でぶ ショート。 10年間小顔に見えるためにロングヘアでいたデブ、ショート解禁!

ヘアスタイルでもう悩まない!ぽっちゃり女子に似合う髪型

でぶ ショート

こんにちは、原宿一人経営美容師兼心理カウンセラーのMAX戸来です。 デブやブスでも変われる!!顔、見た目は意識次第で変わると思っている。 (これからご紹介する画像は例として挙げさせていただきます) では僕を例にしてご紹介します。 beforeは寝ぐせの状態です。 くせ毛なのでパーマ風に見えるようにセルフカットをしている。 afterでは髪色を黒くしてみた。 どっちがブスなのか?またはどっちもブスなのか? 読者様にお任せします。 自分的には茶髪か黒髪か?で比べたら黒髪でいいと思っている。 ブスと思う人もいれば、デブと思う人もいるのでどう頑張っても顔は変わらないのですが表情は変えることはできます。 結局髪型は自己満足でいいと思うんですね。 僕の場合は昔に比べたらデブになってしまいました。 顔は変えることができないので向き合うことにしています。 嫌なら痩せるしかないのですが、そう簡単に痩せることはできない。 とにかくデブやブスが目立たないように顔を隠すことは一番やってはいけないと思う。 隠すのではなく向き合うことで改善していきましょう。 ・奇抜な髪色、髪型にしてはいけない。 個性はいらない。 ・デブの場合は身長の三分の一が髪だとバランスが良い。 (例160cmなら約53cm)長すぎてしまうと野暮ったく見えますのでセミロングまでにしてください。 髪型だけで印象が変わるのですが ブスがしていいヘアスタイルこれ! とか デブに見えてしまう髪型というのはこれだ!という決まりがないと思っています。 ただ今自分が太っているなどの理由でしたい髪型にすることができないのは非常にもったいないです。 「どうせ自分はデブだから・・・」 「ブスだからあの髪型にすることができない・・」 このような考え方になってしまうのはいけないとわかっていても、自分には何が似合うのか?わからなかったり、髪質や骨格、体系が問題で全体の雰囲気が明るく爽やかに見えなかったり・・・ これらの悩みはすべて気持ちから来ていますよね。 まずは痩せることが大事です。 もちろん僕は痩せているように見える髪型を提案していきます。 顔だけでブスと決めつけないで全身で魅了しましょう!! 一般的にはショートヘアにしたら顔が出てしまうことからデブに見えてしまうってことがあります。 ですので顔が小さくないと思っている女性は髪の毛を短くしたがらない。 短く切ってしまうと輪郭、骨格が見えてしまうにでロングヘアにしていることが多いと思います。 デブやブスと思われないように髪型だけではなく服装やお肌もメンテナンスをしなくてはいけません。 女性に限らずですが清潔感は大事です。 顔を隠したくてロングヘアにしていても毛先がパサパサしていたり黄色く退色をしてしまっていてはいけませんよね。 ツヤがなくてはいけません。 ですのでヘアケアには十分こだわっていかないといけない。 でも間違ったヘアケア思考ではいけないと思っています。 高級なシャンプーやトリートメントを使用したらいいと思って結果が出ていないことが多々あります。 努力していても間違った商品を使っていたりすると「何をしても綺麗になれない」となって下向きになってしまう。 シンプルに考えて頂きたいのは髪の毛は一度痛んでしまったら直らないという事実です。 いくらでも綺麗に見せることはできますがそれを持続させることはできません。 短期的なヘアケアで綺麗にするより毎回の施術、カットやカラーを正確にしあなたの髪の毛の体力を見ながら施術をしデザインを提案してくれる美容師さんに出会わないといけない。 僕はバッサリとショートに切らせて頂くことが多いのですが切っている最中でもわかります。 表情が変わってきて明るくなっているんですね。 女性は髪の毛が変わったり外見に変化が現れると内面からも変わることができると思います。 またはその逆ですね。 内面が変わることで表情も変わり暗かった雰囲気だった女性は明るくなります。 デブの人に限って猫背だったりブスの人に限って清潔感がない。 ですので内面から変えることができるとこの先今まで悩んでいたコンプレックスも根本的に改善することができる。 毎回の美容院でなんとなく同じ髪型だけをオーダーし変わったのか変わっていないのか?良くわからないままで終わらせてしまうのではなく髪型をチェンジして新たな気持ちで進んで欲しいと思っています。 ですので初回では髪型をお任せ頂きたいという思いがあります。 「自分はデブだから」 「ブスだからあんな髪型が似合わない・・・」 と固定観念があると前髪を創った方が若く見せることができたはずなのに・・・作れないでずっと長いままでいる女性も少なくない 髪質や生え方が問題でずっとロングヘアで結ぶことが多い せっかくいい髪質をされているし、でも自分では嫌いな髪の毛だと思っている人も少なくはない 綺麗な骨格をしているのだから短く切っても素敵に変身することができます 髪の毛の長さはロングヘアで重めよりも軽くしてミディアムくらいにしたほうが優しく見せることができる場合があります。 一般的には丸顔や面長、太っている顔や面長の顔型に似合うヘアスタイルは決まっているように言われていますが、髪質や顔が違うので同じ骨格の人に同じ似合う髪型を提案するときはそれぞれ違った髪型を提案しなくてはいけない。 ショートカットは一般的に顔がでかく見えてしまうことや長持ちしないイメージもありますがカットの仕方によっては扱いやすいし長持ちもします。 富山から通ってくださる方はカットは半年に一度です。 周りからも褒められる髪型になるために魅力を引き出し、本当の自分に気づくことができるカットやカラーをしていかないといけない。 自分のことをデブと思っているなら痩せるきっかけを作ること。 それが無理なら今の自分を受け入れることが大切です。 いつまでも悲観してしまっていてはいい方向に行くはずがないのです。 顔だけではない。 内面から磨いていきましょいう。 僕も頑張ります。 以上今回の記事ではブス、デブと思っている女性に向けて髪型の可能性や考え方についてをお届けしました 最後までお読み頂きありがとうございます!.

