ウォン安 1200。 1ドル1200ウォンになるとどうなる?韓国通貨危機とは?

ウォン安とは?なぜ問題なのか?韓国や日本に与える影響とは?分かりやすく解説してみた│地球の裏側からご近所まで

ウォン安 1200

韓国経済、【1200ウォン到達から始まるウォンウォッチ】KIKOについて解説 記事要約:今週、韓国市場は1195ウォンに到達して、来週で1200ウォンが目前となった。 実際、1200ウォンは適正レートからすると50ウォンほどウォン安になっているわけだが、もう一つ重要な境目となる。 それが今回、解説するバリアオプション「KIKO(キコ」である。 正式名称はノックイン・オプション・ノックアウト・オプションなのだが、覚えるときはKIKOでいいい。 では、一体これが何なのか。 そもそも、バリアオプションとは何か。 簡単に述べれば一定期間までに、あらかじめ設定していた価格(バリア)に到達すると権利が発生もしくは消滅するオプションのことである。 この時、権利が発生するほうを「ノックイン・オプション」、権利が消滅するほうを「ノックアウト・オプション」と呼んでいる。 さて、このKIKOについてだが、管理人は当時のメモ書きからKIKOについて解説しているのだが、2008年、朝鮮日報の記事のリンクは既に消えている。 ただ、KIKOについて説明としてはこれがわかりやすいので引用しておく。 >Kikoは、特定期間(1-2年)に約定した為替レート幅でレートが推移すれば、市場価格よりも高くドルを売ることができるため、輸出企業にとって有利となるが、約定した為替レートを超えれば、契約の2-3倍に相当するドルを市場価格よりもはるかに安く銀行に売らなければならないため、損失が生ずる。 >為替レートが1ドル=900ウォン台だった昨年下半期に銀行がKikoを大量に売ったものの、今年に入ってウォン安へと急激に移行したため、企業の被害額が拡大し、問題となっている。 Kikoによる被害総額は少なくとも1兆ウォン(約900億円)以上とされている。 さて、このKIKOについて当時は問題となったが、銀行がリスクについてしっかり説明していないということで、裁判ではわりと損失を被った側が銀行などに勝訴した記憶がある。 そして、銀行は金融オプションのリスクについての説明責任が義務づけられた。 これは韓国経済ウォン、現在から20年分と10年分のチャートである。 金融危機、リーマンショックが起きた後、1600ウォンを超えて韓国経済はデフォルトしかけたところを米韓通貨スワップ300億ドルで助けて貰えた。 それからウォンが数年かけて、どんどん上がっているのがわかるだろう。 そして、よく見ると上がっていった後は、「1200ウォン」をほとんど超えてないことに注目してもらいたい。 どうして、1200ウォンをほとんど超えていないのか。 それがKIKOの損失レートであるためだ。 ウォン安は確かに韓国の輸出業に恩恵になるが、そもそも、企業がKIKOのバリアオプションを利用しているなら、逆に急激な為替レートの変動は大きな損失が発生する。 そして、ウォンの2011年~2018年までは、1000~1200と安定していた。 2016年に一時的に1200を超えたこともあるが、それは僅かな期間に過ぎない。 つまり、1200という数値は韓国にとって死守したいウォンレートだということ。 そして、ここ数年間ウォンは安定していたと考えれば、KIKOのレートをこの辺りに設定している韓国企業は多いと思われる。 これ以上のウォン安はKIKOの条件を発動させてしまう。 さらにウォン安によって原材料や原油価格が上がっていく。 なので、ただ単に1200、1250と下がって行くだけではない。 KIKOの条件レートを大きく上回れば上回るほどKIKOでの損失が発生する。 ただ、これについては韓国メディアもまだ取り上げてないので、どこまで損失が発生するかは未知数だ。 およそ10年前の情報はあてにならない。 おそらく1200ウォン超えたら、こういった記事が登場してくると思われる。 kiko解説お疲れ様です。 1ドル1200ウオンからが本番、そこまではプレリュード・イントロだと個人的にも書き込んでいているが 同意見の方も多いだろう 、その理由のひとつはコレですね。 他に為替有効レンジの異常な狭さなどもある 管理人さんは1100〜1150内と記述。 2008年に大きな社会問題になったから流石に懲りて、今はこんなエキゾチックデリバティブ多用はありえないと南朝鮮も教訓にしている筈……はない。 それは朝鮮人以外を対象にして考察した場合には当てはまるが朝鮮人には当てはまらず繰り返す、という予想の意見が多そうだ。 実際はどうなのだろうな。 利益出れば自分のもの自分の手柄で、損失出せば他人のせいにする南朝鮮の特徴が良く出るエピソードだ。 他にも散々世話になった日本に感謝どころか因縁つけてくる屑さ・異常さなども 米国とのスワップだけでは足らずに日本もスワップ締結で助けた。 アーカイブ アーカイブ 最近の投稿• 人気記事• 128,161件のビュー• 76,200件のビュー• 64,000件のビュー• 59,900件のビュー• 57,500件のビュー• 51,400件のビュー• 51,200件のビュー• 47,600件のビュー• 47,200件のビュー• 44,800件のビュー 最近のコメント• に ベルトラン より• に 零戦搭乗員 より• に たろうちゃん より• に ふぇぇ より• に キジトラ より 人気の記事〔1日〕• 1,400件のビュー• 1,400件のビュー• 1,100件のビュー• 1,000件のビュー• 700件のビュー• 400件のビュー• 300件のビュー• 200件のビュー• 100件のビュー• 100件のビュー 韓国経済のリンク(情報収集サイト).

