定義: シンガポール:シンガポール共和国全土。 ジョホールバル:ジョホールバル都市的地域。 Demographia:ヒューストン、の各都市的地域の合計。 UN WUP:ヒューストン都市的地域。 各国の定義:ヒューストン==広域統計都市圏。 UN WUP:アフマダーバード都市的集積地域。 各国の定義:アフマダーバード都市的集積地域。 UN WUP:ベロオリゾンテ都市圏。 各国の定義:ベロオリゾンテ都市圏。 UN WUP: 西安:西安市市轄区。 咸陽:咸陽市市轄区。 Brinkhoff: 西安:咸陽を含む。 各国の定義: 西安:西安市市轄区。 咸陽:咸陽市市轄区。 Demographia:アトランタ都市的地域。 UN WUP:アトランタ都市的地域。 各国の定義:アトランタ==広域統計都市圏。 ウィンザー:ウィンザー統計都市的地域、2006年推定値。 ' UN WUP: デトロイト:デトロイト都市的地域。 Brinkhoff:カナダのウィンザーを含む。 各国の定義: デトロイト:デトロイト==広域統計都市圏。 ウィンザー:ウィンザー統計都市圏。 Demographia:マイアミ都市的地域。 UN WUP:マイアミ都市的地域。 Brinkhoff:、を含む。 各国の定義:マイアミ=フォートローダーデール=統計大都市圏。 UN WUP:成都市市轄区。 各国の定義:成都市市轄区。 UN WUP: 福岡=北九州:1990年の国勢調査において北九州市と福岡市に人口集中地区が隣接するの13市町の人口集中地区の人口の総和。 即ち北九州市、福岡市、、、、、、那珂川町(現:)、、、古賀町(現:)、(現:)、の人口集中地区を含む。 Gazetteer: 福岡=北九州。 各国の定義:2005年の国勢調査時の行政区分においての、福岡県の北九州市、福岡市、、、、、、、(現:)、(現:)、、、、、、中間市、、筑紫野市、春日市、大野城市、、太宰府市、(現:)、古賀市、福津市、、那珂川町(現:那珂川市)、、、志免町、、神宮町、、、、水巻町、、、、、(現)、(現:宮若市)、、(現嘉麻市)、(現:嘉麻市)、(現:嘉麻市)、(現:飯塚市)、(現:飯塚市)、(現飯塚市)、(現飯塚市)、(現朝倉市)、(現朝倉市)、、(現:糸島市)、(現糸島市)、、、、(現:)、(現:みやま市)、(現みやま市)、、、(現:)、、、(現福智町)、(現福智町)、、、、(現:)、(現:みやこ町)、(現:みやこ町)、(現)、、(現:築上町)、(現)、(現:上毛町)、の、、(現:)、(現:)、(現:吉野ヶ里町)、、、、(現:唐津市)から構成される。 UN WUP:プネー都市的集積地域。 Brinkhoff:を含む。 各国の定義:プネー都市的集積地域。 UN WUP:都市的集積地域。 各国の定義:イバダン市。 リバプール:リバプール都市的地域。 UN WUP: マンチェスター:マンチェスター、、、、、、、、などを含む大マンチェスター都市的地域。 リバプール:リバプール都市的地域。 Gazetteer: マンチェスター=リバプール。 各国の定義: マンチェスター:大マンチェスター都市的地域。 リバプール:リバプール都市的地域。 UN WUP:杭州市市轄区。 各国の定義:杭州市市轄区。 ティフアナ。 UN WUP: サンディエゴ:サンディエゴ都市的地域。 ティフアナ:ティフアナ都市圏。 Gazetteer: サンディエゴ=ティフアナ。 各国の定義: サンディエゴ:サンディエゴ==広域統計都市圏。 ティフアナ:ティフアナ都市圏。 UN WUP:市域。 各国の定義:リヤド市。 UN WUP:ケープタウン都市的地域。 各国の定義:ケープタウン都市圏。 UN WUP:バルセロナ都市圏。 各国の定義:バルセロナ都市圏。 UN WUP:市域。 各国の定義:ベルリン集積地域。 UN WUP:市域。 各国の定義:サンクトペテルブルク連邦市。 UN WUP:市域。 各国の定義:ヤンゴン市。 UN WUP:チッタゴン統計都市圏。 各国の定義:チッタゴン統計都市圏。 UN WUP:哈爾浜市市轄区。 各国の定義:哈爾浜市市轄区。 UN WUP:都市的集積地域。 各国の定義:ルアンダ州。 UN WUP:南京市市轄区。 各国の定義:南京市市轄区。 UN WUP:汕頭市市轄区。 各国の定義:汕頭市市轄区。 UN WUP:グアダラハラ都市圏。 Brinkhoff:を含む。 各国の定義:グアダラハラ都市圏。 各国の定義:コロンボ県。 UN WUP:都市的集積地域。 各国の定義:カノ市。 UN WUP:市域。 各国の定義:アレクサンドリア市。 Demographia:フェニックス=メサ都市的地域。 UN WUP:'フェニックス=メサ都市的地域。 Brinkhoff: フェニックス。 各国の定義:フェニックス=メサ=統計大都市圏。 UN WUP:カラカス都市圏。 各国の定義:カラカス都市圏。 アントウェルペン:都市圏。 各国の定義: ブリュッセル:ブリュッセル集積地域。 アントウェルペン:アントウェルペン集積地域。 Demographia:シドニー都市的地域。 UN WUP:シドニー都市的地域。 各国の定義:シドニー都市的地域。 UN WUP:市域。 各国の定義:メダン市。 UN WUP:市域。 各国の定義:釜山広域市。 UN WUP:市域。 各国の定義:バスラ市。 Demographia:、、の各県内に広がる都市的地域を含む。 UN WUP:ミラノ通勤圏。 各国の定義:ミラノ通勤圏。 UN WUP:、、、、、、、などを含む都市的集積地域。 各国の定義:アンカラ都市圏。 UN WUP:都市圏。 各国の定義:アクラ都市地区。 UN WUP:市域。 各国の定義:ナイロビ州。 UN WUP:スーラト都市的集積地域。 各国の定義:スーラト都市的集積地域。 Gazetteer: ライン=マイン。 各国の定義:フランクフルト集積地域。 Demographia:シアトル都市的地域。 UN WUP:シアトル都市的地域。 各国の定義:シアトル==広域統計都市圏。 UN WUP:'モンテレイ都市圏。 各国の定義:モンテレー都市圏。 UN WUP:ポルト・アレグレ都市圏。 各国の定義:ポルト・アレグレ都市圏。 各国の定義: ローマ:ローマ通勤圏。 バチカン:バチカン市国。 Demographia:メルボルン都市的地域。 UN WUP:メルボルン都市的地域。 各国の定義:メルボルン都市的地域。 UN WUP:カサブランカ集積地域。 各国の定義:カサブランカ集積地域。 UN WUP:サルバドル都市圏。 各国の定義:サルバドル都市圏。 UN WUP:ブラジリア都市圏。 各国の定義:ブラジリア都市圏。 UN WUP:レシフェ都市圏。 各国の定義:レシフェ都市圏。 UN WUP:、、などを含む大アテネ集積地域。 各国の定義:大アテネ集積地域。 UN WUP:ナポリ通勤圏。 各国の定義:ナポリ通勤圏。 Demographia:ウェストミッドランド都市的地域。 UN WUP:ウェストミッドランド都市的地域。 各国の定義:ウェストミッドランド都市的地域。 Demographia:モントリオール統計都市的地域。 UN WUP:モントリオール統計都市圏。 各国の定義:モントリオール統計都市圏。 UN WUP:青島市市轄区。 各国の定義:青島市市轄区。 UN WUP:市域。 各国の定義:カーブル州。 UN WUP:フォルタレザ都市圏。 各国の定義:フォルタレザ都市圏。 UN WUP:市域。 各国の定義:グアテマラ都市圏。 UN WUP:カーンプル都市的集積地域。 各国の定義:カーンプル都市的集積地域。 UN WUP:ダーバン都市的地域。 各国の定義:エテクウィニ都市圏。 UN WUP:蘇州市市轄区。 各国の定義:蘇州市市轄区。 Demographia:ミネアポリス=セントポール都市的地域。 UN WUP:ミネアポリス=セントポール都市的地域。 各国の定義:ミネアポリス=セントポール=広域統計都市圏。 UN WUP:長春市市轄区。 各国の定義:長春市市轄区。 UN WUP:メデリン、、、、、、、、、の各市から成るメデリン都市圏。 各国の定義:メデリン都市圏。 UN WUP:クリチバ都市圏。 各国の定義:クリチバ都市圏。 各国の定義:チルボン市。 UN WUP:都市的集積地域。 各国の定義:首都地区。 UN WUP: ラーワルピンディー:都市的集積地域。 イスラマーバード:。 Brinkhoff: ラーワルピンディー:イスラマバードを含む。 各国の定義: ラーワルピンディー:ラーワルピンディー市。 イスラマーバード:イスラマバード首都圏。 UN WUP:大連市市轄区。 各国の定義:大連市市轄区。 UN WUP:都市的集積地域。 各国の定義:アレッポ市。 UN WUP:都市的集積地域。 各国の定義:キエフ特別市。 UN WUP:済南市市轄区。 各国の定義:済南市市轄区。 UN WUP:市域。 各国の定義:シッダ市。 UN WUP:市域。 各国の定義:アディスアベバ自治区。 UN WUP:テルアビブ都市圏。 各国の定義:テルアビブ都市圏。 UN WUP:台中市。 各国の定義:。 台中=大都会区• UN WUP:市域。 各国の定義:平壌直轄市区部。 UN WUP:市域。 各国の定義:ダルエスサラーム州。 UN WUP:都市的集積地域。 各国の定義:ファイサラーバード市。 UN WUP:、、、、、、、、などを含む都市的集積地域。 各国の定義:イズミル都市圏。 UN WUP:ジャイプル都市的集積地域。 各国の定義:ジャイプル都市的集積地域。 UN WUP:市域。 各国の定義:ハンブルク集積地域。 UN WUP:市域。 各国の定義:ハラレ州。 Brinkhoff:上シレジア地域。 各国の定義:カトビツェ都市圏。 UN WUP:太原市市轄区。 各国の定義:太原市市轄区。 UN WUP:市域。 各国の定義:タシュケント市。 UN WUP:昆明市市轄区。 各国の定義:昆明市市轄区。 UN WUP:市域。 各国の定義:大邱広域市。 UN WUP:鄭州市市轄区。 各国の定義:鄭州市市轄区。 UN WUP:市域。 各国の定義:エスファハーン市。 UN WUP:石家荘市市轄区。 各国の定義:石家荘市市轄区。 Demographia:デンバー=都市的地域。 UN WUP: デンバー=オーロラ:デンバー=オーロラ都市的地域。 各国の定義:デンバー=オーロラ=広域統計都市圏。 UN WUP:福州市市轄区。 各国の定義:福州市市轄区。 UN WUP:ラクナウ都市的集積地域。 各国の定義:ラクナウ都市的集積地域。 UN WUP:都市的集積地域。 各国の定義:ルサカ州。 Demographia:を含む。 UN WUP:市域。 各国の定義:アンマン市。 UN WUP:プエブラ=都市圏。 各国の定義:プエブラ=トラスカラ都市圏。 Demographia:クリーブランド都市的地域。 