トランポリン 運動量。 トランポリンダイエットは5分で効果が!簡単に痩せる最強の方法4つ

【トランポリンで運動不足解消!】自宅で楽しく燃焼しよう♪大人も子どもも楽しくできる室内エクササイズ

トランポリン 運動量

トランポリンは小さいものはお手頃な値段なので、意外と自宅で手軽にできるものです。 なので、ダイエットとして推奨されることはよくありますし、実際これから始めようかと考えている人は多いでしょう。 しかし、トランポリンのカロリー消費効率やデメリットを考慮すると、 一切ダイエットにオススメできません。 「トランポリン5分でジョギング1Km分の消費カロリー」というデマがネット上には広がっていますが、実際のダイエット効率は低く、デメリットもたくさんあるのです。 トランポリンで痩せるのは困難ですし、何よりも トランポリンよりも優れた運動はいくらでもあります。 今回はトランポリンの消費カロリーやメリット・デメリットを他の運動と比較し、最後にトランポリンの代替となる運動をご紹介します。 体重50Kg• 10分のトランポリン:31Kcal• 20分のトランポリン:61Kcal• 30分のトランポリン:92Kcal• 1時間のトランポリン:184Kcal• 体重60Kg• 10分のトランポリン:37Kcal• 20分のトランポリン:74Kcal• 30分のトランポリン:110Kcal• 1時間のトランポリン:221Kcal• 体重70Kg• 10分のトランポリン:43Kcal• 20分のトランポリン:86Kcal• 30分のトランポリン:129Kcal• 1時間のトランポリン:257Kcal• 体重80K• 10分のトランポリン:49Kcal• 20分のトランポリン:98Kcal• 30分のトランポリン:147Kcal• 1時間のトランポリン:294Kcal 細かいカロリーについては以下の計算機を使って下さい。 メッツとは運動強度の単位で、安静時(1メッツ)の何倍のエネルギーを消費するのかを表す指標となる。 消費カロリーの計算に用いられる一般的な指標でもあり、以下の計算式を用いる。 消費カロリー(Kcal)=1. 5(h)=92Kcal 他の運動との比較 運動の消費カロリーはメッツ値に比例するので、 メッツ値を比較すれば 運動の時間あたりの消費カロリーを比較できます。 トランポリンのメッツ値を代表的な運動と比べると以下のようになります。 軽いウォーキングと同程度、 軽いランニングの半分程度の消費カロリーということです。 こうしてみるとカロリー消費効率は低めの運動であるというのが分かるかと思います。 「トランポリン5分でジョギング1Km分」と言われたりしますが、 普通に考えてそんなわけありませんよね。 運動の消費カロリーについては、 などもありますし、 ネット上の情報は基本的にあてになりません。 ちなみに、室内でできる他の代表的な運動の場合は以下通り。 ストレッチ:2. 3メッツ• ヨガ:2~4メッツ• ダンス・エアロビ:5~9. 5メッツ ダンスやエアロビには到底及びませんが、 ストレッチよりは効率が良いという程度。 トランポリンでで痩せるにはかなり時間がかかるので、 毎日時間を確保して続ける必要があります。 トランポリンダイエットのメリット・デメリット トランポリンはカロリー効率が悪いと感じた人が多いと思いますが、 ダイエットにおけるデメリットはそれだけではありません。 トランポリンダイエットの特徴をまとめると以下の通り。 新鮮さがあって最初は楽しい• 家の中でできる• ダイエット効率が悪い• トランポリンがかさばる• 単調になりやすく飽きやすい• 手軽さでも効率面でも他に優れた運動がある トランポリンは小さいものなら5000円程度で購入できますし、 振動を吸収するマットがあればマンションでも問題なく使えます。 また、最初のうちはただ跳んでいるだけでも楽しいと思えるでしょう。 しかし、メリットと言えばそれくらいしかありません。 小さいトランポリンでできることは少なく動きが単調になるので、 わりと飽きやすいというデメリットがあります。 ダイエット効率が悪いトランポリンで痩せるには長時間、かつ長期間行わないといけないため、 かなり根気が必要になるでしょう。 そして何より、 「トランポリンじゃなくてよいのでは?」という結論に行き着きます。 手軽な運動で言えばやなど、 単調ですが器具が不要で室内で取り組めるものがあります。 ダイエット効率であれば、 の方が遥かに優秀ですし、器具も不要で飽きにくいです。 正直、 トランポリンをおすすめする理由は一つもないですね。 ちなみに自宅でできる有酸素運動についておすすめのものをまとめているので、 ぜひこちらもご覧ください。

