スマーク ヤオコー。 ヤオコーnews|大型モール内に「ヤオコースマーク伊勢崎」3/26出店

スマーク伊勢崎/第1期リニューアル完了「ヤオコー」オープン

スマーク ヤオコー

東京建物とプライムプレイスは3月18日、スーパーマーケット「ヤオコー」の3月26日開業をもって、群馬県伊勢崎市の商業施設「スマーク伊勢崎」の第1期リニューアルが完了すると発表した。 <スマーク伊勢崎> 「スマーク伊勢崎」は2008年11月に開業。 12年目を迎え、商圏は群馬県内を中心に埼玉県北部・栃木県などの広域から集客している。 今回の第1期リニューアルでは、お客様の声に基づく改善活動を通じて、エリアNO. <伊勢崎市内初出店となる「ヤオコー」> 3月26日には、スーパーマーケット「ヤオコー」が開業し、近隣エリア住民へ日常の利便性も提供する。 伊勢崎市内初出店となる「ヤオコー」は、新鮮でおいしい生鮮食品、出来立てつくり立てのこだわり惣菜を提供。 親子三代で楽しい買物ができる店づくりを目指す。 日常普段使いのお買い得な商品から、ちょっとしたご馳走まで品数豊富に用意した。 また、メニューに合わせた商品をバラエティー豊かに取り揃え、食事に関する問題解決の提案を行い、日頃の食生活に変化をつけ、豊かで楽しい食卓を実現する。 3月19日には、「ヤオコー」周辺に地域最大級の「マツモトキヨシ」、「ミスタードーナツ」、花屋「キュキュロン」がオープンする。 「1階 北側(みょうぎエリア)食ゾーン」は、ヤオコーなど4店の改装・新規開業を迎えるにあたり、エリア一帯を改修。 明るく、お洒落な空間に生まれ変わる。 食品を扱う店が並ぶエリアのため、デザインは「パントリー(食品庫)」をイメージした。 3階フードコートのリニューアルも実施。 「スマークキッチン」は、バラエティに富んだ12の飲食店が並ぶ約850席の飲食スペースとなっている。 開放感ある硝子壁で、四季折々の赤城山を眺めながら、食事を楽しめる。 「キッズキッチン」は、子どもと食事を楽しみながらくつろげる家族団らん空間。 地元の風景・文化を取り入れた内装デザインを採用し、靴を脱いで、ゆったり座れる小あがりスペースも常設した。 第2期リニューアルでは、MD構成・商環境・運営(顧客向けサービス)のさらなる充実へ向けた計画を進めているという。 5km (電車・バス)JR両毛線・東武伊勢崎線「伊勢崎」駅よりバスで約15分 構造規模:鉄骨造地上3階 一部5階 塔屋1階 延床面積:約10万8468m2 店舗面積:約5万2800m2 駐車台数:3700台 開業:2008年11月(2015年4月に大規模リニューアル実施) 店舗数:180店舗 店舗構成:MOVIX、セガ、ユニクロ、GU、しまむら、くまざわ書店、スーパース ポーツゼビオ、三越、無印良品など.

次の

スマーク伊勢崎/第1期リニューアル完了「ヤオコー」オープン

スマーク ヤオコー

東京建物とプライムプレイスは11月20日、群馬県伊勢崎市の商業施設「スマーク伊勢崎」の大規模リニューアルを実施し、新たな大型核店舗を導入すると発表した。 ヤオコーは、ベルク伊勢崎スマーク店の跡地に出店する。 一連のリニューアルで、刻々と変化を続ける周辺環境や多様なお客ニーズに対応し、子どもからシニアまで楽しめる、すべての世代にマッチしたモールを目指す。 2021年には施設全体のリニューアルも控えており、今後も変化し続けるスマークから、さらなる感動体験や楽しい時間を提供するという。 女性にはビューティ家電の体体験ブースや品ぞろえにこだわった提案、ファミリー層や子ども連れのお客にはおもちゃを導入し、既存店で好評のミニ四駆のご当地コースを常設する。 パソコン等のデジタル家電に関するサービスサポートカウンターを設置し、デジタルライフをサポートする。 <ヤオコー> ヤオコーの店づくりのコンセプトは、「豊かで楽しい食生活提案型スーパーマーケット」。 スーパーマーケットの店づくりを通して、地域のお客に役立つことを目指す。 それぞれのニーズに対応し、新鮮で美味しい生鮮食品、出来立てつくり立てのデリカのほか、食料品や日用雑貨を、豊富に買い求めやすい価格で提供する。 価値ある商品の開発やサービスの向上で、地域のお客に、「ヤオコーがあって良かった、ヤオコーの側に暮らせて幸せだ」と思ってもらうことを目指す。 5km JR両毛線・東武伊勢崎線「伊勢崎」駅からバスで約15分 構造規模:鉄骨造地上3階(一部5階)塔屋1階 延床面積:約10万8468m2 店舗面積:約5万2800m2 駐車台数:3700台 開業:2008年11月(2015年4月に大規模リニューアル実施) 店舗数:180店 店舗構成:MOVIX、セガ、ユニクロ、GU、しまむら、くまざわ書店、 スーパースポーツゼビオ、三越、無印良品など.

