日本 語 教師 国家 資格 化。 日本語教師養成講座

日本語指導の国家資格を提言|ベネッセ教育情報サイト

日本 語 教師 国家 資格 化

日本語教師のやりがいとは? 日本語教師の仕事は決してラクではなく、全く日本語が通じない方を相手に日本語を教えるわけですから大変なこともたくさんあります。 しかし、同時にたくさんのやりがいを感じることのできる職業でもあります。 そこで、日本語教師のやりがいについていくつか紹介します。 やりがいその1:生徒の成長を直に感じることができる 日本語教師として働く最大のやりがいはなんといっても生徒の成長を直に感じることができるということです。 世界には無数の言語が存在しますが日本語は最も習得が難しい言語と言われています。 普段から日本語を当たり前のように話している私達にとってはその難しさを理解することはできませんが、外国語を母語とする方にとっては日本語独自の発音や文法、また漢字は容易に習得できるものではありません。 しかし、日本語教師として働きながら生徒が徐々に日本語への関心を示し、実際に 日本語を扱えるようになっていく過程を見ると大変やりがいを感じることができるのです。 また、日本語学習を通して生徒が日本の文化や習慣、歴史などにも目を向けてくれるので日本人として誇らしく感じることができ、日本語教師として働くモチベーションにもつながります。 やりがいその2:生徒の目標達成に貢献できる 日本語習得の目的は生徒によって異なり、また必ずしも生徒が外国人だとは限りません。 たとえば海外に住んでいる日本人で日本語能力を維持したい方、また将来日本での就職を考えている方、将来日本に住みたい方などそれぞれの目的を持って日本語を学習します。 日本語教師はそのような生徒に対し直接的ではありませんが日本語を教えることによって生徒の目標達成に貢献できるのです。 生徒の母語や出身国などのバックグラウンドによって日本語習得までに必要な時間は異なり、なかなか成果がでないこともめずらしくありません。 しかし、実際に自分が教えた生徒が日本語を習得し日本での就職を果たしたり、 それぞれの夢を叶えることができたときには日本語教師はやりがいを感じることができます。 やりがいその3:日本語の価値観を広げることができる 日本語が話せるからと言って日本語教師になれるというわけではなく、日本語教師になるためには外国語を母国とする人に日本語を効率よく教えるための技能とスキルが必要となります。 そのため、普段何気なく使っている日本語に対してしっかりと意識して向き合う機会があるため、今まで以上に日本語の価値観について考えることがあります。 世界的に見れば日本語を日常的に使っている人の数は少ないですが、特に台湾やベトナム、タイなど東南アジアにおいては一定数の需要があるため日本語は学ぶべき意義のある言語です。 日本語教師として日本語を教えていく上で日本語の価値を広げられるだけでなく、 他の視点に立つことによって異文化への理解も深めることができるため、それが日本語教師として働くやりがいやモチベーションにもつながります。 日本語教師の苦労は?現状やこれからの将来性 以上の3点が日本語教師として働く主なやりがいとなります。 しかし、仕事において当然苦労することもあり、日本語教師は決してラクな仕事ではありません。 そこで、日本語教師として働く苦労や現状、これからの将来性について一緒に見ていきましょう。 日本語教師として働く苦労 先程も述べたとおり、日本語は世界にある言語の中でもトップクラスに習得が難しい言語と言われています。 そのため、日本語教師として日本語を教える際はそれぞれバックグラウンドが異なる生徒に対して どのようにして教えたら効率的に学習できるかということを常に考えて指導する必要があるのです。 テキスト通りに指導しても日本独自の言語文化があるためどうしても理解してもらえないという状況に陥ることも珍しくありません。 つまり、日本語を効率よく教える努力、理解してもらう努力をしながら指導する必要があるということが日本語教師として働く最大の苦労となります。 日本語教師の現状や将来性 日本国内の語学学校等において日本語を学ぶ生徒の数は約21万人と言われていますが、生徒の数に対して教師の数がおよそ4万人と非常に人手不足という現状になっています。 そのため、国内はもちろんのこと、グローバル化が進むにつれて 日本語教師の需要は海外においても一定数ありこれからますます増えてきます。 しかし、業務内容に対して 給与が少ないことが問題視されているという現状もあるため、それらの問題を考慮しつつキャリアアップを目指して行く必要があります。