次の

ミニトランポリンの5つの驚きの効果

トランポリン 運動量

高血圧は、今や世界共通の健康問題です。 WHO(世界保健機関)の発表では、 世界中の成人のうち、3分の1以上が高血圧といわれています。 日本では、40~74歳の男性の約6割、そして女性の約4割が高血圧といわれ、 国内で最も多い生活習慣病となっているのです。 高血圧になる原因は、ストレスや塩分摂り過ぎの食生活といった、生活習慣にかかわることから、加齢といった避けられないことまでさまざま。 多くの人が悩むのも無理のないことでしょう。 しかし、高血圧を放置していると心臓への負担が大きくなり、将来、脳卒中や腎不全といった重い病気を引き起こす恐れがあります。 そのため、早めに対処を行うことが大切です。 高血圧の改善には、生活の中で行えることがたくさんあります。 運動もそのひとつです。 ただし、運動をするといってもむやみやたらに体を動かすのは危険です。 運動をする際には、まず医師に相談するようにしましょう。 場合によっては有酸素運動の限界を知るための 心肺運動負荷試験を受ける必要があります。 さっと読める目次• 運動が高血圧の改善におすすめの理由 運動をすると血圧が上がる、だから高血圧の人が運動を行うのは危険・・という声をよく耳にします。 たしかに、運動すると血圧が上がるのは事実です。 しかし、これは運動中だけのこと。 長期的に見れば、 運動には血圧を下げる作用があり、高血圧の改善に役立ちます。 運動が高血圧を改善するメカニズム 運動すると、血液を全身へスムーズに運ぶために、心拍出量が増えます。 これが運動中、一時的に血圧が上がっている状態です。 運動を習慣にして、この状態を繰り返すと、次第に運動していないときも血液循環が良くなるようになります。 これは運動によって、筋肉がよく伸び縮みするようになるためです。 筋肉にしなやかさができると、手足の血流が良くなって、末梢血管の抵抗が徐々に少なくなります。 すると、血液を運ぶ時の心臓の負担が減るので血圧も下がるようになるのです。 運動習慣のなかった高血圧の人が、適切な方法で運動を行ったことで血圧が下がったという事例は多くみられます。 運動が高血圧の合併症を予防することも 運動することには、高血圧の合併症を予防する効果も期待できます。 たとえば、糖尿病の予防です。 高血圧と糖尿病 糖尿病と高血圧は密接な関係にあります。 というのも、糖尿病の治療に必要なインスリンの効き目が悪くなるほど、血圧が上がるという悪循環があるためです。 適度な運動には、インスリンの効き目を高める効果があります。 そのため糖尿病の予防や悪化につながるのです。 高血圧と動脈硬化 動脈硬化とは、血管に中性脂肪やコレステロールが蓄積されることで、動脈に柔軟性がなくなる状態を指します。 脳梗塞や心筋梗塞の原因にもなることでも知られています。 運動には、中性脂肪をエネルギーに変える働きがあります。 エネルギーに変わった中性脂肪は、 「HDL」という善玉コレステロールの増加を促します。 善玉コレステロールには体内の不要なコレステロールを排出する作用があるため、動脈硬化を予防することにつながるのです。 運動を習慣にすることには、こうしたさまざまな良い影響があり、これらが作用することで高血圧を含む生活習慣の改善に効果を発揮することが期待できます。 高血圧の改善に適した運動 高血圧の改善に適した運動の条件は、大きく分けると2つあります。 1つ目は、 酸素をいっぱい体に取り込みながら行う、有酸素運動であること。 2つ目は、 同じ動作を繰り返すような運動であることです。 具体的には、ウォーキングや踏み台昇降、水中ウオーキングや軽い水泳、そしてエアロバイクを使った軽いサイクリングが当てはまります。 いずれも運動前には軽めのストレッチをしてくださいね。 高血圧の人がウォーキングをやるときのポイント 運動のために歩くとなると気合が入ってしまうかもしれませんが、最初は軽い散歩の気持ちで始めてください。 