クレイ洗顔。 クレイ洗顔の人気おすすめランキング15選【プチプラや毎日使えるものも紹介】

クレイ洗顔料|ドラッグストア市販品で人気のおすすめや口コミは?

クレイ洗顔

コレで肌のくすみが取れると思って失敗しました。 こんな感じで・・・どれ使っても効果を実感できるまでのものが無かったんですよね(泣) そんな時、前から肌が綺麗だなーと思っていた友達が愛用中の、ビーグレンのクレイウォッシュ洗顔をちょっとだけ使わせてもらった事があったんです。 始めて使った時、「え?こんな泡立たなくても綺麗になるの?」「洗い上がりしっとりする」エステに行ったあとの肌みたい~って思っちゃったんですよ 実は、泡立てる為の 発泡剤は肌に必要な成分じゃ無いんです。 毛穴の汚れは泡じゃなくても落ちるというのを知りました。 ビーグレンのクレイウォッシュは使ったあと、すぐに 肌がもちもちした感じがしました。 肌に手を当てた時の感触が、今までとは違う・・・しっとり。 顔洗うのも、ものすごく楽になりました。 ビーグレン クレイウォッシュの正しい使い方 このクレイウォッシュの正しい洗顔の使い方は他の洗顔とは違います。 洗顔は毛穴の汚れをいかに吸着させるか?がポイント なので、この製品は泡立てないで、薄く広げて肌に直接当ててください。 「クレイウォッシュ」は、 天然クレイのモンモリロナイトが毛穴の汚れを吸着して取り除き、肌への刺激も少ないので敏感肌の人にも人気が高いイチオシ品、顔をごしごし洗わなくても、軽めのメイク汚れやニキビ菌、皮脂、垢、古い角質をも取り除いてくれます。 【クレイウォッシュを使う順番】 朝は1番に、夜はメイクを落とした後に使います。 夜はqusomeナノオフクレンジング+クレイウォッシュ 朝はクレイ洗顔だけで十分 ビーグレンのトライアルセットなら1,980円 で試せる ビーグレンでは、肌の悩み別に8種類のトライアルセットがあり、 どのセットにも「クレイウォッシュ洗顔」は付いてます。 365日間の返金保証(使い切ってもOK)なので、気になってる人は気軽に試す事が出来ます。

