プリズンブレイク ウィスラー。 人気キャラクターランキング!1位〜25位まで発表!

プリズンブレイク3(ネタバレあり注意!)

プリズンブレイク ウィスラー

パナマの無法刑務所SONAに収監されているジェームズ・ウィスラーと恋人関係で、彼を心配して度々刑務所を訪れます。 同じく刑務所に面会しに行っていたリンカーンとは徐々に親しくなり、 最終的にはリンカーンJr. と共に保護されることになるのです。 ソフィアの彼氏で長らくパナマの無法刑務所SONAで隠れていました。 当初はただの漁師と言っていたのですが、実は裏でグレッチェン・モーガンや組織と関わっていたのです。 スキュラ探しの手がかりとなるある重要な本を持っており、マイケルと共に刑務所を脱獄することになります。 そして、シーズン4でスキュラを奪いに来た組織の殺し屋に殺されてしまいます。 23位 リンカーン・バローズJr. (Lincoln Burrows Jr. リンカーン・バローズの一人息子で、父親が収監されて以来非行に走るようになり、逮捕されてしまいます。 そして、父親リンカーンをおびき寄せるために、ケラーマンや組織から度々追われる羽目になります。 シーズン3からはソフィアといることが多くなります。 だいぶ前に死んだと思われていたマイケルとリンカーンの母親で、彼女もマイケルと同じ天才でIQが高く、その代わりに遺伝性の脳の病気を抱えていたのです。 ずっと組織のもとへ働いていたのですが、その後は組織の最高機密であるスキュラを確保しようと実の息子とも戦うことになるのです。 最後はサラ・タンクレディによって銃で撃たれて死んでしまいます。 野球カードを盗んだことが原因で途中からフォックスリバー刑務所にやってきた囚人で、アボカドという大男と同じ房に入れられてしまいます。 それが嫌で刑務官のべリックに度々マイケルらの情報を流していました。 マイケルのおかげで彼も刑務所から脱獄することに成功するのですが、ユタ州でFBI捜査官のマホーンに捕まってしまい、その後嘘をついたとして彼に銃殺されてしまうのです。 パナマにある無法刑務所SONAを仕切っている人物で、当初は皆から恐れられていたのですが、次第にその権力を失うことになります。 そして、そのまま居ては殺されてしまうため一度は刑務所から脱獄するのですが、マイケルに騙されて失敗。 その後はティーバッグによって殺されてしまいます。 リンカーンの元恋人で弁護士をしている彼女は、リンカーンの無実を証明すべく外部で色々と調査をするのですが、そこでシークレットサービスらに度々命を狙われる羽目になります。 最終的には死んだとされるテレンス・ステッドマンの隠れ家を見つけるのですが、そこで閉じ込められてしまい不幸にも銃殺されてしまうのです。 自由と引き換えに組織のスキュラを奪う目的でマイケル達にチームを組ませた国土交通省の職員。 スキュラ探しには積極的に協力するのですが、彼らがスキュラを確保したことがわかると直ぐに裏切り、高値で他の者へ売ろうとするのです。 アメリカ合衆国副大統領で組織に裏で操られており、リンカーンの死刑を執行するべく自分のシークレットサービスに悪事を働かせます。 シーズン2では大統領が死んでしまい急遽大統領に就任するのですが、組織とマイケルの両方から脅され結局辞任することに決めるのです。 組織の人間でマイケルとリンカーンを捕らえるべくFBIの捜査官マホーンにあれこれ指示を出します。 組織のトップである将軍とも話せる立場にあり、自ら現地へ赴くこともあるのですが、汚れ仕事はあまりやろうとしません。 最終的にはマイケル達をボートに追い詰めるのですが、サラによって銃で殺されてしまいます。 