日テレ 野球。 日テレ(蛯原哲アナ)の野球の実況がうざい・うるさい!アンチ巨人、下手!

日テレ、巨人戦中継で“無観客”楽しむ取り組み 亀梨和也が豪華ゲストとリモート副音声

日テレ 野球

巨人の「生中継」が帰ってくる。 27日と28日に東京ドームで行われる1軍練習を、CS放送「日テレジータス」が午後2時から同3時半まで生中継すると発表した。 個人調整に入った3月26日以降、「生の動き」がテレビで放送されるのは初めてだ。 6月19日の開幕が決まり、メディアを含めたプロ野球界全体が動きだす。 原監督も「いよいよ開幕が決まり、目標が定まりました。 チームとして動く喜びを感じながら、しっかりと調整していきます」と話しており、27日から2日間、練習風景をアナウンサーの実況付きで視聴することができる。 練習の生中継は春季キャンプでは恒例で、ファンからの人気も高い。 フリー打撃の快音に、ブルペンの熱気が懐かしい。 チームは6月2日から始まる練習試合に先駆け、31日にダブルヘッダーで紅白戦を予定。 1軍の実戦は3月25日の中日との練習試合以来約2カ月ぶりで、生中継される2日間の練習日は、選手にとって大事な調整の場だ。 開幕戦は本拠・東京ドームでの阪神戦が有力で、日テレは地上波での中継を検討中。 その前に坂本が、菅野が、岡本が、練習で汗を流す姿を久しぶりに見ることができる。

次の

日テレで巨人戦を開幕戦から5試合連続地上波放送 副音声には亀梨和也が登場

日テレ 野球

概要 [ ] 日本テレビにおけるプロ野球中継は、開局翌日()にで行われた巨人対大阪タイガース(のちの阪神)のナイターを『 スイートナイター』のタイトルで放送したのが始まりである。 以来、基本的に巨人の主催試合 のみで、その約9割を同局の制作により独占的に中継している。 なお、後に日本テレビは巨人主管試合において、系列スポーツ紙()とともに「主催」にクレジットされている。 この他、ビジターゲームでも、、との対戦カードの中から年間10試合前後を放送する。 また、まれにの主催試合を放送することもある。 2002年度からは、地上波全国放送に限り、を実施している(2005年度からはほぼ全試合に拡大)。 また、の一部の中継を除き制作を行っており、とでは5. 1ch放送、およびを実施している(一部地方球場開催分と、地方局のローカル中継を除く)。 2007年から、地上波全国放送は「リーグ(開幕戦が前年度Bクラスによりビジターで開幕するときは、東京ドームで行われる主管試合の開幕カード)」や週末に開催するデーゲームなど注目のカード20試合前後 に絞っており、多くの試合はBS・CS、放送の「ジャイアンツライブストリーム」に重きを置いているが、からは地上波でデーゲーム中継があっても、全国ネットとはしないで、関東ローカル とする試合もある。 2010年度からは日テレジータスのハイビジョン放送開始に伴いが16:9の「ワイドサイズ」に統一され、や日テレジータスの放送では全試合化された。 ハイビジョン放送自体はシーズンから行われていた。 なお、内に本拠地の球場を持つ球団がある系列局では、巨人のホームゲームに代えて、地元球団のホームゲームの中継に差し替えたり二元中継にしたりすることが多い(「」も参照のこと)。 日本テレビ系列では、日本テレビの許可がなければネットワークセールス枠の通常番組を差し替えることができないため、系列局のローカル中継は原則として巨人戦全国ネットの差し替え中継かデーゲーム中継のみとなる。 ただし、2015年より金曜19時台の『』がローカルセールスに移行したため、金曜の通常番組を差し替えるケースが増えている(主にとに多い)。 差し替え中継が早く終了した場合は途中飛び乗りで巨人戦全国ネットの中継を放送(但し、リアルタイム字幕放送や副音声放送は非対応の場合がある)。 毎年8月中旬から下旬頃に行われる巨人のホームゲームでは、が日本テレビの開局記念日であることを祝して「開局記念ナイター」というサブタイトルを冠して開催している(同日か、その直前のホームゲームがそれに充てられる。 は行われなかった)。 なお、までは『』の放送日と重なった場合は『24時間テレビナイター』として行われ、実況アナウンサーや解説者は『24時間テレビ』のオリジナルTシャツを着用して中継に臨んでいた(日曜の場合は『24時間テレビ』が早く終了する。 同番組の当該項目も参照のこと)。 BS日テレや日テレジータスでも放送されないが、2007年度 は対戦がBS日テレで放送された。 ただし、の速報を伝えるために20時に一旦中継を中断するのみに留まることもある。 なお、CS放送では、日テレジータスの巨人主管試合中継とは別に、公式戦より、にて主管試合をから移管する形で全試合放送し、日テレ系CSでは2つのチャンネルでプロ野球中継が行われることになった。 からまでは主管試合の放送をしていた。 2018年シーズンからはにより主催全試合を中継することになった。 放送時間 [ ] 2020年現在。 なお、以下は全てである。 時間帯 放送局 放送時間 中継の延長 備考 ナイター () 19:00 - 20:54 原則なし(開幕戦・・を除く) 日本テレビ以外の局では終了後の18:15から中継を開始する局がある。 18:30の試合開始日は放送時間が30分、19:00の試合開始日は放送時間が1時間、それぞれ繰り下がる。 2014年度からは、20:53を過ぎて試合が続いている場合、最大23:00まで編成で142chで中継する(「」の無い土曜・日曜については従来通りで141chのハイビジョン放送のままで延長する)。 2018年は同条件で、ロッテ主催も放送する日があった ロッテ球団製作 日テレNEWS24と同内容 18:00 - 19:00 無し トップ中継。 該当試合が地上波全国ネットの場合。 20:52 - 21:00 最大128分 リレー中継。 該当試合が地上波全国ネットの場合。 17:30 - 22:00 (再放送)23:00 - 翌3:00 または 翌1:30 - 5:30 (週末の「Moto GP」放送時など) 試合終了まで 後者は放送。 また地方の屋外球場での巨人主管試合が雨天中止となった場合は後述にある過去の巨人戦名勝負を取り上げた番組を編成する。 18:30の試合開始時は30分、19:00の試合開始日は1時間、それぞれ生放送・リピート放送共、放送時間が繰り下がる。 なお、2012年と2013年の『日本シリーズ』(東京ドーム)は、リピート放送を行わなかった。 ロッテ主催試合開催日の18:00 - 22:15 2018年より 編成の都合上生放送できない試合日がある。 その場合、翌日未明1時30分から5時30分を基本として録画中継する。 生放送はスカチャンで迂回放送する デーゲーム 地上波 (日本テレビ系列局) 14:55 - 16:50 (月曜 - 金曜) 15:00 - 17:00 (土曜日) 14:15 - 15:55 15:15 - 16:55 (日曜日) 原則としてなし 局によっては試合開始時間に合わせて15:00前から中継開始。 日曜日にシーズン開幕3日目の全国ネット中継や関東ローカルまたは一部地域ネットで放送される試合に限り最大30分の延長オプションを設定する場合がある。 月曜 - 金曜に『news every. 』の17時台のネットを行っている局に限り継続放送を行うことがある。 平日の全国ネット中継は2014年以降、原則としてクライマックスシリーズのみとなっている。 BS日テレ 13:00 - 15:54 14:00 - 16:54 最大126分 2020年度から 2020年度からは15:53または16:53を過ぎて試合が続いている場合、最大18:00(13時開始)または19:00(14時開始)までマルチチャンネル編成で142chで中継する。 日テレジータス 12:30 - 17:00 13:30 - 18:00 19:00 - 23:00 試合終了まで 後者は撮って出し放送 日テレNEWS24 ロッテ主催試合開催日の試合開始15分前より4時間15分枠で放送 2018年より 編成の都合上生放送できない試合日がある。 その場合、翌日未明1時30分から5時30分を基本として録画中継する。 生放送はスカチャンで迂回放送する 備考• 共通 地上波・BS日テレ・日テレジータスで流される映像や音声は基本的に同じであるが、それぞれ別系統で出力されているため、いずれかのみで独自映像や音声を放送することが可能となっている。 例として、地上波やBS日テレでは途中で放送終了する時間を迎えてその旨を告知していても、試合終了まで放送を継続する日テレジータスでは実況による告知やの表示はない。 このときは球場内の映像や音声のみが流れ、その時間が長い場合は「ただいま、球場音声のみでお送りしています。 」といったテロップが表示されることもある。 ただし、系列局が制作しているビジターゲームについては例外である。 そのほか地上波放送では画面左上にヘッダが表示されたり、地上波・BS日テレでは次回の中継予定の告知テロップが表示されている。 巨人主管試合の映像は・にも提供されている。 東京ドームコンコースに設置されているモニターにも使用されている(スコアカウンターは表示されていないが、画面転換時に番組ロゴが表示されている。 また、一部モニターの上部には日テレジータスの広告が設置されている)。 試合が早く終了した場合は、特設スタジオに試合を終えたばかりの選手1人又は2人を迎えて、進行アナや実況席にいる解説者などとトークを展開する。 それでも時間が余った時は、地上波・BS日テレでは過去の名場面やホームランセレクションなどを定刻まで放送し、日テレジータスではここから「GIANTS in 東京ドーム」を放送する。 1989 - 1992年度は、土曜に限り通常よりも30分早い18時30分から中継していた(一部地域を除く)。 これは、当時の当該番組枠がローカルセールスの『』であったためである。 なお放送は通常の『三井不動産アニメワールド』終了時刻である18:58で一旦中継を中断し、を挟んで、19:00から再開していた。 長年にわたり、21時24分まで5分単位で延長のオプションを設けて放送していた(2002年度 - 2004年度の3年間については、2002年度より主催試合のうち、土曜日ナイターの一部放映権を委譲した、原則試合終了までの中継を行うに歩調を合わせるため 、2002年度は平日のみ、2003年度は全曜日とも、2004年度は土日のみさらに21時54分まで対応していた )。 までは月曜と金曜のナイトゲームが番組編成の都合で生中継できなかったため 、その場合は『ナイター』としてされた。 地上波全国中継(巨人戦ホーム・ビジターを問わず)がある場合、などのように画面右上(試合により左上)に、その試合の見所や趣旨を簡単にまとめた2行の字幕が入る(一例 2011年阪神対巨人 「 大混戦セ・リーグ(改行)負けられないTG」など)。 ホームゲームの場合は前述のように映像を別に送出できるため地上波のみ表示されるが、ビジターでは対応していないため、日テレジータスでも表示される。 2015年度以降は、巨人主管試合で、地上波放送がない(BS日テレ・日テレジータスだけ)か、一部地域ネットである場合でも同様のアイキャッチを出すことが増えている。 また地上波と衛星波で異なるアイキャッチを出すこともある。 、で巨人戦を放送する場合は、地上波・BS日テレでの放送を行わない(例外はポストシーズン中継)。 かつてで野球中継を行なっていた時代は、地上波日本テレビとBShiの並行放送もあった。 通常、日本テレビでは巨人主催ゲームの系列局への裏送りを衛星波向け中継の同時放送を除いて行わない。 2016年4月14日以降のにより日本テレビと一部局ではをローカルセールス枠扱いで放送したため、日本テレビとの2局ネットで放送予定だった4月16日の「巨人 vs 広島」デーゲームは、地上波出演者による中継を広島テレビに裏送りで放送した(当初予定されていたリアルタイム字幕放送と連動データ放送は実施せず。 試合速報は広島テレビの通常データ放送で別途実施した)。 BS日テレ 2008年度までは地上波中継がないときに限り放送していたが、2009年度からは地上波放送の有無にかかわらず放送される。 日テレジータスと同様にほとんどのホームゲームを放送しているが、日によっては(BS1か総合テレビの場合あり)で放送されることがあり、この日は放送されない。 阪神(読売テレビ制作)・広島(広島テレビ制作)対巨人戦は2016年までは放送はなかったが(前者はNHK BS1で放送。 後者は日本テレビ・広島テレビが対巨人戦の週末デーゲームの放送権を獲得できなかった年に広島県ローカル・日テレジータスと同時ネットで放送された実例あり)、2017年以降はBS日テレでも放送する。 なお、開幕戦となった4月12日は地上波で試合開始から試合終了まで放送したため、BS日テレでは放送されなかった。 土曜・日曜・祝日のデーゲームで開催する場合は、BS日テレ・地上波の並列放送となる一部試合もある。 2012年11月3日の巨人が日本一を決めた「コナミ 日本シリーズ第6戦」は、BSでは生放送を実施しなかったが、同日22時から23時54分まで ダイジェストを放送した。 2014年度からの平日ナイター、2020年からの週末祝日デーゲームで、延長時はとなり、前者は20:53以降、後者は15:53以降(13時開始)、16:53以降(14時開始)は142ch(SD画質)での放送となる。 日テレジータス 巨人主催全試合を完全生中継しており、2009年からは同日録画も行っている。 延長時間の単位は、地上波やBS日テレと異なり30分単位となっている。 ただし、中継自体の延長は5分単位であり、終了時刻によってはコーナーとして「 GIANTS in 東京ドーム 」が数回分放送される(1回につき10分。 かつては、その日の試合をダイジェストにまとめ上げたVTRを流していた)。 なお、2011年以降は試合の終了時間によっては、「 GIANTS in 東京ドーム」を流す前に中継テーマソングをフルコーラスで流し、曲の尺に合わせて編集したその日のハイライト、他球場の結果を表示する。 2015年以降は、東京ドーム巨人主催試合日のみ、試合の終了時間によっては、「先出し! ポストゲームショー」を放送。 また、中継が定時丁度で終了 する場合は、エンディングの最後で画面右下に番組の終了を表す巨人のチームロゴと「END」の文字が表示される。 日テレNEWS24 他のスポーツ中継や報道特番等の都合上、生放送できない一部開催日の試合は、生中継をに迂回し(日テレNEWS24が視聴可能な契約で視聴可能)、日テレNEWS24では翌日未明に録画放送する。 系列局の放送 [ ] 制作局・球団名 放送対象地域 放送局 担当球団 担当曜日 (NTV) (日テレNEWS24のみ。 