高血圧 原因。 猫の高血圧症~症状・原因から予防・治療法まで心臓の病気を知る

高血圧はなぜ起きるのか?高血圧の基準は?どんな自覚症状が?

高血圧 原因

高血圧とは、血圧の高い状態を言い血圧というのは、心臓と連動した動きをしています。 心臓から血液を全身に送る時には、血管の動脈の壁に大きな圧力がかかり、血管は収縮しますから収縮期血圧とも言います。 また、反対に心臓に血液が戻ってくるときには、血管の動脈の壁が広がり、血管も拡張しますから、拡張期血圧といい血圧を測定するときには、腕に圧力をかけて、この2つの状態を一時的に作り出して行います。 高血圧は、この時の2つの値が標準よりも高い場合に表現し血圧は24時間の生活の中で、かなりコロコロと値が変わります。 しかし、高血圧の方は、動脈の壁を血液が通るたびに、圧力をかけ続けることになりますから、低くなることなく、高い状態がずっと続くことになり人間は常に血液が流れることで生きていけるのですが、その血液量が多く、いわゆるドロドロ状態である場合、血管そのものはボロボロになってしまうのは時間の問題です。 実はそれこそ、高血圧の症状で、恐ろしい事実です。 血圧が高いということは、血管の病気のリスクが高いと考えておいたほうが良く高血圧を気になさる方は毎日決まった時間に測定し、データを記録するのが良いでしょう。 特に40代を過ぎたあたりからは、自分の血圧の数値を把握しておき、高いほうなのか低い方なのかということを認識しておくことで、血管の病気を防止することができますので高血圧の対処法をしっかりと勉強していきましょう。 高血圧に関するページは随時追加していきます。 高血圧の対策について勉強していきましょう。 スポンサードリンク 高血圧の恐ろしさ 高血圧は恐ろしいと言われるのには理由があり別名は『サイレント・キラー』と言われ自覚症状が分かりにくい症状です。 高血圧は分かりにくいから怖いのです。 しかし、これが症状だというのは、種類もたくさんあり、なかなか見つけられないと言われています。 その種類、頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり、動悸、息切れなどでどれも日常なりやすいものばかりで、ちょっと体調が悪いと起こりやすいものばかりです。 自分が知らないうちにいつの間にか高血圧になっていた例も沢山ありますので頻繁なチェックを心がけましょう。 ただし、このような症状だけで高血圧という判断をするのは難しく、やはり定期的な血圧検査をして、高い血圧であることを確認するのが賢明です。 気が付かないまま、血圧が高い状態が続き、食生活などいい加減にしていると、脳梗塞や動脈硬化になることがあり、この知らないうちに症状が進行していくことから、やはり高血圧は『サイレント・キラー』でとても怖いです。 少なくとも、あなたはメタボですと言われている方々に関しては、それだけで高血圧による病気になっている、これからそうなる可能性がかなり高いと思ってよいでしょう。 現在は、家庭でも簡単に計測できるものもありますし、定期健診などで血圧について相談をしてくれる機会も多いので心当たりの方は、しっかりと朝、昼、夜と自分の血圧について確認しておきましょう。 女性、子供の高血圧 スポンサードリンク 高血圧はどちらかと言うと、肥満男性に多いイメージがありますが、そんなことはありません。 女性の高血圧も増えています。 このことは女性ホルモンと関係があります。 女性は、女性ホルモンによって、安定したホルモンバランスを保っていることができ、月経、妊娠、閉経という短期と長期的なリズムにより、少しずつ狂いが生じてきます。 そして、決定的なのが閉経です。 このときを境に女性ホルモンがいっきに減り、いわゆる更年期障害が起こる方もいます。 その時に、血圧をコントロールしているバランスが崩れて、それまでの低血圧や正常血圧が上がってしまうと言われています。 誰にも危険性をはらんでいますが、閉経後の自分の体については、なってみないと分からないことから常日頃、自分の血圧に関しては、知っておくことが良いでしょう。 高血圧は子供にもある?答えはYESです。 中年男性に多いと言われる高血圧ですが、最近では子供にも多いと言われています。 子供が血圧を測っている姿は想像しにくいですが、診察を受けると、実は高血圧ですという意外な事が多いようです。 そして、もっと興味深いのが、その原因が生活習慣病と深い関係があることです。 考えられるのは、遺伝で親と一緒の体質を受け継いたことにより、すぐに血圧に反映してしまうことです。 そして、特に問題にしたいのは、日頃の生活習慣です。 食生活の乱れと慢性的な運動不足が、子供の血圧を脅かしていると言えます。 食べ物に関しては、野菜不足、ジャンクフードの食べ過ぎ、清涼飲料水の飲み過ぎなどが挙げられますが本人のせいではありませんから、家庭内の食事の見直しが必要な部分です。 それと同時に、元気に走り回り、運動をしているか?ということで、お腹がすくまで遊ぶのではなく、ゲームや室内遊びが多い子供たちに特に危険信号が点灯します。 食事に関しては、親の責任です。 ついつい塩分の多い、糖分たっぷりの食べ物をつい子供に与えているという方、危ないかもしれません。 肥満ではないから大丈夫ですと言い切れることはないと思ってください。 高血圧と同時に生活習慣病の診断を受ける子供たちも急増しています。 サイトマップ.