組織のトップで、本部であれこれ部下に指示を出しています。 マイケルらに最高機密であるスキュラを奪われてしまうものの、ティーバッグらを味方につけてマイケルからスキュラを奪い返そうとします。 最後はティーバッグと同じ刑務所で服役しており、死刑のため電気椅子に座っていました。 フォックスリバー刑務所の所長で、妻へ模型をプレゼントするためにマイケルに特別に模型を作る時間を与えていました。 その結果、マイケルに裏切られて脱獄する時間を与えてしまったのです。 マイケル達が脱獄した後、ベリックと共に解雇されてしまいますが、マイケルらに助けてほしいと頼まれ一度だけ協力することになるのです。 昔500万ドルを持って飛行機から飛び降りたD. クーパー事件を起こした張本人。 刑務所ではもっとも長くいる受刑者で特別に猫を飼っています。 当初はマイケルからの脱獄の誘いを断っていたのですが、娘のことを想い急遽脱獄に参加することに。 作業小屋の穴がベリックに見つかった時には彼ともみ合いにとなり、お腹をガラスの破片で切ってしまいます。 脱獄まであと一歩のところでマイケルに大金の在り処を伝えて、診療所で死んでしまうのです。 フォックスリバー刑務所の精神科病棟の囚人。 一時期はマイケルと同じ房にやってきて、彼のタトゥーが脱獄の道だと突き止めるのですが、マイケルによって再び精神科病棟へと送られてしまうのです。 彼も一応マイケルらと脱獄することに成功するのですが、早々と皆に裏切られ一人置き去りにされてしまいます。 その後はあちこち転々とするのですが、FBIのマホーンに追い詰められ高台から自殺することになるのです。 フォックスリバー刑務所の刑務長で、所内ではかなり幅を利かせています。 入所早々からマイケルに目をつけており、所長に気に入られているマイケルのことがどうも気に食わない様子。 脱獄前に作業小屋の穴を見つけるものの、ウェストモアーランドに手足と口をテープで封じられてしまい、穴の下で動けずじまいになってしまいます。 脱獄後は彼らの捜索を頑張るのですが、元同僚に色々とチクられて刑務所をクビになってしまいます。 その後は大金を探すべく行動し、シーズン3ではパナマの刑務所SONAに収監。 シーズン4ではマイケルらと共にスキュラを探すのですが、その過程で自らの命を犠牲にして死んでしまいます。 なんとも憎めないこのベリックは、個人的なランキングではもっと上位なのですが、残念ながら10位以内に入ることができませんでした。 アブルッチマフィアのボスで、彼を告発した元従業員のフィバナッチを知っているマイケルと共に脱獄しようとします。 一度はティーバッグによって首を剃刀で切られて病院へと運ばれるのですが、彼は戻ってきて再び脱獄チームに参加。 脱獄後は自分の家族の元へ戻るのですが、結局嵌められてしまいFBIのマホーンらに追い詰められてしまいます。 ギリギリトップ10に入ったのはマフィアのボスです。 ティーバッグにやられて刑務所に戻ってきてからは「神が私を助けてくれた。 人生をやり直す」的なことを言っていたのですが、やっぱり根は変わらず悪でしたね。 組織の手先であるグレッチェンは、パナマの刑務所SONAに隠れており重要な本を持っているジェームズ・ウィスラーを脱獄させるよう、サラとLJを誘拐してリンカーンを脅します。 シーズン4ではスキュラを手に入れるべくティーバッグやドナルド・セルフと組むのですが、その過程で警察に捕まってしまい刑務所で服役する羽目に。 ファイナルブレイクでは、サラと同じ刑務所に入っており、最後彼女が脱獄できるように協力することになります。 家族想いのシーノートが8位にランクイン! 元々はアメリカ陸軍としてイラクに派遣されており、そこで上官に嵌められて服役する羽目になってしまいました。 