海外 fx 無料。 【2020年最新】MT4で絶対入れるべき最強の無料インジケーター

海外FXの新規口座開設ボーナス&100%入金ボーナスキャンペーン比較【2020年7月最新版】

海外 fx 無料

国内FX・海外FX(個人口座)の比較 国内FX 海外FX レバレッジ 最大25倍 最大3,000倍など 追証の有無 あり ゼロカットで補填 取引ボーナス なし あり ロスカット水準 100%が多い 20%が多い 海外FXの優れているところは、 「高いレバレッジと取引ボーナスによって少ない資金でFXを始められる」「追証がなくマイナス残高はゼロカットで補填してもらえる」「ロスカット水準が低くギリギリまで含み損に耐えられる」といった点です。 この記事では、代表的な海外FX業者の最大レバレッジと、資金管理に関わるそのほかの特徴を比較。 さらに、国内FXの追証制度や海外FXのゼロカット制度にも触れ、海外FX業者でハイレバレッジトレードをする魅力と注意点について詳しく解説します。 最大レバレッジ・1ドル110円で概算。 多くの海外FX業者では、 スタンダード口座などの一般向け口座が、最も高いレバレッジで取引できるようになっています。 () 最低必要証拠金は、この最大レバレッジと最小取引数量によって決まるため、最小取引数量が非常に小さい口座タイプなら、数円単位の少ない証拠金で取引できます。 しかし、損益は取引数量に比例するので、当然、 取引数量が少なければ利益も少なくなります。 そのため、 「資金効率良く取引したい」かつ「資金が少ない」という人は、「レバレッジが高い」ことに加え「最小取引数量が少ない」「最低初回入金額が低い」業者・口座を選ぶと良いでしょう。 ただ、レバレッジは200倍もあれば十分すぎるくらいハイレバなので、比較表の海外業者ならどこを選んでも問題ありません。 また、海外FX業者では、「ロスカット水準20%〜30%・追証なし」のところが多く、もしマイナス残高が発生しても、ゼロカットによって業者が負担してくれため安心です。 この「ゼロカット」は、上記のすべての業者に採用されています。 初心者におすすめの海外FX業者3選 「初めての海外FXでどの業者を選んだらいいかわからない!」という人には以下の3社をおすすめします。 1位 XM Trading おすすめ 『 』は海外FXの代名詞ともいえるくらい、日本ではもうお馴染みの人気業者です。 初心者ならまず選んで間違いありません。 MT4・MT5対応、最大レバレッジが888倍、最小取引単位が10通貨からなので1万円ほどの少額取引にも申し分ありません。 運営会社のTrading Point limitedは、 金融ライセンスをセーシェル金融庁で取得、資産保証額は最大100万ドルと安全性もお墨付き。 日本語対応でサポートの質は高く、レスポンスも早いため、有名どころの国内FX業者のように初心者・海外FX未経験者も安心して利用できる業者です。 米ドル円110円・レバレッジ500倍・ロスカット水準20%の場合• ただ、海外FXには資金以上の損失は業者が負担してくれるという 「ゼロカット制度」がありますから、「少ない資金を有効活用した一発狙いの大勝負」には適しています。 レバレッジを重視した業者選びの注意点 口座タイプによって最大レバレッジが異なる 口座タイプによって最大レバレッジが異なる業者も多いので、注意してください。 海外FX業者は、先ほどの「スタンダード口座などの一般向け口座」と「ECN口座などの中上級者向け口座」の2種類を用意しているところがほとんどです。 