次の

韓国経済、【全くのデタラメ】急激なウォン安ドル高も…韓国政府が積極介入しない理由

ウォン安 1200

『韓国1200ウォン突破!? 感染症の影響をモロに受ける形に…』 まあ、これだけあたふたしているのですから、いい方向には転がらないでしょう。 しかし、あれほど必死に死守していた1ドル1200線を超えてしまいました。 これは韓国にとってはかなり怖い状況だと思います。 ウォン・ドル為替レート急騰…取引時間中に1,200ウォン突破 20日ウォン・ドル為替レートは、1190ウォン台後半に上昇し終えた。 マーケットポイントによると、この日のソウル外国為替市場で ウォン・ドル為替レートは、前取引日比9. 40ウォン上昇(ウォン安)した 1198. 70ウォンで取引を終えた。 感染症確定者急増でリスク回避の心理が働き、ウォン・ドル為替レートは、 昨年10月2日(1205. 8ウォン)以来の高水準を記録した。 感染症事態が地域社会感染局面に入った不安に、ウォン・ドル為替レートは取引場で 1200ウォンを越え1200. 8ウォンまで高騰した。 ドル当たり1200ウォンは「ビッグフィギュア」として 市場と当局の心理的なマジノ線である。 ウォン・ドル為替レートが取引場で1200ウォンを超えたのは、 昨年10月10日(1200. 9ウォン)以来4カ月ぶりだ。 ただし、当局の介入の警戒感にウォン・ドル為替レートは、 すぐに1200ウォンの下に降りて行った。 ホン・ナムギ経済副首相は17日、大統領業務報告で、 「金融市場の変動性を24時間管理し、異常な変動性が拡大されると、 先制的に迅速かつ正確に対応する」と述べている。 韓国は輸出国でウォン安は悪影響だけではありませんが、 対外債務が多い韓国はこのままウォン安が進むと気が気じゃないでしょうね。 前回の通貨危機の際に決めた1200ラインも突破しているので 中小企業の不渡りなどの懸念も出てきます。 ホン副首相も言っていますが、必死に介入をしているでしょうが ウォン安は止まる気配がありません。 更にコスピも下がってきているようで、 デフォルトの影に不安になるのも仕方がないでしょう。 しかし、韓国の方、安心してください! 外貨準備高はビックリするぐらいあるらしいので 何かあっても余裕で乗り切ってくれるでしょう!.

次の

ドルウォンが防衛ライン1200突破!韓国は為替介入?暴落で通貨危機?