刑務所内では調達屋としてマイケルに薬を渡したりしますが、彼が裏でこそこそ動いているのを見つけ、脱獄メンバーに加えてもらうことになるのです。 脱獄後は家族のもとへ戻るのですが、マホーンらFBIに捕まってしまいます。 しかし、取引をして自由の身にしてもらい、シーズン4の最後にはマイケルとポール・ケラーマンを繋ぐ役割をするのです。 FBIの敏腕捜査官で、脱獄したフォックスリバー8の捜索に全力を尽くします。 当初は組織らに雇われていたのですが、次第に精神不安定になりシーズン3ではパナマの刑務所SONAに入れられてしまいます。 結局マイケルと一緒に脱獄し、彼らとスキュラ探しに協力することに。 そして、ファイナルブレイクでもサラを脱獄させるためにマイケルらに協力して色々動いてくれるのです。 マホーンは日本では人気が高く、おそらく3位以内にランクインしていてもおかしくないのでは??本国アメリカではそこそこの人気のようです! 新作シーズン5に出演しないのはちょっと残念ですね…。 元々は副大統領のシークレットサービスとして、リンカーンを死刑にするために様々な悪事を働いてきました。 裏切られたと悟と急にマイケル達に協力し出すのです。 シーズン4では、マイケル達が持っているスキュラを国連に渡す代わりに彼らに自由を与えるのです。 そして、その後は議員になったようです。 マホーンよりも上位にランクインしたケラーマン! 彼もシーズン5にはマイケルの敵(?)として登場するそうですので、再び彼の姿が見れるのは楽しみですね。 フォックスリバー刑務所の女医で、定期的に診療室を訪れるマイケルと恋に落ちてしまいます。 そして、マイケルに脱獄に協力してくれと頼まれ、熟考した末協力することに。 その後は父上の所持品を持っていると思われ命を狙われる羽目になりますが、マイケルと再会してやり直そうとするのです。 シーズン3ではグレッチェンによって誘拐されてしまい、その後逃げ出します。 シーズン4ではマイケルらとスキュラを見つけるために奮闘し、最終的に自由の身になるのです。 しかし、マイケルの母親クリスティーナを殺した罪で急遽刑務所に収監。 マイケルらが脱獄作戦を実行してくれて共に脱獄するのですが、最後マイケルが自らの命を犠牲にして脱獄させてくれます。 フォックスリバー刑務所でマイケルと同房だったことから、脱獄計画に加わることになります。 マイケルの良き理解者で、常に彼を助けてくれる非常にいい奴。 ずっと恋人マリクルーズのことを溺愛しています。 彼も最終的に国連やポール・ケラーマンとマイケルを繋ぐために動き、自由の身になるのです。 彼の父親を探し出すために、組織や副大統領に嵌められてフォックスリバー刑務所の死刑囚として収監されています。 度重なる困難にも関わらず、弟のマイケルと共に脱獄することに成功。 その後は黒幕を暴こうと動き回ることになります。 シーズン3ではマイケル脱獄を外部から支援し、シーズン4ではスキュラを探し出し自由を手にすることに成功するのです。 フォックスリバー刑務所で服役している兄リンカーンを助け出すために、自ら刑務所に飛び込みます。 過去に建築設計に携わったことや自身の高いIQを駆使して、完璧なプランで無事脱獄することに成功するのです。 その後は計画通り大金を持って国境を越えるはずだったのですが、邪魔が入り結局はパナマの無法刑務所SONAへと入れられ、そこでも脱獄することに。 本物の自由を手にするために、組織の機密情報が詰まったスキュラ探しに奮闘することになるのです。 ファイナルブレイクでは妻のサラを脱獄させようとするのですが、最後扉が開かず自らの命を犠牲にして彼女を脱獄させるのです。 