次の

デブファッション+ » デブのための髪型 女性向け基本編

でぶ ショート

こんにちは。 とにかく痩せたくてたまらないライター村尾です。 「着やせ」特集のファッション雑誌が世にあふれているように、太っている人にとって「痩せて見える」ことは、洋服選びの重要なポイントです。 ふくよかさを自覚している人は、体のラインが見えづらい大きなサイズを選びがちですよね。 それは当然です。 だって、三段腹やダブついた尻肉が如実に浮かび上がる洋服を着て、「うわ、すっげーデブ!」だなんて思われたくないから。 しかし、大きなサイズを選ぶ甘えこそが、デブの道を加速させます。 そうならないために、今より太れない状況を自分で作ってしまえばいいのです。 洋服は自ら選んでしまうので、自らを追い込むために注目すべきは髪の毛。 もしもあなたがふくよか女子かつロングヘアーなら、今週末に美容院でショートカットにしてきちゃいましょう。 目次 [開く]• 太っている女子こそショートカットにすべき ふくよかな女子は、体型をカバーできるものなら、自分の体の一部ですらフル活用します。 髪の毛くらいではふくよかな印象なんて変わらないのに、ロングヘアだと、顔が前面に強調されない分、「ちょっとでもカモフラージュできている」気がしてしまうんです。 むしろ、重苦しいロングヘアーが、より一層巨大な印象にさせていることにも気が付かず……。 ショートカットにすると、いいことがたくさん。 顔の丸さと二重あごが浮き彫りになります。 体のラインが丸見えになります。 ヘアアレンジのパターンが少ない分、素材で勝負せざるを得ません。 ロングヘアーでごまかしていた(つもり)の顔と体型に目を向けなければならず、毎朝鏡を見るたびに「太いな……」と自覚できることでしょう。 ショートカットも、決してモテ系に走らないように。 あごのラインを自然に隠せるボブではダメです。 顔とうなじがしっかり見えるTHE・ショートカットじゃないと全く意味がありません。 というか、太っている人のボブって痛々しいだけですからね! そこんとこ意識しないと、「太っているのにモテ系目指している人」という不名誉なレッテルを貼られることになります。 「ショートカットが似合う子はかわいい子が多い」とよく言われますが、その逆もまた然り。 ショートカットが似合わない子はかわいくないんです。 太っていてもショートカットの似合う子はいます。 でも、それは元の素材がとても良いから。 目鼻立ちがパッチリしていて、太っている割に小顔な人が圧倒的です。 自分はそのタイプではないと重々理解したうえで、ショートカットが似合う細い体型をゆっくり目指していきましょう。 太っていようが痩せていようが、ファッションは個性を反映させるもので、楽しむのが一番。 自分が満足していればいいんです。 でも、一度ショートカットにしてしまえば、ショートも似合う女子になりたいと思えるはず。 体型をごまかすためのファッションはもうやめて、かわいくなりたいという素直な女子心を刺激すれば、ダイエットも捗るはずのではないでしょうか? ちなみに、私は昨年夏にショートカットにして、誰からも「似合うね」と言われなかった悔しさからダイエットをして2キロ落としました。 が、ボブになってからまた戻りました。 あ~、意志が弱くてほんとダメな女だ……。 (村尾肴).

