アナベル 挿し木の仕方。 挿し木(挿し芽)とは?挿し木(挿し芽)の時期や方法、土選びなどのコツは?

【アナベルの育て方】挿し木や剪定、鉢植えの植え替えの方法は?

アナベル 挿し木の仕方

挿し木 挿し芽 とは? 植物を繁殖させる方法には、種まき、挿し木、取り木、接ぎ木、分球、株分けなどがあります。 その中でも挿し木とは、植物の一部を土に植えて発根させ、増やす方法です。 球根植物ではなく、かつ種まきで増やしにくい草花や樹木、ハーブ、観葉植物でよく行われます。 使う部位や、発根させるまでの方法によって挿し芽、葉挿し、茎挿し、根挿しと呼ぶこともあります。 また、実際に土に挿すものを「挿し穂 さしほ 」、挿す土を「挿し床 さしどこ 」と呼びます。 挿し木 挿し芽 で増やせる植物って何があるの? アイビー/アジサイ/アナベル/イチジク/ウンベラータ/オリーブ/ガジュマル/カポック/カランコエ/キンモクセイ/クレマチス/ゴムの木/サボテン/シマトネリコ/ゼラニウム/タラゴン/ツツジ/トマト/ハイビスカス/パキラ/バジル/パッションフルーツ/バラ/ブルーベリー/プルメリア/ベゴニア/ポトス/ミニバラ/ミント/モッコウバラ/モンステラ/ユーカリ/ラベンダー/ローズマリー/ワイヤープランツ/菊/金のなる木/皇帝ダリア/桜/多肉植物/沈丁花/椿/梅など 挿し木 挿し芽 の時期は? 挿し木に向いている時期は、元の植物が一番生長する「生育期」の少し前です。 この時期に行うことで、挿し木する枝 挿し穂 は発根しやすく、枝を切られた植物の回復も早くなります。 特に観葉植物は、成長期になると新芽がどんどん伸びてくるので、チャレンジにおすすめです。 挿し木をした植物が発根したら、根を傷めないように丁寧に掘り上げて、鉢や花壇に植え替えてあげてください。 方法 1. 葉っぱを半分に切り取り、水分の蒸散を防ぎ、根への負担を減らす 3. 切り口を斜めに切り取って、水分を吸収する面積を増やす 4. 1~2時間ほど水に切り口をつけておく 5. 清潔な土を小鉢やポットに入れておく 7. 割りばしや指で土に穴を掘っておき、挿し穂を挿す 8. 水やりをして土と枝を密着させ、手で土を押し固める 9. 土が減った場合は少し足し、再度水やりを行って枝が倒れないようにしっかり固める 10. 生育期よりも気温の低い時期は、ビニールの袋などをかぶせて温度と湿気を保つ 11. 風通しがよく、午前中だけ日があたる場所 半日陰 で2〜3週間ほど発根するのを待つ 12. 粒度が小さく保水性が良い 鹿沼土 かぬまつち 、ピートモス、パーライト、バーミキュライト、など保水性のよい土を選びます。 これらを配合して最適な土を作ることもできますが、初めて挿し木を行う場合はあらかじめ調合済みの挿し木用の土がオススメです。 