1位と2位で意見がわかれるところ。 惜しくも1位を逃してしまった天使のマイケルちゃん!彼をこう呼んでいる人物に1位の座を奪われてしまいました。。。 第1級殺人を何度も犯してフォックスリバーに収監されており、差別主義者で変態野郎。 最初からマイケルに嫌悪感を抱いているものの、なんとか脱獄メンバーに加えてもらうことに。 脱獄後もマイケルらを騙して大金を持ち去り、一度も捕まることなく逃げ回っていました。 シーズン3でパナマの刑務所SONAに収監されるものの、すぐにボスのルチェロの媚を売り生き延びます。 シーズン4では彼もスキュラを探しますが、最終的にマイケルらの賛成多数で刑務所へと送り戻されてしまうのです。 堂々の1位に輝いたのは、危険な目に遭いながらもしぶとく生き残っているティーバッグ! 主人公のマイケルを抑えての1位です! 彼もシーズン5には登場しますのでとても楽しみです。

次の

海外ドラマ「プリズンブレイク」ネタバレとあらすじ

プリズンブレイク ウィスラー

鳥類図鑑の謎 Tバックは社員に成りすましゲート社で働きながら鳥類図鑑の解読を行う。 スクレとベリックは、ウィスラーの鳥類図鑑を持っているTバックを探す。 ウィスラーは組織の人間であり、 スキュラに関する情報を鳥類図鑑に記載していた。 その暗号を解くため、後にTバックはマイケルに会う。 鳥類図鑑の解析により、スキュラへの「道」が判明する。 脱獄後のマイケル・リンカーン・マホーン SONA刑務所脱獄から3週間後、マイケルはロサンゼルスにいて、グレッチェンとウィスラーを発見。 サラが生きていることがわかる。 その後グレッチェンは組織に監禁される。 リンカーンとマホーンは逮捕され、マイケルとともに 国土安全保障捜査官ドナルド・セルフに組織打倒のために雇われる。 国土安全保障• ドナルド・セルフ 国土安全保障捜査官• トリシェン(ミリアム・ホルツ) セルフの部下でゲート社の受付嬢として潜入• ハーブ・スタントン セルフの上司 組織• ジョナサン・クランツ 将軍 組織の黒幕• ワイアット・マシューソン 組織の工作員• クリスティーナ・スコフィールド マイケルとリンカーンの母親 組織外• ブルース・ベネット サラの父の友人・サラの父親的存在• フェン・ファン スキュラの売買• ナヴィーン・ バナルジー スキュラの買い手インドの首相の息子 任務 スキュラを入手すること スキュラとは組織の機密情報が入ったカードであるらしい。 コンピューターハッカーのローランド・グレンが、近くに持って行くだけで情報をダウンロードできる装置を開発した。 その装置をスキュラの所有者の近くに持って行き、カードの情報をダウンロードすることが任務であった。 スキュラの情報をダウンロードすることに成功するが、スキュラカードは6分割されていることがわかった。 国土安全保障省は作戦を中止し、マイケル達を収監することとした。 マイケル、リンカーン、マホーン、サラは5枚のカードの行方を追う。 マイケルが6人の密会現場の録画に成功したことから、作戦は再開された。 スキュラカード2枚目 警察の式典 警察官に成りすまし、警察関連の式典の出席しダウンロードに成功。 スキュラカード3枚目 財務省 財務省内に侵入しダウンロードに成功。 スキュラカード4枚目 競馬場 競馬場でダウンロードに成功するが、マホーンが逮捕され、装置を没収される。 セルフが装置を回収し、マホーンは裁判中に脱走する。 スキュラカード5枚目 ラスベガス カード所有者が妻のために若い男を求めているとのことで、スクレが接触する。 ダウンロードに成功するが、ローランドがラスベガスの係員に捕まり、装置を没収される。 