次の

一重女性に似合う髪型12選!前髪あり/なし・丸顔/面長・ショート/ボブ

でぶ ショート

毛先に動きを出す&軽めにする• 長いと重く見えやすいのでショート~ボブくらいの長さにする• 前髪は斜めに流して軽めにする(おでこが少し透けるくらいが良い)• 全体のシルエットはひし形(卵型)に近づける• トップにボリューム(動き)を出す• 地味に見られやすい方は髪色を少し明るくする 基本的には上記のポイントを押さえた髪型にすることをおすすめします! ただ、一口に「顔がぽっちゃりしている」といっても、色々なタイプがあります。 例えば「身体もふっくらしている」という人もいれば「身体は細身だけど顔だけぽっちゃりしている」という人もいますよね。 一人一人体型や骨格は違いますから、その人に合ったヘアスタイルを作る必要があります。 さらに体型だけでなく髪質も考慮しなければいけません。 なので 「似合わせ」が重要になるんですね。 今回は自分に似合うヘアスタイルを実現させるために有効な、美容院でのオーダーのコツもご紹介しますので参考にしてください! ぽっちゃりをカバーして小顔に見せる髪型【ショート】 おすすめのショートヘアのポイントを解説します。 ショートヘアの場合は特に、顔まわりを軽めにすることが重要です。 そのために、レイヤーやシャギーを上手に入れる必要があります。 ちなみに「小顔に見せたいなら重めの髪型にしてフェイスラインを隠した方が良いんじゃないの?」と思うかもしれませんが、実はそうとも限らないんです。 重めのヘアスタイルにしてしまうと顔が暗く見えてしまったり、頭が大きく見えてより顔のサイズを強調してしまったりするからです。 なので毛量が多い方は、量を調節して適度に軽くしましょう。 【BEFORE・side】 【BEFORE・back】 【BEFORE・side】 【AFTER・side】 【AFTER・back】 【AFTER・side】 このように毛先軽めのコンパクトなショートヘアに仕上げました。 トップが自然にふわっとするように乾かして、プリュムワックスで軽くセットをしています。 ショートヘアのオーダーのポイント ショートヘアのオーダーのポイントをまとめます。 襟足をエアリー&束っぽいデザインに• トップが立体的になるようにレイヤーを• 前髪は長め&斜めに流して女性らしくしつつ縦ライン強調• 毛量が多い場合は調節 ちなみに「ヘアスタイルの希望を上手く美容師に伝えられない……」という方は、写真を持って行くのがおすすめです! なりたい髪型に近い芸能人やサロンモデルの写真を美容院に持っていって「こんな感じにしてください」と言えばOKです。 ぽっちゃりをカバーして小顔に見せる髪型【ショートボブ】 顔や頭をコンパクトに見せたいなら、ショートボブの場合すっきりとしたデザインにするのが良いですね。 全体のシルエットはひし形に近づけましょう。 ひし形シルエットにすると、頭の形がきれいに見えるというメリットもあります! またショートボブの場合でも、毛先を重たくしすぎないように注意してください。 適度に軽さを出してあげると良いですね。 襟足が首に沿うようなデザインにすれば、ネックラインも美しく見えますよ! 首がほっそりきれいに見えると、顔が痩せて見えるので、ぽっちゃり感が気になっている方には非常におすすめです。 それから「生え癖があって襟足の髪がどうしてもハネてしまう!」という場合は、 あえて外ハネにするショートボブも良いですよ。 外ハネにしてくびれを作ることで、メリハリが出るからです。 また外ハネにするとネックラインがタイトに見える嬉しい効果も。 ショートボブのオーダーのポイント ショートボブのオーダーのポイントをまとめます。 