マリスビリー アニム スフィア。 【グラブル】スツルム(リミテッド)の評価/性能検証まとめ【グランブルーファンタジー】

【FGO】【考察】続・カルデアの者に関して考察してみた

マリスビリー アニム スフィア

概要 [ ] の名門。 天体科を牛耳る魔術師の貴族。 十二のロードの一つ。 を管理している。 アニムスフィアは遥かな昔から天体運動を研究し司る魔術師。 人類史を見守りその先に未来が確かに続いていることを見る一族。 未来を創るなんて大きなことは言わない。 ただ未来はあるのだと他の魔術師に伝え保障するのが使命。 アニムスフィアはその結論として疑似天体カルデアスという魔術礼装を作り上げた。 また、カルデアが特異点修正の際に使用する術式「レイシフト」はアニムスフィア家の秘伝とされている。 家伝の天体魔術は天動説に基づいた伝統的なものであり、アニムスフィアに連なる魔術師一族の天体魔術も全て同様である。 「地球もまた星であり天体である」という考え方からか、ユーラシア大陸からヨーロッパにかけての地球の霊脈図を所持していたり、後述するセラフィックスで地球の霊脈を測定していたりと地球についても造詣が深い。 デミ・サーヴァント実験を秘密裏に進めていた。 優れた魔術師であるが、物語開始から3年前に死亡している。 自身が根源の渦に到達するべくカルデアを設立した。 関連組織 [ ] アニムスフィア家が運営する組織。 霊子演算装置・トリスメギストスの設計図の提供元。 アニムスフィア家がロードを勤める上位組織。 だが、カルデアについては国連や聖堂教会やアトラス院の協力をとりつけ、強く介入させないようにしていた。 前所長の虎の子の財産。 北海に建設された、アニムスフィア家所有の海洋油田基地。 ファーゴ家 アニムスフィアに連なる魔術師一族で、同じく天動説に基づいた天体魔術を専門としている。 フェローズ家 アニムスフィアに連なる魔術師一族で、最有力の分家。 言及作品 [ ]• メモ [ ]• アニムスフィア家がいつから存在しているのかは不明だが『路地裏ナイトメア』にてが「2000年程遅過ぎたよアニムスフィア」と発言しているため、ロードである事を考えるとの成立時からロードであった可能性が高い。 また、同じロードである伝承科のブリシサンがの弟子の家系だったことから、初代アニムスフィアもソロモンの弟子である可能性が示唆されている。 脚注 [ ] 注釈 [ ] 出典 [ ] リンク [ ]•

次の

思ったことの羅列

マリスビリー アニム スフィア

概要 [ ] の名門。 天体科を牛耳る魔術師の貴族。 十二のロードの一つ。 を管理している。 アニムスフィアは遥かな昔から天体運動を研究し司る魔術師。 人類史を見守りその先に未来が確かに続いていることを見る一族。 未来を創るなんて大きなことは言わない。 ただ未来はあるのだと他の魔術師に伝え保障するのが使命。 アニムスフィアはその結論として疑似天体カルデアスという魔術礼装を作り上げた。 また、カルデアが特異点修正の際に使用する術式「レイシフト」はアニムスフィア家の秘伝とされている。 家伝の天体魔術は天動説に基づいた伝統的なものであり、アニムスフィアに連なる魔術師一族の天体魔術も全て同様である。 「地球もまた星であり天体である」という考え方からか、ユーラシア大陸からヨーロッパにかけての地球の霊脈図を所持していたり、後述するセラフィックスで地球の霊脈を測定していたりと地球についても造詣が深い。 デミ・サーヴァント実験を秘密裏に進めていた。 優れた魔術師であるが、物語開始から3年前に死亡している。 自身が根源の渦に到達するべくカルデアを設立した。 関連組織 [ ] アニムスフィア家が運営する組織。 霊子演算装置・トリスメギストスの設計図の提供元。 アニムスフィア家がロードを勤める上位組織。 だが、カルデアについては国連や聖堂教会やアトラス院の協力をとりつけ、強く介入させないようにしていた。 前所長の虎の子の財産。 北海に建設された、アニムスフィア家所有の海洋油田基地。 ファーゴ家 アニムスフィアに連なる魔術師一族で、同じく天動説に基づいた天体魔術を専門としている。 フェローズ家 アニムスフィアに連なる魔術師一族で、最有力の分家。 言及作品 [ ]• メモ [ ]• アニムスフィア家がいつから存在しているのかは不明だが『路地裏ナイトメア』にてが「2000年程遅過ぎたよアニムスフィア」と発言しているため、ロードである事を考えるとの成立時からロードであった可能性が高い。 また、同じロードである伝承科のブリシサンがの弟子の家系だったことから、初代アニムスフィアもソロモンの弟子である可能性が示唆されている。 脚注 [ ] 注釈 [ ] 出典 [ ] リンク [ ]•