UN WUP:クリーブランド都市的地域。 各国の定義:クリーブランド==広域統計都市圏。 UN WUP:都市的集積地域。 各国の定義:ダカール州。 UN WUP:無錫市市轄区。 各国の定義:無錫市市轄区。 Demographia:セントルイス都市的地域。 UN WUP:セントルイス都市的地域。 各国の定義:セントルイス==広域統計都市圏。 UN WUP:市域。 各国の定義:モースル市。 UN WUP:都市的集積地域。 各国の定義:ダマスカス市。 UN WUP:カンピナス都市圏。 各国の定義:カンピナス都市圏。 UN WUP:ナーグプル都市的集積地域。 各国の定義:ナーグプル都市的集積地域。 UN WUP:リスボン都市圏。 各国の定義:リスボン都市圏。 UN WUP:都市的集積地域。 各国の定義:ハノイ市。 UN WUP:パトナ都市的集積地域。 各国の定義:パトナ都市的集積地域。 UN WUP:高雄市。 各国の定義:高雄大都会区。 UN WUP長沙市市轄区:。 各国の定義:長沙市市轄区。 UN WUP:カリとから成る都市的集積地域。 各国の定義:。 カリ都市圏• Demographia:タンパ=セントピーターズバーグ都市的地域。 UN WUP:タンパ=セントピーターズバーグ都市的地域。 Brinkhoff: タンパ。 各国の定義:タンパ=セントピーターズバーグ=統計大都市圏。 Demographia:オーランド都市的地域。 UN WUP:オーランド都市的地域。 各国の定義:オーランド==広域統計都市圏。 Demographia:サン・フアン都市的地域。 UN WUP:サン・フアン都市的地域。 各国の定義:サンフアン==広域統計都市圏。 UN WUP:淄博市市轄区。 各国の定義:淄博市市轄区。 UN WUP:南昌市市轄区。 各国の定義:南昌市市轄区。 UN WUP:市域。 各国の定義:マシュハド市。 Demographia:ポートランド都市的地域。 UN WUP:ポートランド都市的地域。 各国の定義:ポートランド==統計大都市圏。 UN WUP:を含む都市的集積地域。 各国の定義:グアヤキル都市的集積地域。 UN WUP:2005年の国勢調査時の行政区分においての、、、、、、、、、、、、(現岩見沢市)、(現岩見沢市)、、、から構成される。 各国の定義:札幌大都市圏。 UN WUP:市域。 各国の定義:ワルシャワ都市圏。 UN WUP:(クウェート県)、、、の合計。 各国の定義:クウェート都市的集積地域。 UN WUP:温州市市轄区。 各国の定義:温州市市轄区。 UN WUP:マラカイボ都市圏。 各国の定義:マラカイボ都市圏。 UN WUP:ハバナ市州。 各国の定義:ハバナ市州。 UN WUP:都市的集積地域。 各国の定義:アスンシオン都市圏。 UN WUP:ポルトープランス、、から成る都市的集積地域。。 各国の定義:ポルトープランス集積地域。 UN WUP:市域。 各国の定義:ブダペスト集積地域。 UN WUP:都市圏。 各国の定義:クマシ都市地区。 Gazetteer:。 各国の定義:マンハイム都市圏。 UN WUP:都市的集積地域。 各国の定義:グジュラーンワーラ都市圏。 UN WUP: フアレス:フアレス都市圏。 エルパソ:エルパソ都市的地域。 Gazetteer: フアレス=エルパソ。 各国の定義: フアレス:フアレス都市圏。 エルパソ:エルパソ統計大都市圏。 UN WUP:プレトリア都市的地域。 各国の定義:・メトロ都市圏。 UN WUP:ベレム都市圏。 各国の定義:ベレム都市圏。 UN WUP:市域。 各国の定義:メトロセブ。 Demographia:ピッツバーグ都市的地域。 UN WUP:ピッツバーグ都市的地域。 各国の定義:ピッツバーグ=広域統計都市圏。 UN WUP:貴陽市市轄区。 各国の定義:貴陽市市轄区。 Demographia:サクラメント都市的地域。 UN WUP:サクラメント都市的地域。 各国の定義:サクラメント==広域統計都市圏。 UN WUP:都市的集積地域。 各国の定義:ベニンシティ市。 UN WUP:合肥市市轄区。 各国の定義:合肥市市轄区。 UN WUP: コペンハーゲン:大コペンハーゲン地域。 Gazetteer: コペンハーゲン=マルメ。 各国の定義: コペンハーゲン:大コペンハーゲン地域。 マルメ:マルメ都市的地域。 UN WUP:烏魯木斉市市轄区。 各国の定義:烏魯木斉市市轄区。 UN WUP: ドバイ:市域。 シャールジャ:市域。 各国の定義: ドバイ:ドバイ首長国。 シャールジャ:シャールジャ首長国。 Demographia:シャーロット都市的地域、2000年推定値。 UN WUP:シャーロット都市的地域。 各国の定義:シャーロット==広域統計都市圏。 UN WUP:蘭州市市轄区。 各国の定義:蘭州市市轄区。 UN WUP:2005年の国勢調査時の行政区分においての、、、(現・)、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、富谷町(現)、、、、(現大崎市)、(現大崎市)、(現大崎市)、(現大崎市)、、(現大崎市)、(現)、(現美里町)、の、から構成される。 各国の定義:仙台大都市圏。 Demographia:バンクーバー統計都市的地域。 UN WUP:バンクーバー統計都市圏。 各国の定義:バンクーバー統計都市圏。 UN WUP:を含む都市的集積地域。 各国の定義:ラパス都市圏。 UN WUP:市域。 各国の定義:チュニス県。 UN WUP:都市的集積地域。 各国の定義:サヌア首都県。 Demographia:ソルトレイクシティ都市的地域。 UN WUP:ソルトレイクシティ都市的地域。 各国の定義:ソルトレイクシティ==広域統計都市圏。 各国の定義:シュトゥットガルト集積地域。 Demographia:を含む。 UN WUP:市域。 各国の定義:マプト集積地域。 UN WUP:市域。 各国の定義:テグシガルパ市。 UN WUP:鞍山市市轄区。 Brinkhoff:を含む。 各国の定義:鞍山市市轄区。 UN WUP:市域。 各国の定義:バマコ特別区。 UN WUP:都市的集積地域。 各国の定義:ヤウンデ市。 UN WUP:市域。 各国の定義:ミュンヘン集積地域。 Demographia:ラスベガス都市的地域。 UN WUP:ラスベガス都市的地域。 各国の定義:ラスベガス==広域統計都市圏。 UN WUP:都市的集積地域。 各国の定義:バクー州。 UN WUP:常州市市轄区。 各国の定義:常州市市轄区。 Gazetteer: アルマ。 各国の定義: アーヘン:アーヘン集積地域。 マーストリヒト:マーストリヒト都市的地域。 リエージュ:リエージュ集積地域。 UN WUP:市域。 各国の定義:スマラン市。 UN WUP:ゴイアニア都市圏。 各国の定義:ゴイアニア都市圏。 UN WUP:廈門市。 各国の定義:廈門市。 Demographia:ウェストヨークシャー都市的地域。 UN WUP: ウェストヨークシャー:ウェストヨークシャー都市的地域。 Brinkhoff: リーズ。 各国の定義:ウェストヨークシャー都市的地域。 UN WUP:寧波市市轄区。 各国の定義:寧波市市轄区。 デイトン:デイトン都市的地域、2000年推定値。 UN WUP: シンシナティ:シンシナティ都市的地域。 デイトン:デイトン都市的地域。 各国の定義: シンシナティ:シンシナティ==広域統計都市圏。 デイトン:デイトン==広域統計都市圏。 UN WUP:都市的集積地域。 各国の定義:ドゥアラ市。 UN WUP:泉州市市轄区。 各国の定義:泉州市市轄区。 ラーイプル:ラーイプル都市的集積地域。 Brinkhoff: ドゥルグビライナガル:ラーイプルを含む。 Gazetteer: ビライ。 各国の定義: ビライナガル:ドゥルグビライナガル都市的集積地域。 ラーイプル:ラーイプル都市的集積地域。 UN WUP:インドール都市的集積地域。 各国の定義:インドール都市的集積地域。 UN WUP:市域。 各国の定義:ブカレスト市。 UN WUP:徐州市市轄区。 各国の定義:徐州市市轄区。 Demographia:カンザスシティ都市的地域。 UN WUP:カンザスシティ都市的地域。 各国の定義:カンザスシティ==広域統計都市圏。 UN WUP:市域。 各国の定義:ウィーン集積地域。 UN WUP:都市的集積地域。 各国の定義:ポートハーコート市。 UN WUP:南寧市市轄区。 各国の定義:南寧市市轄区。 Demographia:サンアントニオ都市的地域。 UN WUP:サンアントニオ都市的地域。 各国の定義:サンアントニオ=統計大都市圏。 UN WUP:包頭市市轄区。 各国の定義:包頭市市轄区。 UN WUP:メーラト都市的集積地域。 各国の定義:メーラト都市的集積地域。 UN WUP:2005年の国勢調査時の行政区分においての、、、、、、、、、、、(現廿日市市)、(現廿日市市)、、、山口県の、、(現岩国市)から構成される。 各国の定義:広島大都市圏。 UN WUP:吉林市市轄区。 各国の定義:吉林市市轄区。 Demographia:インディアナポリス都市的地域。 UN WUP:インディアナポリス都市的地域。 各国の定義:インディアナポリス==広域統計都市圏。 UN WUP:都市的集積地域。 各国の定義:カドゥナ市。 Demographia:2003年推定値。 UN WUP:市域。 各国の定義:モンロビア市。 UN WUP:都市的集積地域。 各国の定義:ベイルート市。 UN WUP:大田広域市。 各国の定義:大田広域市。 UN WUP:信陽市市轄区。 各国の定義:信陽市市轄区。 Demographia:コロンバス都市的地域。 UN WUP:コロンバス都市的地域。 各国の定義:コロンバス==広域統計都市圏。 Demographia:ブリズベン都市的地域。 UN WUP:ブリズベン都市的地域。 各国の定義:ブリズベン都市的地域。 UN WUP:都市的集積地域。 各国の定義:ハイデラバード都市圏。 UN WUP:都市的集積地域。 各国の定義:コナクリ州。 Demographia:ストックホルム都市的地域。 UN WUP:ストックホルム都市的地域。 各国の定義:ストックホルム都市的地域。 参考文献 [ ]• 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (統計局, 人口統計年鑑)• (世界都市化予測, 2007年度版)• (世界都市化予測, 2005年度版)• 2012年12月4日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年12月4日閲覧。

次の

スポーツの人気ランキング2019!競技人口が多いスポーツは一体どれ?

