スマホ 3dスキャン。 スキャナーがなくても大丈夫!スマホでスキャン出来るアプリ3選

スマホを3Dスキャナーにする「Phiz」が4時間で目標調達額を達成!

スマホ 3dスキャン

予期せぬハプニングに見舞われたのは、テレビ東京の須黒清華アナ(35)。 現場を取材中にまさかの「隠れFカップ」発覚と相成った! 人気報道番組「WBS(ワールドビジネスサテライト)」に出演する須黒アナに「バスト事件」が起きたのは、昨年9月26日の放送でのこと。 須黒アナが店舗に出向き、テスト運営している3Dスキャンの部屋に移動する。 そこでは四方に設置された複数のセンサーが体のラインを読み取り、利用者はスマホを使って専用のアプリで3Dスキャンを行える仕組みとなっていた。 「服を着たままでは測れないということで、洋服を脱いで、こっそりスキャンします」 と、男性視聴者にあらぬ妄想を抱かせる体験取材をすることになった須黒アナが、てれながら部屋の扉を閉める。 どんな様子なのか気になるところだが、次の場面では、3Dスキャンを終えた須黒アナが部屋から出てくる。 そしてスマホの画面をテレビカメラに向けると、人の体型の横にそれぞれリアルな数値が示された。 首周り42. 7センチ、肩幅48. 6センチ、二の腕27. 4センチ、着丈66. 1センチ、腕53. 1センチ、そして気になる胸囲は88. 8センチ。 Fカップ巨乳の持ち主とはつゆ知らず、唐突なアピールに気を取られて、その後のVTRがまったく頭に入ってこない視聴者が続出。 女子アナウオッチャーによれば、 「スマホを見せる前に『数値はいくつか隠しますから』と言って、太腿と腰、ヒップの数値は親指で隠していました。 にもかかわらず胸囲の数値をオープンにしたのは、それだけ自信があった証拠でしょう」 実は豊乳という事実を公表する結果になったのは「ライバル心の表れ」との見方もある。 「WBSの看板といえば大江麻理子アナ(41)ですが、後継者として須黒アナと相内優香アナ(34)が争っています。 相内アナといえば若手時代からムチムチ巨乳で知られた逸材。 対抗するように須黒アナがバストアピールに成功したことで、持ち味が相殺され、後継争いはますます混沌としてきました」(前出・女子アナウオッチャー) 伝家の宝刀を抜いた須黒アナに対し、相内アナはどんなアピールに打って出るのか。 「ポスト大江」を巡るバトルに今後も注目だ。