BS日テレでも2018年のみ同時放送) 全曜日 (STV) 全曜日 (MMT) 全曜日 (CTV) (ビジターゲームのみ) 日本テレビ系列での中継日 (ytv) 月曜日・火曜日・木曜日・金曜日・土曜日(火曜日は一時期放映権を手放していたが、2010年度から再開 )水曜日・日曜日はビジターゲームのみ (HTV) 全曜日 (土曜日・日曜日のみデーゲーム) (FBS) 全曜日 地上波 [ ] 下記におけるはBS日テレ・日テレジータスと同内容を放送している。 日本テレビ以外の局が通常番組編成の日にローカル中継を行った場合、ネットスポンサーは原則として野球中継に組み込まれる(事前に番組スポンサー・広告代理店との調整や、日本テレビの許可を受ける必要がある)。 日本テレビ [ ]• 東京ドームの巨人主催試合を平日ナイターは全国ネット、週末・祝日デーゲームはDeNA・ヤクルト戦、交流戦の西武・ロッテ・オリックス戦を関東ローカル、中日戦を中京テレビ、阪神戦を読売テレビ、広島戦を広島テレビ、交流戦の日本ハム戦を札幌テレビ、楽天戦をミヤギテレビ、ソフトバンク戦を福岡放送との2局ネットまたは一部地域ネットで放送する。 対巨人戦ビジターゲームでは読売テレビ制作の阪神戦を全国ネット(年度によっては平日ナイターまたは土曜・祝日デーゲームの何れか)、広島テレビ制作の広島戦を日本テレビ他一部地域ネットで各々放送(何れも年度によっては放送がない場合がある)。 までは、巨人戦のほぼ全てが地上波全国ネットで生中継していたが、・は優勝の可能性が消滅した後のの生中継をBS日テレ・日テレジータスに移行し、地上波全国ネットでは2005年の30分に編集した深夜の録画中継に変更した。 その後はゴールデンタイムのレギュラー番組および他競技の中継を優先する編成方針から、・には一部試合が、以後は、ほぼ全ての試合がBS日テレ・日テレジータスに移行し、地上波全国ネットでの平日ナイターの中継は開幕戦など注目度の高い試合を中心とした年5試合前後に、週末・祝日デーゲームの中継は関東ローカルまたは一部地域ネットを中心とした年14試合前後に留まっている(ただし、デーゲームでも、ゴルフといった他競技の中継を優先する等、日本テレビの編成の都合で放送されない試合が数試合ある)。 読売テレビ [ ]• 2006年以降は巨人戦ナイターを阪神戦(ホーム・ビジター問わず)に差し替えたり、日本テレビ系列で通常番組が編成する日に関西ローカルで放送したりする場合は、平日は夕方のローカル報道番組『』内で数分間中継を挿入している。 2017年までは巨人戦の差し替えを除き、関西ローカルでの差し替え中継は他の系列局と比べて非常に少なく、深夜のが中心だったが(かつては『』というタイトルが付いていた)、2018年以降は通常番組を被せる形で差し替え中継を実施している。 一時期は甲子園球場で開催されるオープン戦の巨人戦も毎年1試合中継していた。 かつては後述する広島と同様に、『』を17時台に前倒した上で、18時16分から先行中継を開始していた。 また、が巨人に在籍した時期には松井が打席に立っている間のみ一旦巨人戦の中継に切り替えたことがあった。 ビジターゲームは、対広島戦は2011年まで、広島テレビで巨人戦差し替えがあっても読売テレビでは放送されない年が多かった(火曜日・土曜日はテレビ大阪、それ以外はサンテレビが放送する場合が多いため) が、2012年は5月に1試合実施(新潟で開催・広島テレビでは2試合放送したが、関西地区では1試合はで放送)だが、実況・解説・一部映像を自社で差し替えて中継した。 2013年も同様に自社の実況差し替えを2試合実施したが、2014年は実施しなかった(逆に阪神主催では広島テレビが1試合ネット受け、1試合自社実況差し替えを実施)。 オリックス・バファローズ戦に関しては系列局に対して技術協力しているが、2015年は久々に自社での録画中継を実施した(ミヤギテレビは別実況で生放送)。 2012年以降は、対巨人 ・広島戦や交流戦を含めたビジターゲームの中継も行うことがあり、日本テレビでの放送が途絶えているヤクルト・DeNA主催の阪神戦も個別契約で自社乗り込みにより放送する。 2018年6月16日(土曜日)は交流戦の対楽天戦を放送したが、球団制作映像を利用せず、自社で中継車及び制作要員を派遣して独自映像を制作した(宮城県では、無料BS放送では〈いずれもテレビ朝日系列〉が各々放送)。 1968年から1970年には、中国放送発TBS系列または、広島テレビ(当時はクロスネット局だった)発フジテレビ系列との並列中継という形で広島主催の対巨人戦を制作したことがあった。 2020年以降の関西ローカル向け阪神戦中継では、副音声向けの放送を、「」からのインターネット向け動画配信と連動させている。 「あすリートチャンネル」では、中継対象カードの試合開始から試合終了まで、副音声動画のライブ配信を独自に実施。 野球関連のとして名高いや、「トクサンTV」(野球に特化したチャンネル)を徳田などと共同で立ち上げたを、副音声放送と共通のゲストとして随時迎えている。 中京テレビ [ ] 地上波全国放送が対中日戦に限り、平日のローカルニュース番組『』を短縮して18時18分から「トップナイター」として先行放送を行う。 その場合、が解説者だった時代は川又が解説を務めることが多かった。 また、かつては対広島のビジターゲームで広島テレビと共同制作で放送する事があり、その際にはベンチリポートを派遣すしていた。 2014年はネット受けしなかったものの、デーゲーム1試合で広島テレビへベンチリポート派遣を実施した。 2016年7月18日の同カードは広島テレビとは別に独自に実況・解説を用意して中日応援実況を行った(解説:・、実況:)が、スコア表示については広島テレビ仕様を使用した(J SPORTS向けと同様広島テレビの自社向け企画・告知のみ消去した映像を使用し、独自に右上のアイキャッチを挿入)。 また、地上波の全国中継が削減されて以後(以後)、BS日テレ製作(実質)の中継をトップナイターとして放送した試合がある(19時まで。 それ以後はネット協定のため中継せず)• 日曜日の巨人戦がBS日テレ等で中継される場合、『』の放送開始を前倒しして、同番組に内包して中継することが稀にあるが、出演者はBSと同一であった。 2016年5月8日の同カードでは独自に実況・解説を用意して中日応援実況を行った(解説:井上、実況:吉田)。 広島テレビ [ ]• 1975年にが開局するまでは、当時のネット編成に応じて曜日ごとに日テレ系(クロスネット末期は主に水・土曜)、(クロスネット末期は主に火・木曜)にネットラインを切り替えていた。 1980年代から、巨人戦のナイトゲームを広島のゲーム(主にホームゲーム)に差し替えたり、日本テレビ系列で通常番組が編成されている日にローカルで放送する場合は、平日はローカル情報番組『』を17時台のみに縮小し、18時15分放送開始となる。 また放送枠内で試合が終了していない場合は後続の「広テレNews」も差し替えて中継を行う。 2007年度より観客席カメラ以外の映像がハイビジョン化し、2009年度のマツダスタジアムへの本拠地移転後から完全ハイビジョン化した。 ただし、・・などの地方球場では16:9の「ワイドサイズ」であってもとなっている時期があったが、2011年のデジタル化完全移行後の2012年より、地方戦(呉、尾道、三次、新潟〔2009年は技術協力のクレジットがあったが、2012年は(TBS系列)が勧進元だったためかクレジットなし〕)も順次HD化された。 巨人戦以外の試合はの『』へ配信する(地上波開始前・終了後も裏送りで放送)。 ごく稀に、広島テレビ側が地上波中継と別出演者を立ててJ SPORTS向けの中継を二重製作する場合がある(2015年、が出演した対楽天戦が該当)。 2012年まで、広島が関与するオープン戦や交流戦のパ・リーグ主催試合はダイエー〜ソフトバンク主催のネット受けのみ実績があった。 2013年は日本ハム戦を札幌テレビとの間で広島主催と相互にネットする(広島テレビ制作中継には札幌テレビからとアナウンサーを派遣。 札幌テレビ制作分は広島テレビからとアナウンサーを派遣)予定だったが、広島主催は雨天中止となった復活開催分は広島テレビ・札幌テレビが放映権を返上し、J SPORTS単独で放送)。 翌2014年6月21日の同カードで札幌テレビから西崎とアナウンサーが派遣され、1年越しで相互ネットが実現した。 2015年も相互ネットを実施した。 2018年は6月6日(水曜)の同カードは、広島県では広島テレビが放送したが、編成上の都合で北海道では(TBS系列)が中国放送の技術協力で別制作した(中継車は中国放送が派遣して映像を別製作し、実況は札幌からのオフチューブで実施)。 ビジター側でテレビ東京系や独立局以外の別系列の局が担当する例は、2000年代以降の広島主催では稀な例である。 2013年9月29日は、この年限りで引退するの一軍登録にあわせてBS日テレの中継をそのまま放送した(ゴルフ中継の放送のため飛び降り、飛び乗りもあり)。 1980〜1990年代初期までは、年度により巨人戦以外でも開幕カード等のデーゲームを、日本テレビ系列全国ネットまたは日本テレビ・対戦相手地元局を含む一部系列局ネットで放送したことがあったが、巨人戦と異なり広島テレビ主管制作で、スコア表示・提供クレジットも広島テレビの物を使用していた。 2014・2015年はオリックス主催ゲームを・に乗り込み自社制作を実施した(読売テレビが協力していたかクレジットがないため不明。 球団制作映像をメインに使用し、一部独自映像を挿入)。 ただし、広島主催の対阪神戦は、ナイター時は広島テレビがローカル中継を編成していても(巨人戦差し替えを含む)テレビ大阪やサンテレビが自社制作を行う場合が多い。 一方デーゲームでは散発的に読売テレビが実況差し替えで中継することがある。 逆に阪神主催では1980〜90年代のゴールデンタイムと 、2013年からは自社乗り込みでの実況差し替えを実施することが多いが 、副音声・連動データ放送も含めてネット受けで放送することもあり、この場合も広島テレビからも解説者とアナウンサーを派遣していた。 2018年・2019年は対阪神戦ビジターゲームの放送を行わなかった。 2018年8月16日(京セラドーム大阪)では、読売テレビがゴールデンタイムの通常番組差し替えで生中継を行ったが、同日は副音声でとのコラボレーション(とが出演)や、テレビアニメ『』とのコラボレーションによるプレゼント企画を行うなどに特化した内容となったことや 、広島テレビ側の期間中の製作体制の縮小(『』のローカル枠大幅短縮と出演者の削減など)や9月の新社屋への移転準備も重なり、広島テレビではネット受け・独自実況のいずれの形式でも放送しなかった。 スポンサードゲームで当該企業の冠番組となった場合や、広島テレビ側で独自に冠提供を設定した場合は、特別なオープニングムービー を使用するが、ビジターへの同時ネットと重なった場合、ビジター側では通常のオープニングをネット局側で送り出す他、中継映像も企業名関連のテロップや生CMなどを省いた形でネット局やJ SPORTSに裏送りする。 同年9月13日には、久々に公式戦の録画中継を行った。 広島2軍がに進出した場合、この試合も中継する予定が同番組中で告知されたが、優勝を逃したため実現しなかった。 翌2017年も数試合ウエスタン・リーグの生中継を実施し、同年はファーム日本選手権に進出したため、J SPORTSからの映像提供により独自の実況(広島テレビのスタジオからオフチューブ。 途中で顔出しあり)で生中継したが、スコア表示はJ SPORTSのものをそのまま使用した。 なお、開催地の宮崎県では、(TBS系列)がJ SPORTS制作中継をそのまま放送した。 2016年6月11・12日には、対楽天戦で11日はミヤギテレビとの同時ネットを実施し、広島テレビが制作協力で参加、翌12日は同局の制作協力による自社制作(解説:野村謙二郎、実況:宮脇靖知)で放送し、主催ゲームと同様「鯉党応援スタジアム」も実施した。 2017年には楽天主催の1試合を球団制作映像の利用とミヤギテレビ制作協力で放送(宮城県では東北放送で放送)。 2018年6月10日(日曜)の広島主催での同カードは広島テレビ・J SPORTS(広島テレビではの冠スポンサー番組として放送。 解説:池谷公二郎、野村謙二郎、実況:森拓磨、リポート:宮脇靖知)とミヤギテレビ(解説:笘篠賢治、実況:外賀幸一)が別制作で中継した。 この際には球場内でもイベントを実施する他、前座で特別番組を放送したり、中継内でも特別企画を盛り込んだりする。 放送権を持っているにも関わらず、当日に全国ネットのゴルフ中継が編成され、野球中継が細切れの2部編成となるケースがあった。 地上波での中継が中断となっている間はJ SPORTSへの裏送りのみ配信となっていたが、2016年5月8日は公式動画配信サイト「広テレ!みんさいと」にて同時無料配信が行われるため、有料放送に加入していない視聴者や放送エリア外の視聴者も無料で中継を見ることができる。 関東圏で開催のビジターゲーム(対DeNA・ロッテ)でも、前述のオリックス戦同様に球団公式映像を利用する形で現地乗り込みまたは広島からのオフチューブでの自社制作を行っているが(乗り込み時はベンチリポートのアナウンサーも派遣)、対ヤクルト・西武戦は2020年現在、放送実績がない。 福岡放送 [ ]• ナイターでは巨人戦差し替え・通常番組差し替え共実施する他、『』の中で数回に分けて生中継を行っている。 交流戦では対巨人(日本テレビ制作のBS日テレおよび日テレジータス向け)・対広島(広島テレビ制作・福岡放送制作協力)のビジターゲームを放送する場合がある。 ローカル中継において、在福他局はベンチサイドレポーターをホークス側にしか置かないことが多いが、福岡放送では一部を除き、ビジターチームの地元テレビ局(ロッテなら日本テレビ)のアナウンサーをビジターチームのレポーターとして配置している。 広島テレビ制作の対広島戦ビジターゲームにも福岡放送からリポーターが派遣される。 さらに、対日本ハムのビジターゲームでは札幌テレビから同時ネットする場合と、独自の解説・実況で放送する場合とがあるが、後者だと、北海道側が他系列局で放送の場合は制作(北海道内開催及び関東圏以外の地方開催。 道内ではも協力)またはTCN制作(東京ドーム開催)の球団公式映像の配給を受ける。 以後、巨人主管の交流戦において、BS日テレ・日テレジータス向けの中継(いずれも制作は日本テレビ)を受ける形でゴールデンタイムに福岡放送向けのみの中継をした試合もある。 また2016年はソフトバンク主催の巨人戦1試合を、2017年はそれに加えて対オリックス戦2試合をBS日テレにも同時ネットした。 2018年6月15日(金曜日)の対広島戦は広島テレビ・BS日テレとの3局ネットで放送され(BS日テレではサブチャンネルでも対応)、この関係で日本テレビと広島テレビが制作協力でクレジットされた。 ただし、オープニング映像は福岡放送と広島テレビとで個別に対応していた(広島テレビでは通常の自社制作時と同様18:15に『広テレ! 完全カープ主義 トップナイター』の、19:00に『完全カープ主義』のオープニングキャッチと『Fun! BASEBALL!! 