世界 の 人口 ランキング 2019

日本の人口は2019年7月1日時点で推計1億2,622万人で、ピーク時の2008年から100万人以上減少しています。 世界の中でも人口が減っている国は20数カ国だけしかないんです。 今後も日本の総人口はどんどん減っていきますが、世界の総人口は年々増え続けており、推計では 2019年時点で75億人! 国連の予測では、毎年約8,300万人増加しており、2100年には100億人を突破すると見られています。 世界196の国や地域の人口をランキングしていますが、イメージが湧きやすいように 日本の都道府県や政令市の人口と比較しています。 ちなみに東京都だけの人口でみても1,300万人もいるので、世界の国別人口ランキングでは73位に相当するんです! やっぱり東京は大都市ですね。 では日本全体では、国別人口ランキングで何位なのでしょうか? スポンサードリンク 世界の国別人口ランキング 世界では今も1分間に約140人ずつ、人口が増えているそうです。 日本の人口は2015年時点で世界10位でしたが、世界保健機関 WHO 発表の2016年速報版では、 メキシコに抜かれて11位になりました。 人口1億人以上の国は世界で13カ国 1位の中国と2位のインドを合わせると、世界の総人口の25%にもなります。 そりゃ、こんなんなるわ。 以下、2018年WHO発表の人口推計速報値です。 でも日本は人口が減ってるし、このまま減り続けると不景気になるんだろうな。。。 スポンサードリンク 人口5千万人以上の国 大国のフランスやイギリスは人口が6千万人ちょっとで、日本の半分くらいしかいないんです。 意外じゃないですか? 順位 国名 人口 14位 エジプト 9,937万人 15位 ベトナム 9,649万人 16位 コンゴ民主共和国 8,400万人 17位 ドイツ 8,229万人 18位 イラン 8,201万人 19位 トルコ 8,191万人 20位 タイ 6,918万人 21位 イギリス 6,657万人 22位 フランス 6,523万人 23位 イタリア 5,929万人 24位 タンザニア 5,909万人 25位 南アフリカ 5,739万人 26位 ミャンマー 5,385万人 27位 韓国 5,116万人 28位 ケニア 5,095万人 人口1千万人以上の国 ここからは、かなり国数が多くなってきます。 関東圏の人口は、カナダ全体よりも多いんですよ! 東京はどこに行っても人が多いのも納得です。 それにしても、北朝鮮って意外と人口多かったんだな。。。 順位 国名 人口 29位 コロンビア 4,946万人 30位 スペイン 4,639万人 31位 アルゼンチン 4,468万人 32位 ウガンダ 4,427万人 33位 ウクライナ 4,400万人 34位 アルジェリア 4,200万人 35位 スーダン 4,151万人 36位 イラク 3,933万人 37位 ポーランド 3,810万人 38位 カナダ 3,695万人 参考 東京都+神奈川県+埼玉県+千葉県 3,629万人 39位 アフガニスタン 3,637万人 40位 モロッコ 3,619万人 41位 サウジアラビア 3,355万人 42位 ペルー 3,255万人 43位 ベネズエラ 3,238万人 44位 ウズベキスタン 3,236万人 45位 マレーシア 3,204万人 46位 アンゴラ 3,077万人 47位 モザンビーク 3,052万人 48位 ネパール 2,962万人 49位 ガーナ 2,946万人 50位 イエメン 2,891万人 51位 マダガスカル 2,626万人 52位 北朝鮮 2,561万人 53位 コートジボワール 2,490万人 54位 オーストラリア 2,477万人 55位 カメルーン 2,467万人 56位 台湾 2,369万人 参考 東京都+神奈川県 2,277万人 57位 ニジェール 2,231万人 58位 スリランカ 2,095万人 59位 ブルキナファソ 1,975万人 60位 ルーマニア 1,958万人 61位 マラウイ 1,961万人 62位 マリ 1,910万人 63位 カザフスタン 1,840万人 64位 シリア 1,828万人 65位 チリ 1,819万人 66位 ザンビア 1,760万人 67位 グアテマラ 1,724万人 68位 オランダ 1,708万人 69位 ジンバブエ 1,691万人 70位 エクアドル 1,686万人 71位 セネガル 1,629万人 72位 カンボジア 1,624万人 73位 チャド 1,535万人 74位 ソマリア 1,518万人 75位 ギニア 1,305万人 参考 東京都 1,300万人 76位 南スーダン 1,291万人 77位 ルワンダ 1,250万人 78位 チュニジア 1,165万人 79位 ベルギー 1,149万人 80位 キューバ 1,148万人 81位 ベナン 1,148万人 82位 ブルンジ 1,121万人 83位 ボリビア 1,121万人 84位 ギリシャ 1,114万人 85位 ハイチ 1,111万人 86位 ドミニカ共和国 1,088万人 87位 チェコ 1,062万人 88位 ポルトガル 1,029万人 人口1千万人以下の国 世界には196の国と地域がありますが、 人口1千万人以下の国は、全体の半分以上の109カ国あります。 東京23区の人口は約930万人なので、世界の国別人口ランキングに当てはめると96位に相当し、タジキスタンの人口と同じくらい。 また、 政令指定都市で一番人口の多い横浜市は約370万人なので、同じく世界人口ランキングでは132位に相当します。 私は関西地方に住んでいますが、東京・神奈川ってやっぱり人が多いんですね。 順位 国名 人口 89位 スウェーデン 998万人 90位 アゼルバイジャン 992万人 91位 ヨルダン 990万人 92位 ハンガリー 968万人 93位 アラブ首長国連邦 954万人 94位 ベラルーシ 945万人 95位 ホンジュラス 941万人 参考 東京23区 930万人 96位 タジキスタン 910万人 参考 大阪府 都道府県別3位 880万人 97位 セルビア 876万人 98位 オーストリア 875万人 99位 スイス 854万人 100位 イスラエル 845万人 101位 パプアニューギニア 841万人 102位 トーゴ 799万人 103位 シエラレオネ 771万人 参考 愛知県 都道府県別4位 750万人 104位 ブルガリア 715万人 105位 ラオス 680万人 106位 パラグアイ 663万人 107位 リビア 627万人 108位 エルサルバドル 612万人 109位 ニカラグア 608万人 110位 キルギス 594万人 111位 レバノン 585万人 112位 デンマーク 566万人 113位 シンガポール 560万人 114位 フィンランド 550万人 115位 スロバキア 542万人 116位 トルクメニスタン 537万人 参考 北海道 都道府県別8位 535万人 117位 エリトリア 522万人 118位 ノルウェー 521万人 119位 中央アフリカ 490万人 120位 コスタリカ 480万人 121位 アイルランド 468万人 122位 コンゴ共和国 462万人 123位 ニュージーランド 452万人 124位 リベリア 450万人 125位 オマーン 449万人 126位 クロアチア 424万人 127位 モルドバ 406万人 128位 モーリタニア 406万人 129位 ジョージア 400万人 130位 パナマ 392万人 131位 クウェート 389万人 132位 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ 381万人 参考 横浜市 政令市で1位 370万人 133位 ウルグアイ 342万人 134位 アルメニア 301万人 135位 モンゴル 295万人 136位 アルバニア 289万人 137位 リトアニア 287万人 138位 ジャマイカ 279万人 参考 大阪市 政令市で2位 260万人 139位 ナミビア 245万人 140位 ボツワナ 226万人 141位 カタール 223万人 142位 レソト 213万人 143位 マケドニア 207万人 144位 スロベニア 206万人 145位 ガンビア 199万人 146位 ラトビア 197万人 147位 ギニアビサウ 184万人 148位 ガボン 172万人 参考 沖縄県 都道府県別25位 143万人 149位 バーレーン 137万人 150位 トリニダード・トバゴ 136万人 151位 エストニア 131万人 152位 スワジランド 128万人 153位 モーリシャス 127万人 154位 東ティモール 118万人 155位 キプロス 116万人 参考 秋田県 都道府県別38位 100万人 156位 フィジー 89万人 157位 ジブチ 88万人 158位 赤道ギニア 84万人 159位 コモロ 78万人 160位 ブータン 77万人 161位 ガイアナ 76万人 162位 モンテネグロ 62万人 163位 ソロモン諸島 58万人 参考 鳥取県 日本で人口最少県 56万人 164位 ルクセンブルク 56万人 165位 スリナム 54万人 166位 カーボベルデ 52万人 167位 ブルネイ 42万人 168位 マルタ 41万人 169位 バハマ 38万人 170位 モルディブ 36万人 171位 ベリーズ 35万人 172位 アイスランド 32万人 参考 那覇市 31万人 173位 バルバトス 28万人 174位 バヌアツ 26万人 175位 サモア 19万人 176位 サントメ・プリンシペ 19万人 177位 セントルシア 18万人 178位 キリバス 11万人 179位 セントビンセント・グレナディーン 10万人 180位 グレナダ 10万人 181位 トンガ 10万人 182位 ミクロネシア 10万人 183位 セーシェル 9万人 184位 アンティグア・バーブーダ 9万人 185位 ドミニカ国 7万人 186位 アンドラ 7万人 187位 セントクリストファー・ネイビス 5万人 188位 マーシャル諸島 5万人 189位 リヒテンシュタイン 3万人 190位 モナコ 3万人 191位 サンマリノ 3万人 192位 クック諸島 2万人 193位 パラオ 2万人 194位 ナウル 1万人 195位 ツバル 1万人 196位 ニウエ 2千人 197位 バチカン 400人 日本の人口はこのまま減ると、2060年ころには1億人を割り込んで、2100年ころには5000万人を確実に下回るそうです。 そして、国立社会保障・人口問題研究所の試算によれば、 2400年ころには日本人はゼロになる可能性が高いんですって! この記事を読んでるあなたも、もちろん私もその頃にはこの世にいないはずですが、やっぱりさみしいですよね。 少子化対策担当大臣っていう人がいるんですが、何をやってるのか、あまり活動が伝わってないような気がしませんか? 子どもを育てやすい社会にしてもらえるように、政治家の皆さんにはぜひ頑張って欲しい! 税金を無駄遣いせずに有効に使って下さい!.

次の

【世界の移民人口ランキング】世界で移民人口が多い国トップ10!日本は何位?│世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない

世界 の 人口 ランキング 2019

ここから本文です。 世界の統計2020 章番号 ( / ) 〔出典〕 自然科学研究機構 国立天文台「理科年表」(2019年版) 〔解説〕 アジアは標高上位20山,北アメリカ,南アメリカ,ヨーロッパ及びアフリカは上位5山,オセアニア・南極は上位3山までの高山を掲載。 〔出典〕 自然科学研究機構 国立天文台「理科年表」(2019年版) 〔解説〕 流域面積80万平方キロメートル以上の河川を掲載。 〔出典〕 FAO, 2015 2015年9月ダウンロード 〔解説〕 森林:高さ5メートル以上の樹木(現在,幼木であっても将来高さ5メートル以上に達すると予想されるものを含む。 )で覆われた0. 5ヘクタール以上の土地で,林地に対する樹冠面積が10パーセント以上のもの。 人工林を含む。 国立公園,自然保護地域,各種保護地域,防風林,ゴム園などを含み,果樹林などのように,農林業としての利用目的が明確なものを除く。 陸地面積:内水面(主要な河川及び湖沼)を除いた総土地面積。 〔出典〕 自然科学研究機構 国立天文台「理科年表」(2019年版) 〔解説〕 気温と降水量は,原則1981年から2010年までの30年平均値。 都市:各国の観測地点がある首都又は主要都市。 気温:月別の累年平均値のうち最高月及び最低月の数値。 年間降水量:1月〜12月の累年平均値。 ( / ) 〔出典〕 UN, : The 2019 Revision 【参考】 2019年7月ダウンロード 〔解説〕 世界の人口:各年7月1日現在の推計人口及び将来推計人口(中位推計値)。 先進国:日本,北アメリカ(中央アメリカ及びカリブ海諸国を除く),オーストラリア,ニュージーランド及びヨーロッパの国。 開発途上国:先進国を除く全ての国。 日本の人口:10月1日現在の常住人口。 1950〜2015年のうち,国勢調査実施の年(西暦の末尾が0又は5の年)は国勢調査人口,それ以外の年は推計人口。 2020〜2050年は国立社会保障・人口問題研究所による将来推計人口(中位推計値)。 外国の軍人・外交官及びその家族を除く。 