ウォン安 1200

スポンサーリンク ドルウォンレート推移 こちら2019年からのドルウォンレートの推移のグラフです。 2019年9月ぐらいまではきれいな右肩上がりでウォン安進行。 その後、10月に一旦ウォン安トレンドが終了したかにも見えました。 その後、2019年の年末はアメリカと中国の貿易戦争が一段落ということで1155近辺までウォン高に。 安心感が広がりました。 そうして2020年は1155ぐらいからのスタートでしたが、新型肺炎の影響で再び1200を超す展開になっています(かなり急激にウォン安になっています)。 その他の要因としては世界経済が不安定になると安全で信用のある通貨である円は買われ、ウォンのような不安定な通貨は売られます。 これがウォンという通貨の本当の実力と言えます。 日付 ドルウォンレート概要 2020年4月2日 ドル不足か?ウォン安進行で1230超え 2020年3月27日 市場が少しずつ落ち着いてきた1210までウォン高 2020年3月23日 再び1280までウォン安進行やばい 2020年3月19日 韓米通貨スワップで1260までウォン高 2020年3月19日 1280超えやばい! 2020年3月18日 1260超えやばい! 2020年3月17日 一時1240超え 2020年3月16日 1230超え 2020年3月13日 1220超えで危険状態 2020年3月3日 1180までウオン高、一旦落ち着く 2020年2月24日 1220手前までウォン安 2020年2月21日 1210を突破 2020年2月20日 1200近辺までウォン安 2020年2月12日 1180までウォン高 2020年2月8日 再び1195水準に 2020年2月4日 新型肺炎の危機薄れ1180付近までウォン高 2020年2月1日 1197付近でスタート。 com) 2019年のウォン安について 2019年に入ってアメリカ中国の貿易戦争が本格化。 中国元の下落と共に韓国ウォンも下落しています。 2019年4月~5月に急激にウォン安へ 2018年のドルウォンレートは比較的安定していました。 1070~1100ぐらいということで少しウォン高という感じでしょうか? おそらく韓国としてはウォンドルレート1100~1150ぐらいが一番良いレベルだと思います。 ウォンが強すぎると輸出がふるわなくなり、逆にウォンが弱すぎると外国への借金が返せないということで難しい状況です。 そのウォンドルレートが2019年4月から急激にウォン安に触れ心地よいレートから外れてきました。 2019年5月17日には1195までウォン安が進行。 その後は1200を手前に一進一退の状況です。 2019年6月~7月はやや戻す その後2019年6月~7月はややウォン高にふれています。 1160までウォン高に。 アメリカ中国の貿易戦争が一息ついたという情報もあったのでリスク選好の形になったのでしょう。 2019年8月にウォン安へ その後、2019年8月に再びウォン安になり1220近辺までウォン安が進行しています。 9月に入ってやや落ち着いていますが危険な水域と言えるでしょう。 2019年10月~11月中旬にウォン高 その後、10月~11月中旬はアメリカ中国の貿易戦争が一息ついたということでウォン高進行。 1160近辺までウォン高が進んでいます。 2019年11月中旬以降 11月中旬以降は再びウォン安に。 一時1160付近までウォン高になりましたがそこからウォンが売られて1180を超えてました。 再び1200に近づき、1200を超す展開が2019年内にあるかもしれません。 ただし韓国がGSOMIA破棄を撤回したのでしばらく落ち着く可能性もあります。 (参考:) 韓国株価指数下落もウォン安要因 韓国の株価指数下落もウォン安要因になります。 株価は韓国企業の業績を反映しているので当然と言えば当然。 (ただし日本の場合は通貨が強いので日本の株価が下落しても円安にはならない。 逆に株安でも信頼できる円が人気になり円高になることも多い) 株価は2000を切ると危険と言われていますが個人的には1900ぐらいが危険なラインと思います。 そして2018年以降は株価も通貨も少しずつ危険水域に接近しています。 株価が暴落すればウォン安が一気に進行する可能性があるし、逆にウォン安が進行することで株価が暴落することもあり得ます。 どちらも韓国にとては考えたくないシナリオですが十分にあり得ます。 韓国の株価指数も要チェックです。 (参考:) まとめ 2019年4月以降、ウォンが売られて通貨安の状況。 1200や1250が1つの防衛線とも言われているので注目していきたいと思います。 (個人的には1300ぐらいまでは全然大丈夫だとは思っていますけどね) 人気記事ランキング• タピオカ店への脅迫問題で木下優樹菜さんが引退すると言われています。 7月1日に復帰発表をしたばかりで7月6日には... 「徴用工問題で日本企業は資産の現金化前に和解始めるべき」という論調が日本の一部で出ています。 こういった動きは韓... モロッコで現代自動車が旭日旗看板で宣伝しています。 確か旭日旗は駄目と韓国が言っていたのでは?それなのに何故宣伝... スペインサッカーでバレンシアの韓国人MFイ・カンインが再び退場処分となりました。 久保建英と共に将来を期待されて... 韓国の雇用保険基金が2020年末にほぼ枯渇するという試算が出ています。 対策するとなれば雇用保険金を今までよりも... 今回は在日特権はあるのか?ということでまとめていきます。 在日特権とは? 在日特権は在日外国人の特権のこと... 日本が韓国より先に台湾の入国規制緩和を検討しているとの報道がありました。 台湾はここ最近、新型肺炎の感染者が出て... ベナン沖で韓国人船員5人が拉致されたとの速報が入っています。 どのような状況なのでしょうか?韓国の報道や韓国の反... 韓国2020年6月の外貨準備高は4107億ドルになりました。 新型コロナで外貨準備高が100億ドルほど減少する場... 国連27カ国が中国に対して「香港保安法の廃止」を要求しました。 しかしながらその声明に韓国は含まれていません。

次の