』のオープニングを流し、右上の注目内容の表示もBS日テレと同一だった)。 ライオンズの埼玉県への移転後も福岡県で開催の巨人・阪神など主催ゲームの制作協力を行っていた。 札幌テレビ [ ]• 2007年度より、ナイターでも日本ハムのゲームをローカルで放送するようになった(キャッチフレーズとして、2015年までは「ぞっこん! ファイターズ」、2017年からは「GO! ファイターズ」を採用)が、2013年度は巨人戦ナイトゲームの差し替えにとどまっていた他、コスト低減のため球団公式映像も併用していた。 また、対ソフトバンクのビジターゲームでは、福岡放送(福岡側で九州朝日放送など他系列局が放送する場合は福岡ソフトバンクホークスマーケティング)から映像提供を受け、札幌からのオフチューブで実況を差し替えて放送する場合がある。 対楽天はミヤギテレビからのネット受け(解説者・レポーターが札幌テレビから派遣される)。 対西武ライオンズ・千葉ロッテマリーンズ・横浜DeNAベイスターズについては日本テレビの技術協力の上で、独自映像と球団製作映像(西武=・ロッテ=・DeNA=/TBSテレビ)併用の自社制作となる。 ただし、対オリックス・バファローズのビジターゲーム(讀賣テレビ技術協力、オリックス球団・制作映像併用)に関しては2014年9月7日に初めて中継を行った。 また、日本ハム主催の東京ドームでの中継は日本テレビの放送席を借りて放送する。 一方、交流戦のホームゲームにおける対巨人戦は2015年までの実績はローカル中継のみだが日本テレビから解説者・レポーターが派遣され、対阪神戦は札幌テレビ主管で読売テレビとの共同制作として放送。 ビジターの対巨人戦については日本テレビで放送がある場合のみ中継されるが、デーゲームにおいては日本テレビの中継開始前よりBS日テレ・日テレジータス向けの映像を受ける形で試合開始より放送(必ずしも放送するとは限らない)。 対広島戦は前述の通り、広島テレビと相互に出演者を派遣して放送することが多いが、2018年の広島主催は、前述の通り編成上の都合で北海道放送が別制作した。 2016年より行われているでのホームゲームを技術協力で中継している(静岡第一テレビでは放送なし)。 かつて日曜デーゲームの中継が行われる場合、時差ネットで放送していた「」を月曜午前に振り替えて放送し、日本テレビにて巨人戦デーゲームが中継される場合は日本ハム戦終了後に飛び乗っていた。 なお、2006年度まではデーゲームのみを中継し、ナイターでは巨人戦の中継内で同局のスタジオから独自に情報を伝えるコーナーを設けていた。 でも『』で放送し(2016年までは原則ナイターのみだった)、札幌テレビの放送時間内に試合が終わらない場合は、放送終了直前にデータ放送と併せて字幕スーパーと実況アナウンサーの口頭で案内をする。 2018年のビジターゲームは対巨人戦を除き全試合で自社乗り込みを実施。 日本ハムの北海道移転以前から巨人主催北海道シリーズの制作協力に参加し、実況アナウンサーの派遣、技術面での協力等を行っていた。 特に、1980年代初期まではスコア表示の機材も札幌テレビが用意していた。 必ず1試合は実況を札幌テレビのアナウンサーが担当する。 ミヤギテレビ [ ]• ホームゲームの対日本ハム戦は札幌テレビから解説者・レポーターを派遣。 ビジターゲームは各球団と公式映像制作会社および現地系列局の協力により独自の実況で放送することが多い。 対広島戦は、2015年の広島主催と2016年の楽天主催は広島テレビとの相互ネットで(広島テレビでは、宮城県および東北ブロックで他局が放送する楽天主催試合でも別にミヤギテレビ協力で自社制作を実施)、2018年の広島主催は前述の通り別制作で放送した。 2012年5月9日水曜日には初めてナイトゲームでの差し替えを行った。 楽天球団誕生以前は、宮城球場で開催された巨人・広島等の主催ゲームの制作協力に参加していた。 過去のケース [ ]• (当時中部日本放送:)・() - 名古屋テレビ放送が開局するまで、日本テレビとも相互ネット関係があり、曜日により中日のホームゲームを日本テレビにネットする場合があった。 () - 中京テレビ開局後も、1973年4月の系列整理まで、曜日により日本テレビ系列の中継を放送していた。 (TBS系列) - 1970年12月の広島ホームテレビ開局まで、広島テレビの編成から外れた日本テレビ・フジテレビの番組を放送していた関係上、1967年まで、広島テレビと分担する形で一部の曜日のナイターで日本テレビ系列向けを制作していた(末期は土曜日を担当)。 年度によっては広島テレビがフジテレビ系向けの中継を制作した日に、中国放送のスタッフによる日本テレビ系向けの裏送りを行った例がある(実例:1963年6月20日。 出典:同日の読売新聞岡山版・中国新聞、テレビ・ラジオ欄)。 (テレビ朝日系列) - 1975年10月の(フジテレビ系列)開局まで、火曜日と木曜日のゴールデンタイムが日本テレビ系列枠だったため、日本テレビ系列の巨人戦中継を同枠で放送していた(金曜にはフジテレビ系列の巨人ビジター戦中継を放送)。 なお、開局直前の1970年には読売テレビが広島テレビ・関西テレビ・フジテレビとの並列で広島対巨人戦を制作し、日本テレビ系列で放送していた。 (フジテレビ系列) - 1964年10月のまで日本テレビ系列局だったため、のホームゲームの制作担当だった。 ネットチェンジ後も福岡放送開局まで、一部の西鉄主催試合を日本テレビ系に配信した。 2016年にで開催されたソフトバンク対巨人のオープン戦 の球団制作中継をFOX SPORTSと同内容で放送した。 (『』)• (『』)• (『』)• (『』)• 以上の関東地域のはNNSへのオブザーバー会員(準会員)として放送取引関係があることから、巨人主管試合に限り、後半ごろから後リレー(20:52以後)の放送を実施。 のちに18時台からのトップ中継も開始し、日本テレビとのリレー放送で巨人戦完全中継を行った。 ただし、テレビ埼玉は開局初年度の限りで撤退。 それ以外も巨人戦の最大30分延長が定着したことからリレー中継の意義がなくなったことなどから、前半で終了したが、群馬テレビに限り、2008年まで18時から19時までトップ中継を行っていた。 またテレビ神奈川も、1980年代の極一時期、巨人主管試合のダイジェスト放送『TVKミッドナイトナイター』(内容は日テレの中継と同じものなので実質局を変えた再放送)も行われていた。 なお開始当初のスコアカウンターは(静岡第一テレビ「プレイボールナイター」を含め)各局で表示していた。 - 2006年9月12日にで行われた対中日戦を、18時30分から『ABSトップナイター』のタイトルでトップ中継。 - 2006年6月13日に福島県営あづま球場で行われた対オリックス戦を、18時30分から『FCTトップナイター』のタイトルでトップ中継。 - 巨人のホームゲームが18時開始になった1980年代初期に『プレイボールナイター』のタイトルで中継が行われた。 18時台前半のローカル枠を利用して18時02分頃から中継を開始し、番組の冒頭に同局の視聴者向けに向けての挨拶も行われた。 映像は日本テレビ(巨人主催)や広島テレビ(広島対巨人戦)から提供されたが、日テレ制作時の字幕出しは静岡第一テレビ側で行われていた(広島対巨人戦については広島テレビ出しか静岡第一テレビ出しか不明。 広島テレビでは自社のテロップを使用)。 なお、当時は18時20分以降にテレビ神奈川など関東県域独立局向けの「トップナイター」を放送していたため、18時22分ごろに独立局向けの挨拶が入っていたほか、静岡での番組終了時には、実況の音声を絞った上に静岡第一テレビ側で自社のアナウンサーが締めコメントを読み上げて終了するというスタイルを取っていた(巨人対広島戦での広島テレビも同様)。 なお、広島テレビ制作広島対巨人戦の場合は実況アナウンサーが終了の挨拶を行っていた。 - で2007年7月3日に行われた対横浜戦と、2009年4月21日に行われた対戦のトップ中継を行った。 - 宮崎で土曜日に巨人戦のオープン戦の第1戦が行われていた頃、日本テレビ主導の制作で試合開始から終了まで中継し(一部時間帯は年度により全国またはマストバイ局ネット)、制作協力に参加し年度もあった。 - 1965年2月28日にで行われた「東映 vs 阪急」のオープン戦で自社制作のローカル放送を行った。 解説者は置かず、三好義博(西日本放送アナウンサー)単独による実況だった。 クロスネット局における対応 [ ] であるとでは、『』をからネット受けしており、においての番組をネットする曜日(詳しくは両放送局の記事を参照のこと)に日本テレビ系列で巨人戦の全国放送があり、放送時間が延長された場合はとして『』を放送する。 また、に実施された「日曜開催」(17時開始)の日においてはフジテレビ系列の番組(など)との兼ね合いで19時00分から19時58分のみ(最大20時28分まで延長あり)で放送されたことがあった。 クロスネット局が多かった頃の例• 1980年代前半ごろまで他系列の番組を放送する関係で、19時30分や20時から飛び乗りする局があったため、飛び乗り用のポイントを設けていたことがあった。 曜日によって21時から22時台に他系列の番組を放送する局(のような例)では延長放送がなく、代わりに『巨人戦ハイライト』が放送された(21時・22時台共に日テレ系の番組を放送する日は延長されていた)。 延長されない局があるときは、中継を延長する際の告知で「一部の地域を除いて」という注記が加えられていた。 こうした事情から、放送終了時に表示される後続の番組情報の表示は、日本テレビではなく各系列局ごとに表示する形を取っている(日曜日は22時台後半・23時台前半がローカルセールス枠で別番組の場合もあるため、その対応という意味合いもある)。 など、一部ネット局では、後続の番組情報が一切表示されない局もある。 地上波以外 [ ] 日本テレビ系列局がないや、地上波系列局が地元球団の中継に差し替える地域でも楽しむことができる。 BS日テレ 開局当初は地上波を優先し、中継を行っていなかった。 開局直後の2001年には西武対オリックス戦(スコア表示が入った球団制作映像に日本テレビが実況を差し替え)を独自番組として放送した。 巨人戦はかつては試合を1時間にまとめたハイライトを放送していたが、地上波中継が減少した2007年度から本格的に放送を開始し、2009年からは中継本数が大幅に激増した。 多くのがついており、他系列の巨人戦中継と比べても、同局の方が圧倒的に多い( には、スポンサーの広告が18社程度掲載されている)。 中継している時間帯には、の統計でもBS・CS・などを表す「その他」が地上波を上回ることがある。 これまで20:54以降に試合がもつれ込み、最大1時間の延長が生じた場合はそれ以後の番組を中継終了後に順延(その分放送日付上最終の番組である「」の同時放送を短縮)する措置をとっていたが、から報道番組『』(22時から23時)を開始するのに伴い、「生番組で開始時間が遅れるのは好ましくない」として、野球中継実施日は2013年度の残り試合(・含む)は21時台の定時放送を取りやめて、扱いで別番組を編成し(野球が延伸した場合はその分放送時間短縮)、22時から『深層NEWS』の放送を定時通りに開始する。 以後は新マスターを設置し編成を開始したため 、「野球と定時番組の並列放送を行う」としており、2020年以降の平日ナイターでは、20:53から最大23:00まで、週末・祝日デーゲームでは、13時開始は15:53から最大18:00まで、14時開始は16:53から最大19:00まで、何れも142ch(SD画質)でマルチチャンネル放送を実施する。 地方開催の巨人主催試合や阪神・広島戦(前者は2017年、後者は2008年と2017年)では、雨天中止となった場合には「プロ野球特別番組」またはレギュラー番組を放送する。 「プロ野球特別番組」では前年度(主に前半戦)、または当該年度(主に後半戦)に行われた巨人戦の試合ダイジェストが放送されている。 2017年からは阪神(読売テレビ制作)・広島(広島テレビ制作)戦も放送。 後者は平日ナイター(広島県ローカル)・週末・祝日デーゲーム(広島県ローカルまたは日本テレビとの2局ネットの何れかだが、年度によっては・との4局ネットまたはとの3局ネットのいずれかになる場合がある)共に同時放送 何れも一部時間帯は裏送りでの放送となる、週末・祝日デーゲームで阪神戦は地元球団の中継に差し替える局や広島戦は日本テレビ・山口放送・日本海テレビ・四国放送を除く局でも視聴可能。 パ・リーグ関係 2017年には、福岡放送制作のソフトバンク対オリックス戦2試合を福岡県ローカル(地上波関東地区では別途TOKYO MXも福岡ソフトバンクホークス制作で放送)と同時放送した。 日本テレビもプロデューサー・ディレクターを派遣するなど制作協力として関与し、巨人戦同様にサブチャンネル延長対応も行ったが、巨人が関与していないため、連動データ放送や野球観戦ポイントの加算プレゼント企画の対象外となっている。 交流戦を除くパ・リーグ公式戦の放送は2001年以来である(なお、日テレジータスでの放送は、スカパー! の別チャンネル・がソフトバンク球団との一括契約で放送しているため実施されていない)。 交流戦の対巨人戦も同様に福岡県ローカルと同時放送する。 2018年は前年同様ソフトバンク戦を中継した他、巨人戦放送がない日の一部ロッテ主催試合を、千葉ロッテマリーンズ制作で、日テレNEWS24と同時ネットで放送(ソフトバンク主催試合とは異なり、日本テレビからアナウンサー・解説者等の派遣は行わない)。 この場合でも、サブチャンネルでの延長対応は行うが、野球観戦ポイントの加算や連動データ放送は行わないほか、スポンサーも巨人戦とは異なりのスポットスポンサーか、のみである。 対巨人戦が放送された場合の対応は未定だが(2018年のBS放送は第1戦は〈制作〉、第2戦は〈日テレNEWS24と同時放送〉、第3戦は〈制作〉で放送)、後述の日テレジータスでは、生中継時に限り別に日本テレビが実況と解説を用意した。 トップは19時まで、リレーは21時22分から放送していた(当時の地上波中継は30分の延長オプションがあったため)。 開局後は、日テレジータスで巨人の主催全試合および巨人主催のを試合開始から終了までノーカットで生中継している。 さらに、2009年度からは試合終了後にのアンコール放送も行われている(詳しくは「」を参照のこと)。 これは巨人主管だけでなく、日本テレビ系列局で放送可能な阪神・広島とのビジターの試合であっても同じである)。 オープン戦も巨人主催試合のほぼ全試合を生中継しているが、西暦偶数年の中継などで録画となる場合もある。 2014年の東京マラソン開催日は対戦相手が楽天ということもあり、日テレプラスで生中継、日テレジータスでは録画中継となった。 2019年度からはへのインターネット配信も担当する事になった。 この他、の対阪神戦(読売テレビ制作)やの対広島戦(広島テレビ制作。 2005年度から開始、2008年度までは。 