次の

クレイ洗顔とは?泥洗顔との違いは?おすすめクレイ洗顔11選

クレイ洗顔

まずは気になるクレイ洗顔の定義から! 美容に敏感な人の間で人気を集めているクレイ洗顔。 はたして、クレイ洗顔の正体とは?そして、クレイ洗顔とならんでよく耳にする泥洗顔との違いはなんなのでしょうか? クレイ洗顔とは クレイは粘土鉱物のことで、ケイ素やアルミニウム、酸素などでできています。 その種類は構造や成分の違いで細かく分けられ、一口にクレイといってもたくさんの種類があるのです。 クレイ洗顔とは、そんなクレイの粒子の細かさや吸着力を利用した洗顔のこと。 クレイが毛穴の奥にまで入り込んで古い角質や皮脂を取り除いてくれるので、しつこい汚れを綺麗さっぱりオフすることができるのです。 泥洗顔との違いは? クレイ洗顔と似たような洗顔料として、泥洗顔と呼ばれるものがあります。 泥とクレイ、この違いは何なのでしょうか? 実は、 泥とクレイ(粘土)は粒子の大きさで区別されています。 よって、 泥洗顔に配合される泥成分はクレイ洗顔よりもやや不純物が多く、粒子が大きい場合があります。 といっても、実際はあまり区別することなく、「泥」と 書かれていても実際に配合されているのはクレイのみであることも少なくありません。 「泥」とするか「クレイ」とするかは、商品イメージや効果の伝わりやすさなど様々な点を考慮し、各メーカーが判断していると考えられます。 水を含むと何倍にも膨らむ性質と 高いイオン交換性をもつのが特徴で、研磨・スクラブ剤として化粧品に配合されるほか、吸着剤、増量剤、乳化安定剤などの作用もあり、多様な化粧品に配合されています。 カオリン カオリングループに属する粘土鉱物で、別名はカオリナイト。 花崗岩が風化してできた粘土です。 配合目的は研磨剤や吸着剤、皮膚保護剤としてなどさまざまで、肌と粉体の密着度を上げる作用があり、化粧品においては白粉などのパウダーアイテムによく配合されます。 マリンシルト(海シルト) マリンシルトとは海泥(マリンクレイ)のことを指します。 と海底土壌粘土であることから陸の粘土よりミネラル含有量が多いのが特徴。 沖縄の海で採れる海泥は「クチャ」と呼ばれます。 ベントナイト ベントナイトはモンモリロナイトを主成分とし、その他多種類の鉱物を含む弱アルカリ性粘土岩です。 モンモリロナイトと同じく水を含むと泥状に膨潤するため、化粧品には増粘剤としてよく用いられます。 また、 ひんやりとした清涼感があり、パック剤にも用いられるのが特徴。 ガスール(モロッコ溶岩クレイ) モロッコのみから産出される天然粘土。 鉱物としての分類はスメクタイトであり、 モンモリロナイトに近いと言えるでしょう。 洗浄力と保湿力をもちミネラルを豊富に含むため、洗顔のほかシャンプーやパック剤としても若い女性たちの人気を集めています。 タルク、パイロフェライト(ろう石クレイ) タルクは和名を滑石といいます。 滑石は柔らかい結晶性鉱石で、粉末には肌への伸びや広がりをよくする作用があります。 白粉やファンデーションのほか、ベビーパウダーにも使用される安全な成分です。 パイロフェライトは和名を葉ろう石といいます。 滑石と同じくロウのように柔らかい感触で、吸着剤や着色剤、不透明化剤として使用されます。 タルクとパイロフェライトは、滑石・ろう石グループに属していて、滑石はマグネシウムを、ろう石はアルミニウムを含んでいるのが特徴です。 マイカ(イライト) マイカは和名を雲母といい、白雲母や金雲母を粉砕して化粧品原料とします。 表面がスベスベしているという特性があり、伸びのよさやツヤ、肌への密着性を高めるために、パウダーメイクアイテムに頻繁に用いられます。 火山灰(アロフェン) 化粧品に用いられる火山灰は非結晶質の粘土鉱物で、溶岩堆積物から得られる無期ケイ酸塩のことを指します。 とくに、 九州南部の火山地域で採れる火山灰はシラスと呼ばれており、天然ミネラルを豊富に含んでいるのが特徴。 化粧品には研磨・スクラブ剤、あるいは吸着剤、増量剤として配合されます。 クレイがもつ2つの力には驚くべき美肌効果があるの! ここからはクレイ洗顔がもつ美肌効果について説明していきましょう。 まず最初にクレイの特性を2つ紹介し、そこから期待できる美肌効果を大きく3つ紹介します。 クレイがもつ2つの力 クレイには 【吸着性】と【イオン交換性】があります。 クレイの吸着性 クレイの表面はクレイの種類やpHなどの条件により、プラスまたはマイナスの電荷を持っているので、その反対の電荷をもつイオンが吸着します。 