麒麟がくる コカイン。 麒麟がくる出演の演技派女優Xにコカイン使用疑惑。沢尻エリカに続く逮捕者が出る恐れ、ナックルズが報道…

Drama Movies

麒麟がくる コカイン

長谷川博己主演のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK総合/毎週日曜20時ほか)の第17回「長良川の対決」が10日に放送され、本木雅弘演じる斎藤道三の壮絶な最期が描かれると、ネット上には「ああ…巨星墜つ…」「道三様ロス」「神回」などの反響が巻き起こった。 道三(本木)と高政(伊藤英明)による長良川を挟んだ親子の戦いが幕を開ける。 一進一退の攻防が続く中、自ら大軍を率いて押し寄せた高政によって道三軍の敗色は濃厚になっていく。 道三は手下に「馬じゃ! 馬を引け!」と命じると槍を片手に、1人で高政のいる最前線に攻め込んでいく。 兵に囲まれた高政が気配を感じ取って遠くに目をやると、たった1人で乗り込んできた父・道三の姿が飛び込んでくる。 霧の中で槍を構え、馬に乗って駆けてくる道三の姿がスローモーションで映し出されると、ネット上には「道三様かっこ良すぎるんだけど…」「何この登場の仕方。 神かよ」などの声が相次いだ。 道三は息子・高政に一騎打ちを要求。 自軍の兵に「手出し無用!」と声を上げた高政は馬を降りて槍を手にし一騎打ちに応じる。 槍が激しくぶつかり合う中、道三は高政に「そなたの父の名を申せ」と問いかける。 すると高政は「わが父は土岐頼芸様!」と言い放つ。 この言葉を一笑に付した道三は「そなたの父はこの斎藤道三じゃあ!」と一喝。 すると高政は手下に「この者を討て!」と命じる。 高政の手下によって体を槍で突かれた道三は、口から血を噴き出しながら高政の元に歩み寄る。 道三はそのまま高政の体にもたれかかると「わが子…高…政…愚か者…勝ったのは道三じゃ…」と言い残し、その場に倒れこんで最期を遂げる。 道三の壮絶な最期に、ネット上には「ああ…巨星墜つ…」「間違いなく私は道三様ロスになる」といった声が集まり、さらに「神回では??」「今日のは泣ける…」などのコメントも寄せられた。

次の

「麒麟がくる」に激震!?「マトリがくる」薬物報道でチンコロされた女優とは?

麒麟がくる コカイン

久方ぶりの本格戦国大河ドラマ『麒麟がくる』。 主人公は明智光秀だが、ドラマのヒロインは、光秀のいとこで織田信長の正妻になる帰蝶(濃姫)と思いきや、そうではない。 実は、門脇麦が演じる戦災孤児・駒がヒロインなのである。 多くの合戦が繰り広げられた戦国時代は、庶民にとっては、日本の歴史の中でもっとも過酷な時代だった。 『麒麟がくる』で描かれる戦災孤児・駒の動向は、一見勇壮な時代だと勘違いされる戦国時代の現実を照射する。 戦国時代はどれほど過酷な時代だったのか? 『信長全史』(小学館)に所収されている〈日本史上もっとも不幸だった戦国時代〉を再録する。 * * * 戦国期の民衆は、合戦が起こると寺社や山林などに一時避難したが、より安全を求めて領主の城郭に避難することもあったという。 城郭避難の過程を見よう。 まず民衆は、家財を土に埋める。 戦禍から財産を守るためだ。 そして、家族を連れて城に向かうが、城内で食料が支給される保証はなかったので、食料は持参だったという。 こうして多くの人間が城内に集まると、食糧不足と不衛生な環境が生まれやすく、疫病が蔓延する危険がある。 疫病対策として、衛生面では、とくに糞尿処理に注意が払われた。 北条家の浜居場城では「人馬の糞尿は毎日城外へ出し、遠矢で届く範囲に捨ててはならない」という城掟もあったほどだ。 もし、敵が城まで攻めてくると、民衆も武器を手に戦った。 後述するように、合戦では人さらいなどの略奪がつきものだったので、民衆も必死で抵抗したのだった。 どうやら、戦国時代の合戦は、一騎討ちや、兵法を駆使した集団戦など、華々しい戦闘が主流ではなかったようだ。 その大半は、相手国に侵入して、収穫時の稲を刈り取り、民家の家財や人間を奪う集団的な略奪行為だった。 戦争の慣行として行われた略奪行為は「苅田」や「乱取り」と呼ばれた。 寺社内など、場所や状況よっては領主が略奪を禁じたケースもあるが、当時の感覚からすると、乱取りなどの略奪行為は兵士の当然の権利であり、雑兵たちにとっては給料そのものだった。 雑兵には、次男、三男以下が多い。 当時の家族制度では家を継げなかった彼らにとって、戦場は財をなす稼ぎ場であり、食いつなぐための場でもあった。 積極的に戦場に赴く者も多かったという。 合戦後の人身売買市場 戦勝国の兵士たちは、乱取りで生け捕った人間を自国に持ち帰ると、人身売買の市場で売り払うことも珍しくなかった。 一方、売られた人間は、彼らの親類が買い取ることもしばしば。 つまり、身代金を払って、誘拐された家族を取り返したのだった。 人身売買市場が成立する以上、とくに雑兵たちからすれば、戦場では命を賭けて戦うよりも、略奪に集中したほうが得だ。 また、敵を殺すよりも、生け捕りにして売り払ったほうが財産になる。 当時の合戦の実態が集団略奪だったのもうなずける。 この種の合戦の目的は、大名から雑兵まで同じだった。 ただ敵を殺すのではなく、自らが豊かになることだ。 首塚と呼ばれるものが各地に散在するが、その約八割が合戦で命を落した人の胴から斬り落とされた首を埋葬したものだという。