週3回30分程度を目安に歩くと良いでしょう。 慣れてきたら時間や回数を増やしてみてください。 水分不足になると高血圧が悪化してしまうので、運動前や運動中にはこまめに水分補給を行いましょう。 また、歩きにくい靴を使うと足に負担かかって運動を続けられなくなります。 靴のサイズはつま先に余裕があるものを選び、着地時に足の負担が少ない厚みのある靴底のものを使用するようにしましょう。 高血圧の人が踏み台昇降を行うときのポイント 踏み台昇降は屋内で行えるので、天候やライフスタイルに左右されず、自分のペースで続けることができる運動です。 踏み台昇降に使う台は、雑誌などを積み重ねてガムテープで止めたものなどでも代用できますが、今後長く使うことを考えたら、専用の台を買うのがベストでしょう。 通信販売で3,000円ほどで売られています。 台の高さは身長によって多少差がありますが、足の負担を少なくするために10~20センチ程度のものを使うと良いでしょう。 1分間に60回ほど昇り降りするペースでゆっくりと行ってください。 最初は5分行うだけでも疲れると思います。 慣れてきたら10分ほど続けてみてください。 高血圧の人が水中ウォーキング&水泳するときのポイント 水中での運動を取り入れる場合は、 水中ウォーキングから始めると、体への負担が軽くてすむのでおすすめです。 地上で行うウォーキングと違い、関節にかかる負担が少ないので、ひざが弱い人には特に適しているでしょう。 週2回程度行うだけでも、十分効果は期待できます。 水中ウォーキングを行う際は、 浅いプールで短時間から始めてください。 体が慣れてきたら、30分を目標に徐々に時間を増やし、深めのプールを利用するようにしましょう。 水泳は比較的運動量の高い有酸素運動なので、あくまで軽く泳ぐことを意識してください。 スピードも高めず、ゆっくりと泳ぎましょう。 高血圧の人がサイクリングをするときのポイント 有酸素運動の中でもサイクリングに興味があるという人は、なるべくジムにある エアロバイクを使用するようにしましょう。 といいますのも、実際に自転車を使ってサイクリングをすると、坂道など高低差がある道を走ることになり、体に大きな負担をかける可能性があるのです。 サイクリングも運動量が比較的高いです。 行う際には、ギアを軽めに設定し、こまめに休憩と水分補給をはさみましょう。 慣れない運動でひざに痛みを感じた場合は、無理に継続しないでください。 その際には、先述の水中ウォーキングを取り入れると良いでしょう。 高血圧の人は控えたい!危険な運動 高血圧の人が避けるべき運動の条件も、大きく分けて2つあります。 1つ目は、 有酸素運動の反対である、無酸素運動。 2つ目は、 闘争心を刺激されるような運動です。 高血圧の人が無酸素運動を控えるべき理由 無酸素運動とは、有酸素運動とはことなり、酸素を必要としない運動です。 瞬発力が求められるため、心臓に大きな負担がかかり、高血圧を悪化させるおそれがあります。 具体的には筋トレや懸垂、重量挙げといった運動です。 こうした運動は、力む瞬間に息を止めます。 また、筋肉を収縮させたまま動かない状態を維持することも多いです。 こうした動作が、血液を送り出す血圧 (収縮期血圧)や血液を心臓に戻す血圧 (拡張期血圧)を上げることにつながります。 高血圧の人が闘争心を刺激する運動を控えるべき理由 同じ動作を繰り返す運動は単調で飽きるから、周りの人と競い合うような運動をしたいと考える人は少なくありません。 しかし 成績などを競い合う運動を行っているときの緊張感は、血圧を大幅に上げることが指摘されています。 高血圧の人が多い40代以降の世代では、唯一楽しみにしている運動が ゴルフであるという人もいるでしょう。 しかし、残念ながら高血圧の人にはゴルフもおすすめできません。 勝負が決まるパターの瞬間の心臓への負担は、非常に大きいものです。 ぜひともおすすめした運動で、高血圧の改善を目指しましょう。 運動量や強度は医師との二人三脚で決めるのがベスト 高血圧の改善に適した運動と、危険な運動の違いはいかがでしたか?この記事で紹介した各運動の時間や頻度などは、あくまで目安となります。 不安がある場合は、必ず医師に相談するようにしましょう。 適切な運動を長く続けることで、改善の効果はあらわれます。 続けやすい方法をぜひ、見つけてくださいね。 よく読まれてる人気記事.