最大レバレッジ・1ドル110円で概算。 通貨ペアや商品でレバレッジが異なる 多くの海外FX業者では、 マイナー通貨ペアやFX以外のCFDなど銘柄によってレバレッジが異なります。 ここまで解説してきた最大レバレッジは、主にメジャー通貨ペアが対象です。 例えば、XMでは通常「マイクロ口座・スタンダード口座は最大888倍」「XM Zero口座は最大500倍」ですが、以下の通貨ペア・CFDに限っては、レバレッジが制限されます。 5% 商品・株式指数・貴金属・エネルギーなどのCFDは、FX口座の最大レバレッジは適用されず、銘柄ごとに設定された証拠金率によって計算されます。 最大レバレッジが制限される場合がある 有効証拠金残高によるレバレッジ規制 業者によっては、 有効証拠金残高によって最大レバレッジが規制されます。 有効証拠金残高 マイクロ口座 スタンダード口座 XM Zero口座 20,000ドル以下 888倍 500倍 20,000ドル以上 200倍 100,000ドル以上 100倍 有効証拠金残高によって、レバレッジ規制を受けるということは、 大口取引や大量のポジションを保有するような自動売買には少々不利です。 このような取引は、ただでさえ多くの証拠金を拘束されるため、口座に余剰資金を多く入金しロスカットに備えることが一般的です。 しかし、ロスカット予防策として口座残高を増やすことでレバレッジ規制をされてしまうのであれば、保有ポジションの必要証拠金も必然的に増えます。 結果的に、証拠金維持率が下がりロスカットが近くなってしまうため、口座残高によってレバレッジ制限のある業者での大口取引や自動売買には注意してください。 ただ、一般的に数百万円を超えない限り、口座レバレッジは規制されないので、よほどのヘビーユーザーでない限り、あまり影響を受けることはないでしょう。 世界的な重要イベント時のレバレッジ規制 世界的な重要イベント時に、特定の銘柄の最大レバレッジが一定期間制限される場合もあるので注意してください。 例えば、TitanFXでは、先ほどの「有効証拠金残高によるレバレッジ規制」「銘柄によるレバレッジの違い」「口座タイプによるレバレッジの違い」はなく、すべて最大500倍で取引ができます。 しかし、2017年フランス大統領選挙の前後には、以下のようなレバレッジ規制が実施されました。 銘柄 変更前 変更後 EUR通貨ペア 500倍 100倍 その他通貨ペア 200倍 株式指数CFD 25倍 メタル 100倍 エネルギー 200倍 このようなイベント時に、レバレッジ規制対象となった通貨ペアのポジションを保有している場合、そのポジションを維持するための必要証拠金が変わるわけですから、証拠金維持率・実効レバレッジにも影響が出ます。 その結果、本来よりもロスカットレートが近くなってしまい、含み損の合計額・口座の余剰資金によっては、あっという間にロスカットされてしまうことも考えられます。 また、TitanFXでは関係ありませんが、ポジションを維持しようと口座の余剰資金を増やそうと入金する場合には、先ほどの「有効証拠金残高によるレバレッジ規制」があることも忘れてはいけません。 海外FX業者とはいえ、 いつでも高いレバレッジで取引できるわけではなく、「有効証拠金座残高によるレバレッジ規制」「銘柄によるレバレッジ規制」「イベント時のレバレッジ規制」などがあることに注意して、資金管理を徹底するようにしましょう。