また、クレイは層状の構造やサッカーボールのような球状に無数の穴が空いた構造などをしています。 そのために表面積が大きく、 大量の皮脂や古い角質を吸着できるのです。 クレイによる吸着はほとんど一瞬で、クレイ洗顔を水ですすぐと吸着した汚れも綺麗に洗い流され、さっぱりと下洗い上がりと肌がツルツルになるのを実感できるでしょう。 クレイのイオン交換性 イオン交換性とは、 吸着していた物質と同じ電荷を持つ物質が触れあったとき、一瞬でその物質を交換する性質のことです。 つまり、プラスに帯電している物質(保湿効果のある成分)を吸着したクレイと、プラスに帯電した酸化皮脂や汚れが接触すると、クレイが一瞬で皮脂や汚れを吸着し、代わりにこれまで吸着していた保湿成分を手放すということです。 クレイのこの性質により、 クレイ洗顔では肌に確実に保湿成分を届けることができると言われています。 ただし、クレイの種類によってイオン交換性の程度は異なります。 例えば広く使われているモンモリロナイトは陽イオン交換容量が大きく、カオリンは比較的小さいです。 毛穴の開き・黒ずみの改善 細かい粒子が毛穴の奥にまで入り込み、汚れをしっかり吸着して根こそぎキレイにする。 そのため、 皮脂や古い角質、メイク汚れなどが詰まっていた毛穴も、スッキリ綺麗な状態に。 もちろん、汚れが酸化して 黒ずんだ毛穴にも効果的です。 使い続けることで毛穴内の汚れの蓄積がなくなり、徐々に毛穴を引き締めていくこともできるでしょう。 ニキビ肌の改善 ニキビの原因は過剰な皮脂分泌です。 若いころはホルモンバランスの不安定さが皮脂の分泌を招き思春期に機微に。 ある程度大人になると、今度は乾燥によって皮脂が分泌されてしまい、大人ニキビが発生します。 そんな困ったニキビ肌にも、クレイ洗顔は効果あり。 余分な皮脂をしっかり落とすことで、ニキビの原因となるアクネ菌の増殖を抑えることができるからです。 加えて、天然由来の保湿力によって、肌が過剰に乾燥することもありません。 継続使用することで、ニキビができにくい肌作りをすることができるでしょう。 くすみの改善 クレイの力を利用して不要な古い角質をしっかり落とすことで、ごわつきやくすみもオフされ、ワントーン明るい肌へと近づくでしょう。 また、蓄積した角質がなくなることで、 滞っていたターンオーバーが正常化し、肌代謝が活性化します。 その結果、肌の水分量アップ、バリア機能アップ、コラーゲン生成能アップなどが期待でき、みずみずしくハリのある若い肌に。 ターンオーバーはメラニンの排出もになっているのでシミの予防にもなり、 トータルで美肌を目指すことができるのです。 クレイ洗顔はこんな人におすすめ 敏感肌 クレイは市販の洗顔料のように界面活性剤の力だけで脂や汚れを落とすのではなく、クレイの吸着力を用いて汚れを落としています。 洗浄力と肌への優しさを兼ね備えているので、敏感肌の人でも安心して使えますね。 乾燥肌 クレイに含まれたミネラルにも保湿成分がある上に、商品自体に保湿成分をたくさん配合している傾向が高いため、乾燥肌もしっとり洗い上げることができます。 洗顔後の肌はまっさらなので、 スキンケアの浸透率もよくなり、潤い肌を持続できるはず。 脂性肌・ニキビ肌 皮脂吸着力にも優れているため、脂性肌やニキビ肌の人にもおすすめです。 中にはさっぱり感や清涼感を持たせた商品もあり、気になるべたつきもケアできるでしょう。 以上から、 クレイ洗顔は幅広い肌質に対応できる、非常に優秀な洗顔だと言えます。 クレイ洗顔はどうやって選ぶ?3つのポイントをチェック いざクレイ洗顔を購入しようと思っても、そのアイテム数は膨大。 何を選んで良いのかわからなくなるのも当然です。 そんなときこそ、以下の3つのポイントを判断基準にしましょう! ポイント1 石けんベースのクレイ洗顔は脂性肌~普通肌向け クレイ洗顔は泡立てるタイプが多く、中でも石けんベースの洗顔料が目立ちます。 石けんベースの洗顔料は洗い上がりがさっぱりしていて、すすいだ後の手触りはキュッキュとした感じ。 やや脱脂力が強いので、 石けんベースのクレイ洗顔は脂性肌・混合肌・普通肌の人におすすめです。 ポイント2 乾燥肌の人は泡立たないタイプがおすすめ 乾燥肌・敏感肌の人で石けんベースの洗顔料が合わない人におすすめなのは、泡立たないタイプのクレイ洗顔。 マイルドな界面活性剤が配合されているので、 洗い上がりの乾燥感やつっぱり感はほとんどありません。 パックに近いアイテムが多く、むしろ保湿力を期待できるでしょう。 