次の

トランポリンで子供の運動神経は良くなる?幼児から小学生への効果とは!

トランポリン 運動量

php on line 1553 今、ダイエットでトランポリンに注目が集まっているって知っていましたか? 乗って跳びはねるだけで、バネやゴムの反動で大きくジャンプでき、ストレス解消にも効果大なトランポリン。 実は 毎日トランポリンで5分飛ぶだけで、 非常に効果的なダイエットができると世界中でいま話題を集めています。 そんなトランポリンについて、ダイエット方法や見込める効果など、気になるポイントをまとめてみました。 長時間の運動が続かない人は、トランポリンで短時間ダイエットに取り組んでみてください。 目次で拾い読みしますか?• トランポリンダイエットのメリット 普通のダイエットのように、ウォーキングや筋トレをやるのに比べ、 トランポリンにはいくつかメリットがあります。 どれも嬉しいものばかりですので、ダイエットが続かない人もトランポリンにハマること間違いなしです。 短時間でできる トランポリンダイエットの一番のメリットは、何と言っても 短時間でできるということでしょう。 普通、カロリーを消費させようとすると 有酸素運動などで30分以上走る必要があります。 ですがトランポリンの場合は なんと5分からでも痩せることができます。 その消費カロリーの効果は なんと脅威の5分でジョギング1km分! 具体的には、トランポリン5分で およそ50kcalを消費できます。 対してジョギングの場合は速度次第ですが、30分で145~200kcal。 5分間だと24~33kcalになる計算です。 ですので、時間単位にしてもトランポリンの方がダイエット効果が高く、 短時間でより痩せる事ができるのです。 天気が関係ない ダイエットが続かない理由のひとつに 「やらない理由に引っ張られる」という事があると思います。 毎日ランニングをすると決めていても、雨が降ったらそれを理由にやらなくなり、そのまま中断し続けてしまうなどです。 そういったダイエット中断の理由が、トランポリンの場合は作りづらいです。 部屋に置いておけば 雨や雪が降ろうが台風が来ようが、 何の問題もなくダイエットができます。 周りの環境に左右されず、継続的にダイエットができるのがトランポリンの強みと言えるでしょう。 スペースを取らない トランポリンというと新体操で使うような、大きなものを想像しているかもしれません。 ですが今は家庭用のエクササイズのために、 1人用の小さなトランポリンも 気軽に買うことができます。 直径で1mないくらいの大きさですし、トランポリンによっては折りたたむ事ができるモデルもあります。 大きなものは部屋に置けないと言う方も、問題なくトランポリンを使えますよ。 とにかく楽しい トランポリンダイエットのメリットとして何よりも大きいのが、やっていて楽しいということです。 ジョギングなどの有酸素運動は、やっていてキツく辛い点もあるので、そこで気持ちが萎えてしまうかもしれません。 その点、トランポリンダイエットの場合、無重力のように飛び跳ねられて やっていてかなり楽しいです。 ダイエット中のひとときに、子供に戻ったような感覚を味わえるので、 決められた時間以外にもやりたくなります。 ダイエットを継続させるために、このワクワク感があるのはトランポリンダイエットの魅力ですね。 Sponsored Link トランポリンダイエットの効果 ではトランポリンによるダイエットには、どのような効果があるのでしょうか。 楽しいばかりではなく、ダイエット効果も非常に高いために、トランポリンが注目を集めているのです。 そのトランポリンの効果について下記にまとめました。 脂肪燃焼の効果 上記でも少し触れましたが、 トランポリンは短時間で効果的に カロリーを消費することができます。 5分間だけでも50kcalと多くの脂肪燃焼ができるという点は、ダイエットをする際に見逃せない効果です。 