次の

日本語教師の資格|日本語・日本語教師|アルク

日本 語 教師 国家 資格 化

日本語教師の資格はあったほうが有利! 日本語教師には「教師」の呼び名が付きますが、現時点では教員免許のような資格は定められていません。 (詳しい条件は「日本語教師になるための方法は?」で後述します) ただ、2020年3月10日付で『日本語教師の資格の在り方について(報告)』(文化審議会国語分科会)で発表されたように、日本語教師の国家資格化は着実に迫ってきていることが伺えます。 本サイトでは、日本語教師を目指す方や興味を持っている方へ様々な情報を発信しています。 是非参考にしてみてください。 日本語教師になるための方法は? 主に3つの方法があります。 日本国内の日本語学校で日本語教師になるには、主に3つの方法があります。 1.日本語教師養成講座(420時間)の修了 + 学位(大卒)ルート 『大学を卒業していて日本語教師を目指したい!』そんな方にはおすすめのルートです。 大卒以上の学歴がある場合は、文化庁届出受理された日本語教師養成講座を受ける必要があります。 詳しくは『』で紹介していますので、参考にしてみてください! 2.日本語教育能力検定試験合格ルート 日本語教育能力検定試験は年に1度10月に実施されていて、試験に合格すれば日本語教師になることができます。 令和2年度(2020年度)試験は、2020年10月25日(日)の開催予定です。 受験資格は特にないので、誰でも受験できます。 ただし、試験会場は日本国内のみです。 また、合格人数も平成27年度試験から令和元年度試験まで増加しており、日本語教師の需要の増加が数字に表れているともいえそうです。 試験概要や日程、過去の試験データ(受験者数・合格率など)について『』で紹介しています。 参考にしてみてください。 3.大学で日本語教育を履修、又は日本語教育養成課程修了ルート 大学なので、当然ですが入学試験に合格しなければなりません。 入学金や受験料はもちろん受験費用もかかってきますので『日本語教師養成講座の修了 + 学位(大卒)』『日本語教育能力検定試験合格』で日本語教師を目指すよりも費用は高くなります。 また、卒業までは4年間通う必要があります。 時間と費用での負担はありますが、確実に日本語教師を目指したい方には向いている方法といえるでしょう。 日本語教師になる3つの方法については『』で紹介していますので、こちらを参考にしてみてください。 国家資格「公認日本語教師」とは? 日本語教師の国家資格(創設予定)の名称です 現在の日本語教師の資格は民間資格ですが、国家資格化に向けた議論が進んでいます。 今後数年以内に国家資格「公認日本語教師」が創設される見込みです。 日本語教師に必要な基準を国が明確に定めており、日本語教師の「教員免許」のようなイメージです。 日本語教師の国家資格「公認日本語教師」を取得する場合、現在と比べて 日本語教師の資格の取得要件が一部変更されます。 具体的な部分については『』でご紹介していますので是非ご確認ください。 国家資格になると取得の難易度が上がりますので、今のうちに日本語教師の資格の取得に動き出すことをお勧めいたします! なお、現行の規定で日本語教師を目指す方法については『』で紹介していますので、こちらを参考にしてみてください。 日本語教師の仕事内容とは? 主な仕事は『日本語の発音や文法、会話や読み書きを教える』こと! 日本語教師は国内外で主に外国人に対して、分かりやすく日本語の発音や文法、会話や読み書きを教えるのが主な仕事です。 また、日本の文化や生活習慣、歴史、日本人のマナーなどを伝えることも重要なポイントです。 ビジネスマンや主婦、日本の文化に興味を持っている人、日本の大学に進学したい人など、学習者の目的やニーズ、現在のレベル、学習可能な期間もさまざま異なります。 そのため、学習者に合わせた学習項目の計画を立てたり、どのように教えるかを決めていく難しさもあります。 日本語教師の仕事は、学習者によって柔軟な対応が求められています。 