2011年度以降は週末デーゲームに限り年1回を日本テレビ(関東ローカル)でも同時ネット。 の対日本ハム戦については、地上波中継の担当局にかかわらず他カードと同様にGAORAで同社制作の中継が放送される(パ・リーグ各球団は有料BS・CS放送での放映権契約をカードを問わず一括しているため)。 巨人主催試合では、週末・祝日デーゲームを地上波並行放送または平日ナイターを地上波全国ネット放送する際は、前者は2014年3月29日から2019年9月16日までは地上波とは別の実況アナウンサー・解説者を配置し、後者は2019年4月2日までは、地上波が中継を開始する19時を境に実況アナウンサーのみを入れ替え(実質上は「トップ中継」、地上波放送開始後は、中継終了まで同一人物が担当する)、2019年5月24日から8月29日までは週末・祝日デーゲーム同様に地上波とは別の実況アナウンサー・解説者を配置していたが(但し、巨人が出場する中継に限り、地上波が放送を開始する時間を境にアナウンサーを入れ替える2019年4月2日までの中継方式となる)、2020年6月20日以降のデーゲーム、23日以降のナイターからは試合開始から試合終了まで実況アナウンサー・解説者が出演する形式(地上波同時放送〈地上波中継がなく、BS日テレ単独放送も同様だが、BSがCM中に実況を担当するアナウンサーが1名つく〉)に変更となった。 解説者についても、現在 [ ]は試合開始から出演するが、地上波で巨人戦全試合を中継していた時代は、地上波全国ネットでの放送開始まで解説者は出演せず、実況アナウンサーのみで進行していた。 地方局のトップ中継がある場合も同様の対応だったが、対中日戦でかつ中京テレビでもトップ中継が行われる場合は、(当時中京テレビ解説者)が出演することがあった(その場合、地上波全国ネットでも解説を担当する場合と、全国ネット開始後に別の解説者と交代する場合の両方のパターンがあった)。 権利上の都合により、地上波・BSで流される他球場の途中経過や企画もので用いられるVTRは日テレジータスでは流されない(音声のみ、詳しくは)。 この点は、映像全体や一部に静止画を被せて差し替えるが一般的な他局とは異なり、球場内の中継映像を流したままで「 権利の都合により映像をお見せすることができません」という断りを表示している(系列局の制作時も同様)。 試合映像については2006年度から使用できることになった。 広島主催ゲーム(広島テレビ制作)については巨人戦以外はの『』で放送される(主に「J SPORTS 1」で放送。 地上波の開始前、終了後も同一の出演者が担当する。 この場合は、16:9の「ワイドサイズ」(4:3で配信している事業者では)で放送される。 また、2012年から日テレプラスでもプロ野球中継が実施されており、において、日テレプラスが放送を担当するチームが主催・主管する巨人軍との対戦については日テレジータス(系列局または日テレ制作)と日テレプラス(球団制作)で同カードを別内容で放送する。 (2012年のソフトバンク戦は、日テレジータスは東京からのオフチューブで日本テレビの解説者・アナウンサーと等のゲスト出演で放送。 2013年の楽天戦は前日にミヤギテレビローカルの地上波放送があったためか解説者・アナウンサーを現地に派遣し、ベンチリポートも日本テレビ・ミヤギテレビから配置した。 ミヤギテレビ技術協力で一部独自映像を挿入しスコア表示もミヤギテレビ出しの日本テレビ仕様を使った。 日テレジータスはを優先したため2戦目のみの放送だった)。 2014年度の楽天戦は第1戦・第2戦とも日テレジータスと日テレプラスでそれぞれ別内容で放送、第1戦は日テレジータスはミヤギテレビ制作の宮城県ローカルの地上波中継(・でも同時ネット)を同時放送し、解説者(・)・実況()・リポーター(・)を配置(BS放送ではテレビ朝日制作によりで放送)。 第2戦は地上波はテレビ朝日系列全国放送(テレビ朝日制作著作、制作協力)のため日テレジータス・日本テレビの独自製作(解説:、実況:)・リポーター(伊藤拓・)で放送。 2013年からは、一部の試合の中継をへ配信している。 日テレNEWS24がロッテ主催試合の放送権を獲得した2018年は、前述の日テレプラスでの放送と同様にセ・パ交流戦のロッテ対巨人戦で、生中継となる6月15・17日は日テレNEWS24(ロッテ球団制作)と日テレジータス(日テレ制作)で別内容で放送し、録画中継となる16日(日テレNEWS24では生中継)はロッテ球団制作中継をそのまま放送した。 また8月21日のロッテ対西武戦は東京ドームでの開催だったことから、日テレNEWS24と日テレジータスが同内容で並列放送した(同日の巨人はビジターのDeNA戦のためTBSチャンネル2で放送)。 スポーツという特性を生かして、一軍の公式戦以外にも以下に挙げた特殊な生中継も行っている。 プレゲームでは事前練習の録画、スタメンの発表、試合の見どころ紹介、ポストゲームは試合のダイジェストを放送。 なおポストゲームショーは試合が所定時間より早く終了した場合、前倒しの形で「先出し!! ポストゲーム」を放送する。 ただし、野球中継の後に「MOTO GP」の生中継を行う時は、「ポストゲームショー」が休止される場合もある。 2020年から、「プレゲームショー」のみとなり、旧来の「先出しポストショー」の時間帯は、「GIANTS in 東京ドーム」(試合の終了時間によっては「過去のホームランセレクション」を挟む場合あり)を放送する。 中継 などで開催されるホームゲームを生中継(一部はによる撮って出しとなる)。 で夏季(概ね8月中旬)に行われる試合についても、1軍の試合に一部準じた体で生放送されているが、中継製作はとの共同で行われる。 巨人軍キャンプ中継(毎年2月・毎日 13時30分 - 16時00分) ・で行われるの様子を、午後の部を中心に生中継。 紅白戦や練習試合も随時中継する。 2011年以降はキャンプ期間中の当日深夜や翌日の早朝にも再放送が行われる。 基本的な番組構成はに準ずる。 東京ドームで行われるホームゲームに限り、試合前の練習風景を生中継。 ホークス戦についてはホークス球団製作 による『 日テレプラス プロ野球中継 HAWKS Perfect Live 2012』(にっテレプラス プロやきゅうちゅうけい ホークス パーフェクト ライブ 2012)として送る。 なおスカパー! HD、スカパー! e2ともハイビジョン放送を実施していないため(2012年3月現在、ハイビジョン放送はIP放送のならびに一部ケーブルテレビのみ。 スカパー! HDは2012年10月にハイビジョン放送開始、スカパー! e2は予定なし)、スカパー! HDは16:9による、スカパー! e2は16:9フルサイズのSD放送となる。 そのため、スカパー! HDの加入者向けに、でのハイビジョン同時生中継も行う(「プロ野球セットHD」、「スカパー! よくばりパックHD」、「パックHD」を含む日テレプラスが視聴可能な契約で視聴可能。 日テレプラスの放送をウォーターマークが乗った状態でそのまま放送。 また、、向けにも同内容が配信される。 2013年は主管公式戦の全試合を試合終了まで放映。 この時は楽天野球団製作により『 日テレプラス プロ野球中継 楽天イーグルス HEAT! LIVE 2013』(にっテレプラス プロやきゅうちゅうけい らくてん イーグルス ヒート ライブ 2013)として送る。 しかし、2014年度の楽天公式戦中継を最後に日テレプラスでの放送は3年で終了となった。 日テレNEWS24• 2018年シーズンからの主催全試合を中継することになった。 TBSニュースバードが放送した前年までと同様球団による制作で、球団側がキャスティングしたロッテOBを中心とした本数契約解説者とフリーアナウンサーが担当する。 スコア表示は中継担当局のフォーマットに準拠した2017年までと異なり、千葉マリンスタジアムのスコアボードとデザインを揃えた黒を基調とした独自のものを使用する(技術面は引き続き東京フィルム・メートが担当。 東京ドーム開催時は東京ケーブルネットワーク・TCPも協力し、スコア表示は巨人のオープン戦に準じたTCPの汎用テロップを使用)。 2020年のロッテの春季キャンプ中継は、球団が制作主体となる試合中継と異なり、日本テレビが制作主体となるが 、出演者は球団制作中継同様に、外部所属のフリーアナウンサーとロッテOBを中心としたフリーの解説者を起用している。 日本国外放送 韓国では、2006年にが巨人へ移籍してから球団の人気が上昇傾向で、他の日本のプロ野球球団よりも認知度が高い。 そのため、在籍した2010年までの間、の衛星波「SBSスポーツチャンネル」で毎日、地上波では不定期で巨人戦を中継していた。 実況などはSBS側で差し替えているが、日本テレビ(もしくは地方局)の制作映像をそのまま使うため、日本側の実況者の顔が映ることもある。 このことは、日テレの『』や『』でも取り上げられた。 なお、SBSではホーム・ビジター問わず全ての巨人戦が中継の対象となったため、他系列局制作の映像も使われていた。 また、2004年度のみ・の『KIKU-TV』でも放送されていた。 2012年には、台湾のケーブルテレビ局『』の総合チャンネル『超級テレビ』で6月9日から9月23日までの14試合を生中継することとなった。 2013年はアメリカの『ONE World Sports』によって北米地域での巨人主催72試合の放送を行う(試合から1週間以内の録画放送)。 陽岱鋼入団の2017年から台湾のスポーツ衛星放送「緯來體育台」にて、巨人主催試合が生中継されることになっている、2017年に締結された契約は5年間。 2019年5月からは日本テレビがを利用した在米日本人向け専門チャンネルとして『NIPPON TV Channel』を開設。 現地の生活時間に合わせる都合上、日本との同時生中継では無くて時差放送ではあるが、2年振りに北米地域で巨人主催ゲームの視聴が出来るようになった。 放映権を持っていない球団 [ ]• 後楽園球場を本拠地としていた時代は、後楽園と日本テレビが包括提携をしており、主催球団に関わらず後楽園開催の試合については日テレに優先的に放映権を与えていたため巨人戦とともに国鉄主催試合も放送していた(但し、後楽園以外の他球場で国鉄主催となった試合については他系列で放送したものがある)。 1964年に本拠地の球場を神宮球場に変更し、球団名を国鉄からサンケイに変更したときにを失うと同時に、が独占的に所有することとなる。 ただし、その後も、巨人が優勝マジック1となったに、急遽対巨人戦の中継を編成した例があるなど(実際は雨天中止) 、特に10月以後に放送を要する重要な試合(優勝決定戦など)で、かつ他局が中継できない場合や、ヤクルトが幹事球団となるオールスターゲームなどで散発的にフジテレビから放映権を譲渡されたことがあった。 また、第2戦のみ、ヤクルト球団に後楽園球場の使用を認めた見返りとして、例外的に放送した。 その後はしばらく途絶えていたが、2013年3月31日の開幕第3戦(対阪神)は読売テレビがフジテレビ・ヤクルト球団から放映権を個別購入する形で関西ローカルで放送。 前身の大洋ホエールズ時代には川崎本拠地時代で、かつ1974年までは優先放映権を持っていたから権利を購入する形で土曜の試合を中心に散発的に中継していたが、1975年にNETテレビへ優先権が移動した際に自然と失った(ただし、1985年にtvk制作のデーゲーム中継を広島テレビが例外的に放送した事があり、この時は広島テレビから解説者を派遣していた。 参考として、読売新聞縮刷版より、(土曜)の対巨人戦の放送予定が組まれていたことが確認できる。 の横浜対巨人の試合は横浜主催試合であるが、巨人のキャンプ地・沖縄セルラースタジアムでの開催であったため、特例として日テレジータス(地上波・BS放送なし。 地上波は「」中継)で放映された。 もこのカードは組まれたが、地上波・衛星ともに放送されなかった。 2010年シーズンからスポーツニュース用の素材として、TBSがDeNA主催ゲームの中継映像を日テレに供給している(他局への供給はフジテレビに次ぐ)。 それと引きかえに日テレも巨人主催ゲームの中継映像をTBSに供給している。 2013年5月17日には札幌テレビが対日本ハム戦を北海道ローカルで、同6月23日と・には、読売テレビが対阪神戦を近畿地方ローカルで、TBS・DeNA球団から個別購入の形により放送した。 の対広島戦も広島テレビが同様に中継予定だったが、雨天中止となり、代替日のに改めて中継した。 広島テレビは2016年以降も対広島戦中継を年数試合継続している(2017年までと2020年は現地乗り込みで、2018・2019年はオフチューブで放送)。 過去に日米野球がナゴヤ球場・ナゴヤドームで開催され、中日・巨人連合・中日単独チーム・NPBオールスターのいずれかとMLB球団が対戦した際には、主催新聞社(読売新聞社・毎日新聞社)を問わず日本テレビと中京テレビ(または変則クロスネット時代の名古屋テレビ)の共同制作で中継された年度があった。 以下は試合ごとの個別契約などで放映権の取得は可能なため系列局が独自に放送することがあるが、2017年度に日本テレビ・BS日テレで主催ゲームが放送された実績がない。 また球団制作映像を利用する形で本拠地側が他系列局で、ビジター側が日本テレビ系列局の放送となる場合や、その逆の例もある。 なお、中継する際に独自映像を局主導で制作するか、球団制作映像をメインに利用し、部分的に独自映像を挿入するかはその時々により異なる。 BS日テレ(に対オリックス戦を放送。 また阪神戦もに読売テレビが独自にテレビ朝日・西武球団から個別に放送権を購入の上、球団制作映像の利用と日テレの技術協力により巨人戦を差し替えて生中継したほか、にも6月14・15日両日の試合とも独自に生中継した(なお14日の試合は16時までは通常放送、16時から17時は「」との並列による102での放送とした)。 1990年代前半まで(対巨人のオープン戦を含む)と2005年の開幕戦(対楽天戦)は日本テレビでも放送した。 特に、が最初に監督を務めた頃は、金田が日本テレビの解説者を務めていた縁から放送が多かったが、2010年代以降はビジター側系列局向け中継への制作および技術協力が主である。 なお、2018年度より日テレNEWS24とBS日テレにて主催試合を中継することが決まり、ロッテ主催試合の放映権を久しぶりに本格的に行使することになった。 球団合併前は近鉄の放映権が昭和期からあり、昭和30年代には、ytv発でのナイター中継 が組まれていたこともあったほか、その後も時折土曜・日曜午後にデーゲームがマストバイ局対象にスポンサードネットされたこともあった(開催分を含む)。 オリックスも阪急時代には、ytvを通じての放映権 があり、さらに対巨人のオープン戦を放送したことがあった。 オリックスへの売却後は公式戦の放映権も年度により購入していた。 球団合併後も2006年の1試合、2007年の1試合、2015年の楽天戦を読売テレビにて録画中継で放送した。 