次の

無料3Dスキャナアプリ『Qlone』使用レビュー。AR技術で実現した高精度に驚き

スマホ 3dスキャン

これで美少女フィギュアのデータも安価に作り放題じゃないか!? どうもこんばんは、ふじたせいぎです。 最近は3Dプリンターが急速に進化、浸透してきて、家庭でも手軽な価格帯から購入することが可能です。 そんな3Dプリンターですが、実際に3Dプリントするには、当然ながら元の3Dデータが必要になりますよね。 そのための、元のモデルを読み取って、カンタンに3Dデータを作成するものが3Dスキャナーです。 現在一般的なものだと、 大体3Dスキャナー本体が50,000~100,000円程度の価格です。 家庭でも買えるとはいえ、結構高いですね。 しかも、あまり精度が高くなかったり、編集に融通が利かないなど、まだまだ発展途上の業界です。 既存の商品だと、こういうのや こんな感じのもの 立体のものを撮影する3Dスキャナーという都合上、サイズも結構大きいですし、場所も取ります。 お値段もまだちょっと高い。 そんななかで、 iPhoneやAndroid搭載スマートフォンを手軽に高精度の3Dスキャナーとして使えるデバイスが発表されています。 「eora 3D」という名前のデバイスで、 スマートフォンに取り付けてスキャンするタイプのデバイスのようです。 公式動画のひとつはこちらです。 サイズもスマートフォンに取り付けるということもあり、そんなに大きくありませんね。 動画で確認する限りでは、スキャンの時間も早そうです。 緑色の光が左右に走ります。 スキャンのレーザーですね。 出来上がったデータをスマートフォン画面から確認します。 ズームをしたり、グリグリと回転してスキャンした3Dデータを確認できます。 結構綺麗にスキャンできていますね。 左のフィギュアはプリントしたものでしょうか。 「eora 3D」本体のデザインはこんな感じです。 素材はアルミニウム製の円柱形デバイス、これの側面にスマートフォンを固定して使用するようです。 本体色はシルバーとダークグレーの2色が用意されています。 i 本体のサイズは高さ150mm、直径60mm、重量は980gと、スマートフォンと比較しても非常に小さなデバイスですね。 これまでの一般的な3Dスキャナーと比較すればとても小さくコンパクトにまとまっており、軽いです。 反対側はこんな感じ。 参考画像はiPhoneですが、もちろんAndroid各種、色々な形状のスマートフォンでも固定できるように設計されています。 「eora 3D」の開発チームは、物体の表面を計測するデバイスを市場で探していたところ、 2万ドル 日本円で約240万円 を超える高額なものしか販売されていないことや、 もっと精度の高い3Dスキャナは、数万ドル以上と、とても高価だったため、 安価で持ち運び可能なお手頃なスキャナーを自作することにしたそうです。 素晴らしいですね。 実際に物をスキャンするには、アプリの「SCAN」ボタンを押すだけと、シンプル操作。 スキャンを開始すると、レーザー照射口からスキャン対象物に向かって緑色のレーザー光線を照射 これで物体をスキャンすることが可能です。 360度の3Dモデルを作成するために必要な時間はたったの5分ほど。 スキャン可能距離は1m以内、1m四方。 スキャン精度も100ミクロン 0. 1mm 未満と非常に高く、最大800万個のデータポイントを計測するとのことです。 簡単にまとめると、 最新鋭でとってもとっても高性能です。 被写体をさまざまな方向に動かすことで、1000枚以上の写真が自動的に撮影され、 アプリで3Dモデルをリアルタイムに作成できるのですが、 オプション品であるターンテーブルを使うことで、小さい物体でも簡単に360度スキャンすることが可能になります。 ターンテーブルには幅125mm・高さ200mmまでの物体を載せられます。 作成した3Dモデルは、アプリ上で確認可能で、画像編集ツールも用意されています。 もちろん、このスキャンしたデータを使えば、3Dプリンターで全く同じものを出力することもできます。 「eora 3D」は現在、Kickstarterという資金調達のクラウドファンディングサイトで、量産に向けた資金を募集中です。 「eora 3D」本体を1個ゲットできるプランが229ドル 約2万8000円 「eora 3D」本体+ターンテーブルが289ドル 約3万5000円 早期発送のベータ版キットが419ドル 約5万円 となっています。 日本への発送には別途25ドル 約3000円 の送料が必要で、出資締め切りは日本時間の2015年11月19日 木 6時39分までのようです。 Kickstarter(キックスターター)とは2009年に設立されたアメリカ合衆国の民間営利企業で、自社のウェブサイトにおいてクリエイティブなプロジェクトに向けてクラウドファンディングによる資金調達を行う手段を提供している。 結構便利そうなアイテムですし、大きさも値段もこれまでのものと比べて、格段にお手軽といえますね。 もしこの商品に魅力を感じたのならば、Kickstarterで支援してみてもいいかもしれませんよ? 僕もちょっと興味がありますので、続報次第では支援してみようかとも思います。 公式サイト(英文)と、キックスターターのページは下記よりどうぞ。