次の

フロアマップ1F

スマーク ヤオコー

秩父に住んでいてスーパーといえば、「 ベルク」か「 ヤオコー」ですよね。 毎日の食材はこの2つのスーパーで買う人も多いんじゃないでしょうか。 ちなみに筆者は、普段はベルク、たまにヤオコーといった感じです(好き嫌いではなく住んでる場所の関係です)。 この2つのスーパー、共通点も多いのですがやっぱり気になるのはどう違うのかですよね。 どっちが安いのか。 どっちが良い物を売ってるのか。 もし働くとしたらどっちが良いのか。 その辺り、実際に筆者の体感や知人からの口コミ、会社のデータなんかも見ながら徹底比較しようと思います。 秩父で買い物する際の参考にしていただけたら幸いです。 会社データ ベルク 本社は埼玉県鶴ヶ島市。 1959年に1号店を秩父で出店しており、秩父発祥のスーパーと言えます。 現在は関東7都県全てに出店し、店舗数はついに100店を超え。 イオンと業務提携を行っており、イオンのプライベートブランドであるトップバリューの扱いもあります。 秩父にベルクは4店舗。 ・ベルク東町店 ・ベルク影森店 ・ベルク公園橋店 ・ベルク宮地店 があります。 ヤオコー 本社は埼玉県川越市。 1890年に1号店を埼玉県比企郡小川町に出店。 関東7都県全てに店舗を持ち、店舗数はすでに150店舗を超えています。 ヤオコー会長は日本スーパーマーケット協会の会長でもあり、日本を代表するスーパーマーケットと言えます。 秩父にヤオコーは2店舗。 ・ヤオコー秩父上野町店 ・ヤオコー秩父大野原店 があります。 秩父上野町店は140号と299号の交差点にあるウニクスの中にあるので、立地が抜群でいつも混んでますよね。 ベルクとヤオコーの比較 このように、秩父を発祥としてイオンの力も借りながら店舗を徐々に増やしていったベルク。 一方のヤオコーは、創業も古くスーパーマーケット業界の大御所とも言えるかもしれません。 売り上げで見ても、ベルクの約1500億に対してヤオコーは約3200億。 ヤオコーの方が倍以上の売り上げがあります。 こうやって見ると、なんとなくベルクを応援したくなりませんか?笑 生鮮食品ならヤオコー ここからは実際に利用してみての比較です。 まず 生鮮食品ならヤオコー。 これは結構思っている人が多いと思います。 肉・魚・野菜、どれもヤオコーの方が種類が豊富です。 この時期BBQをするのでも、ヤオコーの方が色々な物が買えてオススメです。 ヤオコーは鮮度を重要視 実はヤオコーは、商品の鮮度をすごく重要視しています。 というのも、ヤオコーは大きな国道に隣接している店舗が多いです。 何故かというと、輸送時間が短いから。 大きな国道から離れていけばいくほど輸送に時間がかかりますよね。 輸送に時間がかかれば、鮮度も落ちていきます。 当然ほとんどの商品は全国から輸送されてくるわけですから、いかにその輸送時間を短くするか。 鮮度を保つために、店舗の立地にこだわってるんですね。 確かに秩父のヤオコーも、どちらも国道140号沿いにあります。 野菜など見てみても、確かにヤオコーの方が鮮度が高い印象はあります。 安さはベルク これは圧倒的ですね。 価格の安さで言えば間違いなくベルクの方が安いです。 何が安いっていうのも難しいのですが、広告など抜きにして「あ~ヤオコーよりもベルクの方が安いな~」って実感することが多いです。 知人に聞いても同じことを言うので間違いないです。 さらに、毎 週水曜日と日曜日は「たまごの日」で『サイズいろいろバランス卵10個入り』が94円(税込102円)で買えます。 10個で102円てめちゃくちゃ安いですよね。 そのおかげで水曜日と日曜日は、いつにもましてベルクが混んでるので注意が必要です。 働くならベルク? これは筆者自身が働いているわけではないので何とも言えないのですが、ちょっと気になるデータがありました。 ヤオコー ベルク 55. 5h 残業時間(月間) 38. 5h 14. 5% 有給休暇消化率 24. 4% だそうです。 詳しくはを見てみてください。 これを見る限り、労働環境としてはベルクの方が良さそうですね。 というか、ヤオコーの月間残業時間55. 5hっていうのは結構な量ですね。 レジ打ちのパートだったら関係ないかもしれないですが、正社員になると結構辛そうです。 まとめ 以上、埼玉秩父のスーパー「ベルク」と「ヤオコー」を会社データ等から比較してみました。 ・生鮮食品はヤオコー ・安いのはベルク ・正社員として働くならベルク ちなみにパートの募集をざっと調べてみたら、どちらも時給900円~で一緒でした。 レジ打ち等のパートだったらどっちでも大丈夫そうですね。 ただベルクはセルフレジの導入を進めているみたいで、実際に秩父でも公園橋店ではすでに導入されています。 今後はレジ打ちのパートは募集が減るかもしれないですね!.

次の