次の

【グラブル】ティアマト・マリスHL攻略/ドロップと行動表【グランブルーファンタジー】

マリスビリー アニム スフィア

概要 [ ] の名門アニムスフィア家の前当主であり、の初代所長。 略歴 2004年に日本の冬木で起きたに身を投じ、のとしてを召喚した。 彼の参加目的は疑似地球環境モデル・カルデアスを動かすための燃料を得ること、つまり「一つの国を賄うほどの発電所の半年間ほどの独占」を行うための国家予算規模の資金を得ることであった。 理由は不明だがその時点で彼に残された活動時間は十年しかなかったらしく、その期間の間にライバルである他のロード達に悟られないようにカルデアスを起動出来るほどの莫大な資金を手にするため、の指輪を用いて聖杯戦争に挑んだ。 そしてソロモンとともに他のマスターである六人の魔術師を殺して万能の願望機である聖杯を手にした彼は聖杯にカルデアス起動のための『巨万の富』を願ってカルデアスの起動に必要な資金を確保、その後彼は魔術師として大成し、ただの天文台でしかなかったカルデアを研究施設さながらの設備を有するものへと発展させた。 2011年、所長室へ呼び出した何者かに「カルデアスを止めろ」と拳銃で脅されたが、自分の命よりも人理の保証を優先して拳銃自殺。 その実情や背景は未だに不明。 ただ、の口ぶりによるとその死の一年前にあった融合実験の頓挫が何らかの関連を持っていると考えることもできる。 オルガマリーによると、自分を愛してなかったわけではないが、それ以上に研究中心の人であったという。 魔術師特有の危うさを持っており、道徳が欠けているのは他の魔術師とは変わらず、未来を見守るという大義を掲げて非人道的な行いも少なからず試みていたのも事実である。 しかし、その胸に秘めている熱意や人類愛は揺るぎないものであり、何を犠牲にしても人理を維持するための必要なカルデアスを起動させるという決意を持っていた模様。 のロードとして独自の方法で根源に至ることを目的としており、他の魔術師の理論に乗るなどと有り得ないとして、アインツベルンの大聖杯による根源への到達は拒否し、カルデアを設立した。 能力 としては間違いなく最強クラスであるソロモンと契約、更に他の六組を皆殺しにするという「正攻法」で聖杯戦争を制していることに加え、カルデアスを初めとした様々な機器の開発・実装など、戦闘力を含め魔術師としては卓越した物があったと思われる。 また上述の通り「stay night」世界においては冬木の聖杯の異常も見抜いており、洞察力も非常に高い。 登場作品と役柄 [ ] Fateシリーズ [ ] 既に故人として登場。 こちらの世界線ではまだ存命。 娘のオルガマリーに関連して、天体科の現学部長として言及される。 冬木の聖杯戦争で助手として連れていたと記録されていた人物。 その正体は、ソロモンが聖杯への願いによって人間として受肉して生まれ変わった存在。 マリスビリーが行っていた非人道的なデミ・サーヴァント実験を知ったことは彼女の心に大きな影を落としてしまった。 一番弟子。 「オルガマリーよりもロードらしい」と言われる程の傑物で、彼自身もマリスビリーの理想に共感している。 彼女のを知ってレイシフト計画の保険として目をつけ、カルデアスタッフとしてスカウトした。 「芥ヒナコ」の偽名と経歴も彼が与えたものであり、カルデアでの定期検診も直接行っていた(そしてデータを改竄していた)模様。 フリーの魔術師だった彼のことを理由は不明だがスカウトしたとのこと。 彼から得た情報によってマリスビリーは自身の目的には冬木の聖杯は役に立たないと判断した。 名台詞 [ ] 「飲めるのなら、別に水だって構わないさ。 」 アニメの「Episode 0 Initium Iter」で紅茶を飲んでいたマリスビリーに対し、ロマニが彼に紅茶の好みを聞いた時の返答。 乾きを癒すためなら、紅茶ではなく水でも良い。 目的のためなら、そこに至るまでにどんな手段を使っても構わないという彼の人格が現れている。 メモ [ ]• 『冠位時間神殿 ソロモン』においてソロモンの回想に登場したが、その際の立ち絵として表示されるのは汎用のもののシルエットとなっている。 詳細は未だ明らかになっていないがの1人であるはアニムスフィア家に対して「2000年ほど遅すぎたよ」と語っており、アニムスフィア家に含むところがあった模様。 召喚したのがソロモンという最強クラスのサーヴァントの一角だったとはいえ、本来では勝ち目が薄いとされているキャスターのマスターとして聖杯戦争を勝ち抜くという困難を成し遂げたすごい人。 さらに、開始前の触れ込み通りに「願望器を手にして望みを叶える」事に成功した貴重なマスターでもある。 「活動時間」という表現から、同様のデザインベビーではないかと言われている。 オルガマリーの父親というより兄と言った方が相応しいほど若々しい姿が視聴者を驚かせた。 が、個人名がはっきりしているキャラクターにも関わらず劇中誰も名前も愛称も呼ばない、エンドクレジットにおける役名が何故か「マリスビリー・アニムスフィア」ではなく「 カルデア前所長」、冬木の聖杯戦争終結時の回想シーンにおいて何故か台詞が口パクと字幕のみで表現され無音声である(最後の一言のみ音声付きだが、今度は逆に画面が暗転している)等、「 冬木の聖杯戦争当時のマリスビリーとカルデアで殺害されたと思しい前所長は別の人間である」とも取れる意味深な描写がいくつか散見される。 ただし、同episode 11においての6章のホームズ回想時に肖像画らしきものとともにマリスビリーの名前が出てきたため、少なくとも今の所は同一人物と思っても差し支えはないようだ。 誤解されがちだが、上記のようにマリスビリーの綴りは「Marisbury」であり、悪意を意味する「マリス」(malice)とは関係はない。 脚注 [ ] 注釈 [ ] 出典 [ ] リンク [ ]•

次の