福岡堅樹 引退。 福岡堅樹コロナ禍も前向きに、強まった医師への思い

ラグビー福岡堅樹が来春引退、医師の道へ?!その『潔さ。』が話題に!

福岡堅樹 引退

五輪延期を受けて以前から志す医師への道を優先し、医学部進学に備える。 現役引退は否定し、来年1月開幕予定の来季トップリーグ(TL)への出場意欲を見せた。 五輪出場断念の決断にも暗さは見られず、いつもの明るい口調で説明した。 「後悔しない人生を生きたい思いが強かった。 人生で大きな決断をするときは、必ずどの選択が一番後悔をしないだろうかと考えてきた。 今回の選択も自分の中で一番スッキリできるもの。 こういう運命だったのかな」 母方の祖父・崎村正弘さんが内科医、父・綱二郎さんは歯科医の医師一家に育ち、以前から医師を志望。 2020年度シーズン限りでの現役引退を公言していた。 新型コロナウイルス感染拡大に伴う五輪の1年延期は、思い描いた人生プランに狂いを生じさせた。 しかし、一度決めた引退のタイミングを変えることはしなかった。 W杯後、1月開幕のトップリーグに第2節まで出場。 左膝の負傷で7人制に合流したのは3月から。 ウイルスの影響は既に深刻化していた。 五輪延期がささやかれた段階で、7人制引退が頭の中に自然と浮かんできた。 3月24日、五輪延期が正式決定。 「すんなりと受け入れられた」と五輪断念の意思を固めた。 男子7人制ヘッドコーチの岩渕健輔氏(44)に思いを伝えると、「個人としての人生を応援する」と背中を押された。 2016年リオデジャネイロ五輪での4位に貢献したトライゲッターは、静かに桜のジャージーから手を離した。 来春以降の医学部入学を見据え、受験勉強に取り組み始めている。 入学時期などに関しては「どの受験をどこでするのか、確実に決まっていない」と多くを明かさなかった。 一方、この段階での現役引退は否定した。 来年1月開幕予定のトップリーグに参加する意欲を見せ、「やるからには必ず優勝したい」と力を込めた。 信念はぶれない。 新たな目標へ向け、福岡は迷いなく走り続ける。 本来であれば7人制の合宿に行っている時間を勉強にあてることで、よりスムーズにセカンドキャリアへの移行ができる。 一度決めた(代表引退の)タイミングを貫きたかった」 --医療従事者が新型コロナで大変な状況だ 「親族や周りにも多くの医療従事者の方がいるし、すごく感謝している。 自分もこういう状況の時、少しでも力になりたい。 (医師として)必要とされる存在でありたい」 --五輪への思いも強かった 「必ずメダルを取りたいと思って準備してきた。 多少悔いは残るが、自分が挑戦しなくても他に素晴らしいメンバーもいる。 彼らを応援したい」 --来年4月から医学生になった場合、トップリーグへの対応は 「まだ何も決まっていないので、はっきりと申し上げられない。 4月以降もパナソニックにいるかもしれないし、3月が引退のタイミングになるかもしれない。 全ての可能性がある」.

次の

福岡堅樹はどこの医学部を受験?学歴と大学/高校と医者を目指す理由を調べてみた

福岡堅樹 引退

どこかの大学に進学することが既に決まっているのか、それとも来年入試を受けるのかも気になります。 現時点の報道を見る限り、そのあたりの情報を明確に書いてある記事は見つけられませんでした。 推測ですが、筑波大学の医学部に進学される可能性が大きいのかなとも思います。 なぜなら、福岡堅樹選手はもともと筑波大学出身で、その後パナソニックに進まれたからです。 福岡堅樹はなぜそこまで医学部にこだわる? もともと、福岡堅樹選手は東京五輪後の2020年に引退し、医師を目指すと公言されていました。 27歳の医学部。 また、2014年にはこんなツイッターもありました。 もしかしたら、幼い頃からお医者さんになるということは決めておられたのかもしれません。 ラグビーがあったから、ラグビーを優先してここまで来られた気がします。 福岡堅樹選手は歯医者じゃなくて、医学部に行かれてお医者さんなるのかな?? まとめ ラグビー福岡堅樹選手が、東京オリンピック出場を断念されました。 そして、今後医学部に進学されます。 もともと筑波大学に通われていたので筑波大学の医学部に進学されるのかもしれませんが、詳細は非公表です。 実家は歯医者さんで、福岡堅樹選手は医者になることを以前から意識されていました。 これからは、新たな道を進まれるんですね。

次の

福岡堅樹の結婚相手は誰?ラグビー引退はいつ!医学部はどこの大学を受験?進学の真相に迫る!

福岡堅樹 引退

美女は福岡の腕をつかみ、がっちり〝スクラム〟を組んでいる。 彼女の名前は 小林麗菜(25)。 情報バラエティ番組『王様のブランチ』(TBS系)でリポーターを務める通称〝ブラン娘〟で、女優としても活動している。 「小林は、清楚な外見ながら天真爛漫なキャラで人気を博しています。 福岡との仲が深まったきっかけは、昨年11月に放映された『王様のブランチ』でのグルメロケ。 番組MCである『アンジャッシュ』の渡部建(47)がW杯開催都市特別サポーターを務めた縁もあり、ロケに福岡が出演したのです。 そこには小林も同行しており、二人はラグビーの話題で意気投合したようです」(テレビ局関係者) 二人が夕食デートの場に選んだのはロードサイドでよく見かけるチェーンのしゃぶしゃぶ店『ゆず庵』だ。 食べ放題2680円~の庶民派店である。 1時間半ほどの夕食を終えた二人の表情からは、この時間がW杯の歓喜にも似た至福のひとときだったことが窺える。 小林は福岡の肩にもたれかかり、身体を寄せ合った。 上目遣いで見つめてくる小林に対し、福岡もニッコリと微笑み返し、〝アイコンタクト〟。 本誌が小林の事務所に事実関係を問い合わせると、 「真剣にお付き合いしていると聞いております」との回答があった。 yahoo.

次の