ポイント3 毎日使うものだから使用感もチェック 洗顔料は毎日使う者だからこそ、 テクスチャーや香りなどの使用感も重要です。 中にはものすごく固いクレイ洗顔や、クレイの粒子が洗面台を汚してしまうもの、土っぽい臭いが強いものあります。 クレイ洗顔は普通の洗顔料と扱いが少し違うので、自分が使いやすいものを選んでください。 当然、 肌との相性もしっかり確認しましょう。 とは言ってもたくさんあるクレイ洗顔は何を選んだらいいかわからないわよね。 と言うことで私のおすすめのクレイ洗顔を紹介するわ。 また、天然ミネラルを豊富に含み蔵年作用をもつシリカ(無水ケイ酸)という粉体を配合しており、 もちもちした吸着泡をつくることができます。 保湿成分としてはコラーゲン、ローヤルゼリーエキス、アロエエキスなどが配合されていますが、石けんベースであることから乾燥肌の人には保湿力が弱く感じられるかもしれませんね。 ただし、 消炎作用をもつグリチルリチン酸ジカリウムを配合した医薬部外品なので、赤みを帯びたニキビ肌や炎症を伴うトラブル肌の人にはおすすめです。 使用する際は洗顔後の保湿を徹底しましょう。 洗浄剤としてアミノ酸系界面活性剤を配合してしますが、いずれも低刺激で肌に優しい界面活性剤なので、 乾燥肌・敏感肌の方にもおすすめ。 テクスチャーはゲルのようにやわらかく、肌になじませるだけでクレイが汚れをどんどん吸着します。 美容成分もしっかり配合されているので、気になるテカリはもちろん乾燥もケアでき、毛穴ケアにも最適。 毛穴の開きに悩んでいる乾燥肌・敏感肌さんは、ぜひ一度トライしてみてください。 特徴は 高配合のベントナイトと、国産の米麹エキスと米ぬか発酵エキスを配合していること。 3種のクレイがしっかり汚れを落としつつ、お米成分が肌を柔らかく保ちながら潤わせるサポートをしてくれます。 どろあわわには他にも 黒砂糖エキスや豆乳発酵液、ヒアルロン酸Na、ベビーコラーゲンなどが配合されているので、保湿力もばっちり。 乾燥肌の人でも、ぜひ試してみて欲しいアイテムです。 商品レビューではとくに泡立ちの良さが高評で、もちもちとした泡によって使用感と洗浄力が高められていると考えられます。 ただし、反対に肌に合わない・つっぱるという内容も少なくはありません。 使用する際は洗顔に時間をかけすぎないことと、洗顔後の保湿をしっかり行うことを心がけましょう。 (商品説明ではクチャ(沖縄)とマリンクレイ(ブルターニュ産)という具合に2種類の海シルトを書き分けていますが、全成分表ではどちらも海シルトです)。 石けんベースの洗顔料で、石鹸素地にはオーガニックのシアやココナッツ、アルガンオイルなどの油脂を使用しており、一部はやや刺激が強いものとなっているので、 敏感肌や乾燥肌の人は慎重になったほうがいいかもしれませんね。 常在菌のバランスを整える作用をもつバイオエコリアや、代謝の促進と酸化を予防するハチミツ、バリア機能を改善する米ぬか発酵エキスなども配合しており、総合的に美肌を目指すことができます。 エイジングケア成分も配合されているので、 年齢肌に悩んでいる人にもおすすめですよ。 さっぱりなのにつっぱらない洗い上がりが特徴で、毛穴レスなクリアな肌へと導いてくれます。 洗浄剤に着目してみると、アミノ酸系の界面活性剤の中でも洗浄力が強いと言われているココイルグリシンKが配合されており、 どちらかというと普通~脂性肌向けといえるでしょう。 評価レビューを見た限りでは「刺激が強い」と感じる人もいるようなので、 乾燥肌・敏感肌の人が使用する際は保湿ケアを念入りにすることをおすすめします。 さわやかなナチュラルグリーンハーブの香りも人気の理由の1つで、さっぱり感とリラックス感を高め、てくれるクレイ洗顔です。 保湿成分としてマルラオイル、アルガンオイル、リピジュアなどの油性成分が配合されていて、 固形石鹸にありがちな洗顔後のつっぱり感を抑えてくれます。 クチャは粒子が非常に細かく、毛穴の奥まで入り込んで汚れをしっかり吸着してくれるので、毛穴のざらつき改善に期待できるでしょう。 また、ミネラル分も豊富で、健やかな肌状態を維持するのに役立つはずです。 さらにもう一点注目したいのは、「枠練り」という製法を用いた石鹸であること。 枠練り石鹸は保湿・美容成分をたくさん配合することができ、洗浄力がマイルドで泡立ちの良いのが特徴です。 「ヴァーチェ クレイソープ」はクチャによって洗浄力が底上げされているので、洗浄力と保湿性の両方を兼ね備えていると考えて良いでしょう。 乾燥肌から脂性肌、混合肌まで、比較的どんな肌質の人にもおすすめできるアイテムだと言えますね。 