鳥類図鑑の解析 Tバックはマイケルとベリックを連れ去り、本の解析をさせると、ゲート社の部屋に道があることが判明した。 マホーンがマイケルとベリックを救出、マイケルはグレッチェンと手を組むこととなる。 マホーンはスキュラの設計士デイビッド・ベイカーのもとを訪ね、図面記号の紙を受け取る。 マホーンとワイアット 過去にマホーンの息子を殺したのは組織の工作員ワイアットだった。 ワイアットはサラの居場所を突き止めるためベネット(リンカーンの元恋人)に自白剤を注射し、殺害する。 サラの使用したクレジットカードにより、サラの居場所がわかった。 ワイアットはローランドに隠れ家を聞き出し、殺した後に、マイケル、マホーンらの隠れ家に行く。 マホーンはワイアットを拷問し、電話で妻に謝罪させ、海に沈めた。 スキュラカード6枚目 将軍 6枚目の所有者・将軍のところへ行くが、ワイアットが待ち構えていて失敗する。 マイケルは裏切者はローランドだと思っていた。 そこで、ローランドはワイアットに隠れ家を教える代わりに金を要求する。 しかし、ワイアットに殺されてしまう。 サラはワイアットと会話し、言葉を引き出す。 それをセルフが編集し、将軍への電話で「彼らは死んだ」とメッセージを流し、マイケルらは死んだことを偽装した。 その後、ワイアットはマホーンに殺される。 グレッチェンは将軍を誘惑しスキュラカードを奪おうとするが失敗する。 ゲート社の受付嬢トリシェンはセルフの部下であり、Tバッグを監視していた。 Tバッグとグレッチェがフェン・ファンにスキュラを売ろうとしていることをセルフは知る。 水路から侵入 ベリックの死 組織に侵入のために、水路を封鎖し穴を開けて侵入するが、途中ベリックが水を防ぐために自分の身を犠牲にする。 マホーンはベリックの棺に、ベリックが憧れていた警察官のバッチを入れる。 スキュラの保管庫に侵入 マイケル、リンカーン、マホーン、スクレは保管庫に侵入。 スキュラに触れると警報機がなった。 将軍は保管庫に部下を送り込む。 マイケルは保管庫へ来た将軍らを銃で脅しス6枚目のスキュラカードを手に入れた。 それは解読器ではなくスキュラの保管庫であった。 6枚のカードは保管庫のキーであり、マイケルらは本物のスキュラを手に入れる。 そして将軍の娘リサ・タバックを盾に保管庫から脱出する。 侵入口で待っていたTバックとグレッチェは、Tバックの偽名がバレ、ゲート社に立てこもる。 受付嬢トリシェインに扮していたミリアムはTバックを逮捕する。 セルフの裏切り スキュラと引き換えに保釈手続きを手にしたが、それは白紙だった。 セルフはミリアムを殺し、自分もマイケル等に殺されたことにした。 セルフはグレッチェンの姉と娘を人質に取り、グレッチェンに買い手を探させる。 そしてマイケルらの居場所を聞き出し、Tバックは居場所を国土安全保障省に通報、リンカーンが捕まる。 セルフの上司スタントンは保身のために、リンカーンとマイケルを殺そうとするが、将軍の手下にスタントンは殺され、リンカーンとマイケルはスクレに助けられる。 マホーンはFBIに真実を告げるため会った部下に逮捕されてしまうが、移送中に逃げ出す。 スキュラの一部が欠けている セルフはスキュラを売ろうとしたが、スキュラの一部が欠けていることに気付く。 マイケルが一部を抜き取っていた。 セルフとグレッチェンはスキュラのパーツを見つけ出し、スキュラを完成させる。 セルフはスキュラの仲介人に手数料を払うことを惜しみ、殺してしまう。 買い手はセルフとグレッチェンの殺害を企て、スキュラを持って逃げる。 脳腫瘍の手術とスキュラ 将軍はリンカーンに、 マイケルの脳腫瘍の手術と引き換えにスキュラの奪還を要求する。 