次の

突発的にに高血圧になる人の特徴と原因

高血圧 原因

高血圧の原因 主に肥満、ストレス、喫煙、塩分摂取過多といった、複数の要因からなります。 まず、肥満になると、酸素消費量が増加するため、心臓から拍出する血液量、体を循環する血液量が増加するため、血圧が上がります。 つねに体重をコントロールすることが大事です。 仕事や心配ごとによるストレス、過労、睡眠不足は、血圧を上げます。 趣味やスポーツで気分転換をし、十分に睡眠をとることで、心と体のリフレッシュが必要です。 喫煙では、最近流行している加熱式であっても末梢血管の収縮で血圧が上がります。 また、タバコは虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)の危険因子です。 この際に禁煙をおすすめします。 塩分の摂取が増えると、浸透圧の関係で循環する血液量が増加するため、血圧が上がります。 高血圧の人は1日6g、そうでない人でも10g以内に抑えましょう。 高血圧からくる症状 血圧が高いと、脳に行く血圧が高いため、まず頭が痛くなります。 そのため、めまいがしたり、耳鳴りがすることがあります。 人によっては肩こりを感じる方もいます。 また、運動した後などでは、動悸がして、息切れがします。 高血圧に良い食べ物 まずはDHA・EPAを含む食べものが良いと言われており、これらは魚の脂に含まれます。 サバ、サンマ、イワシ、マグロ、ブリがあります。 刺身などの他、缶詰を利用すると摂取しやすいです。 次に、カリウムを含むものはナトリウムを排泄させる働きがあります。 食材では野菜、海藻、大豆、果物、パセリ、アボカド、大豆・納豆、ほうれん草、山芋、バナナ、メロン、キウイがあります。 飲み物として無塩のトマトジュースにもカリウムが豊富です。 3つ目として、水溶性食物繊維が豊富なもので、ごぼう、納豆、なめこ、モロヘイヤもなどが塩分を排泄すると言われています。 4つ目として、お酢があります。 毎日摂ることが効果的で、ピクルスや酢の物を摂取するようにしましょう。 5つ目として、オリーブオイルにはポリフェノールやビタミンAが抗酸化作用があるため動脈硬化を改善します。 6つ目として緑茶があります。 カテキンが血圧を下げる作用があります。 その他、調理法を工夫することも有効です。 煮物や汁物などは、天然のだしを効かせましょう。 昆布や削り節、煮干しや干し椎茸などを活用しましょう。 薄味でもおいしく食べることができます。 また、香りや風味を生かす手もあります。 胡椒や生姜、唐辛子など香辛料や、酸味を利用することも方法の一つです。 パンやめん類は食塩が多量に含まれます。 白米を取るようにしましょう。 副食では、加工品や塩蔵品を避けて、生の食品を選びましょう。 たとえば干物、塩しゃけ、ちくわ、かまぼこなどは生の魚に置き換えたり、ハム、ウインナー、ベーコンは生の肉に置き換えましょう。 漬物や佃煮類は少量でも食塩量が多いので、なるべく控えましょう。 汁物(みそ汁・すまし汁・スープなど)はできるだけ飲まないようにしましょう。 汁物には、汁椀1杯で食塩が1. 5~2g含まれます。 めん類はつゆは残すようにしましょう。 また食卓で使う調味料では、塩以外の味付けに変えるなどして、塩分を減らしましょう。 高血圧の治療方法 これまで述べたとおり、食事の内容を改善する食事療法をまず行います。 野菜中心に塩分とアルコールを控えた食事にします。 適度な運動を行なって体重を管理し、メタボリックシンドロームにならないように注意します。 タバコもやめましょう。 タバコに含まれる成分には血管収縮作用があります。 室温にも配慮しましょう。 暑い所から急激に冷えた建物に入ったりすると、血管が収縮しますので、心臓に急激な負荷をかけます。 ストレス管理や睡眠時間もしっかり取ることも必要です。 5時間睡眠の方は7~8時間睡眠の方より高血圧の発症リスクが2倍と言われています。 高血圧を放置しているとどうなるの? 高血圧はサイレントキラーです。 静かに症状が進行します。 高血圧を放置すると、圧力に耐えるために血管が硬く・細くなります。 脳では脳梗塞、心臓では心筋梗塞、腎臓では余分な水分が排泄できない腎不全となります。