次の

【2020年最新】MT4で絶対入れるべき最強の無料インジケーター

海外 fx 無料

国内FX・海外FX(個人口座)の比較 国内FX 海外FX レバレッジ 最大25倍 最大3,000倍など 追証の有無 あり ゼロカットで補填 取引ボーナス なし あり ロスカット水準 100%が多い 20%が多い 海外FXの優れているところは、 「高いレバレッジと取引ボーナスによって少ない資金でFXを始められる」「追証がなくマイナス残高はゼロカットで補填してもらえる」「ロスカット水準が低くギリギリまで含み損に耐えられる」といった点です。 この記事では、代表的な海外FX業者の最大レバレッジと、資金管理に関わるそのほかの特徴を比較。 さらに、国内FXの追証制度や海外FXのゼロカット制度にも触れ、海外FX業者でハイレバレッジトレードをする魅力と注意点について詳しく解説します。 最大レバレッジ・1ドル110円で概算。 多くの海外FX業者では、 スタンダード口座などの一般向け口座が、最も高いレバレッジで取引できるようになっています。 () 最低必要証拠金は、この最大レバレッジと最小取引数量によって決まるため、最小取引数量が非常に小さい口座タイプなら、数円単位の少ない証拠金で取引できます。 しかし、損益は取引数量に比例するので、当然、 取引数量が少なければ利益も少なくなります。 そのため、 「資金効率良く取引したい」かつ「資金が少ない」という人は、「レバレッジが高い」ことに加え「最小取引数量が少ない」「最低初回入金額が低い」業者・口座を選ぶと良いでしょう。 ただ、レバレッジは200倍もあれば十分すぎるくらいハイレバなので、比較表の海外業者ならどこを選んでも問題ありません。 また、海外FX業者では、「ロスカット水準20%〜30%・追証なし」のところが多く、もしマイナス残高が発生しても、ゼロカットによって業者が負担してくれため安心です。 この「ゼロカット」は、上記のすべての業者に採用されています。 初心者におすすめの海外FX業者3選 「初めての海外FXでどの業者を選んだらいいかわからない!」という人には以下の3社をおすすめします。 1位 XM Trading おすすめ 『 』は海外FXの代名詞ともいえるくらい、日本ではもうお馴染みの人気業者です。 初心者ならまず選んで間違いありません。 MT4・MT5対応、最大レバレッジが888倍、最小取引単位が10通貨からなので1万円ほどの少額取引にも申し分ありません。 運営会社のTrading Point limitedは、 金融ライセンスをセーシェル金融庁で取得、資産保証額は最大100万ドルと安全性もお墨付き。 日本語対応でサポートの質は高く、レスポンスも早いため、有名どころの国内FX業者のように初心者・海外FX未経験者も安心して利用できる業者です。 米ドル円110円・レバレッジ500倍・ロスカット水準20%の場合• ただ、海外FXには資金以上の損失は業者が負担してくれるという 「ゼロカット制度」がありますから、「少ない資金を有効活用した一発狙いの大勝負」には適しています。 レバレッジを重視した業者選びの注意点 口座タイプによって最大レバレッジが異なる 口座タイプによって最大レバレッジが異なる業者も多いので、注意してください。 海外FX業者は、先ほどの「スタンダード口座などの一般向け口座」と「ECN口座などの中上級者向け口座」の2種類を用意しているところがほとんどです。 最大レバレッジ・1ドル110円で概算。 通貨ペアや商品でレバレッジが異なる 多くの海外FX業者では、 マイナー通貨ペアやFX以外のCFDなど銘柄によってレバレッジが異なります。 ここまで解説してきた最大レバレッジは、主にメジャー通貨ペアが対象です。 例えば、XMでは通常「マイクロ口座・スタンダード口座は最大888倍」「XM Zero口座は最大500倍」ですが、以下の通貨ペア・CFDに限っては、レバレッジが制限されます。 5% 商品・株式指数・貴金属・エネルギーなどのCFDは、FX口座の最大レバレッジは適用されず、銘柄ごとに設定された証拠金率によって計算されます。 最大レバレッジが制限される場合がある 有効証拠金残高によるレバレッジ規制 業者によっては、 有効証拠金残高によって最大レバレッジが規制されます。 有効証拠金残高 マイクロ口座 スタンダード口座 XM Zero口座 20,000ドル以下 888倍 500倍 20,000ドル以上 200倍 100,000ドル以上 100倍 有効証拠金残高によって、レバレッジ規制を受けるということは、 大口取引や大量のポジションを保有するような自動売買には少々不利です。 このような取引は、ただでさえ多くの証拠金を拘束されるため、口座に余剰資金を多く入金しロスカットに備えることが一般的です。 しかし、ロスカット予防策として口座残高を増やすことでレバレッジ規制をされてしまうのであれば、保有ポジションの必要証拠金も必然的に増えます。 結果的に、証拠金維持率が下がりロスカットが近くなってしまうため、口座残高によってレバレッジ制限のある業者での大口取引や自動売買には注意してください。 ただ、一般的に数百万円を超えない限り、口座レバレッジは規制されないので、よほどのヘビーユーザーでない限り、あまり影響を受けることはないでしょう。 世界的な重要イベント時のレバレッジ規制 世界的な重要イベント時に、特定の銘柄の最大レバレッジが一定期間制限される場合もあるので注意してください。 例えば、TitanFXでは、先ほどの「有効証拠金残高によるレバレッジ規制」「銘柄によるレバレッジの違い」「口座タイプによるレバレッジの違い」はなく、すべて最大500倍で取引ができます。 しかし、2017年フランス大統領選挙の前後には、以下のようなレバレッジ規制が実施されました。 銘柄 変更前 変更後 EUR通貨ペア 500倍 100倍 その他通貨ペア 200倍 株式指数CFD 25倍 メタル 100倍 エネルギー 200倍 このようなイベント時に、レバレッジ規制対象となった通貨ペアのポジションを保有している場合、そのポジションを維持するための必要証拠金が変わるわけですから、証拠金維持率・実効レバレッジにも影響が出ます。 その結果、本来よりもロスカットレートが近くなってしまい、含み損の合計額・口座の余剰資金によっては、あっという間にロスカットされてしまうことも考えられます。 また、TitanFXでは関係ありませんが、ポジションを維持しようと口座の余剰資金を増やそうと入金する場合には、先ほどの「有効証拠金残高によるレバレッジ規制」があることも忘れてはいけません。 海外FX業者とはいえ、 いつでも高いレバレッジで取引できるわけではなく、「有効証拠金座残高によるレバレッジ規制」「銘柄によるレバレッジ規制」「イベント時のレバレッジ規制」などがあることに注意して、資金管理を徹底するようにしましょう。