ちなみに、教材は指定のものを使用する場合が多いですが、教師自身が考えて用意することもあるようです。 日本語教師の仕事内容について、以下の記事で紹介しています。 参考にしてみてください。 日本語教師の活躍の場は? 日本国内だけでなく海外にも活躍の場がある! 日本語教師の活躍の場は、国内の日本語学校やスクール、家庭教師などで教えている方だけではありません。 海外の大学や日本語学校、発展途上国で活躍している方もいます。 また、近年ではオンライン通信の発達や世の中の変化に伴い、も登場しました!下記に、主な活躍の場についてまとめてみました。 日本国内・海外 活躍の場 日本国内 ・日本語学校 ・企業内にてレッスン ・ ・プライベートレッスン ・ボランティアでの日本語教室 海外 ・日本語学校 ・小学校・中学校・高等学校・大学 ・プライベートレッスン ・青年海外協力隊 ・国際交流基金による派遣 日本国内であれば、留学生を対象とした大学や民間の語学学校、ビジネスマンやその家族を対象にした日本語教室などで教えるケースがあります。 一方海外では、民間の語学学校だけでなく、小・中・高校や大学の日本語学科、さらには個人で教えている方もいます。 また、日本国政府が行う政府開発援助の一環として外務省所管の独立行政法人国際協力機構(JICA)が実施する海外ボランティア派遣制度である「青年海外協力隊」においても、日本語教師が活躍しています。 『』でも、より詳しく紹介しています。 日本語教師養成講座を都道府県名から探す 都道府県別で学校情報をまとめてみました。 日本語教師の学校を通信講座と通学講座(都道府県別)で探して頂けるよう、それぞれでまとめてみました。 各リンク先にてご確認ください。 日本語教師を目指せる学校・所在地を一覧でまとめてみました。 尚、以下の学校はすべて文化庁受理されています。 日本語教師の学校選びで困ったら? 複数スクールでの比較検討をおすすめします! どの日本語教師の学校を選べば良いか、迷っている方も多いのではないでしょうか。 受講料だけでなく学習中のフォローや就職サポート面なども踏まえ、 できる限り多くの学校で比較検討することをおすすめします。 『振替受講がスムーズに行えるか』『いつでも気軽に質問できるか』などは、スクールごとにシステムが異なり、スムーズに受講するうえでも要チェックです。 仕事の都合や体調不良などでやむを得ず受講出来なかった時、スムーズに振替受講ができれば学習スケジュールが遅れることもないですね。 また、分からいことがあってもすぐに質問できれば問題解決も早いでしょう。 学校HPだけでなく資料請求してパンフレットも活用しながら、細かな点まで確認してみる受講のイメージが具体的になります! 日本語教師に向いている人の特徴とは? 人と接することが好きな人! 日本語学校では、多くの生徒とコミュニケーションを取りながら教えていかなければなりません。 人と接することが好き、という方は日本語教師を目指すうえで大切な要素といえるでしょう。 人に教えることが好きな人! 日本語教師は基本的に『教える』ことが仕事です。 教えることが好きな人は、日本語教師に向いているのではないでしょうか。 しかし、生徒は環境や文化、習慣の違う外国人が対象です。 相手によっては、伝えたいことがなかなか伝わらないなんてこともあるでしょう。 日本語についての教え方や興味関心を持ってもらう方法なども考えながら進めていく必要はありますね。 包容力・忍耐力・情報収集力のある人! さまざまな文化背景を持つ生徒と関わっていくため、歴史や経済、国際情勢などにも関心を持って異文化を受け入れることも重要です。 そのため、包容力や忍耐力のある人は日本語教師に向いているといえるでしょう。 また、最近ではアニメや歌などがきっかけで日本語に興味を持つ学習者も増えてきています。 日本語の文法、文化や歴史、習慣を教えるだけでなく、幅広情報収集力も必要とされてきています。 外国語の学習経験がある人! 外国語の学習経験がある人は、外国語を学習する難しさを身をもって体験されているはずです。 