2016年以降も年1試合程度の録画中継を継続している。 2008年から2014年は読売テレビ自体での中継は行わず、ビジター側地元局向け中継への制作および技術協力が主であった。 タイトルの変遷 [ ]• 開局時 - 『 スイートナイター』• から日本テレビ・読売テレビではでタイトルを表記するようになったが、広島テレビのローカル放送ではロゴの書体のみCGと同じにしただけで旧来の紙焼きテロップだった。 - - 『 劇空間プロ野球』(げきくうかんプロやきゅう、・2001年は末尾にが付された。 ) このタイトルに改題後、NTV開局以来のオープニングテーマ曲『スポーツ行進曲』は使用されなくなった。 のタイトルロゴは、同時期にNTVで放送していた『』のそれと同じ書体だった。 、に巨人が日本シリーズへ出場した際には『 劇空間プロ野球 日本選手権試合』のタイトルロゴで放送した。 2000年にからがで発売された。 ・ - 『 THE BASEBALL 2002(2003) バトルボールパーク宣言』(ザ・ベースボール バトルボールパークせんげん、「THE BASEBALL」の後に西暦が付された。 ) の野球ゲームソフト(を参照)とのタイアップによるもの。 ・ - 『 1球の緊張感 THE LIVE 2004(2005)』(いっきゅうのきんちょうかん ザ・ライブ、末尾に西暦が付された。 - - 『 日本プロ野球』(にっぽんプロやきゅう)• 2010年のみ『 元気を日本に 日本プロ野球2010』(げんきをにほんに にっぽんプロやきゅうにせんじゅう )• いずれも巨人ののスローガン「GIANTS PRIDE」「元気を日本に」から取ったもの。 - - 『 Dramatic Game 1844』(ドラマチックゲーム いちはちよんよん) で定められているの立つバッターボックスからの立つまでの距離 が18. 44mであることから取ったものであり、この18. 44mの空間で描かれる激闘の数々を伝えていこうという趣旨が込められている。 - 『 日テレプラス プロ野球中継 HAWKS Perfect Live 2012』(にっテレプラス プロやきゅうちゅうけい ホークス パーフェクト ライブ 2012) 日テレプラスでのソフトバンク戦中継限定タイトル。 ・ - 『 日テレプラス プロ野球中継 楽天イーグルス HEAT! LIVE』(にっテレプラス プロやきゅうちゅうけい らくてんイーグルス ヒート! ライブ) 日テレプラスでの楽天戦中継限定タイトル。 - 『 次の瞬間、熱くなれ。 THE BASEBALL』(つぎのしゅんかんあつくなれ。 ザベースボール)• 2018年 - 2019年『 Fun! BASEBALL!! 』(ファン! ベースボール)• 2020年 - 『 DRAMATIC BASEBALL』(ドラマチックベースボール) 主題歌 [ ] テーマソングに関する妄想ネタの投稿はご遠慮ください。 ハイライトやエンディングで使用されており、後者では放送の終了と同時に曲も終了するようになっている。 なお、読売テレビと札幌テレビではローカル放送において別のテーマソングを使用している(対戦相手のチームの地元局で同時ネットされる場合でもそのまま使用される)。 広島テレビでは、公式戦中継ではローカル放送でも全国放送と同じイメージソングを使用している。 2013年以降は裏送り時のオープニングのみJ SPORTSオリジナルのテーマ曲を使用)、DAZNへの映像配信を開始して以降は実況は同一ながらスコア表示とテーマソングをJ SPORTSのものに差し替えている。 一方オープン戦では独自に既存の楽曲を選曲して使うことがある。 6・7月度、日本シリーズ第2戦で使用。 8・9月度、日本シリーズ第4戦で使用され、日本シリーズ第6戦は、「BLACK OR WHITE? version 3」と「LOVE 2000」が併用された。 THE BASEBALL KAT-TUN Fun! BASEBALL!! KAT-TUN 手をのばせ 亀梨和也 DRAMATIC BASEBALL to the NEXT KAT-TUN 読売テレビ制作分(関西ローカル) [ ] 読売テレビの中継では、関西地区と関係の深いアーティストの歌う楽曲が中心である。 対戦相手のチームの地元局でも同時ネットされる場合があるが、この場合もそのまま同じテーマソングが使用される。 2009年・2012年以降は日本テレビ版と同じテーマソングを使用。 年度 曲名 アーティスト 備考 sun glow センチライン あの雲を探して monopoly TRIPLANE ハイライトではオリジナル曲を使用。 神様がくれたもの NEXT LEVEL 太陽維新 札幌テレビ制作分(北海道ローカル) [ ] 札幌テレビの北海道ローカル中継では、北海道と関係の深いアーティストの歌う楽曲が中心である。 他局と異なり、中継の終了時のみ使用されている。 2011年は、ハイライト放送時に日本テレビと同じテーマソングを使用している。 また、系列局と同時ネットで放送する場合は日本テレビと同じテーマソングとなることがある。 なお、2007年までは日本テレビ版と同じテーマソングが使用されていた。 年度 曲名 アーティスト 備考 ヒネクレJumper ・ がむしゃらファイター Gloria〜賛歌〜 イチバンボシ - ファイターズと共に TRIPLANE 日本ハム北海道移転10thSeasonプロジェクトテーマソング。 『』の日本ハム戦でも使用。 日テレNEWS24・BS日テレ・日テレジータス(千葉ロッテマリーンズ制作分) [ ] 球団制作のため、球団側が選曲した楽曲を使用している。 現在の解説 [ ] 日本テレビ [ ] 日テレ解説者の大半は巨人OBで占めており、ほぼ必ず1名は巨人OBが出演するが、まれに中継する試合のチームOBではない解説者のみの出演となるケースもある。 全国中継を担当する解説者に阪神・中日・広島OBはいるが、阪神・中日・広島の絡む試合でも巨人OBのみの場合がある。 解説者は地上波がある場合は2名だが、地上波がない試合は1名の場合が多く、2名以上の解説と同じく、まれに巨人OBではない解説者が出演する時もある。 地上波での中継がメインだった2000年代中盤までは、かつてのトップ中継(全国放送とは別のアナウンサー単独または日本テレビ・RFラジオ日本いずれかの解説者と2人で担当)の名残で、地上波全国放送の開始までの時間は解説者は出演しないという形式で放送していた。 レギュラー解説者• (1988年 - )• (1990年 - 1992年、1995年 - 2011年、2016年 -。 RFラジオ日本解説者兼。 ・他にも出演)• (1994年 - 2000年、2006年 - 2019年、2020年 -。 (2004年 - 2005年、2011年 -。 RFラジオ日本解説者兼)• (2006年 - 2009年、2015年 -。 (2010年 - のMLB中継ゲスト解説者兼)• ・他に本数契約で出演)• ・解説者 兼)• ニッポン放送解説者。 その他各局本数契約で出演)• (2019年 -。 BS朝日〈テレビ朝日制作分〉にも出演)• (2019年 -。 ニッポン放送解説者兼)• (2019年 -。 RFラジオ日本ゲスト解説者兼。 読売巨人軍球団特別顧問)。 ゲスト解説者• アメリカ在住であるため、帰国時に限定して出演。 2019年8月29日放送の巨人対広島戦では5年間巨人でプレーしてた高橋由伸と引退後、ダブル解説として初めて共演する。 巨人対阪神戦のみの出演)• 巨人対阪神戦ゲスト解説。 2008年まで公式サイトに明記)• (2010年、2016年 -。 ・・RFラジオ日本解説者。 2016年の復帰以降は、主にBS・CS専任)• (2016年 -。 NHK BS1のMLB中継解説者。 日テレ系の中継は地上波副音声とBS日テレと日テレジータス専任だったが、2018年日米野球・2019年メジャーリーグ中継では地上波での解説を担当)• (2018年 - CS専任。 NHK BS1のMLB中継・RFラジオ日本解説者)• (2019年 -。 シニアアドバイザー兼。 メジャーリーグ開幕戦やプレシーズン中継でのゲスト解説〈副音声も含めて〉として担当)• (2019年 -。 (2019年 -。 (2019年 - CS専任)• (2019年6月20日の巨人対ソフトバンク戦地上波中継にゲスト出演。 フジテレビ・テレビ新広島他解説者)• (2019年8月17日の巨人対阪神戦地上波中継で初出演。 フジテレビ解説者)• (2019年8月29日の巨人対広島戦で地上波副音声・BS・CSにて初出演。 2020年 -• 里崎智也• 黒木知宏• (2018年 - )• (2018年 - )• (2018年 -。 解説者兼) 読売テレビ [ ]• (2009年・2013年 - 本数契約。 (2014年 - 本数契約。 ラジオではと専属契約)• (2016年 - 本数契約。 ラジオではと専属契約)• (2017年 - 本数契約。 オリックス戦録画中継担当)• (2018年 - ・・・にて解説。 いずれも本数契約)• 黒木知宏(2018年 - 本数契約)• (2018年 - 本数契約。 オリックス戦録画中継担当。 ・解説者)• 本数契約の解説者については、年度により出演の有無あり。 中京テレビ [ ] 中日主催試合放映権がないため、中日がビジターとなる試合に出演する。 (2020年 -。 ・解説者兼。 NHK・東海テレビ・テレビ愛知・サンテレビにも出演)• (2020年 -。 CBCテレビ・・J SPORTS・解説者兼)• (2020年 -。 東海ラジオ解説者兼) 広島テレビ [ ]• (1986年 - 1988年、1993年 - 1997年、2002年 - 2003年、2005年 -。 (2019年9月8日の広島対阪神戦に特別ゲストとして出演。 TBSテレビ・解説者) 福岡放送 [ ]• (2009年 - 、解説者兼。 年度により読売テレビの阪神戦他、系列局制作中継にも出演あり)• (2015年 -。 文化放送解説者兼。 2016年からはBS日テレとの同時ネット分にも出演。 2017年は日本シリーズ第7戦で日本テレビ主導制作の地上波全国中継に初出演予定だったが、第6戦で終了したため実現せず)• (2016年 - 、本数契約。 2017年からはBS日テレとの同時ネット分にも出演。 2018年には日本シリーズ中継にも出演) ゲスト解説者• (2019年 -。 BS日テレへのネット時にも出演)• (2019年 - ) 対巨人戦では日本テレビから、対阪神・オリックス戦では読売テレビから、対広島戦では広島テレビから解説者が派遣されたことがある。 札幌テレビ [ ] ローカル中継は出演するが、基本的に日本テレビが関与する全国放送及び一部地域ネット放送には出演していない(日本ハム非関与の試合や副音声を含めた単発ゲストを除く)。 田中・建山以外はも兼任。 (2007年 - )• (2008年 - 2010年、2013年、2018年 - )• (2013年 - 在札各局で解説)• (2016年 - 在札各局で解説)• (2017年 - )• (2018年 - 在札各局で解説)• (2018年 - 在札各局で解説)• (2019年 - 解説者) ゲスト解説• (2018年 -。 解説者) ミヤギテレビ [ ] いずれも本数契約として出演。 (2015年 -。 オリックス戦・MLB中継解説者)• (2014年 - 在仙放送局、その他放送局で解説)• (2013年 - 在仙各局で解説)• (2011年 -。 本数契約 ・・解説者兼)• (2019年 -。 在仙各局で解説)• (2020年 -。 在仙各局で解説) 基本的に専属ないしは特定の解説者を置かず、系列各局の解説者やフリーの本数契約解説者が派遣される形で担当。 2005年は中畑・水野が、2006年は1試合(対広島戦)のみ池谷が担当(HTVでは放送なし)。 それ以外は、2006年から2008年までが担当していた。 2009年以降は川尻の出演はなく阿波野、若菜、(・・他兼)、(2012年まで)が担当。 2015年のでのオリックス戦(ytvは別制作で録画放送)ではマック鈴木が本数契約で、での対広島戦(HTV制作分のネット受け)では山本、星野が出演。 この他、対日本ハム・広島戦の場合、札幌テレビ・広島テレビから解説者を派遣している。 過去の解説 [ ] 日本テレビ• (1953年 -? 藤村冨美男• 戸倉勝城• 岩本章良• 白石勝巳• (1950年代 - 1960年代。 1959年頃は兼)• (1966年 - 1967年)• (1967年 - 1968年)• (1964年)• (1964年 - 1970年代前半頃)• (1970年 - 1972年、1981年 - 1989年。 一時期兼)• 村山実(1973年 - 1987年、読売テレビ解説者兼)• (1968年 - 1971年、1974年、1984年 - 1986年、RFラジオ日本解説者兼)• (1965年 - 1967年、1974年 - 1976年)• (1975年 - 1977年)• (1978年、1982年 - 1983年)• (1978年 - 1980年)• (1979年 - 1980年、RFラジオ日本解説者兼)• (1980年 - 1981年、RFラジオ日本解説者兼)• (1980年、RFラジオ日本解説者兼)• 富田勝(1980年代頃)• (1981年 - 1985年、1989年 - 1990年、RFラジオ日本解説者兼)• (1982年)• 1982年 - 1992年。 2002年 - 2003年。 スペシャルゲスト解説として出演。 終身名誉監督)• (1985年 - 1986年)• 江夏豊(1985年 - 1993年、朝日放送・RFラジオ日本解説者兼)• (1986年 - 1992年、1999年 - 2003年、2006年 - 2016年、RFラジオ日本解説者兼 )• 池谷公二郎(1986年 - 1988年、1993年 - 1997年、2002年 - 2003年、2005年 - 2017年、広島テレビ・RSラジオ日本解説者兼)• (1987年 - 1992年、RFラジオ日本解説者兼)• 三沢淳(1987年 - 1995年、中京テレビ・東海ラジオ解説者兼)• (1988年、RFラジオ日本解説者兼)• 長崎慶一(1988年 - 1992年、読売テレビ解説者兼)• (1989年 - 2004年、広島テレビ・RFラジオ日本解説者兼)• 長池徳士(1989年 - 1992年、1996年、1999年 - 2009年、福岡放送・RFラジオ日本・解説者兼)• (1993年 - 1995年、RFラジオ日本解説者兼)• (1993年 - 1998年、福岡放送・RFラジオ日本解説者兼)• 高橋三千丈(1996年 - 1997年、中京テレビ・東海ラジオ解説者兼)• (1998年、RFラジオ日本解説者兼)• 川又米利(1998年 - 2001年、2005年 - 2008年、中京テレビ・東海ラジオ解説者兼)• (1999年 - 2001年、2004年 - 2005年、2012年 - 2017年、RFラジオ日本解説者兼)• (2001年 - 2002年)• (2002年 - 2018年、RFラジオ日本解説者兼)• (2003年)• (2004年 - 2005年、2017年 - 2018年。 