とはいえ、石けんベースなので洗浄力は強め。 けれど、保湿・整肌・美容成分として、クマザサエキスやブクリョウエキス、トウキセンカエキス、ホホバ種子油、オリーブ油などの成分を豊富に含んでおり、肌を優しく労りながら洗顔することができます。 レビューを見ると、「肌がもっちりした」「柔らかくなった」「透明感が増した」という高評価がある一方、肌に合わない人はピリピリして痛みを感じるようです。 オラクルは初めての人向けにお得なトライアルセットがあるので、不安な人はまずそちらから試すと良いでしょう。 それぞれのクレイが洗浄と整肌に作用し、潤いを残しながらしっかり汚れをオフしてくれるでしょう。 石けんベースの洗顔料ですが、コカミドプロピルベタインとココイルメチルタウリンNaの2種の界面活性剤も配合しています。 この2種の界面活性剤は低刺激で、安全性の高い界面活性剤と言われているので、 肌への刺激性に関しては大きな心配はないでしょう。 全成分表示を見ると、クレイはだいたい真ん中あたりに記載されており、種類は多いものの配合濃度としてはそれほど多くないことが判ります。 とはいえ、きちんと泡立てて肌全体をしっかり覆うように洗顔すれば、クレイの吸着性がくまなく発揮されてすっきりと洗い上げることができるでしょう。 今回は無香料のものを紹介しますが、全部で5種類の洗顔料があり、香りと色で特徴づけられています。 (さっぱり感の強い順に、ブラウン・カカオの香り、パープル・アサイーの香り、イエロー・グレープフルーツの香り、ホワイト・無香料、ピンク・ストロベリーの香り) もこもことした濃厚な泡立ちが特徴で、保湿成分としてアルガンオイル、チアシードオイル、ハチミツ、アボカドオイルを配合。 泡の力でしっかり汚れを落としながら、保湿力もちゃんともっています。 香りがついているタイプは「フルーツの香りで癒される」という口コミもあるので、気になる人は好みの香りや洗い上がりで他の4種類から選んでも良いですね。 使い方は簡単で、 乾いた肌にのせた後、濡れた指でクルクル30秒ほどマッサージし、乳化して白いクリーム状になったら洗い流すだけ。 毎日の習慣にすることで、クレイによる美肌効果だけではなく、マッサージによる血行促進やリフトアップなども期待できるでしょう。 とくに、 朝の洗顔に活用することで、メイク乗りが格段によくなります。 洗浄剤として配合されているラウロイルメチルタウリンNaは低刺激で安全な界面活性剤ですが、反面洗浄力が弱いので、しっかりと洗いたい人には少し物足りないかもしれません。 また、マルラオイル、アルガンオイル、ホホバオイル、オリーブスクワランといった油性成分も多いので、 クレイ洗顔のなかでも乾燥肌の人向けに特化したアイテムだと言えるでしょう。 ちなみに、顔に塗り広げて1,2分おくことで、パックとしても使えます。 配合されている界面活性剤は刺激が少なく、比較的マイルドで肌に優しいクレイ洗顔と言えるでしょう。 洗い上がりはまるでパック後のようなしっとり感で、洗浄と保湿をバランス良く両立した洗顔料です。 パラベンフリー、アルコールフリー、着色料フリー、香料フリーで配合成分はいたってシンプル。 レビューを見ても刺激を感じる人は少ないようで、乾燥肌・敏感肌の人も使っているようです。 もちろん、オイリー肌にもおすすめですよ。 洗顔後は直ちに、しっかりと保湿をしましょう。 乾燥肌・敏感肌の人は特に慎重に使用し、肌の変化を見逃さないように。 クレイ洗顔によって肌の水分を失わないように気をつけてください。 もちろん、普通肌や脂性肌でも、季節によっては肌が敏感になることがあるでしょう。 そんなときは使用頻度を下げたり、保湿性の高いものに変えたり、あるいは使用を中断してもいいかもしれませんね。 クレイ洗顔でのマッサージは力の入れすぎに注意! 硬いスクラブとは違い、クレイは肌を傷めにくいとはいえ、繊細な肌の上にのせて指で転がすのですから力を入れると肌を傷つけてしまいます。 力を入れなくてもクレイは肌の汚れをしっかり吸着してくれるので、 洗顔の際は「優しく丁寧に」を心がけてください。 とはいえ、あまり洗顔に時間をかけすぎるのも乾燥につながるためNGです。 目に入らないように注意! クレイの粒子が目に入ると眼球を傷つけてしまう恐れがあり、洗顔時には十分に注意が必要です。 とくに、火山灰が配合されているクレイについては、厚生労働省から注意喚起が出ているので要注意。 クレイ洗顔を使用するときはこのことをしっかり頭に入れ、火山灰に限らず気を付けるようにしましょう。