そんな方は、生徒の気持ちを理解する際に役立つはずです。 また、コミュニケーションも図りやすいでしょう。 自分自身の経験を活かして日本語教師を目指してみるのもよいかもしれませんね。 その他『』も併せて参考にしてみてください。 日本語教師の魅力・将来性は? 日本語教師は多様な働き方が可能である! 日本語教師は、授業のコマ毎にお給料が発生する非常勤と、学校に常勤して学校の運営にも関わる仕事もこなす専任があり、 自身のライフステージや目標に合わせて多様な働き方が選べる仕事です。 非常勤で働く場合、多くのコマ数を抱えて収入を増やしたり、逆にコマ数をセーブして家事や子育てなどプライベートの時間を増やしたりなど、調整して働くことが可能です。 専任教師として働く場合は、授業だけでなく生徒の管理や人材の採用など学校運営に関わる業務も多くなります。 また、専任教師を経て主任職など、より活躍の幅を広げていくこともできます。 年齢の制限なく働ける! 日本語教師の仕事は、働きたいと思ったときに年齢制限なく働けることもメリットではないでしょうか。 現在育休中ですが、2児の母であり現場経験6年の南野さんのコメントを紹介したいと思います。 南野さん: 日本語教師の仕事は、 女性が結婚したり出産しても、働きたいと思ったときに 年齢の制限なく働ける仕事です。 そしてその経験の重さや深さを授業で生かすことができるのがメリットだと思います。 そして日本語を習いたい外国人は多国籍なので、日本語教師をしていると世界を旅しなくてもいろいろな国の文化や考え方に触れる機会が多くなります。 私自身日本語教師をしていて一番やりがいを感じる時は、やはり生徒の日本語能力があがったと実感する時です。 日本語学校のクラスでは初級を担当することが多かったのですが、最初日本語がほとんどゼロで入学してきた、国籍も様々な学生が、初歩の初歩から地道に日本語を習得していき、いつの間にか母語の違う学生同士が日本語を使って会話し、仲良くなっていくことに目頭が熱くなったこともあります。 そしてその日本語を使ってアルバイトを始め、行動範囲がどんどん広がり、日本での生活を楽しんでいる様子などを聞くと我が子の成長を喜ぶような気持ちになりました。 今私は子育て中で休職している身ですが、時々日本語学校での楽しいエピソードなど思い出すこともあり、そんな時は早く日本語教師に復帰したい〜という衝動に駆られることもあります。 幸い学校からは、いつでも復帰してきて!週一回でもいいし、短期の企業派遣やプライベートレッスンもあるので!と言われているので大変ありがたいです。 私にとって 日本語教師は一生関わっていきたい職業で、夫の退職後に大好きなタイでロングステイをしながら日本語教師をするのが夢です。 日本語教師の求人ニーズも高まっている! 日本政府が掲げる「留学生30万人計画」のもと、近年留学生が増えています。 それに伴い日本語学校も増加傾向にあり、日本語教師の求人ニーズも高まってきています。 給料は地域によって異なりますが、非常勤の場合だと1コマおよそ1,200〜2,000円、専任教師の場合は1ヶ月20万円といったケースが多いようです。 トピックス 随時更新!受講料キャンペーン情報や新規スクール情報は要チェック! スクールの受講料や新規掲載スクール情報追加などを毎月更新しています。 以下に更新情報をまとめましたので、こちらも是非確認してみてください。 NEW 2020年5月21日 『』ページを更新しました。 NEW 2020年4月16日 『』ページを更新しました。 NEW 2020年4月16日 『』ページを更新しました。 日本語教師の関連記事を紹介! 事例別で関連記事を紹介します。 日本語教師についての疑問や知りたいこともあるのではないでしょうか。 事例別に関連記事をまとめてみました。 日本語教師 関連ページ• 日本語教師の学校を探す• 日本語教師養成講座 スクール紹介• 全国・複数地方展開• 北海道・東北エリア• 関東エリア• 北信越エリア• 東海エリア• 関西エリア• 九州・沖縄エリア• 日本語教師を目指して 【体験記】•