養分が少ない 養分が多いと根が出にくくなり枯れてしまいます。 腐葉土や肥料を加えた土は使えません。 挿し木 挿し芽 の種類!水挿しとは?時期や方法は? 水挿しとは 水挿しとは、切り取った枝を水につけて発根させる挿し木の方法の1つです。 挿し木する前段階として植物を発根させるためや、インテリアとして飾るために行われます。 水を入れたグラスやコップに挿し穂を挿しておくだけと、とても簡単です。 時期や方法 水挿しは、植物の生育期より少し前に行います。 挿し木同様に挿し穂を用意し、下葉を取り除いて水を入れた容器に挿します。 その後は毎日水を入れ替えながら、明るい日陰で管理するとよく育ちます。 観賞用の場合は、立てかける容器に合わせて挿し穂の長さを調節し、切り取りましょう。 また、十分に発根したら、鉢や庭に植え替えて構いません。 ただし、水挿しによって生えた根は、通常の挿し木に比べて吸水力が弱いので、植え替えてから1週間ほどは、土を乾かさないように水やりを行います。 通常の植物のように、土が乾いてから水やりをしてしまうと、水不足で枯れてしまいます。 また、逆に水をあげすぎても、根腐れになる可能性があるので注意してください。 おすすめの植物 ローズマリーやレモンバームなどのハーブ類や、ポトスなどの観葉植物 挿し木 挿し芽 の種類!茎伏せ・茎挿しとは?時期や方法は? 茎挿し・茎伏せとは 茎挿し・茎伏せは、長く伸びた茎を使って植物を増やす方法です。 取り木などを行った後、葉っぱのついていない茎を使って行うことができます。 土に茎を縦に挿すと「茎挿し くきさし 」、寝かせると「茎伏せ くきふせ 」となります。 時期や方法 茎挿しや茎伏せは5〜6月が適しています。 3~5cmほどに木を切り分け、茎の頭が土から1cmほど出るように縦または横にして植えましょう。 土はバーミキュライトなどを使い、乾燥しないように湿らせた水ゴケを上にかぶせておくといいです。 その後、水切れに気をつけながら2ヶ月ほど管理すると発根します。 十分に苗が育ったら、鉢に植え替えてください。 おすすめの植物 ドラセナ、モンステラ、ユッカ、アグラオネマ、コルジリネ、デフェンバキア、フィロデンドロンなどの観葉植物 挿し木は簡単な増やし方!ポイントは時期! 挿し木は、一度覚えてしまえばどんな植物にも利用できる増やし方です。 簡単にできるので、初心者の方でも安心ですよ。 挿し木を行う時期が成功する1番のポイントです。 地域によって1~2ヶ月ほど適期がずれるので、多湿で15~25度あたりの気温の時期を狙って行ってみてください。 更新日: 2018年05月28日 初回公開日: 2015年08月22日.