年平均増減率:1955〜2000年及び2025〜2050年は5年間の幾何平均,そのほかは対前年により増減率を算出。 〔グラフ〕 〔出典〕 UN, : The 2019 Revision 【参考】 2019年7月ダウンロード 〔解説〕 各年7月1日現在の推計人口及び将来推計人口(中位推計値)。 2010年における人口が多い国を中心に掲載。 先進国,開発途上国,日本の人口:「」の解説を参照。 年平均増減率:10年間の幾何平均により年平均増減率を算出。 中位年齢:人口を年齢順に並べ,その中央で全人口を2等分する境界点にある年齢。 〔出典〕 UN, : The 2019 Revision 【参考】 2019年7月ダウンロード 〔解説〕 各年7月1日現在の推計人口。 日本の人口:「」の解説を参照。 〔出典〕 UN, , Demographic Yearbook 2018 【参考】 2019年11月ダウンロード UN, :The 2019 Revision 【参考】 2019年7月ダウンロード 〔解説〕 センサス人口:原則として,「現在人口」(de facto population:居住者か非居住者かを問わず,調査時現在その地域に存在する人数)。 「常住人口」(de jure population:その地域に通常居住している人数。 原則として,国外の自国民を除く。 )等の場合は注記した。 外国の軍人・外交官及びその家族を除いている国が多い。 推計人口:各年7月1日現在。 面積:内水面を含む全面積。 極地及び居住不可能な島を除く。 人口密度:面積1平方キロメートル当たりの人口。 なお,推計人口とは出典が異なるため,掲載値から算出すると,値が異なる場合がある。 〔出典〕 UN, , Demographic Yearbook 2009-2010,2018 【参考】 2012年10月,2019年11月ダウンロード 〔解説〕 原則として,人口100万人以上の都市を有する国について,人口100万人以上(インドと中国は首都を除く上位19位)の都市及び首都の人口(各国が実施した人口センサスによる「現在人口」)。 原則として,近郊地域は含まない。 「推計人口」又は「常住人口」の場合は注記した。 〔出典〕 UN, : The 2019 Revision 【参考】 2019年8月ダウンロード 〔解説〕 年齢は7月1日現在における満年齢。 「15歳以上人口」に配偶関係不詳を含む場合がある。 年齢は調査時点における満年齢。 なお,フランスでは,2004年からローリングセンサス方式で人口調査を実施しており,全国の結果は推計結果。 ローリングセンサス方式:全国を一斉に調査する手法に代わり,一定期間をかけて順次地域ごとに調査を行う手法。 世帯:住宅の有無にかかわらず生計を共にしている人の集まり又は独立して生計を立てている単身者。 原則として,軍事施設,矯正施設,学校の寄宿舎,病院・療養所,宗教施設などで生活している者を除く。 国籍は調査時点における法律上の国籍。 自国籍:その国及び属領の国民。 外国籍:自国籍以外の者。 いわゆる民族のほか,出身国・地方,人種,皮膚の色,言語,宗教,衣食の習慣などにより分類されており,その概念や用語は国により異なる。 (1)母語(通常,各人が幼少の頃話していた言語),(2)日常使用している言語,(3)話すことのできる言語を掲載しているが,国によりその取扱いが異なる。 〔出典〕 UN, , Demographic Yearbook 2018 【参考】 2019年11月ダウンロード UN, 2019年11月ダウンロード 〔解説〕 調査の対象範囲は国により異なる。 出生率:人口1,000人に対する1年間の出生数(死産を除く。 粗出生率(crude birth rate)又は普通出生率ともいう。 死亡率:人口1,000人に対する1年間の死亡数。 粗死亡率(crude death rate)又は普通死亡率ともいう。 自然増減率:出生率と死亡率の差。 乳児死亡率:出生数1,000に対する1歳未満乳児の年間死亡数。 〔出典〕 UN, : The 2019 Revision 【参考】 2019年9月ダウンロード 〔解説〕 国連人口部による推計値(将来推計は中位推計値)。 先進国及び開発途上国の区分については,「」の解説を参照。 出生率:一定期間の出生数をその期間の人口で割ったもの。 一般に,人口1,000人当たりの1年間の出生数で示される。 〔出典〕 国立社会保障・人口問題研究所「」(2019年版) 2019年9月ダウンロード 〔解説〕 合計特殊出生率の低い順に掲載。 合計特殊出生率(total fertility rate):1人の女性がその年次の年齢別出生率で一生の間に産むと仮定したときの平均子ども数で,年齢別出生率(age-specific fertility rate)の合計。 年齢別出生率:ある年齢の女性が1年間に産んだ子どもの数を,該当年齢の女性人口で除した数(1,000人当たり)。 ただし,19歳以下は15〜19歳女性人口,45歳以上は45〜49歳女性人口により算出。 〔出典〕 UN, : The 2019 Revision 【参考】 2019年9月ダウンロード 〔解説〕 国連人口部による推計値(将来推計は中位推計値)。 先進国及び開発途上国の区分については「」の解説を参照。 死亡率:一定期間の死亡数をその期間の人口で割ったもの。 一般に,人口1,000人当たりの1年間の死亡数で示される。 〔出典〕 WHO, 2018年8月ダウンロード 〔解説〕 平均寿命(life expectancy at birth):出生時(0歳)の平均余命(その後生存できると期待される年数)。 健康寿命:出生時の健康余命(健康に過ごせると期待される平均的な年数)。 健康とは,肉体的・精神的及び社会的に健全な状態をいう。 〔出典〕 UN, , Demographic Yearbook 2018 【参考】 2019年11月ダウンロード 〔解説〕 調査の対象範囲は国により異なる。 婚姻率:人口1,000人に対する1年間の婚姻数(住民登録による。 再婚数を含む。 離婚率:人口1,000人に対する1年間の離婚数(裁判記録又は住民登録による。 〔出典〕 法務省「」(2014,2015,2016,2017,2018年) 2019年9月ダウンロード 〔解説〕 正規入国外国人:出入国管理及び難民認定法による正規の手続を経て,日本へ入国した外国人。 軍人・軍属及びその家族を除く。 〔出典〕 法務省「」(2018年12月末) 2019年9月ダウンロード 〔解説〕 在留外国人:中長期在留者(出入国管理及び難民認定法上の在留資格をもって日本に中長期間在留する外国人)及び特別永住者。 永住者:法務大臣が永住を認める者。 日本人の配偶者等:日本人の配偶者若しくは特別養子又は日本人の子として出生した者。 永住者の配偶者等を含む。 在留期間は5年,3年,1年又は6か月。 定住者:法務大臣が特別な理由を考慮し,一定の在留期間を指定して居住を認める者。 留学:日本の大学,高等専門学校,高等学校若しくは特別支援学校の高等部,中学校若しくは特別支援学校の中学部,小学校若しくは特別支援学校の小学部,専修学校若しくは各種学校又はこれらに準ずる機関において教育を受ける者。 在留期間は4年3か月,4年,3年3か月,3年,2年3か月,2年,1年3か月,1年,6か月又は3か月。 就労:教授,芸術,宗教,報道,高度専門職,経営・管理,法律・会計業務,医療,研究,教育,技術・人文知識・国際業務,企業内転勤,介護,興行,技能に係る業務に従事する者。 在留期間はおおむね5年,3年,1年又は3か月。 高度専門職の在留期間は活動の種類により5年又は無期限。 興行の在留期間は3年,1年,6か月,3か月又は15日。 その他:研修生,家族滞在者,特定活動に従事している者など。 ( / ) 〔出典〕 UN, 【参考】 2019年7月ダウンロード 〔出典〕 UN, 【参考】 2019年7月ダウンロード 〔出典〕 UN, 【参考】 2019年7月ダウンロード 〔出典〕 UN, 【参考】 2019年7月ダウンロード 〔解説〕 名目GDPから物価変動による影響を除いた実質GDPの成長率(対前年増減率)。 〔出典〕 UN, 【参考】 2019年7月ダウンロード 〔解説〕 国によっては国内総生産に統計上の不突合を含むため,割合の合計が100にならない場合がある。 民間最終消費支出:家計最終消費支出(個人企業を除いた消費主体としての家計の新規の財貨・サービスに対する支出)と対家計民間非営利団体最終消費支出(非市場生産者としての対家計民間非営利団体による財貨・サービスの産出額から財貨・サービスの販売及び自己勘定総固定資本形成を除いた価額)の合計。 政府最終消費支出:政府サービスの産出額(=雇用者報酬,中間消費,固定資本減耗といった生産費用の積上げ)から財貨・サービスの販売及び自己勘定総固定資本形成を除き,現物社会給付等を加えた額。 総固定資本形成:固定資産の取得から処分を控除したものに,非生産資産の価値を増大させるような支出を加えた価額。 〔出典〕 UN, 【参考】 2019年7月ダウンロード 〔解説〕 国際標準産業分類()の第3版1(Rev. 1)による。 粗付加価値:産出額から中間投入を除いたもの。 資本減耗分を含む。 〔出典〕 UN, 【参考】 2019年7月ダウンロード 〔解説〕 対前年増減率。 「」の解説を参照。 〔出典〕 UN, 【参考】 2019年7月ダウンロード 〔解説〕 国民総所得(GNI):当該国の居住者主体によって受け取られた所得の総額を示すもので,GDPに海外からの所得(雇用者報酬,財産所得)の純受取を加えたもの。 〔出典〕 OECD, , National Accounts 【参考】 2019年9月ダウンロード 〔解説〕 購買力平価(PPP:Purchasing Power Parities):経済活動を国際比較するために,国家間の物価水準における差を除去することによって,異なる通貨の購買力を等しくする通貨換算率。 OECD 推計値を含む場合がある。 なお,詳細な情報は,総務省ホームページ「」を参照。 〔出典〕 OECD, , National Accounts 【参考】 2019年9月ダウンロード 〔解説〕 ユーロ参加国については,ユーロ導入以前の年についても,EUが固定為替レートによりユーロ建てに換算した値が用いられている。 〔出典〕 The World Bank, 2019年9月ダウンロード 〔解説〕 詳細な情報については,世界銀行ホームページ「」又は総務省ホームページ「」を参照。 ( / ) 〔出典〕 FAO, : Inputs 2019年10月ダウンロード 〔解説〕 土地利用の定義は国により異なる場合がある。 陸地面積:内水面(主要な河川及び湖沼)及び沿岸水域を除いた総土地面積。 耕地:一時的に作物の収穫が行われている土地,採草地,牧草地及び休閑地の合計。 永年作物地:ココア,コーヒーなどの収穫後の植替えが必要ない永年性作物を長期間にわたり栽培・収穫している土地。 〔出典〕 FAO, : Production 【参考】 2018年5月ダウンロード 〔解説〕 ラスパイレス式による。 農畜産物一次産品のうち,家畜飼料,種子及びふ化用卵などを除く。 FAOにおける指数の作成においては,1商品1価格とし,為替レートの影響を受けないよう,国際商品価格を用いて推計。 総合:全ての農作物及び畜産物。 食料:食用かつ栄養分を含有する品目。 コーヒー,茶などを除く。 〔出典〕 FAO, : Production 【参考】 2020年1月ダウンロード 〔解説〕 生産量の多い15か国を掲載。 ただし,日本が16位以下で出典資料に記載されている場合には,15位の国に代えて,括弧付きで掲載。 穀類:米,小麦,大麦,ライ麦,えん麦,とうもろこしなど。 米:脱穀・選別後の米粒。 小麦:スペルト麦を含む。 いも類:ばれいしょ,かんしょ,キャッサバ,ヤム芋,タロ芋など。 落花生:殻付き。 キャベツ:白菜,赤キャベツ,芽キャベツ,ちりめんキャベツなどを含む。 ぶどう:ワイン用を含む。 バナナ:料理用を除く。 コーヒー豆:生の豆。 ココア豆:生の豆及び焙煎済みの豆。 茶:緑茶,紅茶など。 牛,豚,羊,鶏:家畜・家きん。 鶏卵:ふ化用を含む。 亜麻:茎から取り出した繊維。 麻くずを含む。 ジュート:ジュート類似繊維を含む。 天然ゴム:安定化又は濃縮したラテックス及び加硫ゴムラテックスを含む。 〔出典〕 FAO, : Food Balance 2019年12月ダウンロード 〔解説〕 食料として直接利用可能な1人1年当たりの供給量。 各項目の内容は国により異なる場合がある。 穀類:米,小麦,大麦,とうもろこし,ライ麦,えん麦及びその他の穀物。 米:精米換算。 いも類:ばれいしょ,かんしょ,キャッサバ及びその他の塊根類。 砂糖類:砂糖,はちみつ及びその他の甘味料。 豆類:いんげん(乾燥豆),えんどう及びその他の豆類。 大豆及びナッツ類を除く。 果実類:果実酒を除く。 肉類:牛肉,羊・山羊肉,豚肉,家きん肉及びその他の食肉。 くず肉を含む。 魚介類:甲殻類,軟体動物,海草類及び水生哺乳動物を含む。 〔出典〕 FAO, : Food Balance 2019年12月ダウンロード 〔解説〕 重量ベース。 食用以外の飼料用,種子用,加工用(食用及び食用以外),減耗などを含む。 各項目については,「」の解説を参照。 〔出典〕 FAO, : Inputs 2019年9月ダウンロード 〔解説〕 消費された肥料に含まれる植物栄養素(N,P 2O 5,K 2O)の量。 窒素質肥料:硫酸アンモニア,硝酸アンモニア,尿素など。 