次の

AxioryのEAを無料インストール・設定方法

海外 fx 無料

海外FX業者がVPSを無料で提供している理由は、もちろんFX取引です。 無料で利用できるからといって、仮想通貨のマイニングをしたり、別のソフトを起動したりすると転送量が多くなり、バレてしまう事もあるかもしれません。 ほどほどにしましょう。 GEMFOREX 無料条件 500,000円(5,000ドル)以上の残高 メモリ 1GB 稼働MT4数 1つ CPU Core 2. 利点としては海外サーバーのため、スキャルピングのトレードなどをする場合はVPSサーバーが海外にある方が約定が早いのかもしれません。 GEMFOREXのVPSサービスはGEMFOREX自体が提供しているものではなく、外部のMerric Mirror Hosting. Inc社が提供しているものになります。 VPSサーバーは海外のものですが、日本語で対応してくれます。 XMのVPSはBeeksFX社が提供しています。 利用する場合はBeeksFX社より直接英語にて連絡がくるため少しハードルが高く感じますが、利用自体は簡単にできます。 こちらもVPSサーバーが海外のため、約定力が高いと言われています。 XMの紹介ページでは「稲妻並みの高速接続による素早い取引執行」と表現されています。 XMのVPS申込方法に関しては以下の記事をご覧ください。 TradersTrsut TradersTrustのVPSサービスは3種類用意されています。 TradersTrsutのVPSサービスはエクイニクス社 LD-4にてホストされている専用サーバーを利用しています。 エクイニクス社は金融機関や取引所にサーバーを提供している事で定評のある会社です。 約5万円の入金にてVPSを1か月利用できて、2ヵ月目以降も3ロット取引という条件なので、頻繁に取引を行うトレーダーには達成しやすい条件です。 自宅のパソコンで取引を行うよりもロンドンのサーバーを選択してVPS内で取引を行う方がレイテンシー(遅延)が起きにくいので条件を満たしている場合は利用すると良いかもしれません。 うなぎ まとめ この記事では条件を満たせば無料で利用できる海外FX業者について解説しました。 再度の注意ですが、海外FX業者がVPSを無料で提供する理由はFX取引のためです。 条件を満たさずお金を払って利用している場合でも、XMのように他者サービスを正規料金より安く利用できたりします。 そのため無料で使えるからといってFX取引をせずに他のソフトを利用するために使っていると締め出されてしまうかもしれません。 海外FXのVPSは約定力が上がると言われているので、条件を満たしている場合は普段の取引から利用してみても良いかもしれませんね。 EAを複数稼働させたい場合、MT4の動作を軽くしてCPUの負荷を下げてあげると良いです。 MT4の動作を軽くする方法に関しては以下の記事をご覧ください。 MT4の動作を軽くする方法に関しては以下の記事をご覧ください。

次の