運動のカテゴリとしては有酸素運動にあたり、 身体に溜まった脂肪を燃焼してくれます。 効率良くダイエットをするために、非常に注目度の高い効果と言えるでしょう。 筋力アップの効果 トランポリンは脂肪を燃焼するだけでなく、 体中の筋肉へ刺激を与える事ができます。 一見、イメージできませんがトランポリンは全身の筋肉を必要とするため、無駄なく体中を鍛えることができます。 特に下半身への刺激はかなり高いため、 ヒップアップや足の引き締めなど ダイエット効果が期待できます。 同時に上半身もバランスを取るために、無意識のうちに使われるため、体幹を引き締める事ができます。 全身の引き締めには、様々な運動が必要なので、それを一気にできるトランポリンは、ダイエットにおいて、非常に役に立つと言えます。 基礎代謝の向上効果 上記のように筋力をつけて身体を引き締めることで、 身体の代謝がアップします。 またトランポリンは、普通の筋トレでは鍛えるのが難しい、インナーマッスルを鍛える事ができます。 そのため内側と外側という 両面の筋肉を鍛えて代謝をアップし、 痩せやすい体質を作ることができるのです。 筋肉が多くなるとその分基礎代謝が向上し、何もしていないときにも脂肪を燃焼し、痩せる手助けをしてくれます。 そのため、運動で消費する分とプラスして、日常生活でも脂肪を燃焼し、二重の効果でダイエットを促進してくれます。 また痩せた後にも、基礎代謝が高ければ、リバウンドで太りにくくするという 肥満予防の効果も見込めます。 デトックス効果 ダイエットを促進する理由のひとつに、 トランポリンのデトックス効果が挙げられます。 トランポリンはを行うことで、身体の中に溜まった老廃物を流し、きれいな状態にできるのです。 これは、トランポリンで上下に跳びはねる事で、沈殿したジュースを元通りにするように、身体の中の淀みを解消できるのが理由です。 普段行わない上下運動は 身体の中の詰まりを解消し、 流れやすくしてくれるのです。 このデトックス効果によって、ダイエット効果の他にも様々なメリットを得る事ができますよ。 むくみ解消効果 身体に水分が溜まってしまい、脂肪量以上に太く見えてしまうむくみ。 このむくみ解消効果も、 トランポリンダイエットを実践することで 得ることができます。 その理由はトランポリンを行うことにより、身体の中の詰まりが解消されて、 水分やリンパ液が流れやすくなることにあります。 上記で紹介したデトックス効果のおかげで、むくみが解消されやすくなるのです。 体質的にむくみやすい、という方はダイエットと一緒に解消ができるので、むくみ対策としてもトランポリンをやりましょう。 美肌効果 トランポリンのデトックス効果は、 美肌にもプラスに作用します。 リンパの詰まりは新陳代謝の悪化に繋がり、 その結果、肌荒れやシミ、シワなど お肌に対する悪影響を及ぼします。 その肌トラブルの原因である詰まりをトランポリンによって解消することで、美肌効果を得ることができるわけです。 せっかくトランポリンダイエットで痩せるなら、一緒に美肌になることでよりキレイになれれば嬉しいですよね。 しっかりとトランポリンで老廃物を流して、肌美人も目指してみてください。 ストレス解消効果 ある意味、トランポリンダイエットで最も大きな効果としては、 ストレスの解消が挙げられます。 適度な運動は、ストレスを発散させて、気分転換を促してくれます。 ですが運動までの気持ち的なハードルが高いと、逆に運動を強要されている気持ちになって逆にストレスが溜まることもあり得ます。 その点、トランポリンダイエットであれば、跳びはねるだけという手軽さからストレスにはなりにくいです。 逆に、トランポリンで跳びはねる際に 普段では味わえない無重力感によって、 ストレスから開放され幸福感を味わえます。 適度なストレス解消は、そのままダイエット成功にも繋がり、肉体的・精神的にも痩せやすくなれるでしょう。 まずトランポリンダイエットの入門編として 3分間のお手軽エクササイズを紹介します。 