りん酸質肥料:過りん酸石灰,熔成りん肥など。 カリ質肥料:硫酸カリ,塩化カリなど。 〔出典〕 FAO, : Forestry 2019年12月ダウンロード 〔解説〕 加工前の生産量。 総量:森林及び森林外から伐採・回収された全ての樹木。 倒木を含む。 用材:製材・ベニヤ材,パルプ材などの産業用素材。 〔出典〕 FAO, 2019年10月ダウンロード 〔解説〕 FAO水棲(すいせい)動植物国際標準統計分類()による。 漁獲・採集及び養殖による水産物の生体重量。 食用以外の商業用・産業用・レクリエーション用を含むが,鯨,アザラシ,ワニ,さんご,真珠,海綿などを除く。 水産物:魚類,甲殻類,軟体類及び藻類。 養殖:所有権を明確にして人工的に魚介類や藻類の発生・生育を図る給餌養殖,広い海域へ種苗(いわゆる稚魚)をまいて成長させ,成魚にして捕獲する栽培漁業など。 内水面:湖沼,河川,池など,陸地内の水面。 〔出典〕 FAO, 2019年10月ダウンロード 〔解説〕 による。 漁獲・採集及び養殖による水産物の生体重量。 食用以外の商業用・産業用・レクリエーション用を含むが,鯨,アザラシ,ワニ,さんご,真珠,海綿などを除く。 かに類:タラバガニ(ヤドカリ類に属する。 )を除く。 〔出典〕 FAO, 2019年10月ダウンロード 〔解説〕 「」のうち,魚類,甲殻類及び軟体類の海洋における漁獲量10万トン以上の国(漁獲量10万トン以上の国がない海域については漁獲量第1位の国)について,海域ごとに掲載。 日本の漁獲量が10万トン未満で出典資料に記載されている場合には,括弧付きで掲載。 ( / ) 〔出典〕 UN, 2019年11月ダウンロード 〔解説〕 産業分類は国際標準産業分類()の第4版(Rev. 4)による。 第3版(Rev. 3)による場合は,注記。 〔出典〕 UNIDO, International Yearbook of Industrial Statistics 2018, 2019 〔解説〕 「製造業」のうち主要な業種について,産業中分類別に掲載。 産業分類はの第4版(Rev. 4)による。 事業所数(企業数):事業所とは,作業場や工場のように,単一の経営主体の下で一定の場所(一区画)を占めて主に一つの経済活動を行っている単位。 企業数の場合は括弧付きで注記。 雇用者数(従業者数):雇用者とは,あらゆる生産活動に従事する就業者のうち,事業主,無給の家族従業者などを除く全ての者。 従業者数の場合は括弧付きで注記。 付加価値額:生産活動によって新たに生み出された価値。 「国民経済計算上の付加価値額」と「センサス付加価値額」(国民経済計算上の付加価値額から非鉱工業サービスの純収入(受取と支出の差額)を差し引いたもの)がある。 表示(評価)方法には,支払った間接税と受け取った補助金の差額が含まれる「生産者価格表示」と,含まれない「要素費用表示」とがある。 出典資料に付加価値額の種類が記載されている国については注記。 「製造業」の主要な12業種 食料品:101(肉の加工・保存業),102(魚類,甲殻類及び軟体動物の加工・保存業),103(果実及び野菜加工・保存業),104(植物・動物油脂製造業),105(酪農製品製造業),106(精穀・製粉業,でん粉・でん粉製品製造業),107(その他の食料品製造業),108(加工飼料製造業) 飲料:1101(酒類の蒸留,精留及び混合業),1102(ワイン製造業),1103(麦芽酒及び麦芽製造業),1104(清涼飲料製造業;ミネラルウォーターその他の瓶詰め水生産業) 織物:131(紡績業,織物業及び整理仕上げ業),139(その他の織物製造業) 印刷業:181(印刷業及び印刷関連サービス業), 182(記録媒体複製業) 化学製品:201(基礎化学品,肥料及び窒素化合物,プラスチック及び合成ゴム素材製造業),202(その他の化学製品製造業),203(人造繊維製造業) 第1次金属:241(第1次鉄鋼製造業),242(第1次貴金属・その他非鉄金属製造業),243(金属鋳造業) 金属製品:251(構造用金属製品,タンク,貯槽及び蒸気発生装置製造業),252(武器及び弾薬製造業),259(その他の金属製品製造業,金属加工サービス活動) 電子・光学製品:261(電子部品及び基板製造業),262(コンピュータ及び周辺装置製造業),263(通信装置製造業),264(家庭用電子機器製造業),265(測定,試験,操縦及び制御装置製造業;時計製造業),266(照射,電気医療及び電気療法装置製造業),267(光学機器及び写真用装置製造業),268(磁気及び光媒体製造業) 電気機器:271(電動機,発電機,変圧器,配電及び制御装置製造業),272(電池及び蓄電池製造業),273(配線及び配線装置製造業),274(電気照明器具製造業),275(民生用機械器具製造業),279(その他の電気機器製造業) 機械器具:281(一般機械製造業),282(特殊産業用機械製造業) 自動車:291(自動車製造業),292(自動車車体製造(設計)業,トレーラ及びセミトレーラ製造業),293(自動車部品及び付属品製造業) 輸送用機械器具:301(船舶製造業),302(鉄道機関車及び車両製造業),303(航空機及び宇宙船並びに関連機械製造業),304(軍用戦闘車両製造業),309(他に分類されない輸送用機械器具製造業) 〔出典〕 UN, 【参考】 2019年11月ダウンロード 〔解説〕 各国の領土内における総生産量。 2014年〜2016年のうち,各国における最新年の値から生産量が多い15か国を掲載。 ただし,日本が16位以下で出典資料に記載されている場合には,15位の国に代えて,括弧付きで掲載。 本章解説における品目名の後の括弧内の数字は,出典元のコード番号。 中央生産物分類()を基に付与されている。 石炭 11010-0 :石炭化度の低いものを含む。 原油 12010-0 :オイルシェール及びオイルサンドから抽出した鉱油を含む。 天然ガス 12020-1 :採取過程で損失したガス,再投入されたガス及び燃焼・放出したガスを除く。 ウラン鉱 13000-1 :鉱石及び精鉱。 〔出典〕 UN, 【参考】 2019年11月ダウンロード 〔解説〕 2014年〜2016年のうち,各国における最新年の値から生産量の多い10か国を掲載。 ただし,日本が11位以下で出典資料に記載されている場合には,10位の国に代えて,括弧付きで掲載。 本章解説における品目名の後の括弧内の数字は,出典元のコード番号。 を基に付与されている。 鉄鉱 14100-0 :鉱石及び精鉱(焼いた硫化鉄鉱を除く。 銅鉱 14210-0 , ニッケル鉱 14220-0 , ボーキサイト 14230-0 , 金鉱 14240-1 , 銀鉱 14240-2 , すず鉱 14290-1 , 鉛鉱 14290-2 , 亜鉛鉱 14290-3 , モリブデン鉱 14290-5 :鉱石及び精鉱。 〔出典〕 UN, 【参考】 2019年11月ダウンロード 〔解説〕 「」の解説を参照。 石碑用・建築用岩石 15130-1 :花こう岩,はん岩,玄武岩,砂岩など。 石こう・石灰石 15200-0 :石こう,無水石こう,ライムストーン・フラックス,石灰石などの石灰質の岩石。 粘土 15400-0 :カオリン,アンダルサイト,カイアナイト,シリマナイト,ムライト,シャモット,ダイナスアースなど。 天然リン酸塩 16110-1 :P 2O 5含有物。 天然リン酸カルシウム,天然リン酸アルミニウムカルシウム及びリン酸塩含有白亜。 天然カリウム塩類 16110-2 :K 2O含有物。 カーナライト,カリ岩塩など。 塩 16200-1 :塩(食卓塩を含む。 )及び純塩化ナトリウム。 〔出典〕 UN, 【参考】 2019年11ダウンロード 〔解説〕 「」の解説を参照。 牛肉 21110-1 :生鮮,冷蔵又は冷凍の肉。 豚肉 21110-2 :生鮮,冷蔵又は冷凍の肉。 鳥肉 21120-1 :生鮮,冷蔵又は冷凍の家きんの肉。 食用くず肉を含む。 冷凍魚類 21220-0 :冷凍の魚類及び魚類製品。 塩干魚類 21230-0 :乾燥・塩漬・くん製の魚及び魚粉。 大豆油 21630-1 :未精製のもの。 マーガリン 21680-1 :液体マーガリンを除く。 バター 22940-0 :ミルクから得たバターその他の油脂及びデイリースプレッド。 チーズ 22950-0 :凝乳(カード)を含む。 小麦粉 23110-0 :小麦又はメスリン(小麦とライ麦を混合したもの。 )から製造されたもの。 粗糖 23510-0 :てん菜糖及びかんしょ糖。 香味料又は着色料を添加したものを除く。 蒸留酒 24130-0 :ウイスキー,ラム酒,ジン,ウォッカ,リキュール及びコーディアルなど。 ワイン 24210-0 :グレープマスト,スパークリングワイン,ベルモット酒及び香味付けしたワインを含む。 ビール 24310-0 :麦芽から製造されたもの。 ミネラルウォーター 24410-0 :無加糖・無香料のミネラルウォーター及び炭酸水。 ソフトドリンク 24490-0 :水及びフルーツジュースを除く。 〔出典〕 UN, 【参考】 2019年11月ダウンロード 〔解説〕 「」の解説を参照。 毛糸 26300-1 :紡毛糸,梳毛(そもう)糸及び獣毛糸。 綿糸 26300-2 :縫糸以外。 毛織物 26500-1 :衣類,家庭用,産業用の紡毛,梳毛織物又は繊獣毛製の織物。 絹織物 26510-0 :絹又はくず絹。 綿織物 26600-0 :綿の重量が85パーセント未満のものは,主に人工繊維を含む。 合成繊維織物 26700-0 :強力糸,長・短繊維,綿などを含む合成繊維の織物。 〔出典〕 UN, 【参考】 2019年11月ダウンロード 〔解説〕 「」の解説を参照。 製材 31000-2 :針葉樹の木材を加工したもの(厚さ6ミリメートルを超えるもの)。 合板 31400-1 :合板,ベニヤパネルと同様の集成材。 木材パルプ 32112-1 :化学パルプ(ソーダパルプ及び硫酸塩パルプ)。 新聞用紙 32121-0 段ボール紙 32151-0 衛生用紙 32193-0 :トイレットペーパー,ペーパータオルなど。 〔出典〕 UN, 【参考】 2019年11月ダウンロード 〔解説〕 「」の解説を参照。 コークス 33100-0 :石炭を乾留(蒸し焼き)して得られる固形の残留物。 ガス工場製のもの,コークス炉製のもの及び褐炭コークス。 発動機用ガソリン 33310-2 :航空機を除く内燃機関に使用する軽質炭化水素油。 オクタン価を高めたもの。 ナフサ 33330-0 :高規格の発動機用ガソリン,ジェット燃料及び各種化学製品の原料。 灯油 33340-1 :灯油,揮発油及び動力用ケロシン。 残渣 ざんさ 燃料油 33370-0 :蒸留残油を含む燃料油。 重油の主成分。 アスファルト 33500-3 :天然のアスファルトを除く。 か性ソーダ 34230-1 :固体又は液体ソーダ。 窒素質肥料 34613-0 カリ質肥料 34615-0 :カーナライト,カリ岩塩及び天然カリウム塩を除く。 ポリスチレン 34720-1 :一次製品。 ポリ塩化ビニル 34730-1 :不純物を含まないもの。 一次製品。 ポリプロピレン 34790-1 :一次製品。 合成ゴム 34800-0 タイヤ 36111-0 :新品の自動車(ステーションワゴン及びレーシングカーを含む。 )用のタイヤ。 石灰 37420-0 :生石灰,消石灰及び水硬性石灰。 セメント 37440-0 :ポルトランドセメント,アルミナセメント,スラグセメント及び類似の水硬性セメント。 クリンカー状のものを除く。 〔出典〕 UN, 【参考】 2019年11月ダウンロード 〔解説〕 「」の解説を参照。 銑(せん)鉄 41111-0 :銑鉄及びスピーゲル(マンガンと鉄の合金)。 粗鋼 41120-0 :粗鋼,鉄の半製品,非合金鋼鉄,ステンレス鋼及びその他の合金鋼。 熱間圧延鋼板 41210-0 :鉄又は非合金鋼鉄の熱間圧延鋼板。 亜鉛めっき鋼板 41232-2 :亜鉛をめっきした圧延板。 棒鋼 41240-0 :鉄又は鋼鉄の棒。 鋼管 41270-1 :石油,ガスのパイプラインで使用する,鋳鉄以外の鉄又はスチールの鋼管。 精製銅 41413-1 :加工していないもの。 非合金。 アルミニウム 41431-1 :加工していないもの。 非合金。 鉛 41441-1 :加工していないもの。 精製鉛。 亜鉛 41442-1 :加工していないもの。 非合金。 〔出典〕 UN, 【参考】 2019年11月ダウンロード 〔解説〕 「」の解説を参照。 内燃機関 43110-1 :ディーゼル機関,自動車用及び航空機用を除く。 ディーゼル機関 43110-2 :圧縮点火内燃機関(ディーゼル又はセミディーゼル機関)。 自動車用及び航空機用を除く。 コンバイン 44130-1 :収穫脱穀機。 旋盤 44213-0 :金属加工用のターニングセンターを含む旋盤。 ボール盤,中ぐり盤 44214-0 :金属加工用穴あけ機械。 旋盤及びターニングセンターを除く。 掘削機械 44420-1 :機械ショベル,掘削機及びショベルローダー。 冷蔵庫 44811-1 :冷凍冷蔵庫。 ドアが別々に取り付いているもの。 洗濯機,乾燥機 44812-1 :家庭用。 洗濯乾燥機を含む。 デスクトップパソコン 45230-0 固定電話 47220-1 :テレビ電話を含む。 ラジオ 47310-1 :自動車用の受信機及び無線電話・無線電信の機能があるものを含む。 