マイケルの手術は成功し、マイケルはスキュラは組織の情報ではなく、太陽エネルギーを最大限に活用できる理論が収められていると気付く。 マイケルは 母親が組織の一員であり、リンカーンが組織のために働いていることを知る。 マイケルは組織に入ることを拒んだために、組織は薬による洗脳を試みていた。 マイケルはサラにより助け出される。 将軍の命令でリンカーン、グレッチェン、セルフ、Tバッグはスキュラを追いマイアミへ行く。 マホーンもマイアミで合流する。 グレッチェンは単独行動をして、重傷を負い、警察に捕まる。 マイケルとリンカーンの母 リンカーンは組織にスキュラを渡そうとするが、マイケルは組織に渡すべきではないと思っていた。 リンカーンはスキュラを買った人物と電話で話す。 その人は母親クリスティーナ・スコフィールドだった。 クリスティーナは将軍の暗殺を企て、組織のトップに立とうとしていた。 リンカーンがクリスティーナの回りを調べていることから、クリスティーナはリンカーンの殺害を命じる。 クリスティーナはスキュラをインドに売ろうとしていた。 Tバックはクリスティーナがスキュラを持っていることを将軍に伝えたことで、将軍もマイアミへ向かう。 クリスティーナがスキュラについて思惑 スキュラを素材として組織を成長させるよりも、手っ取り早くスキュラを売るべきだと、もし今後世界規模の戦争や飢饉が起きれば、どの国も防衛力を高めるために技術を買いたがる。 太陽光を使った最先端の兵器などを買いたがるので、スキュラを売るべきだとクリスティーナは考えていた。 また、組織に仕えていたヴィンセント博士はエコフィールド社のような幽霊会社で資金を吸い上げているだけならば、組織は長続きしないと思っていた。 インド首相の息子暗殺 マイケルはクリスティーナからリンカーンが実の兄でないことを知らされ、エネルギー会議の計画を知る。 リンカーンはクリスティーナの罠により、世界エネルギー会議に出席するインド首相の息子で、クリスティーナが取引を持ち掛けたバナルジーの暗殺犯の濡れ衣を着せられる。 クリスティーナはインド首相の息子の暗殺に中国が関わっていることにして、スキュラの価値を上げようと考える。 クリスティーナは中国にも取引を持ち掛ける。 マイケルの決断 マイケルはクリスティーナからスキュラを奪う。 クリスティーナはリンカーンを捕まえ、将軍はサラを捕まえ、スキュラとの交換条件にした。 マイケルはリンカーンかサラかの選択を迫られる。 マイケルはサラを、マホーンはリンカーンを救出する。 セルフはFBIに尋問された後、クリスティーナの部下に殺害される。 免責 スキュラを手にしたマイケル等は、スキュラを処分することを考えるが、ケラーマンから国連事務総長の主席顧問にスキュラを渡せば、免責を与えると持ち掛けられる。 マイケルはすぐに取引に応じず、重症のリンカーンのために医薬品を探しに行く。 そこでマホーンはFBIに捕まり、マイケル、リンカーン、サラは将軍に捕まる。 スクレとシーノートが助けに現れる。 スクレはFBIに捕まり、将軍とTバッグも逮捕される。 スキュラを奪いにきたクリスティーナはサラに射殺される。 マイケルはケラーマンと取引をする。 マイケル、リンカーン、サラ、スクレ、シーノート、マホーンは免責とされる。 結末 マホーンはパムと別れ、ラング(FBIの黒人の女性捜査官)と一緒になる。 4年後、リンカーン、サラ、マイケルの息子、スクレ、マホーンがマイケルの墓前に集まる。 将軍は死刑判決、Tバッグは刑務所で下っ端を連れていた。 プリズンブレイク シーズン1~4の人物相関図とあらすじ.

次の

人気キャラクターランキング!1位〜25位まで発表!