次の

日本語教師養成講座

日本 語 教師 国家 資格 化

日本語教師のやりがいとは? 日本語教師の仕事は決してラクではなく、全く日本語が通じない方を相手に日本語を教えるわけですから大変なこともたくさんあります。 しかし、同時にたくさんのやりがいを感じることのできる職業でもあります。 そこで、日本語教師のやりがいについていくつか紹介します。 やりがいその1:生徒の成長を直に感じることができる 日本語教師として働く最大のやりがいはなんといっても生徒の成長を直に感じることができるということです。 世界には無数の言語が存在しますが日本語は最も習得が難しい言語と言われています。 普段から日本語を当たり前のように話している私達にとってはその難しさを理解することはできませんが、外国語を母語とする方にとっては日本語独自の発音や文法、また漢字は容易に習得できるものではありません。 しかし、日本語教師として働きながら生徒が徐々に日本語への関心を示し、実際に 日本語を扱えるようになっていく過程を見ると大変やりがいを感じることができるのです。 また、日本語学習を通して生徒が日本の文化や習慣、歴史などにも目を向けてくれるので日本人として誇らしく感じることができ、日本語教師として働くモチベーションにもつながります。 やりがいその2:生徒の目標達成に貢献できる 日本語習得の目的は生徒によって異なり、また必ずしも生徒が外国人だとは限りません。 たとえば海外に住んでいる日本人で日本語能力を維持したい方、また将来日本での就職を考えている方、将来日本に住みたい方などそれぞれの目的を持って日本語を学習します。 日本語教師はそのような生徒に対し直接的ではありませんが日本語を教えることによって生徒の目標達成に貢献できるのです。 生徒の母語や出身国などのバックグラウンドによって日本語習得までに必要な時間は異なり、なかなか成果がでないこともめずらしくありません。 しかし、実際に自分が教えた生徒が日本語を習得し日本での就職を果たしたり、 それぞれの夢を叶えることができたときには日本語教師はやりがいを感じることができます。 やりがいその3:日本語の価値観を広げることができる 日本語が話せるからと言って日本語教師になれるというわけではなく、日本語教師になるためには外国語を母国とする人に日本語を効率よく教えるための技能とスキルが必要となります。 そのため、普段何気なく使っている日本語に対してしっかりと意識して向き合う機会があるため、今まで以上に日本語の価値観について考えることがあります。 世界的に見れば日本語を日常的に使っている人の数は少ないですが、特に台湾やベトナム、タイなど東南アジアにおいては一定数の需要があるため日本語は学ぶべき意義のある言語です。 日本語教師として日本語を教えていく上で日本語の価値を広げられるだけでなく、 他の視点に立つことによって異文化への理解も深めることができるため、それが日本語教師として働くやりがいやモチベーションにもつながります。 日本語教師の苦労は?現状やこれからの将来性 以上の3点が日本語教師として働く主なやりがいとなります。 しかし、仕事において当然苦労することもあり、日本語教師は決してラクな仕事ではありません。 そこで、日本語教師として働く苦労や現状、これからの将来性について一緒に見ていきましょう。 日本語教師として働く苦労 先程も述べたとおり、日本語は世界にある言語の中でもトップクラスに習得が難しい言語と言われています。 そのため、日本語教師として日本語を教える際はそれぞれバックグラウンドが異なる生徒に対して どのようにして教えたら効率的に学習できるかということを常に考えて指導する必要があるのです。 テキスト通りに指導しても日本独自の言語文化があるためどうしても理解してもらえないという状況に陥ることも珍しくありません。 つまり、日本語を効率よく教える努力、理解してもらう努力をしながら指導する必要があるということが日本語教師として働く最大の苦労となります。 日本語教師の現状や将来性 日本国内の語学学校等において日本語を学ぶ生徒の数は約21万人と言われていますが、生徒の数に対して教師の数がおよそ4万人と非常に人手不足という現状になっています。 そのため、国内はもちろんのこと、グローバル化が進むにつれて 日本語教師の需要は海外においても一定数ありこれからますます増えてきます。 しかし、業務内容に対して 給与が少ないことが問題視されているという現状もあるため、それらの問題を考慮しつつキャリアアップを目指して行く必要があります。

次の