次の

アジサイ 挿し木の仕方

アナベル 挿し木の仕方

アジサイは、初夏に行う一般的な緑枝挿しと、 冬に行う休眠挿しの両方で株を増やすことができます 休眠挿しは、落葉している間に枝を切り取って挿す方法です。 休眠枝挿しの方は、生育中ではないため、発根がゆっくりになります。 そのため、緑枝挿しに比べると難易度が高いとされることもありますが、 コツを覚えれば、緑枝挿しよりも早く開花させられる魅力があります。 ・よく切れるハサミ(ナイフ) ・挿し木をする容器(ミニプランターや鉢など) ・挿し木用用土(小粒の赤玉土や鹿沼土でも可) ・挿し穂を挿す穴を作るための棒(割り箸など) ・用土を湿らせるための水 基本はこれだけです。 さらに発根の確率を高めたい時や、防寒が必要と思われる場合は、 そのための道具や薬剤を準備します。 11月~3月の落葉している時期に、2節~3節つけて枝を切り、挿し穂を作ります。 切り取った挿し穂は、切り口を30分~1時間ほど水につけて、水あげをしておきます。 ミニプランターや鉢に、挿し木用の用土を入れ、あらかじめ湿らせておきます。 用土が湿ったら、割り箸などを使って挿し穂を挿す穴をあけ、 そこに先端が傷まないように挿し穂を挿します。 挿し穂はまっすぐ下に向けて、1節が埋まるように挿します。 挿し穂がぐらつかないよう、軽く用土を寄せて押さえておきます。 休眠枝挿しは、発根するまでに少し時間がかかるので、 あまり乾かないように注意して、管理しましょう。 ・発根促進剤 メネデールなどの、発根促進剤に挿し穂をつけることで、発根率が高くなります。 持っていない場合や、購入する予定がないのであれば、 そのまま水あげをしてから挿し木して問題ありません。 もし使うのであれば、規定通りに希釈した薬液に、 半日~1日ほど挿し穂の切り口をつけておくと効果的です。 ・防寒 休眠枝挿しは11月~3月の落葉期に行いますが、 その中でも11月~1月頃の早いうちに行う場合は、 防寒をしておいた方が良い場合があります。 この時期はどうしても寒く、戸外の屋根のない場所に置いていると、 放射冷却などで霜が降りやすかったりします。 また、発根までは土を乾かさないように管理するため、 土が凍ってしまうことも多くなります。 容器の四隅に支柱を立て、その上から換気のための穴をあけた、 ビニール袋をかぶせることで、寒風に当たるのを防ぐことができます。 また、軒下であれば、霜がおりにくくなり生育を助けます。 ・日当たり 発根して鉢上げするまでは、 どのような品種も半日陰~明るい日陰くらいの場所が良いでしょう。 あまり日当たりの良い場所に置いていると、用土が乾きやすくなり、発根が難しくなります。 ・水管理 用土が必要以上に乾かないように注意します。 ただし、鉢皿などに水を溜めておくのは避けましょう。 過湿になる可能性が高いですし、夜間に冷え込んだ時、凍りやすくなります。 暖かくなったこの時期なら、鉢上げが可能になります。 3号~5号サイズの鉢に、培養土を使って鉢上げをします。 鉢上げをした後、1ヶ月ほどはまだ根付いていないので、水切れに注意します。 その後は、土の表面が乾いたら水を与えるようにしましょう。 アジサイは品種によって、好む日当たりの条件が異なります。 鉢上げまでは、どれも半日陰~明るい日陰に置きますが、 新芽が伸びて鉢上げした後は、それぞれの好む条件下で育ててあげましょう。 日向を好む品種の場合、鉢が小さいうちは土が乾きやすくなります。 水切れには十分注意してあげます。 だいたい 早ければ挿し木後1年で花を咲かせますが、育てている環境や、 株の育ち具合によっては、3年以上かかることもあります。 休眠枝挿しをした次の初夏には、どうにか花を咲かせたい場合は、 挿し穂に花芽をつけて挿す方法があります。 一般的に挿し穂は、花芽のついていない不要な枝で作ることが多いですが、 計画的に先端付近についている花芽をつけた状態で挿すことで、 花を咲かせることができる場合があります。 この場合は、挿し穂の一番上の節に花芽がついていて、 その下に葉芽が2節ついた状態で作ります。 挿し方やその後の管理は、花芽のついていない挿し穂を挿した時と同じで構いません。 花芽と葉芽の見分け方は、芽の形が少し丸っこく、膨らんでいる方が花芽です。 100%開花するという保証はありませんが、 花芽のない枝を挿し穂に使うよりは、開花の可能性が高くなります。 かなり小さい状態で開花するので、そのまま苔玉や盆栽に仕立てられます。 その場合、普通サイズのアジサイよりも、 ヤマアジサイの方がコンパクトに仕立てやすく、野性味も増します。