読売巨人軍特別顧問で出演)• (2004年 - 2010年。 スポット契約で出演)• 岡田彰布(2009年。 読売テレビ・朝日放送・サンテレビ・スカイ・A解説者兼。 2013年からは読売テレビ解説者)• (2013年 - 2015年。 (2003年・TCN制作日本ハム戦中継)• (2011年 - 2017年・日本テレビ制作巨人戦中継。 ・兼)• (2013年 - 2018年。 日本テレビ制作巨人戦二軍戦中継。 ニッポン放送兼)• (2014年 - 2015年、2019年途中。 日本テレビ制作巨人戦中継。 北海道放送兼)• (2015年 - 2017年・日本テレビ制作巨人戦中継。 (2017年 - 2018年・日本テレビ制作巨人戦中継。 この他に日本テレビの解説者も担当した。 読売テレビ• 1979年より広島テレビ兼)• (1970年代 - 1984年)• (1977年 - 1989年。 ラジオ大阪・KBS京都テレビ兼)• (1980年代)• (1987年 - 1992年。 1991年から広島テレビ兼)• (1987年 - 1990年)• (1991年 - 1992年)• 阿波野秀幸(2007年に対横浜戦のデーゲームのみ出演)• 村山真司(村山実の長男・ytvディレクター。 1990年 - 1993年に『』を担当していた関係で、近鉄戦にコメンテーターとして出演していた時期あり )• 磐城努(1980年代初期。 記者) 大阪テレビ(1957年 - 1958年シーズン途中)• 中京テレビ ローカル副音声と差し替え実況・系列局中継派遣のみ。 (1980年代頃)• (1980年代頃)• (1994年 - 1996年)• 兼任)• 東海ラジオ兼任)• 2008年まで東海ラジオ兼任)• (2002年 - 2006年。 RFラジオ日本兼任)• (2014年 - 2019年。 在名各局の中日戦に出演) 中部日本放送(1957年 - 1959年)• 東海テレビ(1960年 - 1962年)• 福岡放送• (ライオンズの福岡本拠地時代に出演)• 新浦壽夫(1993年 - 1998年。 広島テレビ• 1978年までロッテスカウト兼)• (1992年、対中日の二軍戦中継にゲスト出演)• 水沼四郎(読売テレビ兼。 1991年 - 1992年に甲子園球場からの阪神対広島戦自社制作中継を担当)• (2005年、現・解説者。 解説者が池谷一人だったため、広島三軍コーチを務める傍らゲスト出演)• 専属の解説者がいなかった期間は、日本テレビ・読売テレビなど系列局からの派遣で対応していた。 中国放送(1959年 - 1968年)• (当時記者) 札幌テレビ 全員、STVラジオの中継を兼任。 (2006年、本数契約)• (2004年 - 2006年。 佐藤義則(2008年)• (2004年 - 2009年)• (2007年 - 2011年。 テレビ東京解説者兼)• (2010年 - 2013年。 テレビ東京・GAORA解説者兼)• (2015年。 、解説者兼)• (2017年 - 2019年。 ゲスト解説者兼) ミヤギテレビ• (2006年 - 2008年。 本数契約)• (2014年。 本数契約)• 2016年 - 2019年。 本数契約 実況・リポート担当アナウンサー [ ] 巨人戦中継の基本シフトとしては次のとおりである。 実況アナウンサー1〜2名• 地上波やBS日テレとの同時放送の場合、それらの放送が開始されるタイミングで実況担当者が交代する。 交代したアナウンサーは地上波やBSがCM中に、日テレジータス向けの進行役を務める。 (なお、日テレジータス・BS日テレ・地上波3波同時放送の場合は、地上波放送開始のタイミングで実況担当者が交代する)• 日テレジータスのみの放送の時は実況交代はせず、1名のアナウンサーが担当する• ベンチサイドリポーター2名(各チーム1名ずつ。 関東地区以外のチームは各系列局から派遣されたアナウンサーが担当する。 日テレジータスのみの放送でも系列局のアナウンサーがリポーターを務める。 勝利チームのリポーターは勝利監督インタビューも担当する。 ただし、またはで放送される場合は、NHKのアナウンサーが担当する)• ヒーローインタビュアー1名(ビジターチーム勝利の場合でも日テレアナウンサーが担当する。 途中で交代した実況担当者が兼務することが多い。 NHK総合テレビまたはNHK BS1で放送される場合は、NHKのアナウンサーが担当する)• 他球場の経過・結果、及び各種告知を担当するアナウンサー1名(特設スタジオ担当)• 地上波放送で副音声が放送される場合の副音声実況担当者1名• ご当地アナウンサー(地方開催時のみに実施、巨人戦前の地元の表情などを系列局のアナウンサーが担当。 近年は減少傾向にある) 現在の実況・リポート [ ] 日本テレビ• (1991年-2015年、2019年-)(2019年よりイースタン専任で公式HPには記載なし)• (1994年-)• (1996年-)• (2000年-)• (2001年-)• (2002年-)• (2005年-)• (2010年-)• (2011年-)• (2012年-)• (2013年-)• (2015年-)• (2016年-)(公式HPには記載なし)• (2017年-)(公式HPには記載なし)• (2018年-)(公式HPには記載なし)• (2020年-)(公式HPには記載なし• (2019年-)(イースタン専任で公式HPには記載なし。 元NHK)• (2019年-)(イースタン専任で公式HPには記載なし。 元フジテレビ)• (2019年-)(イースタン専任で公式HPには記載なし。 元文化放送)• (2020年-)(イースタン専任で公式HPには記載なし。 ロッテ球団制作分の出演も継続している。 また、山崎、山本(健)、平松、梅澤、伊藤は主にベンチレポーター、並びに衛星放送において、1軍戦の地上波同時放送のデーゲームや、衛星においての日テレジータス独占放送の試合、および2軍戦の「ジャイアンツイースタンリーグ中継」の実況を主に担当。 小野塚、吉田、上野、林はイースタンリーグ中継の実況のみを担当する元他系列局アナウンサーである(林はイースタン中継以前より担当していたロッテ球団制作分の出演も継続している)。 また、弘は当面ベンチレポーターのみの担当。 (元日本テレビ)• (元)• (元)• (当面レポーターのみで参加)• (当面レポーターのみで参加)• (当面レポーターのみで参加)• 林正浩• (元フジテレビ)• (2020年-、元フジテレビ) 読売テレビ• 平松は2019年から阪神戦の中継で実況する予定だったが、担当試合の雨天中止を経て、2020年7月31日の対DeNA戦中継で実況デビューを果たした。 広島テレビ• 代わりに「テレビ派」金曜日の司会となった宮脇が金曜日の中継には原則として出演していない。 澤村は2019年シーズン終了時点で1軍戦の実況実績がまだない。 中京テレビ• 佐藤は1990年代に読売テレビの映像を使用した阪神対中日戦などで散発的に担当していたが、2000年代以降は実況担当の実績がない。 札幌テレビ• (、元札幌テレビ局アナウンサー)• 和久井は2011年のフリー転身直後から2013年までの約2年間、一時的に番組から降板していた。 降板中の期間も含めて現在まで「札幌テレビ専属のフリー」という立場をとっている。 福岡放送• ミヤギテレビ• 過去の実況・リポート [ ] 日本テレビ• (1950年代 - 1970年代)• (1950年代 -? (1953年 -? (1950年代 -? (2009年 - 2015年)• (引退試合、800号を実況)• (1950年代後半 - 1970年代前半頃)• (王貞治756号を実況)• (1965年 - 2004年)• (1960年代? - 1977年頃、後にフリー)• (1970年代? - 2003年)• (1980年代? - 2006年)• - 1999年)• (他部署へ異動)• (後にフリー)• (他部署へ異動)• (1990年代 - 2006年、他部署へ異動)• (野球実況からは引退)• (1990年代 - 2002年、後にフリー)• (2002年 - 2015年、他部署へ異動) 読売テレビ• (退社後にを開設)• (1998年まで担当した後に他部署へ異動)• (他部署へ異動)• (同上)• (他部署への異動を経てアナウンス職へ復帰したが、野球実況からは異動前に引退)• (野球実況からは引退) 広島テレビ• (後に同局支社長)• (後にフリー)• (野球実況からは引退) 中京テレビ(ベンチリポート・副音声実況)• (後にアナウンススクール講師)• (後に番組制作会社社長)• (他部署へ異動)• (同上)• (同上)• (同上)• (同上)• (同上)• (へ移籍)• (へ移籍) 札幌テレビ• (札幌での巨人戦担当)• 福岡放送• (現在は)• (へ移籍)• 大阪テレビ(のちの朝日放送。 1957年 - 1958年途中)• 中部日本放送(後にCBCテレビ。 1957年 - 1959年)• 東海テレビ(1959年 - 1961年)• 下山順一 中国放送(旧:ラジオ中国。 1959年 - 1968年)• 田淵清 RKB毎日放送(旧:ラジオ九州。 1958年 - 1958年8月27日)• テレビ西日本(1958年8月28日開局 - 1964年9月)• 堀川洋• 久保歩 スタッフ [ ]• 技術:伊藤秀雄、山本聡一• ディレクター:松本和将、松岡祐樹• チーフプロデューサー:木戸弘士(2018年6月 -、以前は、ディレクター)• データ協力:、• 技術協力:( NiTRo、東京ドーム開催時のみ)、(巨人主管の2軍戦・東京ドーム開催時のみ)• 制作協力:( AX-ON、東京ドーム開催時のみ)および系列各局(巨人主管試合の地方開催、および対阪神戦以外の巨人ビジター扱いとなる試合の開催地地元局)• 製作著作:、(2013年現在阪神主催のみ。 過去には南海・近鉄・オリックス主催も)、(広島主催のみ、2010年までは対巨人戦は制作協力扱いだった) 歴代のスタッフ• 技術:古井戸博、飯島章夫、杉本裕治、山本英雄、加藤浩、、佐治佳一、黒木貴博、神田洋介• ディレクター:市川浩崇、紀内良彦、矢嶋哲也• チーフクリエイター・プロデューサー:岡田謙吾• 主な出来事 [ ] この節に。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 ( 2010年9月) 2004年以前 [ ] 天覧試合 、として史上初(かつ現在唯一)のとして「巨人対阪神」が行われ、この模様が、との並列で、全国12放送局 に中継された。 当時プロ野球中継は20時から始まるのが通例であったが、この日は特別に試合開始の19時から放送を開始し、の1社協賛として放送された。 当日の(東京版) には「晴れの天覧ナイター! ニッカウヰスキーが全国テレビ中継で、今夜の巨人対阪神戦を皆様にお送りします」「この番組は、、のご厚意により、ニッカがお送りします。 雨天中止の場合には上記スポンサーの番組が放送されます」と、当該時間帯(19:00-21:00)にレギュラー番組 を協賛するスポンサーへの配慮も掲載されていた。 王756号における顛末 の巨人対ヤクルト戦()は巨人・のプロ通算本塁打756号の世界新記録がかかっており、全国民が注目した。 当時の中継の放送時間は19:30〜であった。 ところが、3回裏、王の756号本塁打が達成された19:10、その時間、日本テレビ系列では『(第4期)』(読売テレビ制作、19:00-19:30)を放送しており、記録達成の瞬間を見られなかった視聴者からの苦情が日本テレビなどに殺到。 物議を醸す結果となった。 なお、この当時の実況映像は王の関連ドキュメンタリーなどで見ることができる。 当時の実況はアナウンサー。 この模様はその後の『』、更には『』を急遽繰り下げて行った特番でも放送された。 皮肉にもその前日のでは、『』と『』を中止して19:00-20:00の予定で放送したが、それでも756号が出ないので、急遽『』を中止し(『太陽にほえろ! 』が野球で中止になるのはこれが初)20:54までの予定で放送し続けたが、とうとうその日は756号が出ない結果となった。 江川卓の初登板 、が巨人対阪神戦(後楽園球場)でプロ初登板を行った。 当初は19時から実況中継する予定になっていたが、それに先駆け『』の開始当初である18時30分から数分間、録画中継にてその立ち上がりの模様が紹介された。 1982年10月での編成の結果 になっても巨人と中日がデットヒートを繰り広げていたでは、放送予定の『』(19:00 - 20:54。 読売テレビ制作)と、翌放送予定の『』(19:30 - 20:00)と『』(20:00 - 20:54)を、それぞれ巨人対大洋戦(後楽園球場)に差し替えた。 この内『トップテン』は公開場所ので番組を収録し、翌の16:00にノンスポンサーで差し替え放送を行い、『ドンドン』は翌週のに延期したが、『日本新記録』は開始の生放送情報番組『』(日曜20:00)との兼ね合いもあってすぐには延期できず、放送はずっと後になり、の18:30 - 20:54に内容を再編集した正月特番として放送した。 ところが競技の中の一つ「人力いかだコンテスト」の中に、日本テレビで1982年秋に開始したテレビアニメ『』・『』・『』(読売テレビ制作)の宣伝を兼ねたいかだ「一ッ星! ときめき忍者号」が出場したのに、放送された時は『一平』は既に1982年で放送を打ち切られ、『ウルトラ婆さん』もあと2回で放送を打ち切られる(1983年終了)事が決まっていたため、番宣としては全く役に立たない結果となってしまった。 早朝の録画ナイター() に行われた阪神対中日(甲子園)の土曜ナイターは読売テレビが関西ローカルで放映権を持っていたが、当時、が行われ、通常録画ナイターを行う深夜1時台から2時台はそれを優先せざるを得なかったため、競技終了後の日曜日の早朝4:45から6:00に「モーニングナイター」として放送したことがあった。 (当時は24時間放送は開催日と年末年始以外はめったになかった。 また中継は途中のを一切挟まなかった) ドーム球場初の試合中止の対応 に行われる予定だった巨人対中日戦()は、中日選手が東京へ移動する際の手段として使われるが豪雨による浸水で不通となり、移動が出来なくなり試合中止となるドーム球場で初めてのアクシデントに見舞われた。 その為予定していた19時からの中継は30分で切り上げ、東京ドームからは当日の選手らの表情やペナントレースの行方などを伝え、19:30からはドキュメンタリー映画を急遽編成した。 他にの巨人対中日、の巨人対、並びにの巨人-ヤクルト(全て会場:東京ドーム)も台風接近による観客の安全を考慮して中止したことがあり、その時は台風情報を折込みながら東京ドームから特集を放送した。 