次の

高血圧の原因の1つに?マグネシウム不足と血圧の関係性

高血圧 原因

年齢が上がると、毎年の健康診断が憂鬱になってきますよね。 特に血圧が高くなってお医者さんから注意を受けているという方は多いのではないでしょうか。 高血圧には様々なタイプがありますが、年齢が上がると共にリスクが高まるのが老人性高血圧と呼ばれる高血圧のタイプです。 そこで、老人性高血圧とはどういった高血圧なのか、また老人性高血圧は何が原因で引き起こされるのかについてまとめました。 老人性高血圧とは? 老人性高血圧とは、名前の通り高齢者に多いタイプの高血圧となります。 一般的に年齢が上がってくると高血圧のリスクも高くなりますよね。 そのため、高血圧症状のある高齢者の方も多いのですが、特に老人性高血圧と呼ばれるタイプの高血圧は、最高血圧と最低血圧の差が大きいという特徴があります。 最高血圧と最低血圧の差が大きいということは、それだけ体への負担も大きくなります。 老人性高血圧は、高齢者に多い高血圧となりますので、動脈硬化なども起こりやすく、脳卒中や心筋梗塞など重大な病気を引き起こしやすいというリスクがあります。 また、老人性高血圧は血圧が大きく変化することから、めまいや立ちくらみなどの症状も出やすく、病気だけではなく事故やケガのリスクも高くなりますので注意が必要です。 老人性高血圧の原因とは? 老人性高血圧の原因としては、やはり加齢によって血管の弾力性が低下していることが大きいと言えます。 血管の弾力性が失われると、必然的に血液が流れにくくなりますので、心臓が収縮する力を強めて血液を送ろうとします。 そうなると、心臓から血液を送り出す際の圧力も高くなり、結果的に高血圧に繋がってしまうのです。 上記で記載した通り、老人性高血圧は最高血圧と最低血圧の差が高くなりますが、特に最高血圧の数値が高くなる傾向があります。 そういった原因となっているのが、血管の弾力性が低下することによって心臓が収縮する際の血圧、つまり収縮期血圧(最高血圧)が高くなっているということなのです。 一方で最低血圧は加齢によってそれほど変わるということはほとんどありませんので、最高血圧が上昇する分上下の差が大きくなってしまいます。 老人性高血圧は初期段階での改善が重要! 老人性高血圧は、上記で記載した通り加齢によって血管の弾力性が失われることで起こるタイプの血圧で、最高血圧と最低血圧の差が大きいというのが大きな特徴です。 老人性高血圧は、高齢者に多い高血圧のタイプということで、放置していると重大な病気を引き起こすリスクが非常に高くなります。 高齢になるとどうしても高血圧症状が出やすくなりますが、初期段階で適切に対処をすれば、十分改善は見込めます。 ただ、老人性高血圧は何もしないとどんどん悪化してしまう可能性がありますので、早急に対処することが非常に重要だと言えます。 そこで、最近血圧が高くなってきた、加齢による高血圧で悩んでいるという方におすすめなのがです。 福辻式の高血圧下げるDVDは、血圧を下げるために効果的な自宅で簡単に出来るストレッチをレクチャーしてくれるDVD教材です。 しかも、1日たった5分でOKですので、忙しくてなかなか時間が取れないという方にも非常におすすめですよ。

次の