次の

「麒麟がくる」とキリングループがコラボ 近畿・中部で限定オリジナル商品

麒麟がくる コカイン

いったい何を意味するでしょうか。 麒麟は平和な世に現れるとされており、昔から人々は福を求めて麒麟を崇めます。 また、優れた人のことを麒麟と呼ぶこともあるそうです。 麒麟はおめでたいことの象徴ともされています。 神聖な動物とされ、性質な穏やかで殺生を嫌う麒麟。 足元の虫や植物ですら恐れるとか。 現在多くの方がイメージする、動物園にいるキリンではないのですね 笑 ビールのロゴになっていたり、日本橋にある像のほうの麒麟です。 ドラマ初回放送で明かされた「麒麟がくる」の意味とは? そういう意味なのかー! でも、初回からめっちゃ全否定ww — まい 柿以下のメカいくら maaa1726 麒麟がくるの初回放送でタイトルに込められた意味が明かされました。 ドラマ「麒麟がくる」の舞台は戦国時代です。 いつかは戦のない世界がやってくる。 しかし麒麟は平和な街にやってくる生き物のため戦乱の今はやってきません。 この戦乱の世を終わらせられる人物が麒麟を連れてこれる人。 戦乱の世を終わらせ平和な世をもたらす人物=麒麟を連れてこれる人なのです。 「麒麟がくる」とき世が平和になるという意味が込められていました。 明智光秀と麒麟の関係について調査・考察していきたいと思います。 麒麟が現れるのは時の王のところ? 麒麟が現れるのは、その時代を作るであろう王のもとに現れるとされています。 織田信長の力が圧倒的であった戦国時代。 しかし、多くの将軍が我こそが世を治める人間だと信じ、戦っていました。 そんな彼らの中で全国を統一し、世を治めるのは誰なのか? 明智光秀が本能寺の変で織田信長の命を奪ったのは自身の評価が低いことに不服で謀反を起こしたとされていますね。 自分が時の王になりたいという想いがあったことも考えられます。 そんな明智光秀のストーリーを描くとしたらこのタイトルはぴったりではないでしょうか? 孔子と麒麟の話から考察 時は春秋時代。 中国では戦乱が絶えない日が続いていました。 そんな中孔子は文化や教養を大切にしたいという想いがあり、道徳の心で世を豊かに、平和にするために尽力し続けました。 しかし世の中はどんどん荒れていきます。 孔子は平和な世に現れるとされる麒麟が現れることを願うようになっていくのです。 孔子が70歳を越えたころ麒麟を発見したと噂を聞きつけます。 しかし発見したものは麒麟を気味悪がり見捨ててしまうのです。 自分が生きている間に平和な世が訪れないと悟った孔子は「春、西に狩りして麟(麒麟)を獲りたり」という言葉を最後に歴史を書き綴るのやめ2年後になくなってしまいます。 平和な時代をもたらせたかもしれないのにその存在を恐れ、見捨てたことで戦乱がやむことはなかったのですね。 明智光秀は本能寺の変で織田を討ちます。 そこには孔子と同じように戦乱の世を終わらせたいという想いもあったと思います。 光秀の生きる時代にも麒麟が現れた。 しかしそれは光秀の前ではなかった。 もしかしたら信長の前に麒麟は現れ、信長はその存在を畏れるどころか斬りつけようとした。 そのため戦乱の世は終わらず、いきさつを知った光秀が本能寺の変を起こす… 光秀と麒麟にそんな繋がりがあると考察してみました。 スポンサーリンク 麒麟がくるの意味は?麒麟とは何かなぜ麒麟なのか明智光秀との関係を調査!まとめ それでは最後にまとめていきたいと思います。 しかしその意味はドラマ放送1話で早くも判明し、 「麒麟がくるとき世が平和になる」という意味が込められていましたね。 タイトルの意味を知ってからも、果たして誰が麒麟を連れてくるのか、麒麟は誰のことを指すのか予想が最後の瞬間まで楽しいし読めないのがにくい演出だなと思います。 ドラマの最後に麒麟を世に連れてくる人物が誰になるのか予想を楽しんでいきましょう!.

次の