こちらを毎朝やるだけでもダイエット効果をはじめ、上記で紹介したようなメリットをたくさん得られます。 トランポリンダイエットの入門編だけあって、実践方法はかなり簡単です。 上記の動画のようにやってみてください。 具体的な内容は以下の通り。 軽くトランポリン上でジャンプする• ジャンプごとに左右に足の開閉をする• 腰を左右に捻りながらジャンプする• 足を前後に踏み出しながらジャンプ• 数回ごとに45度ずつ回転する• 数回に一度、スクワットをする• 片足ずつ、ケンケンをする どれもひとつひとつの動きはやさしく、激しい動きは必要としません。 運動が苦手な人でも十分に実践できるトランポリンダイエットです。 まずはこのダイエットから実践して、トランポリンに慣れていきましょう。 単にトランポリンで跳びはねるだけでなく、楽しみながらダイエットをしたいなら、こちらの方法もおすすめです。 エアロビクスのように、 ノリノリの音楽に合わせて トランポリンエクササイズを実践できます。 単にジャンプするだけでなく、トランポリンの反動を上手く活用して、体幹を鍛える動きを何種類も実践できます。 運動強度も高くなるので、ワンステップ上のダイエットとして、しっかり痩せたい人にお勧めです。 こちらの動画の内容は、約30分間 テンションの高いトレーナーに合わせて、 トランポリンエクササイズを楽しめます。 ただ飛ぶだけに飽きた方は、こちらのトランポリンダイエットを試してみてください。 超上級者向けの1時間トランポリンプログラム 簡単なトランポリンエクササイズでは、もう満足できない。 もっとガッツリやって少しでも早く、たくさん痩せたいという場合。 この 1時間トランポリンプログラムを一度、実践してみてください。 これは UBOUND(ユーバウンド)という、ジムなどでプログラムとして行われているトランポリンを使ったエクササイズです。 単にトランポリンの上で跳びはねるだけでなく、ときには横で腹筋運動をしてみたり、あらゆる方法でトランポリンを活用していきます。 今までの方法とは比較にならないほど、運動強度は高く、当然ダイエット効果も高いです。 とはいえ、初心者はまず1時間続かないと思うので、できるところまで徐々に慣らすと良いでしょう。 最終的には、週に1回や2回ほど このくらいのトランポリンダイエットができると、 スタイルの維持も完璧ですね。 最強デトックスのトランポリンプログラム 最後は 多くの経営者・ビジネスマンも実践する、 デトックス効果を最大まで高めた トランポリンプログラムをご紹介します。 こちらのトランポリンダイエットを毎朝、起きた直後に実践することで、1日を最高パフォーマンスで過ごせますよ。 内容は以下の通りです。 トランポリンの上で軽く飛ぶ:5分間• トランポリンでハイジャンプ:5分間• その場で駆け足をトランポリン上で:3分間• トランポリン上で左右交互にキック:3分間• 相撲の四股をトランポリン上で踏む:3分間• トランポリンの上で軽く飛ぶ:5分間• ハイジャンプをトランポリン上で:5分間 ここまでで約30分間です。 上記のトランポリンダイエットを実践する際は、 やる前にお水を500ml以上飲んで 水分をたっぷり摂ってからやりましょう。 体の中に水分をしっかり巡らせて揺さぶれるので、詰まった体内の淀みを解消し、気持ちの良いデトックスができますよ。 実践後、1ヶ月以内に体調が良くなり、活き活きした自分を実感できると思います。 Sponsored Link トランポリンの選び方 トランポリンダイエットを実践するにあたり大切なのが、 どんなトランポリンを選ぶのかと言う点です。 トランポリンは大人のエクササイズから子供のおもちゃ用まで、様々なタイプのものが販売されています。 その特色も様々ですので、ダイエットのためにトランポリンを選ぶ際、注意すべきポイントをご紹介します。 大人用のトランポリンを選ぶ 元々、家庭用で省スペースを考えられているため、トランポリンは大人用も子供用も、同じように必要最小限の大きさが多いです。 