プリズンブレイク ウィスラー

ウィスラーは市長の息子を殺し、SONA刑務所に投獄されており、その首には懸賞が掛けられていました。 ウィスラーは身の危険を感じ、下水道に身を隠していました。 ペリックから下水道に誰かいるという情報を聞きつけたマイケルは、下水道へ向かいます。 【3話予告】 グレッチェン・ルイーズ・モーガン-偽名スーザン(ジョディ・リン・オキーフ)から1週間以内にウィスラーを脱獄させるように命じられたマイケルは、途方にくれます。 今まで生きて出た人間が居ないというSONA刑務所からの脱獄方法を、マイケルは考え付きません。 マイケルは、人質になっているサラ・タンクレディ(サラ・ウェイン・キャリーズ)達が生きていることを証明する為に、電話で会話をさせろとスーザンに要求を出します。 【4話予告】 リンカーンが騒ぎを起こした罰として、スーザンがホテルのガレージに置いて行った箱の中身には、サラと思われる女性の切断された頭が入っていました。 LJを助けたいリンカーンは、このことをマイケルに隠すことを決意します。 面会に訪れたリンカーンに対し、マイケルはある要求をします。 SONA刑務所内で死者が出ると、刑務所のフェンスの外に遺体を埋めますが、その作業を行う墓掘り人を買収してほしいという依頼でした。 一方、精神安定剤が切れたアレクサンダー・マホーン(ウィリアム・フィクナー)は、情緒不安定に陥ります。 【5話予告】 脱獄方法を考え付いたマイケルは、ネズミを使って警備の厳重度をチェックします。 その結果、夜の警備は厳重で、夜間の脱獄は無理だと判断します。 そして昼の3時に脱獄することを面会に来たリンカーンに伝えます。 脱獄を成功させる為に、刑務所から脱出した後、リンカーンに刑務所の外で待っているように依頼します。 リンカーンが刑務所の外を下見しますが、刑務所の半径2マイルは厳重に警備がされており、近づけません。 リンカーンは近くの海岸に出て、用意していたクーラーボックスを砂浜に埋めます。 【6話予告】 監視塔を盗み見ていたことがバレたマイケル達でしたが、アレクサンダー・マホーン(ウィリアム・フィクナー)が監視塔の狙撃兵が何時も決まったコーヒーを飲んでいることに気が付きます。 マイケルはリンカーンに頼み、このコーヒーショップを割り出してもらいます。 その頃、ウィスラーのことを知っている新入りの囚人が殺されます。 ウィスラーに殺しの容疑が掛けられますが、凶器となったナイフをマイケルは意外な場所から発見します。 【7話予告】 サラが殺されたリンカーンから聞いたマイケルは、ウィスラーに決闘を申し込みます。 しかし、これはマイケルの芝居でした。 決闘となると中庭に囚人達が集まり、刑務所房は人が居なくなります。 刑務所房の窓から脱獄を図る計画のマイケルは、人が居なくなった刑務所房から、梯子を使い脱獄を決行します。 その頃、FBIと取引をしたマホーンは諮問会に出席する予定でしたが、諮問会はなかなか始まりません。 薬が切れ始めて精神状態が危うくなり始めたマホーンは、これは罠だと疑い始めます。 【8話予告】 ウィスラーの脱獄が失敗したことを知ったカンパニーのドン・閣下がスーザンを訪問します。 強硬手段に出てウィスラーを脱獄させろと閣下はスーザンに命令します。 スーザンは手下に総動員を掛けて、脱獄チームを結成します。 一方でSONA刑務所では、ルチェロが秘密の地下通路にマイケル達を案内します。 そこは閉鎖された刑務所B塔をつなぐものでした。 この地下通路を使って脱獄を計画しろとルチェロはマイケルに命令します。 【9話予告】 脱獄事件に関与したと疑われ、マイケルはSONA刑務所の新所長サヴァーラに尋問を受けます。 温室の中に入れられたマイケルは、サヴァーラに全てを話す事を決意します。 マイケルはカンパニーにLJを人質にされ、ウィスラーを脱獄させろと脅迫されていることを告げます。 ウィスラーもサヴァーラに尋問を受け、遂に事実を話します。 カンパニーとは誰だと聞かれたウィスラーは抵抗するものの、最後にはグレッチェン(スーザン)の名前を伝えます。 グレッチェンは拘束され、SONA刑務所へ連行されてきます。 【10話予告】 SONA刑務所に戻ったマイケルは、ルチェロの地下道を使って脱獄するしかないと決意します。 