スライム 作り ホウ 砂 なし。 簡単なスライムの作り方|材料・分量・手順とホウ砂なしで作る方法も!

スライムの作り方!安全・簡単に子供でも!ホウ砂なし!

スライム 作り ホウ 砂 なし

Contents• スライムに入っているホウ砂(ほうしゃ)って? スライムは自宅でも簡単に作る事ができます。 しかし、スライムを作る時に注意しなければいけないのが「ホウ砂」という物質です。 スライムの作り方にはホウ砂という物質を使う場合と使わない場合があり、 ホウ砂を使う方が一般的です。 ですがホウ砂には毒性があります。 そこでここではまず、ホウ砂について少し説明しましょう。 ホウ砂とは「ほうしゃ」と呼びます。 鉱物の一種で、四ホウ酸ナトリウムです。 「え?何それ?」と思うかもしれませんが、 ホウ砂は医薬品扱いで目薬などに使用されます。 ドラッグストアで400円くらいで売られているので、 誰でも簡単に手に入れる事ができます。 なぜスライムに目薬が必要なのかと言えば、 ホウ砂はある特定の物をゲル化させる力があるので、ゲルそのものである スライムを作るのには安くて手に入りやすい、最適な物質だからです。 ですが、どんなに安価だと言っても毒性があると言われると怖いですよね。 ではホウ砂どんな毒性があるのでしょうか。 ホウ砂の毒性には、以下のようなものがあります。 ・ 目に入ると腫れる事がある。 ・ 傷口からホウ砂が入ると、急性中毒を起こす可能性がある。 ・ 食べると下痢や嘔吐、皮膚の炎症や脱毛などを引き起こす。 ・ 長時間触ると具合が悪くなる事がある。 「えー!それってかなり危なくない? 子供どころか大人が触っても危ないんじゃないの?」と思うかもしれませんね。 でも、よく見てください。 これらの毒性を防ぐには 「目に入れない」 「傷のある手で触らない」 「食べない」 「具合が悪くなったら遊ぶのをやめる」とスライム以外でも何かで遊ぶ時に 最低限注意しなければいけないような事ばかりですよね。 特に「目に入れるな」「食べるな」という注意書きは、 他の「安全」と呼ばれているおもちゃでもよく書いてあります。 ですからホウ砂に毒性があるとはいえ、 きちんと約束が守れ、自分の体調が把握できる大人が遊ぶ分には ホウ砂入りのスライムは全く怖くありません。 ただ、子供の場合は別ですよね。 子供はそのスライムのおいしそうな見た目から 誤って(むしろ面白がって)口に入れる事がありますし、 よく転ぶので手をケガをしている場合もあります。 「ダメ」と言っても、遊んでいる途中に目が痒くなれば、 スライムでドロドロに汚れた手のままで目を掻く事もあります。 また、具合が悪くなってもその時楽しければ子供は無理にでも遊び続ける事があります。 ですからホウ砂入りのスライムで遊ぶには、ある程度の自制ができる年齢が必要です。 さらにホウ砂の場合、大人と違い体の弱い子供だと 5g~10gが体内に入っただけでショック症状を引き起こし、最悪命を落とす事もあります。 スライムは楽しいとはいえ、小さい子供にホウ砂入りのスライムで遊ばせるのは やめておいた方がいいと言えるでしょう。 でも、スライム自体は面白いですしぜひ子供に遊んでほしいですよね。 そこでここでは、ホウ砂なしの安全で簡単なスライムの作り方を紹介します。 自宅で作ればスライムに入れる材料も全て親が把握する事ができるので、 買うよりもより安心できると思いますよ。 ホウ砂なしのスライムの作り方はいくつかあるのですが、 ここではまず「片栗粉」を使う作り方を紹介します。 片栗粉に水を混ぜると固まる、というのは料理をする方なら知っている方も多いですよね。 あんかけなど液体を少しドロっとした固体にしたい時によく使われます。 そんな「水を加えると固まる」という片栗粉の性質を利用したスライムです。 材料はこちらです。 ・ 片栗粉 ・ 水 ・ 食紅(色をつける場合) 作り方はこちらです。 1. 片栗粉をボウルに入れる。 2. 片栗粉の入ったボウルに少しずつ水を入れる。 (片栗粉と水の割合は2:1) 3. 混ぜる。 4. 固まってきたら完成(色をつけたい場合は食紅を入れる)。 これだけでスライムが完成です。 色をつけない場合は、白いスライムが出来上がります。 色をつけるだけなら絵具でもいいのですが、 小さい子が誤って食べてしまう事を考えると食べても大丈夫な 食紅を使った方がいいですね。 材料を見ても分かる通り、全て安全なものでできているので 万が一口に入れても安心ですし、ホウ砂入りのスライムと違って 長時間触ったからと言って具合が悪くなるという事もありません。 ですから小さい子供でも安心して遊ばせる事ができますよ。 ただ水を入れすぎるとドロドロし過ぎてしまうので、調整が大事です。 その辺は大人がしっかり見てあげましょう。 動画では実際に親と小さい子供が一緒に片栗粉スライムを作っていますので、 ぜひ自宅で作る時に参考にしてみてくださいね。