テレビ 47313-2 バス 49112-0 :運転手を含む乗車定員10人以上の輸送用自動車。 乗用自動車 49113-0 :公的輸送機関の自動車,ゴルフカートなどを除く。 トラック 49114-0 :オフハイウェイ用のダンプカーを除く。 自動二輪車 49910-1 :オートバイ,スクーターなど(排気量50cc以下及びサイドカーを除く。 一次エネルギー:自然界に存在する形状で得られるエネルギー。 石油,石炭,天然ガス,水力,地熱など。 一次エネルギー生産量 固形:石炭(褐炭を含む。 ),亜炭,泥炭及びオイルシェールなど。 液体:原油,天然ガス液,液体バイオ燃料など。 ガス:天然ガス及びバイオガス。 電力:水力,風力,潮汐(ちょうせき),波力,太陽光発電などの一次電力。 熱:原子力,地熱,太陽熱などの一次熱。 エネルギー輸出入量:一次及び二次エネルギー。 国際輸送燃料:国際輸送のための航空機及び船舶用燃料。 バンカーともいう。 一次及び二次エネルギー。 在庫変動:在庫積増は「プラス」,在庫取崩は「マイナス」。 一次及び二次エネルギー。 最終エネルギー消費量:非エネルギー利用,エネルギー利用(産業,運輸,その他)による。 〔出典〕 UN, 2016 2019年8月ダウンロード 〔出典〕 UN, 2016 2019年8月ダウンロード 〔解説〕 天然ガス:メタン,エタン,プロパンなど炭化水素ガスの混合物。 製造ガス:ガス工場などで製造されるガス。 コークス炉ガス:コークス製造の際に発生するガス。 高炉ガス:溶鉱炉から排出される副産ガス。 他の回収ガス:製造などで回収された可燃性ガス。 液化石油ガス:原油・天然ガスの採掘時,又は石油精製の過程で得られるプロパン,ブタンを主成分としたガスを加圧冷却して液化したもの。 LPガスともいう。 〔出典〕 UN, 2016 2019年8月ダウンロード 〔解説〕 火力,水力,原子力及びその他(地熱,風力,潮汐,波力,太陽光発電など)による発電量。 自家発電を含む。 発電量:総発電量。 発電能力:純設備容量。 〔出典〕 UN, 2016 2019年8月ダウンロード 〔解説〕 各資源の確認可採埋蔵量(現在の技術・経済条件下で,採掘できることが確認された量)。 無煙炭,瀝青(れきせい) 炭,亜瀝青炭,褐炭:石炭を石炭化度(石炭の根源植物が石炭に変質する過程の進行度合い)の高い方から順に無煙炭,瀝青炭,亜瀝青炭,褐炭及び亜炭・泥炭に分類し,一般に無煙炭から褐炭までを石炭と呼ぶ。 ( / ) 〔出典〕 OECD, , Science, Technology and Patents 【参考】 2019年9月ダウンロード 〔解説〕 OECDの定義及び分類による。 「企業」のデータについては,人文・社会科学を除く自然科学分野のみを計上している場合もある。 研究者数:研究開発業務に専従した時間割合を勘案した人数(フルタイム換算)。 研究・開発に従事する大学院博士課程の在籍者などを含み,研究・開発機関などにおける研究補助者,技能者,研究事務従事者などを除く。 国内研究費:当該国内で使用された研究費。 外国から割り当てられた資金で実施される研究・開発を含む。 財源:政府,企業,大学等,民間非営利団体,海外の5つの分類のうち,政府及び企業について掲載した。 研究主体:政府,企業,大学等,民間非営利団体の4つの分類のうち,政府,企業及び大学等について掲載した。 政府:中央・地方政府。 主に政府に管理され,政府の資金によって運営されている非営利団体を含む。 企業:営利を目的とする会社,機関など。 それらが運営する非営利団体を含む。 大学等:大学及びその他の高等教育機関。 高等教育機関が直接管理・運営する実験施設及び病院を含む。 〔出典〕 OECD, OECD. stat, Science, Technology and Patents 2018年10月ダウンロード 〔解説〕 研究・開発により得られた技術など(特許権,商標権,意匠権,ノウハウ及び技術指導)の提供・受入れに関する国際商取引額。 〔出典〕 特許庁「」(2019年版) 2019年10月ダウンロード 〔解説〕 産業財産権とは,特許権,意匠権,商標権などをいい,農業・鉱業・商業などの産業に関する知的財産を含む。 特許権:自然法則を利用した,新規性のある,産業上有用な発明に対して与えられる独占権。 意匠権:新たに考え出された物品の形状などに関するデザインに対して与えられる独占的排他的使用権。 商標権:登録した商標(商品・役務に使用する文字・図形などのマーク)の独占的排他的使用権。 〔出典〕 ITU, 2019年10月ダウンロード 〔解説〕 電話回線数:加入者の電話機及びファクシミリを公衆交換電話網(PSTN)に接続する主要な回線(アナログ,ISDN,VoIP,WLL)の数。 公衆電話の回線を含む。 移動電話契約数:PSTNにアクセスする移動電話サービス業者と契約した利用者数。 〔出典〕 ITU, 2019年10月ダウンロード 〔解説〕 原則として,各国の調査報告による。 国により,インターネット・サービス・プロバイダー加入者数に基づく推計値の場合がある。 〔出典〕 OECD, 2019年10月ダウンロード 〔解説〕 ブロードバンド回線(DSL,ケーブルインターネットなど,大容量のデータを短時間に送受信可能とする回線)の12月現在の契約数。 DSL(Digital Subscriber Line):電話用のメタリックケーブルにモデムなどを設置する方式。 ケーブル:ケーブルテレビ用のケーブルを用いて提供するインターネット接続サービス。 光ファイバー:光ファイバーを使用した通信ケーブル。 一般的に使用されているメタルケーブルより,高速なデータの伝送を行うことができる。 ( / ) 〔出典〕 IRF, World Road Statistics 2018 〔解説〕 主要幹線道路:高速道路, 自動車専用道路,主要道路及び国道。 二級道路:地方道を含む。 道路関連支出:国・地方自治体及び民間部門による道路の建設,改修,補修,維持,管理,調査などへの支出。 〔出典〕 IRF, World Road Statistics 2018 〔解説〕 乗用車:運転手を含む乗車定員9人以下のもの。 タクシー及びレンタカーを含み,オートバイを除く。 バス:運転手を含む乗車定員10人以上のもの。 小型バスを含む。 貨物車:車両総重量3,500キログラム未満の商品運搬用小型トラックを含む。 二輪車:車両重量400キログラム以下の二輪車及び三輪車。 〔出典〕 The World Bank, 2019年12月ダウンロード 〔解説〕 国により調査期間が異なる。 人キロ:旅客1人を1キロメートル輸送した場合,1人キロという。 トンキロ:貨物1トンを1キロメートル運送した場合,1トンキロという。 〔出典〕 一般社団法人 日本船主協会「海運統計要覧」(2018年) 〔解説〕 経済活動に従事している100総トン以上の船舶の年末現在の全容量。 単位の1総トンは,100立方フィート又は2. 83立方メートル。 原則として,各国の海外自治領及び第二船籍制度については本国の船籍に含めている。 〔出典〕 UN, 2019年8月ダウンロード 〔解説〕 当該国の港において,あらゆる国の船舶によって積荷又は揚荷された貿易貨物(家畜を含む。 )の重量。 輸送用容器を含む。 保税倉庫への揚荷又は保税倉庫からの積荷を含む。 郵便物,金銀塊,貨幣,乗客荷物,船用燃料,船舶用品,底荷,他の船舶に積み込まずに取引される船舶そのもの,政府専用船により輸送された政府用品及び積替え貨物(輸入船舶から輸出船舶へ積み替えられたもの)は除く。 〔出典〕 UN, 2017, 60th issue 2017年10月ダウンロード 〔解説〕 単位については「」の解説を参照。 〔出典〕 UN, 2019, 62nd issue 2019年11月ダウンロード 〔解説〕 旅行客の到着数(延べ人数)。 旅行客:行政記録に基づく外国人入国者のうち,収入を得ることを目的としない,滞在期間が1年を超えない旅行者。 移民,国境地帯居住者,本国と駐在国を移動する軍人・外交官・領事官,乗換客を除く。 〔出典〕 The World Bank, 2019年7月ダウンロード 〔解説〕 他国の旅行客から得た収入額及び自国の旅行客が外国で支出した額。 旅行費用(宿泊費,現地での交通費等)及び国際旅客運賃(渡航時の旅客運賃)。 国により一部の費用を除く場合がある。 ( / ) 〔出典〕 UN, 2019年8月ダウンロード 〔解説〕 貿易方式:貿易を記録するには,一般的に「一般貿易方式」又は「特別貿易方式」が用いられる。 各方式の定義は次のとおりである。 輸送途中で通過しただけ又は積み替えられただけの商品は計上されない。 一般貿易方式: 輸出… 1 国産品(全部又は一部が国内で生産された商品)の輸出, 2 市場に流通していた外国商品の再輸出, 3 保税倉庫に保管されていた外国商品の再輸出の合計。 輸入… 1 国内での消費を目的とする商品の輸入, 2 外国商品の保税倉庫への搬入の合計。 特別貿易方式: 輸出… 1 国産品(全部又は一部が国内で生産された商品)の輸出, 2 市場に流通していた外国商品の再輸出の合計。 輸入… 1 国内での消費を目的とする商品の輸入, 2 国内での消費を目的とする外国商品の保税倉庫からの搬出の合計。 輸出額:FOB価格(free on board:本船渡し価格)。 本船に約定品を積み込むまでの費用を売り手が負担する取引条件。 輸入額:CIF価格(cost, insurance and freight:保険料・運賃込み価格)。 本船に約定品を積み込むまでの費用,仕向港までの運賃及び保険料を売り手が負担する取引条件。 〔出典〕 UN, 2019年8月ダウンロード 〔解説〕 輸出額はFOB価格,輸入額はCIF価格。 輸出入額については「」の解説を参照。 指数算出時の価格は,米ドル換算による。 数量指数:輸出入の数量の変化を示す。 価格指数:輸出入の平均価格の変化を示す。 〔出典〕 IMF, 2019年9月ダウンロード 〔解説〕 国内総生産(GDP)に対する輸出額及び輸入額の割合。 原則として,輸出額はFOB価格,輸入額はCIF価格。 輸出入額については「」の解説を参照。 〔出典〕 UN, 2019年8月ダウンロード 〔解説〕 各国の最新年の輸出額(FOB価格)及び輸入額(CIF価格)。 商品分類は標準国際貿易分類()第4版の大分類による。 輸出入額及び貿易方式については「」の解説を参照。 商品分類:SITCコード()(5桁)は,左から1桁目が大分類,2桁目が中分類,3桁目が小分類,4桁目が細分類,5桁目が細々分類。 大分類は次のとおりである。 0 食料品及び動物(食用) 1 飲料及びたばこ 2 非食品原材料(鉱物性燃料を除く。 ) 3 鉱物性燃料 4 動植物性油脂 5 化学製品 6 工業製品 7 機械類及び輸送用機器 8 雑製品(中分類による内訳 81…プレハブ建築物,衛生器具,配管工事関係品, 暖房器具及び照明器具,82…家具及びその部品,83…旅行用具,ハンドバッグ類, 84…衣類及びその付属品,85…履物,87…光学機器,医療用機器, 計測機器及び制御機器, 88…写真用機器,その他の光学用品及び時計,89… その他の雑製品) 9 その他(中分類による内訳 91…郵便小包(種類別に分類されないもの), 93…特殊取扱品(種類別に分類されないもの),96…金貨以外の貨幣(法定通貨でないもの。 ), 97…金(非貨幣用。 金鉱石及び濃縮したものを除く。 )) 〔出典〕 UN, 2019年11月ダウンロード 〔解説〕 商品名の後の括弧内の数字はSITCコード()(「」の解説を参照)。 輸出額はFOB価格,輸入額はCIF価格(「」の解説を参照)。 原則として,出典資料に記載されている国について,最新年の主要商品別輸出入額上位10か国を掲載。 ただし,日本が11位以下で出典資料に記載されている場合には,10位の国に代えて括弧付きで掲載。 肉類(牛肉以外):生鮮,冷蔵又は冷凍の肉。 牛肉その他のくず肉を含む。 魚類:生鮮,冷蔵又は冷凍の魚。 甲殻類,軟体動物:生鮮,冷蔵又は冷凍のもの。 塩漬けなどを含む。 小麦,メスリン:未製粉のもの。 メスリンは,小麦とライ麦を混合したもの。 とうもろこし:未製粉のもの。 種子を含み,スイートコーンを除く。 野菜,いも,豆類:生鮮,冷蔵,冷凍又は簡単な保存状態にしたもの。 いも,豆類は乾燥品を含む。 果実,ナッツ:生鮮又は乾燥品。 採油用ナッツを除く。 羊毛:羊以外の獣毛及びウールトップを含む。 鉄鉱石:精鉱を含む。 石炭:凝結させたものを除く。 原油:瀝青(れきせい)油を含む。 石油製品:揮発油,灯油,軽油,燃料油,潤滑油など。 紙,板紙:特定の形状に切ったもの及び製品を除く。 真珠,貴石,半貴石:未加工品,合成品及び再生品を含む。 製品を除く。 銅:沈殿銅を除く。 アルミニウム:合金及び加工品を含む。 自動データ処理機械:データをメディアに転写するための機械。 周辺機器を含む。 通信機器及び同付属品等:通信や音声の録音・再生装置。 乗用自動車:運転手を含む乗車定員9人以下のもの。 自動車部品・付属品等:シャシー及び車体を含む。 航空機等:ヘリコプター,飛行船,気球,宇宙船,関連機器及び部品を含む。 船舶等:浮体構造物(浮き桟橋など)を含む。 衣類:帽子,手袋などの付属品を含む。 〔出典〕 UN, 2019年8月ダウンロード 〔解説〕 輸出額はFOB価格,輸入額はCIF価格。 輸出入額及び貿易方式については「」の解説を参照。 