次の

クレイ洗顔は毛穴ケアにおすすめ◎!特徴から使い方まで徹底解説!

クレイ洗顔

出典: レッドクレイは、赤色をしたクレイのことで、汚れを吸着する作用は比較的強めです。 また、ミネラルの中でも鉄分が豊富に含まれているので、血行促進効果が期待できます。 洗顔料としてだけではなく、冷え性の方の手足へのパックや、足浴用の入浴剤としても活用されています。 クレイは皮脂や汚れを吸着する力が強いので、乾燥肌や敏感肌の方が使用する場合は、配合されている美容成分もチェックしておきましょう。 肌にうるおいを与えるヒアルロン酸やコラーゲン、豆乳発酵液、シルクエキス、植物オイルなどを保湿成分として配合している泥洗顔もたくさんあります。 泥洗顔の使用上の注意点 長時間放置しない 泥洗顔を使用する場合は、肌の上に長時間放置せず、速やかに洗い流すことをおすすめします。 汚れを吸着し、ミネラルがうるおいを与えると聞くと、できるだけ肌に乗せておく方が良いと思うかもしれませんが、洗顔料はあくまでも汚れを落とす目的がメインです。 そのため、与える効果を期待した、保湿系のパックのような使用方法はおすすめできません。 泡を肌に乗せて洗ったら、すすぎ残しがないようにしっかりと洗い流しましょう。 使用頻度を守る 使用するクレイによっては、洗浄力が強いので毎日の使用に適していない場合があります。 泥洗顔を使用する場合は、商品パッケージや説明書を良く確認し、使用頻度を守りましょう。 はじめて使用する場合は週に1回からスタートして、肌の調子を確認しながら使用してみてください。 固形タイプの泥洗顔おすすめ3選.

次の