次の

スライムパレット100均ダイソーセリアのケースや材料でかわいいぷにデコ風

スライム 作り ホウ 砂 なし

失敗しないアリエールを使ったスライム6種 ハレタ!を使ってスライムを作り、 「失敗するかも・・。 」 と、いう不安に襲われたので、 失敗なく子供が楽しめる アリエールをベースに6種類の スライムを作りました。 光るスライムの作り方! 光るスライムは、本当に子供が 大喜びなので、是非つくってみて ほしいです! 簡単なのに驚きがすごいですよー。 ただ、 真っ暗なところにおいておくと、 全然光らなくなります。 (蓄光パウダーの性質上) 室内の電気の明るさでも、十分蓄光 してくれるので、光らなくなったら また光にあてておきましょう。 ラメ入りキラキラスライムの作り方! ラメ入りスライムも、子供うけ抜群 のスライムです! 子供は、キラキラアイテムが 大好きなことが多いので、喜んで くれますよ。 手にラメがついてしまったとき、 すぐ対応できるように、• ウェットティッシュ• コロコロクリーナー を、事前に用意しておくのも、この スライム作りでのポイント! 万が一、子供がラメをこぼして しまったときにすぐ処理できるので、 イライラしません。 キラキラスライムは、伸ばしたときに 光に当たると本当にキレイ!! 2種類のビーズ入りスライムの作り方! ビーズ入りスライムは、作る段階から、 かなり楽しめるスライム! ビーズが、だんだん上手に練りこめる ようになってくると、夢中で伸ばし 続けてしまいます(笑) スライムの量に合わせて、ビーズの量を 調整していくのが、失敗せずに上手に 練りこむことが出来るコツ! 使うビーズによって、出来上がりの 印象が全くちがってくるのも楽しい ですよ。 カラフルスライムの作り方 カラフルスライムは、自分の好きな 色を使って作るスライム! ホウ砂なしで簡単に、5分で 出来ちゃうんですよ。 紙粘土スライムの作り方! カラフルスライムと紙粘土で作る スライムです。 失敗・混ざらないときの対処方法も ご紹介しています。 ナタデココスライムの作り方 カラフルスライムを2種類使って、 ナタデココスライムを作ります。 こちらは、少し日数がかかりますが、 できあがったときは感動します(笑) スライムを固めたい!ときや髪の毛にくっついた!ときは? スライム作りには、失敗もつきもの! 手に本当にドロドロにくっついて 固まらなくて困ったり、 ときには子どもが、思いがけない方法の 遊びをして、髪の毛にまでベッタベタに くっついてしまうことも!! そんなトラブルの対処方法も、ご紹介 しています。 スライムが固まらない!そんなときの固め方 スライム作りをしていて、ときどき 失敗するときがあります。 そんなときは、こちらの記事を 参考にしてみてください。 すぐ固まります。 スライムが髪の毛にくっついた!取り方を2つ紹介 スライムで遊んでいると、 なぜか髪の毛にくっついてしまう ことも。 そんなとき、髪の毛にくっついた スライムの取り方を、2つの方法で まとめています。 髪の毛を切らずに済みますよ。

次の

スライムの作り方、ホウ砂無し材料2つで簡単に出来て子供が喜ぶ

スライム 作り ホウ 砂 なし

By: スライムは元々の言葉の意味としては、 どろどろやぬるぬるした性状を持ったものを 大雑把に指し示すものになります。 また、 同様にスライムはおもちゃとしての意味を持ちますが、 おもちゃとしてのスライムも、 元々は上で紹介した言葉の意味からついた名前となっています。 登場したばかりの頃は、 ポリバケツのような容器に緑色の物質が納められており、 適度に心地よい粘性と冷たさがあるおもちゃでした。 今までにはないおもちゃであったこともあり、 瞬く間にヒット商品となり、 今では類似の商品などもたくさん見かけることが出来ます。 また、 家庭でも手軽に作ることが出来ることから、 自分で好きな色のスライムを作って遊ぶ 楽しみ方も出来るおもちゃとなっています。  スライムの作り方とは? スライムは家庭でも作ることが出来ますが、 その方法をご紹介いたします。 必要なものは下記のものです。 ホウ砂• 洗濯のり• フィルムケース• 紙コップ• 割り箸 紙コップに水を入れ、 ホウ砂が溶けなくなるまで溶かし、 フィルムケース8分目まで入れます。 別のフィルムケースに洗濯のり、 色のついた水をそれぞれ8分目まで入れます。 紙コップで、 それぞれのフィルムケースに入れた液体を混ぜ合わせます。 この際、 ホウ砂を入れた液体は 最後に少しずつ入れるのがコツです。 後はよくかき混ぜると スライムの完成です。  ホウ砂なしの作り方 By: スライムの作り方では、 ホウ砂を使う方法が一般ですが、 ホウ砂は 毒性を持っているために、 避けたい人もいるかと思います。 このホウ砂を使わない方法として、 木工用ボンド、デンプン、塩を混ぜて作る方法 もあります。 ボンドとデンプンを混ぜて、 最後に塩を加えます。 この方法でもスライムを作ることが出来ますが、 デンプンが入っているために、 カビが生えることもありますので注意が必要です。  作り方の動画紹介 スライムの作り方は ネットで紹介されていますが、 その中でオススメの動画を紹介致します。 【実験レシピ スライムをつくってみよう!】 ホウ砂を使った作り方になりますが、 手軽に作ることが出来ます。 また、 ビーカーが必要となっていますが、 量を計量出来るものであれば、 ビーカーでなくても構いません。 後は道具が揃ってしまえば、 混ぜるだけですので、 とっても簡単な方法になります。 参考にしてみて下さい。

次の