相手国:各国の最新年の貿易相手国について,主要先進国は輸出,輸入それぞれ上位10か国を,それ以外の国は上位5か国を掲載。 ( / ) 〔出典〕 IMF, 2019年11月ダウンロード 〔解説〕 一定期間における当該国のあらゆる対外経済取引を体系的に記録したもの(国際通貨基金(IMF)の国際収支マニュアル第6版による。 貿易・サービス収支:生産活動の成果である諸品目の取引を計上。 貿易収支は,財貨の取引(輸出入)を計上する項目で,一般商品,仲介貿易商品及び非貨幣用金に区分。 輸入,輸出ともにFOB価格(「」の解説を参照)。 サービス収支は,サービス取引を計上する項目で,輸送,旅行及びその他サービスに区分。 第一次所得収支:生産過程に関連した所得及び財産所得を計上。 雇用者報酬,投資収益及びその他第一次所得に区分。 第二次所得収支:経常移転による所得の再配分を計上。 「移転」とは,「交換」と対比させる取引の概念であり,当事者の一方が経済的価値のあるもの(財貨,サービス,金融資産及び非金融非生産資産)を無償で相手方に提供する取引を指す。 資本移転等収支:資本移転及び非金融非生産資産の取得処分を計上。 金融収支:対外金融資産負債に係る取引を計上。 直接投資,証券投資,金融派生商品,その他投資及び外貨準備に区分し,さらに,資産及び負債に区分。 資産・負債が増加した場合は「プラス」,減少した場合は「マイナス」。 〔出典〕 IMF, 2019年11月ダウンロード 〔解説〕 通貨当局が為替介入に使用する資金であるほか,通貨危機等により,他国に対して外貨建て債務の返済が困難になった場合等に使用する準備資産(各年末現在)。 金,SDR,IMFリザーブポジション及びその他外貨準備からなる。 金:純金1トロイオンス=35 SDRで米ドルに換算。 SDR:Special Drawing Rights(特別引出権)は,IMF加盟国の準備資産を補完する手段として,IMFが1969年に創設した国際準備資産(各国の出資割当額に比例して配分)。 IMFリザーブポジション:IMF加盟国がその出資金に応じて,ほぼ無条件で借りることのできる相当額。 〔出典〕 IMF, 2019年11月ダウンロード 〔出典〕 IMF, 2019年11月ダウンロード 〔解説〕 金融部門から経済全体に供給されている通貨の総量。 具体的には,一般法人,個人,地方公共団体などの通貨保有主体(金融機関及び中央政府以外の経済主体。 非居住者を除く。 )が保有する現金通貨や預金通貨などの通貨量の残高。 国により,定義が異なる。 現金通貨:国内経済において法定通貨として認められた紙幣と硬貨。 預金通貨:通貨当局と預金銀行において,小切手又は要求に応じて支払われる預金。 準通貨:解約して,現金通貨や預金通貨に替えることにより,決済手段になる金融商品。 定期預金など。 政策金利:中央銀行が政策的判断に基づいて裁量的に決定する金利。 〔出典〕 財務省「」(平成31年4月) 2019年7月ダウンロード 〔解説〕 財務省において,各国の財政統計を取りまとめたもの。 〔出典〕 OECD, , Economic Projections OECD Economic Outlook No 106 - November 2019 【参考】 2019年11月ダウンロード 〔解説〕 一般政府:中央政府,州政府,地方政府及び社会保障基金。 〔出典〕 OECD, , Public Sector, Taxation and Market Regulation 【参考】 2019年12月ダウンロード ( / ) 〔出典〕 OECD, 2019年7月ダウンロード 〔解説〕 公的開発資金(ODF:Official Development Finance):政府開発援助(ODA:Official Development Assistance)及びその他の公的資金(OOF:Other Official Flows)が含まれる。 ・ 政府開発援助(ODA):開発途上国・地域を対象とする, 1 政府又は政府機関によって供与される, 2 開発途上国の経済開発や福祉の向上に寄与することを主たる目的とする, 3 資金協力については,その供与条件が開発途上国にとって重い負担にならないもので,グラント・エレメント(援助条件の緩やかさを示す指標。 贈与は100パーセントとなる。 )が25パーセント以上,の3条件を満たす援助。 軍事目的のものは含まない。 各国が相手国に直接行う「二国間援助」と,国際機関を経由して行う「多国間援助」がある。 二国間援助には,贈与(無償資金協力,技術協力)及び政府貸付があり,多国間援助には,国連諸機関への拠出や国際金融機関等への拠出・出資などがある。 ・ その他の公的資金(OOF):ODAとしての条件を満たさない公的資金。 輸出信用,直接投資,国際機関に対する融資など。 開発援助委員会(DAC:Development Assistance Committee):OECDの中で,開発援助(開発途上国(地域)の経済・社会開発に対する援助)について専門的な議論,検討を行っている組織であり,OECD加盟国のうち29か国及び欧州連合で構成。 〔出典〕 OECD, 2019年7月ダウンロード 〔解説〕 純額ベース(一定期間における開発途上国の受取額から返済額を差し引いたもの)。 「譲許的援助」と「非譲許的援助」とに区分されている。 国際連合:国際連合,その補助機関などの資金協力の合計。 その他:カリブ開発銀行,アラブ経済社会開発基金など。 〔出典〕 OECD, 2019年7月ダウンロード 〔解説〕 純額ベース。 国民総所得(GNI)については「」の解説を参照。 民間資金(PF:Private Flows):銀行貸付,民間輸出信用,直接投資,開発途上国及び国際機関の証券・債券の購入など。 〔出典〕 OECD, 2019年7月ダウンロード 〔解説〕 純額ベース。 ODAの地域別実績の割合(地域別に分類できない援助を除く。 国際機関を通じた拠出・出資額を含む。 地域区分はDACによる。 〔出典〕 OECD, 2019年7月ダウンロード 〔解説〕 ODAの約束額(援助国と被援助国間で協力の内容を取り決めた交換公文書に基づく額)による分野別の配分割合。 分野の区分はDACによる。 社会・行政基盤:教育,保健,人口政策,公共行政,水供給・衛生など。 経済基盤:運輸・通信,エネルギーなど。 生産:農林水産業(農村開発を含む。 ),鉱工業・建設,貿易・観光など。 その他:プログラム援助,債務救済,人道援助,行政経費など。 含まれる項目は国により異なる。 債務救済には,非ODA債務救済を含む。 〔出典〕 OECD, , Development 【参考】 2019年7月ダウンロード 〔解説〕 純額ベース。 ODA,OOF及びPFの総額。 後発開発途上国(LDCs:Least Developed Countries):国連による開発途上国の所得別分類で,開発途上国の中でも特に開発が遅れている国。 これらの国は,DACが作成する「援助受取国・地域リスト」にも掲載されている。 〔出典〕 UNDP, 2019年12月ダウンロード The World Bank, 2019年10月ダウンロード 〔解説〕 各国政府が国際機関に提供した情報や,国際機関の研究調査等に基づき,UNDP( 1 〜 4 )及び世界銀行( 5 〜 16 )が取りまとめたもの。 データの年次が「2007-17」のように表記されているものは,その期間内に入手できた直近の年次データであることを示す。 1 人間開発指数(HDI):保健,教育,所得という人間開発の3つの側面に関して,ある国における平均達成度を測るための指標。 HDIは0〜1の間の数値で表され,1に近いほど人間開発が進んでいることを示す。 2 国際貧困ライン以下の人口割合:国際貧困ライン(1人1日当たりの生活費1. 「購買力平価」は,「」の解説を参照。 3 多次元貧困指数(MPI):健康,教育,生活水準の面における深刻な貧困の度合いを数値化した指標。 数値が大きいほど多次元貧困度が高い。 4 平均就学年数:25歳以上の人が生涯を通じて受けた教育年数の平均。 5 5歳未満の発育阻害児の割合:WHOの子供発育基準(WHO Child Growth Standards)による年齢相応の身長を持つ基準集団の身長の中央値からの標準偏差がマイナス2未満である生後0〜59か月児の割合。 6 乳児死亡率:出生時から満1歳に達する日までに死亡する確率。 出生1,000人あたりの死亡数で表す。 7 5歳未満児死亡率:出生時から満5歳に達する日までに死亡する確率。 出生1,000人あたりの死亡数で表す。 8 栄養不良の人口割合:食物摂取量が慢性的に十分でない人口割合。 9 安全な飲料水を利用している人口割合:自宅の上水道,共用栓及び共用の配水塔,保護された井戸・泉,雨水貯水槽などの配水施設から,安全な飲料水を利用している人口割合。 11 妊産婦死亡率:出生10万人当たり,妊娠又は42日以内の妊娠中絶の間に,妊娠関連の原因で死亡する女性の年間人数。 12 医師などが補助した出産の割合:妊娠・陣痛中及び産後の女性に対して,必要な医療行為及び自己分娩や新生児の世話に関する助言を与えるように訓練を受けた人が補助を行った分娩の割合。 13 15〜19歳女子の出生率:15〜19歳の女子1,000人当たりの出生数。 14 避妊実行率:本人又は相手が少なくとも1つの近代的方法による避妊を実施している女性の割合。 通常,法律婚又は事実婚の15〜49歳の女性を対象に測定。 近代的方法とは,避妊手術,ピル,子宮内避妊器具(IUD),男性用コンドーム,注射型避妊薬,インプラント(ノルプラント(皮下埋込式避妊薬)を含む。 ),バリア避妊法,女性用コンドーム及び緊急避妊法などである。 15 乳幼児へのはしかワクチン接種率:生後12か月までに又は調査日までに,はしかワクチンの接種を受けた生後12〜23か月の幼児の割合。 16 結核罹患率:人口10万人に対する結核罹患者数(推計値)。 〔出典〕 UNHCR, 2016, 2017, 2018 2019年7月ダウンロード 〔解説〕 「居住者1,000人当たりの難民の割合」以外は暫定値。 UNHCRによる推計値を含む。 各年12月31日現在。 難民:人種,宗教,国籍,政治的意見及び特定の社会集団に属することを理由に,自国にいると迫害を受けるおそれがあるために他国に逃れた人々。 難民と同様の保護を受けている者を含む。 総数:難民のほか,庇護(ひご)申請者(自国を離れ,他国で庇護申請を行い,法的な難民としての認定を待つ人々),帰還民(出身国へ帰還した人々),国内避難民(他国へ逃れることができず国内で避難しているため,国際法に基づく保護や援助を受けることができない人々),無国籍者などUNHCRの援助対象者が含まれる。 ( / ) 〔出典〕 ILO, 【参考】 2019年12月ダウンロード 〔解説〕 原則として,労働力調査による。 調査が異なる国については,注記。 労働力人口(labour force):労働供給を行う全ての人口。 具体的には,特定の調査対象期間に就業又は失業していた人の総数。 年齢階級別労働力人口比率:年齢階級別15歳以上人口に占める年齢階級別労働力人口の割合。 調査対象とする年齢階級が異なる国については注記。 〔出典〕 ILO, 【参考】 2019年12月ダウンロード 〔解説〕 調査期間中に働いていた一定年齢以上の有給の雇用者(軍隊を含む。 )及び自営業主(家族従業者を含む。 )の数。 正規の雇用関係にある休業者を含む。 〔出典〕 ILO, 【参考】 2019年12月ダウンロード 〔解説〕 勤め先の事業所の産業(事業内容)別に分類した就業者数。 産業分類は国際標準産業分類 の第4版(Rev. 4)による。 〔出典〕 ILO, 【参考】 2019年12月ダウンロード 〔解説〕 職業(本人の仕事の種類)別に分類した就業者数。 職業分類は国際標準職業分類 による。 〔出典〕 ILO, 【参考】 2019年12月ダウンロード 〔解説〕 失業者:就業可能な状態にあるが仕事がなく,仕事を探している者。 失業率:労働力人口に占める失業者の割合。 〔出典〕 ILO, 【参考】 2019年12月ダウンロード 〔解説〕 就業者の1週間当たり平均実労働時間。 就業形態は,雇用者。 労働時間は,調査期間に実際に働いた時間。 産業分類はによる。 〔出典〕 ILO, 【参考】 2019年12月ダウンロード 〔解説〕 雇用者1人当たり平均賃金。 産業分類は,の第4版(Rev. 4)による。 第3版1(Rev. 1)又は第2版(Rev. 2)による場合は注記。 〔出典〕 公益財団法人 日本生産性本部「」(2018年版) 2019年12月ダウンロード 〔解説〕 国内総生産(GDP)を就業者数で除したもの。 〔出典〕 ILO, 【参考】 2019年12月ダウンロード 〔解説〕 労働災害:就業中の事故に起因する死亡,負傷及び疾病。 国により定義,報告の種類,労働災害率の算出方法,対象などが異なる。 産業分類はによる。 〔出典〕 ILO, 【参考】 2019年12月ダウンロード 〔解説〕 労働争議:労働者又は雇用主が要求又は抵抗のために行う意図的な一時作業停止。 国により定義,集計方法,対象などが異なる。 件数:ストライキ及びロックアウトの発生件数。 前年より継続している場合を含む。 参加人員:直接的又は間接的に参加した労働者(ストライキやロックアウトの結果,作業不能となった労働者)。 損失日数:作業停止により労働に従事しなかった延べ日数。 ( / ) 〔出典〕 UN, 2019年10月ダウンロード 〔解説〕 生産者物価指数 PPI:Producer Price Index :生産地から出荷される時点又は生産過程に入る時点における,財・サービス価格の変化を示す指数。 通常「取引価格」であり,控除できない間接税を含み,補助金を除く。 産業の範囲は国により異なるが,「農林水産業」,「鉱業及び採石業」,「製造業」及び「電気・ガス及び水供給業」などである。 ここでは次の分類による。 国内供給品 国内市場向け国内生産品 農林水産物 工業製品 輸入品 〔出典〕 IMF, 2019年8月ダウンロード 〔解説〕 消費者が購入する財・サービスを一定量に固定し,これに要する費用の変化を指数値で示したもの。 国により,対象とする地域,調査世帯等が限定される場合がある。 〔出典〕 IMF, International Financial Statistics Yearbook 2017 〔解説〕 国際商品価格指数:国際的に取引される主要商品の市場価格に基づき,IMFが算出したもの。 エネルギーを除く一次産品:燃料及び貴金属を除く45品目による。 食料:穀類,肉類,魚介類,果実類,植物油,豆類,砂糖など。 飲料:ココア豆,コーヒー及び茶。 農産原材料:綿花,原皮,ゴム,木材及び羊毛。 金属:アルミニウム,銅,鉄鉱石,鉛,ニッケル,すず,ウラン及び亜鉛。 エネルギー:石炭,天然ガス及び石油。 〔出典〕 UN, 2019年10月ダウンロード 〔解説〕 国連本部(米国,ニューヨーク)から世界各国に派遣されている職員の赴任地別の生計費指数。 職員が支出する,商品,サービス及び住宅の価格からそれぞれの赴任地において,ニューヨークと同等の生活をするために必要な生計費を毎年定期的に算出している。 この生計費指数は,国連が職員の海外勤務手当の算出のために作成しているものであり,一般的な生計費の国際比較,内外価格差等を表すものではない。 ( / ) 〔出典〕 UN, , Demographic Yearbook 2013, 2017 【参考】 2018年12月ダウンロード 〔解説〕 疾病及び関連保健問題の国際統計分類 第10版による死因別の死亡数(人口10万人当たり)。 総数:他の死因を含む。 循環器系の疾患:心疾患,高血圧性疾患,脳血管疾患など。 呼吸器系の疾患:インフルエンザ,肺炎など。 消化器系の疾患:胃潰瘍,十二指腸潰瘍,肝疾患など。 〔出典〕 The World Bank, 2019年9月ダウンロード 〔解説〕 医療費支出:医療費支出の推計は,その一年の間に消費されたヘルスケア商品及びサービスを含み,建物,機械,IT,緊急用又は感染症の流行に備えたワクチンの備蓄などの資本的医療支出を除く。 公的医療費支出:医療費支出のうち,国内の公的資金源から支出されるもの。 国内の公的資金源は,内部移転及び助成金としての国内収入,任意の健康保険受益者,対家計非営利団体又は企業の資金調達スキームへの補助金の移転並びに義務的な繰上げ返済及び社会保険料の拠出を含む。 政府が医療に費やしている外部資源を除く。 医師:総合医及び専門医を含む。 看護師・助産師:准看護師・補助助産師,歯科衛生士などを含む。 〔出典〕 IRF, World Road Statistics 2018 〔解説〕 事故件数:道路上において,車両の交通によって発生した,人の死亡又は負傷を伴う事故の件数。 極めて短い間隔で連続して起こる複数車両による衝突事故は,1件と数える。 物的損害のみの事故を除く。 負傷者数:治療を必要とする負傷者数。 死者数:即死及び交通事故発生後30日以内の死亡者数。 〔出典〕 FAO, :Food Balance 2019年12月ダウンロード 〔解説〕 国民に対して供給される総熱量を,当該年の人口及び日数で除したもの。 各項目の内容は原則として以下のとおり。 国によっては一部除かれる場合がある。 穀類:米(精米換算),小麦,大麦,とうもろこし,ライ麦,えん麦及びその他の穀物。 いも類:ばれいしょ,かんしょ,キャッサバ及びその他の塊根類。 砂糖類:砂糖,はちみつ及びその他の甘味料。 豆類:いんげん(乾燥豆),えんどう及びその他の豆類。 大豆及びナッツ類を除く。 肉類:牛肉,羊・山羊肉,豚肉,家きん肉及びその他の食肉。 くず肉を含む。 乳製品:バターを除く。 魚介類:甲殻類,軟体動物,海草類及び水生哺乳動物を含む。 〔出典〕 OECD, , Social Protection and Well-being, Social Protection 【参考】 2019年12月ダウンロード 〔解説〕 所得再配分機能を持ち,政策分野(高齢,遺族,障害・業務災害・傷病,保健,家族,積極的労働市場政策,失業,住宅,他の政策分野)のいずれかに該当し,資金管理が政府又は社会保障基金である支出。 〔出典〕 国立社会保障・人口問題研究所「」(平成29年度版) 2019年8月ダウンロード 〔解説〕 社会支出については,「」の解説を参照。 高齢:退職によって労働市場から引退した人及び決められた年齢に達した人に提供される現金給付。 年金・一時金,早期退職者への給付,高齢者を対象とした在宅及び施設の介護サービスを含む。 遺族:被扶養者である配偶者及びその独立前の子どもに対する制度の支出。 障害・ 業務災害・ 傷病:業務災害補償制度下で給付された全ての給付,障害者福祉のサービス給付,障害年金,療養中の所得保障としての傷病手当金など。 保健:医療の現物給付。 治療に掛かる費用であり,傷病手当金は含まない。 家族:家族を支援するために支出される現金給付及び現物給付(サービス)。 積極的労働市場政策:労働機会の提供,能力向上のための支出。 障害をもつ勤労者の雇用促進を含む。 失業:失業中の所得を保障する現金給付。 住宅:公的住宅及び対個人の住宅費用削減のための給付。 他の政策分野:公的扶助給付及び他に分類できない現物給付。 ( / ) 〔出典〕 UNESCO Institute for Statistics, 【参考】 2019年9月ダウンロード 〔解説〕 国・公・私立学校の合計。 原則として各国の調査,行政記録などに基づくが,UNESCO Institute for Statistics(UIS)などによる推計値の場合もある。 学校教育の制度及び年限は国により異なる。 教員:正規の教育機関に在学する生徒に対し,正規の教育課程に規定されている知識,態度及び技能を伝達することに専門的に従事している者。 パートタイム教員はフルタイム換算されている。 また,2交代制の教員は2人として扱われている。 初等教育:一般的には5・6・7歳から始まり,6年間の基礎的な教育を与えるプログラム。 前期中等教育:「幅広い基礎的な学習教科」,「専門的な学習の前段階」として構成される。 後期中等教育:前期中等教育より更に専門化された学習教科で構成される。 〔出典〕 UNESCO Institute for Statistics, 【参考】 2019年9月ダウンロード 〔出典〕 UNESCO Institute for Statistics, 【参考】 2019年7月ダウンロード 〔解説〕 就学年齢人口に対する在学者(国・公・私立学校及びその他の教育機関の合計)の割合(高等教育は就学年齢以外の在学者数を含む。 原則として各国の調査,行政記録などに基づくが,UISなどによる推計値の場合もある。 「初等教育」については,「」の解説を参照。 高等教育:大学,専門学校などにおける,高度かつ専門的に学ぶプログラム。 学問的な分野のみならず,職業的な分野も含む。 〔出典〕 OECD, , Education and Training, Education at a Glance 【参考】 2019年9月ダウンロード 〔解説〕 各教育段階別に,公財政教育支出及び私費負担教育費の合計を在学者数(フルタイム換算)で除したもの。 就学前教育:3歳から初等教育前まで。 高等教育以外の中等後教育:一般的に,後期中等教育の範囲で,幅広い知識を得るプログラム。 学究よりも就職を意識したプログラム又はその両方が含まれる(日本では,高等学校専攻科と大学・短期大学の別科が相当)。 〔出典〕 OECD, , Education and Training, Education at a Glance 【参考】 2019年10月ダウンロード 〔出典〕 UNESCO Institute for Statistics, 【参考】 2019年9月ダウンロード 〔解説〕 15歳以上人口に対する識字(日常生活の簡単な内容についての読み書きができる)人口の割合。 データは主に各国が実施した人口センサスなどに基づくが,UISなどによる推計値の場合もある。 「識字」の定義は国により異なる。 〔出典〕 World Association of Newspapers and News Publishers, 2019年8月ダウンロード 〔解説〕 有料日刊紙の発行部数,発行紙数,普及度(成人1,000人当たりの発行部数)。 調査時点は国により異なる場合がある。 〔出典〕 UNESCO Institute for Statistics, 【参考】 2019年8月ダウンロード 〔解説〕 制作本数:商業上映用に制作された映画数。 国際共同作品を含む。 映画館数:映画を商業上映する常設映画館数。 そのほか,アートシアター,移動映画館及び屋外映画館(ドライブイン映画館など)を含む。 〔出典〕 ITU, Yearbook of Statistics Chronological Time Series 2008-2017 〔解説〕 テレビ保有世帯率は,その国における最も新しい年次を掲載。 IPTV契約数:インターネットプロトコルテレビ(IPネットワークを用いて提供されるテレビ)の契約数。 ストリーミング配信のビデオ,ネット配信動画を除く。 ( / ) 〔出典〕 OECD, , Environment, Air and Climate 【参考】 2019年10月ダウンロード 〔解説〕 人為的に排出された硫黄酸化物,窒素酸化物,一酸化炭素及び非メタン炭化水素の排出量。 定義,測定法は国により異なる。 硫黄酸化物(SOx):大気汚染や酸性雨などの原因となる酸化物。 石油や石炭など硫黄分が含まれる化石燃料の燃焼により発生する。 窒素酸化物(NOx):光化学スモッグや酸性雨などの原因となる酸化物。 主な発生源は自動車の排気ガス。 非メタン炭化水素(NMVOC):メタン以外の炭化水素の総称。 非メタン揮発性有機化合物ともいう。 GDP単位当たり排出量:購買力平価によるGDP1,000米ドルを産出するために排出した大気汚染物質の量。 〔出典〕 OECD, , Environment, Air and Climate 【参考】 2019年10月ダウンロード 〔解説〕 移動発生源:自動車,船舶,航空機など。 固定発生源:発電所,工場など。 〔出典〕 OECD, , Environment, Air and Climate 【参考】 2019年10月ダウンロード 〔解説〕 人為的に排出された二酸化炭素,メタン,一酸化二窒素,ハイドロフルオロカーボン,パーフルオロカーボン,六ふっ化硫黄及び三ふっ化窒素の量。 〔出典〕 OECD, OECD. Stat, Environment, Water 2018年10月ダウンロード 〔解説〕 河川:流域面積の広い主要河川における河口又は国境内の下流地点で測定。 生物化学的酸素要求量(BOD):河川の水質の汚染度合いを示す指標(年平均値)。 水中の微生物(バクテリア)が有機物の分解に要する酸素量で,値が大きいほど汚染が進んでいる。 国により測定方法が異なる。 〔出典〕 OECD, OECD. Stat, Environment, Water 2018年10月ダウンロード 〔解説〕 各湖沼におけるリン及び窒素の濃度の年平均値。 国及び調査年により測定方法が異なる。 全リン:水中に存在する無機及び有機リン化合物中のリンの総量。 全窒素:水中に存在する無機態窒素(アンモニウム態窒素,亜硝酸態窒素,硝酸態窒素)及び有機態窒素の合計。 〔出典〕 IUCN, , Version 2019. 2 2019年11月ダウンロード 〔解説〕 絶滅種:絶滅種(既に絶滅したと考えられる種)及び野生絶滅種(野生では絶滅しているが,飼育・栽培下,又は過去の分布域外に個体(個体群)が帰化して生息している状態でのみ生存している種)。 絶滅危惧種:野生での絶滅の危険性が極めて高い種,近い将来に絶滅の危険性が高いと考えられる種及び絶滅の危険が増大している種。 〔出典〕 OECD, , Environment, Water 【参考】 2019年12月ダウンロード 〔解説〕 公共下水道及び下水処理施設を利用している人口の割合。 下水処理施設における処理方法は国により異なる。 一次処理:固形物を除去する処理。 二次処理:微生物を利用し,有機物を除去する処理。 三次処理:一次及び二次処理では十分に除去できなかった有機物や窒素,リンを除去する処理。 〔出典〕 OECD, , Environment, Waste 【参考】 2019年12月ダウンロード 〔解説〕 一般廃棄物排出量:地方自治体(地方自治体の委任を受けたものも含む。 )及び民間の一般廃棄物処理業者により収集された廃棄物の重量。 家庭,商店,事務所,学校・病院・政府機関の施設からの廃棄物で,くず及び粗大ごみを含む。 廃棄物の定義は国により異なる。 リサイクル率:各国内消費量に対し,リサイクルするために収集された量の比率。 工場内での再使用及び燃料としての再使用は除く。 国により定義が異なる。

次の