そのため、サイズ的には同じような大きさになり、子供用のトランポリンでも良いように思えます。 ですが、想定している重量が違うため、子供用のトランポリンを選んでしまうと、使用中に壊れてしまう可能性が高いです。 子供用のトランポリンのほうが確かに安いですが、そこはケチらずに ちゃんと大人用を買って、 安全にトランポリンダイエットに取り組んでください。 エクササイズ用のトランポリン ダイエットを目的とした場合、トランポリンの使い方もおのずと激しめになってきます。 そのため、大人用のトランポリンであっても、できるだけエクササイズ用と記載のあるトランポリンを選ぶようにしてください。 トランポリンを選ぶ際に重要なのは、 何を置いてもまず耐久性です。 大きく跳びはねるため、使用中に壊れてしまうと大怪我をしてしまう恐れがあります。 そのため作りがしっかりとしていて、ダイエットの激しい動きにも耐えられるエクササイズ用のトランポリンを使いましょう。 トランポリン用マットを使う トランポリンはバネで衝撃を吸収しますが、それでも何割かは地面に伝わってしまいます。 フローリングや畳の場合、トランポリンの衝撃が伝わってしまい床が傷つきやすくなってしまいます。 お家へのダメージを考えるのであれば、 トランポリンの下に傷つき防止マットを敷いて、 床の損傷を防ぐようにしてください。 同時に騒音もいくらか緩和されるので、マンションやアパートの人も近所迷惑を防ぐことができますよ。 消音性を気にする 傷つき防止マットで直接床に伝わる振動や音は、ある程度緩和されます。 ですが、安物のトランポリンであれば、バネの作りが粗いために飛び跳ねた際にギシギシと音がうるさいです。 またダイエットの激しい動きをした際に、衝撃をうまく逃がすことができず、床にもドスドスと騒音が響いてしまいます。 そのため、トランポリンを購入する際には、 静音性がどうかを確認しましょう。 いまはニーズに合わせてバネ製のトランポリンでも、静かに使えるものも売られています。 また、 ゴム製のトランポリンの場合、 飛び跳ねた場合の音はほぼゼロです。 マンションやアパートで音が気になる場合は、ゴム製のトランポリンでダイエットをするのもお勧めですよ。 おすすめのトランポリン 上記の3ポイントを押さえた、おすすめのトランポリンを紹介します。 現在、日本で購入できるものとしては以下のトランポリンが 性能・コスパ・静音性の面でおすすめです。 届いたら自分で組み立てる必要がありますが、そこまで難しくありませんし、女性の力でも問題なく組み立てられるでしょう。 また邪魔になるなら、脚を外して壁に立てかけておけばスペースの圧迫にもなりませんし、折りたたみも可能なのが嬉しいですね。 スプリングの代わりに強力なゴムバンドなので、 跳ねたときにガシャガシャと五月蝿くないので、マンションやアパートでもOK。 飛び跳ねたときの反動も強く、ゴムバンド特有の固い感じがないので気持ちいいですよ。 ハンドルが付いていると飛び跳ねていて落ちないので便利です。 もちろん不要という方もいるでしょうが、そんな方は上記のリンクからamazonに行けば、 ハンドルなしを2,000円程度安く買えますよ。 また静音マットがセットになっているので、床のキズや振動も気にせずに使えるのが嬉しいところ。 トランポリンでダイエットを始めるつもりなら、ダントツでこちらをおすすすめします! 静音マットも一緒に! もし上記以外のトランポリンで静音性が高いものを選んだとしても、問題点が1つだけあります。 それは 「床のキズ」です。 一応トランポリンの脚にはゴムが付いていますが、それでも体重50kg以上の圧力がガンガンかかるので、 床がへこんだりギシギシ音が伝わってしまうことも。 特に賃貸の家の場合、退去時の敷金にも影響がでるので、キズはなるべく避けたいところ。 そこでおすすめしたいのが、 トランポリン用のフロアマットです。

次の