2000年セ・リーグ優勝時の対応 放送の巨人対中日21回戦で9回表までで0-4と中日リードの9回裏に、巨人が中日の先発をようやく攻略し、無死満塁の場面を作った。 そこで中日は前田をマウンドから引きずり落とし、抑えの守護神を投入させた。 が三振に切ってとられたものの、 同点満塁 ・ サヨナラ優勝決定 の2者連続ホームランで巨人が5x-4で4点差をひっくり返して勝利し、1996年以来4年ぶりのリーグ優勝を決めた。 これにより、中継自体は90分延長の22時24分まで放送し、その後『・あすの天気』を挟み、22時30分〜23時には「優勝祝賀会」を生中継した。 そのため、本来21時から放送する予定だったスペシャルドラマ『』が予定より2時間遅れて23時開始となり、本来23時 通常は22時 から放送する予定だった『』『』『』 およびそれ以降の レギュラー番組が予定より2時間 通常より3時間 遅れてそれぞれ翌25日 月曜日 の1時・1時30分・1時56分開始となった。 FIFAワールドカップ放送で2転3転の試合日延期 2002年に巨人対ヤクルト戦の試合を予定していたが、日本テレビでは『 1次リーグ・対戦』編成の為の同一カードに振り替え。 しかし当日は季節外れの台風の為中止。 に延期されたが予定通り試合が行われた。 番組は18:10-20:04(延長なし)に放送。 そのため『』を休止し、その後の『』『』を50分繰上げた。 更に同年6月23日から25日に開かれた対広島戦(札幌ドーム)も6月25日に日本テレビ系で準決勝・ドイツ対の試合中継を行うことを考慮し、3日間とも14時からのデーゲームとして行った。 また、この年のに放送された『』(読売テレビ制作)の最終日は1998年以来の生中継になった。 北海道シリーズでは2000年まで使われたやなどに於ける主催試合を平日ながら(これらはナイター設備がないため )デーゲームで行っていたが、2001年に札幌ドームが竣工してからは原則ナイターで行われている(ただし、2008年・2009年は旭川での平日デーゲームを開催した)。 2005年以降 [ ] 開幕カード [ ] 2005年 2005年3月26日、この年発足したの開幕戦・対戦()を日本テレビ・・との3局ネットで放送。 日本テレビがパリーグ開幕戦を中継するのは極めて異例。 2009年 からの巨人対広島開幕3連戦(東京ドーム)を地上波全国ネットで中継。 3日は開幕3連戦で史上初めて地上波・BS日テレ・日テレジータスの3波が揃って試合開始から生中継を行う。 2010年 3月21日の日本ハム対戦()を福岡放送で生中継。 3月26日-28日は全国放送で巨人対ヤクルト戦()を生中継。 2011年 はの制度導入後では史上初となる、地方球場での巨人主管開幕戦「巨人対ヤクルト」(ユーピーアールスタジアム())を地上波で17時50分から20時54分(最大延長21時24分)に生中継。 なお当初予定していたBS日テレでは放送休止となった。 BS日テレでの最初の放送は同じカードのの試合(会場・ BS日テレ・日テレジータス完全中継。 地上波は19時から20:54)となるが、開幕戦で予定していた3D中継は見送られた(その後も延期のメドが立たないまま、2011年度の3D中継は実施されず終いとなった。 詳細は)。 なお、札幌テレビは両日ともに日本ハム対西武戦(札幌ドーム)に差し替え。 2012年 3月30日 - 4月1日 開幕カードである巨人対ヤクルト(東京ドーム)を地上波と日テレジータスで生中継(BS日テレは放送なし)。 3月31日・4月1日は地上波・BS日テレ・日テレジータスの3波同時放送。 2013年 3月29日 開幕カードである巨人対広島(東京ドーム)を放送。 ただし、札幌テレビは西武対日本ハム()、ミヤギテレビ、福岡放送はソフトバンク対楽天()に差し替え。 2014年 3月28日 開幕カードである巨人対阪神(東京ドーム)を放送。 ただし、札幌テレビは日本ハム対オリックス(札幌ドーム)、ミヤギテレビは西武対楽天(西武ドーム)に差し替え。 2015年 3月27日からの巨人対DeNA開幕3連戦(東京ドーム)を放送。 第1戦は17時50分から20時54分(最大延長21時24分)の放送枠で中継し(日テレジータスとの同時放送でBS日テレは放送なし)、ローカル中継はこの試合で延長オプションが行使された場合のみ延長して中継する。 札幌テレビとミヤギテレビ(別制作)は第1戦を日本ハム対楽天(札幌ドーム)に、読売テレビは第1戦、第2戦を阪神対中日()に、広島テレビは第1戦、第3戦を広島対ヤクルト()に、福岡放送は第1戦をソフトバンク対ロッテ(福岡ヤフオク! ドーム)に差し替え。 2016年 3月25日からの巨人対ヤクルト(東京ドーム)3連戦を放送。 第1戦の中継形態は前年と同様である。 系列局では以下のカードに差し替えた局がある他、クロスネット局のは第1戦を途中からの飛び乗りで中継する。 BS日テレ最初の中継は翌26日の同カードを地上波とは実況・解説を別に用意して放送。 阪神対中日(京セラドーム大阪):読売テレビ、中京テレビ(3月25日、26日。 読売テレビ制作)• 広島対DeNA(マツダスタジアム):広島テレビ(3月25日、27日)• 楽天対ソフトバンク(コボスタ宮城):ミヤギテレビ、福岡放送(3月25日。 両局とも自社制作。 16時試合開始のためローカルニュースを差し替えて放送した)• ロッテ対日本ハム(QVCマリンフィールド):札幌テレビ(3月25日) 2017年 3月31日からの巨人対中日(東京ドーム)3連戦を放送。 系列局では以下のカードに差し替えた局がある他、クロスネット局のは第1戦を途中からの飛び乗りで中継する。 BS日テレ最初の中継は翌4月1日の同カードを地上波とは実況・解説を別に用意して放送。 広島対阪神(マツダスタジアム):広島テレビ、読売テレビ(3月31日、4月1日、実況・解説は両局で異なった)• 日本ハム対西武(札幌ドーム):札幌テレビ(3月31日)• オリックス対楽天(京セラドーム大阪):ミヤギテレビ(3月31日、4月2日) 2018年 3月30日からの巨人対阪神(東京ドーム)3連戦を放送。 系列局では以下のカードに差し替えた局がある他、クロスネット局のは第1戦を途中からの飛び乗りで中継する。 BS日テレ最初の中継は翌31日の同カードを地上波とは実況・解説を別に用意して放送。 広島対中日(マツダスタジアム):広島テレビ、中京テレビ(3月30日、3月31日、3月30日は実況・解説は両局で異なり、翌31日は2局ネットで放送)• 日本ハム対西武(札幌ドーム):札幌テレビ(3月30日)• ロッテ対楽天(ZOZOマリンスタジアム):ミヤギテレビ(3月30日) 2019年 3月29日の広島対巨人(マツダスタジアム)の開幕戦を地上波全国ネット・日テレジータスで中継。 なお、系列局では以下のカードに差し替えた。 阪神対ヤクルト(京セラドーム大阪):読売テレビ• 日本ハム対オリックス(札幌ドーム):札幌テレビ• ロッテ対楽天(ZOZOマリンスタジアム):ミヤギテレビ• ソフトバンク対西武(福岡ヤフオク! ドーム):福岡放送 2020年 6月19日からの巨人対阪神の開幕3連戦を地上波・BS日テレ・日テレジータスで放送。 第1戦を地上波全国ネット(クロスネット局のテレビ宮崎は途中飛び乗り)、第2戦(14:00開始)は14時台は関東ローカル(中京テレビ・読売テレビ・四国放送でも同時ネット)、15時・16時は全国ネット(クロスネット局のテレビ大分でも同時ネット)、第3戦は関東ローカル(山梨放送・福井放送・静岡第一テレビ・中京テレビ・読売テレビ・山口放送・四国放送・長崎国際テレビ・熊本県民テレビでも同時ネット)で各々放送。 BS日テレは20日・21日のみ完全生中継で各々放送。 なお、系列局では6月19日・20日は以下のカードに差し替え。 DeNA対広島(横浜スタジアム):広島テレビ• 西武対日本ハム(メットライフドーム):札幌テレビ ポストシーズン [ ] 2006年 は巨人が優勝できなかった(セ・リーグは中日ドラゴンズ優勝)こともあり、テレビ東京系列(第4戦、制作協力)を含む民放各局が挙って中継する中で、日本テレビ系列だけが中継できず(2007年も同様)。 2007年 - 10月18日と20日の第1戦・第3戦を地上波で中継。 中日の3連勝でシリーズが終了したため、第4戦(21日)は放送されず。 第3戦は監督のインタビューが行われている途中(21:23分ごろ)で放送を終了した(は完全中継)。 - 10月13日に札幌テレビのローカルで「クライマックスシリーズ・パ」第2ステージを中継(日本テレビでの中継は無し)。 ソフトバンクが第2ステージに進出した場合に福岡放送での放送権を持っていたが、進出できなかったため、放送無し。 2008年 10月18日に読売テレビ・中京テレビローカルで京セラドーム大阪のセ・リーグクライマックスシリーズ1stステージ第1戦(阪神対中日)を19:00から20:54まで生中継。 〜(10月23日を除く)はセ・リーグクライマックスシリーズ2ndステージ(巨人対中日)を全国ネットで30分延長(優勝決定試合は試合終了まで)対応で中継したが、札幌テレビでは10月22日はパ・リーグクライマックスシリーズ2ndステージ第4戦 西武対日本ハム戦 の試合に差し替えた。 当初は10月26日も組まれる予定だったが、1位チームの1勝と第2戦での引き分けで最上位チームが1勝に加え4勝になった為、放送がなくなった。 及びとの日本シリーズ・巨人対西武戦の中継を実施。 なお、土曜日は10月25日のセ・リーグクライマックスシリーズと11月1日・8日の日本シリーズと3週連続で日本テレビが中継した。 2009年 10月21日〜26日、、巨人対中日戦(東京ドーム)を19:00〜20:54(最大延長は21:24まで。 日本シリーズ進出決定戦がある場合は試合終了まで延長)まで放送。 巨人が4勝1敗(リーグ優勝チームに与えられる1勝のアドバンテージを含む)で日本シリーズ進出を決めたため、第5、6戦の放送がなくなった。 なお、札幌テレビとミヤギテレビは10月21日、22日のみ、日本ハム対戦(札幌ドーム)を放送した。 11月3日〜5日、、巨人対日本ハム・第3〜5戦(東京ドーム)を全国ネットで17:50〜試合終了まで完全生中継を行った。 2010年 10月17日、福岡放送ローカルでパ・リーグクライマックスシリーズファイナルステージ第4戦・ソフトバンク対ロッテ戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)を生中継。 この年の日本シリーズはロッテと中日で争われたが、放映権を取得できず、中継を行わなかった。 2012年 10月17日〜22日、、巨人対中日戦(東京ドーム)をCSで試合開始30分前から終了まで完全中継。 日本テレビ系列地上波で19:00〜20:54(日本シリーズ進出決定戦がある場合は試合終了まで延長)まで放送。 第6戦までシリーズが縺れた末、巨人が4勝3敗(リーグ優勝チームに与えられる1勝のアドバンテージを含む)で日本シリーズ進出を決めた。 なお、札幌テレビと福岡放送は10月18日、19日のみ、日本ハム対ソフトバンク戦(札幌ドーム)を放送した。 10月27日、28日、11月3日、、巨人対日本ハム・第1、2、6戦(東京ドーム)を地上波全国ネットおよびCSの2波同時放送で18:05〜試合終了まで完全生中継を実施した 第7戦も行われれば放送予定だった。 2013年 10月16日〜18日、、巨人対広島戦(東京ドーム)をCSで試合開始30分前から終了まで完全中継。 日本テレビ系列地上波で19:00〜20:54(日本シリーズ進出決定戦がある場合は試合終了まで延長)まで放送。 結果的に巨人が4連勝(リーグ優勝チームに与えられる1勝のアドバンテージを含む)で日本シリーズ進出を決めたため、第4戦以降の放送がなくなった。 読売テレビ、広島テレビは10月12日、セ・リーグクライマックスシリーズ・ファーストステージ、阪神対広島戦(阪神甲子園球場)を、ミヤギテレビは10月18日、21日に、楽天対ロッテ戦(クリネックススタジアム宮城)を放送した。 10月29日、30日、31日、、巨人対楽天・第3、4、5戦(東京ドーム)を地上波全国ネットおよびCSの2波同時放送で18:05〜試合終了まで完全生中継を実施。 2014年 10月15日〜18日、、巨人対阪神戦(東京ドーム)をCSで試合開始30分前から終了まで完全中継。 日本テレビ系列地上波で19:00〜20:54(第2戦は中継なし。 日本シリーズ進出決定戦がある場合は試合終了まで延長)まで放送。 結果的に阪神が4連勝(リーグ優勝チームの巨人には1勝のアドバンテージが与えられていたが、1勝も挙げることなく敗退)で進出を決めたため、第5戦以降の放送がなくなった。 読売テレビ、広島テレビは10月11日、セ・リーグクライマックスシリーズ・ファーストステージ、阪神対広島戦(阪神甲子園球場)を、福岡放送と札幌テレビは10月16日、17日に、ソフトバンク対日本ハム戦(福岡 ヤフオク! ドーム)を放送した。 2015年 10月10日〜12日、、巨人対阪神戦(東京ドーム)をCSで試合開始15分前(第1、3戦のみ。 第2戦は30分前)から終了まで完全中継。 日本テレビ系列地上波で第1戦は15:00〜17:00、第3戦は14:55 - 16:53(2試合とも全国ネット。 放送時間の延長なし。 読売テレビのみ第1戦は14:00 - 15:00に先行放送。 第2戦は15:00 - 17:00(最大30分延長))に放送した。 札幌テレビは10月12日に、日本ハム対千葉ロッテ戦(札幌ドーム)をクライマックス・セの巨人対阪神第3戦を差し替えて放送した。 福岡放送は10月15日にパ・リーグクライマックスシリーズ・ファイナルステージ、福岡ソフトバンク対千葉ロッテ戦(ヤフオクドーム)第2戦を放送。 2016年 10月8日〜10日、・ファーストステージをCSで全試合、地上波全国ネットでは第1・3戦を中継。 ローカル中継では、広島テレビが10月14日・15日のセ・リーグクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第3・4戦、札幌テレビが10月16日の・ファイナルステージ第5戦、福岡放送が10月9日の同ファーストステージ第2戦と10月16日のファイナルステージ第5戦を、それぞれ自社制作で放送した。 はセ・リーグは広島東洋カープ、パ・リーグは北海道日本ハムファイターズが進出し、第6戦(10月29日 マツダスタジアム)を日本テレビ製作著作(広島テレビ、札幌テレビ、制作協力)で地上波全国ネット 除く)・日テレジータスで試合終了まで中継し、実況・解説はいずれも広島テレビと札幌テレビとフリーの本数契約から動員した(野村・山本〈浩〉は日本テレビとも契約あり)が、制作スタッフは日本テレビを中心に広島テレビ・札幌テレビ・日テレアックスオンなどが共同で動員した。 〈解説:、、、実況:(広島テレビ) リポーター・(広島テレビ)、(札幌テレビ)、代表インタビュー:(広島テレビ)〉 2017年 10月16日の『』(メットライフドーム)をミヤギテレビで放送。 