しかしウィスラーから脱獄計画がセオドア・バッグウェル-通称ティーバッグ(ロバート・ネッパ—)にバレたため、仲間に入れたことを聞かされます。 刑務所内の力関係が変わり、部下サミーに脱獄計画がバレてしまうことをルチェロは危惧します。 ティーバッグは、ペリックに一緒に脱獄させる代わりにサミーに決闘を申し込んで殺せと言います。 そして、ペリックはその申し出を受けます。 【11話予告】 サミー達を始末したマイケル達は、警備が厳しい夜間を避けて昼間に脱獄をすることをリンカーンに告げます。 そしてリンカーンに刑務所へ通じる電線を破壊し、一時的に停電を引き起こさせることを依頼します。 順調に地上へ向けて穴を掘っていたマイケル達でしたが、脱獄前日に大雨が降りだします。 この雨で地盤がぬかるんで、掘っていた穴が地上から崩落してくる危険性が出てきました。 明日まで穴は持たないと考えたマイケルは、危険な夜間の脱獄を決意します。 【12話予告】 リンカーンがバスを電柱に突撃させ、SONA刑務所は停電します。 その隙をついて、ルチェロ、ティーバッグ、ブラッド・ペリック(ウェイド・ウィリアムズ)の3人が穴から出てきます。 しかし4人目のマイケルは穴から出ようとしません。 30秒が経ち、自家発電が作動され、電気が復旧します。 外へ出た3人は、フェンスまでたどり着けません。 その様子を見ていたマイケルは、計画通りと他の人間へ言います。 【13話最終回予告】 逃げ出したウィスラーを何とか捕まえたマイケルは、スーザンに人質の交換を再度行うように電話をします。 美術館を人質の交換場所に指定したマイケルに対し、スーザンはそれを忌々しく感じます。 美術館の入口には金属探知機があり、人質にしていた手錠を外さなければならず、銃を持ったカンパニーの手下も入れません。 その頃、マイケル達が脱獄したSONA刑務所では、ペリックとティーバッグが尋問にあっていました。 ティーバッグは警察塔へ連れて行かれ、そこでスクレを見つけます。 リンカーンを刑執行の前に刑務所から脱獄させるために、弟マイケル・スコフィールド(ウェントワース・ミラー)は、自らの体に刑務所の設計図を彫り、わざと銀行強盗行い逮捕され、リンカーンと同じ刑務所へ入所します。 刑務所を8人の囚人と脱走することに成功したマイケルとリンカーンでしたが、FBIが捜査に加わり、辣腕捜査官アレクサンダー・マホーン(ウィリアム・フィクナー)が2人を追い詰めます。 更に2人を始末すべくカンパニーという秘密組織が動き出します。 シーズン3ではマイケルばかりでなく、セオドア・バッグウェル-通称ティーバッグ(ロバート・ネッパ—)やブラッド・ペリック(ウェイド・ウィリアムズ)、マホーンまでがパナマの刑務所に投獄されたところから、ストーリーが始まります。 この刑務所はSONA刑務所と呼ばれ、凶悪犯ばかりが収容され、生きては出られないという場所でした。 同じ頃、自由の身となったリンカーンのもとにグレッチェン・ルイーズ・モーガン? 偽名スーザン (ジョディ・リン・オキーフ)が現れます。 スーザンは、リンカーンの息子LJとマイケルの恋人サラ・タンクレディ(サラ・ウェイン・キャリーズ)を誘拐したことをリンカーンに告げます。 そして、SONA刑務所に投獄されているマイケルに、刑務所内にいるジェームズ・ウィスラー(ジェイソン・デイビス)というオーストラリア人を連れて脱獄するように伝えろと、リンカーンへ迫ります。 実はマイケルがこの刑務所に投獄されたのは、ウィスラーを救出させるためでした。 市長の息子を殺した罪で投獄されていたウィスラーの首には、懸賞が掛けられていました。 ウィスラーは囚人達に狙われた為、下水道に隠れていました。 マイケルは何とかウィスラーを見つけ出し、刑務所のボス・ノーマン・セント・ジョン? 通称ルチェロ(ロバート・ウィスダム)に誰にもウィスラーを襲わせないことを約束させます。 しかし、今まで生きて出たものは居ないと言われるSONA刑務所からの脱獄方法を見つけることが出来ません。 カンパニーの手下であるスーザンからは、1週間以内にウィスラーを脱獄させるように命じられたマイケルはある方法を考え出します。

次の