全体のシルエットをひし形に近づける• 毛先を軽めにして重くしすぎないように• サイドをやや長めに残して耳掛けしてもおしゃれなスタイルに• 襟足の髪が首に沿うorくびれて外ハネになるデザインに ショートボブの場合も、毛先に軽さを出すようにしましょう! またサイドの髪を少し長めに残してあげると、フェイスラインがぼかされて小顔に見えますし、耳掛けしたときにもおしゃれに見えておすすめです。 ぽっちゃりをカバーして小顔に見せる髪型【ボブ】 あまり短くしすぎたくない方には、ボブも良いと思います。 ボブスタイルって重めに作るイメージが強いかもしれませんが、ぽっちゃりをカバーしたいなら重すぎるボブはNG。 切りっぱなしボブなども顔が大きく見える可能性が高いので、避けた方が良いですね。 このようにレイヤーを入れて立体感とナチュラルな軽やかさを出してあげると、ボブでも重たく見えにくいですよ! またボブの場合は、前下がりのシルエットにするのもおすすめ。 前下がりデザインの髪型にするとリフトアップして見えるので、顔のたるみが気になってきた方にも良いですね。 ボブのオーダーのポイント ボブのオーダーのポイントをまとめます。 重めボブは避けてレイヤーを入れたり梳いたりして適度な軽さを• ひし形にシルエットを近づける• たるみが気になるなら前下がりボブに• 髪色を明るめにするのもおすすめ ボブはとにかく「重くしすぎない」ように注意してくださいね。 それから髪色を少し明るくしてあげるのも良いです。 理由は、明るい色の方が軽やかに見えるから。 もちろん染めるのが嫌という方もいるでしょうし、その人によって似合う髪色も違います。 なので絶対に明るい色に染めないといけないわけではないですが、一度チャレンジしてみる価値はありますよ! 小顔に見せるためには「セット」も重要! 素敵に見せるためには、 ヘアセットも大事です。 まず生え癖がある方やトップにボリュームが出にくい方は、乾かし方を工夫しましょう。 やり方は簡単で「 毛流れとは逆向きに髪を引っ張りながらドライヤーを当てる」だけです。 こうするだけでも生え癖が取れやすくなりますし、立体感も出やすくなります。 ぜひ試してみてください! それからショート~ボブくらいの短めの髪をセットするには、ワックスを使うのがベストです。 ワックスで立体感を強調したり、束感を作ったりしましょう。 ワックスはパリパリに固まらないものを選んでくださいね。 やわらかく仕上げた方が女性らしく見えるからです。 また作りこみすぎないニュアンス感のあるヘアスタイルの方が、トレンド感も出ますよ。 MAXオリジナルのプリュムワックスは、やわらかく仕上がるソフトワックスです。 ナチュラルにセットできるタイプのワックスで、普段使いに適しています。 シンプルな成分で作っているので、お肌が弱い方でも使えます。 またツヤも出るので、年齢による髪の乾燥が気になってきた方にもおすすめです。 ワックスを使ったセット方法は動画でも詳しく解説しています。 顔がふっくらしているとハリがあるように見えますし、シワも目立ちにくいですよね。 また疲れている印象になりにくいため、若々しく健康的な感じに見えやすいんですよ! そのため、多少ぽっちゃりしているくらいなら、そこまで気にする必要はないと僕は思います。 もちろん健康が損なわれるくらい太ってしまった場合は身体のために運動したり食事を改善したりする必要が出てきますが、そこまでではないなら、あまり気にしすぎないようにしてください。 健康的なのが一番ですからね! まとめ 今回はぽっちゃりタイプの女性におすすめしたいヘアスタイルをご紹介しました。 少しでも参考にしていただければ幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました!.

次の