10月17日の『』を読売テレビで当日深夜に録画中継 で放送。 10月18日の『セ・リーグクライマックスシリーズ・ファイナルステージ・「広島対DeNA」』を広島テレビ、『パ・リーグクライマックスシリーズ・ファイナルステージ「ソフトバンク対楽天」』を福岡放送・ミヤギテレビで放送(実況・解説は各局で異なった)。 2018年 10月14日、札幌テレビは自社制作で・ファーストステージ第2戦、ソフトバンク対日本ハム(福岡ヤフオク! ドーム)を札幌テレビローカルで放送。 10月18・19日、・ファイナルステージ第2・3戦、広島対巨人(マツダスタジアム)を広島テレビ(広島県ローカル)・BS日テレ・日テレジータスで同時放送。 両日とも制作著作は広島テレビだったが、日本テレビが制作協力として参加し、プロデューサー2名・チーフプロデューサーを派遣した。 はセ・リーグは広島東洋カープ、パ・リーグは福岡ソフトバンクホークスが進出し、第4戦(10月31日 福岡 ヤフオク! ドーム)を2016年同様日本テレビ製作著作(広島テレビ、福岡放送、日テレアックスオン制作協力、福岡放送、、技術協力)で地上波全国ネット(は19:00から、テレビ宮崎除く)と日テレジータスで試合終了まで中継し、実況・解説はいずれも広島テレビと福岡放送から動員した(野村は日本テレビとも契約あり)が、制作スタッフは日本テレビを中心に広島テレビ・福岡放送・日テレアックスオンなどが共同で動員した。 〈ゲスト:、解説:野村謙二郎・、実況:(福岡放送)〉 2019年 10月5日、ミヤギテレビ・福岡放送で・ファーストステージ第1戦、ソフトバンク対楽天(福岡ヤフオク! ドーム)を放送(両局とも自社の出演者により別制作)。 10月9日〜11日、、巨人対阪神(東京ドーム)をCS日テレジータスで完全生中継。 地上波では第1戦・第3戦を19:00 - 20:54(第3戦のみ22:44まで延長放送)に日本テレビ系列全国ネットで放送(第2戦は19:00 - 20:54に読売テレビローカルでBS日テレ・日テレジータスと同時放送)。 は読売ジャイアンツと福岡ソフトバンクホークスの対戦となり、第3戦(10月22日)、第4戦(10月23日)を日本テレビ制作の地上波全国ネットと日テレジータスで試合終了まで放送。 その他 [ ] 2007年は、第1戦を東京ドームから中継。 副音声では、日テレ系情報番組の出演者が番組を進行した(副音声は日テレジータスでも実施。 そのため、この時地上デジタル未開局で地上アナログによる音声多重放送の行われていなかった札幌テレビの道央圏以外の地域でも聴くことができた)。 地上波・日テレジータスともに試合終了まで完全生中継をおこなった。 2009年7月24日、18:20(テレビ宮崎は19:00から飛び乗り)から20:54(試合終了まで延長のため21:34)まで全国ネットで第1戦(札幌ドーム)を放送。 なお日本テレビ系でのオールスターゲーム中継はこの年を最後に行われていない。 2006年11月2日の巨人対大リーグの親善試合及び3日の開幕戦(いずれも東京ドーム)、7日の第4戦(京セラドーム大阪)、8日の最終戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)を中継。 2014年11月11日の日本プロ野球80周年記念試合・阪神・巨人連合軍対大リーグ選抜(甲子園)及び12日の第1戦(京セラドーム大阪)、14日、15日の第2、3戦(いずれも東京ドーム)を中継。 2018年11月8日の巨人対大リーグのエキシビジョンゲーム及び9日の第1戦(いずれも東京ドーム)、13日の第4戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)を中継。 2006年11月9日に東京ドームで行われた第1戦、北海道日本ハムファイターズ対()を中継。 この試合が2006年の日本テレビ系での最後の野球中継となった。 は例年通り、日本テレビ・TBSテレビ・テレビ朝日での放送。 日本テレビが放送したのは中国戦(11月10日)と決勝戦(11日)で、10日の試合では開局以降としては初めてがホームユニフォーム着用して行う単独チームとしての中日戦の中継が放送されることとなった。 中継 2008年に4年ぶりに開催されるの公式戦開幕シリーズ「08MLB公式戦 対」(・)に先駆けて、・に東京ドームで行われた巨人と阪神とのを生中継。 (変則で、第1試合が日中の阪神戦、第2試合がゴールデンタイム枠で行われる巨人戦) 2012年3月28日・29日、東京ドームで行った大リーグ開幕戦「マリナーズ対アスレチックス」を中継。 なお日本テレビは民放キー局で唯一メジャーリーグの放映権と映像使用契約を前回の期限切れ後に更新しなかったため、日本開催分以外の通常の公式戦については中継はおろか、ニュース報道でも映像を使用することができず、写真のみで経過を伝えている。 日テレ開局記念ナイター(開局記念シリーズ)• まで平年8月中旬か下旬に行われいた巨人主催試合の1シリーズ・3連戦は、1953年8月29日「巨人対阪神戦」で日本テレビ第1回目のプロ野球中継の開始、およびその前日の8月28日の日テレ開局記念日にちなんだ「日本テレビ開局記念シリーズ」が行われていた。 2007年8月7-9日の巨人対阪神戦は「日本テレビ開局記念 GIANTS PRIDE キッズシリーズ」と題して3戦とも日テレ系列で放送。 の宣伝も兼ねて7日は、8日は、9日はがそれぞれゲストに登場する。 なお、3戦ともに地上波で放送されるのは、4月3〜5日の東京ドーム開幕戦中日戦以来。 なお札幌テレビは9日については先述の通り差し替え放送(日本ハム対楽天戦)を行った。 2010年8月20・21・22日に日本テレビ開局記念シリーズとして全国放送された巨人対阪神戦(東京ドーム)は地上波・BS・CSの従来からの放送に加え、()による放送(スカパー! HDの専用受信機と3Dに対応した受信モニター・眼鏡必要)が実施された(20日を除く)。 会場には3D撮影のためのカメラ・中継車を配する他、カメラマンを含む技術スタッフも通常の1. 5倍相当の人員を動員する。 また、8月20日はのゲストとして、(『』)、(『』)、(『』)が出演。 翌8月21日はテーマソングを歌うがゲスト出演(試合前の始球式にも登場)した。 21:24以後試合が続いている場合は、地上波の中継最大延長終了後の21:24-21:54に通常画像で中継 地上波・CSは実況は同じであるが映像は通常画像で放送)の予定だったが、の影響によるプロ野球開幕の延期のため実施されず、その後の延期もされなかった。 なおこの開幕戦延期に伴い、同日の放送は通常のBS日テレの中継カードが中止になったときの「プロ野球特別番組」ではなく『』(-19:00まで)と『映画・(2002年日本制作)』(19:00-21:00)が代替放送されたが、3Dではなく通常画質での放送だった この企画は日テレ全社・全チャンネル(BS・CS・地デジ)をあげた「3D開発プロジェクト」の一環で、3D中継は巨人戦のブランディング戦略の一環として野球中継の新しい可能性を探る試みを予定していたが 事実上頓挫。 2012年度以後も、この3D中継の企画はなされておらず 、3Dテレビ自体もメーカーが相次いで販売・製造から撤退し、市場から消滅する傾向から となってしまった。 しかしながら、この試みは2012年度「国際3Dアワード」()のコンクールに出品され、審査員特別賞を受けた。 「カメラ位置など、野球の新しい魅力を表現するうえで秀逸だった」ことが表彰の理由とされている• 2013年8月29日の試合は「プロ野球中継放送開始60周年記念メモリアルナイター」として開催し、シーズン開始から募集してきた「ベストナイン国民投票」の集計発表(プレゼンターは亀梨・上重)、および長嶋茂雄・王貞治のロングインタビューなどを交えながら放送が行われた。 ミヤギテレビも楽天対西武戦への差し替えた。 その他の演出 [ ]• 2007年の巨人対楽天戦では、 V9復刻ナイターと題して6回裏限定でV9当時(1960年代)の野球中継をBGMから字幕スーパーにいたるまで忠実に再現されていた(ただし、リプレイ時の演出は通常のものだった)。 これは、巨人軍5000勝記念企画としてV9当時のを着用して試合を行ったことにあやかったもの(からの対日本ハム2連戦でも7回裏限定で実施)。 なお、この日は広島テレビと福岡放送は広島対ソフトバンク戦(両局とも同内容で放送し、福岡放送からもリポーターを派遣。

次の

日テレ(蛯原哲アナ)の野球の実況がうざい・うるさい!アンチ巨人、下手!

日テレ 野球

来歴・人物 [ ] 身長181cm。 小学2年から野球を始め、小中学ともに全国大会優勝を経験。 中学時代は少年野球チーム「八尾フレンド」でとチームメイトとなり、共にへ進学した。 PL学園時代 PL学園野球部に所属しエース投手として活躍。 同級生にがいる。 のではでを擁すると対戦し、敗北。 同年ので再び横浜高校と対戦するも延長17回の末(先発は稲田、上重自身は7回から)敗れた(参照)。 夏の甲子園敗退直後、5ヶ月前にPLの監督を退任したが指揮するに選出され優勝に貢献した。 立教大学時代 スポーツ推薦で、コミュニティ福祉学科へ入学。 では右ひじを傷めたこともあり一時期にしたが、2年のときに投手に復帰し、同学年の(1998年夏の甲子園初戦で対戦したのエースだった)と共に投手陣の主力として活躍した。 に、秋季リーグ戦の対2回戦で、36年ぶり史上2人目となるを記録した(この時のウイニングボールは上重直筆による「完全試合」のサイン入りでに展示された)。 しかし、大学3年ごろからアナウンサー志望を表明しアナウンスセミナーに参加。 また、当時ひじの故障に悩まされ、4年時には主将を務めるもこの頃には思うような投球ができなくなっていた。 プロチームからも声がかかっていたが、自らその進路を断念。 本人は、高校時代の甲子園出場時にインタビューを受けた経験がアナウンサーを目指すきっかけとなったと語っている。 東京六大学リーグ戦通算30試合登板し、9勝3敗、防御率2. 日本テレビアナウンサーとしての活動 、日本テレビととの就職試験を受けて全社から内定をもらったが、男性アナウンサーの活躍を考え、日本テレビへ入社。 同期入社のアナウンサーは、、、、。 入社後は、主にをはじめとするを担当し、からまで放送された東京六大学野球リーグ戦の中継でも実況を担当した。 スポーツ中継以外では、のなどを担当。 4月から、『』の5代目総合司会を務めた。 番組内の愛称は「エース上重」(が最終命名。 なお、それに伴い彼自身が持つコーナー名も「エース上重は見た!」とされている)。 3月30日からは、『』の総合司会に起用されたため、プロ野球の担当を外れている。 アナウンサーとして勤務する一方、、ので入団テストを受験し、より「監督」枠として採用 された後、投手として正式登録された。 また、には、日本テレビアナウンサーユニット「」のメンバーに抜擢された。 2015年発売の『』で、前年2014年に自宅マンションを購入した際、の創業者・三木正浩から多額の融資を無利息で受けていたことが発覚し 同日にこの件について謝罪のコメントを発表、3日の『』番組開始直後に「大変申し訳ありませんでした」と改めて謝罪した。 で『スッキリ!! 』を降板。 同年中は、スポーツアナウンサーとしての活動に事実上専念していた。 4月改編からは、スポーツ中継への出演を続けながら、『』のレギュラー陣に加わっている。 ・巨人対第4戦(2019年10月23日)で自身初となる日本シリーズ実況を担当。 その試合で、ソフトバンクの4連勝での日本一を伝えた。 特技は料理。 料理が得意になったのは高校・大学時代の7年間の寮生活 をしていた経験がきっかけ。 自身の手料理の写真を時折インスタグラム上に掲載している。 現在の出演番組 [ ]• 「」レポーター• ( - )• (2018年10月4日 - )水曜、木曜レギュラー(木曜は隔週だが、毎週出演の場合あり) 各種スポーツ中継 [ ]• (プロ野球)• 2007年 - 2008年)• (プロボクシング) 過去の出演番組 [ ]• (2003年9月 - 2004年9月2日)• (『スポんちゅ』の拡大版、2005年10月 -? NNNスーパースポーツ24(、2005年10月 -? (2007年・第27回、2010年・2012年・2014年の代理司会)• - 2009年3月スポーツコーナー、2010年9月1日 - 3日、2011年2月22日代理司会)• (サブ司会)• (2010年3月30日 - 2011年3月25日。 水曜 - 金曜担当。 2010年9月までは火曜も担当)• (元甲子園球児の経歴から、主に野球関連の企画の進行を行う。 ブラックバラエティVS読売巨人軍では、投手としても活躍。 (・共同制作、、VTR出演、1998年の対横浜高校戦について語っている )• (ナレーション、2010年8月30日 - 2012年3月)• (2013年4月15日 - 2013年8月5日)• (制作。 2012年4月19日)• (総合司会、2010年4月3日 - 2015年3月28日)• (日曜日、2013年10月6日 - 2015年3月29日)• (2012年10月7日 - 2015年3月29日)• (総合司会、2015年3月30日 - 2016年3月25日)• 、2019年4月7日放送、PL学園野球部の同窓会の特集の際、OBの1人として出演 著書 [ ]• 『怪物と闘ったPLのエース』(:2015年8月)• 『20年目の松坂世代』(:2018年12月) 脚注 [ ] []• - スポーツニッポン(2013年4月22日)• - プレスリリース@日テレ(2002年1月22日)• - 『MSN-Mainichi INTERACTIVE テレビ』2005年2月10日付(ソース:『スポーツニッポン』同8日付。 リンク先は、インターネット・アーカイブ2005年2月10日付保存キャッシュ)• (リンク先は、インターネット・アーカイブ2005年3月20日付保存キャッシュ)• 『欽ちゃんとの約束 欽ちゃん球団〈茨城ゴールデンゴールズ〉奮闘記 ゴールデンゴールズオフィシャルブック』(2005年、竹書房発行。 コード:)の「ゴールデンゴールズ2005年選手名鑑」にも、上重のプロフィールが明記。 - 『日テレダベア』内• WEB 2015年4月1日• 2015年4月3日• 上重が在籍していたPL学園の野球部の寮生活では配膳作業や練習後の先輩部員に炒飯 通称・「PLチャーハン」 を作る伝統があったため• 協賛社:のを兼ねる。 「日本テレビアナウンサー」の肩書は表記されていない。 - 『TVでた蔵』より• ORICON STYLE. 2016年3月25日. 2016年3月25日閲覧。 関連項目 [ ]• (上重入社時の日本テレビ社長)• 外部リンク [ ]• - 日本テレビ公式サイト内• satoshi18kamishige -.

次の