次の

紫陽花(アジサイ)の挿し木の簡単な方法

アナベル 挿し木の仕方

挿し木 挿し芽 とは? 植物を繁殖させる方法には、種まき、挿し木、取り木、接ぎ木、分球、株分けなどがあります。 その中でも挿し木とは、植物の一部を土に植えて発根させ、増やす方法です。 球根植物ではなく、かつ種まきで増やしにくい草花や樹木、ハーブ、観葉植物でよく行われます。 使う部位や、発根させるまでの方法によって挿し芽、葉挿し、茎挿し、根挿しと呼ぶこともあります。 また、実際に土に挿すものを「挿し穂 さしほ 」、挿す土を「挿し床 さしどこ 」と呼びます。 挿し木 挿し芽 で増やせる植物って何があるの? アイビー/アジサイ/アナベル/イチジク/ウンベラータ/オリーブ/ガジュマル/カポック/カランコエ/キンモクセイ/クレマチス/ゴムの木/サボテン/シマトネリコ/ゼラニウム/タラゴン/ツツジ/トマト/ハイビスカス/パキラ/バジル/パッションフルーツ/バラ/ブルーベリー/プルメリア/ベゴニア/ポトス/ミニバラ/ミント/モッコウバラ/モンステラ/ユーカリ/ラベンダー/ローズマリー/ワイヤープランツ/菊/金のなる木/皇帝ダリア/桜/多肉植物/沈丁花/椿/梅など 挿し木 挿し芽 の時期は? 挿し木に向いている時期は、元の植物が一番生長する「生育期」の少し前です。 この時期に行うことで、挿し木する枝 挿し穂 は発根しやすく、枝を切られた植物の回復も早くなります。 特に観葉植物は、成長期になると新芽がどんどん伸びてくるので、チャレンジにおすすめです。 挿し木をした植物が発根したら、根を傷めないように丁寧に掘り上げて、鉢や花壇に植え替えてあげてください。 方法 1. 葉っぱを半分に切り取り、水分の蒸散を防ぎ、根への負担を減らす 3. 切り口を斜めに切り取って、水分を吸収する面積を増やす 4. 1~2時間ほど水に切り口をつけておく 5. 清潔な土を小鉢やポットに入れておく 7. 割りばしや指で土に穴を掘っておき、挿し穂を挿す 8. 水やりをして土と枝を密着させ、手で土を押し固める 9. 土が減った場合は少し足し、再度水やりを行って枝が倒れないようにしっかり固める 10. 生育期よりも気温の低い時期は、ビニールの袋などをかぶせて温度と湿気を保つ 11. 風通しがよく、午前中だけ日があたる場所 半日陰 で2〜3週間ほど発根するのを待つ 12. 粒度が小さく保水性が良い 鹿沼土 かぬまつち 、ピートモス、パーライト、バーミキュライト、など保水性のよい土を選びます。 これらを配合して最適な土を作ることもできますが、初めて挿し木を行う場合はあらかじめ調合済みの挿し木用の土がオススメです。 養分が少ない 養分が多いと根が出にくくなり枯れてしまいます。 腐葉土や肥料を加えた土は使えません。 挿し木 挿し芽 の種類!水挿しとは?時期や方法は? 水挿しとは 水挿しとは、切り取った枝を水につけて発根させる挿し木の方法の1つです。 挿し木する前段階として植物を発根させるためや、インテリアとして飾るために行われます。 水を入れたグラスやコップに挿し穂を挿しておくだけと、とても簡単です。 時期や方法 水挿しは、植物の生育期より少し前に行います。 挿し木同様に挿し穂を用意し、下葉を取り除いて水を入れた容器に挿します。 その後は毎日水を入れ替えながら、明るい日陰で管理するとよく育ちます。 観賞用の場合は、立てかける容器に合わせて挿し穂の長さを調節し、切り取りましょう。 また、十分に発根したら、鉢や庭に植え替えて構いません。 ただし、水挿しによって生えた根は、通常の挿し木に比べて吸水力が弱いので、植え替えてから1週間ほどは、土を乾かさないように水やりを行います。 通常の植物のように、土が乾いてから水やりをしてしまうと、水不足で枯れてしまいます。 また、逆に水をあげすぎても、根腐れになる可能性があるので注意してください。 おすすめの植物 ローズマリーやレモンバームなどのハーブ類や、ポトスなどの観葉植物 挿し木 挿し芽 の種類!茎伏せ・茎挿しとは?時期や方法は? 茎挿し・茎伏せとは 茎挿し・茎伏せは、長く伸びた茎を使って植物を増やす方法です。 取り木などを行った後、葉っぱのついていない茎を使って行うことができます。 土に茎を縦に挿すと「茎挿し くきさし 」、寝かせると「茎伏せ くきふせ 」となります。 時期や方法 茎挿しや茎伏せは5〜6月が適しています。 3~5cmほどに木を切り分け、茎の頭が土から1cmほど出るように縦または横にして植えましょう。 土はバーミキュライトなどを使い、乾燥しないように湿らせた水ゴケを上にかぶせておくといいです。 その後、水切れに気をつけながら2ヶ月ほど管理すると発根します。 十分に苗が育ったら、鉢に植え替えてください。 おすすめの植物 ドラセナ、モンステラ、ユッカ、アグラオネマ、コルジリネ、デフェンバキア、フィロデンドロンなどの観葉植物 挿し木は簡単な増やし方!ポイントは時期! 挿し木は、一度覚えてしまえばどんな植物にも利用できる増やし方です。 簡単にできるので、初心者の方でも安心ですよ。 挿し木を行う時期が成功する1番のポイントです。 地域によって1~2ヶ月ほど適期がずれるので、多湿で15~25度あたりの気温の時期を狙って行ってみてください。 更新日: 2018年05月28日 初回公開日: 2015年08月22日.

次の