次の

リアルアバター制作, 全身3Dスキャンスタジオ

スマホ 3dスキャン

2015年08月25日 13時00分 既存のスマホのカメラで簡単&高精度な3Dスキャンが可能になる技術をMicrosoftが開発 Kinectセンサーを使った3Dモデル作成ツールである「 」を公開しているMicrosoftが、既存のスマートフォンのカメラで簡単かつリアルタイムに3Dスキャンできる技術「 MobileFusion」の開発に取り組んでいることを明かしました。 MobileFusion: Research project turns regular mobile phone into 3D scanner - Inside Microsoft Research - Site Home - TechNet Blogs Microsoftの新しい研究プロジェクトでは、通常の携帯電話の写真撮影やムービー撮影の要領で、誰でも簡単にリアルタイムで高精度な3Dスキャンを楽しめるようになる技術の開発を行っています。 「開発中のシステムのおかげで、我々は手軽に写真撮影の要領でフル3Dのイメージを得ることができるようになります」と語るのは、 にインターン中のオックスフォード大学の学生であるピーター・オンドルスカさん。 オンドルスカさんたち研究チームが開発しているシステムは「MobileFusion」と呼ばれるもの。 スマートフォンを使用した と比べて「専用ハードウェアが必要ない」「インターネット接続なしで動作する」という点で優れている、とのこと。 つまり、3Dスキャン用に新しく高価なハードウェアを購入する必要がないだけでなく、荷物になる専用ハードウェアの持ち運びが必要なくなり、電波の届かない場所でも手軽に3Dスキャンを楽しめるようになる、というわけです。 マイクロソフトリサーチの主任科学者であり、MobileFusionの開発プロジェクトに携わるシャーロム・イザディ氏は、「例えば休暇で訪れたエッフェル塔をMobileFusionのようなツールで撮影し、作成した3Dデータを家族や友人とシェアするようになるだろう」と語り、さらには3Dスキャン技術が写真やムービーに取って代わる新たな表現方法になるだろうと主張しています。 MobileFusionのスキャニング精度は非常に高く、データを3Dプリントしたり拡張現実ゲームに利用したりすることも可能。 実際にMobileFusionでスキャンして作成される3Dモデルがどの程度のものなのかは以下のムービーを見れば分かります。 最初にスキャンするのは人です。 スマートフォンのカメラをかざしてスキャンします。 スキャンされるのは立方体の赤枠内。 画面をタップするとスキャン開始。 スマートフォンの画面に映し出されている赤枠内に緑色のエフェクトがドバーっと表示されたらスタートです。 スマートフォンのカメラで被写体の周りをゆっくり歩き、あらゆる角度からカメラに収めればOK。 スキャン自体にはそれほど時間がかからないようです 3Dスキャンして完成した3Dモデルがコレ。 スキャンの際に被写体の後ろには回り込んでいなかったので、3Dモデルの背面は空洞になってしまっていますが…… 正面から見るとまるで写真のように高精度なモデルが出来上がっていることが分かります。 続いてクマのぬいぐるみをスキャン。 クマの下にごちゃごちゃとしたチラシなどが置かれているのですが、チラシも一部スキャンしてしまっています。 じっくりスキャン中…… 作成された3Dモデルはコレ。 今度は360度どこから見てもキレイな3Dモデルの完成です。 他にも胸像や…… ライオン像などをスキャンしています。 精度自体はまだまだ改良の余地ありのようにも感じますが、既存のスマートフォンで手軽に3Dスキャンが楽しめることは十二分に分かります。 なお、以下の画像の左上がMobileFusionにより作成される3Dモデルで、右上がカメラで写した被写体。 以下の画像の左上はMobileFusionで作成した3Dモデルで、右上は で発表されたスマートフォンのカメラで3Dスキャンする PDF が作成した3Dモデル。 同プロジェクトに参加しているイザディ氏と、同じくマイクロソフトリサーチの主任科学者でありMobileFusionの開発プロジェクトにも携わっているプッシュミート・コーリ氏は、Kinect Fusionの開発にも参加していました。 2人が開発したKinect Fusionは手軽に3Dモデルを作成できるツールでしたが、これを利用するにはPCとKinectセンサーが必要で、外出先で利用することはほとんど不可能でした。 オンドルスカさんがインターンでマイクロソフトリサーチの研究所にやってきた際、コーリ氏は「次のレベルの使いやすさを見てみたい」と語り、外出先でも利用可能な3Dスキャンツールの作成に着手した模様。 彼らが着目したのは「ほとんどのスマートフォンが3Dスキャンシステムを構築するのに十分な性能を有している」という点で、スマートフォンのカメラで3Dスキャン可能になるように「人間の目の仕組み」に似たアルゴリズムを作成してMobileFusionを開発した、とのこと。 なお、2015年10月の上旬に行われる予定である でMobileFusionに関する発表が行われる予定となっており、開発はWindows Phone・Android端末・iPhoneといった異なるOSのスマートフォン上での動作確認を行う段階まで進んでいるとのことです。

次の